『オプションのスパイク取り付け後の報告です。』のクチコミ掲示板

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥270,000

販売本数:1台 タイプ:ステレオ 形状:トールボーイ型 再生周波数帯域:28Hz〜50KHz インピーダンス:8Ω CM10 [ウェンゲ 単品]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • CM10 [ウェンゲ 単品]の価格比較
  • CM10 [ウェンゲ 単品]の店頭購入
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のスペック・仕様
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のレビュー
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のクチコミ
  • CM10 [ウェンゲ 単品]の画像・動画
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のピックアップリスト
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のオークション

CM10 [ウェンゲ 単品]Bowers & Wilkins

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2013年

  • CM10 [ウェンゲ 単品]の価格比較
  • CM10 [ウェンゲ 単品]の店頭購入
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のスペック・仕様
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のレビュー
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のクチコミ
  • CM10 [ウェンゲ 単品]の画像・動画
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のピックアップリスト
  • CM10 [ウェンゲ 単品]のオークション

『オプションのスパイク取り付け後の報告です。』 のクチコミ掲示板

RSS


「CM10 [ウェンゲ 単品]」のクチコミ掲示板に
CM10 [ウェンゲ 単品]を新規書き込みCM10 [ウェンゲ 単品]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ19

返信9

お気に入りに追加

標準

スピーカー > Bowers & Wilkins > CM10 [ウェンゲ 単品]

スレ主 gjkiさん
クチコミ投稿数:95件

注文していたオプションのステンレススパイクが届きました。直径は付属品の約2倍あり、ガッチリとしたつくりですが、本体及びロックナットの形状は丸くて六角部分はなく、滑り止めの溝も無いため、薄いゴム板をまいて、プライヤーで締め付けました。タオックのインシュレーターとの組み合わせですが、付属のスパイクは先端がとがっていて、点で接触していた状態ですが、オプションは先が少し丸く、円周で接触しています。そのせいか、微調整なし、しっかりとくい込んだ感じで、スピーカーが安定しました。

さて、付属スパイクとの音質の違いですが、「はっきりとした差は感じられなかった。」という結果です。例えば、右のスピーカーだけ取り換えて、左は付属のスパイクで聴いてみるとか、スパイク受けも、オプションの物に替えるとかすれば、違った結果になったかもしれませんが、CDPやアンプを替えるほど、音が変化することは無く、こんな程度だろうと納得しました。あえて言えば、低域が若干しまったように聴こえます。

CM10を買う時気になっていたのは、16.5cmウーファー×3の構成です。ショップの広い場所ならともかく、自宅では低音の出過ぎになるのではないかと心配しましたが杞憂に終わりました。カタログでは16.5cmと表記されていますが、実測では、スピーカーフレームの外径で17cm弱、実際の可動部分はエッジを含めて14cm強、つまり14cmウーファー×3であり、これが良質な低音をコントロールしているようです。

オーディオを昔から趣味としている方はご存知でしょうが、30cmウーファーの3ウェイ・大型ブックシェルフがスタンダードであった時代、「日本ではトールボーイは売れない」といわれていました。そして今、小型ブックシェルフとトールボーイが「普通のスピーカー」となってしまったのはなぜか。ピュアオーディオではなく、AV用として使う人が増え、スペースファクターとの関連等、考えられる要因は色々ありますが、一番の理由は低音の質でしょう。広い専用のリスニングルームを持っている人はともかく、都市部に住んでいる人の平均的な部屋で聴く場合、大口径1発のウーファーより、小口径の複数ウーファーを使い、フロントバッフルを狭くしたスピーカーの方が、簡単により質の良い低音を出すことができる。能率が低くても、それを上回るハイパワーのアンプが安価で売られている。それでも低音不足と感じたら、SWを追加する。

本題からそれましたが、S-4700から買い換えて、ポンと置いたCM10のほうが良い音で鳴るのを聴くと、この2年間の苦労はなんだったのかと、そして、言うまでもなく、部屋に合わせてスピーカーを選ぶことがオーディオの基本であると痛感しました。

前のクチコミに書いていますが、昨年の10月に発売、今年の5月に日本国内での販売停止ということで、CM10のユーザーはかなり少ないのではと推測しています。某ショップで聞いたのですが、輸入元のディーアンドエムホールディングスがイギリスのB&W本社に直接電話したところ、理由を教えてもらえず、とにかく販売停止とのことでした。また、2ちゃんねるでは、ツィーターに不具合があったとか書き込みがありますが、本当のところどうなんでしょうか。納品して約1か月、100時間以上聴きましたが、特に異常はありません。CM10をお持ちの方、使用状況や感想を教えて下さい。

最後に、参考まで使用機器他を書いておきます。
・CDP DP-550
・AMP C2420+P4200
・ADP GT-2000L、PD171
・部屋 防音12畳一戸建て
・主にジャズ

書込番号:17794933

ナイスクチコミ!6


返信する
クチコミ投稿数:68件

2014/08/04 08:10(1年以上前)

突然の販売中止でビックリしています。また理由がよくわからないのでちょっと心配です。私は180時間程度聞いていますが絶好調です。とても満足したおとで聞いてます。

書込番号:17800313 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


HDMstさん
クチコミ投稿数:956件Goodアンサー獲得:25件

2014/08/04 09:45(1年以上前)

JBL S-4700のような大型スピーカーは視ていて頼もしく、大きく所有感を満たせ、ビジュアル的には素晴らしいのですが
豊かな低音が仇になるのか、小型スピーカーのウーファーの中〜低域がいいのか、あるいは試聴位置が近すぎるのか一般
家庭で常用するメインスピーカーとしては難しく大抵のユーザーは他のブックシェルフ等を聴いてる時間のが長いですね。
もしホームシアターをされるならS-4700のような大型スピーカーは最適なので、映画専用に置いとく手もあったのですが・・・・

だからgjkiさんが唱える

○今、小型ブックシェルフとトールボーイが「普通のスピーカー」となってしまったのは〜低音の質〜
広い専用のリスニングルームを持っている人はともかく、都市部に住んでいる人の平均的な部屋で聴く場合〜
大口径1発のウーファーより、小口径の〜ウーファー〜がより質の良い低音を出すことができる。

○低音不足と感じたら、SWを追加する。

凄くマトを得てますね。
低音を出す場合 昔から趣としている30cm以上のウーファーで出すものとSWで出すものとの違いは大きく、SWで出す低音
のが音がスッキリしていて 例えてみると精米歩合の高い吟醸酒のようなもので、でかいウーファーほど精米歩合の低い
純米酒のように雑味までついてきがちですね。

ただ、日本酒もそうですが、純米大吟醸のようなピュア系が好きな人もいれば、精米歩合の低い、ドブロクみたいな雑味が
よくするものが好きな人もいれば様々なんで、勿論どちらもアリですが(私も両方好きです) どちらかひとつだけに
絞るとなれば やっぱピュア度が高い 純米大吟醸方向なんでしょうな。

ただ主にジャズでもJBLS-4700よりもB&Wのトールボーイのが良いと書かれたことは ここを読まれたJBLユーザー
さん達には結構衝撃度が高かったんじゃないでしょうか。

書込番号:17800514

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2624件Goodアンサー獲得:145件

2014/08/04 19:14(1年以上前)

>ただ主にジャズでもJBLS-4700よりもB&Wのトールボーイのが良いと書かれたことは ここを読まれたJBLユー>ザーさん達には結構衝撃度が高かったんじゃないでしょうか。

ないな、てかさ、S4700ってJBL製品じゃないだろ。ハーマンインターナショナルの製品じゃね?
B&Wのほうが全然きちんとつくられたスピーカーだべ、短い期間で発売中止になったのは不思議だけど、なんか製造工程にもんだいがあったんじゃね、コスト計算間違えてて、値段があわないとかな。売るだけ赤字になったとかな。
まあ、音を聞いて気に入ったんなら問題ないとおもうぜ。

書込番号:17801724

ナイスクチコミ!2


HDMstさん
クチコミ投稿数:956件Goodアンサー獲得:25件

2014/08/04 21:20(1年以上前)

そうなんですか? 自分はてっきりhttp://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=s4700こちらのS4700かと思ってましたが
ハーマンインターナショナルからも出てたんですね。 

それとSWの追加を邪道と嫌がる方も多いんですが、SWで低音を足すのは 日本酒に醸造アルコールを添加してアルコール度数を
増やすのにも似てますね。
自分も日本酒に醸造アルコールを添加した酒より、してないモノのが精神衛生的にはいいですが、アル添自体は酒質が安定
しますし、味もすっきりとし、劣化しにくくなる・・・と言われています。
そして吟醸酒にアルコールを添加することで香りもよくなると言われています・・・
※こちらで読みました。 → http://rocketboy-miya.hatenablog.com/entry/2013/11/12/130739

つまり SWの低音も 醸造アルコールも使い方と用量を上手くやれば より良いものと昇華させられる特効薬と言う訳ですね。

書込番号:17802163

ナイスクチコミ!3


HDMstさん
クチコミ投稿数:956件Goodアンサー獲得:25件

2014/08/04 21:45(1年以上前)

それとSWにはピン〜キリがあるのは皆さんご存知だとおもうのですが、醸造アルコールの質も様々なようで 2Lパックで500円とかで売られているものなどは 翌日頭が痛くなったりしますよね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1277362427
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0604V_Z01C13A2000000/
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/d/12/index1.html
http://hashimotoyasaketen.com/jouzoual.html

原料のサトウキビの糖蜜もあるかもしれませんが、酵母を加えて発酵の後 蒸留を繰り返しますが、SWの低音の純度を高いものは
やっぱバンドパスというか、ウーファーユニットが直接前を向いてなく、下側を向いてるモノが高純度の低音を出してくれると確信
してます。

書込番号:17802273

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2624件Goodアンサー獲得:145件

2014/08/05 00:23(1年以上前)

いあ、だからさ、日本のJBL代理店のハーマンが日本向けにJBLのユニットを使ってさ、流行りのデザインで適当な箱にいれてのが、S4700でしょ。

まあ、どうでもいい、俺には全く興味ないスピーカーだからなw
あんなでかいスピーカーさ、何畳の部屋で聞くんだよ、同じく、B&Wでもさ、800とかマジかと思うぜ。
日本の住宅事情をかんがえたらさ、せいぜい広いっても20畳程度が限界だろ、田舎ならわかんないけど。
それに、大きなユニットって、たくさんの空気を押し出して音をだすわけじゃない、そうかんがえるとさ、スカスカの木造ならともかく、コンクリート住宅だときつくないか?
せいぜい、802がいいところだろ、20畳以下なら、803でもギリ、それなら無理せず805だろうな。
まあ、800はスタジオにも導入されてっから、狭くてもそれなりにバランスするのかもしれねーけどな。

アル添の話は、おもろいね。
添加するアルコールの糖分と原料の話しは俺も聞いたことがある。
トウモロコシだと、香りと甘みがついて、柑橘系の皮だとまたちがうらしいね。
おれさ、よく山登るんだけど、白馬錦をよく飲むよ。
今度Hdちゃんも、白馬錦のんでみてよw

書込番号:17802926

ナイスクチコミ!2


スレ主 gjkiさん
クチコミ投稿数:95件

2014/08/06 21:09(1年以上前)

・アキュふーずさん、今晩は。
>理由がよくわからないのでちょっと心配です。
私もそうなのですが、
Phile-Webに
「B&W新600シリーズはCMを超えたのか? D&M澤田氏インタビュー&試聴レポート」という記事が掲載されていまして、内容は、「新600シリーズはCM10を除くCMシリーズに肉薄又は超えたのではないか。」みたいなものです。先日600シリーズのカタログを入手して知ったのですが、CM9と683S2、CM8と684S2、CM5と685S2、CM1と686S2がそれぞれユニット構成はほぼ同じで、価格は600シリーズのほうが安いということで、「あえてCMシリーズを販売する必用がない。」と判断した結果ではないかと憶測しています。


・HDMstさん、書き込みありがとうございます。
1か月ほど鳴らしたCM10ですが、S-4700を聴いていた時の、音圧で部屋が飽和状態になることもなく、普通の良い音で満足しています。スピーカーの後ろ、左右に十分なスペースができ、12畳の私の部屋では、これ位のサイズがベストかと思われます。低音の量感、質共過不足なく、当分(最低でも10年間)は、これでいこうと考えています。


・Whisper Notさん、アドバイスありがとうございます。
名前から察するに、「Benny Golson」のファンでは?間違っていたら申し訳ありません。他のクチコミを拝見させてもらいましたが、一見いいかげんな(失礼)文章の中に、鋭い指摘がたくさん見受けられ、頭のキレル方だと思いました。

>あんなでかいスピーカーさ、何畳の部屋で聞くんだよ
確かに仰るとおりですが、店頭で見た時は、隣の4365に比べて一回り小さく、これなら我が家でもOKかなと思ったものですから。それと、その時所有していた、4429を圧倒する低音の迫力に負けて即購入となり、その後ショップで鳴っていた音に少しでも近づけないかと、この2年間無駄な努力をしていたわけです。38cmウーファーには、最低でも15畳、できれば20畳以上の部屋が必要かと。

書込番号:17808539

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2624件Goodアンサー獲得:145件

2014/08/07 03:03(1年以上前)

スレ主さん

いあ、そのなんだ、褒めても何もでないぜw

改めて、書き込みを全部読んだ。
S4700については残念なことになった感はあるね。
なんかしらんけど、JBLの最近のモデルって下取り価格がすんげー低いんだよね。

CM10は出たばっかの時に、新宿のビックカメラで展示してるのを聞いたんだ、ちょっと値段からすると安いんじゃないかなぁって思える音がしてた。まあ、耳の肥えた価格ドットコムの常連達からするとビックなんかで試聴するなっていわれそうだけど、あれだけユニットが並んでても繋がりは綺麗だし、以前のモデルにあった音が直線的に飛んでくる感覚もなく、きちんと音場が広がるし、日本の家庭事情を考慮したんのかなぁと思える出来だよね。
アンプは、みてなかったけど、そんなにすごいモノを使っているようには見えなかった。
プライスは斜め線がひいてあったけど、もともとの値段がペアで32万ぐらいってのが本音で「マジかよ」。
ツイーターが新技術で、生産コストが低いってのが売りだったみたいだけど、それでも・・・・と思ってたんだ。
なんで、発売がいきなり中止になったのは、コスト計算間違えて、この値段だと合わないんじゃないかと・・・・
さらに、こいつは、かなりきちんとした台座がついていて、セッティングの難しさも無さそう。
まあ、それでも締まりが悪いときには、下に10mm程度のコーリアンでも使えばOKな手軽さがいい。
ツイーターと、スコーカーを止めているジェルの耐用年数がわからないけど、長く満足ができるスピーカーじゃないかなぁ

まあ、俺はこのクラスならスペンドールを買う感じだけど・・・・


ちなみに、Whisper Notはキース・・ジャレットの好きなアルバムから取った名前
キースのパリでやったコンサートの音が好きでね、彼らぐらいのレベルになると、コンサート会場になってる都市の雰囲気がでてくるじゃないですか、パリのすこしションベン臭い感じが気に入ってるんだ。
キースのCD集に、「サンベアコンサート」てのがあるんだけど、これ、日本を縦断したソロコンサート集でね、聞いていると日本の都市の特徴をすごくよくとらえてるなぁって、キース聞きながら、旅行してる気分になれる。
この中では京都が一番すきかなぁ


書込番号:17809510

ナイスクチコミ!0


HDMstさん
クチコミ投稿数:956件Goodアンサー獲得:25件

2014/08/07 21:19(1年以上前)

gjkiさんはスピーカー と部屋との調和をとても重んじられてますけど、これってオーディオでまず第一に大切なことなんですね。
例えば自分の場合、凄く速い、ランエボのようなクルマが好きなんですけど、日本で東京近隣に住んでて 一体どこで走るの?
と言うことで持ちません。  これはバイクのリッターSSにしてもそうなんですけどね。

本来出せる能力の半分も出せずに2割3割のパワーだけで走るのなら同じ走行性能で、快適性や燃費で上回るものや軽自動車で
充分ですからね。
オーディオ スピーカーで言えば、狭い部屋ならサブウーファー付きのPC スピーカーで充分だし、ブックシェルフにしたって
本当においしい音の出せる音圧で聴いてるユーザーさんて殆どいないはずです。

オーディオショーなんかで見られた人も多いかと思いますが、小さいRogers LS3/5aでも真空管アンプでパワー入れるとかなり
広い部屋でも大音量で音楽を響かせていて、とても一般住宅では鳴らせない音量ですから・・

デカイ スピーカー を自己満で10畳以下の部屋に入れて聴くのは自由ですが、その スピーカーが持ってる潜在能力は聴けない
ままで所有期間を終わってしまう場合が殆どでしょうね。

書込番号:17811790

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

CM10 [ウェンゲ 単品]
Bowers & Wilkins

CM10 [ウェンゲ 単品]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2013年

CM10 [ウェンゲ 単品]をお気に入り製品に追加する <7

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:1月24日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング