『Let's Note SX3の換装例』のクチコミ掲示板

2015年 1月 8日 登録

CT1000MX200SSD1

555MB/sのシーケンシャル読み込みを実現したSSD

CT1000MX200SSD1 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

容量:1000GB 規格サイズ:2.5インチ インターフェイス:Serial ATA 6Gb/s タイプ:MLC CT1000MX200SSD1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CT1000MX200SSD1の価格比較
  • CT1000MX200SSD1の店頭購入
  • CT1000MX200SSD1のスペック・仕様
  • CT1000MX200SSD1のレビュー
  • CT1000MX200SSD1のクチコミ
  • CT1000MX200SSD1の画像・動画
  • CT1000MX200SSD1のピックアップリスト
  • CT1000MX200SSD1のオークション

CT1000MX200SSD1crucial

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2015年 1月 8日

  • CT1000MX200SSD1の価格比較
  • CT1000MX200SSD1の店頭購入
  • CT1000MX200SSD1のスペック・仕様
  • CT1000MX200SSD1のレビュー
  • CT1000MX200SSD1のクチコミ
  • CT1000MX200SSD1の画像・動画
  • CT1000MX200SSD1のピックアップリスト
  • CT1000MX200SSD1のオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > SSD > crucial > CT1000MX200SSD1

『Let's Note SX3の換装例』 のクチコミ掲示板

RSS


「CT1000MX200SSD1」のクチコミ掲示板に
CT1000MX200SSD1を新規書き込みCT1000MX200SSD1をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ5

返信2

お気に入りに追加

標準

Let's Note SX3の換装例

2015/10/22 18:25(1年以上前)


SSD > crucial > CT1000MX200SSD1

オリジナルの256GB(東芝製)を、crucialのMX200-1TBに換装してみました。
 (ちなみに選択理由は、書き込み可能データが、850PRO以上で有ったことと、消費電力が850EVOより低そう(確証なし)に思えたからです。

 まずは、同社旧モデル(CT1024M550SSD1)での換装例を参考にしました。
 (先人の偉業: http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000635328/SortID=17863996/

 MX200でも、成功のポイントは、「IRSTをアップデートしてからクローン作業をすること」のようです。
 (レッツノートはDynabook等と比べると大容量SSDへの対応が遅れているようで、RSTのバージョンが2013以降、更新されていないようでした。)
  http://askpc.panasonic.co.jp/s/download/install/sx3_e_y.html

 当初、IRSTの書き換えをしなかったため、製品付属のソフト(Acronis-2014)、先人の実施例の使用ソフト(EaseUS Tobo 8.8)、他の成功例の使用ソフト(AOMEI)で実施しましたが、すべてブルーバックとなってしまい、起動しませんでした。

 結局、上記の偉業の手順を踏まえて、以下のように実施することで、簡単に換装できました(※)。
 (※:換装しただけでは、オリジナルのパーテーションが確保されるだけです。実用に耐えますが、約700GBは領域設定がされていない状態となりますので、Cドライブ領域の拡張するか、Dドライブ等の設定が必要ですが、これは問題なく出来るようなので、省きます。)

0.SX3のIRSTをアップデート
 ○インテルのISRTドライバーダウンロードのページから、”12.8.0.1016”のアップデートを実施
  https://downloadcenter.intel.com/ja/product/55005/-RST-
  (※:このバージョン以降であれば良いようですが、私は試していません。SX3とMX200-1TBについては、少なくともこれで支障なく、ブルーバックを回避できました。)
 ○再起動する。

1.本製品を変換アダプタ経由でPCにUSB接続.
 ・何でも良いようですが、私は成功例のあるアウルテックのケースを使用しました。
  (※:この状態では換装先SSDは認識されません)

2.ハードディスクとしてのフォーマットを実施
 ・先人の偉業では、この部分は省略可とのこと。私は念のために実施。
 ○”スタートメニュー”の”プログラム・ファイル検索”に”ハードディスク”を入力し、ハードディスクのパーテーションとフォーマットを選択
 ○現SSDと、新しいSSDが表示されるので、新しいSSDに、新しいシンプルボリュームを設定、を行う。その際、パーテーション設定はせず、MBTにチェック、クイックフォーマットはチェックしない、でフォーマットを実施
 ・新しいディスクが認識される。
 
3.EaseUS Todo Backup 8.8 (最新版で可)でクローンを作成(約40分)
 ○クローンを選択
  (※:パーテーションサイズは変更しない、SSDで最適化を選択等)
 
4.PCをシャットダウンして本製品を装着
 ○電源を入れれば起動…、するはずです。
  (0.を除くと、ここで000…01Eエラーでブルーバック、再起動の組み合わせになります。)

 なお、0.除きで換装後、ブルーバックになってしまった場合は、
  ・Secure EraseでHDDを初期化後
  0.からやりなおし (ただし、2.はクイックフォーマットで良い)
により、回復できました。

 ご参考になれば幸いです。

書込番号:19250255

ナイスクチコミ!3


返信する
クチコミ投稿数:63件Goodアンサー獲得:2件

2015/10/22 18:40(1年以上前)

アライメントがズレてなきゃ成功。

書込番号:19250285

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:439件Goodアンサー獲得:13件

2015/10/28 22:35(1年以上前)

私もSX3(Windows8.1 64bit)にMX200の1TBを換装しました。

私の場合は、引っ越しソフトは使わずに、Century社の「これdo台」でクローン作成してから、差し替えるだけという簡単換装を行ったのですが、特に問題はなかったです。

最初だけ起動時にブルースクリーンがでましたが、そのまま再起動されると普通にWindowsが起動し、その後問題なく使えています。

書込番号:19268337

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

CT1000MX200SSD1
crucial

CT1000MX200SSD1

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2015年 1月 8日

CT1000MX200SSD1をお気に入り製品に追加する <128

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月10日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング