『アイドリング時の温度が低すぎる?こんなもの?』のクチコミ掲示板

2015年 4月30日 発売

SSD370 TS256GSSD370S

アルミ筐体を採用したSATA 3.0(6Gbps)対応2.5インチSSD

SSD370 TS256GSSD370S 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥11,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥11,800¥51,463 (11店舗) メーカー希望小売価格:オープン

容量:256GB 規格サイズ:2.5インチ インターフェイス:Serial ATA 6Gb/s タイプ:MLC SSD370 TS256GSSD370Sのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SSD370 TS256GSSD370Sの価格比較
  • SSD370 TS256GSSD370Sの店頭購入
  • SSD370 TS256GSSD370Sのスペック・仕様
  • SSD370 TS256GSSD370Sのレビュー
  • SSD370 TS256GSSD370Sのクチコミ
  • SSD370 TS256GSSD370Sの画像・動画
  • SSD370 TS256GSSD370Sのピックアップリスト
  • SSD370 TS256GSSD370Sのオークション

SSD370 TS256GSSD370Sトランセンド

最安価格(税込):¥11,800 (前週比:±0 ) 発売日:2015年 4月30日

  • SSD370 TS256GSSD370Sの価格比較
  • SSD370 TS256GSSD370Sの店頭購入
  • SSD370 TS256GSSD370Sのスペック・仕様
  • SSD370 TS256GSSD370Sのレビュー
  • SSD370 TS256GSSD370Sのクチコミ
  • SSD370 TS256GSSD370Sの画像・動画
  • SSD370 TS256GSSD370Sのピックアップリスト
  • SSD370 TS256GSSD370Sのオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > SSD > トランセンド > SSD370 TS256GSSD370S

『アイドリング時の温度が低すぎる?こんなもの?』 のクチコミ掲示板

RSS


「SSD370 TS256GSSD370S」のクチコミ掲示板に
SSD370 TS256GSSD370Sを新規書き込みSSD370 TS256GSSD370Sをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ12

返信4

お気に入りに追加

解決済
標準

SSD > トランセンド > SSD370 TS256GSSD370S

クチコミ投稿数:4件

先日購入して、そこそこの速さに満足しています。

ただ、ひとつだけ気になる点が。

室温に対してアイドル時の温度が低すぎるような気がします。
現在室温が29℃ですが、モニタリングソフト(OpenHardwareMonitor、CrystalDiskInfo、Speccy、Corsair Linkの4つ使ってますw)
でこのSSDの温度を見ると、19℃とか高くても21℃とかを示しています。(いずれのソフトでも同じような温度を示します)

ベンチテストで負荷をかけると30℃以上に上がりますが、終わるとすぐ19℃とかに戻ります。

温度が高すぎるよりはいいかも知れませんが、この室温に対してみると低すぎなのではないかなと気になりました。
今は暑くなる時期ですが、寒い時期になってもっと低い温度を示すようになると、冷えすぎになって悪影響が起きるんじゃないかと
心配になりました。

ちなみに、マザボは「ASUS H97-PRO」、ケースはCORSAIRの「Carbite 100R Silent」です。決してエアフローに優れた環境ではありません。前面ファンに「KAZE-JYUNI 500rpm」でゆる〜く風をあてている程度なので、どちらかといえばエアフローは悪いほうかと。

ちなみに、このSSDのすぐ下に内蔵しているHDDの温度は40℃を示しています。

みなさんのは今の時期に温度はどのくらいを示していますか?気にするほどではないでしょうか?
あるいはこのSDDが特別放熱に優れているとかですかね・・?

書込番号:19901537

ナイスクチコミ!0


返信する
kokonoe_hさん
殿堂入り クチコミ投稿数:33158件Goodアンサー獲得:9171件 ☆★☆千葉県☆★☆ 

2016/05/24 19:39(1年以上前)

CrystalDiskInfoなどがデータをうまく読み取れていないだけではないでしょうか(ちゃんと対応していない)。
おそらく+10℃くらいの誤差があるように思えます。

SSDは高い負荷をかけると温度が一気に上がりますが(50℃とか)、熱を発する部分が少ないせいかすぐに放熱するので温度がすぐに戻ります。

書込番号:19901662

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:9072件Goodアンサー獲得:540件

2016/05/24 20:50(1年以上前)

CDinfoの温度表示

>現在室温が29℃ですが、
>モニタリングソフト(OpenHardwareMonitor、CrystalDiskInfo、Speccy、Corsair Linkの4つ使ってますw)
>でこのSSDの温度を見ると、19℃とか高くても21℃とかを示しています。
>(いずれのソフトでも同じような温度を示します)

モニタリングソフトはS.M.A.R.Tのデーターを読み出して表示しているだけなので
生データー(温度センサー)が狂っているのだと思います。

室温が29℃なら冷却しない限り29℃以下にはなりません。
(温度計が正確である前提です。)

動作中のSSDは自己発熱があるので室温に8〜10℃くらいプラスした温度になると思います。
ケースのエアーフローに影響されますがどんなに強い風を当てても室温と同じ風ですから
室温(29℃)以下にはなりません。

部屋にあるパッシブな物(自己発熱しない物)は金属でも木でも室温と同じ温度になります。
29℃の空気で満たされた空間だからです。

わかりやすく言えば
40℃の湯槽の中に漬けた物はお湯と同じ40℃になります。
湯槽から外に出せば徐々に室温まで温度が下がります。
水でもかけない限り室温以下にはなりません。
室温の空気で満たされているからです。
湯槽の中が40℃のお湯で満たされているのと同じです。

【参考】
S.M.A.R.T. について
http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo/manual-ja/SmartInfo.html

S.M.A.R.T(スマート)はHDDやSSDに内蔵されている自己診断機能で、
(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)の略となる。

書込番号:19901865

Goodアンサーナイスクチコミ!2


φなるさん
クチコミ投稿数:3766件Goodアンサー獲得:362件 縁側-Intel人ってるの掲示板

2016/05/25 08:26(1年以上前)

まず理解して欲しいのですが、PCパーツって(特に自作向けは)【全てのパーツの親和性が100%ではない】ということです。

マザーボードのオンチップセンサーひとつとってみても、接続されるデバイス全てに完全対応できません。
ゆえにドライバがあったり専用のユーティリティソフトがあったりしてそれらのおかげで「合わせている」状態。
メーカーが出すドライバでさえ不具合が出ることがある。
もちろん「Windows向け」と謳っているハードウェアベンダ/サードパーティのデバイス類は基本的な「規格」は踏襲されています、
しかし、それでも発生するのが「相性問題」です。
相性は自作PCの永遠のテーマです。


それでは今回の事象で効果ありそうなのは?
・OSのアップデート
 (自動更新に頼らず、「オプションの更新プログラム」もチェック。なお、7/8・8.1なら、強制アップデートの避け方をネット検索してね。)
・マザボーボードの各種ドライバとチップセットアップデート
・計測ソフトのアップデート(古いバージョンを使っていないか)
・SSD本体のF/W(ファームウエア)に最新のがあるなら、アップデート
http://jp.transcend-info.com/Support/No-631で[SSD Scope]をダウンロード。S.M.A.R.T. 情報も見れます)

(これはオカルトですが)SATAポートを他の箇所に変えてみる。

 いろいろやって無理ならマザーボードとの相性と考える。

まあ、Crystalinfoで異常を示していなければ、そのまま使い続けても問題ないと思います。

書込番号:19902987

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:4件

2016/05/25 10:33(1年以上前)

省電力の項目

皆さん、色々なご意見ありがとうございます!

今回のこちらのSSDのアイドル時の低すぎる温度表示について、原因が分かりました!

Transcendの純正SSDチェックソフト「SSD Scope」を立ち上げるときに、
「Intel Management and Security Status」のアイコンがタスクにピコピコ表示されていたので
もしやIntelのマネジメントシステムが何らかの挙動に関係しているのかなと判断しました。

関連ありそうな項目として、「インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー」の中に、「リンク電源管理」というSATAデバイスの省電力を
設定する項目がありましたので、省電力状態が「有効」になってたものを「無効」にしてみました。

そうすると、室温26℃に対して、アイドル時の温度が28℃〜30℃で安定して表示されるようになりました!
試しに先ほどの設定を「有効」に戻してみると、アイドル時の温度が16℃とか18℃とかの表示に。(おいおい・・・)

おそらく省電力設定による温度表示のバグですね。省電力にしてくれるのはありがたいのですが
温度表示はなるべく正確な温度を把握しておきたいので自分は設定を「無効」にしておこうと思います。

しかし「インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー」は、ネット上でもいろいろな意見がありますね(不要論など)

皆さんのおかげで知見を深めるきっかけになりました。ありがとうございます!

書込番号:19903167

ナイスクチコミ!8


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

SSD370 TS256GSSD370S
トランセンド

SSD370 TS256GSSD370S

最安価格(税込):¥11,800発売日:2015年 4月30日 価格.comの安さの理由は?

SSD370 TS256GSSD370Sをお気に入り製品に追加する <197

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:3月5日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング