『2x2ストリームの意味について』のクチコミ掲示板

2015年 5月22日 発売

Aterm WG1200HS PA-WG1200HS

  • 高速規格「IEEE802.11ac」2ストリームに対応。
  • 5GHz帯は最大867Mbps、2.4GHz帯は最大300Mbpsの高速通信が可能で、有線LANは全ポートでギガビットに対応。
  • 「μ(マイクロ)EBG構造」により、基板の端などから放射される電磁ノイズを遮断し、アンテナへのノイズの侵入を防ぐ。
Aterm WG1200HS PA-WG1200HS 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国14店舗)最寄りのショップ一覧

無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac 接続環境:3階建て(戸建て)/4LDK(マンション) Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品におきまして、より安全にお使いいただくために、管理者パスワードや暗号化キーの変更、最新ファームウェアへのバージョンアップがメーカーより推奨されております。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSの価格比較
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSの店頭購入
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのスペック・仕様
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのレビュー
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのクチコミ
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSの画像・動画
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのピックアップリスト
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのオークション

Aterm WG1200HS PA-WG1200HSNEC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 5月22日

  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSの価格比較
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSの店頭購入
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのスペック・仕様
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのレビュー
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのクチコミ
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSの画像・動画
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのピックアップリスト
  • Aterm WG1200HS PA-WG1200HSのオークション

『2x2ストリームの意味について』 のクチコミ掲示板

RSS


「Aterm WG1200HS PA-WG1200HS」のクチコミ掲示板に
Aterm WG1200HS PA-WG1200HSを新規書き込みAterm WG1200HS PA-WG1200HSをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ15

返信15

お気に入りに追加

解決済
標準

初心者 2x2ストリームの意味について

2016/10/17 00:36(1年以上前)


無線LANルーター(Wi-Fiルーター) > NEC > Aterm WG1200HS PA-WG1200HS

子供がスマホで動画を頻繁に見るようになり、FireStickの動画再生が途切れるようになったため、現在使用している”AtermWR8160N”(11n300Mbps)を買い換えようとしています。
しかし、ストリームと言われるものの動作について不明な部分があるため、以下の質問がおわかりになる方が見えましたらアドバイスをお願いいたします。

@「2×2(5GHz帯 & 2.4GHz帯)」と説明にあったため、5GHzが2本、2.4GHzが2本だろうと思い、ルーターを設置する1FのFireStickとノートパソコンに5GHzを割り当て、1Fと2Fで移動しながら使うスマホ5台は2.4GHzに割り当てればFireStickについてはストレス無く利用できると考えたのですが、ふと製品仕様のページを見ると「アンテナ:送信2 ×受信2 (内蔵アンテナ)」と書いてありました。
(5GHz x 2、2.4GHz x 2 じゃないのか!まぎらわしい!!)
これはつまり、上記の割り当てを行っても結局は2つの回線を内部で切り替えているだけで、買い換えても効果は期待しない方がいいと考えたほうが良いでしょうか?

A”AtermWG2200HP”は「4×4(5GHz帯) & 3×3(2.4GHz帯)」、「アンテナ:2.4GHz:送信3 ×受信3 (内蔵アンテナ)、5GHz:送信4 ×受信4 (内蔵アンテナ)」と書いてあるため、自分の希望する効果は最低でも”AtermWG2200HP”以上が必要と考えた方が良いでしょうか?

Bもしくは当機種を親機として1Fに設置、現在使用している”AtermWR8160N”を2Fに設置して有線LANで接続、「無線LANアクセスポイントモード」に設定し、5GHzを当機種、2.4GHzを現在使用している”AtermWR8160N”で利用するようにすれば、自分の希望する効果に近くなる気がするのですが、これは可能なのでしょうか?

書込番号:20303243

ナイスクチコミ!1


返信する
Re=UL/νさん
クチコミ投稿数:11619件Goodアンサー獲得:1812件 縁側-iPhoneに関する自由な掲示板(メンバー限定)の掲示板

2016/10/17 00:53(1年以上前)

アンテナ数やストリーム数は親機だけでなく子機側(スマホやPC等)も同様に対応してないと
意味がありません。

また、アンテナ数やストリーム数によって親機ー子機間のリンク速度は上げられますが(対応していれば)
元回線の実行速度が底上げされる訳ではないので
そこを踏まえないと無駄な出費ともなります。

※理論上の最大リンク速度が上がるだけ。

書込番号:20303285

ナイスクチコミ!1


kokonoe_hさん
クチコミ投稿数:33151件Goodアンサー獲得:9162件 ☆★☆千葉県☆★☆ 

2016/10/17 01:06(1年以上前)

1台のスマホをAtermWR8160Nで動画を見るくらいでは動画再生が途切れ途切れになる事がないでしょう。
特に金土日の夜の時間帯はインターネット回線が混み合いますので、PA-WG1200HSやもっと高性能な無線LANルータにしてもインターネット回線が飽和して途切れ途切れのままかと思います。

↓のサイトで22〜24時の間に速度を測ってみて下さい。速度が極端に遅ければ回線に問題があり途切れ途切れになっています。

通信速度測定システム
http://netspeed.studio-radish.com/

書込番号:20303309

ナイスクチコミ!2


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:33660件Goodアンサー獲得:7448件

2016/10/17 08:35(1年以上前)

>これはつまり、上記の割り当てを行っても結局は2つの回線を内部で切り替えているだけで、買い換えても効果は期待しない方がいいと考えたほうが良いでしょうか?

たとえそうであっても、買い替えの効果は充分あると思います。

http://www.firstreview.jp/2015/11/2994/
を見てみると、FireStick は5GHzに対応していますが、
5GHzは干渉の影響を受けにくいので、よほど親機から離れていなければ、
実効速度的には5Ghzの方が出やすいです。
実効速度が足りれば、動画再生の途切れは改善すると思います。

次に、FireStick以外にも子機(PC等)を使っていると思いますが、
WR8160Nのような2.4GHzしか対応していない親機だと、
複数の子機が通信すると、ある子機が通信完了するまで待つ必要があり、
時分割で通信してしまいます。
しかし5GHz接続の子機と2.4GHz接続だと、
ある子機が通信完了するまで待つ必要がなく、ほぼ同時に通信できます。

但し、親機との距離が非常に離れている場合は、
中継機を追加した方が良いです。
その可能性もある場合は、WG1200HSよりもWG1200HPの方が良いです。

WR8160N(親機) --- WG1200HP(中継機) *** Fire Stick

--- : 無線LAN(2.4GHz)
*** : 無線LAN(5GHz)

>自分の希望する効果は最低でも”AtermWG2200HP”以上が必要と考えた方が良いでしょうか?

アンテナが2本より多い子機は殆どないですから、
通常はアンテナ2本のWG1200HSでも無線LANの基本機能としては
充分だと思います。

>もしくは当機種を親機として1Fに設置、現在使用している”AtermWR8160N”を2Fに設置して有線LANで接続、「無線LANアクセスポイントモード」に設定し、5GHzを当機種、2.4GHzを現在使用している”AtermWR8160N”で利用するようにすれば、自分の希望する効果に近くなる気がするのですが、これは可能なのでしょうか?

5GHzと2.4GHzの有効利用という点では、WG1200HSだけでも充分ですが、
WR8160Nをかなり離れた位置に配置した場合は、電波がカバーするエリアが広がると言う点で
無線LAN環境が改善されると思います。

書込番号:20303737

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:9件

2016/10/17 20:43(1年以上前)

Re=UL/ν様

返信ありがとうございます。
しかし、漠然とした内容のため、具体的なアドバイスがあればよろしくお願いします。

書込番号:20305419

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:9件

2016/10/17 20:44(1年以上前)

kokonoe_h様

返信ありがとうございます。
教えていただいた測定システムを、再生が途切れるタイミングで使用してみます。

再生が途切れるタイミングは、1台のスマホでの利用時ではなく、複数の子機が利用されているときに発生しています。
再生が途切れる原因は子機の接続数が多いことによるルーターの処理能力不足を懸念しているのですが、測定した結果、回線が飽和して測定結果が悪いのか、ルーターの処理不足で測定結果が悪いのか、どちらなのか判断するための見方はご存じでしょうか?

書込番号:20305424

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:9件

2016/10/17 20:47(1年以上前)

羅城門の鬼様

返信ありがとうございます。
非常に詳しく説明していただき、勉強になります。

>しかし5GHz接続の子機と2.4GHz接続だと、
>ある子機が通信完了するまで待つ必要がなく、ほぼ同時に通信できます。

まさに上記を期待しての買い換えを検討しているのですが、当機種の仕様からは、2本のアンテナはそれぞれの帯域に独立しているのではなく、子機に応じて切り替えて使用されるのではと想像しています。
つまり、5GHzが2台、2.4GHzが5台同時にアクセスしている場合、切り替えながらアンテナを使用するのであれば、途切れて欲しくない5GHzの通信も結局は「ある子機が通信完了するまで時分割されてしまう」のではと。
この点(2x2ストリーム)について、羅生門の鬼様はどのようにお考えでしょうか?


>アンテナが2本より多い子機は殆どないですから、
>通常はアンテナ2本のWG1200HSでも無線LANの基本機能としては

私の理解が間違っているかもしれませんが、上記回答からはアンテナ4本などはあまり効果がないというように受け止めました。
その理由として想像したのは、アンテナが4本あっても同時に通信できるのは1台の子機だけで、その他の子機は時分割の待ち状態になっている。そして、子機が持っているアンテナが2本であれば4本中の2本を使用するが、残りの2本は遊んでいる状態になるため、アンテナは2本あれば十分だ。ということでしょうか?
もしそうであれば、5GHzのアンテナと2.4GHzのアンテナが独立したルータを違うSSIDで複数用意し、子機とルーターを物理的に固定させるのが時分割が発生しない構成と考えられるのですが、そもそも理解が間違っていたらごめんなさい。


>WR8160Nをかなり離れた位置に配置した場合は、電波がカバーするエリアが広がると言う点で
>無線LAN環境が改善されると思います。

もしこの構成にする場合、単純に1Fに新ルーター、壁の配線を利用して2Fに旧ルーターを設置し、有線LANでルーター同士を接続するだけで、あまり離れた位置に設置する想定ではありませんでした。
ただし、無線LANによる中継機能での接続ではないため、SSIDは別のIDとなると思われ、旧ルーターのSSIDは子供専用、新ルーターはFireStickと親専用と物理的に分ければ、時分割が発生しにくくなるかと想像していました。
このような構成の場合、近すぎて電波干渉などで問題になるのでしょうか?
また、時分割を回避する策としては意味がなかったりするでしょうか?

長々と質問させていただきますが、よろしくお願いいたします。

書込番号:20305433

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:33660件Goodアンサー獲得:7448件

2016/10/17 21:23(1年以上前)

>つまり、5GHzが2台、2.4GHzが5台同時にアクセスしている場合、切り替えながらアンテナを使用するのであれば、途切れて欲しくない5GHzの通信も結局は「ある子機が通信完了するまで時分割されてしまう」のではと。

「通信完了」と書いたのは、送信完了時点ではなく、
送信が完了し、相手からACKが返って来て、暫くのアイドル時間が経過した後の時点です。
なので、たとえアンテナを共用していたとしても、
2.4GHzの送信完了後に5GHzの送信を開始することが可能です。

>子機が持っているアンテナが2本であれば4本中の2本を使用するが、残りの2本は遊んでいる状態になるため、アンテナは2本あれば十分だ。ということでしょうか?

はい。

>もしそうであれば、5GHzのアンテナと2.4GHzのアンテナが独立したルータを違うSSIDで複数用意し、子機とルーターを物理的に固定させるのが時分割が発生しない構成と考えられるのですが、

2.4GHzの場合は、互いに独立して使えるCHは3個しかないですので、
2個の子機が互いに倍速で同時に別々の親機に通信することは出来ないです。
親機が独立していても、データの搬送路である電波は近隣の各機器が共有して使っています。

5Ghzの場合は独立して使えるCHは数が多いですので、
親機が増えても、互いに独立したCHを使えば有効です。

>もしこの構成にする場合、単純に1Fに新ルーター、壁の配線を利用して2Fに旧ルーターを設置し、有線LANでルーター同士を接続するだけで、

階が違えば、電波の届くエリアはそれなりに拡大すると思います。

>ただし、無線LANによる中継機能での接続ではないため、SSIDは別のIDとなると思われ、旧ルーターのSSIDは子供専用、新ルーターはFireStickと親専用と物理的に分ければ、時分割が発生しにくくなるかと想像していました。

干渉に関して重要なのはSSID名ではなく、CHです。

>このような構成の場合、近すぎて電波干渉などで問題になるのでしょうか?
また、時分割を回避する策としては意味がなかったりするでしょうか?

多少は干渉しても、あまり神経質になる必要はないと思います。
それよりも、エリアが拡大することのメリットの方が大きいです。

書込番号:20305582

Goodアンサーナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:9件

2016/10/19 01:23(1年以上前)

羅生門の鬼様
返信ありがとうございます。

>なので、たとえアンテナを共用していたとしても、
>2.4GHzの送信完了後に5GHzの送信を開始することが可能です。

解説ありがとうございます。
わかったようなわからないような、というのが正直なところですが、最初に言っていただいた買い換えの効果はあるとのことですので、まずは購入して現状からどのように変わるかをチェックしたいと思います。
まず、現在のルーターで子機1台での速度を計測し、続いて子機6台を同時に速度計測します。
ルーターを交換後、同様の計測を行って速度が改善されるか試してみたいと思います。


>2.4GHzの場合は、互いに独立して使えるCHは3個しかないですので、
>2個の子機が互いに倍速で同時に別々の親機に通信することは出来ないです。

この点についてもう少し質問させてください。
2.4GhHzは13チャンネルあるという認識で、ルーターとSSIDが違えば自動的に干渉を避けてくれるのではと思っていたのですが、間違いでしょうか?
設定でチャンネルの干渉を避けることはできないのでしょうか?


何度も申し訳ありませんが、もう少しお付き合いいただけると助かります。

書込番号:20310069

ナイスクチコミ!0


kokonoe_hさん
クチコミ投稿数:33151件Goodアンサー獲得:9162件 ☆★☆千葉県☆★☆ 

2016/10/19 01:51(1年以上前)

>>2.4GhHzは13チャンネルあるという認識で、ルーターとSSIDが違えば自動的に干渉を避けてくれるのでは
>>と思っていたのですが、間違いでしょうか?

例えばNECとバッファローの2.4Ghz帯の無線LANルータがあったとします(うちにも2台ある)。
NECが3chを使用していれば、次に電源を入れたバッファローは3chを避けて例えば9chとかに自動的にチャンネルを変えてくれます。
うちの場合NECが1chでバッファローが9chと自動的に被らないチャンネルに設定してくれます。

※住宅街のように2.4Ghz帯が乱立しているところでは、チャンネルの自動設定がうまく行かない場合もあるかもしれません。

書込番号:20310089

Goodアンサーナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:33660件Goodアンサー獲得:7448件

2016/10/19 08:36(1年以上前)

>2.4GhHzは13チャンネルあるという認識で、ルーターとSSIDが違えば自動的に干渉を避けてくれるのではと思っていたのですが、間違いでしょうか?

確かに2.4Ghzは13チャンネルありますが、隣接したチャンネルとはかなり重なっていますので、
干渉なく使えるCHは20MHz幅だと3チャンネルありますが、
40MHz幅の倍速だと1チャンネルしかありません。
13チャンネル全てが干渉なく使える訳ではないです。
https://pctrouble.net/network/wlan_channel.html

書込番号:20310495

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:9件

2016/10/19 23:23(1年以上前)

kokonoe_h 様
返信ありがとうございます。

>うちの場合NECが1chでバッファローが9chと自動的に被らないチャンネルに設定してくれます。

とりあえずルータを購入しましたので、単体で検証した結果を別途報告させていただきます。
週末を利用して、旧ルータをつないで2台体制にしてみた結果は後日報告したいと考えています。

書込番号:20313135

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:9件

2016/10/19 23:25(1年以上前)

羅城門の鬼 様
返信ありがとうございます。

教えていただいたリンク先のネットワークの部分を見ました。
色々と勉強になりました。ありがとうございます。

ルーター2台体制にしたさい、2.4GHzの帯域の設定ができるようであれば、干渉しないようにできればと考えています。

とりあえずルータを購入しましたので、単体で検証した結果を別途報告させていただきます。

書込番号:20313140

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:9件

2016/10/19 23:42(1年以上前)

返信していただいた皆様、ありがとうございます。
本日ルータを購入し、まずは差し替える形で検証をしてみました。

検証方法として、子機単体での通信速度を測り、その後、同時に通信速度を測ってルータに負荷をかけた結果、
旧ルータと新ルータでどのような違いがあるかを調べてみました。
※通信速度は3回ほど計測した平均値です。
※単位はMbpsです。
※PCの計測は kokonoe_h 様に教えていただいたサイトがうまく動作しなかったためUSENスピードテストサイトを利用しました。
 →計測結果があまりにもおかしいため原因調査するとWin10の無線LANが遅くなる問題であると判明、なんてこった・・・。
※FireStickでの通信速度を測りたかったのですが、Amazonマーケットにそれらしいアプリが見つからず、
 Android端末で利用したSpeedTestアプリをFireStickに強制インストールしてみましたが、残念ながら動作しなかったため、
 映画グラントリノを再生しつづて負荷状態としました。

検証1.子機単体での通信速度計測

検証1−1.旧ルータ(2.4GHz 11n300Mbps)、10/18 23時 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F|
 |10.2| 31.6 | 27.8 | 21.8 | 21.4 | 28.4 |
 → 測定された結果をインターネット高負荷時間帯の値とし、これ以降の基準値とした

検証1−2.旧ルータ(2.4GHz 11n300Mbps)、10/19 15時 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F|
 | 2.9| 39.8 | 33.7 | 41.1 | 36.0 | 34.9 |
 → 昼の方が全体的に速度が速い

検証1−3.新ルータ(2.4GHz 11nのみ利用)、10/19 15時半 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F|
 |11.8| 77.3 | 36.8 | 73.7 | 39.7 | 43.1 |
 → 単純に新ルータにするだけで速度が速くなる

検証1−4.新ルータ(5GHz 11acのみ利用)、10/19 16時 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F|
 | - | - | - | 84.9 |160.3 | - |
 → PCが11acに対応していないことがこの時点で判明(ショック)
   代わりにSH01-Hを1Fで5GHzを利用する子機として11acに設定、今までに見たことない速度に驚きを隠せない


検証2.映画グラントリノをストリーミング再生中に子機6台を一斉に計測

検証2−1.旧ルータ(11n300Mbps)、10/18 23時半 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F| FireStick |
 | 1.3| 11.6 | 11.9 | 15.1 | 13.7 | 11.6 |グラントリノ|
 → 映画は何度かノイズが入った
   2回ほど一部の子機で計測失敗となったため、5回計測してすべての子機が計測失敗してない時の値の平均を求めた
   やはり、同時接続では顕著に速度が低下する

検証2−2.旧ルータ(2.4GHz 11n300Mbps)、10/19 15時 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F| FireStick |
 | 0.3| 6.3 | 7.9 | 8.8 | 8.6 | 6.3 |グラントリノ|
 → 昼の方が全体的に速度が遅い、なぜだ?
   田舎の一軒家なので、あまり電波干渉は考えにくいのだが・・・
   ともあれ、この値を同時接続時の基準値とする

検証1−3.新ルータ(2.4GHz 11nのみ利用)、10/19 15時半 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F| FireStick |
 | 5.7| 8.7 | 19.1 | 9.9 | 9.6 | 10.3 |グラントリノ|
 → 同時接続であっても新ルータによる恩恵がわずかに感じられる

検証1−4.新ルータ(5GHz 11ac 3台と2.4GHz 11n 3台で分散)、10/19 16時 計測
 | PC |iPadA2|FireTab|iPhone6s|SH01-H|SH01-F| FireStick |
 | 3.9| 21.8 | 25.3 | 39.4 |128.6 | 13.6 |グラントリノ|
 → 5GHzと2.4GHzに分散することによる恩恵がはっきりと感じられる値となった


総括
5GHzと2.4GHzに分散することにより、希望通りの環境が実現できることが判明した。
しかし、電波の飛びが旧ルータよりかなり悪い。飛ばないとの書き込みを見てはいたが、ここまで飛ばないとは。
具体的には木造2階建て1F中央にルータを設置、壁の向こうに階段がありその向こうにある部屋の2F(ようするに斜め上の部屋)に電波が届かない。
5GHzはもしかしたら届かないかもと想像していたが、なんと2.4GHzもほとんど届かない。
電波強度は決まっているので高級機種も普及機種も飛びは変わらないと書き込みで目にした気がするが、
5GHzに対応する前とした後では電波強度に関する法律でも変わったのだろうか。
まるで各階に1台ルータを置かせるために、あえてメーカーは電波を弱くしているのでは?と勘ぐりたくなるほどだ。

後日、旧ルータを2Fに設置して有線接続した暁には、新ルータの2.4GHzは停波して5GHz専用とし、旧ルータを2.4GHz専用にすると幸せになれるかもしれないと考えています。
結果がでましたら再度報告させていただきます。

書込番号:20313194

ナイスクチコミ!1


kokonoe_hさん
クチコミ投稿数:33151件Goodアンサー獲得:9162件 ☆★☆千葉県☆★☆ 

2016/10/19 23:48(1年以上前)

>> → 昼の方が全体的に速度が遅い、なぜだ?

夜はプロバイダの回線が混み合いますので、非常に遅くなる事も多々あります。
プロバイダのクチコミ掲示板では昼間に200Mbps出たのに夜に1Mbpsしか出ない「悪」というクチコミが結構あります。
空いているプロバイダに乗り換えれば夜でも速いですよ。

書込番号:20313213

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:9件

2016/10/25 00:19(1年以上前)

旧ルータを2Fに設置して有線接続し、アクセポイントとして旧ルータを設置してみました。
新ルータの2.4GHzは停波して5GHz専用とすることも検討しましたが、うまく使い分けられないかと2.4GHzは両方生かし、SSIDを5GHz用に1つ、2.4GHz用に2つ、という構成で子機をそれぞれ2台づつに分散してみました。

想定では、それぞれの子機が少なくなるので速度も上がるのではないかと期待したのですが、単体で計測した値には問題が無かったのですが、全機同時にアクセスさせると、2Fに設置した有線接続のルーターの2.4GHzの数値が1.0Mbps台になるという悲惨な結果でした。
新ルータの方は共に良好な数値であったため、親ルータとしての処理能力が足りずに子ルータにデータを渡せなかったのかもしれません。
電波の届く範囲としては、それぞれ別のSSIDのため、とくに広くなったという感じはありませんでした。

前回のコメントで、新ルータは電波が全く飛ばないと発言しましたが、こちらについては計測機器に問題があったことが判明しました。
計測に使用したSH01-Hですが、Wifiのつかみが特に悪い端末であるという情報が散見されました。
事実、iPhoneではWifiでつながっているのに、SH01-HではWifiが切れてしまうのです。
運悪くWifi-Analyzerというアプリを入れたのがSH01-Hであったため、電波が飛んでいないという誤解をしてしまいました。
ルータを新旧入れ替えながらすべての部屋で電波のdBm値を計ったところ、ほぼ同じ数値であることが判明したため、
【当製品の電波は問題なく飛んでいる】と訂正させていただきます。

さて、自分なりに出来る限りのパターンを試した結果、木造2階建ての1Fのど真ん中、目の高さくらいの壁に設置した場合、ほぼ全ての部屋で問題なくWifiの接続ができる。有線接続したアクセスポイントモードの子ルータを作るのは同時処理を行わなければ有効であるが、同時処理する場合は親ルータのみの方が速度がでるため、電波の範囲を広げたい場合のみ、中継機能をもった機械を追加購入すべきと考えられる。現状、2.4GHzのみのルーターを使用しているのであれば、速度を改善するために買い換える価値は十分ある。という結論になりました。

アドバイスをくださったkokonoe_h様、Re=UL/ν様、羅城門の鬼様、非常に勉強になりました。
ありがとうございます。

同様の環境でルータを更新すべきか悩まれている方が見えましたら、今回の投稿が参考になれば幸いです。

書込番号:20328452

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

Aterm WG1200HS PA-WG1200HS
NEC

Aterm WG1200HS PA-WG1200HS

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 5月22日

Aterm WG1200HS PA-WG1200HSをお気に入り製品に追加する <1132

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:1月22日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング