『擬似バイノーラル処理の要望は少ないのでしょうか。』のクチコミ掲示板

2015年11月下旬 発売

DP-X1 [32GB]

  • DACから出力端子までフルバランス回路設計を採用した、ハイレゾ音源対応デジタルオーディオプレーヤー。
  • 通常のバランス駆動にくわえ、独自の「Active Control GND駆動」を搭載。徹底したノイズ排除で、圧縮音源やストリーミング音源も高音質再生が可能。
  • 業界最大クラスの4.7型ディスプレイを搭載するほか、「Google Play」に対応。音楽・動画ストリーミング再生やゲーム、ラジオなどのアプリも楽しめる。
DP-X1 [32GB] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 記憶容量:32GB 再生時間:18時間 インターフェイス:Bluetooth DP-X1 [32GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • DP-X1 [32GB]の価格比較
  • DP-X1 [32GB]の店頭購入
  • DP-X1 [32GB]のスペック・仕様
  • DP-X1 [32GB]のレビュー
  • DP-X1 [32GB]のクチコミ
  • DP-X1 [32GB]の画像・動画
  • DP-X1 [32GB]のピックアップリスト
  • DP-X1 [32GB]のオークション

DP-X1 [32GB]ONKYO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年11月下旬

  • DP-X1 [32GB]の価格比較
  • DP-X1 [32GB]の店頭購入
  • DP-X1 [32GB]のスペック・仕様
  • DP-X1 [32GB]のレビュー
  • DP-X1 [32GB]のクチコミ
  • DP-X1 [32GB]の画像・動画
  • DP-X1 [32GB]のピックアップリスト
  • DP-X1 [32GB]のオークション

『擬似バイノーラル処理の要望は少ないのでしょうか。』 のクチコミ掲示板

RSS


「DP-X1 [32GB]」のクチコミ掲示板に
DP-X1 [32GB]を新規書き込みDP-X1 [32GB]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ15

返信10

お気に入りに追加

標準

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > ONKYO > DP-X1 [32GB]

クチコミ投稿数:816件 DP-X1 [32GB]の満足度5

新鋭品発表が近いようです。

イヤフォン(ヘッドフォン)は理想の発音体です。音は澄み渡っている。
それがジャズなどでは物足りなく聴こえるのかも知れませ。
チェンバロ、バイオリン等の絃楽器は妙なる美音を楽しめます。
(SPでは大きな音を出すために、振動板を大きくせざるをえない。そのため、分割振動は避けられない。)

ベース、ドラムス等は耳で聴くだけではなく、体全体で聴く。これは無理。
昔、ボディソニックなる座っている椅子を振動させる装置がありました。
高性能DAPとイヤフォンが出現した現在。復権の余地があるかもしれません。

普段、SPを通して聴く者にとって、音像の脳内定位(頭内定位)は違和感が大きい。
SPから出た音。右チャンネルから出た音は右耳に届くだけではなく、左耳にもやや遅れてやや小さな音で届く。左チャンネルも同じ。
この位相差、音量差を、脳は処理する。SPに対して正対して聴けば、音像は前方に結ぶ。

それがイヤフォンではできない。自然界にはありえない奇妙なことなのです。その結果、脳内定位になる。
人の頭の耳の部分にマイクを置いて収録する。それがバイノーラル録音。これなら、脳内定位は防げるハズです。実際に聞いたことはありません。
しかし、イヤフォンで音楽を聴くとは限らないし、マイクの位置も制限される。楽器個々にマイクを置くことはできません。
今は音はミキシングで容易に弄れるでしょう。音の遅延調整も可能。SP再生用CD。イヤフォン再生用CDがあっても良いかと・・・ありそうです。
しかし、既に出ているCDはSP再生用でしょう。ならばDAPで対応すれば良さそうです。

DP-X1の機能は豊富です。再生周波数は自由に弄れます。ジェズ用、ボーカル用・・・・
ならば、左右の音のミキシング、位相も操作できるのではないでしょうか。特別のイヤフォンもいらない。好みでないなら、機能をOFFにするだけです。
こう言う意見は少数派なのでしょうか。

書込番号:20178026

ナイスクチコミ!5


返信する
クチコミ投稿数:484件Goodアンサー獲得:24件 DP-X1 [32GB]の満足度5

2016/09/07 16:49(1年以上前)

擬似バイノーラルがどうすれば実現出来るかは分りませんが、今のデジタル技術を持ってすれば可能そうな気もします。多分位相をアレコレいじることになるのでしょうが。
市場の殆どのDAPは基本的に汎用部品のアッセンブルで出来ているからこそ、今の程度の値段が可能となっており、擬似バイノーラル機能を実現するには、新たな技術の開発投資の負担が必要になるのではと思います。
DP-X1のOSの実態からも、失礼ながら今のONKYOでは到底無理のように思えます。
これが出来るのは、せいぜいAppleかSONYくらいのものではないでしょうか。
Appleがハイエンド向きの無線イヤホンを開発しているとの噂があるようで、もしかするともしかするかも知れませんよ。

書込番号:20179105

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:816件 DP-X1 [32GB]の満足度5

2016/09/07 18:34(1年以上前)

anakurooyajiさん  こんにちは

例えば、右イヤフォンの音を出す時に、左チャンネルの音をメモリーに蓄えて、ディレイ(位相を遅らせる)処理と音量調整を行い、右チェンネルの音とミックスして出力
すれば可能と思います。今のデジタル技術的にそれほど難しいとは思いません。
でも、需要がないのかもしれませんが、そのようなDAPがありません。自分が思うほど容易ではないのかもしれません。

話題は逸れますが、安価な業務用デジタルイコライザーでは、試聴位置にマイクを置き、SPから音を出し、室内の癖も含めて、周波数のフラット化が理屈上は可能です。極端なピークを削ったり、ディップを持ちあげたりする。SP、アンプに過大な負担を与える。出ない低音をブーストしても、振動板が無意味に動くだけです。無理をすれば、音質にも悪影響無を与える。得るものより失うものが多いと言うのが、自分の結論です。聴いて良ければそれで良い。安価な業務用イコライザーでここまでできるのですから、
汎用部品を使ったDAPでも、位相(ディレイ)も可能ではないのでしょうか。どの程度遅れせるのか、ミックスする音量比はどうするか
、いろいろ課題は多そうです。

オンキョーと言えば、昔は日本の代表的なオーディオメーカーでした。老舗のパイオニアとも合併した。昔のノウハウが今生きるかどうかは分かりませんが。技術遺産はあると考えたい。
ソニー、ビクター、テクニクス、ヤマハ、ナカミチ・・・ 今、ピュアオーディオメーカーで生き残っているは、アキュエーズ、ラックス、エソテリック位でしょうか。

アップルはハイレゾ再生には冷淡な印象が強い。
ハイエンド向きの無線イヤホンを開発しているとの噂があると言うのはおどろきです。
ソニーのオーディオへの力の入れ方は相当なものです。
ハードディスクプレイやHAP-S1(ハイレゾプリインストールモデル)を使っていますが、シンプルで使いやすい。やってくれ否かなーと期待しています。

anakurooyajiさんはイヤフォンの脳内(頭内)定位について違和感はありますか。

要は需要と供給の関係。違和感が受ける人が少なければ、メーカーは取り組まないt思うからです。現状を見ると少ないのかな〜

書込番号:20179347

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:92件Goodアンサー獲得:4件

2016/09/07 21:19(1年以上前)

昔のラジカセに付いていた、サラウンドスイッチをDP-X1に採用して欲しいということでしょうか?
音楽を聴く上で音響効果だけでなく、音質まで変わってしまうバーチャルサラウンドの音は好きにはなれません。
原音をより忠実にがオーディオに求めるものだと思っています。
好みは人それぞれで、スレ主様にはバーチャルサラウンドヘッドホンの選択もの有りかと思います。

書込番号:20179817 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:285件Goodアンサー獲得:24件

2016/09/08 00:45(1年以上前)

全然詳しくないですけど、バイノーラル録音の音源を普通のDAPで聴く事で自然で聴くのに近い音響になるとは聴いたことあります。
音楽のは知らないですけど自然の音みたいなのはダウンロード出来たと思います。

書込番号:20180498 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:816件 DP-X1 [32GB]の満足度5

2016/09/08 02:56(1年以上前)

ももとごまさん  こんにちは

おっしゃることは分かります。
3DTV用の5.1ch?のブルーツース?ヘッドフォン(パイオニア)は持っています、
らしく聞こえます。人工的で音楽を楽しむレベルにはありません。
目から得る情報量と耳から得る情報量、前者から得る情報が圧倒的で、音質云々はネグレクトされる。迫力ある音さえ出ればそれで済む。オーディオレベルで見ると不十分のようです。目をつぶって楽しめるか・・・・TVは映像に重きを置いて楽しむのが目的なので、それで良いのでしょう。

バーチャルサウンド付きのラジカセがあったのでしょうか。大昔、マトリックスサラウンドなるものがありましたが・・・・
温故知新。今のデジタル技術で高品質パーツを使えば意外に使えるものができるかもしれません。

生の音を聴きたい。その再現を目指して、技術者は努力をしてきました。それぞれの楽器の近くにマイクを置いて録音する。それを集めて、ミキサーで・・・・
CDになるまでの過程には色々な人工的な処理を行う。
それぞれの楽器の生々しい音。現実のライブ会場ではかき消されてしまう音も楽しめる。音質は良くても現実ではありえないものをそれを感じさせないように自然に聞こえるように、技術者は努力しているのでしょう。
CD(記録媒体)の録音(テープもレコードも加工の程度は違いますがライブ原音ではありません)が我々が手にできる原音と考えます。
それを忠実に再現するように努力するのがオーディオの楽しみなのでしょう。どこで妥協するかなのだと思います。結局、楽しく聞くことができれば良いと日和っています。

DPーX1には使用するイヤフォン(ヘッドフォン)を選ぶことができます。それぞれに癖がある。それを補正しようと言うのでしょう。当然のことながら、特性の分かっているオンキョー製品に限定されています。イコライジングしているのでしょう。
ジャズ用、ボーカル用。ミュージシャンの好むイコライジングも選択できる。
既に周波数は簡単に弄れるようになっている。
なんだかんだと言っても、製作者側の意図で弄られている。
その延長で位相を弄るのはやってはいけないことなのか。
自分はあっても良いと思います。

SPオーディオ(表現が適当でないでしょう)とイヤフォンオーディオは全くの別物と割り切るべきなのでしょう。
それなりのDAPとイヤフォンで得られる音質は高い。部屋の特性の呪縛から解放される。周囲に撒き散らす騒音(音楽だって迷惑でしょう)被害を防げる。
高音質を維持したままで、音像を前方に定位できないかと思ったのです。

書込番号:20180604

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:816件 DP-X1 [32GB]の満足度5

2016/09/08 03:07(1年以上前)

ぺりしゃんさん こんにちは

当時、知識としては知っていました。耳のところの小型マイク・・・・良い音で録れるハズはないとスルーしていました。
実際に聴いていないのでなんとも言えないのですが、試しておけば良かったと思います。

バイノーラル録音されたCDもあるようです。聴きたいCDがあるかどうかが問題です。

良い音を聴きたい ではなく、 良い音楽を聴きたい (これは、努力目標です)

書込番号:20180610

ナイスクチコミ!1


Hippo1805さん
クチコミ投稿数:464件Goodアンサー獲得:25件

2016/09/08 11:16(1年以上前)

こんにちは。

バイノーラル系のエフェクトだとクロスフィード(Crossfeed)がありますね。

Andridの音楽再生ソフトだとよく実装されています。そんなに大した処理ではないような気が・・・

DAPだと、あるかな。ヘッドホンアンプならあるようですが。

PCのfoobar2000だとThe Bauer stereophonic-to-binaural DSP が有り、使用しています。少々音質が変化するのと音量が下がるので、音質が劣化していると感じられる方もあるようです。ある程度調整ができるのがありがたいところです。

古い録音や左右分離しすぎな録音の時、使用しています。

音源だと、バイノーラル録音は、マイクの制約が大きいので限定的な利用しかできないでしょうね。一般的な、トラック別々に録音してミックスや編集で曲作りをしている今どきの録音には向きません。

通常録音をヘッドホン用に最適化した音源としては、HPL音源があります。e-Onkyoでの配信が多いですね。

UNAMASレーベルの音源をHPL化したものは、とても優秀です。HPLはこの手の処理では最も優れたものだと思います。

書込番号:20181360

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:484件Goodアンサー獲得:24件 DP-X1 [32GB]の満足度5

2016/09/08 20:17(1年以上前)

>飛ぶ飛ぶさん

夕べは酩酊していたため、返事の書き込み遅れてしまいました。すみません。
私の場合は、脳内定位については、正直それほど抵抗はありません。

音楽再生の基本はスピーカーから出る音であることに異論は無いのですが、どんな場所でも音楽を楽しめるというメリットとのバーターで、脳内定位も受け入れています。
さらに、女房からの文句を回避するためとはいえ、情けない音量で聴く音楽はさっぱり楽くないものですから、最近は家でもイヤホンで聴く機会が増えています。

疑似バイノーラル的手法の定位感の改善は、これからの可能性をもった技術かと思いますので、おおいに期待はしたいです。とはいえ、現状の定位感であっても音楽はしっかり楽しめているので、そんなに渇望するほどではありません。スピーカーの代わりとしてではなく、異なる聴き方の一つとして楽しんでいます。

ところで、この書き込みを拝見し、バジュニア・マンスのイノーラル録音のLPを1枚だけ所有していたことを思い出して見つけることができました。週末にでもリッピングして聴き直してみようと思っています。

その当時バイノーラルが商売にならなかったのは、ヘッドフォンの性能も地位も高くなく、そのための遊びで買うにはLPレコードは安くなかったからかと思います。
今となってCDメディアを使えば、商品コストはさほどでもないと思うので、これだけイヤホン文化が定着した今こそ、通常録音とバイノーラル録音とのカップリング版のリリースなんてのも有って良いような気もしています。

書込番号:20182633

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:816件 DP-X1 [32GB]の満足度5

2016/09/08 22:33(1年以上前)

Hippo1805さん こんにちは

お詳しいですね。 
大変、参考になります。

脳内定位と言うのは頭内定位と言うのが一般的らしい。
より具体的なイメージが湧く頭内定位と言う言葉に訂正します。

>バイノーラル系のエフェクトだとクロスフィード(Crossfeed)がありますね。
Andridの音楽再生ソフトだとよく実装されています。そんなに大した処理ではないような気が・・・

今のデジタル技術を持ってすれば、そう難しいことではないような気がします

>DAPだと、あるかな。

Andridのお手軽には使えても、オーディオ端末であるDAPに使うには抵抗があるのかもしれませんね。

>ヘッドホンアンプならあるようですが。
TV用5.1チャンネル再生用にはあります。擬似的に再現しているにか、但し、元々のソースに入っているのかもしれず・・・・オーディオ用としてはないような

と思っていましたが、
ヘッドフォンは見つけました。
頭外定位(前方定位)を実現したヘッドホン クロスゾーン CZ−1 
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2046/id=56506/
がありました。
かなり凝ったヘッドフォン 値段も25万円と高価です。
おいそれと試しに買ってみると言う訳にはいかないようです。

>PCのfoobar2000だとThe Bauer stereophonic-to-binaural DSP が有り、使用しています。少々音質が変化するのと音量が下がるので、音質が劣化していると感じられる方もあるようです。

なるほど、ソフトでもある程度は可能なのですね。

>バイノーラル録音は、マイクの制約が大きいので限定的な利用しかできないでしょうね。・・・・

そのように思います。最新装置を十分に活かせないでしょう。

>HPL音源があります。e-Onkyoでの配信が多いですね。

曲の一部は試聴できるようです。後で試してみます。

書込番号:20183125

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:816件 DP-X1 [32GB]の満足度5

2016/09/08 23:00(1年以上前)

anakurooyajiさん こんにちは

ありがとうございます。

>夕べは酩酊していたため、返事の書き込み遅れてしまいました。すみません。

オーディオする時、アルコールが入っていることが多い。50年前のクラブの最前列で、ジャズを聴くように・・・本当は分かりません。経験ないので

>私の場合は、脳内定位については、正直それほど抵抗はありません。

多分、慣れだと思います。

>どんな場所でも音楽を楽しめるというメリットとのバーターで、脳内定位も受け入れています。
さらに、女房からの文句を回避するためとはいえ、情けない音量で聴く音楽はさっぱり楽くないものですから、最近は家でもイヤホンで聴く機会が増えています。

全く同感です。小人と女子は養い難し。男のロマンを分かってくれない。

>疑似バイノーラル的手法の定位感の改善は、これからの可能性をもった技術かと思いますので、おおいに期待はしたいです。

50年前には夢の技術でも、今の技術を持ってすれば意外に簡単のような気がしますが。一般に普及していません。頭内定位はそれほど違和感なく受け入れられているようです。 

(余談)
カーオーディオも凝りだすと制限がなくなるようで。専用SPに取り替えたり、それも前から横から、後ろ(定位感の少ない低音)と沢山のSPユニットを付ける。2chオーディオを金科玉条にする自分には受け入れがたいのです。
矛盾することを申し上げますが、前後左右に配置された楽器を録音し、それを二本のSPシステムで再生すること自体が、無理な相談。所詮バーチャルですから、イヤフォンオーディオも慣れれば良いのかもしれません。
(余談終了)

>スピーカーの代わりとしてではなく、異なる聴き方の一つとして楽しんでいます。

はい、そのような楽しみはありますね。聴き方の多様化と割り切れば良いのでしょう。


>バジュニア・マンスのイノーラル録音のLPを1枚だけ所有していたことを思い出して見つけることができました。週末にでもリッピングして聴き直してみようと思っています。

それは貴重ですね。後で感想をお聞かせください。 ジュニアマンスのライブ演奏、かぶりつきで聴いています 10年位前になるでしょうか。

>その当時バイノーラルが商売にならなかったのは、ヘッドフォンの性能も地位も高くなく、そのための遊びで買うにはLPレコードは安くなかったからかと思います。
今となってCDメディアを使えば、商品コストはさほどでもないと思うので、これだけイヤホン文化が定着した今こそ、通常録音とバイノーラル録音とのカップリング版のリリースなんてのも有って良いような気もしています。

おっしゃるとおりです。SACD CDのハイブリッド盤もあるのですから。ヒット商品になるかもしれません。

書込番号:20183233

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

DP-X1 [32GB]
ONKYO

DP-X1 [32GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年11月下旬

DP-X1 [32GB]をお気に入り製品に追加する <495

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング