『ボディー内手ぶれ補正について』のクチコミ掲示板

2016年 3月 3日 発売

FUJIFILM X-Pro2 ボディ

  • 処理速度が従来の画像処理エンジン「EXR ProcessorII」の4倍となる「X-Processor Pro」を搭載したミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデル。
  • 世界で唯一(※発売時)の「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」、2430万画素「X-Trans CMOS III」センサーを搭載。
  • 最高速1/8000秒、最速フラッシュ同調速度1/250秒を達成した「フォーカルプレーンシャッター」を装備する。
FUJIFILM X-Pro2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥129,468

(前週比:-3,661円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥129,560

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥88,990 (24製品)


価格帯:¥129,468¥211,750 (44店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥129,470 〜 ¥186,615 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2430万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.6mm×15.6mm/CMOSIII 重量:445g FUJIFILM X-Pro2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのオークション

FUJIFILM X-Pro2 ボディ富士フイルム

最安価格(税込):¥129,468 (前週比:-3,661円↓) 発売日:2016年 3月 3日

  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-Pro2 ボディのオークション


「FUJIFILM X-Pro2 ボディ」のクチコミ掲示板に
FUJIFILM X-Pro2 ボディを新規書き込みFUJIFILM X-Pro2 ボディをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ125

返信20

お気に入りに追加

標準

ボディー内手ぶれ補正について

2016/02/28 05:15(1年以上前)


デジタル一眼カメラ > 富士フイルム > FUJIFILM X-Pro2 ボディ

スレ主 Suwayamaさん
クチコミ投稿数:11件

皆さんのコメントを拝見していますと、「ボディー内手ぶれ補正機能搭載」への要望がみられますが、以下のインタビューで富士フイルム側の考えがはっきり述べられています。その部分を翻訳してみましたのでご参考までに。
尚、この話は上野さんが神戸で開催された某カメラ店での勉強会にいらっしゃった際に直々に私は聞いています。、
ご参考になれば幸いです。

http://www.fujilove.com/our-highest-priority-is-always-image-quality-interview-with-takashi-ueno-and-shusuke-kozaki-from-fujifilm-japan/

拙訳(部分)

TOMASH:ボディー内手ぶれ補正(IBIS)機能を将来富士フイルムのカメラに搭載することを考えていますか?搭載しないとしたらどういう理由ですか?

上野隆:まず、XFマウントはIBISに対応していません。皆さん、私どものマウントサイズは競合他社との同じくらいなのに、なぜIBISに対応できないのか?とお考えかもしれませんね。答えは単純です。画質が重要と考えているからです。IBISも善し悪しです。IBISは撮像を静止させるためにセンサーをマウント内で移動させます。どの部分でも光量を確保するため、マウント口径はセンサーの動きを考慮してより大きいイメージサークルをカバーできるよう考えなければなりません。当社のマウント口径はIBISを念頭に置かず設計されました。ということは、イメージセンサーがシフトしたときコーナー部分の光量が不足します。デジタル的に補正することは可能ですが私たちはそうしたくありません。イメージクオリティについて妥協することをしたくないからです。

TOMASH: IBISの組み込みを考慮してマウントサイズの設計をしなかったのはなぜですか。

上野隆:より大きなイメージサークルをカバーするためには、口径サイズ(そしてボディーのサイズも)だけでなく、レンズのサイズもより大きくなければなりません。われわれは、カメラとレンズのサイズと重量、扱いやすさ、パフォーマンスそしてイメージクオリティーのベストバランスを追求しています。マウントの仕様を決定しようとしていたとき、われわれは、ベストな品質のボディーとレンズを快適に扱うことのできる小さなサイズに納めることが最高のバランスと考え決定しました。この方針は将来にわたって変わることは無いと考えています。私どもの最優先事項は常に画質の追求です。賛同していただけることを願っています。

書込番号:19638344

ナイスクチコミ!21


返信する
スレ主 Suwayamaさん
クチコミ投稿数:11件

2016/02/28 05:19(1年以上前)

自己レスです。X-T1のスレにて翻訳記事として掲載されていましたね。重複です、確認漏れすみませんでした

書込番号:19638345

ナイスクチコミ!10


クチコミ投稿数:373件Goodアンサー獲得:14件

2016/02/28 10:17(1年以上前)

また始まるのかとおもった

書込番号:19638956

ナイスクチコミ!8


Sniper 02さん
クチコミ投稿数:22件Goodアンサー獲得:1件

2016/02/28 10:27(1年以上前)

>Suwayamaさん
こんにちは!
すみませんが、これ随分古いニュースですよね?逆にフジユーザーなら、把握してる人はほとんどだと思いますが、いかがでしょう?

書込番号:19638978 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!7


クチコミ投稿数:9021件Goodアンサー獲得:396件

2016/02/28 11:36(1年以上前)

世の中がボディ手ブレ補正が主たるものになれば、あっさりと、こういうインタビュー記事は撤回されると
思います。

オリンパスは、レンズの設計が1600万画素だと、メーカーインタヴューで答えていますが、
最近、知らぬ顔で、2000画素のカメラをだしています。

別にオリンパスが嘘つきメーカーだと言うつもりはありません。
売れなきゃメーカーは終わりだし、工夫したらできました、という話になるのでは?

メーカーインタビューは、あくまでその時点での話と考えたほうがいいと思います。

書込番号:19639235

ナイスクチコミ!9


スレ主 Suwayamaさん
クチコミ投稿数:11件

2016/02/28 11:37(1年以上前)

皆さま、大変失礼いたしました。未だにコメントとして散見しているように思いましたので、中にはこの情報を知らない方もいらっしゃるかと。再燃させる等の意図はございません。ご容赦下さい。

書込番号:19639239 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!6


syuziicoさん
クチコミ投稿数:4662件Goodアンサー獲得:215件 夢♪ 北海道 (^-^) 

2016/02/28 15:53(1年以上前)

> また始まるのかとおもった 
新アカをとってまたか! と、、 HNもどことなく似てるしぃ〜 (笑) 
しかし レスのやりとりを見て、まったくの別の方だということが分かってひと安心 ( ^ ^ ) 


じょうだんはさておき、フジの説明には少なからず 違和感を感じてしまいますな、 
センサーを振動・移動させるのは画質にダメージがある・・・・・? 
これは、シロート考えになりますが、画質にダメージをあたえるほどの移動量ではないと思うんですけどねぇ? 
また、ボディー内手ぶれ補正を採用してるメーカーは、画質へのダメージを 黙認 してるとも読み取れるような・・・・・? 

画質への影響を最大の懸念として、ボディー内手ぶれ補正にしなかった理由の前面に押し立ててくるのは、
いわゆる苦しい方便としか受け取れない、 
他社の特許に触れずにつくることができなかったとか、そういう理由の方が自然に納得できる、 

自分自身は ボディ内、レンズ内 どちらでもいいと思ってます、 
ただ どちらの方式を採用するにしろ、説明には見栄をはらず、真摯に答えてほしい、 
実質ミサイルを衛星打ち上げだと言い張る 某お国の倫理に通じるものを感じてしまうのはおいらだけ? 
                  

書込番号:19639999

ナイスクチコミ!8


クチコミ投稿数:9021件Goodアンサー獲得:396件

2016/02/28 21:25(1年以上前)

ブレ補正の問題は結構やっかい。

手ぶれ補正なしのカメラで何回も挑戦してみたけど、どうやっても三脚での撮影にかなわない。

所詮手持ちでは、全くのブレなしの撮影はできないと思う。

シャッターブレも気になるし。
オリンパスのEM1は、電子シャッターが使えるようになって、レンズの格があがったと
思う。

今の手ブレ補正は、他人に見せられる写真を増やせると思う。
ただ、プロはやっぱり三脚を使うようだ。


書込番号:19641161

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:2145件Goodアンサー獲得:35件

2016/02/28 23:04(1年以上前)

機種不明

当の本人はD500だけでなくX-T10でも・・・。

この件はその後も私なりに調べて見ました。
ポイントは二つ。
一つはsyuziicoさんが疑問を持つボディ内手ブレ補正はどのくらいセンサーが動くのか。
それがどのような問題を起こすのか。
もう一つは使用出来ないような基本特許があるのか。
という点です。

添付した表を見ていただければわかるようにXマウントの口径は43.5mmで、バヨネットの突起を含んだ内径は40mmです。それに対しAPS-C素子のイメージサークルは28.4mmですから、径の比で約1.5倍、径の差で15mmもあります。フルフレームのKマウントやEマウントは2mm前後しか余裕がありません。それでもボディ内手ブレ補正で素子を動かしているわけです。

そんなわけで、CP+でペンタックスの方に聞いて見ました。
回答は一瞬の間がありましたが、2,3mmとのことでした。確認はしていませんが、おそらくソニーもその程度だと思います。
それに素子への光がマウント径で決まるのは、バックフォーカス(素子とレンズ後端との距離)が十分にフランジバック(素子とマウントの距離)より長い場合です。短焦点レンズの場合はレンズ後端がフランジバック近辺に来ており、ライカマウントレンズでは後ろ玉がフランジバックより突き出しているものもあるくらいですので、インタビューの記事のように必ずしもマウント径ではないはずです。
では何かと言うと、レンズ側のイメージサークルです。
CP+で富士に確認したところ、どのレンズとは開示してくれませんでしたが、やはりマウント径ではなくレンズのイメージサークルだということでした。また、素子を動かした際の素子周辺部での光量変動についても、電子的補正はしたくないということは同じでしたね。
ここは私の推測ですが、富士がミラーレスのX-Pro1を出した時にはボディ内手ブレ補正導入ということが考えられておらず、18mm、35mm、60mm3本を初めとするイメージサークル(画質を維持できる径)に余裕がない基準ないしは設計だったのではないでしょうか。APS-C機の中では最もフランジ径が小さいですし、レンズ側のイメージサークルの中でも、美味しいと判断(基準)した径が小さいのだと思います。ということで、搭載しない理由はあながち方便と言えないと思います。
今後の可能性については言を濁しましたが、素子の性能が上がり、低光量でも画質を維持出来るようになった場合の採用の可能性については否定しませんでした。

次に特許の件ですが、ソニーについては60件あまり「手ブレ補正、手ぶれ補正」というキーワードで検索してみましたが、他社が使えないような基本特許はありませんでした。ソニーを選んだ理由は、かつてα7で5軸手ブレ補正を採用した際、オリンパス買収後でもあったので、その技術移転なのかという問いに別物と言っていた記憶があったためです。
追って、オリンパス、ペンタックスも調べて見ようかと思っています。ただ、コンデジでは実施していますので、APS-Cだから出来ないという特許の存在は考えにくいですね。コストのかかる大型素子での手ブレ補正導入の必要性判断だと思います。

手ブレ補正についてはレンズ内、ボディ内それぞれにメリット、デメリットがあり、どちらが良いのか一概には言い切れないです。ただ、ボディ内は手ブレ補正の必要性の高い望遠系には向いていないので、望遠系はレンズ内で良いのではと考えています。
レンズ内手ブレ補正は画質低下の要因でもあるので、富士はズーム以外(単焦点)には使いたがらないのでしょう。

レンズ内手ブレ補正が画質をスポイルする話はここ。
http://thisistanaka.blog66.fc2.com/date/2015/08/28/

ボディ内手ブレはコストが大きく増加せず写りに悪影響なければ、ないよりあった方が良く、ON・OFFが選択出来れば良いとは思いますが・・・。
何気ない顔してボディ内手ブレ補正を載せてくれても私は怒りはしませんね。多分。^^;

書込番号:19641577

ナイスクチコミ!7


クチコミ投稿数:2145件Goodアンサー獲得:35件

2016/02/29 00:27(1年以上前)

大事なことを書き忘れました。
マウント径と素子のイメージサークルの間には数字上はかなり余裕があるように見えるのですが、実際はそれほど余裕がありません。
お手持ちのXシリーズのカメラのレンズを外して、まず素子側を見て下さい。
マウントのフランジの内側に接点スペースがあります。
次に反対側のレンズ側を見て下さい。
光の通る部分はマウント径よりは流歌に小さく、その径を図ると約29mmしかありません。
これをマウントの口径と考えれば、富士の言う通りになります。
私としてはレンズ側のイメージサークルより、こちらではないかと考えています。

書込番号:19641868

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:65件Goodアンサー獲得:2件

2016/02/29 00:59(1年以上前)

>Suwayamaさん

前のスレは荒れてしまって、本題については二の次になってしまったように読めましたから良かったと思います。

syuziicoさんの意見と同様な感想を受けましたし、デジタル系さんの言う通り、いつかはボディ内手振れ補正を入れてくるような気がします(笑)また、北北西の風さんのお話、大変興味深く読ませていただきました。

単焦点を使う際の自由度が上がったら喜ばしいので、ボディ内手振れ補正は「あって欲しい」派です。
不要な方はOFFにすれば良いのではないかと(ペンタでもOFFにする人もおられますし)。

ボディ内手振れ補正を載せないのは画質重視ゆえとの話、納得しがたい説明に私は感じました。構造的な困難性はあるのでしょうけれども。


画質重視と言いますが、

@ ブレたら画質どころではない。
A (光量少ない条件下では)ISO上げたら画質は有無を言わさず落ちる。しかも、概ね3段分をISOでカバーしなくちゃならないとなればかなり画質は落ちる。  

そう考えると、本当に画質重視が理由ですか???って感じるわけです。

また、デジカメinfoで、「僅かな画質より一瞬のチャンスの方が大事なときがある」という趣旨のコメントがありましたが、全く同感です。

インタビューがなかったが如く さらっと搭載してくれる日が来るのを待ってます(笑)
その際の理由づけは気にしません!

書込番号:19641922

ナイスクチコミ!8


syuziicoさん
クチコミ投稿数:4662件Goodアンサー獲得:215件 夢♪ 北海道 (^-^) 

2016/02/29 02:25(1年以上前)

> 北北西の風さん
> tachitsutetoさん 

ふと 自分が感じた疑問に反応していただいて、ありがとうございます、 
北北西の風さんに至っては、いろいろと調べていただいたり CP+ で質問確認までしていただいて、感謝します m(_ _)m 

仰るとおり、マウント径やフランジ、イメージサークルの問題があるのかも知れませんね、 
北北西の風さんのコメントを読ませてもらいながら、ふと思い出したことがあります、 

4/3 の場合、ご承知のようにセンサーサイズに対してマウント径は余裕があるように見えます、 
それは センサー面に対してなるべく垂直な光をあてるためと、どこかで読んだことがあります、 
つまり、センサーに対してイメージサークルはだいぶ余裕を持たせてるということ? 
そういう工夫もしてるから、4/3 では周辺減光はほとんど無いんだろな、と認識してました、 

しかしある時、4/3機で他の方が撮った写真を見てると、明らかな周辺減光が見られ・・・・・ 
4/3 でも周辺減光があるんだと驚いたことがあります、 
もちろん、使用レンズ、絞り、構図などいろんな条件が絡んでのことだと考えますが、 

フジが言う "画質" というのは、この周辺減光も絡んでるのかもしれませんね ( ^ ^ ) 
合わせて フリンジ・偽色とか、 
とは言っても、最大の問題はマウント径に余裕がない、ということでしょうかねぇ・・・・・  

先のスレでも、こんな "実のある" やりとりがしたかったものですね、 
しかし スレ主殿がことごとく粉砕してしまって、そんな雰囲気でもなかったし (笑)  

とにもかくにも、調べていただき ありがとうございました♪
時間をさいていただいて、お仕事やその他、影響がなかったらよいのですが、、 
              

書込番号:19641991

ナイスクチコミ!3


スレ主 Suwayamaさん
クチコミ投稿数:11件

2016/02/29 20:56(1年以上前)

>tachitsutetoさん

お言葉ありがとうございました。メーカーに真摯に向き合うユーザーの皆さんが、メーカーとともによりよい製品に変えていく。そのような好循環が生まれていくと思います。私の不用意なスレにも色々な有益な情報を皆さんから発信していただき感謝します。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

書込番号:19644295

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:2145件Goodアンサー獲得:35件

2016/02/29 22:22(1年以上前)

tachitsutetoさん
>ボディ内手振れ補正を載せないのは画質重視ゆえとの話、納得しがたい説明に私は感じました。構造的な困難性はあるのでしょうけれども。
Xマウントが構造的にセンサーシフトの手ブレ補正機構を導入しにくい構造であることはわかりました。
とすると次は「その構造でセンサーを動かすとどれだけ画質が劣化するのかという疑問になります。そのシフト量は他社の場合、2, 3mmだそうですが・・・。
こればっかりは実際にやってみないとわかりません。画質劣化というか光量低下域がどのように現れるのか、今の私には皆目見当がつきません。なだらかに低下するのか、急速に低下するのか、それはレンズの焦点距離でどう変わるのかといったことです。
あと注意しなければいけないのは、当該マネジャーが言う「画質」とは具体的に何を指すのか曖昧であり、我々が解釈しているものと違うかもしれないということです。現に「マウントの口径」は所謂口径そのものではなく「マウントの構造からくる口径」でした。

>@ ブレたら画質どころではない。
>A(光量少ない条件下では)ISO上げたら画質は有無を言わさず落ちる。しかも、概ね3段分をISOでカバーしなくちゃならないとなればかなり画質は落ちる
これらは手ブレ補正をどのような状況で使うかがポイントではないでしょうか。
手ブレ補正が有効なのは、長焦点レンズ使用時、暗い個所での低速シャッター使用時がほとんどだと思います。
後者はもともと低速シャッターですから、三脚等を使うという回避策が王道だと思います。もちろん、そんなものなしでも撮りたいのは私も同じです。三脚なんか重いですし、立てている間に一瞬のチャンスを逃すかもしれませんからねぇ。
前者はどのくらいの焦点距離以上を手ブレ補正が必須と考えるかということになりますが、前にも書きましたが、長焦点ではレンズ内補正が有利、その一方でレンズ内補正は画質への悪影響ありということなので、やはり三脚使用という対応が否応なしに浮かび上がってきます。

>そう考えると、本当に画質重視が理由ですか???って感じるわけです。
うーん、だとすると、現在の単焦点群のレンズ内手ブレ補正非搭載もおかしい、納得がいかないということになってしまいませんか。
マウント構造がボディ内手ブレ補正に適していないのは事実のようです。さすれば、私としては「本当に画質重視が理由ですか」よりも、手ブレ補正を導入するとどのような画質劣化が起きるのか知りたいですね。
tachitsutetoさんが納得出来ないのは、結論だけでその理由が明らかにされていないからだと思います。

>インタビューがなかったが如く さらっと搭載してくれる日が来るのを待ってます(笑)
その際の理由づけは気にしません!
同感です。T2で載っけてくれるととても嬉しいです。

>syuziicoさん
>フジが言う "画質" というのは、この周辺減光も絡んでるのかもしれませんね ( ^ ^ ) 
合わせて フリンジ・偽色とか、 
そのとおりだと思います。解像度や粒状性だけでなく発色もあるでしょう。
周辺減光しかも非対称なんですよね。その減光の起き方もレンズによって違うでしょうからやっかいです。しかし、周辺減光についてはレンズの特性がわかっていれば、それに応じた補正は既に富士自身が行う方策は行っていますから、ズームはともかく単焦点ではそれほど難しい話ではないと憶測しています。
それでもやりたくない理由は何なのでしょうか。そこがこの問題を理解するポイントのように思います。
あと、富士から”色を含む画質”を取ったら他のミラーレスとの差は何があるでしょうか。

>とは言っても、最大の問題はマウント径に余裕がない、ということでしょうかねぇ・・・・・ 
まぁ、Xシリーズを最初に企画した段階では、ボディ内手ブレ補正に考えが及んでいなかったということが発端じゃあないでしょうか。

>時間をさいていただいて、お仕事やその他、影響がなかったらよいのですが、、 
お気遣い感謝いたします。私はわからないことを考えたり、調べたりするのは写真を撮るのと同じように楽しく感じられる性分なのでご安心下さい。
まぁ、世の中はわからないことだけで、中でも一番わかっていないのは自分の頭の中なんですがね。
超長文になってしまいました。ごめんなさい。

書込番号:19644700

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1694件Goodアンサー獲得:190件 FUJIFILM X-Pro2 ボディのオーナーFUJIFILM X-Pro2 ボディの満足度5

2016/03/01 00:15(1年以上前)

歴代のボディ内手振れ補正は、
動かない被写体に対しては有効ですが、
多少でも動く被写体では逆に画質が劣化する印象があります。
(当然、シャッタースピードは十分に設定します)

また、ボディ内手振れ補正が搭載された機種で機能をOFFにするなら、
ボディ内手振れ補正が搭載されていない機種の方が
静止画撮影において有利であるのは間違いないと感じています。
元々センサーを動かす機構を組み入れているため、
その可動部分を敢えて使用していない状態での安定度は、
最初からセンサーを固定しているカメラの安定度とでは差が有るはずで、
センサー周りの余計な機構は内部基盤の構造を圧迫し、
電子的なノイズの発生源となり得る可能性を否定出来ないからです。
センサーと画像エンジンの次に基盤設計も画質を語る上で重要な気がします。


>富士から”色を含む画質”を取ったら他のミラーレスとの差は何があるでしょうか。

自分が富士に好感を持っている一番の理由は良いレンズが多いからです。
質感と描写性能は他のメーカーと比較してもかなり好印象です。
AF性能だけは未だに及第点レベルではないと感じていますが、
それ以外の要素はかなり真面目に考えられているシステムなのが魅力です。
現在、多く有るカメラメーカーの中で
写真を撮影するという用途における信念が最も強いメーカーに感じています。

書込番号:19645129

ナイスクチコミ!12


クチコミ投稿数:2145件Goodアンサー獲得:35件

2016/03/01 22:15(1年以上前)

みなさんご心配の特許の件、少し調べて見ました。
とりあえずは各社が権利化(特許として成立)している件数です。
 キャノン        111件
 リコー・ペンタックス  100件
 ニコン         83件
 ソニー         74件
 オリンパス       74件
 富士フイルム      66件
 パナソニック      34件
 タムロン        8件
 シグマ         4件
 ライカ         0件
 ケンコー・トキナー   0件
こうやって見ると、やはり一眼レフメーカーの特許件数が多いですね。それだけ振動が多いことと、開発期間がミラーレスより長いからだと思われます。
富士フイルムはソニー、オリンパスに8件ほどビハインドですが、パナソニックほど差が開いていません。
なお、検索はメーカー名 and 手ブレ補正、メーカー名 and 手ぶれ補正で行っています。手振れ補正は手ぶれ補正に含まれていました。
もちろん、これらが全てボディ内手ブレ補正に関するものではありません。
中身も極わずか目を通してみましたが、正直かなり難しいです。(特にアルゴリズムに関するもの)
しかし、これだけの特許があるにもかかわらず、それらがどこも抵触していないというのはちょっと考えにくいです。
もしかするとお互いに異議申し立てをしないという慣習になっているのかもしれません。

書込番号:19647780

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:4226件Goodアンサー獲得:49件

2016/03/01 22:38(1年以上前)

あっ何の気にスルーしてました…(^^;
申し訳在りませんm(__)m

書込番号:19647874 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:65件Goodアンサー獲得:2件

2016/03/02 16:40(1年以上前)

>北北西の風さん

コメント有難うございます。
そう!仰る通りです(笑)北北西の風さんのコメントを見て、自分の頭が整理できました。
結局、画質劣化の態様や程度がわからないので、すっきりしないのだと思います。どうしようもない劣化ならば、やむないなぁと思うでしょう。

確かに、暗い状況や焦点距離の長い単焦点使用時ですね。三脚使えばいいんですけれど、やはり自由度が下がりますし、今までボディ内手ブレ補正の恩恵を受けてきましたから、尚更欲しく感じているのでしょう。ただ、自分の願望だけで載せてよ!って感情的になっても仕方ないですね(笑)

今までの単焦点については、将来的にボディ内手ブレ補正で、使いやすさが増せば〜なんて夢見てフジに期待をしておりました。既存の単焦点は魅力的なものが多い、そう感じています。

フジから、画質を取ったら何が残るか?(笑)
携帯性、デザイン等ありますが、機能的な面や操作性は残念な部分が現状では多いので、確かに画質が、本命の魅力ですね。

今後も画質は向上しそうですし、ボディ内手ブレ補正については密かな期待にとどめて置こうと思います(笑)高感度画質向上で、気にならない時代が来れば、それでも有難いです。

話は変わりますが、以前画質重視のため携帯性はあまりフジは重視しない旨、どこかで読みました。ただ最近は両立方向へ向かっている?ようで、そちらは嬉しい限りです。

多分ユーザーさんの声の反映ですね。

スマホからですので、
読みにくいかもしれせん。ご容赦願います。

書込番号:19650006 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:692件Goodアンサー獲得:12件 FUJIFILM X-Pro2 ボディの満足度5

2016/03/03 00:15(1年以上前)

あれほどレンズ手ぶれ補正に注力していたパナでも、GX7でしれっとボディ手ぶれ補正を入れてきました。
マーケティングのために”とりあえず”かと思いきや、GX8ではレンズ手ぶれ補正と連動させて静止画でも動画(5軸手ぶれ補正)でも驚くほどのパフォーマンスを発揮しています。

一方、ボディ内手ぶれ補正にこだわっていたオリンパスは、超望遠300mmF4でレンズ手ぶれ補正を搭載してきました。
これまたボディ内手ぶれ補正と連動させて、6段分の効果!と銘打っています。

他にもレンズ手ぶれ補正は画質が落ちる、と拒み続けてきたツアイスもBatisで初めてレンズ内手ぶれ補正を搭載し、ライカもライカQで光学手ぶれ補正を初採用しました。

これらは、技術の進化と時代のニーズに、柔軟に対応してきた結果であり、画質的にもマーケティング的にも、成功しか無いように思います。

フジフイルムは一貫した写真哲学と戦略を持っていると思いますが、ひたすらに要望されているフルサイズ化とボディ内手ぶれ補正をその哲学ゆえに蹴り続ければ、何年後かには消えてしまうかも知れません。
もちろん、逆に生き残るかもしれませんが、私のような経営素人にはマイナスな見方が優性です。

シグマのように、ブルーオーシャンの中で、ライバル不在の提案を出し続けることができるならコアなファンを獲得し続けることができるだろうと思いますが、確かフジはトップ3に入りたいんでしたよね。(http://digicame-info.com/2016/01/post-764.html
それならば、高画素化、大型センサー、ボディ内手ぶれ補正が、買い換え需要の大きな項目を占める昨今の風潮に乗って、売り上げを伸ばしユーザーを増やすことにもっと貪欲にならないといけません。

個人的には、APS-Cのレンズをたくさん買ったし、そのシステムに不満はないので、ボディ内手ぶれ補正が搭載されようが、されまいが、使い続ける覚悟ですが、大きな視野でマウントの生き残りを最優先に考えて欲しいなと思います。

言いたいことは、さっさと有機センサーを搭載して、画質優先の哲学とシェアをとりにいく経営方針を両立させてください。


>北北西の風さん
>オリンパス買収後でもあったので、
オリンパスは買収されてないですよ。ソニーが筆頭株主となり、業務提携があって、5軸手ぶれ補正がソニー機にも採用されるようになりましたね。

書込番号:19651550

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:2145件Goodアンサー獲得:35件

2016/03/04 19:12(1年以上前)

>ヒババンゴーさん
ご指摘ありがとうございます。
今、IRを見たらソニーは僅かな差ですが、2位でしたね。
やはりあの5軸手ブレ補正はオリンパスの技術だったんですね。

書込番号:19656831

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:333件Goodアンサー獲得:16件

2019/06/11 22:16(4ヶ月以上前)

>ヒババンゴーさん

まー、富士が消える時はカメラ業界に魅力が無くなってしまった時か或いは
業界そのものが無くなった時でしょう。

ただ確かに一般向けな商品とはちょいとかけ離れた昔ながらの感じが思いっきりするので、
良いも悪いもユーザーが結構限られて来そうかなと思います。

それにAFだけは今も昔もダメダメなので。。。

ちなみに富士は元々医療分野ではかなりの実績ですし今や健康食品から化粧品まで様々な
分野で活躍しています。

資本力は他より群を抜いていますので万が一にも消えるとなると写真業界が凄く寂しく
なってしまうでしょうね。
コンテストも多岐に渡ってやられていますし。

いつまでも富士フイルムの看板を掲げていただきたいものです。

それと本題の手振れ補正ですが、私としては有る機種と無い機種の両方が欲しいですね。

一般的な撮影においては有効な手段ですのであって困る事はありません。
しかしα7r3とα9で体験したのですが、手振れ補正ユニットの不良で撮影中にエラーが
出て撮影不能になった事があります。
それに電源を切るとブラブラと揺れてセンサーが隅に行くとカチンと音がしてぶつかっています。
これは本当に気持ち悪いし恐らく壊れる原因になっていると思われます。
但し手持ち撮影で望遠を使わない時、止まっている被写体を撮る時は本当に助けられます。

それとは別に天体や夜景を撮る時に三脚を必ず使うのですが、一々手振れ補正をオフにするのも
何気に結構面倒ですし、時々忘れて何枚か切っている事もあります。
逆に手振れ補正が欲しい時にオフのままって事もあります。

基本2台持ちですので片方はオンのまま手持ちで、もう片方はオフのまま手持ち兼即時三脚用
として使えたら個人的には理想系です。

あって困るものではないですし、あるに越した事はありません。
但し万が一にも故障の原因になり故障率が上がるのでしたら有るのと無いの両方が選べたら
とても嬉しいですね。
片方は予備も兼ねているのでちょっとでも使いやすく壊れにくいを両立出来たらありがたいです。

書込番号:22729033

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X-Pro2 ボディ
富士フイルム

FUJIFILM X-Pro2 ボディ

最安価格(税込):¥129,468発売日:2016年 3月 3日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X-Pro2 ボディをお気に入り製品に追加する <999

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月18日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング