『自宅が映画館になります!【最終】』のクチコミ掲示板

2016年 9月上旬 発売

SC-LX901

  • Dolby Atmos、DTS:X対応の11.2chAVレシーバー。マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現する「ダイレクトエナジーHD アンプ」を搭載。
  • 自動音場補正技術「MCACC Pro」と「Reflex Optimizer」を搭載し、高品位なサラウンド再生が行える。フロント出力200W。
  • 4K/60p、HDR、HDCP2.2、ハイレゾ音源、Google Cast、インターネットラジオ、Wi-Fi、Bluetooth、AirPlayに対応し、FM/AMチューナーを内蔵。
SC-LX901 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥299,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥299,800¥299,800 (1店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥410,000

サラウンドチャンネル:11.2ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:6系統 SC-LX901のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SC-LX901の価格比較
  • SC-LX901の店頭購入
  • SC-LX901のスペック・仕様
  • SC-LX901のレビュー
  • SC-LX901のクチコミ
  • SC-LX901の画像・動画
  • SC-LX901のピックアップリスト
  • SC-LX901のオークション

SC-LX901パイオニア

最安価格(税込):¥299,800 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 9月上旬

  • SC-LX901の価格比較
  • SC-LX901の店頭購入
  • SC-LX901のスペック・仕様
  • SC-LX901のレビュー
  • SC-LX901のクチコミ
  • SC-LX901の画像・動画
  • SC-LX901のピックアップリスト
  • SC-LX901のオークション

『自宅が映画館になります!【最終】』 のクチコミ掲示板

RSS


「SC-LX901」のクチコミ掲示板に
SC-LX901を新規書き込みSC-LX901をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ19

返信4

お気に入りに追加

標準

自宅が映画館になります!【最終】

2018/02/09 07:22(1年以上前)


AVアンプ > パイオニア > SC-LX901

この製品に対する誤爆レビューの件で価格コムの運営側とやりあっていまして、アカウントごと全て消されてしまうかもしれませんので【最終】を付します。

 展示処分品で1月20日に税込20万で入手してから約20日間、「音の良い映画館」を超える音質で再生することを目指してまいりましたが、やっと7.2.4構成でのスピーカー配置とアンプ構成を固め、当面は下記の構成で使うことにしました。

・再生機器 パナのBZT-900ほかパナのBDレコ2台とD-VHS1台、予備の激安BDプレイヤー。
 D-VHSテープに録画したBSデジタル黎明期の番組を見ると、当時は制作側もハイビジョンに相当気合が入っていたようで画質の素晴らしさに驚かされます。ちなみに古いD-VHSでもiリンク端子でBDレコに繋いでやると、BDレコからHDMI出力でき、コピワン記録でも再生だけなら問題ありません。

@サブウーファ1 DIATONE DS-W461 http://audio-heritage.jp/DIATONE/diatonesp/ds-w461.html

Aサブウーファ2 DENON_USW-1000 http://www.geocities.jp/ks19561005/PONY_Units/DENON_USW-1000_001.html

 @のDS-W461は強力な電源を有するパワーアンプでドライブしてやると地の底から湧き上がる重低音やバフっという風のような低音でも軽々と出せるサブウーファで、10年前、中古店の楽器コーナーで信じられないような間違った値段で売られているのを見つけ、一旦スルーしたのを約170kmを引き返して速攻で捕獲しました。更にもう1本欲しいので捜索中です。

Aはホームシアター入門セットの付属品で大入力でバリバリ悲鳴をあげますがレベル調整して使えば以外と役立ちます。

@とAのパワーアンプ PIONEER M-90a http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/amp/m-90a.html
 省エネ用のSONY TA-N330ESと聴き比べましたが、低音再生能力という点でM-90aには全く敵いませんでした。ただし、ウチのM-90aは病気持ちで時々右チャンネルから極悪なノイズが出るのでAのサブウーファを割り当ててます。

Bメインスピーカー Kef iQ90 https://www.phileweb.com/review/closeup/kef2008/

Cセンタースピーカー Kef iQ60C+D-207C http://www2.jp.onkyo.com/product/products.nsf/pview/D-207C(D)

 世の中にはこれより良いスピーカーも有るのですが、見た目も含めて値段の割に欠点のないスピーカーです。LX81の時代はサンスイAU-α907DRでドライブしていましたが、LX901のパワーアンプ部は、かなりイイ線を行ってますので、省エネも兼ねLX901に直接つなぎました。

 試行錯誤過程ではエレクトロボイスのSENTRY500をメインにしてみましたが、こいつは音にクセがあり過ぎるのとアナログレコード再生が不便になるため、ピュアオーディオ用に残しました。

 LX901のパワーアンプ部ですがLX81の時代から10年も改良を重ねてきたのは伊達ではなく、LX81ではバイアンプ接続しても、楽曲がクールになり過ぎて音が死んでいたのが、LX901でやっとサンスイの上位プリメインと比較しても遜色ないほど良くなりました。実際は超えているというほどではありませんが、LX81の時代は「やっぱD級アンプはサラウンド用だな‥」という印象だったのが、LX901になってからは、このアンプで鳴らす価値があるものと理解しました。「音の熱さ」という点では、まだまだサンスイに分がありますが、LX901も爽快な音で、わざわざサンスイの電力大食いアンプで聴かなくても良いかなと思せてしまいますから、2台のサンスイのうち1台はサブウーファ駆動用アンプのM-90aが病気持ちなので、場合によっては、ピンチヒッターになってもらう予定です。

 それから、センターは、ラック下段に収納したKefのiQ60Cがスクリーンを下ろすと音が埋もれてしまうため、天井にD-207Cと言うセンタースピーカーを視聴位置に向けて並列接続しましたが、低インピーダンス再生に強いLX901は全く平気ですね。

Dサラウンドスピーカー ONKYO DSX-7A https://www.youtube.com/watch?v=Ab0Nmdy5rec

 今回は、このサラウンド用スピーカーの選択で試行錯誤しました。Dolby ATOMOSコンテンツでは、サラウンド用スピーカーに積極的に音を割り振りますから、最初は感度の良いフォステクスの自作スピーカーを割り当てました。

 しかし、Dolby ATOMOSと言ったら、トップスピーカーに大活躍して欲しいため、自作は後方トップスピーカーで頑張ってもらい、サラウンドスピーカーは手持ちの6本を組み合わせて大雑把に鳴らすことにしました。お金とヒマさえあれば、メインやセンターと相性の良いkefのiQ30を入手したいところですが、ここは次のステップまで我慢、我慢です。

 サラウンドスピーカーを3本一組にしたのは、映画館のようにサービスエリアを広くしたのと、壁面に並べた見た目が映画館のような印象になるためで、メインのONKYO DSX-7Aの他のスピーカー2本は直列接続にして出力レベルを低下させ、聴感上、悪さをしないようにしてからDSX-7Aと並列に接続してます。

E サラウンドバック DENON SUSC-A1000 http://hifido.co.jp/KW/G0202/J/0-10/C10-52300-68329-00/
 ウチではここが最も貧弱ですが、試行錯誤の結果、試聴位置の真後ろに固定しスペースも確保できないため、このスピーカー4本を使って壁面に縦に2個づつバーチカルツイン状に配置しました。アトモスりデモソフトで真後ろの音が消えそうな印象だったのが大分改善出来ました。

【文字数制限につき、次につづく】

書込番号:21583305

ナイスクチコミ!4


返信する
クチコミ投稿数:1028件 SC-LX901のオーナーSC-LX901の満足度5

2018/02/09 07:30(1年以上前)

F フロントトップスピーカー DIATONE DS-200Z http://audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-200z.html
 見た目より地味な音がするスピーカーですが、確実に仕事をやってくれるタイプです。メインスピーカーのiQ90と同じ16cm口径の同軸タイプなのも音色の面で気に入ってます。

G リヤトップスピーカー フォステクスFP-205(自作) 故長岡鉄男氏の設計で吸音材ゼロの凄くドンシャリな音のする暴れ者ですが、サラウンドに使うのが勿体ないくらい楽曲を生き生きと再生できるスピーカーで細かい音の再生では右に出るものがないため、思い切ってリヤのトップに採用しました。もちろん、Dolby ATOMOSでの効果はバツグンです。

 こんなバラバラな組み合わせでも、フルオートMCACCをかけてから、サブウーファとのクロスオーバ周波数を100Hzから80Hzにし、サブウーファレベルを3dBほど上げて調整した結果、映画モノでも音楽モノでも、自分好みのダブつかないけどシッカリした重低音で試聴できるようになり、映画ものでは「マッドマックス怒りの‥」の極上爆音再生に益々磨きがかかり、Perfume Clips2の15曲目に収録されている「Everyday」という2ch48kHz24ビット収録の楽曲もLX81時代と同様ボリューム位置「−7」でクリアに聴くことができるようになりました。

 スピーカーは理想的には同じメーカーの同一シリーズもので揃えたいのですが、現時点ではそこまで無理ですのでフルオートMCACCにはかなり助けられていると思っています。Dolby ATOMOSはサラウンドスピーカーの質がモロに出るため、オマケ的スピーカーの使用は必要最低限にしたほうが良いですね。その一方、スピーカー現物がないと話になりませんので、去年の今頃、断捨離で比較的マトモなスピーカー2組を売却してしまったのが悔やまれます。Dolby ATOMOSに興味の有る方は、いつ何時、サラウンド症候群にやられてしまうかも知れないので、一時的に不要となったスピーカーでも小型で扱いやすいブツは売却せず大切に仕舞っておいて下さい。

 なお、最新のUHDソフトじゃなくても、Dolby ATOMOS収録のBDソフトは結構ありまして、レンタル屋さんに寄ったらパッケージの裏を良く確認して下さい。そのほか、まだまだ少ない(私は2枚しか見たことがない)ですが、新しいBD作品には、やっと「DTS:X」収録ソフトもちらほら出てきましたが、張本人であるDTSのサイトにもDTS:X収録ソフト一覧がないですね。
 https://www.dolby.com/jp/ja/experience/dolby-atmos/bluray-and-streaming.html

 Dolby ATOMOSの宣伝記事やドルビーサイトのコピペ記事はやたら多いのですが、評論家諸氏も含めて身銭を切って実践しているような記事が少なくて難儀しましたが、自分自身で試行錯誤してみるしかないと思いました。

 「ピュアAV」ならぬ「プアAV」ですが、SC-LX901を使ってDolby ATOMOS再生環境を構築される方の何かの参考となれば幸いで、サブウーファを別にすれば、これ1台と、とりあえず11本のスピーカーをかき集めれば、MCACC PROがじっくりと時間をかけ(ちょっと時間が掛かり過ぎますが‥)欠点を補って何とか調整してくれてDolby ATOMOSを十分体験できますし、お金をかけて同一シリーズの統一した良いスピーカーを使えば、ハイレゾ立体音響空間でさらに別次元の世界が広がるハズです。

書込番号:21583318

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:1028件 SC-LX901のオーナーSC-LX901の満足度5

2018/02/10 10:11(1年以上前)

書き漏らしていましたが、LX901はハイレゾソースも素晴らしく高解像度の高音質で再生できてしまい、中古「プア」オーディオ軍団の出番が無くなりそうです。この際、LX901を購入するのに下ろしたヘソクリを補填するため、中古軍団が故障してしまう前に、トットと売却したほうが得策かなと思ったりしてますが、かと言って全ての面をベタ褒めしている訳でもありません。

 税込20万円で入手しといて言うのも何ですが、定価で税抜¥410,000もするのに外観上、下位モデルと殆ど変わらないという点は残念ですね。せめて放熱スリットを設けて立派な側板を付けるとか、昔のパイオニア製品のようにフロントパネルがツルピカに仕上げてあれば所有する喜びもあると思います。

 うまくセッティングが決まれば中身として¥410,000でも高くないとは思うのですが、どうせ外装にお金が掛けられないのなら、せめてスタジオ機器のようなラックマウント規格で作って欲しかったです。

 このモデルからレガシーなアナログ入力も大幅に省略され、アナログ・マルチ入力が省略されたのは認識していましたが、アナログ・コンポーネント入力やNTSCコンポジット入力は代表的な4つの入力にしか割り振れず入力が多い割にアナログの映像入力は融通がきかなくて使えません。

 それから、ソース側のオーディオ・フォーマットが変化すると音声が途切れてしまうのが残念な点で、映画BDでは作品のオープニング映像がスタートしてから遅れて音声がカチンと切り替わるため興ざめです。遅いと言えばフルオートMCACC PROも7.2.4の環境だと13チャンネルの調整をするため、30分以上もかかり、気絶してんのかと思うような無音時間も長いため、セッティングを試行錯誤する者にとっては辛い時間です。あと、フルオートMCACCスタート前の予備検査でスピーカー極性を間違っていないのに、逆相と判定され、極性を反対にし、もう一度チェックしても逆相と判定されたりもして腹が立つこともあります。。

 そして、トドメとなるのはD-VHSのD端子出力をアナログ・コンポーネントに変換して入力させてみましたが、HDMIで鑑賞しようとすると、HD入力であってもSD信号に強制的にダウンコンバートされハイビジョン画質でなくなります。おそらく著作権ガラミでしょうが極めて残念な点で、結局、余っているBDレコにiLINKで接続し、HDMIに変換させ接続しています。

 レーザーディスクで使うNTSCコンポジット入力も強制的にフルサイズに広げられてしまうため出演者は皆デブになってしまいます。モニター側でアスペクト比を調整してやれば良いのですが、「パイオニア」なのですから、せめてレーザーディスクを見る際はアスペクト比を変更しなくても済むよう設定できると良いですよね。

 その他にも、アナログのREC-OUTや光出力のSOUSE-OUTが省略されたりと、アナログビデオ用の録画出力やDATやMDなど古いデジタル機械は鳴らせるけど録画や録音ができない割り切った作りになってます。

 その、ひとつひとつは致命的じゃないのですが、、今でも古い機械をフル活用しているような御人にとっては、自由自在に使えなくなるのですから、トータル的には致命的と思う人もいるでしょう。

 私の場合、古いMDデッキや元々読み取りが不安定だった古いSACDプレーヤーは引退させ、「SC-LX901は、Dolby ATOMOSやDTS-Xなどのオブジェクト・オーディオ再生機だ」と割り切りましたけど、LX81にはフル装備でしたから残念なことは残念です。

 それから、期待?のPHONO入力ですが‥部屋の片付けが進んでないため、KP-9010を移設してチェックをするまで、もう少し時間がかかります。 幸か不幸か、PHONO入力がもしも「使える」場合、アナログ・プレーヤーとスピーカー以外のアナログ軍団は全てお払い箱になってしまいます。実はLX81のPHONO入力がオマケ程度と思っていたら予想以上に健闘したので、念のため確認しておくに越したことないと思っています。

書込番号:21586231

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:1028件 SC-LX901のオーナーSC-LX901の満足度5

2018/02/11 07:33(1年以上前)

1983年リリースの高音質盤です。

 アナログのPHONO入力ですが、音質云々(うんぬん)どころか、「ジ〜」と言うデジタルアンプの強烈な雑音を拾って全く使い物になりませんでした‥が、念のため、KP-9010
http://audio-heritage.jp/TRIO-KENWOOD/player/kp-9010.html
を元のSUNSUI AU-α907DRに接続を戻しても同じ状態で、良く良く調べてみたらアース線が中で折れ被覆だけで繋がっていて修理後リトライしました。(当方の機器のトラブルで危うく「酷評」を記してしまうところでした。真実に基づく酷評ならそれも有りですが、勘違いや誤爆での酷評はいけません!)
http://review.kakaku.com/review/K0000900310/ReviewCD=1071044/
http://review.kakaku.com/review/K0000977055/ReviewCD=1072288/

使用カートリッジはVM740ML、試聴盤はマリーンの「マジック」のMASTER SOUND盤を使用
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2877

【PHONO入力のインプレ】
 ウ〜ン‥STEREOモードで聴きました。可もなく不可もなしと言うよりも低域がスカスカなため、スピーカー設定をダブルバスにしサブウーファのレベルを15dBほど上げてやると、やっと「音楽」になりました。

 マリーン女史のハスキーで健康的なヴォーカルも何かハイレゾコンテンツのようにサラサラになってしまい、お色気が少し後退してしまいますけど、フルバンド・フェイズコントロールの恩恵でトータル的な音質としては「あり」かと思えます。
 http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/06/news086.html

 ただし、MCカートリッジではボリューム最大にしないと使えませんので、あくまで最低限レベルを維持しているだけ‥アナログプレーヤーを入手しレコードを聴いてみようと、PHONO入力付きアンプも必要かなと思ったら「LX901にPHONO入力が付いていてラッキー!」という感じでしょうか。

 昨晩、聴いた第一印象では「落第」寸前でしたが、念のため一晩温めて再度聴いたら、それほど酷くもないかなと言う印象でした。しかし、アナログ盤を聴くために毎回、スピーカー設定をダブルバスに変更しサブウーファレベルを調整するのも面倒なんで、アナログ盤はKP-9010をAU-α907DRにつないでエレクトロボイス SENTRY500SBVで素直に聴いたほうが快適ですね。(笑)
http://audio-heritage.jp/ELECTROVOICE/speaker/sentry500sbv.html

書込番号:21588656

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1028件 SC-LX901のオーナーSC-LX901の満足度5

2018/02/11 08:28(1年以上前)

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0802/06/news086_5.html

>それでも、理想を求めて開発にゴーサインが出るパイオニアの企業文化は、ビジネスの効率が優先されがちな現在の日本のAVベンダーにおいて、貴重なものと言えるのではないだろうか。

2008年2月の長い記事を最後まで読みましたが、最後の2行が「ビジネス効率優先」のオンキョーと合併した現在のパイオニアを暗示していたのは結構、皮肉なものです。しかし、高級スピーカーのように各ユニットを前後にずらさずに安価なスピーカーでも位相を合わせることができる「フルバンド・フェイズコントロール」は、パイオニアの「遺産」として引き継がれていくでしょう。

書込番号:21588732

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

SC-LX901
パイオニア

SC-LX901

最安価格(税込):¥299,800発売日:2016年 9月上旬 価格.comの安さの理由は?

SC-LX901をお気に入り製品に追加する <126

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

新製品ニュース Headline

更新日:1月17日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング