『複数のプリメインアンプでマルチアンプシステム構築は邪道か?』のクチコミ掲示板

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

定格出力:90W/8Ω/120W/4Ω 対応インピーダンス:8Ω/4Ω 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz アナログ入力:5系統 E-270のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • E-270の価格比較
  • E-270の店頭購入
  • E-270のスペック・仕様
  • E-270のレビュー
  • E-270のクチコミ
  • E-270の画像・動画
  • E-270のピックアップリスト
  • E-270のオークション

E-270Accuphase

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2016年11月下旬

  • E-270の価格比較
  • E-270の店頭購入
  • E-270のスペック・仕様
  • E-270のレビュー
  • E-270のクチコミ
  • E-270の画像・動画
  • E-270のピックアップリスト
  • E-270のオークション

『複数のプリメインアンプでマルチアンプシステム構築は邪道か?』 のクチコミ掲示板

RSS


「E-270」のクチコミ掲示板に
E-270を新規書き込みE-270をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ120

返信79

お気に入りに追加

解決済
標準

プリメインアンプ > Accuphase > E-270

スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

複数のプリメインアンプ(E-270 など)でマルチアンプシステム構築は邪道か?

少々長くなりますが、ご興味やご示唆をいただける方のご意見を期待します。

現在、E-460 を愛用しており、左右の3-wayスピーカー (ウーファーWO、スコーカーSQ、ツイーターTW)に加えて、左右にスーパーツイーターST、およびこれも左右にアンプ内蔵の強力なサブウーファーSWを使い、実質的には5-wayの構成です。

最近、スピーカー内のクロスオーバーネットワークを取り外し、全てのコイル類、コンデンサー類、およびSQ用、TW用、ST用のアッテネーターを完全クリーニングおよび一部新調して、外付けのクロスオーバーネットワーク+アッテネーターボックス化しております(WO, SQ, TW, STの4回路ネットワーク)。 従って、左右の3-wayスピーカーは、それぞれ3端子化して、ネットワークボックスからWO、SQ、TWへ直結できるようになっています。また、もちろんですが、外置きのSTへもネットワークボックスから繋いでいます。

一方、左右のSWはアンプ内蔵ですので、E-460 のプリアウトからRCAケーブルで入力しており、SWのアッテネーター、カットオフ クロスオーバー、位相反転スイッチ、で最適調整しております。

ハイレゾファイルを含む音源は、ほぼ全て、Windows 10 64 bit PC 上の Roon からUSB-ASIOドライバーで単体USB-DACへ流し、そこからXLRバランスケーブルでE-460に入力しています。CD-SACDプレーヤーおよびLPプレーヤーも接続していますが、最近は、もっぱらUSB-DACからの入力です。

このシステム構成で、音質的にも、音像定位的にも、非常に満足しているのですが、メインスピーカーの3端子化と外付けネットワーク+アッテネーターボックス化の効果は絶大で、それも踏まえて、クロスオーバネットワークを回避したマルチアンプシステムへの移行を考え始めております。

オーソドックには、コントロールアンプ、チャンネルデバイダーDF-65と4台のパワーアンプ(P-4500など)を使った大規模なマルチアンプシステムが想定されますが、アキュフェーズの高級コントロールアンプや、4台のパワーアンプを一挙に新規導入することは、価格面でも、消費電力面でも躊躇しますし、何よりも、愛用しているスピーカー群とリスニングルーム環境には、P-4500は完全にオーバースペックであると思っております。

そこで、アキュフェーズの AAVA方式によるボリューム調整、バランス調整、およびアッテネーター機能には、絶大な評価と信頼を寄せておりますので、変則的ではありますが、E-460を1台、E-270を3台使ったマルチアンプシステム構築の可能性を探り始めています。

音楽鑑賞はUSB-DACからのXLRバランス入力がほとんどですので、よくよく考えると、コントロールアンプは必須ではなく、USB-DACからXLR接続で直接チャンネルデバイダー DF-65 に入力して;
 SW+WO周波数帯(低音域)
 SQ周波数帯(中音域)
 TW周波数帯(高音域)
 ST周波数帯(超高音域)
の4音域に分け、それぞれをゲイン調整せずにXLRバランス接続で、E-460(低音担当)、E-270(中音担当)、E270(高音担当)、E270(超高音担当)に振り分け、各音域でのゲイン、ボリューム、左右バランスを、それぞれのプリメインアンプで調整して、各々 SW+WO、SQ、TW、ST を駆動させる、という変則的(?)なマルチアンプシステムとなります。

E-460(低音担当)からは、もちろんスピーカー出力でWOを駆動し、RCAプリアウトでアンプ内蔵のSWに繋いで、SW内蔵のアッテネーターおよび位相反転の機能は臨機応変に利用する予定です。

この構成なら、当面の新規導入機器は、DF-65 1台と E-270 3台、ということになり、コントロールアンプ、DF-65、P-4500 4台の導入にくらべれば、予算的にも遙かに現実的ですし、非常に評価が高いE-270を中音域、高音域、超高音域、担当として有効活用できるのでは、と考えております。E-460の実力は、実機で何年間も経験済みです。

E-270 3台の電源は、E-460 の連動コンセントから取れば、4台の全てのプリメインアンプを同時起動できますし、この構成であれば、消費電力や発熱の問題も容易に回避できそうです。DF-65 の電源も、E-460 の連動コンセントから取る、ということになります。

E-460 と E-270 は、このような少し変則的なマルチアンプシステムへの利用も十分に可能で現実的であろう、そして何よりも、各音域において、AAVA方式による詳細、厳密、確実なアッテネーター機能、ボリューム調整、バランス調整が使えるメリットは非常に大きいのではないかと思い始めておりますが、如何なものでしょうか?

もちろん、E-460および E-270 3台すべてのプリとメイン部分を分離して、単純にパワーアンプ4台として使うことも考えられますが、私としては、マルチアンプ環境でも各プリメインアンプのAAVA機能を最大限に有効活用してみたい、という誘惑に駆られております。

(なお、高性能PCと音響測定用高性能マイクロフォンで音場測定も可能ですし、最終調整は、フラット化には拘らず、リスニングルームと好みの音楽ジャンルに合わせて、自分の聴覚に頼って微調整する主義ですので、ヴォイシングイコライザーDG-58 の導入は考えておりません。)

諸賢、みなさま、のご意見やご示唆が頂戴できれば幸いです。

書込番号:23140284

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:215件Goodアンサー獲得:7件

2019/12/31 15:11(5ヶ月以上前)

人柱になって下され。

書込番号:23140379

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2004件Goodアンサー獲得:31件

2019/12/31 15:17(5ヶ月以上前)

手間暇かけて・・・どうでるかな

書込番号:23140386

ナイスクチコミ!1


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2019/12/31 15:36(5ヶ月以上前)

問題ないと思います。が邪道と思います。プリメインアンプ
プリ部切り離すんですよね。無駄ではないですか?あと部屋的にすごいことになりそうです。

気になる点
・スピーカーケーブル RCA周りはネックにならないものが選別できているのか?
・電源周りの構成は確立できているか?

参考までにスピーカーは自作ですか?

私はlinnのシステムでマルチアンプ構成の為、この辺り勝手にやってくれて非常に楽です。
同じ5wayスピーカーをコントロールアンプ+パワーアンプ10ch分で駆動してます。最後のチャンデバ導入が費用面で止まってます。

アキュに拘りありますか?

http://linn.jp/products/power-amplifiers/akurate/
http://linn.jp/products/power-amplifiers/majik/
この辺りだとakurate4200とmajik6100の2台で賄えます。

私は、klimax twinとakurate4200×2です。このような複数ch持つアンプかつコンパクトなものも楽ですよ。
アキュでいくならバスにはp-4500でも良いと思うんですけどね。


書込番号:23140414

ナイスクチコミ!2


YS-2さん
クチコミ投稿数:2874件Goodアンサー獲得:234件

2019/12/31 15:53(5ヶ月以上前)

dualazmakさん こんにちは。

とてもユニークなお考えで、興味を持って拝見しました。

”複数のプリメインアンプ(E-270 など)でマルチアンプシステム構築は邪道か?”

邪道とは思いませんし、人それぞれですが、わざわざプリメインアンプのパワーアンプ部のみを活かすのは、やはり”無駄”の一語に尽きます。
先ずは全ての電源を E-460 のサービスコンセントから取るのも無謀。以前私もE-460を使っていましたが、サービスコンセントの上限は覚えていません。それなりのパワー出力時に賄いきれないでしょう。そんなに取れましたっけ ? 今はC-3850を使っていますが、これの上限は200Wです。

”人柱になって下され。”  私も是非お願いします。あくまでもアキュフェーズのパワーアンプに拘るにせよ、私だったらしない。
一気に全てのマルチにするなら、お金を貯めてからします。

書込番号:23140452

ナイスクチコミ!3


BOWSさん
クチコミ投稿数:2767件Goodアンサー獲得:173件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2019/12/31 16:22(5ヶ月以上前)

dualazmakさん

 スピーカーは何ですか?
 ウーファーはコーン型なんでしょうが、ミッドレンジ以上がホーン型かドーム型かによって選ぶ道を変えたほうがいいかもしれません。
 というのも、能率とタイムアライメントがまるっきり違うからです。
 ホーン型なら、タイムアライメントするために、各チャネルっをデジタルチャンデバで分離して遅延時間を詰めたほうが良いし、能率が高いのでネットワークではアッテネータ抵抗で絞っていたんで 全く気にならなかったパワーアンプのノイズにマルチアンプにしたとたんに悩まされることはよくあります。
 A級の小出力アンプって この手のホーンドライバを鳴らすことを想定していることが多く、100dB/W/m以上でもノイズ撒き散らさないようにローノイズに作られている可能性が高いです。
 ドーム型なら、ウーファーと能率差もタイムアライメント差も小さいので ウーファーはマルチアンプで直結/ミッドレンジ+ツィーターはネットワークで中高音分離 という折衷もありです。
 マルチアンプの大きいメリットの一つが、振動系質量が大きく、バスレフ等の共振で暴れまくるウーファーに対して アンプ間にコイルを入れずに直結して アンプの制動力を目一杯活かすってのが大きいんで
 デジタルチャンデバのマルチやり始めると自由度が大きくて振り回されます。 

 以前TAD ホーンドライバ+バーチカルツインの2wayで大型スピーカーでデジタルチャンデバつないでマルチアンプやっていたことがありますが、マルチアンプは クロスオーバー周波数、スロープ特性、各ユニットレベル そして タイムアライメントっを 実験と試聴で詰めていったんですが、曲ごとに設定変えたほうが良いとか解ってきて何が最小公倍数的なベストかようわからんようになってきました。
 2wayでこんな状態だったんで いきなり5wayマルチやるより 従来のネットワークとの折衷あたりで始めるのもありだと思います。
 

 
 

書込番号:23140495

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:215件Goodアンサー獲得:7件

2019/12/31 16:25(5ヶ月以上前)

補足です。大艦巨砲主義!の様な、、、

書込番号:23140502

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:157件Goodアンサー獲得:22件

2019/12/31 16:54(5ヶ月以上前)

拝啓、今日は。

抑?、此処迄の文章を書かれいて?、尚且不安をお持ち為るなら?、
ご本人もお気付きの通りの随分無駄が多いと思いますよ?。(汗)
アキュの下位のブリメインをパワ―に選ぶ事とか?は、少し疑問ですが・・・?。
私なら?、貧乏性な性格なので各2ch毎に
“数千円の中華D級アンプ”を各パワ―アンプに使ってのマルチ構成で組む事を考えるかもね〜!。(笑)

まぁ〜?、こんな観測ですが・・・
参考迄に!。

悪しからず、敬具。

書込番号:23140570 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


創造館さん
クチコミ投稿数:69件Goodアンサー獲得:6件 創造の館 

2019/12/31 17:14(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん

たぶん、以下のシステムを並べて目隠しして聞いたらわからないと思います。

BEHRINGER ( ベリンガー ) / DCX2496 \32000 2台
+中華製デジタルパワーアンプ群

DCX2496 はピュアオーディオに使ってる人も結構いるようです。入手力がアナログになってしまうところが欠点ですね。

書込番号:23140617

ナイスクチコミ!1


bebezさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:67件

2019/12/31 18:12(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん

大変興味深い構想ですが、ネタなのか本気なのか今一つ計りかねます。
以下、本気のご質問という前提で真面目に回答させていただきます。

私の読解力不足かもしれませんが、どこで、メインのボリューム調整するのかが読み取れませんでした。
USB-DACにボリューム調整機能があるのであれば問題ありませんが、音量を変えるために4台のアンプのボリュームを調整するという構想であれば、使い勝手の面で実用性のある構成とは言えません。

オーソドックスにE-460プリ−DF-65−E-460パワー&E-270パワー×3の方がバランスをうまく取れると思いますが、機材は同じなので、構想された方法でうまくまとまらなければ、オーソドックスな構成に変えることも可能です。
従って、構想の方法がうまくいかなくても、それほど無駄は生じないかと思います。
但し、オーソドックスな構成を取るなら、E-270×3よりA-36×3の方が合理的です。

さらに、現状に満足しておられるようなので、同じお金を掛けるなら、P-7300を買い増して低域に使い、E-460のパワーを中高域に使うといった方法もあります。
この方が確実にグレードアップができるかと思います。

ですが、「P-4500でも完全にオーバースペック」との記述もあり、その程度のスピーカを前提に駆動系にそれほどのお金を掛けるの? という疑問もあります。
スピーカ次第でグレードアップのアプローチも違ってくると思います。
もしかすると、同じお金を掛けるなら、まずスピーカの入れ替えがベストということになるかもしれませんよ。

書込番号:23140764

ナイスクチコミ!3


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2019/12/31 18:49(5ヶ月以上前)

>bebezさん
>dualazmakさん
私もコントロールどこからだろうと思いましたが。。
良く読んでみてください。各音域でのゲイン調整をせずに・・・と書かれてます。
e-480のボリューム基準に音量の目盛りを使いやすい程度印若しくは変換表でも作って手動調整するのでしょう。

気になるのが最上位の品質です。
通常のPCではピュアオーディオの上級プレイヤーには勝てない。PCベースでオーディオ用に対策したPCは除く。
USB-DACは何を使用しているのかという疑問。
気に入れば良くスピーカーのネットワーク排除は効果的では有るんですが。。ネットワークの外部化の前にマルチアンプ駆動を単純にやった方が音質が良かったりしないか?
と気になりました。

書込番号:23140843

ナイスクチコミ!2


bebezさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:67件

2019/12/31 19:24(5ヶ月以上前)

>kockysさん
>dualazmakさん

昼間と夜では音量は違うだろうし、ソースによってもかなり音量は異なるので、ボリューム調整が一か所でできないのでは、使い勝手が悪すぎるというが、実質的には使い物にならないのではないでしょうか。

気になる点を挙げればたくさんあります。
メインの3Wayの部分がメーカ製のセット物だとすると、ネットワークは配線系のLCR込みで調整されているので、取り出して別箱にいれるだけでも多少メーカの意図するところとは違ってきます。
また、コイルが複数使われていたとすると、磁束が干渉しないようにレイアウトされていると思いますが、別箱に入れる際にちゃんと考慮されているかなど。
ですが、スレ主様はネットワークを分離することで音が良くなったと感じられているので、この点は深堀しても無意味かと思い触れませんでした。

また、時として、ネットワークでユニットの周波数特性を補正することもあるので、単純にチェンネルデバイドすれば元の音と同等かそれ以上になるかというと、そう単純でもありません。
スピーカの素性およびネットワークの情報などがないと、明確なことは何も言えないと思います。

書込番号:23140914

ナイスクチコミ!2


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2019/12/31 19:34(5ヶ月以上前)

>bebezさん
>dualazmakさん
なのでこの手のやる人って 使う音量ごとに e-480の音量基準
10 なら 別のアンプは 15とか。。あらかじめ特性を測っておくしか無いですよね。。
これをやらないとホント使えません。

ですが仰ってる様にやる事が大掛かりな割にはボトルネックが多そうで。。

書込番号:23140928

ナイスクチコミ!2


bebezさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:67件

2019/12/31 20:08(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん
>kockysさん

やはり実用性という意味では疑問符がつきますが、話題としては結構面白かったかも です。

書込番号:23141011

ナイスクチコミ!2


The 1stさん
クチコミ投稿数:957件Goodアンサー獲得:4件

2019/12/31 20:51(5ヶ月以上前)

チャンデバは?

書込番号:23141097

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2019/12/31 21:27(5ヶ月以上前)

DF-65と書いてありますよ

書込番号:23141154 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6717件Goodアンサー獲得:771件

2019/12/31 21:57(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん

>>複数のプリメインアンプ(E-270 など)でマルチアンプシステム構築は邪道か?

はい。

優秀なパワーアンプはネットワーク回路を乗り越えてくれますので、それを上回るパフォーマンスをマルチチャンネルアンプ駆動で得るには、生半可なシステム構成ではダメだと思います。

書込番号:23141217

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2019/12/31 22:59(5ヶ月以上前)

現在のネットワーク+アッテネーター外付けボックス

現在のネットワーク+アッテネーター外付けボックス

皆さん、短時間で豊富なコメントを頂戴し、感謝申し上げます。
順不同ではありますが、スレ主として、以下の通り、応答させていただきます。

構想段階ではありますが、E-460(発売当初から愛用) および E-270(何回か試聴もした)を非常に高く評価しており、かなり本気で考えております。 それもあって、このE-270の情報交換サイトでご意見を伺っております。

E-460 の使用経験、修理メンテナンス経緯、アキュフェーズ社の過去、現在、そして未来(?)のメンテナンス体制に鑑み、今回の構想はアキュフェーズ製品で揃えることに拘っております。

E-270 は、中音域〜超高音域のスピーカー駆動に、十分な力量を持っていると認識しておりますが、E-270 を使っておられる方々のコメントを期待させていただきます。

先日来、web各所で価格を調査した結果では、P-4500 1台の予算で、E-270 3台の調達が、ほぼ可能です。

長年愛用しているメインスピーカーは、メンテナンスを重ねて今でも絶好調な YAMAHA NS-1000 です。 NS-1000Mではありません。NS-1000 の前面バッフル、側板、天板、定番は NS-1000M より 5mm 厚く、背面板は、何と 15 mm も厚く、総重量は 39 kg で
NS-1000M より 8 kg も重くなっています。
従って;
WO 30 cm コーン
SQ 8.8 cm ベリリウム ドーム
TW 3.0 cm ベリリウム ドーム
です。

https://sawyer.exblog.jp/12639976/
で報告されている方に全く同感で、SQおよびTWのアッテネーターは、-4 〜 -5 dB の設定で WO とのつながり、バランスが最高で、総合能力をフルに発揮してくれており、バリバリの現役です。

http://audio-summit.co.jp/2019/04/04/ns-1000m%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%BE%8C%E7%B7%A8%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%B4%97%E6%B5%84%EF%BC%89/

http://audio-summit.co.jp/2019/04/03/ns-1000m%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9%e5%89%8d%e7%b7%a8%ef%bc%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e7%b7%a8%ef%bc%89/

あたりを参考にして、最近、アッテネーターを完全分解&洗浄してオーバーホールし、さらに;

http://audio-summit.co.jp/2019/04/03/ns-1000m%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9%e5%89%8d%e7%b7%a8%ef%bc%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e7%b7%a8%ef%bc%89/

を参考にして、クロスオーバーネットワークの全てのコイルとコンデンサーを新品に交換し、完全にオーバーホールしたアッテネーターと共に外付けボックス化しました。もちろん、コイル類は、相互磁気干渉を避けるべく、余裕を持った配置と配向にしており、端子を使用せずに、すべてハンダ処理で作成しております。添付写真をご覧下さい。
クロスオーバーは、NS-1000 オリジナルとほぼ同様の;
 500Hz,両側 -12 dB/Oct
6KHz, 両側 -12 dB/Oct
です。

STは、非常に高能率なホーン型 FOSTEX T925A で、アッテネーターは -15 dB あたりで鳴らしております。低域カットは、 1.5 μF コンデンサー一発のみですので、 約 8 kHz, -6 dB/Oct 傾斜で、NS-1000 のTW とかなり重なっていますが、 - 15 dB アッテネーター設定で最適化しており、10 kHz 以上で本領を発揮させています。この ST は、NS-1000 のスピーカー架台の中に配置しており、WO と SQ を、TW と ST で上下から挟むという、ちょっと特殊な配置にしております。

左右の SW は、YAMAHA YST-SW1000 2台で、120W 5Ωの強力アンプ内蔵、歪0.01%、カットオフ周波数 30 Hz〜130 Hz 連続可変(-24dB/oct)、消費電力100W、外形寸法 幅580×高さ440×奥行440mm、重量48kg です。これも、過去2回のヤマハでのメンテナンスを経て、いまでも完動、現役です。

長くなりそうなので、次の応答欄に続きを書かせていただきます。

書込番号:23141346

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2019/12/31 23:00(5ヶ月以上前)

この構想では、E-460(低域駆動)1台と E-2703 3台(中音域、高音域、超高音域、各駆動)のいずれも、プリ部とパワー部を分離せずに、まずはプリメインアンプとして各音域を担当させ、非常に優れたAAVA機能をフル活用したいと考えております。 いずれもプリとパワーを分離した際には、パワー部への入力はRCAアンバランスに限られ、XLRバランス入力が使えないことも理由の一つです。プリメインとして利用する場合は、もちろん、いずれも XLRバランス入力が可能ですね。

クロスオーバーネットワークの排除に加えて、現状の導線−抵抗線 移動接触型のアッテネーターを排除したい、ということも本構想の理由です。

現在のUSB-DAC は、OPPO SONICA DAC であり、この源流DACでは、DAC素子ES9038PRO の機能としてボリュームコントロールが可能で、そのダイアルも備わっています。一方、私の使用感度としては、このSONICA DAC のボリュームコントローラーをバイパスして使わない方が若干音質が優れるようにも感じますので、その場合は、皆様がご指摘のように、メインのボリュームコントロールをどこで行うかの問題が発生します。

この点では、bebezさんがご指摘のように、「E-460プリ→DF-65→E-460パワー & E-270×3」 として、E-460 のボリュームダイアルをメインボリューム調整に使用するか、または、やや安価で調達可能なアキュのプリアンプを DF-65 の手前に設置する必要があることは、皆様が御懸念のとおりです。

Windows 10 64 bit PCは、オーディオ再生に特化して自作した、完全ファンレス、2TB SSD ストレージの高性能無音PCです。

DF-65から隣接したアンプ4台へは、最短のXLRケーブルで接続しますし、幸いにして DF-65 と アンプ群を隣接して設置するスペースは、十分にあります。

現在も、E-460 から左右スピーカー脇のネットワークボックスへは、各 5 m の太いスピーカーケーブル(5.5 SQ = AWG10 4本入りの重くて外径 16 mm)と圧着Yラグ端子で配線しており、両SWへは、ちょっと高級なRCAアンバランスケーブル、これも 5m、で繋いでおり、配線と配置的には問題がありません。ネットワ−クボックスから各スピーカーへの配線も 5.5 SQのケーブルを圧着Yラグ端子で行っております。 本構想を実施する際には、追加で、左右に、同じ太い4芯ケーブルを1本ずつ、配線します。

E-270 3台の電源ですが、ご指摘の通り、E-460 のサービスコンセントからの給電は不可です。サービスコンセントは、トータルで 200 W の制限がありますので。。。。 宅内ブレーカーからオーディオシステム専用に壁コンセント2対へ2系統配線(いずれも max 15A)していますので、タップを使って給電します。 DF-65 は、E-460 のサービスコンセントから余裕で給電できますね。

私のスピーカー構成とリスニング環境、好みの音源では、A-36 などの純A級アンプよりも、AB級アンプの方が感性に合っているので、E-460、E-270 を候補にしております。これは、好みの問題、とご理解下さい。

この構成にかける予算があるなら、SPを更新した方がよろしいのでは? のご指摘も至極ごもっともですが、そこは、私的に身の丈に合った名器であると自認している NS-1000 + T925A + YST-SW1000 に、いまだに拘っている、ということでご容赦下さい。

E-270 でハイクラスのSPを駆動されている方々からのコメントもいただけましたら、幸いに存じます。

書込番号:23141347

ナイスクチコミ!1


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2019/12/31 23:16(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん

SONICA-DACという時点で上流がイマイチだと思いました。
実際にアキュフェーズのe-470と組み合わせて使っていた事があり平凡な感動もない製品というのが感想です。
あの価格帯にしては良い製品でしょうけど。

ここまで拘っていてE-270を使ってる人に何を求めるのか?解は無いのでは?

書込番号:23141376

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/01 00:20(5ヶ月以上前)

dualazmakさん

>メインスピーカーの3端子化と外付けネットワーク+アッテネーターボックス化の効果は絶大で、
>クロスオーバネットワークを回避したマルチアンプシステムへの移行を考え始めております。

パッシブネットワークをなくしてデジタルチャンデバで位相合せすると、別世界に驚かれると思います。

>AAVA方式によるボリューム調整、バランス調整、およびアッテネーター機能には、絶大な評価
>PCとマイクロフォンで音場測定も可能、最終調整はフラット化には拘らず好みの音楽ジャンルに合わせて、
>自分の聴覚に頼って微調整する主義、ヴォイシングイコライザーDG-58 の導入は考えておりません。

E-270x3は中途半端でおすすめしません。
プリメインを使うと2重にボリューム機能が入るのでムダだしAAVAが無劣化とも思えません
デジタルチャンデバのゲインコントロールで済む話。

フラット化は基本だと思います、うちはAVですがフラットにすると音がつまらないと思いフロントは聴感で合わせてサラウンドはフロントに合わせていましたがある曲でボーカルの歌詞があいまいになる部分がありスピーカーが曲をえり好みする根本的な大間違いに気が付きました。

’なめらかに鳴らないピアノで名演奏なんてありえない’と思いませんか?

録音によっては、小型SPのかまぼこ特性向けに高低を強調したため、フラットでは中域が引っ込む場合がありますがそれは音源の問題です。フラットを基本とし曲によりイコライザーで聞きやすくすればよいと思います。

PCとマイクロフォンの音場測定でもかなりの事ができますが、トリノフとか自動音場補正は大変簡単で調整も細かいです、
決めつけずいいものは取り入れた方が早くて効率がよいと思いますよ。

>サブウーファーSWを使い、実質的には5-wayの構成

15インチのウーファーを余裕をもたせた箱に入れると20Hzまでフラットにでるし、スピード感もまるで違ってきます。
素直な4Way+STの5Wayで再構築がおすすめです。

>高級コントロールアンプや、4台のパワーアンプを一挙に新規導入することは、価格面でも、消費電力面でも躊躇

素直な5Wayにして(ミッドバス以上は100dB/W/m超えるのでは?スピーカー直結だとアンプは更に楽になる。)
デジチャンデバ+E-460(ウーファー)+安価なAV11chパワ−とかも検討されるとよいと思います。

BOWSさん、こんばんは

>TAD ホーンドライバ+バーチカルツインの2wayで大型スピーカー

知人のシステムがあるあるの典型例で暗く渋いウーファーと2インチベリのいただけない裏声の2Wayでした。
低域欲張ったmo重い15インチの大口径は150Hzくらいまでがよく、ボーカルとか中域はバランス取りが厳しかったです。
MBとTを入れてデジチャンデバでフラット化し曲によりDSP味付けすれば簡単だったかもしれませんね。

書込番号:23141465

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2004件Goodアンサー獲得:31件

2020/01/01 00:21(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん
10台で9.1CH 作りましょう

書込番号:23141467

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 00:48(5ヶ月以上前)

現在の周波数応答特性

コメント、ありがとうございます。

フラット化には必ずしも拘らない、とは言いながらも、それなりに努力しており、リスニングポイントでの現在の応答特性は添付写真の状況です。T925A からは 20 kHz 以上も出ていますが、測定用マイク BEHRINGER ECM8000 が 20 kHzが限界なので、実測カーブとしては 20 kHz で落ちています。

書込番号:23141491

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 01:14(5ヶ月以上前)

あいによしさん、

>素直な5Wayにして(ミッドバス以上は100dB/W/m超えるのでは?スピーカー直結だとアンプは更に楽になる。)
>デジチャンデバ+E-460(ウーファー)+安価なAV11chパワ−とかも検討されるとよいと思います。

ありがとうございます。国内メーカー品限定で、検討してみます。
OPPO SONICA DAC が、早々に生産停止、供給停止になったので、今後長く使うオーディオ機器は、当面、国内メーカー製、できれば国産品に限定したいと思っております。

DACも、早晩、買い換えることになりそうです。
アキュの DAC-50 ボードは、旭化成DACチップで、SONICA DAC と同様に USB-ASIOで DSD 11.2 MHz まで対応していますが、どうなんでしょうね?
やはり、SOLENOTE D-2 あたりまで進むべきですかね。

書込番号:23141518

ナイスクチコミ!1


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2020/01/01 05:53(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん
>あいによしさん

DAC-50は中途半端ですよね。
あと結局DF-65だと4wayですよね。5wayとは言えない。
あいによしさんの言われる5way構成にはDF-65の制限で実施できない。

クロスオーバー除去とE-270のボリューム段経由でのマルチアンプ駆動
クロスオーバーありとp-4500×4でのマルチアンプ駆動
どちらが良いでしょう。

書込番号:23141621

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:215件Goodアンサー獲得:7件

2020/01/01 08:05(5ヶ月以上前)

現在、とても素晴らしいのに、、更に、音の後を追うのですか?

オーディオには持って生まれた感性、自分の目的等、人それぞれ目指す処が在ります。

私は、気持ちを休めるために、音楽を聴きます。

書込番号:23141711

ナイスクチコミ!1


bebezさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:67件

2020/01/01 08:27(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん

おはようございます。
詳しいご説明ありがとうございます。大変興味深く拝見しました。

NS-1000は当時の名機ですが、確かにP-4500×4とはちょっと釣り合わないかもしれませんね。
スレ主様がこのセットを気に入っておられ、このセットで音作りをしていくこと自体を趣味としておられるのは十分承知した上で、敢えて別の案を提案させていただきます。

ヤマハのニューモデルのNS-5000は、もう見たり聴いたりしましたか?
私は昨年11月に、20数年ぶりにB&W804D3を購入しましたが、その時比較で試聴したのがNS-5000です。
多分ですが、周波数特性はNS-5000の方がフラットで、国産のフラッグシップモデルらしく凡そ欠点のない音を出していました。
国産の伝統的30cm3Wayで、ピアノフィニッシュの仕上げはまさに楽器のヤマハの手によるものという感じです。
私の場合はスペース的な制約でB&Wを購入しましたが、制約がなければNS-5000を選んだかもしれません。
もちろん、NS-5000がNS-1000を現代に蘇らせた製品であること周知の事実です。

DF-65とE-270×3で150万は優に超えると思うので、金額的には検討に値するオルタナティブかと思います。
ただ、端子は1セットしか出ておらず、バイワイアリングにすら対応していないので、いじって楽しむという用途には不向きです。

書込番号:23141730

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1208件Goodアンサー獲得:29件

2020/01/01 09:03(5ヶ月以上前)

フラット化って言っても難しいよな。無響室で音楽を聞いている訳ではないので、スピーカから出て耳に達する音は、直接音、1次反射音、2次反射音、...、各種定在波とさまざまであり、それぞれの音が耳に到達する時刻が異なるので、どの時刻でどの程度の積分時間で測定するかによって周波数特性は異なってくる。

また、あいによしさんも書いているように、音源がフラット特性のSP用ではなく、かまぼこ特性のSP用に調整されていることがほとんどで、その調整も音源ごとに異なるので、SPをフラット化する意味があるのかということにもなる。あと、耳の等ラウドネス特性も個人個人によって異なるというものある。

これらをすべて勘案すると、調整なんかしないほうがいいじゃないかと思うことがあるがな。

書込番号:23141762

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/01 09:32(5ヶ月以上前)

dualazmakさん、kockysさん、あけましておめでとうございます。

>アキュフェーズ製品で揃えることに拘っております。

お気持ちはわかります、大きな出費が予想されるので、急がば回れで安価なデジチャンデバで肩慣らしはいかがでしょうか?
ご紹介されたページに以下の文言を見つけました。

>30年にも渡ってNS-1000と戯れてきた

ここはプリメインアンプの場、スピーカーでマルチアンプについてでスレ立てがよいと思います。

kockysさん、
>DF-65だと4way、5way構成にはDF-65の制限で実施できない

PAでは普通のことですが、もう1台準備すればよいと思いますよ。

書込番号:23141788

ナイスクチコミ!1


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2020/01/01 10:15(5ヶ月以上前)

>あいによしさん
確かにその通りなんです(笑)
が、スレ主さんが中途半端にコストも考えられている様に感じましたので。

書込番号:23141841

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 10:48(5ヶ月以上前)

オルフェウスさん、
>現在、とても素晴らしいのに、、更に、音の後を追うのですか?
>オーディオには持って生まれた感性、自分の目的等、人それぞれ目指す処が在ります。
>私は、気持ちを休めるために、音楽を聴きます。

実は、私も同感で、音響を聴くのではなく、基本的には音楽を聴く&楽しむ姿勢ですので、これ以上に再生機器類を触り続けるのには大きな葛藤もあります。約2000枚のCD、約500枚のLP、すべてをリッピングしてライブラリを構築できていますし、ハイレゾのダウンロード音源も増えつつあります。古い録音でも、たとえばモノラル録音音源でも、「音楽」として大いに感動と安らぎを与えてくれるものも多数ありますね。

一方では、今般のネットワーク&アッテネーターのリノベーションと外付けボックス化、そして(言及を忘れていましたが)E-460 からのバイワイヤリング駆動(SP OUT A系統で WO 駆動、B系統で SQ, TW, ST駆動)による音響改善効果が非常に顕著でしたので、マルチアンプ化すれば、さらに改善できるのでは、との誘惑にも駆られています。

NS-1000 を3端子化/ユニット直結化したので、SW, WO, SQ, TW, ST それぞれを単独で鳴らしての位相および左右レベル調整が可能で、厳密な左右アッテネーターの微調整には Sony Super Audio Check CD の「5点定位チェック」音源が最適です。現在では、ソノリティ(透明感、晴明感)の大幅改善に加えて、上下、左右、奥行(前後)、3次元の音像定位が最高の状態で、NS-1000 を含むSP群の潜在能力を如実に実感してます。

書込番号:23141895

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 11:16(5ヶ月以上前)

NS-5000取説より(おそらく距離 1 m?)

スレ主の現況周波数特性

bebezさん、

NS-5000 も、確かに魅力的ですが、私が参加した試聴会場での印象は、会場の音響環境の問題も大きかったようで、大きな感銘は得られませんでした。NS-5000 は、密閉型ではなく、後ろにバスレフポートがあり、そこに詰めるポートプラグ(吸音材)も添付されるようで、NS-1000、NS-1000M のモニターSP思想とは、異なる印象があります。

また、これは材料系に少々拘りと知識がある私の疑問ですが、内部に設置されている例のR.S.バックチャンバーは、どうやらプラスチック系の射出成形物のようで、経年変化による劣化やクラックの発生が不可避であるように思います。もっとも、今後、私が生きている期間程度なら問題ないのでしょうが。。。。 NS-1000 や YST-SW1000 の頃に較べると、設計思想自体が少し軽薄化、軟弱化、迎合化しているのでは? との懸念を感じました。

NS-5000 の取説にある応答特性(おそらく無響室で距離 1 m?)と私のトータルシステムのリスニングポジションでの特性を添付しますが、私にとって非常に重要な低音域が、かなり異なるように思われます。

というわけで、本スレッドの「プリメインによるマルチアンプ化?」の対象SPは、当面、NS-1000 + T925A (+ YST-SW1000) に限定させて下さい。NS-1000 + T925A をマルチアンプ化なら4チャンネルです。 SW YST-SW1000 は、必要に応じて、臨機応変にオン、オフしてもいいと思っています。

書込番号:23141926

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 11:44(5ヶ月以上前)

コストは、中途半端にではなく、かなり真剣に考慮しております。 このSP群ですので、さらに挑戦するとしても200万円程度を上限とし、もちろん、放棄して原状に復帰する場合には、下取り価格が有利な製品が必須ですので、この点でもアキュの現行製品に拘っております。

P-4500 マルチは、皆様ご同意のとおり、完全にオーバースペック、予算オーバーです。そこで、変則的ではありますが、定評がある E-270 のマルチ構成に思い至った、という経緯でございます。

「邪道ですよ!」と断言される方もおられる一方で、安価なチャンネルデバイダーと(中華製?)アンプでも差は分からない、と指摘される方もおられます。

となると、やはり、このSP群構成において、中音域、高音域、超高音域だけを駆動するアンプとしての性能を E-270 に期待できるか? が重要なのでは、と思われます。 性能やメンテナンス体制の点では、安価な中華製アンプよりも E-270 が優れていると思いますし、TW, ST の駆動には、E-270 でも十分に余裕があるように感じますが、如何なものでしょうか?

一番の悩みどころは、SQが受け持つ中音域の駆動に E-270 が余裕で対応できるか? ではないかと感じ始めています。このSP群で、家庭の25畳程度の洋室リスニングルーム、SP背後に奥行き3mの洋室空間、リスニングポジション背後にも、奥行き3m程度の和室空間、という環境で、爆音で聴くわけではないので。。。。。

書込番号:23141973

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 11:58(5ヶ月以上前)

少し訂正です。

誤) SP背後に奥行き3mの洋室空間、リスニングポジション背後にも、奥行き3m程度の和室空間

正) SP背後に奥行き4mの洋室空間、リスニングポジション背後にも、奥行き4m程度の和室空間

書込番号:23141995

ナイスクチコミ!1


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2020/01/01 12:27(5ヶ月以上前)

E-270は実売30万円ですよね。

コントロール C-2820 80万円
https://www.audiounion.jp/ct/detail/used/168822/

BASS P-5000 30万
https://www.audiounion.jp/ct/detail/used/169932/

P-4200 36万円
https://www.audiounion.jp/ct/detail/used/168935/

P-4200 37万円
https://www.audiounion.jp/ct/detail/used/169647/

+現アンプ

こういう選択の方が良く無いですか?
せっかくここまでやるならと思います。

書込番号:23142045

ナイスクチコミ!4


BOWSさん
クチコミ投稿数:2767件Goodアンサー獲得:173件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2020/01/01 12:31(5ヶ月以上前)

dualazmakさん

 NS-1000 とアキュフェーズは使い続けたいという意思を尊重した上で私見を

・SONICA DACをアップグレード
 SONICA DACはES9038PROを使ったことが売りですが、ES9038PROの真骨頂は搭載している8ch DACをフルで活かすことでDACが出力する電流が半端じゃないのでメーカーの力量が問われます。
 SONICA DACは8chのうち2chしか使っていないので一般的なOPAMP I/Vっを使っています。
 ES9038PROを使ったことを看板に掲げている羊頭狗肉な構成とも言えます。
 真面目に正面からES9038PROと格闘しているAIT研究所のDACとは音も雲泥の差です。
http://aitlabo.net/
http://aitlabo.net/ES9038compe.pdf
 国産に拘るなら AIT研究所のES9038PRO DACを推しておきます。
 キット組立品みたいなところがあるので 高級感はありませんが、ユニット基板構成になっているので後継DACチップが登場しても基板だけ交換すればアップグレード対応すると思います。
 試聴機もあれば貸してくれそうです。

・プリアンプ部をパスしてDF65にデジタルで入力
 上と相反しますが、DF65で AD変換→デジタル処理→DA変換 って無駄な処理で音質も劣化するので いっそPCの出力をこのような高機能DDCからCOAXで出力する。
http://m2tech.jp/hifaceevotwo.html
 音量調整はPCのアプリ側で →ビット落ちしますが、上記の変換より結果が良いかもしれません。
 また、DF65のCOAX入力が192KHz/24bitまでなので これを許せるか?

・段階的に まずはウーファーと ミッドレンジ+ツィーター+スーパーツィーターに分離 アッテネータの見直し
 ディバインディングネットワークの下側のクロスオーバーは500Hzで大きな値のコイルとコンデンサを使うのでリニューアルしたとはいえ劣化は免れないのでマルチアンプにすることは賛成です。
 DF-65とハイ側アンプの導入
 上側のクロスオーバーは6KHzで値が小さいので良質なパーツが使え、劣化は少ないのでウーファー側のLとCは削除。
 次に、アッテネータの値が定まったら 可変アッテネータの値を測定してから同値の固定抵抗に入れ替え。
http://www.kaijin-musen.jp/49.html

・次に スーパーツィータを分離
 T925Aはホーンツィータなので 能率差がかなりあり、アッテネータを通すと劣化が激しいのと、クロスオーバーとレベルを微調整したいので次に分離
 アンプの導入となりますが、ここは出力はいらないけどローノイズは必須なので A級シリーズが良いのではないでしょうか?

・最後に ミッドレンジとツィーターを分離してアンプの導入

 一気にマルチアンプに移行するのではなくて ネットワークとマルチアンプを併用して徐々に慣れてパワーアンプの選択と資金調達をしていくのはどうですか?

書込番号:23142058

Goodアンサーナイスクチコミ!2


BOWSさん
クチコミ投稿数:2767件Goodアンサー獲得:173件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2020/01/01 12:39(5ヶ月以上前)

あいによしさん

>>TAD ホーンドライバ+バーチカルツインの2wayで大型スピーカー

>知人のシステムがあるあるの典型例で暗く渋いウーファーと2インチベリのいただけない裏声の2Wayでした。
>低域欲張ったmo重い15インチの大口径は150Hzくらいまでがよく、ボーカルとか中域はバランス取りが厳しかったです。
>MBとTを入れてデジチャンデバでフラット化し曲によりDSP味付けすれば簡単だったかもしれませんね。

 あるあるですね。
 15インチでも2220系のf0が高く軽いコーンで能率の高いウーファーだと合うし、能率差も小さいのでホーンの良さも活かせるんですが
 重い系の低能率ウーファー系だと、落差の大きなアッテネータ入れてドライバの良さを殺すのもあって あんまりよくないですね。
 ネットワークは 1KHz以下だと中華アンプを投入してもマルチアンプの方がベターで なおかつホーンスピーカーはタイムアライメントが必須だと僕は思います。

書込番号:23142072

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/01 12:44(5ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんにちは

大変よい周波数特性ですね、
ちょっと縦軸が粗い気がします。余裕見てレンジ50dBくらい(20dBも落ちるとほぼ影響なしなので)
自動補正もすごくよいですよ(YS-2さんすみませんお借りします。)
書込番号:22596646

>位相および左右レベル調整が可能

あとはパッシブネットワーク外しですね。

ところでAVはやられないのですか?アトモスとかAuro3Dも楽しいですよ
書込番号:22797046

AVだと小柄なNS1000で囲んで+SWもあり、2chでそこまでやるならフロアがよいでしょう。

書込番号:23142081

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/01 14:07(5ヶ月以上前)

BOWSさん

>15インチでも2220系のf0が高く軽いコーンで能率の高いウーファーだと合うし、
>なおかつホーンスピーカーはタイムアライメントが必須だと僕は思います。

おっしゃる通りですね、例の方は結局ウーファーをJBLにして2405入れてました。
(4001はそのまま)
薄く軽くパーンと張った振動板のウーファーをたっぷりした箱で鳴らすと、
フワッとして下まですっと伸びた、これぞフロアみたいな朗々とした低音がきけますね。
分割振動してると思うのですが、1.5〜2kHzくらいまでホーンを食ってしまいそうな太い音が出て
タイムアライメントとるとホーンと一体化して、これで充分みたいな超高能率、高解像な音が出てました。

剛性とかピストンモーションの話はなるほどと思うのですが、音がいいのは軽く高能率なので説明が難しいです。
最近の口径を抑えて比較的大きな箱でトータルでならすのは理に合っていると思います。

書込番号:23142232

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/01 14:39(5ヶ月以上前)

tohoho3さん、あけましておめでとうございます。

>SPをフラット化する意味があるのか、耳の等ラウドネス特性も個人個人によって異なるというものある。
>これらをすべて勘案すると、調整なんかしないほうがいいじゃないかと思うことがあるがな。

人によりスピーカーの好みが分かれますが、そういうことかもしれませんね、
tohoho3さんが赤というものが、僕にとってはオレンジに見えてるかもしれません

ただ調整については必要だと思っています。
例えば左右で周波数特性の凸凹が違ったりすると、ボーカルがねじれてサ行が飛び散ったり、頭を振るたび音が左右に飛んで中抜けがひどかったりです。

きっちり合わせると音像が不動になり、3人掛けソファーのどこに座ってもスピーカーの存在が消えた音になります。

書込番号:23142276

ナイスクチコミ!1


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1208件Goodアンサー獲得:29件

2020/01/01 15:22(5ヶ月以上前)

あいによしさん、明けましておめでとうございます。

調整は、周波数特性だけでなく位相特性の調整も重要だよね。今はパイオニのAVアンプを使っていて、特に位相補正のあるなしで、マルチチャネル再生時の音の厚みがまったく異なるからな。パイオニのAVアンプでは、2ch再生時の音は、位相補正のあるなしで、ほとんど変わらないが、パイオニアの前に使っていたソニーのAVアンプでは、2ch再生時の音が位相補正ありではタイトな低音になり、なしではボアボアな低音になることがはっきりわかった。

書込番号:23142368

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 17:02(5ヶ月以上前)

kockysさん、BOWSさん、

貴重なご示唆、感謝申し上げます。

AIT研究所のES9038PRO DACは、不覚ながら知りませんでした。キット的な物を、ワクワクしながら組み立てるのは、とても性に合っているのですが、やはりこの会社の存続や修理対応、アップグレード対応、などを含めて、末長く付き合えるかどうか一抹の不安を感じております。

ES9038PRO の音質は非常に好んでおりますので、その方向で国産信頼筋ならば、予算を用意してアキュの DC-950 か、SOULNOTE の D-2、となりそうですが、両者を比較すると、メンテナンス対応も含めて DC-950 に惹かれます。


BOWSさん、

段階的に取り組むご示唆、大いに参考にさせていただきます。私も、優先順位的には、バイワイヤー駆動しているとはいうものの、まずはWOのネットワークを排除してみたいと考えております。


あいによしさん、

AVは、別の書斎で小規模にやっておりますが、リスニングロームで本格的にやる計画はございません。こちらは、2チャンネルのピュアオーディオ限定で音楽を楽しみます。

>ただ調整については必要だと思っています。
>例えば左右で周波数特性の凸凹が違ったりすると、ボーカルがねじれてサ行が飛び散ったり、頭を振るたび音が左右に飛んで中抜けがひどかったりです。
>きっちり合わせると音像が不動になり、3人掛けソファーのどこに座ってもスピーカーの存在が消えた音になります。

まさに、直近のリノベーションと微調整で私が経験した感覚を、そのまま表現していただきました! 私も、左右独立に、さらに SW, WO, SQ, TW, ST独立に、周波数特性を測定&調整し、最終的には全部を鳴らしながらリスニングポジションで確認しますが、まったく仰せの通りです。

3人掛けソファー、まさにそのとおりで、いつも私が真ん中で聴いていますが、左右に移動しても音像が不動で、スピーカーの存在が消えています。たまに横に座る家内も、とても驚いております。 これが直近の最大の成果だと実感しております。


tohoho3さん、

同感です。
チャンネルデバイダーも、いろいろ検討中ですが、位相特性、カットオフ傾斜の選択自由度(とくに左右で異なる傾斜の選択も可能)、タイムシフト機能、などなどを考慮すると、DF-65 以外の選択肢は、なさそうに思っています。 BOWSさんがご指摘の通り;

>DF-65で AD変換→デジタル処理→DA変換 って無駄な処理で音質も劣化(?)

は憂慮する要素の一つですが、マルチアンプ化へ進むからにはデバイダーは不可欠ですので、避けて通れないルートですね。「DDCから DF-65 へ COAX 192/24ビットで入力」は、比較してみないと判断は不可能ですが、ハイレゾ音源のネイティブ再生重視の観点からは、許容できないと思っています。 DACからの高品位アナログ信号を受け取った DF-65 のAD変換,DA変換の品質を信じて任せてみるしかないと考えております。


E-270 を活用しておられる方々からのコメントやご示唆を、もう少し待たせていただきたいと存じます。

書込番号:23142525

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 21:10(5ヶ月以上前)

主旨からちょっとそれて、あいによしさん と 私 のコメントに重複しますが、、、、

メインSPを3端子化し、ネットワーク+アッテネーターを外付けボックス化してみて、つくづく実感&納得したのですが、SW, WO, SQ, TW, ST をそれぞれ単独で鳴らし、ホワイトノイズおよびピンクノイズで左右の音色をよく比較する(アンプのバランスダイヤルを左右に目一杯振りながら)、しかも測定用マイクと測定ソフトで客観的に測定するだけでなく、自分の聴覚でもじっくり比較する、ことは非常に重要だと再認識しました。

また次に、同様に、SW, SQ, TW, ST それぞれ単独で鳴らしながら、「5点定位確認音源」(私は、Sony Super Audio Check CDの5点定位音源)を使って、5点定位、特に中央への定位、を厳密にアッテネーターで微調整する、という手順で微調整を完結しています。(WOだけは左右独立のアッテネーターはないので、アンプのバランス中立設定で中央定位をよく確認する。)

これで、現況システムでも、あいによしさんもご指摘の「リスニングポイントを少々前後左右に移動しても全く不動な音像定位」が得られます。 この音像定位も、ネットワークとアッテネーターの排除、およびマルチアンプ化とデバイダーの詳細設定によって、さらに改善されるかどうか試してみたい、とも思っております。

書込番号:23142944

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/01 21:40(5ヶ月以上前)

DF-65 保証特性

先ほどから、DF-65 のスペックを再確認しております。 添付写真内容です。

デジタル入力は、どう転んでも 192 kHz 24 bit 2ch PCM が上限、
アナログ入力のAD変換は 1 bit ΔΣ変調で 176.4 kHz 24 bit 

ですね。 デジタル処理後の DA変換は、stereo時 32 bit 4MDS++ 方式、mono時 32 bit 8MDS++ 方式 です。

全高超波ひずみ率 0.0007% (20〜20,000 Hz)、S/N比は 116 dB以上、と十分に優秀なので、導入するならステレオアナログ入力で任せてみるしかなさそうに感じています。というか、DF-65 以外に選択肢がなさそうに思います。 プロ用の数百万円もするデジタルデバイダ機材は存在するのでしょうが。。。

書込番号:23142989

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/01 22:35(5ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんばんは

>位相特性、カットオフ傾斜の選択自由度(とくに左右で異なる傾斜の選択も可能)、
>タイムシフト機能、などなどを考慮すると、DF-65 以外の選択肢は、なさそう

チャンデバは高額商品の前に安価なもので肩慣らしをおすすめします。

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/212418/

>この音像定位も、ネットワークとアッテネーターの排除、
>およびマルチアンプ化とデバイダーの詳細設定によって、さらに改善されるかどうか試してみたい、とも思っております。

波形はみてますか?

>E-270 を活用しておられる方々からのコメントやご示唆を、もう少し待たせていただきたいと存じます。

そうでしたね、内容はスピーカーのマルチ駆動なのでまたにしますね。

書込番号:23143084

ナイスクチコミ!1


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2020/01/01 23:11(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん

https://www.stella-inc.com/trinnov/page/magnitude.html
チャンデバです。アキュフェーズではありません。海外の高級オーディオブランドですから聞かれたことはある会社かも?

それにしてもお使いのスピーカーがかなり大袈裟で使いにくい状態になりませんか?
仰る良さは十分理解しているつもりです。
私が使用しているスピーカーが4wayでデジタルクロスオーバー内蔵、片方に4つのDAC 4つのアンプ内蔵しています。
ボリュームはipadで操作可能、ハイレゾも当然再生可能、非常にシンプルシステムです。
満足されている様なので良いんですが、、この様な巨大な使いにくいシステム作らなくても同様のシステムは手に入るのでは?
と思う次第です。まぁ、、同様の特性になってるかどうかのデータが出せれば良いんですけどね。

書込番号:23143161

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/02 00:21(5ヶ月以上前)

スレ主のスピーカー群: 現在の外観

>あいによしさん
DF-65 は、共通オーディオ趣味の友人が利用しており、見て、触った経験がありますので、使いこなせそうに思っています。
もちろん、お勧めのとおり、「安価な物で肩慣らし」の手順も考えます。

>波形はみてますか?
はい、微調整の際には、ピンクノイズ、ホワイトノイズ、サインピーク信号で、それぞれのユニット毎の応答特性を客観的に測定&確認すると共に、聴覚的にも左右差がないことをじっくり確認しています。

>kockysさん
はい;
http://www.stereosound.co.jp/news/article/2015/06/03/38295.html
でも紹介されていたので、存在と機能は知っておりますが、予算的に外しています。別売の専用マイクも秀逸なようですが、フランス製でもありますし。。。これは、まさに小型PCに DAC素子を搭載したPCデバイダーですね。DF-65 とDG-58 の両方の機能をPC上で統合している機種、と見ています。

>お使いのスピーカーがかなり大袈裟で使いにくい状態になりませんか?
添付の外観写真のような現況でして、物理的、サイズ的には、そんなに大袈裟ではございません; 重量は相当なものですが。。。

>私が使用しているスピーカーが4wayでデジタルクロスオーバー内蔵、片方に4つのDAC 4つのアンプ内蔵しています。
凄いシステムを使っておられるようにお見受けします。差し支えなければ、どんなSPか、参考までにご教示下さい。LINN でしょうか?

書込番号:23143254

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/02 02:06(5ヶ月以上前)

dualazmakさん

もっとよくなりそうな感じがします
ホーンツィーターはインラインで上に乗せた方が音像がシャープになるのでは?
キャスターは音像がにじみ、にぶい低音の原因になるのでスパイクがよさそう

波形をみましたかとは視覚的に音波の山を見たり、音声出力開始から音波発生までの応答遅れをモニターで計測する話です
言葉足らずすみません

書込番号:23143342

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/02 02:14(5ヶ月以上前)

追加ですがピヤノは音圧上げると共鳴し音が寄りませんか
ガラス戸も厚手のカーテンで覆ったほうが、奥行きが出るのでは?

書込番号:23143347

ナイスクチコミ!2


kockysさん
金メダル クチコミ投稿数:5981件Goodアンサー獲得:678件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2020/01/02 05:39(5ヶ月以上前)

サブシステム

メインシステム

>dualazmakさん
画像ありがとうございます。やはり大きいですね。
これにアンプが更に増えると。。

私のサブシステムです。夜寝ながら聴くため用です。
http://linn.jp/products/Speakers/exakt-akudorik/
http://linn.jp/products/network-music-players/#akurate
スタンド部にdacとアンプを4チャネル分内蔵しフローティング構造で隔離されてます。
プレイヤーとはLANケーブルで接続します。プレイヤーは現在のakurate system hub
構築されようとしているシステムとは対極のシンプルなものです。

こちら私のメインシステムです。
http://linn.jp/products/speakers/akubarik-passive/
アンプ内蔵モデルもあります。しかし、ちょっと弱いと考えて外付けでアンプとチャンデバ付けてネットワーク外します。
こちらはアンプまでは揃えてマルチアンプ駆動状態まで持ってきてます。あとはチャンデバ導入のみです。
プレイヤーはこちらはakurate dsm/3です。
ちなみにアンプ内蔵モデルはこれです。こちらもシンプルです。スピーカー後部にアンプとDACが5ch分付きます。
http://linn.jp/products/speakers/exakt-akubarik/

これらの良いのはまず設置から始まりその時点でチャンデバ導入済み、アンプ内蔵ということLANで直結するのみです。
設定後に部屋の形を10cm単位で図面で入力、壁には窓、扉を入力。最後にスピーカーの位置とリスニングポイントを入力します。
部屋の特性をLINNのサーバーで演算して定在波まで考慮した最適値を設定します。

このようなシンプルシステム使ってると楽に出来る製品もあるよと言いたくなります。
目的は音楽を楽しむだと思うんです。
過程楽しむのもありますが。。

参考に画像載せましたシンプルなのが分かると思います。

書込番号:23143446

ナイスクチコミ!1


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1208件Goodアンサー獲得:29件

2020/01/02 10:12(5ヶ月以上前)

手動の音響補正はどんなもんか検索していたら、

https://naseba.exblog.jp/tags/DEQ/2/

があったな。2wayのスピーカーでもこんなに面倒なんで、5wayだったら想像を絶する困難が待ち構えているぞ。

個人的には、以下の記述が参考になった。

IRにおいてトリガーから何ミリ秒後までの音が人間の耳に同じ音として聴こえるのか、ゲートを何ミリ秒で指定した場合の周波数特性が実際の人間の聴こえの感覚と近いのかは、どうも議論が別れているようです。なかなかはっきりした時間の指定はないのが現状のようです。

色々探したところ、スピーカーメーカーのアヴァロン社のなかに面白い記述がありました。
聴覚/脳のシステムは、100分の1秒以内(10ms)に到達する音を取り込んでしまうので、側壁からご自分の聴く位置までの一次反射をコントロールすることが重要になってきます。表面の堅い壁は周波数別の反響を引き起こし、再現されたサウンドステージに影響を与えます。従って、一次反射の発生する面においての反響を弱める必要があります。室内音響の質を下げる要因となるものの一つが一次反射の存在です。一次反射とはスピーカーから直接放出されてから1/100〜1/50秒後(10-20ms)にリスナーの耳に届く音のことを指します。
スピーカーからの直接放射された音の到達より1/25秒(40ms)以上遅れて音がリスナーの耳に届く場合これはこだまとして聴こえてしまいます。ところが1/50秒前後の遅れなら耳と頭脳の器官は2つの音を1つとしてとらえます。2つの音を1つとしてとらえるとき聞き取れないこのわずかな遅れは、いってみれば隙間として記憶され、反射を作り出す空間の物理的広さを想像させます。
しかし、音楽ソースにはすでに録音現場の空間を想像させる情報が盛り込まれています。一次反射はこのライブの雰囲気を不明瞭にする傾向があり、音に幅がなくなる結果を引き起こすのです。音の到達が1/100秒後である場合、この傾向は特に深刻であり、1/50秒後くらいになるとそれほど問題でもなくなってきます。

書込番号:23143672

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/02 13:13(5ヶ月以上前)

>あいによしさん
さすがですね。全て予想通りの応答を頂戴しました。

>ホーンツィーターはインラインで上に乗せた方が音像がシャープになるのでは?
T9245 の位置については、私だけではなく息子、娘、家内にも聴かせつつ、ほんとうに様々な試行錯誤を繰り返し、最終的に今の変則的な位置に落ち着いています。 オーソドックスなインラインで上に置くと、アッテネーターをかなり絞っても高音域とくに声楽の「サ」行が中央上方に定位しがちな感覚になります。あり得ない、と思いながら現在の位置を試みたところ、全体として非常に落ち着いて心地よい定位が得られました。 オーディオ仲間の友人も、これには感心しており、彼も同様の配置をトライしているそうです。もちろん、部屋の環境を含めて、最適位置は試行錯誤するしかないのですが。。

>キャスターは音像がにじみ、にぶい低音の原因になるのでスパイクがよさそう
これも、長年の試行錯誤(高級スパイクを含む)を経て、現在の、下から順に キャスター台+コンクリートブロック+ゴムインシュレーター+スピーカー架台+制震インシュレーター+NS-1000 に落ち着いています。 写真撮影時には未設置でしたが、つい最近、左右のネットワークボックスにはスパイクとスパイク受けを設置しました。

>応答遅れをモニターで計測する
そこまで計測できる機器やスキルは、今のところ、ございません。今後の課題です。

>ピヤノは音圧上げると共鳴し音が寄りませんか
さすがに鋭い観察です! これ、仰せの通り音圧を非日常的なレベルまで上げると、仰せの通り、際に少し「寄り」ます。悩ましいところなのですが、実は孫娘がピアノを始めることになり、近々、息子夫婦の家にピアノが引っ越すことになっております。

>ガラス戸も厚手のカーテンで覆ったほうが、奥行きが出るのでは?
いや、きちんと聴くときには、このガラス戸は全部開放します! BGM的に聴くときは閉めていることもあるので、NS-5000 のような背面にバスレフポートがあるスピーカーは不可としています。

>kockysさん
ご紹介、ありがとうございました。やはり予想通りの LINN の素晴らしいシステムですね!

>tohoho3さん
ありがとうございます。ご紹介いただいたアヴァロン社の記述、どこかで見た記憶がありますが、非常に参考になります。DF-65 を導入するなら、このあたりまで突っ込んで調整する必要があるかもしれない、と想像しますが、そこまで拘るかどうか、私のSP群で拘る意義があるかどうか、。。 メインSP NS-1000 の WO, SQ, TW の位置関係は既定・固定ですので。


E-270 でハイクラスSPを駆動しておられる方々からのご意見も、是非頂戴したく、お待ちします。

書込番号:23143942

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/02 14:50(5ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんにちは

ここは本当のE-270ユーザーさんの意見を待ってもいいけど、
マナーとしてスピーカーなんでもで別にスレ立てがよいと思いますよ
たくさん書き込みがありますが、E-270に興味のある人はdualazmakさんだけに見えます

書込番号:23144082

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:216件Goodアンサー獲得:5件

2020/01/02 15:59(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん
>E-270 でハイクラスSPを駆動しておられる方々からのご意見も、是非頂戴したく、お待ちします。

こんにちは。
誠に僭越ではございますが、主さんご自身のために Accuphase E-270 に関する情報を今後も世界中から集められることをお勧め致します。
Eg.
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/review-and-measurements-of-accuphase-e-270-amplifier.6220/
https://hifiwigwam.com/forum/topic/125687-accuphase-owners-club/
https://forum.audiogon.com/search/index?utf8=%E2%9C%93&query=accuphase+e-270

それでは、御幸運を!

追伸: 私事で誠に恐縮ですが私の最初の loudspeaker system は Goto units (後藤ユニット) によるマルチアンプシステムでしたが、その後は Quad ESL63 や Stax ELS83 を愛用しております。


書込番号:23144201

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/02 17:42(5ヶ月以上前)

>Naim ND555 enthusiastsさん
ありがとうございます。英語とドイツ語は許容ですので、情報収集に努めます。


皆さん、

大晦日〜年始早々にかけて、この突飛で、邪道(?)なテーマに沿って、とても有意義な情報交換をさせていただき、心より感謝申し上げます。大いに参考にさせていただきます。

ここまで多様なご意見を伺えましたので、敢えて「スピーカ何でも」などで、同じ主旨の別スレッドを立ち上げることは憚られます。

もちろん、ここでは、今後も E-270 を活用されている方々のご意見やコメントをお待ち申し上げますが、それら以外につきましては、ひとまず締めさせていただきます。 

さらに、もし皆様からも追加の情報やご示唆を頂戴できるようであれば、大歓迎でございます。全てに対して、私=スレ主から応答させていただくことはできない可能性があることを、ご理解、ご容赦下さい。

お付き合い下さり、まことにありがとうございました。

書込番号:23144370

ナイスクチコミ!2


YS-2さん
クチコミ投稿数:2874件Goodアンサー獲得:234件

2020/01/02 18:05(5ヶ月以上前)

kockysさん が、書かれていましたが、私はこれ使いです。

https://www.stella-inc.com/trinnov/page/st2.html

C-3850 → TRINNOV AUDIO ST2-HIFI → A-70 バイアンプ → 803D3 で鳴らしてます。
このトリノフは、2Wayのクロスオーバーでの使い方も出来るので、A-70を買い足して挑戦してみましたが、出音はかなりの微調整をしても今ひとつ。結局普通のバイアンプに落ち着きました。
調整はマイクで基本フルオート。その後の微調整も手動で細かく出来ますが、結構根気は必要です。DG-58と違う点は、時間軸迄調整できる点が決め手でした。

ご参考まで。

書込番号:23144408

ナイスクチコミ!1


bebezさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:67件

2020/01/02 19:40(5ヶ月以上前)

>dualazmakさん
横レス失礼します。

>YS-2さん
こんばんは。一つ質問させてください。

>このトリノフは、2Wayのクロスオーバーでの使い方も出来るので、A-70を買い足して挑戦してみましたが

2Wayのチェンネルデバイドして鳴らしてみたと読み取りましたが、803D3のウファ―のハイカットフィルタとミッドレンジのローカットフィルタをバイパスさせて鳴らしたのでしょうか?
私の使っている1クラス下の804D3は、バイワイアリングおよびバイアンプまでしか対応していませんが、803D3(以上)はマルチチャンネルに対応しているのですか?

書込番号:23144555

ナイスクチコミ!3


YS-2さん
クチコミ投稿数:2874件Goodアンサー獲得:234件

2020/01/03 13:53(5ヶ月以上前)

bebezさん こんにちは。返信遅くなりまして申し訳ありません。

”803D3(以上)はマルチチャンネルに対応しているのですか?”

803はマルチチャンネルには対応してしてません。バイワイヤリングまでです。恐らく最上位の800までも×だと思います。
トリノフで試した (詳細は覚えていませんが・・・) のは、先ずはB&Wにそれぞれのクロスオーバー周波数を問い合わせた結果 Low 350Hz Mid 4KHzでしたので、350Hzで切って設定、計測、計測後にそれぞれのSP端子に入れたかと思います。
所詮はトリノフでの簡易なマルチですから、追い込みも出来ず (と言うか、面倒になって止めたが正直なところ) 諦めました。
今はバイアンプで十分です。

話は逸れますが、微妙にスピーカーのセッティングをいじった際は必ず再計測するのですが、一度間違ってパワーアンプとマイクの電源を ON のまま接続してしまい、ツイーターを飛ばしてしまいました (涙々) 。結果、ツイーター左右交換で驚愕の34万円。

これでは参考にはなりませんが・・・



画像4枚はトリノフの取説ですので、詳しくはステラのサイトから取説のpdfが落とせますので御覧下さい。

書込番号:23146037

ナイスクチコミ!1


bebezさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:67件

2020/01/03 14:21(5ヶ月以上前)

>YS-2さん

詳しいご説明ありがとうございます。
あいによしさんの考察通りですね。(別スレです)
34万ですか。気を付けます。
しかし、保護用のヒューズとかも入ってないのですね。
パイオニアのPT-R7IIIは単体売りもセット組込のものもヒューズが入っていました。

書込番号:23146086

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:25件

2020/01/03 15:59(5ヶ月以上前)

マルチアンプ 

書籍、暗い低音は好きじゃない!
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20191211

オンラインショップで少し中身確認できるか不明

書込番号:23146247

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1378件Goodアンサー獲得:64件 縁側-超絶適当の掲示板

2020/01/03 16:12(5ヶ月以上前)

AITの話題がでたので・・・・・・

現在は疎遠になってしまいましたが、AITの協力者とは懇意にしていた時期があります。
AITさんは、ほぼ個人でやっているガレージメーカーなんですが、幾人かの外部サポーターと共に開発をしていました。現在は、もしかするともっと会社としてきちんとしているのかもしれません。

基本的には、好きでやってるのと、既存製品に満足いくモノがなかったから会社を立ち上げて、満足できるモノを作った。という会社なので、やる、やれるは別に、カスタムについても話しは聞いてくれます。(過去形ですが)

実際に、プリアンプにかんしては、元々は製品化するつもりはなかったのですが、AITの回りにいる人達からの要望で開発・作成したという経緯があります。

なので、サポートについては、心配するどころか、中の人が生きている限りはきちんとやってくれます。

AITに対する批判のなかで、使っているパーツが平凡というのがありますが、これは理由があり、実際に、オーディオ用といわれるパーツをつかってみたら、癖が強すぎて、一部の人にはイイかもしれないが、好みに合わない人には「糞音」になってしまったので、できるだけ「癖」がないパーツを選択していったという事です。僕が改造するのなら、なにも文句は言わないと言われました。
ただし、DAC回りだけは、きちんと考えてやっているので、素人が手をだすと、「一見よくなってるかもしれないが」、特性的には崩れる可能性があるので、やめて欲しいと言われています。

良い意味で、すごくつまらない音がするDACです。
ものすごく、高いレベルでつまらないということは、誇張が無く、ナチュラルって事なんで、いいDACですよ。

実は、ほぼ購入をしようと思ったタイミングで、「いや、実は、ESSから新しいチップが・・・・・・」と言われて、「じゃ、待ちます」と答えて、そのままになっています。(それが、ES9038PROなわけで・・・・・・という事から、疎遠になってしまった理由の1つでもあったりします。)


マルチネタについても、書こうかなとおもったのですが、あいによしさん、BOWSさんが書いているので、あまり書く事がありませんw

BOWSさん、僕とよく同じすれで遊んでいる、oimochan(通称 お芋師匠)という方がいるのですが、その方は、めちゃくちゃにみえる組み合わせで、5WAYを構築して、YouTubeにUPしていますが、これが・・・・・かなりまともに鳴っています。
なので、プリメインアンプを複数使ってマルチをするのはダメとかは全く無いと思います。
それと、結構高度な話題で、実際についていけるとか、マルチをやったことがある、外部ネットワークボックスがどういうモノであるのかがわかる人ってすごく少ないと思います。

ネットワークを外に出すのは、色々な点で有利です。
まず、大きさの制限がなくなるので、大きなコイルを使う事が出来ます。
コイルは、必要悪なので(これについては、BOWSさんが書いていますね)、できるだけ使いたくないのですが、可能な限り大きくて良質なコイルを使いたいですよね・・・・・なんですが、最近、良いコイルってなくなっています。自分で巻くか、トランス屋さん(これまた、良いトランス屋さんて無くなってきています)頼むかです。 フォスのコイルは比較的安価で質がよかったのですが、廃盤がここにきて多いので、ぱっと買えるのは、ムンドルフぐらいになってしましました。

また、コイルにしても、コンデンサにしても「振動」に弱いモノですから、スピーカーエンクロージャー内においてあること自体があまり良い事ではありません。外に出して、きちんとした箱にいれて、振動を切ってあげることは重要ですよね。
コイルの、漏磁について書いている人もいましたが、これについても、サイズ制限がない外部BOXなら、距離がとれますから厳密な設計をしなくても、あまり問題は起きない。(が、dualazmakさんはちゃんと、向きを変えてますね)

ぶっちゃけ、メーカー品は、かなりラフですよねw


ダイヤトーンや、フォスのNHKモニターも、ネットワークは外出しですし、B&Wの8シリーズは空気室内にはネットワークをおいてません。(昔の804はマトリクス構造の中にうまいこといれていましたが、現行機種は、別室にネットワークをしまってあります)

と、少し雑談・・・・・・・・・・・・

本筋の話題としては、BOWSさんの案が順当に思えます。
あと、アキュフェーズのアンプにこだわるのなら

https://www.accuphase.co.jp/cat/pro-power.pdf

ブラックフェースで、アキュらしくはないのですが、アキュフェーズにはPROシリーズという比較的安価なパワーアンプがあります。
JBLでマルチってル人は、割と低域系にこのシリーズを使っている人がいて、僕も、何回か聞いていますが、アキュらしい部分をのこしながら、けっこう太い音で「アキュもやればできるじゃない」とおもっていたりします。
余談ですが、フォスのNHKモニターに組み合わされるアンプは、このアキュのPROシリーズです(一応、カスタム品としてありますが)。
数年前までは、サウンドハウス等の楽器・PA屋で結構な割引率で売ってたんですが、最近、うってるところを知りません。
なので、ご興味がおありでしたら、アキュフェーズにお問い合わせください。(たぶん、少量生産で、定価販売なのでしょう)

かなり古い中古のPROシリーズを知人が使っていましたが、毎日それなりに動かしていて、30年ぐらい使えていましたから、耐久性はバッチリ、サポートもアキュですから、多分良いと思います・・・・・・・知人は、最近、PASSのパワーアンプと、アキュのプリアンプに移行しました。(超余談ですが、PROでもアキュはアキュで、リセールも結構良かったそうです。)

書込番号:23146266

Goodアンサーナイスクチコミ!4


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/03 17:07(5ヶ月以上前)

>Foolish-Heartさん
貴重な情報とコメント、感謝申し上げます。

>ネットワークを外に出すのは、色々な点で有利です。
上でもご紹介した私の直近の経験に照らして、全く同感でございます。あらゆる点で、予想を遙かに超える改善でした。
見ていただいたように、また、ここでも数枚写真を追加しましたが、少し拘った外付けネットワーク&アッテネーターボックスです。配線は、端子を一切使用せずに、すべてハンダ処理です。これを製作するために、ハンダ処理を再特訓しました。

>アキュフェーズにはPROシリーズという比較的安価なパワーアンプがあります。
全く不覚ながら、知りませんでした。ありがとうございます。

ファンレスの PRO-15, PRO-30 に大いに興味がございます。高精度の入力レベルコントローラーが使えることも含めて、質実剛健なプロ仕様ですね。家庭のリスニングルームの、中音域、SQ中音域、TW高音域、ST超高音域、ならPRO-15 3台で余裕を持ってカバーできそう、と見受けました。 高調波ひずみ率や IM歪み率のカタログ値は、E-270や E-460 に較べて、若干劣るようですが、NHKの FOSモニターでも使われているなら、家庭の常用音量では問題にはならないのでは、と想像しています。

一度、アキュフェーズ社に問い合わせてみます。

書込番号:23146346

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/03 17:26(5ヶ月以上前)

アキュフェーズには、古い機種ですが、業務用のデバイダーもあるのですね。
https://www.accuphase.co.jp/cat/pro-f50.pdf

書込番号:23146377

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 01:41(5ヶ月以上前)

Foolish-Heartさん、皆さん、

https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=22576682/
などを拝見、勉強させていただいております。

デバイダーは、DBX DriveRack VENU360 を知り、これを左右に1台ずつ、合計2台使えば、ステレオ 6-way まで問題なく構築できることを知りました。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/212418/
税込¥87,780 ですので、2台でも¥175,560 ですね。

https://dbxpro.com/en-US/products/driverack-venu360
これは、私にとっては、予算的にも、機能的にも、操作的にも、理想的なデバイダーに見えます。
PCや Android 端末から操作できて、
測定用RTAマイク、RTA-M ¥11,8880 ;
lhttps://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/27702/
を接続すれば(もちろんマイクへファンタム電源+48VDCも供給)、非常に簡便に、視覚的に設定でき、アキュの DG-58 + DF65 の全機能を、ほぼ全て備えているようです。おそらく、私が常時使っている測定用マイク BEHRINGER ECM8000 は、問題なくそのまま使えそうです。  もちろん、左右2台について、きちんと設定する必要はありますが。

業務用の世界は、これまでほとんど知らなかったのですが、迅速確実に設定でき、しかも耐久性抜群、米国製ではありますが非常に信頼度が高いメーカー製品、プロの現場で多用されている、と見受けました。

このあたり、さらに調査、勉強してみます。

書込番号:23147214

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 10:43(5ヶ月以上前)

DBX VENU360;
https://dbxpro.com/en-US/products/driverack-venu360
のパンフ;
https://3e7777c294b9bcaa5486-bc95634e606bab3d0a267a5a7901c44d.ssl.cf2.rackcdn.com/product_documents/documents/2506_1492209263/Venu360_Brochure_4_14_17_original.pdf
や取説;
https://3e7777c294b9bcaa5486-bc95634e606bab3d0a267a5a7901c44d.ssl.cf2.rackcdn.com/product_documents/documents/3132_1468271312/DriveRack_VENU360_Manual_5058681-C_original.pdf
を、じっくり検討中です。

日本語での製品紹介は、ここ;
https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2016/04/84990
がまとまっているようですね。

VENU360 本体でも全ての調整が可能ですが、USB接続またはLAN接続して Windows PC 大画面上のGUIソフトで、RTA機能も使いながら、設定、確認、微調整するのが最も迅速、容易なようです。

もし、VENU360 2台と E-270 3台を新規購入し、現有の E-460 をWO担当で活かすなら、RTA-M マイク2本を含めても、100〜110万円程度で収まりますし、E-460パワー部、E-270 はやはり「邪道!}と判断するなら、アキュの PRO-30 1台、PRO-15 3台を導入、としても、予算的には 120〜130万円程度に収まりそうです。 まだ、アキュとはコンタクトできていませんけれど。。。

悩ましいところですが、VENUS360 は、6-wayまで対応できるので、YST-SW1000 担当の超低音域も、しっかりデバイディングして供給できるメリットもありそうです。 YST-SW1000 には、もちろんカットオフ周波数可変決定、位相反転、レベル調整の機能が備わっていますが、入力ソース信号として VENUS360 でしっかりハイカットしておくことも無駄ではなさそうに思います。

書込番号:23147638

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/04 14:13(5ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんにちは

マイクは1本でいいし、ベリンガーが使えればマイク買う必要もなくなります。

書込番号:23148033 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/04 14:55(5ヶ月以上前)

紹介済みの機種を見て頂けてるようですね
書込番号:23143084

書込番号:23148110 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 16:18(5ヶ月以上前)

>あいによしさん

大変失礼いたしました。 そうです。
書込番号:23143084 で教えていただいたデバイダーです。
コストパーフォーマンス、よさそうですね。

https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=22576682/
でも、話題になっていて、導入された方がおられますね。

よく検討、勉強します。
勉強中の英語取説で全く問題はないのですが、国内の代理店での購入では、日本語取説が(も)付いてくるようですね。
もちろん、導入に踏み切るなら、保証やメンテナンスを考えて、国内の正規代理店で調達します。

書込番号:23148265

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 16:26(5ヶ月以上前)

>あいによしさん

>マイクは1本でいいし、ベリンガーが使えればマイク買う必要もなくなります。
はい、そのように判断しています。左右別々にマイクをつなぎ替えて測定すればいいわけで。。
ECM8000 が使えるかどうか試して、OKなら RTA-Mマイクは購入する必要なしですね。

かなり頻繁に使うようであれば、左右両チャンネルに、同じ RTA-M を、それぞれ1本ずつ、とも思いましたが、いつでも購入できるので、必要になってからでよさそうです。

書込番号:23148284

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1378件Goodアンサー獲得:64件 縁側-超絶適当の掲示板

2020/01/04 17:37(5ヶ月以上前)

あ、僕も書いてるスレだw

あっちにも書いたのですが、マイクによる測定は、マイクをきちんと設置してはじめて意味を成します。
めちゃくちゃ気を使うことは無いですが、とにかくきちんと安定させて、水平を取ってください。
釈迦に説法かもしれませんが・・・・・・・・

あと、やはり気になるのが、一気に5WAをやろうとしていることですね。
これは、かなりの経験がないと本当に永遠ループになります。
これも、あちらにかきましたが、フルレンジシステムを1つ用意して、それを物差しにしていくやり方を僕はお勧めしています。
工程としては、BOWSさんが書いていますが、2WAYから調整をはじめて、+ウーハー +ツイーターとユニットを増やしてくやりかた。

それでも、ドライブラックの豊富な機能をに振り回されると思います。

ドライブラック、よくできていますよ、ほぼ直感で作業できて、RTAぽんでまともな音がでちゃうんですが・・・・

あとは、NS-1000の方のブラッシュアップですよね。

ウーハーユニットは、定期的に天地をひっくり返す・・・・・なんて細かいところとか、吸音材の様子をみて、すこしぺしゃんこになっていたら、ちょっとほぐす・・・グラスウールなら問答無用でウール系素材に交換!!

ユニット、ターミナルの接合部を無水アルコールで洗浄。
ケーブルも、たぶんdualazmakさんのことですから交換済かとおもいますが・・・・・・・交換。
(高級ケーブルにするというか、僕は、古いスピーカーは、内部ケーブルを「よほどの理由がない限り」交換しちゃいます)

それと、ネジ系を測って、ネジを交換するのも結構効きますよ。
僕は、チタン合金のネジ(いわゆる64チタンか、βチタニウム)をお勧めしています。
最近、64チタンのネジもずいぶん安くなってきました。(でも、普通のネジに比べたらめちゃくちゃ高いけど)
他スレで書いたのですが、スピーカー程度なら、やすい中国製の64チタンでも充分かなと思っています。

https://www.metalize.co.jp/product_215.html

日本製64チタンネジの通販例
チタンの焼き付け塗装は、他の金属と違いほぼ風化しないので、金色お勧めです。

日本製だと、だいたい1本こんな値段ですが、これが、アリアエキスプレス等の中国通販だと、1/4ぐらいで手に入ります。
細かな所ですが、チタンネジチューンは、かなり効果がでかいので、お試しください。

書込番号:23148420

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/04 18:25(5ヶ月以上前)

dualazmakさん

>話題になっていて、導入された方がおられますね。

あちらも紹介しました、正規代理店で安く、サービス対応がよいです。

Foolish-Heartさん、あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

アキュのプロアンプ、ブランド維持なのか安売り消えましたね、オクが現実的かもしれません。

チタンねじは静かになりますが高いです。

書込番号:23148517 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 20:37(5ヶ月以上前)

>Foolish-Heartさん
>あいによしさん

貴重な多数の情報、ありがとうございます。

写真撮影、カメラ関係も、ちょっと本格的にやっておりますので、測定用マイクは、カーボンファイバー製の高級三脚+雲台で、制震ジェルも噛まして、水平に保持しています。

SP内部配線、ご想像のとおり交換済みです。 内部の吸音材は、下手に触ると音質変化が怖いので、、、、いまのところ交換などやっておりませんが、参考にさせていただきます。

チタンネジ、、、よりも、うまく工作して4本支持を8本支持にできないかと模索中です。 これも下手をすると???!取り返しがつかない、、、ですね。

もちろん、5-way へ移行できるデバイダーとアンプ群を揃えるとしても、移行と調整は、お勧めのとおり、順序を踏まえてやるつもりです。音色や時間差については、まずはLチャンネルをそのままにしておいて、それを基準にRチャンネルをマルチ化し、Lチャンネル設定パラメーターをRチャンネルに移植コピーして両方のマルチ化が終わってから、最終的に位相や5点定位などを含めて厳密に微調整、というやり方もありかと。。。 

ここでも、位相チェック音源を含めて、Sony Super Audio Check CDの各トラック(もちろんリッピング済み)が大いに役立ちそうですが、これ以外で、非常にお勧め、というチェック音源集がございましたらご教示下さい。

NS-1000 は3端子化してユニットへ直結していますし、原状のクロスオーバーネットワーク+アッテネーターの外付けボックスは、アッテネーターの調整位置も含めて、そのまま温存できますので、いつでも、簡単に、現在の(非常に満足している状態)に立ち返り、再度デバイダーの設定や調整をやり直す、という繰り返しも、かなり容易にできると考えております。

書込番号:23148795

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 21:37(5ヶ月以上前)

皆様、

繰り返しになりますが。。。。

ここまで多様なご意見を伺えましたので、敢えて「スピーカ何でも」などで、同じ主旨の別スレッドを立ち上げることは憚られます。

もちろん、ここでは、今後も E-270 を活用されている方々のご意見やコメントをお待ち申し上げますが、それら以外につきましては、ひとまず締めさせていただきます。 

さらに、もし皆様からも追加の情報やご示唆を頂戴できるようであれば、大歓迎でございます。
ただし、全ての書き込みに対して私=スレ主から応答させていただくことはできない可能性があることを、ご理解、ご容赦下さい。

書込番号:23148935

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/04 22:25(5ヶ月以上前)

E-270はアンプです。憚ったほうがよいと思います。
dualazmakさんの書き込みも270からどんどん離れてます。これなら参考にしたスレに続けた方がよっぽどまともで、他の方にも有意義だと思いますよ。

書込番号:23149036 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 23:07(5ヶ月以上前)

>あいによしさん

仰せの通り、E-270 から離れつつあるので、悩ましいところです。それで、一旦締めようと思っています。

一方、
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=22576682/
で続けるとしても、このスレッドでの情報交換を、すべてコピペするわけにはいきませんので、どうするべきでしょうか?

仰せの通り、ここでも貴重な情報交換になっていますので、他の方々にも有用だと思うのですが、これまでの内容を、引き継げるかどうか疑問です。
あいによしさんに、名案はございますか?

このスレッドのリンク;
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000924414/#23140284
を貼り付けることで、
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=22576682/
での情報交換へ移るのは、妥当ですか?

その場合は、ここにも、続きは
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=22576682/
でご覧下さい、と明記して終わるのがよろしいでしょうか?

書込番号:23149123

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/04 23:35(5ヶ月以上前)

>あいによしさん

それとも、、、
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=22576682/
には、スレ主様がおられますので、

「スピーカーなんでも掲示板」 において、私がスレ主として 「続: 複数のプリメインアンプでマルチアンプシステム構築は邪道か?」 新しいスレッドを立ち上げ、その冒頭で、このスレッドリンクを引用しておく、という移行方法がよろしいでしょうかね?

書込番号:23149174

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2027件Goodアンサー獲得:192件

2020/01/05 01:41(5ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんばんは

続けるなら
スピーカーなんでも掲示板で特定製品にしないのがよいと思います。

引用であれば
書込番号
質問内容と結論を’簡潔’に入れればよいと思います。
(詳細知りたければ番号で調べると思います。)

どうしても話題が発散しがちになりますが、
ききたい事を絞り、適切な回答でクローズをこまめにくり返された方がよいと思います。

聞く気なしとか持論だけ展開も得るものがないと思われます。
(心根がばれて、まともな回答がなくなります。)

過去まじめに質問され、誠実な対応をされる方は人気があります。
書込番号:23129248

こちらがルールです、
https://help.kakaku.com/bbs_guide.html

新規投稿のルール
適切なカテゴリに書き込みましょう
クチコミ掲示板では、各カテゴリや製品に関する情報を分かりやすく探せるよう、カテゴリごとに掲示板を設けています。 投稿先のカテゴリ(製品)に関係のない話題があると、他のユーザーのご迷惑となるため、カテゴリに関係のない話題は削除する場合があります 。

→回答者も加担させることになります。

題名は具体的に!
スレッドのタイトルは内容に沿った具体的なものにしてください。
質問をする際は、「何をしたいのか」「予算」「今はどういう状況か」「どうしたいのか」「何がわからない」など、聞きたいポイントを具体的にまとめましょう。

質問に返信が寄せられているのに、スレッドを放置するのはマナー違反です。

質問スレッドでは、今後同じ疑問を持った人の参考にもなりますので、ぜひ結果報告をしてください。

書込番号:23149403

Goodアンサーナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/05 22:55(5ヶ月以上前)

皆様、
ここまで、多岐に亘りお付き合いくださり、まことにありがとうございました。


>あいによしさん
お勧め、ありがとうございます。

今回は、E-270 からかなり発散してしまいましたが、私も、カメラやオーディオ関係で何度かスレッドを立ち上げておりますので;
>質問に返信が寄せられているのに、スレッドを放置するのはマナー違反です。
を含めて、基本的なお作法は、理解しているつもりです。

私としても、デバイダー利用の詳細留意点やアンプ群の選択を含めて、実際に導入に踏み切る前に、まだまだ皆様からの助言や情報を頂戴したいと思っております。

特に、アキュの業務用 PRO-15 や PRO-30 などには信頼性の高い「高精度入力レベルコントローラー」が装備されていますので、それも有効利用するなら、 複数のE-270(や現有のE-460) を「プリメイン」として各チャンネルに導入して AAVA機能も活用することと較べて、どちらが適切なのだろうか?とも考えあぐねていますので、そのあたりのご意見や情報も、さらにいただきたいのです。
(最近のほとんどのピュアオーディオ用パワーアンプに、入力レベル可変コントローラー/ボリュームが装備されていないのは許せない、との記述も散見され、頷かされる解説もございました。)

それでは、近日中に、「スピーカーなんでも掲示板」 において、私がスレ主として 「続: 複数のプリメインアンプでマルチアンプシステム構築は邪道か?」 を立ち上げ、ここも引用しつつ、可能な限りスムーズに移行させていただきます。

立ち上げましたら、もちろん、ここでも、その旨と、「続きの情報交換は、こちらでお願いします。」 の書き込みをさせていただきます。
なお、明日から海外出張も含めて少々多忙になりますので、1,2週間のブランクが発生する可能性をご容赦ください。

では、スレ主といたしましては、ここで一旦閉じさせていただきます。
ありがとうございました。

書込番号:23151328

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/06 10:41(5ヶ月以上前)

海外へ出かける前に、

https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23151776/#23151789

を立ち上げさせていただきましたので、続きは、そちらでお願い申し上げます。

書込番号:23151868

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:979件 my Picasa JPEG Archive 

2020/01/06 10:46(5ヶ月以上前)

失礼しました。
新スレッドのトップは;

https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23151776/#23151776

でござます。 よろしくお願い申し上げます。

書込番号:23151879

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

E-270
Accuphase

E-270

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2016年11月下旬

E-270をお気に入り製品に追加する <27

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10
クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング