『超精細王 Vs コントラストキング』のクチコミ掲示板

DLA-X770R-B [ブラック]

4K/HDR対応D-ILAプロジェクター(1900ルーメン)

DLA-X770R-B [ブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格(税別):¥900,000
  • 発売日:2016年12月下旬

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:16:9 最大輝度:1900ルーメン コントラスト比:130000:1 対応解像度規格:〜4K DLA-X770R-B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DLA-X770R-B [ブラック]の価格比較
  • DLA-X770R-B [ブラック]の店頭購入
  • DLA-X770R-B [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-X770R-B [ブラック]のレビュー
  • DLA-X770R-B [ブラック]のクチコミ
  • DLA-X770R-B [ブラック]の画像・動画
  • DLA-X770R-B [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-X770R-B [ブラック]のオークション

DLA-X770R-B [ブラック]JVC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月下旬

  • DLA-X770R-B [ブラック]の価格比較
  • DLA-X770R-B [ブラック]の店頭購入
  • DLA-X770R-B [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-X770R-B [ブラック]のレビュー
  • DLA-X770R-B [ブラック]のクチコミ
  • DLA-X770R-B [ブラック]の画像・動画
  • DLA-X770R-B [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-X770R-B [ブラック]のオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > プロジェクタ > JVC > DLA-X770R-B [ブラック]

『超精細王 Vs コントラストキング』 のクチコミ掲示板

RSS


「DLA-X770R-B [ブラック]」のクチコミ掲示板に
DLA-X770R-B [ブラック]を新規書き込みDLA-X770R-B [ブラック]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ27

返信16

お気に入りに追加

標準

超精細王 Vs コントラストキング

2017/02/19 23:21(1年以上前)


プロジェクタ > JVC > DLA-X770R-B [ブラック]

会場のAC2は、岡山駅からタクシーで1900円でした。帰りは大安寺駅まで歩き(約30分)、
それから岡山まで2駅(190円)でした。

AC2なんですが、素晴らしい会場でしたね。1階に16畳ほどの暗室シアタールーム2部屋と
リビングタイプ試聴室1部屋、音楽試聴室1部屋がありました。

大部屋のメカリアも良かったですが、やはり現実的な大きさの試聴室は良いものです。
1階の暗室シアタールームは、左右に遮光用の黒カーテンが設置されていました。

そして試聴会が始まる前、1階の暗室シアタールーム2部屋のそれぞれで、750RとZ1が
同じyoutubeの映像を流していたので、じっくりと比較させて頂きました。この時点で両者の
素性が分かりました。

Z1は、750Rの上位互換機ではありません。予想していた通りでしたが、Z1は、1100ESの
ブラッシュアップ版でした。2つの映像はこれまで見てきた7シリーズと1100ESの映像に
非常に近いものでした。

明らかに750Rの方がコントラストが高くブリリアントな映像で、Z1は1100ESの高精細を
さらに練り上げ、JVC風のスパイスを効かせた感じでした。

それは試聴会が始まっても印象は変わらず、試聴会前に、ほとんど終わってしまった
感じでした。

試聴会のスクリーンは130インチシネスコ。普段からカーブドを見ているので、平面なのに
スクリーン映像が凸に見えて違和感ありまくりです。両端からの情報が少なく感じます。

試聴会の部屋は20畳以上の部屋でハイミロンではありませんが、天井・左右をきちんと
黒布で迷光対策されていたのは好印象です。天井は私と同じ画鋲を使われていました。

まず770Rですが、とにかくブリリアントです。我が愛機700Rを確実にブラッシュアップした
映像で、スターウオーズのオープニングの星の数がもの凄く、まさに吸い込まれるような
暗黒の宇宙空間です。これ、ハイミロンを使ったらどうなるんだろう・・・

単に輝度を上げて明るくしたのではなく、しっかり沈んだ黒を抑えながらの強い輝きです。
何年も前にこの映像を見た事があります。ファイナルKUROのデモ映像がそうでした。

そしてサウンドオブミュージック、宮古島へと続きました。770Rの色域はDCI-P3を超え
単純な色域だけならレーザーに見劣りしないようです。実際に麻倉先生も、レーザーの
利点は、オンオフの反応の早さと寿命だと言われていました。

さて、本命のZ1です。真っ先に持ってきた宮古島。これはもう圧巻! 「すいません、
ごめんなさい、参りました」でした。一言「リアル」。これ以上の説明が出来ません。

700Rではつぶれていた砂、白飛びしていた灯台の階調がリアルに描かれ、まるで
視力が倍になったような錯覚を感じます。遠くの島の様子まではっきり区別できる
まさに「超精細王」でした。

1100ESがフルモデルチェンジしていたら、恐らくこういう感じになっていたでしょうね。
そして映画へと続くのですが・・・

5000ESの時もそうだったのですが、風景やドキュメントではソニーのフラッグシップの
700万円の液晶を蹴り飛ばす驚異の「真空の映像」でしたが、映画になると違います。

サウンドオブミュージックでは、宮古島で表現出来ていた超精細がそのまま映画の
背景でもよく表せていますが、チート物足りない。超精細にコントラストがバランス的に
追いついておらず、全体的に地味〜で薄口の映像です。

スカイフォールは背景の高精細を評価できる映像が多く、それを難なくクリアーして
細部にわたり描けているのですが・・・

770Rは、映像全体も背景の黒を落としながらブリリアントな映像になっているのですが
それが最も象徴的に良く出ているのが「肌」です。普段から感情とともに変化するあの
輝くような肌に慣れているので、それがないと、どうにも生気が物足りません。

Z1は、なんとなく人物が背景とともに一緒になっているような感じで、770Rは背景の中で
人物が浮いて目に入ってきます。

いや、Z1が不足しているのではないのでしょう。確か映画館ではあんな感じだったと
思います。映画館を基準とすると、コントラスト面でも、Z1は、ほぼ100点なんでしょう。

要は770Rの方がおかしいんです。あんなにブリリアントで厚みのあるハイコントラストな
映像は映画館ではありません。

映画館を目指していたプロジェクターのはずですが、770Rは変態コントラストで映画館を
はるかに飛び越えて独自の映像価値を作ってしまったんでしょうね。いったんこれに
慣れてしまうと、それがない映像がどうにも物足りない・・・

いや、客観的なプロジェクターの価値で言うとZ1が王者の風格にふさわしいと思います。
300万円超の価値があるでしょう。あの超精細は技術の粋を集めた逸品と言えます。

ただ、770R(7シリーズ)のアレは、それにはまり切ってしまった体質の人間からすると、
なくてはならないものになってしまっているようです。

書込番号:20673839

ナイスクチコミ!13


返信する
クチコミ投稿数:32件

2017/02/22 20:39(1年以上前)

>ふえやっこだいさん

完璧とも言える評価をされていますので、コメントする言葉を持ち合わせていないのが正直な気持ちです。
私も2度比較視聴会に参加し、それぞれ自身が所有するソフトを映してもらうなどして、Z1の実力を堪能しました。
その時感じた事は、「価格相応の素晴らしい映像を見せるけれども、何かが足りない、満たされない。」でした。
その理由は、ふえやっこだいさんの評価に全て包含されていますので、重複は避けます。

むしろ深く考えさせられたのは、JVCは何故このタイミングで、この映像力のZ1をリリースしたのか?でした。

確かに、ユーザーからはリアル4Kパネルやレーザーが熱望され、一方、周りでは8K、HDR、OLED、BT2020、
UHD-BDなど、目まぐるしい技術革新と新たなソフト・ハード、そしてSONYからは5000ESのリリース。
このような状況から、JVCとしては、ブランディング戦略としてのPJが早急に必要だったのだろうと推察します。

JVCの技術が次のステップに上がるため、必要不可欠な製品であると確信するし、これまでの歴史でも繰り返されて
きた、変遷の過程であると考えます。その意味では、東京五輪前、ブラッシュアップした次期製品を待っています。
それが、Z1もしくはX770のどちらかの後継機であっても構わないと考えています。

書込番号:20681384

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/23 00:20(1年以上前)

>岬の夕凪さん

これまで何度かJVCさんとお話してきましたが、JVCとしては従来の7シリーズの
ハイコントラストと、それによる官能的な絵作りがJVCのPJの哲学だったと思います。

なかなかリアル4Kを出さなかったのも、出す以上は全てで7シリーズを超えるもので
なくてはならず、せめて近いコントラストを出そうとして研究してきたのだと思います。

ただ経営である以上販売のための新しい付加価値が欲しい事と、評論家の先生の
リアル4Kの上市希望圧力も相当なものでした。

そういう哲学とは違う事情が、Z1を出す状況になったのだろうと思います。しかし
1100ESのユーザーからすれば、1100ESからは確実な進歩になりますし、実際に
多くの1100ESユーザーが乗り換え、商業的には成功しているようにも思えます。

ここ数年の進歩を考えると、東京オリンピック直前には、素晴らしいPJが出ると
期待して良いと思います。

書込番号:20682114

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:32件

2017/02/23 18:54(1年以上前)

>ふえやっこだいさん

>ここ数年の進歩を考えると、東京オリンピック直前には、素晴らしいPJが出ると
期待して良いと思います。

大いに期待して、その時を楽しみに待ちたいと思います。
そのためにも、パナソニックが宣言している東京五輪前の究極のOLED(シート型、
印刷方式?)との映像の差別化をしっかり訴求することが必要不可欠だと考えます。

高精細4K、HDR、大画面は共通としながらも、完璧で綺麗だけどなぜか感動が薄い
OLEDでは味わえない、PJだから表現できる、喜怒哀楽が心に伝わる人間味溢れる絵
づくりが継承されることを願っています。

書込番号:20683967

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/24 10:48(1年以上前)

https://kloss.co.jp/2016/01/jvc-d-ila%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BCdla-x750r%E8%A6%96%E8%81%B4%E4%BC%9A%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

右側2枚の7シリーズと5シリーズの比較。コントラストが高いと厚みのある映像が出ます。
ハイコントラストは白黒の明暗だけでなく、1画面上で表現出来る色の濃淡幅が広く出せます。

例えば、赤色の100本の濃淡の色鉛筆あったとして、高コントラストの映像は、1画面に50本の
濃淡幅の赤色鉛筆が同時に使えますが、低コントラストは30本しか同時に使えません。これは
色域性能とは違う話です。

https://www.avac.co.jp/contents/88
70Rの8万対1で、すでにこのような黒の艶が出せています。

https://www.avac.co.jp/contents/312
スターウオーズのオープニング、ダークナイトの写真ですが、75Rの時点でこれだけの暗部階調が
出せています。

75R→700Rに変えた時に相当な進化がありましたが、700Rでも先日視聴した770Rに大敗しました。

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0804/25/news031.html
770Rのスターウオーズのオープニングは、このMA-KUROの花の映像に近いものでした。

http://www.daiichimusen.co.jp/app-def/S-102/wp/?tag=dla-x700r
何度か出していますが、最後の2枚。上は高コントラストで700Rは輝いています。特に肌と髪が
輝くと感情が伝わって来ます。
下は1100ESで、超高精細で、赤い服のシワがハッキリ描かれています(700Rは潰れています)。

ガンマ調整をすると、同じコントラストでも階調を変えることが出来ますが、あくまで調整と言うのは
限られた予算をどう使うかという事であり、絶対性能を上げることはできません。

調整は何かを得るために何かを抑える事になります。100を10X10にするか、2X50にするかの
反比例の法則に従います。300の予算の性能があれば6X50にする事ができます。

階調を出すと情報が出ますが絵が淡くなり、コントラスト感を出すと階調が潰れ気味になります。
ハイコントラスト機は、コントラスト感を出しながら階調を出すことが出来ます。


書込番号:20685901

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3件

2017/02/26 20:13(1年以上前)

>ふえやっこだいさん
PREMIUM鑑定団を見に行きました。

皆さんの感想とちょっとちがいまいすが、Z1も770Rの両機種共に私には黒つぶれが気になりました。特に、Z1はそうでした。

黒浮きとは異なり、十分黒は沈んでおり黒いのですが、黒くつぶれてしまい鑑賞に堪えませんでした。

おそらく、HDRの影響で、高輝度に引っ張られて黒の階調が台無しになっていたのではないかと愚考しますが、なぜだか全く解りません。いえることは、これでは買い換えできない、4KHDRに移行できないということです。

現在はdlpのHD92を使用しており、同機種でも黒つぶれは大変調整に苦労しましたが、うまく調整できていますので、ビクターの両機も調整次第ではないかと期待しますが、どうでしょうか。

700RのSDRではいい絵をだしていましたので、できれば機材を借りて調整したいものです。
ちなみに、OPTOMAがHD92用に設定した調整がありましたが、私には全くだめでしたが自分でうまく調整できていますので、ビクターの両機も自分で調整すると満足のいくものになる可能性はあるかもと思います。

書込番号:20693415

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/26 22:21(1年以上前)

>できればさん

本来、階調も黒性能も本来はコントラストの絶対性能が支配しています。しかしガンマ調整、
HDRはその機種のコントラストの絶対性能をあげるものではありません。

「調整」は絶対基本性能を上げずに見え方を変えるわけですから、反比例の法則に従う事に
なります。何かを良くするために調整しすぎると、何かに歪みが出てくる事になります。

700Rの簡易のガンマ調整では、階調優先にすると黒浮きが生じます。メリハリを上げると
黒つぶれを起こします。

私はデジタルおたくさんと同じく黒浮きが気になりました。ベースの黒レベルは輝度に依存し
HDRはそれぞれ1900ルーメン、3000ルーメンの最大輝度を利用する訳ですから、それは
当然かと思います。

できればさんが視聴された環境にもよると思います。天井と横壁に迷光対策されていない
環境での視聴であれば、770R、Z1の性能に無関係に黒浮きや黒つぶれが起きてしまいます。
それを防ぐには天井・横壁ともに2m程度の黒布(出来ればハイミロン)は必要です。

2K・4Kいずれにおいても770Rの絶対性能は素晴らしいですが、2Kソースなら個人的には
愛機の700Rでも満足しています。4KBDはレンタルの見込みも全くなく、仮に770Rを買っても、
4KBDの比率は多くても全体の2〜3%程度になると思います。

HDRは、どちらかというと映画よりも宮古島などの風景などのビデオ素材に向いているように
思います。

映画っぽい映像とは白ピークが高い映像映像ではなく、沈み込んだ黒の中で粘りに粘った
階調豊富な映像にあると思います。

書込番号:20693904

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/26 22:38(1年以上前)

何を基準にするかで見え方は違います。

DLPのOPTOMAのHD92を基準にすると770RとZ1の黒は沈んでいるように
見えると思います。

700R、750R、770Rを基準に置くとZ1は高精細に見えてコントラストが浅めに
見えます。

1100ESから見ると、コントラスト、精細感ともに向上しているように見えると
思います。

DLPは2台使いましたが、好きな映像でした。灰色で潰れたぬりかべの黒を
改善したくてJVCに乗り換えました。

白壁だらけの試聴室で770Rを視聴した事がありますが、迷光でぬりかべの
黒でした。

書込番号:20693978

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3349件Goodアンサー獲得:180件

2017/02/26 23:22(1年以上前)

Z1の視聴会に計二回参加させて頂きました。
初回はショップの視聴会でスクリーンは16:9なのでシネマスコープのブルーレイ再生は
上下に黒帯有り、さらにはバットマンvsスーパーマン等の暗い映画の再生も有り
黒帯の黒浮きが残念ながら気になって仕方ありませんでした。

二回目は今回のビクター主催の視聴会。
スクリーンは更に大きくシネマスコープタイプ。
従ってシネマスコープのブルーレイは黒帯無し。16:9のブルーレイは左右一杯まで拡大
するので上下は映像がはみ出し状態。
従って黒帯の黒浮きについては確認できない視聴会。ん〜お主やるな〜(笑)

宮古島のX770とZ1の緻密さのあまりにもの違いに、Z1は論外なのでソニーの4Kに心が浮ついてしまう
一日でした。
ソニーの4Kではやはりコントラストや濃密さから、後悔するのかなあ〜と悩みが再開してしまいました。

書込番号:20694134

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/27 12:26(1年以上前)

>デジタルおたくさん

上下の黒帯の黒浮きは、絶対輝度が支配します。700Rをランプ低で見れば
上下の黒帯の黒浮きはかなり小さくなります。

おそらく数百ルーメンだと思いますが、ハイミロン環境にしているので映像は
暗く感じません。

750RはHDRのためにランプを強化し明るくなっており、750Rのランプ低は、
700Rのランプ高に相当します。750Rのランプ高を初めて見た時は上下の
黒帯が灰色になっていました。

700R→750Rに買い換えた方で、ランプ低にしてレンズアパチャーで光量を
さらに絞って黒浮きを抑えて700R相当の黒レベルにしている方もいるようです。

750R以降は、HDRだけでなく迷光のある明るいリビングを想定して迷光に
負けないようにしていて、その環境下では副作用として黒浮きや黒つぶれが
出やすくなると言えます。

7シリーズは、本来は迷光対策された部屋で沈んだ黒とそこから浮かび上げる
暗部階調が得意のPJだったはずですが、商業的に昨今の流行に乗ってしまって
いるとも言えます。


書込番号:20695053

ナイスクチコミ!0


nobgonさん
クチコミ投稿数:160件Goodアンサー獲得:9件

2017/02/27 13:12(1年以上前)

HD92のオーナー様が書き込んでらっしゃるので便乗しますが
やはりプロジェクターの場合、明るさと黒浮きはトレードオフかなあと思ってしまいます。

でもJVC機は以前アバックでDLA−X550Rを観させてもらいましたが、
ランプ低でもHD92の固定輝度100%に匹敵する明るさで
しかも色乗りがよく黒浮きしないのは流石だなと思いました。

ただHD92の場合は黒浮きはしても黒い部分が気になるだけで暗部の見通しは良いので、
折角JVC機に買い替えるのであれば、明るい場面でも黒浮きなく黒つぶれしないのは当然というのは私も同意で
できればさんのお気持ちは察します。

HD92を使ってる一人としてはX550Rでも十分の明るさで黒表現は違和感なかったので
多分調整すれば大丈夫に思います。

HD92の自然色に慣れてしまった私の場合は
どちらかと黒よりかJVCの独特の色使いの方が気になりますね。

書込番号:20695174

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3349件Goodアンサー獲得:180件

2017/02/27 13:57(1年以上前)

ここはX770の板ですので話題としては相応しくないとは思いますが御容赦下さい。
ソニーのネイティヴ4Kよりも、やはり優れたコントラスト性能を有するビクター機の方が総合的に優れており
愛機のX500の継続、更に買い換えるとしてもX570、X770と決めておりました。
(SONYの535をじっくり視聴した訳ではありませんが)

今回、Z1の宮古島ネイティヴ4Kを視聴すると、やはりネイティヴ4Kにしたい衝動にかられました。
とは言えZ1は価格的に論外ですし、ビクターからは100万以下でネイティヴ4Kは一年以上待っても
発売されないよな〜との勝手な推測から、だったらもうSONYの535等のリアル4Kにするか?とも思います。

然し乍ら常時4Kブルーレイソフトを見る訳でもないし、その為だけにビクターのコントラストを放棄
するのも嫌だなあ〜と悩んでおります。

予算的に買えない事でも無いのだけれど、SONYの4Kを導入されない方は、やはり総合的な画質評価
から御決断されておられるのでしょうか。

書込番号:20695286

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/27 14:05(1年以上前)

黒を沈めなおかつ暗部階調を出すには、低輝度にして迷光対策された暗室にするしか
方法はありません。

7シリーズは、リビングシアターとしても使えますが、本来の黒性能を出すには要求度が
高いです。高いですが、環境を整えればテレビにはない映像が享受できます。

難しいですが、理想は天井・横壁ハイミロン3m、床も黒か焦げ茶のカーペット、輝度は
ランプ低にして、さらに上下の黒帯が黒くなるようにレンズアパチャーで輝度を落とします。

そのくらい輝度を落としても、迷光対策していれば、7シリーズは真っ黒の背景の中に
他機種が決して真似できない、凄い量の暗部情報が潰れずにポッカリ浮かんできます。

JVCの映像はニュートラルよりも「絵作り」なので、その作った色に違和感を持たれる方や
シネマチックと好感を持たれる方もいると思います。私は後者ですがDLPの色も好きです。


書込番号:20695308

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/27 14:22(1年以上前)

>デジタルおたくさん

1100ES以上かもと思えるZ1のあの超精細は、超高性能レンズが大きくものを言うので
普及レンズのソニーの5シリーズでは、アレは無理かと思われます。

535と770シリーズの精細度の差はよく見ればありますが、500ESと700Rの時よりも差が
さらに小さくなり、スクリーンの大きさや距離でも評価は変わります。100インチで3mなら差は
ほとんどなく、120インチで2mなら差が出てきます。

これに対してJVCが優位なコントラストは、視聴距離に影響を受けません。視聴距離が長く
なっても差は分かります。

535が770Rよりも優位なのは、静止画よりもむしろ動画解像度ではないかと思われます。
スポーツや動きの速いビデオ映像を見られる方は、むしろ535の選択はあると思います。

770Rの後継にネイティブ4Kを持って来ると、パネルコントラストから535と近いに映像になり
差別化が重要なマーケットにおいて、個人的に良い選択とは思えません。

書込番号:20695344

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3349件Goodアンサー獲得:180件

2017/02/27 15:45(1年以上前)

ふえやっこだいさん。大変参考になる御意見ありがとうございます。

X770で最初に宮古島を見た時には少し眠たい画調で、何だこの程度なら1万も出費
する事でもないな、と思ったのですが、その後でZ1を見た時は、そのギャップに
衝撃を受け、やはり4Kは必要かと思いました。

然し乍ら、ふえやっこだいさんのコメント通り、535ではネイティヴと言えども
あの画質は無理ですよね。少し冷静に戻れました(笑)

ビクターが今後、価格的にはともかくネイティヴ4Kを製品化した場合はは、4Kを取るのか
高コントラストを守るのか、メーカーそしてユーザー共々、悩むポイントですね。

書込番号:20695501

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/27 16:26(1年以上前)

>デジタルおたくさん

レンズが精細感で効くなら、超性能レンズ+新筐体で高コントラストのe-shift2Kパネルの
画質を見てみたいものです。

コントラスト性能は、e-shift2Kパネル>ネイティブ4Kは決定的ですが、精細感でも
超性能レンズ+e-shift2Kパネル>770Rのレンズ+ネイティブ4Kパネルかもしれません。

なぜなら、精細感に置いて、1100ES>770Rですが、4Kソースで535と770Rは差がほとんど
ない事がavacのブログで説明されているからです。と言う事は、高精細は、レンズ性能が
効いていると言う事です。
http://blog.avac.co.jp/akihabara/2017/01/e-shi.html の映画「Shallows」のシーン。

超性能レンズ+e-shift2Kパネルが、もっとも精細感とコントラストのバランスが良いかも
しれませんね。


書込番号:20695572

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2691件

2017/02/27 16:42(1年以上前)

超性能レンズ+新筐体で高コントラストのe-shift2Kパネル+水銀ランプが良い理由

@13万対1の高コントラストが維持出来る。
A高性能レンズが高精細に非常に効く。
B770Rの水銀ランプの色域はレーザーに迫る。

ハリウッドはDCI-P3内の色域内で製作しますが、770Rは水銀ランプでもその色域を凌駕
しています。

Z1から、高コストのレーザーとネイティブ4Kパネルが不要なので、200万円を切る価格で
作れるかもしれない。水銀ランプの経時的色の変化はオートキャリブレーションで補正可能。

無論、精細度においてZ1>e-shift2Kパネル+超性能レンズですが、770Rよりは明らかに
高精細となり、13万対1を維持出来るのが大きいですね。

  

書込番号:20695591

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

DLA-X770R-B [ブラック]
JVC

DLA-X770R-B [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月下旬

DLA-X770R-B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <37

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プロジェクタ]

プロジェクタの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:6月25日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング