『フリーソフト併用で Vegas Pro のレンダリングが強化?』のクチコミ掲示板

VEGAS Pro 14 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥92,000
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • VEGAS Pro 14の価格比較
  • VEGAS Pro 14の店頭購入
  • VEGAS Pro 14のスペック・仕様
  • VEGAS Pro 14のレビュー
  • VEGAS Pro 14のクチコミ
  • VEGAS Pro 14の画像・動画
  • VEGAS Pro 14のピックアップリスト
  • VEGAS Pro 14のオークション

VEGAS Pro 14MAGIX

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2016年12月 5日

  • VEGAS Pro 14の価格比較
  • VEGAS Pro 14の店頭購入
  • VEGAS Pro 14のスペック・仕様
  • VEGAS Pro 14のレビュー
  • VEGAS Pro 14のクチコミ
  • VEGAS Pro 14の画像・動画
  • VEGAS Pro 14のピックアップリスト
  • VEGAS Pro 14のオークション

『フリーソフト併用で Vegas Pro のレンダリングが強化?』 のクチコミ掲示板

RSS


「VEGAS Pro 14」のクチコミ掲示板に
VEGAS Pro 14を新規書き込みVEGAS Pro 14をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ5

返信6

お気に入りに追加

標準

動画編集ソフト > MAGIX > VEGAS Pro 14

スレ主 R_RM_Mさん
クチコミ投稿数:43件

Youtube で Vegas Pro と NVEnc や VCE などで検索していたら
「Vegas Movie Studio faster render with NVENC (Replace for CUDA)」(l9yoZRC2X9k) や
「Movie Studio Frameserver Tutorial (NVENC,VCE,Quicksync,x264,x265,VP9) 」 (gOdVNsr_Sskk) という動画を見つけました。

Debug Frameserver, Avisynth+, A's Video Converter (と NVEnc, 多分 VCE や QSV も OK) をインストールし、出力先を Debug Frameserver にできるようメニュー設定ファイルを書き換えることで GPU 支援を受けられるようです。ただ、Avisynth+ の設定内容が直わかりませんでした。

まぁ、これでも A's Video Converter で扱える形式にしか圧縮できないわけですし、データを送るときはディスクに中間ファイルを作って読み書きするようなのでそれがどれだけボトルネックになるのかよくわかりませんが、それでも面白そうです。

書込番号:20868564

ナイスクチコミ!1


返信する
クチコミ投稿数:281件Goodアンサー獲得:23件 VEGAS Pro 14の満足度4

2017/05/05 20:20(1年以上前)

>R_RM_Mさん
Debug Mode Frameserver方式のレンダリングは私も以前から興味を持っていて、TMPGEnc Video Mastering Worksを含むいくつかのアプリをレンダリングエンジンとして利用することが可能なのは既に検証済みなのですが、私の試した範囲では、例えばTMPGEnc Video Mastering Works 6上でQuick Sync Videoを駆動させて、YouTube用のMP4ファイルやDVD用にMPEG2形式のファイルを作成(=レンダリング)させるよりも、VEGAS Proで素直にレンダリングする方が速いし、画質も良いので、今のところはDebug Mode Frameserver方式は出番がありません。

しかしながら、低いビットレート (5Mbps位)のYouTube用のMP4ファイルを作成するのが主目的であればHandbrakeのx.264エンコーダーを使用することで、確かにかなり高画質で、しかもサイズの小さ目なMP4ファイルを作成することが可能でした。こちらのYouTubeの動画が参考になると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=64HvW0RsE0o
https://www.youtube.com/watch?v=rWMX5lSvEgY

また、VEGAS Proのエキスパートの(一人である)Nick Hope氏が自身のページでDebug Mode Frameserverを使用してVegasからHandbrake経由で高画質のYouTube用MP4ファイルを作成する方法を詳細に説明されていますので、ご興味あればお試し下さい。(但し、主眼は前述の通り、あくまでも「ファイルサイズを抑えた高画質なMP4ファイルを作成すること」であり、必ずしもGPU等のhardware encoderを使用してレンダリング速度を向上する事では無いようです。)

http://www.bubblevision.com/underwater-video/Vegas-YouTube-Vimeo.htm

Debug Mode Frameserver自体の開発が既にストップしてしまっているので、どなたかが引き継いでアップグレードして戴けると良いのですがね。

書込番号:20869630

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:281件Goodアンサー獲得:23件 VEGAS Pro 14の満足度4

2017/05/05 21:24(1年以上前)

↑で"Nick Hope氏が自身のページでDebug Mode Frameserverを使用してVegasからHandbrake経由で.."と誤記してしまったのですが、正しくはHandbrakeではなくAviSynthです。お詫びして訂正します。

書込番号:20869773

ナイスクチコミ!1


スレ主 R_RM_Mさん
クチコミ投稿数:43件

2017/05/05 22:11(1年以上前)

>ココアの父さん
情報ありがとうございます。仕事の上で動画を作成した際にノート PC で CPU レンダリングばかり行なっていましたが、かなりレンダリングが遅いプロジェクトを作ってしまったことがあり、なんとかならないものかと速度向上方法を探し続けていました。今回見つけた方法はあまりレンダリング速度向上には向いてなさそうですね。

教えていただいた方法も含めて試行錯誤してみます。

書込番号:20869913

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:281件Goodアンサー獲得:23件 VEGAS Pro 14の満足度4

2017/05/06 07:07(1年以上前)

>R_RM_Mさん
誤解させたら申し訳ないのですが、Debug Mode Frameserver方式のレンダリングに関し、全ての環境においてVEGAS単体でレンダリングする方が速いと言うつもりは毛頭ありません。ご自分でも試されて、良い結果が出るようであれば是非、結果をご報告下さい。

以下はGoogle GroupのFrameserverのセクションに書かれていたメッセージで、そもそも私がframeserverに興味を持つに至ったものなんですが、もしこれが240分の尺のプロジェクトをたった5分でレンダリングできたという意味であればframeserver方式では相当の速度でレンダリングが可能になる場合もあるのかも知れません。お試しになる価値はあるのではないかと思います。(因みに、私はこのメッセージの発信者にメールして、このメッセージの真意、具体的な環境、及びメディアのソースファイルとレンダリングのプロジェクトの詳細を質問してみたのですが、返事はありませんでした。)

Quote
I tested the plugin version 2.15 with Sony Vegas 13.0 (build 310) + TMPGEnc VMW 5.4.2.103 with a project I'm working with over 240 minutes long. Render only 5 minutes and everything worked 100%! It seems everything working and normal!
Unquote

しかしながら、前述しましたようにframeserver自体の開発は大分前に終了してしまっており、海外のVEGAS関連のフォーラムでもその後、レンダリングの速度の向上の視点からframeserverを取り上げているケースは見当たらず(そこまで爆速ならもっと取り上げられるはずです!)、主眼はHandbrakeをレンダリングエンジンとして、Internet上で扱いやすいファイルサイズを抑えた高画質のYouTube用にMP4ファイルを作成する、というものでした。

因みに、R_RM_Mさんの仰っているプロジェクトでは、どのようなメディアファイルを使って、どのようなファイルを書き出そうとして、どの位の処理時間が掛かったと仰っておられるのでしょうか?

書込番号:20870593

ナイスクチコミ!1


スレ主 R_RM_Mさん
クチコミ投稿数:43件

2017/05/06 07:34(1年以上前)

>ココアの父さん
苦労した条件は、確か以下の通りだったはずです。

最終動画サイズ:6分程度
素材:       コンパクトデジカメで撮影した 1080i MOV ファイル群
加工内容:    ムービーメーカーから乗り換えた直後で早送り速度の不足を
           感じていた。最初は別途早送り(つまりプリレンダリング)動画を
           作ってトラックに乗せていたが、トラックにプロジェクトファイルを
           乗せられることを知り、早送りを指定したプロジェクトファイルを
           乗せ、その部分にさらに早送りをかけた
レンダリング時間:約12時間

PC はパナソニックの CF-B11
CPU: core-i7 3615QM
RAM: 16GB
SSD: シリコンパワーの 960GB ですがこの PC は転送速度が 3Gbps に抑えられています
HDD: USB 2.0 経由で接続した 2TB HDD に素材を入れた

こういうプロジェクトファイルを GPU 機能で処理速度向上を図るのは無理でしょうか?素直にプリレンダリングするか Ryzen 7 + Rx4X0 といったデスクトップに切り替えるべきでしょうか?

書込番号:20870632

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:281件Goodアンサー獲得:23件 VEGAS Pro 14の満足度4

2017/05/06 08:35(1年以上前)

>R_RM_Mさん
私はタイムラプスの経験は少ないのでたいそうな事は申し上げられないのですが、以前、3時間位の元尺のビデオファイル(AVCHD)を使い、R_RM_Mさんと同様、プロジェクトファイルを複数回ネスティングさせて、最終3分位のMP4ファイルに書き出した際、所要レンダリング時間は10分程度だったと記憶しています(うろ覚えですみません)。因みに私の環境がi7 6700K 4GHz, 32GB RAM, RX470, 480GB SSD, 3TB HDDといった所ですので、ハードウェア更新により、レンダリングの速度を向上させることは可能性がありますが、どの程度改善するのかは試してみないことには判らないですね。個人的には、VEGAS Proの問題点として、開発元で現在のハードウェア環境(特にGPU)への対応が出来ておらず、それらのハードウェアの本来の性能を引き出せていないという現実があります。

ただ、"1080iMOVファイル群"とお書きになっておられるので、もしかするとそのMOVラッパー内で実際に使用されているコーデックの取り扱いにVEGASが苦労していた可能性はあるのではないかと思います。海外のフォーラムで見聞きする情報では、VEGASはQuickTimeの取り扱いに四苦八苦するので、編集前になるたけVEGASフレンドリー(実際にはSonyフレンドリー)なフォーマットに一度変換せよ、が一般的なお約束(general consensus)になっている印象です。なので、まず、ハードウェアの更新をする前に、元のファイルを一度、MXFなりXAVC-Iなりに変換されてお試しされるのが良いと思います。変換用にSony CreativeからCatalyst BrowseというPre-Post Production向けのソフトが無料で提供されていますので、場合によっては役に立つかも知れません。

書込番号:20870738

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

VEGAS Pro 14
MAGIX

VEGAS Pro 14

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2016年12月 5日

VEGAS Pro 14をお気に入り製品に追加する <22

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:5月1日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング