『目標200万円台(※補助金込)でプリウスPHVを買う。』のクチコミ掲示板

このページの先頭へ
クチコミ掲示板 > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > プリウスPHV 2017年モデル

『目標200万円台(※補助金込)でプリウスPHVを買う。』 のクチコミ掲示板

RSS

モデルの絞り込み絞り込みを解除すると全てのクチコミが表示されます。

選択中のモデル:プリウスPHV 2017年モデル絞り込みを解除する


「プリウスPHV 2017年モデル」のクチコミ掲示板に
プリウスPHV 2017年モデルを新規書き込みプリウスPHV 2017年モデルをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ24

返信11

お気に入りに追加

標準

自動車 > トヨタ > プリウスPHV 2017年モデル

クチコミ投稿数:581件

本日(2018.5.9)国沢光宏氏執筆のニュースで燃料電池車のMIRAIが4年残価設定契約で、
58万5千円+諸費用でリース契約可能?との配信を目にしました。
(https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20180508-00084947/)
都内在住でこれから新車購入検討なら、喜んでMIRAIを選択したかもしれませんが、
残念ながら地方では水素ステーションの影も形も見当たらない中、
発表前より注目していたPHVの納車から程無く1カ月経過しようとしていますので、
高価・販売不振との評価を払拭する為にも、以下にプリウスPHV購入経緯の御報告をさせて頂きます。

 一昨年、デトロイトモーターショーで鮮烈なデビューを果たした「プリウスプライム(プリウスPHV)」。
米国では加州でのZEV法の為か、高額な購入補助金の助成も相まって、
HVプリウスより安価に購入出来る事がニュースページで配信されていました。
2017年2月、待望の国内販売開始となるも価格表と見積もりを貰って、足と購入意欲が遠のいたのは私だけでしょうか。
国内ではHVプリウスとの差額約80万円の報道から(http://toyokeizai.net/articles/-/158824?page=2)、
販売中心グレードでの届いた見積もりは、限り無く400万円に近い数字が記されていたからです。
昨年2017年納車された先輩方のレビューを見ても(勿論グレードにもよりますが)、
約370万〜500万の価格レンジを眺めると、昨今の軽自動車高シェア&高価格化の御時勢とは言うものの、
正直、「外車が買えるんじゃない?」と言うプライスに「充電プリウス」への期待が殆ど無くなっていた時でした、
「特別仕様車発表」の報を目にしたのは。
Aグレード以上でしか選択出来なかった安全装備のICSとパーキングアシスト、更に特別装備として急速充電が、
サポカーSワイド車両として下位グレードのSグレードでも「標準搭載」されたのです。
そして特別仕様車の発表とほぼ時を同じくして、中古「試乗車」の売り切り掲載が新聞チラシやネット情報で流れ出しました。
その最安価格帯は約250万〜300万前後(2018.1〜)。

「もしかすると買えるかも?」と感じ早速チラシ掲載の近隣の店舗へ赴くと、
有りました、乗り出し総額298万円のプリウスPHV Sナビ中古試乗車が。
我が家の財務大臣同伴でしたので、感想を聞くと「格好いいね。」とまんざらでもない様子。
試乗車なので色もメーカーオプションも選べませんがSナビにヴィークル・パワーコネクターも付いており、
「悪くないかな?」と思うも、「特別仕様車」との比較見積もりにて、"新車が買えない事"を自分に納得させるべく、
いつものトヨタ店に帰路、足を運ぶ事となりました。
時は年度末決算、
9年前に前愛車プリウスS10thを購入したのも丁度同じ店舗で同じ時間頃、
あいにく担当者不在で代わりに出て来られたのは、何と店長さん。
この時期はオプションと電源工事費用でそれぞれ10万円づつ販社負担が謳われ、
試乗車との比較の為、特別仕様車S“ナビパッケージ・Safety Plus”での見積もりをお願いしてみると、
このグレードではオプション希望が殆ど有りませんでしたので、総額370万円となりました。
「やっぱり…」と心の中で呟くも、
メーカー純正11.6インチナビの仕様(CD・DVD不可等)が再生資産が使えないと感じていましたので、
「セールでのオプション購入分10万円が引けないので、下のS“Safety Plus”ではどうなりますか?」と尋ねてみる事に。
するとディーラーナビとフォグランプ、ETC2.0等のオプション選択の場面になりました。
割高となるDCMは不要と判断し、更に9インチと7インチの差額が75000円有りましたので、
その金額は”将来の自宅のテレビ買換え費用に回す事”と自らを説得し、ここは売れ筋Tconnct7インチを選択。
そこで店長さん
「決算時期なのと…古いお客さんだし、今日決めて頂けるなら」と、電卓ならぬPCのキーボードを叩き始め、
下取り価格から、プリウスS10th(過走行14万超km〜)を更に再計算して頂き、暫くの時間の後、
「320万でどうですか。補助金は4月半ば位の申請になりますが、昨年と同額の20万円は後から帰って来ますし。」

提示された見積もりを良く見ると、次回車検までのウェルカムサポートと保証がつくし代金に加え、
JAF1年分加入料金サービスとプリウスS10thの下取り増額分が更に加算された数字が記されていました。
おまけの新車ご成約記念お鍋セットとご来店記念お菓子セットのお土産にw、
平成30年度CEV補助金20万円キャッシュバックを加味すると、
実質292万円(オプション・下取り車抜き、車両本体価格297万円)となりました。

決算時期で有る事と既に20年近くのお付き合いとは言え、最廉価で利幅の少ないグレードで有るにも関わらず、
展示試乗車より安く、店長さんの誠意で良い条件を頂けた事は全くの想定外でしたので、
この度「ハンコ」を押す事となりました。
尚、お支払いはTS3カードが利用限度額50万円迄増額されていましたが、
更に新車購入時はポイント還元も1ポイント1.5円にてキャッシュバックされる事もお忘れ無く。

選択グレードを落とした事と予算都合により諦めなくてはならなかった装備や機能・オプションも多々
(例BSM、ソーラーパネル、ITSコネクト、ポケットPHV、DCM9インチナビ等)有りましたが、
「トレード・オフ」として「イニシャルコスト」を極力抑え、マイカーライフのガソリン代等の低ランニングコストのPHVを、
この度「一庶民」でも購入出来る価格まで引き下げて頂いたトヨタさんにも、感謝致します。m(_ _)m
長文お付き合い有難うございました。

書込番号:21811821

ナイスクチコミ!11


返信する
クチコミ投稿数:581件

2018/05/10 09:15(1年以上前)

補足として追記致します。

「すぐ普通になる。今は特別なプリウス」が、
プリウスPHVデビュー時のキャッチコピーでした。
その為には、普通の人が普通に買える事が大前提として必要と考えますので、
下記に今回プリウスPHV S“ナビパッケージ・Safety Plus”購入となった動機をまとめてみました。

〇PHVの経済性 (※ガソリン135円/lで試算)
HVプリウス                  燃費23km/l 15万km走行仮定 約88万円
PHVプリウス 電気料金 週2回充電(52週)…104回/年 676KWH 5500km位?約1.8万円/年 (ファミリーバリュープラン)
ガソリン代金 燃費28km/l 4500km約 2.2万円/年
計約4万円/1万km 15万km走行仮定 約60万円 
HV>PHV走行費差額試算 約30万円
※国際情勢の変化等でガソリン価格上昇の場合、差額は更に広がる可能性大。

〇特別仕様車 S“Safety Plus”発売で装備見直しによるお得感。
〇サポカーSワイド適合、先進の安全性。(https://www.safety-support-car.go.jp/)
〇エコカーとして総額約142,600円の税制優遇が得られる事。(注;グレードにより金額相違)
〇中古PHV(試乗車)ではCEV補助金と税制優遇対象から外れる事。
〇CEV補助金助成額は普及台数の増加に伴い今後減額の可能性が高い事。
自動車保険額が自動ブレーキ搭載車は減額となる事。
〇現車2年後の車検入れ替え時、消費税増税が施行され税率10%になり購入費用増額となる可能性大。
〇更に前車プリウスS10th(将来推定〜17万km)の2年後下取り査定は、殆ど見込めない事。

尚、これからプリウスPHVを御購入検討される方の為に、
「Toyota Safety Sense第2世代版」の搭載と、
コネクテッドカーとして「新型DCM」標準搭載がトヨタ車では順次予定されていますので、
プリウスPHVも2019年型(本年12月頃発表?)、では更に進化したモデルが登場すると予想されます。
(https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19957475)
(http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00161/?P=1)

これに伴い車両価格見直しも想定されますが、
更に安全性能の高まったプリウスPHVに魅かれるのも正直な所ですので、
来年以降のモデルにも是非期待したい所です。

実際に日常で使ってみて、このPHVが大変素晴らしい車で有る事を改めて認識致しましたので、
「プリウスPHV」の販売面での成功と、
更に安全性と環境性能の高まった車両の普及を切に願いたいと思います。

書込番号:21813309

ナイスクチコミ!3


lily1219さん
クチコミ投稿数:47件Goodアンサー獲得:4件

2018/05/10 19:46(1年以上前)

>越後屋たぬ吉さん
購入おめでとうございます。

プロフィールによると新潟県にお住まいのようです。
新潟県は初年度自動車税が半額免除のようですので、実はもう少しお得ですよ。
http://www.pref.niigata.lg.jp/zeimu/1254344603579.html

もう少し気分を良くなってもらいたかったので書き込みました。
すでに知ってたらすいません。

書込番号:21814298

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:444件Goodアンサー獲得:27件

2018/05/10 21:41(1年以上前)

>越後屋たぬ吉さん
ご購入おめでとうございます!うらやましいです!

…細かなところですが、試算のところで、HVプリウスの燃費が23km/Lなのに、PHEVは28km/Lと言うのはちょっと違うのでは?

費用以上の満足感はPHEVには絶対にあるはずですから、ランニングコストでHVプリウスを上回ることまで意識しなくてもよろしいのではないでしょうか?

書込番号:21814601 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:581件

2018/05/10 22:00(1年以上前)

>lily1219さん
情報のご提供有り難う御座います。
先日、早速自動車税の振込票が届きました。
税額1万円と有りましたが、全額免除?
良く判りませんが、確認してみますね。
来年も免税としたら、大変有り難いです。

書込番号:21814658 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


lily1219さん
クチコミ投稿数:47件Goodアンサー獲得:4件

2018/05/10 22:22(1年以上前)

>越後屋たぬ吉さん
自動車税は前払いなので年の途中で購入した場合、残りの月に応じて支払います。
2月登録の場合、3月分の1ヶ月、
3月登録の場合、自動車税はありません。
新潟県の場合、この購入時の自動車税が半額免除だったのです。
かえってガッカリさせてしまったかも知れません。ごめんなさい!

そして、自動車税は毎年4/1に車を保有している人に、5月上旬に自動車税の支払いが届きます。
今年1万円届いたということは、4月前の登録ということが分かりました。。。
ちなみにこの1万円はグリーン化税制による登録翌年度減免によるものです。来年からは39500円です。

なお、愛知と東京は登録年度とその翌年から自動車税5年全額免除なのですよ。
ということは最低でも他の都道府県より10000+39500*4=168000円お得なのですよ。
うらやましいですね。

書込番号:21814749

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:10件

2018/05/11 00:37(1年以上前)

私は障害者ですが、自動車税は免税です。
本当にいい国に生まれたと思います。

書込番号:21815176 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:581件

2018/05/11 15:00(1年以上前)

>ラニラニさん
御覧頂きまして誠に有難うございます。

まずは、誤解を与える書き込みに関してお詫びしたいと思いますが、
当方表記のHVプリウスとは、3世代前の前保有車20型プリウスS10thを指します。

こちらの現在公表カタログデータ燃費は確か35.5km/lと表記されていたように記憶していますが、
およそ9年程、主に越後路を中心に運用致した結果より、
降雪地帯故、年間5カ月程度はスタッドレスタイヤ使用となり、
冬期間の平均燃費は20km/l程度に落ち込みます。
それ以外のシーズンは最高で39km/lを記録した事も有る程、優れた性能を持った車両でしたが、
概算値として上記理由により、23km/l程度と試算致しました。

しかしながら、こうした数値は使用環境・主にタイヤの選択により大きく変化するものと思われますので、
当然ですが非降雪地域にて通年運用された場合は、更に良い数値が期待されるものと推測されます。
尚、現行50型と20型との差異としては、
EGR(排気熱回収システム)未搭載、1500ccと1800ccでの高速度域での燃費差、
エンジン熱効率の改善、更にグリルシャッターの有無等、こちらも大きく進化した部分が有ろうかと思われます。

またこのGWにプリウスPHVで満充電+ガソリン満タンに大人2名乗車+▽・エ・▽ポッチャリワンコ1匹荷物満載で、
高速道路4割程度、エアコン利用率5割程度(外気温±2℃程度)の状態で730km程、
走行した際のインパネ表示データは、37.7km/lと大変優れたデータが表示されていました。
バッテリー走行距離(高速道路利用の為55km)を差し引いたHV走行のみでのデータは、
675kmを21l、ガソリン消費をした事から、約32.1km/lと算出されましたので、
HV部分だけでも高く評価されるものと思います。

この数値に、今後想定される冬期間のスタッドレスタイヤ使用期間の悪化を勘案し、
期待値も含めた数値として28km/lと概算致しました。

と言う試算内容となりますので、宜しく御了解頂ければ幸いです。m(_ _)m

書込番号:21816224

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:581件

2018/05/11 15:55(1年以上前)

>lily1219さん
重ねての御教示有難うございました。

>3月登録の場合、自動車税はありません。
>新潟県の場合、この購入時の自動車税が半額免除だったのです。
>年1万円届いたということは、4月前の登録ということが分かりました。。。
>ちなみにこの1万円はグリーン化税制による登録翌年度減免によるものです。来年からは39500円です。

と言う事は、
当方3月末登録ですので、29年分の自動車税は0円で、
先日届いた1万円の自動車税は今年30年分の減免された金額と言う理解で宜しいのでしょうか?

つまり39500円の所、29500円が減免された金額となり、
新潟県で行われている登録年度半額免除の部分は3月0円の場合、適応除外?と言う事ですね。orz

これがもし4月登録で有れば、39500円の内19750円が減免され、翌年が1万円になるのでしょうか?
それはそれでお得な気がしますね。

ただディーラーでは3月末登録前提で、セールを行って居ますので交渉が難しいかな。


>なお、愛知と東京は登録年度とその翌年から自動車税5年全額免除なのですよ。
>ということは最低でも他の都道府県より10000+39500*4=168000円お得なのですよ。
>うらやましいですね。
東京とトヨタ社の御膝元の愛知だけが自動車税でもこんなに優遇されるなんて、
全く持って、うらやましい限りです。

と言うか、昔流行ったように都内ナンバー登録すれば、
地方で運用の場合でも恩恵が得られそうな気が…

自動車税とは無関係ですが、
ETC2.0車載器も1万円キャッシュバックは都市部の一部のみが対象でしたし。
東京一極集中化是正の観点から、
地方が先だって行って欲しい施策のように思いますが、残念な限りです。

書込番号:21816299

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:110件Goodアンサー獲得:9件

2018/05/12 23:51(1年以上前)

お久しぶりです。

購入経緯、興味深く読ませていただきました。本当に、私の場合と似たようなコースを辿られたのですね。
私もたぬ吉さんをはじめとしていろいろな方にここで助言をいただかなかったら、軽自動車かせいぜいPHVの中古車を
購入していたと思います。

私自身の購入経緯は別スレッドに詳しくありますし、たぬ吉さんもよくご存じだと思いますので割愛しますが、
現在は「もしかしたら購入していたかもしれない」PHVの試乗車を代車として毎日通勤しています。
(『毎日120kmは走るんですよ?本当にいいの?』と何度も確認したんですけどね。太っ腹のディーラーです)

まだ納車まで2ヶ月弱あるわけですが、今回9年ぶりの新車購入で本当に良かったと思うのは、オプション
てんこ盛りが当たり前だった私が使いそうに無い(使用頻度が低い)オプションを平気で諦めることができた、
ということだと個人的には感じています。
まあ、定年まで6年を残す歳になったわけですし少しは学習するのが当然でもあるのですが。

ソーラー充電システムも考えてはいましたが、たぬ吉さんの助言により付ける決心がつきました。
さもなくばソーラーは付けずに本体価格の高いSナビパッケージを選んでいたでしょうから。

最初にPHVが発表になったときは愛車の30プリウスに特に不満も無かったし、何より自宅の新築の話が
進んでいましたから、同時に車も新しくするなど考えもしませんでした。200Vコンセントを付けておいて良かった・・・

私の場合は毎日充電ですからPHVの運用にはもう少し費用がかかりそうですが、とりあえずこの3週間乗ってみて
自宅から10分ほどの場所にあるICから高速に乗り、約35kmほど走った時点でバッテリーはゼロになります。
そこから職場まで、そして復路は自宅まではHVモードですがこの3週間で給油回数はゼロです。
(でももうすぐガソリンも無くなりそうなので明日にでも給油します)

今月の電気代の請求が来たら先月と比較してどのくらい増えたかが分かるでしょうが、とりあえずタイマー充電で深夜電力を利用して毎日充電する生活をしています。4月分は電気使用量より売電量の方が多く黒字でした。
昨日は天気も良く、一日青空駐車したらゼロだったバッテリーが職場を出るときには9%まで回復していました。
それで職場からICまでの3km強は電気走行できましたし、ソーラー充電システムは量産車初の装備であることも考慮するとまあまあではないでしょうか。平均燃費は45km/Lを表示しています。

別スレッドにも書きましたが、納車まで数ヶ月待つというのは待ち遠しいものですが、私の場合同車種の代車を借りていることもあってちょっと複雑です。
現在は30プリウスが予想以上に高く買取業者に売れたこともあって、ネットで探した用品等をいろいろ預けて「納車時にサービスで付けといて」と図々しいお願いをしています。
結局オプションがかなり増えてしまっていますが、後から頼んだものをもう一度整理すると
・フロアマット
・TOM'S高性能USBユニット(携帯の充電等に使用)
・スピードロックマン(車速感応ロック)
・アイドリングライト(車停止でヘッドライトオフ、発進でライトオンする装置)
・TPMS(タイヤ空気圧監視システム:タイヤにセンサーは付けず、空気圧が変わったのをタイヤ回転数の変化から感知するもの)
・TRDルーフガーニッシュ(エアロはやらないはずでしたがこれは一目惚れしたので)
・TOM'S TV&ナビジャンパー(同乗者のために走行中もTVが見られるように)
・TOM'S ボンネットダンパー(TOM'Sで完売→生産中止とのことでこれは諦め)

やはりてんこ盛りになってしまうようで(^_^;
ステアリングも本当は交換したいのですが、ほとんどのステアリングが「ヒーター機能は使えなくなります」というので躊躇っています。寒冷地に住む身としてはあれは欲しいオプションなのです。

書込番号:21819890

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:581件

2018/05/14 15:00(1年以上前)

>ミラクルマイルさん
ご無沙汰しております。納車前スレッド拝見致しました。

その前に、以前から噂の有ったスバル社PHVに関して、
つい先日ですが、米国向けにスバル社ではXVにトヨタ製PHV搭載車両年内販売開始と報道が有りましたね。
http://car-report.jp/blog-entry-1635.html
国内向けも来年辺り?出てきそうですが、それなりの価格になりそうです。
恐らく燃費もAWDなので、プリウスを上回る事は無さそうでは有りますが、降雪地域需要にも期待したい所です。

>(『毎日120kmは走るんですよ?本当にいいの?』と何度も確認したんですけどね。太っ腹のディーラーです)
しかしまた、ソーラー付きPHV試乗車代車は、「神対応」以外の何物でも無いものと思われます。
恐らく、日本国内広しと言えどミラクルマイルさん以外には、
そのような厚遇されている方はいないのでは?と正直思います。
「PHVを買うなら福島へGO? (でもナンバー登録は東京で) 」
ズバリ、お得なPHVの買い方はこれでしょうww

ソーラーパネルは確か、一部手作業での組み付け工程の為、
非装着車より時間が掛かるような話を目にした気がしますが、開発元はパナソニック製と記憶しています。
そうだった、身内がパナソニックに勤務しておりますので、本人に代わって御礼申し上げます。
この度はパナソニック製品をお買い上げ頂きまして、誠に有難うございました。m(_ _)m
>ソーラー充電システムは量産車初の装備
ちなみに30型でもソーラー付きのオプション有りましたが、30型のシステムは換気用に限定され、
今回は走行用に使えるようになったので、画期的とうらやましく思っています。

当方も約1か月の50型プリ試乗車生活を終え、丁度1か月点検の頃となりました。
納車に当たりまして、幾つかの用品発注致しましたので、
これから購入検討される方の為にも御紹介差し上げますので、御参考にして頂ければと思います。

一部製品採用の理由は「純正品の代替えコスト削減」となっております。

・EZクリーンプリウス50系用フロアマット(T0038) 2重構造で清掃可、毎度25%オフでお薦めです。9720円
https://item.rakuten.co.jp/orioncarmat/ezcleancollation_500/
・FJクラフトカーマット(ロングラゲッジ)  荷室部分の保護用、500円割引クーポン使用。9480円
https://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/t-prius-phv-zvw52-r3s-01/
・FJクラフトカーマット(サイドステップ) サイドステップ保護用 4980円
https://item.rakuten.co.jp/auc-fujimoyo-youhin/t-prius-phv-zvw52-step4s-01/ 
・イーカーパーツTVキット ディラーオプションナビ用TV・DVD視聴対応864円
https://item.rakuten.co.jp/auc-e-carparts/tvh-t02-zvw52/ 
・スタッドレスタイヤ ホイールセット DUNLOP ダンロップ ウィンターMAXX 01BRANDLE ブランドル N52 6.00-15 クーポン2000円引き52500円 (8,175ポイント獲得) 実質44325円
https://store.shopping.yahoo.co.jp/fujicorporation/fuji-3861-93046-16860-16860.html
・BMK 200W 車載充電器 コンバーター 電源交換アダプター USBポート4口 ACコンセント2口 DC12VをAC100Vに変換 LEDディスプレイ付き 只今2990円 ※バッテリーチェッカー付きが採用理由
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B079K3JP97/ref=oh_aui_detailpage_o01_s01?ie=UTF8&psc=1
・エーモン 電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ 1542 927円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01KRU3LI0/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
・APEMAN ドライブレコーダー 前後カメラ デュアルレンズ 1440P フルHD 2カメラ WDRドラレコ リアカメラ 2.7インチLCD ダブルカメラ 広視野角 Gセンサー搭載 駐車監視 夜視機能搭載 只今12080円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06ZY7X7V3/ref=oh_aui_detailpage_o03_s01?ie=UTF8&psc=1
・カーメイト ガラスコーティング 親水ガラスコート エクスクリア 90ml C83 撥水剤 リア窓用 830円
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JXGDNBU/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1
・ワコーズ VAC バリアスコート 塗装、金属の洗浄・保護・コート剤 A141 300ml A141 [HTRC2.1] 2945円 ガラスコート代用品?
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002TUUMBG/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1
・ソーラーバッテリー充電器CELLSTAR SB-700 5590円 補機バッテリー充電用
http://joshinweb.jp/car/18046/4962886220056.html
・ついでに荷室段差解消、車用エアーマット車中泊ワンコとお出かけ用w 3780円
https://store.shopping.yahoo.co.jp/dantotsu-online/3623000111.html

お話は変わりますが、
トヨタ社では2022年に全個体電池の量産化を目指しているようです。(下記5.15.PM3時迄閲覧可)
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00270/04/?n_cid=nbpnxt_mled_fnxt
次期プリウスとなるかは不明ですが、電力の入出力密度、エネルギー密度の2点が向上する事で、
電動化車両のバッテリー性能は飛躍的に優れたものとなる事が、期待されそうです。
この進化により数分程度で、8割位の超急速充電可能になれば、車両そのものの運用方法も改善し、
バッテリー容量UPに量産化のコストダウン、そして体積も少なくなれば、
より軽量コンパクトな車にも高密度バッテリー搭載が可能になるなど、メリットが大いに出てきそうです。
記事では触媒の問題が解決されれば、次世代のLi空気電池に関しても触れられていますが、
未だハードルが幾つか残っているようですので、研究者と開発メーカーの皆様の努力に期待したいと思います。

次の買換えの頃には、PHVも更に使い勝手が良くなっているのかな? 楽しみです。

書込番号:21823860

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:581件

2018/09/25 14:45(1年以上前)

自己レスですが、
「東京都PHVで10万円補助金を、中小企業に加えて個人や大企業に拡大するほか、増額も検討。」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000030-asahi-soci

我がPHVも月内に7000kmを走破しそうな勢いで快適に走っておりますが、
裕福な東京都ばかりで無く、自家用車必須の地方にこそ、
こうした優遇政策を展開して頂きたいものですが、
愛知県以外は自治体の補助金制度は無いのでしょうか?

登録は東京都内で、運用は地方で♪と心配してしまいます。

書込番号:22136134

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の価格帯を見る

プリウスPHV
トヨタ

プリウスPHV

新車価格帯:323〜434万円

中古車価格帯:189〜395万円

プリウスPHV 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <310

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング