『将来的にPHVかEVか』のクチコミ掲示板

このページの先頭へ
クチコミ掲示板 > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > プリウスPHV 2017年モデル

『将来的にPHVかEVか』 のクチコミ掲示板

RSS

モデルの絞り込み絞り込みを解除すると全てのクチコミが表示されます。

選択中のモデル:プリウスPHV 2017年モデル絞り込みを解除する


「プリウスPHV 2017年モデル」のクチコミ掲示板に
プリウスPHV 2017年モデルを新規書き込みプリウスPHV 2017年モデルをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ85

返信67

お気に入りに追加

標準

将来的にPHVかEVか

2018/11/02 19:46(7ヶ月以上前)


自動車 > トヨタ > プリウスPHV 2017年モデル

クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

次期リーフがLGの60kWh積んで500km超えという話題がYouTubeにありますね。
でもPriusPHVだって、いずれはEV走行100km超えはあると思います。

そうなると、PHVかEVか悩み?はずっと続きそうですが、
個人的にはトヨタのPHVが車両トータルでの満足感あるかなと。

でも、トヨタが個体電池のEV出したら、更に選択に困ってしまう・・・

そんな主夫の暇つぶしテーマであります。

書込番号:22225582

ナイスクチコミ!4


返信する
クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/02 19:48(7ヶ月以上前)

(追伸)

Prius EV なんてあり?

書込番号:22225592

ナイスクチコミ!4


RYONOKAMIさん
クチコミ投稿数:364件Goodアンサー獲得:23件

2018/11/02 20:03(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

おっしゃるように、個体電池が出てからが本命になりそうですね。
トヨタの売れ筋車種がEVになるにはインフラが整わないと何かと不安ですね!

トヨタが言ってるように燃料電池車が最終的な目標じゃないでしょうか。

書込番号:22225629 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:3996件Goodアンサー獲得:250件

2018/11/02 21:44(7ヶ月以上前)

最終目標は自動操縦で空を飛ぶ(^^)/

書込番号:22225905

ナイスクチコミ!2


DanMarinoさん
クチコミ投稿数:322件Goodアンサー獲得:2件

2018/11/02 21:59(7ヶ月以上前)

固体電池期待したいですね!
それもいいですが、早く5人乗り出してくださいね!
待ちきれないですよ!

書込番号:22225942

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2729件Goodアンサー獲得:118件

2018/11/02 22:17(7ヶ月以上前)

1回の充電で何100km走れるかとかどうでも良い。

充電にかかる時間を10分以下にしてくれないと使い物にならない。

書込番号:22226009

ナイスクチコミ!12


クチコミ投稿数:11344件Goodアンサー獲得:1066件

2018/11/03 02:43(7ヶ月以上前)

全個体電池が安価で実用化されれば中途半端なPHEVは過渡期の製品として必要性は無くなると思いますよ。

だって数分の充電で500kmほど走ると言われていますから。

書込番号:22226430 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/03 18:52(7ヶ月以上前)

皆さんは未来に希望もってますね。

PriusPHVは、出先での給油さえも年に数回なので、スタンドに行くのも面倒になってきてます。

EVになっても、自宅の深夜充電は便利で安いと思えたり。

個体電池のEVでも充電数分は給油より長いし、順番待ちはしたくないですね。

さらに150KWの急速充電器となると、高圧送電しないと設置は無理で、簡単に数が増やせるか?

そんな風に思い巡らしてると、発電機積んでるPHVが便利かなと思えたりですね。

書込番号:22227843

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/03 21:03(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

アメリカ市場なら比較にちょうどよいライバルペアがありますよ。

シボレーBoltがその60kWhリーフと似たスペックで約420万円〜。同シボレーのVoltが18.4kWhのEPA85キロ走れるPHEVで約375万円〜。どちらも月1400台前後売れていますので、アメリカでは人気が二分している感じですね。

今後バッテリーの低価格化が進むと、容量が多い分EVに下げ代があるので、両者300万円あたりで並んでくれると嬉しいのですが。

VWのI.D.がそんな価格で2020年デビューだと噂されています。でも今のアメリカEV/PHEV市場の規模 = テスラモデル3抜きでも年間20万台、ならではの価格という面がありそうですね。

書込番号:22228185 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/03 23:47(7ヶ月以上前)

調べたら、プリウスPHVと同程度のEVレンジを持つヒュンダイ車が約280万円〜です。

ヒュンダイは他社よりお買い得価格を特徴とするメーカーです。しかしいくらVoltより約10kWhバッテリーが少ないとはいえ100万円安いのは凄いです。Voltは0-100キロ加速7秒台の快速ではありますが。

日本のEV/PHEVもちょっとのタイムラグでこんな価格相場になるといいのですけどね。

アメリカでは150kWと350kW充電ステーションが既に同時に稼働を開始しています。VWのディーゼル賠償金で。今現在はBoltの80kWぐらいしか恩恵を受けられませんけど。350になると液冷ケーブルじゃないと極太になるそうです。なおテスラは何年も前から120kWで、設置台数は世界で1万基を超えてるそうです。

日本は電気料金の体系をEV時代に合うよう変えるべきでしょう。世界から置いていかれます。

書込番号:22228582 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/04 11:16(7ヶ月以上前)

フォリオさん
GMシボレーBoltEV、検索してみました。EPAの混合走行距離238マイル(383 キロメートル)は実用域ですね。
さらにPHEVもあるんですか、どちらか迷うでしょうね。電池はやはりLG製のようで。

大陸車は安くて耐久性が懸念されますが、EVだとどうでしょうか。

自宅の深夜充電がメインなら、PHVでも200KmほどEV走行できたらバランス良いので、
Note Eのようなシリーズハイブリッド式で、20kWほどの小型ロータリーエンジン発電機積んで
遠乗り時は常時充電モードに選択できれば、静かで安くできそうと思ったりです。

テスラの充電設備戦略はさすがですね。

乗り方によりますが、今のPriusPHVでも遠乗りが月数回程度なら、普段EV走行で9割快適なので
EV走行距離が今後伸びれば十分かと。


DanMarinoさん
5人乗り仕様は、その家庭のニーズで変わるのでしょうね。
うちは、99%不要でした。4人乗りの方が高級感あってよいくらいでした。
例えばシエンタなどの7人乗りは一見良く見えても、実は後席の空調、加速感、燃費は我慢の域にあるようで、
やはり日常はPHVのほうが快適そうですね。

GMシボレーBoltEVくらいまで車格を上げないと、5人乗りでの満足度は得られないようで、すると価格が今の電池では・・

書込番号:22229329

ナイスクチコミ!1


アル10さん
クチコミ投稿数:217件Goodアンサー獲得:16件

2018/11/04 14:10(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん
こんにちは。
私はEVよりPHVを選択します。
理由は単純で、出先での充電問題です。
普段使いはスレ主様と同じでEVライフを満喫しております。
年2回ほどの、埼玉ー福岡 片道1000キロ以上走行します。
充電施設は空いておりますが、時間の問題で使用しておりません。
給油はすぐに終わるので高速最後のスタンドで給油してます。
30分位は休憩にちょうど良いと言われますが、先が長いと少しでも早く目的地に向かいたいと思う性分なんでしょうか・・・。
また、冬場に京都で雪の影響で通行止めになり、出口の随分手前から渋滞になり山中でようやく降りられたのが深夜。
スタンドこそ1軒空いているの見かけましたが、充電施設は見当たりませんでした。
コンビニに施設あるところありますが、そもそもどこも大渋滞でそれどころではありませんでした。
EVの可能距離が今より長くなることは望みますが、それによる値上がり、時間、不安が無くならない限り、私は今のPHVが合っていると思います。
因みに皆さまが思われている5人乗車期待してます(笑)

書込番号:22229686 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:36件Goodアンサー獲得:2件

2018/11/04 14:57(7ヶ月以上前)

最初は、次EVが良いかなと思っていましたけど、今の倍の距離のPHVが出れば、その方が良いと思うようになりましたね、まぁ あまり高額な車は、もう要らないと思う今日この頃です
軽自動車でも良いと思いますね

書込番号:22229783 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!5


NSR750Rさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:21件

2018/11/04 16:56(7ヶ月以上前)

電力会社は世界においていかれても、儲かればいい、なぜなら原発ゴミ問題はしらんぷり


書込番号:22230091

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/04 21:28(7ヶ月以上前)

実は嫁さんの愛車がクラリティPHEVです。4.8m超の一回り大きなサイズながらアメリカではVoltと同等の約375万円〜。リアルEVレンジは75キロぐらい。私は旧型リーフでこちらは160キロぐらい。

事情で1台を手放すとしたら迷うことなくリーフを売ってクラPを残します。毎月1600キロ乗る生活ながら、クラPで最後に給油したのは2ヶ月前です。それでもエンジン付きの安心感は絶大です!

しかし一方で、もしいま400万円でリアルEVレンジ350キロのモデル3の一番安いのが即納可だったらかなり迷うであろう自分もいます。周りはモデル3をリーフやクラPより格上の車格と見るので価格差は気にならず。

おそらく、価格がうんとPHEVより安くなるか、モデル3の様なコスパに優れる高級車(なのか?)EVが出るまではPHEVが優勢で、その壁が突破されたあとはEVに傾くと思います。

書込番号:22230806 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/04 22:03(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

> 大陸車は安くて耐久性が懸念されますが、EVだとどうでしょうか。

バッテリー劣化に関してはリーフは酷いですよ。ブレーキとパワートレインは従来車以上の耐久性を持つと思いますが。テスラはさすがに高額車なのでバッテリー寿命対策は手厚いです。

日産などからしたらラグジュアリーブランドと比べるなよー!でしょうが、最近は大衆車EVにも液冷式バッテリークーラーを搭載する流れなので、さすがに噂の60kWhモデルでは自然空冷バッテリーを引っ込めるでしょう。

全固体電池にはこの心配がありませんから待ち遠しいですね。問題は製造コストでどこまでリチウムイオンに近づけるか。いま既に年間ン億kWh規模の巨大製造キャパなので。

書込番号:22230921 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/05 08:49(7ヶ月以上前)

アル10さん
片道1000キロ以上とは、長いですね。
とても真似できませんが、リーフだと充電時間が累積して・・・

こちらも、大雪のときは長い渋滞がたまに起きてエンジンあるほうが安心です。

プリウス以外のPHVがでたら5人乗りもできそう?

書込番号:22231594

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/05 08:50(7ヶ月以上前)

四国三郎3435さん
>今の倍の距離のPHVが出れば、その方が良いと思う

おお、同じ気持ちの方がおられてちょっと嬉しいですね。
そこらへんは軽で十分ですね、只、なるべくPHVのEVで行くようにしています

書込番号:22231596

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/05 08:51(7ヶ月以上前)

NSR750Rさん

現実は生活が掛かっていて、理想と違う方向に進んでるのは残念ですね。

書込番号:22231599

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/05 08:52(7ヶ月以上前)

フォリオさん
クラリティPHEVとは、羨ましい、というか試乗してみたい。

私も、300万以下で500km超えEVなら、PHVを離れるかも。
ダイハツトールのような軽EVが、300km超えたら使い易くて面白い気がします。

次期60kWhリーフ、電池増やして水冷スペースをいかに稼ぐか、大変そうですね。
リーフのバッテリマネージメントがテスラ並みにできない理由は、
特許か、電池の違いか、コスト優先か 知りたいですね。

個体電池は国家課題でしょうけど、量産コストがカギですね。
有機ELのように、ジワジワ液晶の壁を超えていくと期待しています。

書込番号:22231600

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/06 04:01(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

まずは液冷式バッテリークーラー付き60kWhでリアルEVレンジ350キロで300万円、現行リーフ並みのリアル240キロで250万円。このあたりが実現されて初めてEVがニッチを脱し始める感じですかね。

VWのI.D.が前者に近いスペックと価格で2020年登場と目されています。VWはアメリカで積極的に150kW/350kWチャージャーの整備を開始していて、150kWに対応してくると思います。これなら20分充電で50kWh、約300キロは高速道路を走れるでしょう。

すでにそのスペックを実現しているモデル3(400万円〜)は一般には高級車と認識されてますので、これより100万円は安くしないと大衆車EVは見向きもされないと思います。実際アメリカではBOLTやリーフは10倍以上の販売台数差をつけられています。

書込番号:22233688

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/06 12:10(7ヶ月以上前)

フォリオさん

よく分析されてますね。そんな価格のEVなら嬉しいですね。
電池次第と皆んな思ってて、待ち遠しいです。
2020年付近が電池市場の曲がり角で、EVブーム元年になる空気は感じます。

別な例ですが、1995年頃、2000年以降はDVDなどの光デバイス元年になるという予測が
ありましたが、実際はもっと早くそうなり、儲かる分野の開発は予測以上に速いことも。

テスラM.3はEVスペックとしては満足ですが、車体アルミボディの安全性が気になります。
トヨタはその点でも合意できなかったのでは?

 ところで伺っていいか判りませんが、
フォリオさん家族は仕事の関係で米滞在?されてるのですか、違ってたら済みません。
クラリティ保有や米事情に詳しいとつい聞いてしまいます。

アメリカのオシコシ航空展示会の記事など読んでいると、
何事にも幅広い国柄を感じてしまいますが、住むとなると怖さもあるとか聞いてます。
旅行で行ってもそんな空気は感じてしまいました。

アメリカの中間〜富裕層は、安くてもスペック不足は人気ないという感覚なのでしょうか。
国土が広いので、しょぼい妥協はできないのかな。
例えばオーストラリア人のひとりは、韓国車は安くて格好よいが耐久上売れないと話してました。
冷却の無い電池積んだ現状リーフも、そんな部分があるのかもしれませんね。

書込番号:22234287

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/06 22:59(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

実はモデル3はコストダウンでスチール製のボディ採用です。衝突安全性は最高評価、重量物がセンターの低重心にあって横転に強く、硬いバッテリーパックが側面衝突の被害を軽減と、かなりよく考えられているなと感心します。

アメリカには仕事で在住です。複数台持ち家庭が多いので、普段使い用としてカローラやカムリクラスの中小型セダンが今でも売れ筋です。移動距離も案外大したことなくて平均で年2万キロ。

最近はRAV4クラスの小型SUVが熱いです。ヴィッツクラスのコンパクトカーはニッチ止まり。下道でも普通に80キロぐらい出せるとやはり小さいのは不安です。あと16万キロぐらいは普通に乗りますから耐久性は確かに大事です。韓国系は保証を手厚くしてシェアを拡げてきました。

EV/PHEVは昨年比2倍の年間40万台に届く勢いも、増分の大半14,5万台がモデル3になる見込みです。電気は安く、太陽光と風力がコスト低下で伸びてる代わりに石炭火力は廃炉ラッシュ。シェールガスによるLNG火力の方が石炭より安いのだと思います。

インフラは、VWの賠償金2千億円規模による超急速充電網整備が来年あたりから猛烈に進みまそうで、アメリカの電動化はたぶん多くの予想を超える速度で進むと思います。モデル3がカローラ並みにゴロゴロ走ってる光景が来年の今頃には見られそうで、EV/PHEVが珍しがられるのは今だけかもしれません。

書込番号:22235649 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/07 03:30(7ヶ月以上前)

同等のガソリン車とEVの価格が並んだら何が起きるか?は、テスラのモデル3がヒントになると思います。モデル3はアメリカでは大衆車ではなく、少なくとも準高級車?ブランドのアキュラと同等かそれ以上には見られています。

なおモデル3と競合する車種だと、アキュラの290万円〜ベンツCクラスの460万円まで価格と性能に幅があって、400万円のモデル3がどこにフィットするかはよく分かりません。加速性能で見れば2Lターボ255馬力のベンツCクラスに相当します。

アメリカではCクラスは月販5千台未満で前年比マイナス。モデル3の7-10月の平均は1万8千台。ベンツやBMWを慌てさせるには十分な数字をテスラは既に出しています。

でも大衆車EVでガソリン車に並ぶには200万円台前半がゴールになるので、これはちょっと何時に実現するやら想像がつきません。ファーウェイのような中華製EVが出てくるか次第ですかね〜。

書込番号:22235961

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/07 11:03(7ヶ月以上前)

フォリオさん

アメリカのEV状況を詳しく教えてもらい、興味津々で楽しく読ませて頂きました。

テスラM3が鋼製ボディで、衝突安全性が最高評価とは驚きました。
Youtubeでテスラの生産現場や工場立ち上げの苦労を見たときは、
アルミと格闘されてたような映像?の記憶があって、先入観を持ってました。

するとトヨタがテスラ株を売った理由が判らなくなりました。また調べてみます。
EVの静音加速感は別格で、スポーツカーや高級車に匹敵しますね。

それで、日産NOTE-Eやリーフは試乗でハマる方が多く、売りやすい車だという記事がありました。
水冷60KWのリーフの出現はインパクトありそうで、値段次第ですが高いのも差別化のひとつかも。

石炭からシュールへの変化など、アメリカという国の変革スピードは日本より速いですね。

BMWは自社EVのカーボンボディを、接着剤で組上げタクトタイム2分のラインを運用していて、
日本より4〜5年先を走っているという記事を今朝読んでショックを受けました。

テスラの出現と同じで、こんなシステムを構築する先見性に感動してます。

中華EVも日本に上陸の兆しですが、売れるかは出来次第でしょう。
ファーウェイの携帯を3年前から使ってますが、こんな作りだと受け入れられると思います。

フォリオさんの書き込み時間から推定して、時差-14時間の場所?
だとすると羨ましい所ですね。そちら方面は行けてません、スミソニアン博物館に行きたいですが。
趣味でAUとNZに数か月、退職後過ごした程度で、ビジネス赴任の経験はありません。

フランス移住の友人とはスカイプで長話してますが、日本語ばかりで(笑)
先月はamazon経由でアトランタから家庭RO浄水器セット買って、自前でシンク下に組込ました。
日本も水が怪しくなってきた対策ですが、その時メールでメーカーに質問して遊んでます。

日本と海外の良いとこどり生活も面白いので、フォリオさんの情報は脳が喜んでます。

書込番号:22236424

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/08 04:01(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

よく調べたら「アメリカの2018年のEV/PHEVが40万台」というのは少し大げさで、だいたい35万台あたりに落ち着きそうです。モデル3の台数分だけパイが拡大している図式です。恐るべし。。

モデル3乗りの同僚は、まるで卵から育てる「うまれて!ウーモ」という女児向けオモチャのように、購入後に機能が増えたり改良されたり成長を続けるのが面白いと言っています。テスラ車のAIシステムはモジュール式で後で高性能なものに交換出来る作りです。次世代品はテスラ独自のICチップ採用で条件次第で無償交換だそうです。

中国は玉石混交の過当競争に生き残った新興EVメーカーに玉があるかですね。エンジン部門などを持たないならコスト競争力は高そう。プラットフォーム供給をするところが出てくると、液晶テレビのビジネスと変わらなくなります。優れたパワートレインと電池パック技術を持つテスラがそれを始めたらかなり手強いと思います。

うちは西海岸ほど充電インフラが整ってませんがVWの賠償金で一気に充実しそうです。アメリカで石炭火力が減っているのは、政策というよりLNGや太陽光やソーラーの方が経済的メリットがあるからだと思います。トランプ大統領は保護しようと必至でしたが(笑)。変化のスピードは日本よりうんと速いですね。

アメリカのRO浄水器はコストコなどで2万円以下で買えます。EV/PHEV用の200V-30A充電器も安いのは5万円ぐらいからあります。レゴの部品を買おうとしたら世界中のパーツ屋がリストされて驚きました。日本と海外のいいとこ取り、私も楽しんでいます。

書込番号:22238133

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/08 18:51(7ヶ月以上前)

フォリオさん
>購入後に機能が増えたり改良されたり成長を続ける
>テスラ車のAIシステムはモジュール式で後で高性能なものに交換出来る作り

Windowsのアップデートのようですね。
そして、AIのモジュール交換は、PCのビデオカード交換のように、EVをパソコン化して、
エンジン車とは違ったカテゴリを目指してる訳ですね。

それは面白い方向。EVはユニット、ボディを好きに組み合わせることもできそうで
そんなプラットフォームとインターフェースを共通化規格化できそうです。
クラシックカーとは全く別な楽しみ方になりますが。

VWの賠償金が充電インフラ整備にとは、良い使い方ですね。
規制をくぐる欺瞞ソフトなどは、コンピュータ分野からみると簡単で予想できるたくらみでしょう。
それをよく調べたら出てきたなんて、少しとぼけた芸に見えたりしなくもないですが、
違反をする方がやはり間違ってるので仕方ないでしょうね。

京都府でもPHV同士すれ違うことが多くなりました。リーフも。
珍しい目で見られることもなく、静かなブームになり始めているようにも感じます。

HVが浸透したら、今度はEVとPHV、そしてE Power(シリーズHV)が出て
日本の多くのユーザーは、また選択に当分悩みそうで、
PHVかEVかなんて話題は趣味性に偏ってるかもしれませんね。
よくある選択の仕方のブロック図なんてのがそろそろ世に出回って欲しいです。

>アメリカのRO浄水器はコストコなどで2万円以下
アメリカのamazonサイトを確認したら、5段ROのブースターポンプ付きが130ドル(但し110-220V、TDS=6)
からあり、似たものが日本amazon経由で5万6千円(100V,TDS=3)だったので、ややショックでした。
空輸が数千円なので、次回からアメリカ直通販に替えようかと思います。
18年前にRO浄水器を付けた友人は30万したそうですが、数万と聞いて驚いてました。

書込番号:22239302

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/09 00:43(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

> EVをパソコン化して、エンジン車とは違ったカテゴリを目指してる訳ですね。

新興メーカーで既存客がゼロということは、長く価値を維持するクルマを出しても共食いの心配が不要なのですよね。持たざる者の強みです。オーナー視点では中古で高く売れるのでWin-Winの関係だと思います。リーフ乗りとしてはものすごく羨ましい。。!

> VWの賠償金が充電インフラ整備にとは、良い使い方ですね。

VWもタダでは転ばないというか、これに合わせて新世代のEVを大量投入してきます。既オープンの充電ステーションを見ると、日産が採用するチャデモは50kW限定、VWが採用するコンボ式は350kWまで対応する充電器で差をつけています。さすがディーゼルで誤魔化しをするだけのことはあるなと妙に感心(笑)

逆浸透膜(RO)浄水器、原発騒ぎでけっこう日本にも浸透してきたと聞きます。まだまだ高いのですね。

書込番号:22240141

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/09 08:56(7ヶ月以上前)

>フォリオさん おはようございます。

充電インフラがまもなく整備されるアメリカは、どうやらPHVよりもEVに弾みが掛かりそう?
アメリカは、ロングEVレンジのPHVが主流になるかと思ってましたが、都市部はEVも共存の気配ですね。

VWが今度は多種EVで上陸ですか。
日本優勢は無くて、さすがドイツ魂。競り合って価格下がるのは嬉しい。

350kWって、仮にDC800Vとして、電流は・・・おお440Aに近い(驚)
それで水冷ケーブルって訳ですね。 何でも最後は水冷、私も水冷したいときありますが。
60kWhなら8分で80%充電、それで48kWh貯めて、5km/kWhほどの高速なら200km走れる。

うーん、なんだかアメリカでは60kWhでも足りませんね。
でも、倍の120kWh積んで300万はまだ無理そうです。

RO浄水器が日本で高価なのは、DIYと自己責任でいく方が少ないとか、
仕事時間労働で、設置〜フィルタの管理責任まで人任せになるからでしょうか。
余りに高価な値を付けてるのに驚きます。

 長く引っ張ってしまいますが、アメリカの通販はクレジット購入が一般的なのかな。
日本から米amazonや米メーカーにIDなど登録しても、漏洩などのトラブル確率が低いなら良いのですが。

海外の通信網は、不法侵入アタックがとても多かったのですが、今はどうなのかと思ってます。
中国出張から帰った社員のPC、ウイルスとスパイウェアが200個近くお住まいで笑ったことが。
さすが何でも多い国、日本の常識が吹っ飛びます。

書込番号:22240564

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:36件Goodアンサー獲得:2件

2018/11/09 09:20(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん
モデル3日本円500超え レクサス買う人が、検討するモデルですね
とても一般人には、買えませんね

書込番号:22240600 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/09 10:39(7ヶ月以上前)

>四国三郎3435さん
欲しいですが、経済力無くて買えないのが残念です。

そのモデル3 (最大乗員5名、全長4694mm、全幅1849mm、全高1443mm、ホイールベース2870mm)

2019年後半から日本でもデリバーするというニュースが入ってきましたが、エントリーEVセダンと言いながら、

 ベースグレードモデル: 後輪駆動、0〜96km/hが5.6秒、最高速210km/h、1回充電で最大418km、約519万円
 ロングレンジ電池モデル:4輪駆動、0〜96km/hが4.5秒、最高速233km/h、1回充電で最大498km、約598万円
 パフォーマンスバッテリーモデル: 0〜96km/hが3.3秒、最高速249km/h、1回充電で最大498km、約723万円

400万切るのも先の話ですかね。
あたしゃ、当分PHVになりそう。

書込番号:22240778

ナイスクチコミ!1


galeaoさん
クチコミ投稿数:190件Goodアンサー獲得:5件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度4 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2018/11/09 12:01(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

私は内燃エンジンに拘りがありまして、あくまで希望ですがPH(E)V には存続して欲しいと願っています。(HV システムの一部としての使用が前提だとしても)40数%に達する熱効率を持つ内燃エンジンは、長年の経験や豊富な知見の賜物なのではないかと感じています。これらをあっさり捨ててオールEVに突き進む、というのは寂しい感じがします。

別スレでも述べましたが、少なくとも我が国日本においては、将来はEVにも道路財源としてのガソリン税に代わる何らかの課税がなされるでしょう。そうなると運行経費的にはさしたるメリットはなく、また、原子力発電再開には長期間を要しそう(できないかも)な現状では、(再エネもあるけれど)CO2を劇的に削減できるわけでもなさそうです。

EVがどんどん増えていくのは自明なのかもしれません。ですがこの先もトラックや船舶、航空機などで軽油や重油、ケロシンにはある程度の需要があるでしょう。原油から精製を行うと(割合の調整は多少は可能でしょうが)ガソリンも一緒にできてしまうわけで、ナフサとして各種原料に使ってもなお余ってしまうでしょう。もったいないので安く分けてほしいな。

そのうち町中に充電ステーションや水素ステーションができて、ガソリンを売ってるスタンドは現在の水素ステーションみたいに珍しい存在になってしまうのでしょうか。

書込番号:22240934

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/09 13:18(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

500万円のは最近急遽発売された中距離グレードで、本当のベースグレードは円換算で400万円を少し切ります。ただ現在の製造コストではまだ利益が出せないので発売解禁は来春以降です。電池パックのケーシングを容量に合うよう最適化して、軽量化とコストダウンを目指すようです。

ブルームバーグが今日報じたVW内部のリーク情報とやらによると、プリウス並みの価格帯の小型EVが2,3年に出てくるかも知れません。VWはノーコメントを通してますが、先週関係者が語った「モデル3の半額で同等のEV」という話とは一致します。サイズ違いで同等は無いだろうと思いましたが、海外ユーザーの反応もかなり懐疑的で、万が一本当だとしてもテスラキラーじゃなくてゴルフキラーだろ!のツッコミには笑ってしまいました(笑)

本当にそんな格安EVが出てきたら時代が少し動いちゃいますね。いずれ記事の真偽は明らかになるでしょう。

書込番号:22241138 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/09 17:35(7ヶ月以上前)

galeaoさん
そうですね、内燃機関はその利点を生かして消えることはないと思います。
農業分野ひとつでも中心的存在は続くと思うのですが。

保守や寿命で有利なEVは、電池の進化とともに急増すると予想してますが、
当面はPHVが複雑でもオールラウンドで便利そうです。

マツダが2020年に発電機用ロータリーを出すというニュース、HEVやPHEV狙いが楽しみです。
さらに1年早く出せたらベストでしたが、効率アップが大変だったのかもしれません。

水素サイクルは賛成ですが、水素ステーションの現実はまだハードル高そうですね。
都心の大型車などから普及したほうが?

書込番号:22241571

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/09 17:37(7ヶ月以上前)

フォリオさん
519万は日本に運んで売る費用が加わっている?と思ってました。
テスラのモデル3も、改良しながら取り組んでるようで、競争渦中の産業は大変そう。

この激変する分野では、2,3年後の価格は予想が難しいでしょうね、多くの会社の相乗効果でどうなるか。
特に関係する電気電子部門の変化は数か月で変わりますから。

Note−E Powerのように、実質ハイブリッドでありながら、電動の静粛な俊敏性を生かした
セミEVがこれからのベースになるのでは。 トラックも加速時の排ガスが減りますから。

書込番号:22241574

ナイスクチコミ!0


SILICATE2さん
クチコミ投稿数:72件

2018/11/09 21:37(7ヶ月以上前)

地球温暖化対策&CO2排出量削減という観点で考えるなら,EVよりもPHEVに軍配があがるっていうのが,LCA研究の定説になりつつあります.
なぜなら,エンジンの製造と比較してLiイオンバッテリーは製造時(採掘・精製・製造・組立)に多量のCO2を排出するから.

バッテリー製造に由来するCO2排出量は,昔から多くの研究者がさまざまな試算をしてきており,現在ではほぼコンセンサスが得られている.例えばスウェーデンの研究機関による最新のレビュー(Romare and Dahllof, 2017)では,日産リーフで使用されている日本製バッテリーの製造時CO2排出量は150-200kg-CO2/kWh.
Romare and Dahllof (2017) IVL, Swedish Environmental Research Institute 2017, No. C243.
40kWhのリーフだと少なく見積もっても1台あたり6.0tのCO2を走る前から排出している.これは15m/Lのガソリン車で約4万km走行する際のCO2排出量に相当する.
ちなみにPHEVのエンジンやトランスミッションなどに由来する排出量は1台あたり0.6t-CO2にすぎない.バッテリーが10kWhなら1.5tでエンジンと合計しても2.1t.

PHEVは10kWhもあれば十分だが,EVは40kWhでもまだ足りず,今後は60kWhクラスが増えてくる.大容量の電池を搭載するEVはPHEVよりもライフサイクル全体でCO2排出量が多く,将来的にも逆転する見込みがない.
このことを指摘する論文が昨年のNature誌に掲載された.
P. Plotz et al., CO2 Mitigation Potential of Plug-in Hybrid Electric Vehicles larger than expected, Nature, Article number: 16493 (2017)

少ない容量のバッテリーを使いまわしてこそCO2排出量が減らせるということです.

書込番号:22242116

ナイスクチコミ!3


SILICATE2さん
クチコミ投稿数:72件

2018/11/09 21:41(7ヶ月以上前)

将来的にバッテリー製造時のCO2排出量は今後減る見込みがあるのか?
テスラはギガファクトリーを太陽光発電で稼働させるとしているが,それは組み立て工程だけの話であって,正極,負極,電解液,セパレータを化学メーカーから調達することには変わらず,CO2排出量削減効果は限定的なものでしかない.

Romare and Dahllof (2017)の論文によると,バッテリー製造時のCO2排出量は製造国の電力の排出係数に比例する.
現在の日本の電力排出係数は約0.53kg-CO2/kWhで,バッテリー製造時排出量は150-200kg-CO2/kWh
今後世界のバッテリー生産の中心は中国にシフトし,世界の自動車メーカーは中国製のバッテリーを使うことになる.
中国の現在の電力排出係数は約0.73kg-CO2/kWh(石炭火力メイン)だから,中国製バッテリーを使用している限り,CO2排出量削減には何の役にも立たない.

中国は再エネの導入と排出係数削減を計画しているが,技術革新が進んだ最良予測ケースで,2040年に約0.50kg-CO2/kWh程度と見積もられている.
つまり,中国でのバッテリーの製造時のCO2排出量は2040年にやっと現在の日本と同程度になるということ.

結局のところ,中国製の大容量バッテリーを搭載したEVが世界中で増えても,温暖化対策にはならない.そして,本気でCO2排出削減をするなら,Plotz のNature論文で指摘されたように,10kWh程度のPHEVやシティコミューターEVを増やしてこそ効果がある.

今後30年くらいの近未来で考えるならば,PHEVのCO2排出量削減効果の良さが認識され,そして環境規制にも影響することになり(大容量バッテリーEVよりも小容量バッテリーのPHEV優遇),PHEVはEVよりも早く普及することになると想像します.


書込番号:22242129

ナイスクチコミ!3


SILICATE2さん
クチコミ投稿数:72件

2018/11/09 21:48(7ヶ月以上前)

2つ上の投稿,「15m/Lのガソリン車」→「15km/Lのガソリン車」でした.
失礼しました.修正します.

書込番号:22242142

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/10 00:52(7ヶ月以上前)

PC楽しむおやじさん

EPA 220マイル(350キロ)走る標準グレードのアメリカ価格は$35,000(396万円)ですが、輸入関税は0%でも諸費用を考えると400万円ポッキリではないでしょうね。

> セミEVがこれからのベースになるのでは

超ロングストロークエンジンなどで、やろうと思えばe-Powerの燃費はまだまだ伸ばせるでしょうから、私もアリだと思います。鉄道だとディーゼル・エレクトリックというシリーズHVがありますが、トラックでは聞きませんね。コスト高は燃料費で相殺できるとして、あとはバッテリーの耐久性?

SILICATE2さん、

このスレッドの元の始まりは乗り手視点でEVとPHEVどちらが良いか?だと思いますが、すごく説得力のあるデータで考えさせられます。10kWh前後のPHEVが現時点ではバランスに優れる、なるほどです。まだまだバッテリーの製造は原料の採掘・精製にはCO2排出量の面で課題が残されているわけですか。一点、パナ・テスラのギガファクトリーはセルそのものの製造もしているはずです。

乗り手視点に戻りますが、ラグジュアリーブランドでテスラの400万円〜、大衆車ブランドでVWの250??万円のEVが本当に出てくるようなら、単純に経済性のメリットで今まで以上にEVに目を向ける消費者が増えそうです。EVの低価格化に引っ張られてPHEVも下がるでしょう。フル電動車を走らせる楽しさが一般に受け入れられることはe-Powerが証明しましたし。

ラグジュアリーで400万円は来年早々にも現実になり、今のモデル3人気からすると、来年の今頃はアメリカの道路でカローラ(日本に例えればプリウス)並みにモデル3を見掛けることになります。その数年後にVW等大衆車ブランドの低価格EVが加わると、一般のEVに対する見方というのは現在とはかなり変わってくると思います。日本は5年ぐらいタイムラグがありそうですが。。

書込番号:22242584

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/10 03:29(7ヶ月以上前)

こういう考え方も出来るのではないでしょうか。

1.フル電動パワートレインは可動部品が圧倒的に少ないため、その耐久性は内燃車より高い -> 車体そのものは、中古車としてより多くの世代に乗り継がれる -> その分内燃車が消える(前所有者がEV/PHEVに乗り換える場合)。モデル3のモーターは例の電気セミトラックにも使われる予定で、その耐久性は160万キロクラスだとテスラはアピールしています。

2.適切に温度コントロールされたリチウムイオン電池は10万キロを問題なく走れる -> 内燃車より少ない生涯CO2排出量

3.劣化が進み自動車用としての役割を終えたリチウムイオン電池は、電力網やオフィスの蓄電池システムとして余生をおくる。 -> 最エネ電力の安定化に使われる ー> 最エネ電力の受け入れキャパ拡大 -> 石炭火力発電所の廃炉

2と3はPHEVにも言えることですが、1はEVだけですね。

書込番号:22242679

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/10 09:09(7ヶ月以上前)

SILICATE2さん

簡単にまとめると

 現在の日本の電力排出係数は約0.53kg-CO2/kWh → 日本製バッテリー製造時CO2排出量は150-200kg-CO2/kWh
 40kWhEV電池は、1台あたり6.0t以上のCO2を製造時に排出 (PHV換算なら約10万km?走行相当)

 中国の現在の電力排出係数は約0.73kg-CO2/kWh → 中国製バッテリ製造時CO2排出量は200-270kg-CO2/kWh(比例計算)
                   (石炭火力メインのため)

電池の製造エネルギーも削減する技術が欲しいですね。 これからの個体電池は多少良くなるのか気になります。

それにしても、目から鱗の事柄を教わって嬉しいです。
太陽電池の製造用電力量が、その総発電量の数分の1と知ったときとは反対の感動(消沈)です。

そんなことを知らずにPHVを選んでしまいましたが。

そうすると、ソーラー発電電力は蓄電よりも、水素に置換した方がCO2発生が少ない可能性がある?

書込番号:22243001

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/10 09:14(7ヶ月以上前)

フォリオさん
フルEVは寿命が長く、維持メンテエネルギーも少ないので、平均20万キロ以上乗るとかになれば、
計算が変わってきそうですね。

劣化したチウムイオン電池を分解再生してリチウムを取り出せたら、採掘精製運搬エネルギーの一部は減るかもしれません。

でも、排ガスが減る代わりに、見えないところで排出が増えそうで、更に判りにくい方向に進みそうです。
EV用インバータ製造に関わるCO2も少し加わりそうですから。



今回は、漠然・暇つぶしのテーマのでしたが、思わぬ方向に考えさせられて良かったです。
いろいろ教わって感謝です。

書込番号:22243007

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/10 14:17(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

脱線ついでにもう少し失礼します。

EVで役割を終えたバッテリーが蓄電池システムで余生を送ると火力発電所が減ると書きましたが、ちょうどそれを裏付けるような記事が出てました。

本日のElectrekのニュース。テスラともう一社がカリフォルニア州と蓄電池システムの契約を結んだ。その量は両社合わせて200万kWh(出力は50万kW)を超えるという途方もない規模で、ガス火力発電所の閉鎖とセット。プリウスPHVなら約20万台分!

筐体や冷却機構込みでkWhあたり単価を$400としたら8億ドル(900億円)。なお100万kW級のLNG火力発電所の建設費は約1200億円です。ソーラーや風力由来電力の受け入れ量拡大+ピークシフトに効果があるのは分かっていましたが、実際に火力発電所の閉鎖が盛り込まれている事例を見るのは私には初めてです。

書込番号:22243678

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/10 21:27(7ヶ月以上前)

フォリオさん

出力は50万kWの蓄電所とはデカい、原子炉1基100万kWの半分もあり、
それがLNG火力の建設費と同等以下で、大量自然エネルギーも蓄電できて効果的ですね。

アメリカはスケールが違いますね。時代を変える話題ありがとうございます。

個体電池の完成リリースが楽しみです。 30年の積み重ねは日本人の誇りです。

書込番号:22244664

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/10 21:34(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

脱線ついで再び。。

200万kWhの蓄電池システムというものの現実的な運用イメージを考えてみました。

要するに、4時間だけ限定で、フル稼働50万キロワット火力と同じ働きができるバーチャル発電所!ということだと思います。

夏冬ピーク時の1世帯あたり需要を25アンペア=2.5kWとする20万世帯分。そうした時期は、前夜〜早朝に掛けて可能な限り安くてクリーンな電力を選択的に溜めておいて、夕方のピーク時に使う。春秋の低需要日て天気の良い日は、昼間のソーラーで溜めた電力を夕方に使う。

もし1年を通じて最悪の日でも需要のピークが4時間以内に収まるのなら、この蓄電池システムは本当に火力発電所の削減に繋がると思います。上のいずれのケースでも、平時はほぼ休眠状態のピーク専用火力発電所の出番を無くしますので。

なので、クルマ用としての役目のあとに蓄電池システムとしての余生がバッテリーにあることまで考慮に入れれば、EVによるCO2削減は詭弁ではなく現実だと考えます。

この考え方は変ですかね!?

書込番号:22244685 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/11 08:55(7ヶ月以上前)

フォリオさん
車の総稼働時間は2000時間ほどと、工場ラインの自動機などより少ない気がします。
そんなユニットの再利用は良いことですだと思います。

ただ、使い終わったEVの電池を、セルごとに選別・分類・運用する手法ってどうなのか
知らないので?の部分があります。例えば、リーフのセル欠け検出の手法さえ、何で判断かとか。


電力貯蔵については

日本には約2700万kwの揚水発電所があるそうで、原発のバックアップ(深夜揚水)目的だったのが、
近年は増えた昼間のソーラー電力で揚水にも使っているという今年春の記事が出てきました。
https://www.huffingtonpost.jp/shinrinbunka/power-20180426_a_23415009/

日本のメガソーラーなどのピーク総計が、確か原発5基分ほどになってるので、
夏場のピークもクリアできてるようです。

揚水発電は、予測効率及び変換効率は70%程度、総合効率(正味のエネルギー効率)は25%程度(Wikipedia)
のようですが、EVの電池利用だと建設エネルギーも総合効率もずっと良くなるでしょうね。

他には、高温で働く ナトリウム・硫黄(NAS)電池は、日本でも大規模電力貯蔵に使われ始めています。
小生の元会社も(離れた工場ですが)、数年前から販売しているようです。 

我が家は防災のため、ささやかなソーラーとPHVで貯蔵と発電を楽しんでます。
40Lのガソリンから40kWhという低効率なのが、少し残念です。

書込番号:22245567

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/12 01:14(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

EVをレッカー車で1マイル曳いたらどれくらい発電するか?というおバカ実験を海外サイトで見ました。なんと10マイル分を回生したそうです。曳くスピード次第だと思いますが本当ですかねぇ。。

ダムの代わりに鋼鉄製の重りを使う、位置エネルギー発電が各種あるようです。フライホイール蓄電というのもありました。これらが実用になるかは不明ですが、NAS電池とレドッグスフロー電池が実用化で先行していてリチウムイオンと建設コストでしのぎを削っています。日本ガイシ、世界で頑張ってますね。

寿命ではリチウムイオンが不利ですが、テスラが豪州に納入した13万kWhのシステムは契約締結から100日未満という超スピード建設でした。反応も早く、強風で風力がダウン -> コンマ数秒で放電開始。維持管理コストが安そうなのも利点ですかね。

ソーラーが増えている加州は、受給ミスマッチ問題を解消するために季節別・時間別の電力料金(昼間が安く夕方がバカ高い)にして、家庭での蓄電池システム導入に動機を与えています。

ふと思ったのですが、電力供給側視点で見ると、先述の蓄電池システム導入に何百億円と掛かっても、安く貯めて高く売る運用で補填できるからさらに沢山作ろう!という流れにならないですかね。

CO2排出が多く維持に人手とお金が掛かりしかもピーク時にしか使われない火力発電所など、さっさと無くしてしまいたいというのが本音ではないでしょうか。

> 40Lのガソリンから40kWh

プリウスPHVのチャージモードですか?その3,4倍は高効率かと思っていました。

書込番号:22247664 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/12 08:53(7ヶ月以上前)

フォリオさん

>EVをレッカー車で1マイル曳いたら10マイル分回生した

面白い企画ですね。
回生トルクを(たぶんフットブレーキで)平地走行トルクの【10倍×回生効率】以上得るようにしたのでは。
高度差300mほどを1マイル下るのと同じように。

想像してみたら・・・  レッカーの動き見ながら、フットブレーキを必死?で加減しただろ(笑)って。

フライホイール発電機、Youtubeで現物見てなるほどと思いました。
既に実験施設で短時間に大電力が欲しいときに設置しているんですね。

レドックスフロー電池、この際お勉強を。
redox(酸化還元、我電子辞書には載ってません) flow(ポンプで循環) cell(or battery)ってことですか、

 電極・電解液の劣化がほとんどなく長寿命、発火性の材料を用いていない、温運転、安全性高い
 充放電効率75-80%、出力15MW、容量60MWhに達する、住友電工さんなど

 蓄電用プラント風味な外観なのですね。
北海道でメガソーラーに隣接して建設中とあり、ソーラーとは相性が良いようです。
これだと、火力発電よりもCO2は減らせて好きなコンビです。

リチウム電池蓄電プラントの方が、供給反応時間が超スピードで維持管理が楽なのですか。
それぞれ住み分けしそうな。

PriusPHVの外部給電モード(=チャージモード)って、1Lで数kWhはあるだろうと検索したら、
本家トヨタさんのHPにちゃんと書いてありました。 が、愕然でした。
うーん、エンジンと充電発電機とバッテリ容量のバランスが、無走行チャージには適していない?

それでPHVで防災篭城は数日が限界みたいです。東北地震級ではソーラーが無いと役立たないようで。
低騒音なミニ風力なども欲しくなります。

書込番号:22247975

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/12 12:06(7ヶ月以上前)

80%まで充電するのに停車時でガソリン2.5L必要

こちらもトヨタの回答ですが、何か合いませんね。こちらの数字の方が私にもしっくり来るのですが。

太陽熱発電も実用化されていました。気付きませんでしたがこの方式は、一定時間内なら蓄電池としても機能します。

テスラの蓄電池システムはkWhあたり約4万円だそうですがNASもレドックスフローも似たような建設コストのようです。どの方式も反応は早いはずです。これがkWh3万円になると、100万キロワットのLNG火力発電所と同じ出力(x 4時間分 = 400万kWh)の蓄電池システムが同じコスト=約1200億円で建設できます。

ほとんど夏冬の需要ピーク時にしか稼働動しない古い石油火力発電所などはこれで廃炉か休炉にできると思うのですが、その前に、再エネ導入量の拡大にも大いに役立つと思います。九州電力など今すぐにでもNASの容量を増やしたいのでは。

低需要の時間帯に安くてクリーンな電力を貯めておけるため、充分な蓄電能力が整備された暁には電気料金は安くなる!、というのが加州の電力会社が夕方の電気代を上げて昼間を下げた際の言い分だったそうです。

値上げには反発が多かったと想像しますが、まあ発電コストがストレートに反映された公平?な電気料金ではありますよね。なお家庭用蓄電池システムへの購入補助金を増やしているようです。再エネ電力が増える今後は、こうした新しい料金体系(TOU Time-Of-Useと言うそうです)が世界の常識になるかも知れません。

書込番号:22248285 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/12 14:38(7ヶ月以上前)

>80%まで充電するのに停車時でガソリン2.5L必要
そうですね、あら不思議、そんなはずはない、何か理由が・・・

無い頭で考えてみたら・・・
・チャージモードで充電 はエンジンパワー上げて効率よい回転数で充電
・外部給電モード中の補充電は、エンジン効率の落ちる?回転数で充電で、
 外部給電用インバータの不確定領域のあいまい効率も重なる

それにしても外部給電はチャージモードより効率悪過ぎですね。

他の例を探したら、最近のホンダ5.5kWガソリン発電機(電子燃料噴射)がありました。
 定格負荷の5.5kWhで2.98L=1.86kWh/L
 ところが1/4負荷のエコ運転では、1.14kWh/L

これに充放電効率とインバータ効率を掛けたら、似た値になりそうですね。
エンジン発電機はやかましくて非効率で家庭の長期防災には不向きのようです。


蓄電発電所建設コストとLNG火力発電所建設コストが並ぶ日が近いかもなんですね。
よく調べてられて感心します。

主夫なもんで、夕方の電力ピークはやりくりしてます。
200V,10kW契約ですが、冬は簡単にオーバーし14〜16kWで元ブレーカー遮断するので、
10kVA超えたらワイヤレス電力計からアラーム出るようにしました。エアコンやIH切ったりでしばらく面倒です。

関電の3区分時間帯料金(平日9時〜17時が一番高価)は、マッチしなくなってきました。
新しい料金体系(TOU Time-Of-Useというのですか)をオファーされる日も近い訳ですね。
これは勉強になりました。

日本でも、ソーラーと蓄電池だけで生活されてる方がほんのわずかに居られますが、
1日平均3kWh以下の生活だそうで、これって我が家の1/40なので目まいがしました。
暖房や煮炊きはどうみても電気以外でしょうけど。

そんな文化生活は、電気漬け人種にとっては別次元になりつつであります。
燃料電池と水素発生蓄圧器よ、早く来い が夢ですかね。

書込番号:22248576

ナイスクチコミ!0


NSR750Rさん
クチコミ投稿数:616件Goodアンサー獲得:21件

2018/11/12 15:00(7ヶ月以上前)

F1の現行ハイブリッド(ターボ、ブレーキ回生の2本立て)になる前の、ブレーキ回生だけの時に、ウイリアムズがフライホイールでバッテリー替わりをさせるのを試していたはず、消えました。

すべてEVになるとEV専用系統を設けてスマートメーター(供給元から制御可)で時間差停電(集中しないように)になるかも

ちなみに、テスラは走行より冷却重視でバッテリー冷却専用のエアコンが設置されているそうです、

書込番号:22248621

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/12 15:51(7ヶ月以上前)

NSR750Rさん

 えー、F1にフライホイール回生ですか、発想いいですがF1には無謀でしょ?
重くカサバル割に、パワーけた違いに乏し?そうで(笑) でも面白い挑戦が素敵。

やはりエネルギー密度と、モーターとの相性がよいリチウム電池が勝ちだった。
20年ほど前はモーターも電池もお粗末でしたから、フライホイールに目が行ったのかな。

 EVの時差充電制御はあり得るかもですが、深夜の日常充電程度ならそこまでしなくても
という感じもしてますが、どうでしょうね。

あちこちに屋根上ソーラーパネル置いて、EV充電するのがベストと思えるのですが、
EVメーカーはそんな充電ポートにいつ対応してくれるの と思うばかりです。

 テスラの電池は水冷(パイプ)だった?と思いますが、元はヒートポンプに繋いでるのですね。
テスラの電池管理は、Panasonicの電池部門におられた方がテスラ社に移ったことに由来するそうで、
夢とスケール感ある方だなと感動しています。

書込番号:22248720

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/13 12:25(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

EV嫌いな層の決まり文句が「どうやって電力確保するのか?」なので自然と少し勉強するようになりました(笑)。

テスラのバッテリー管理技術の高さとパナソニックの関連は前から気になっていましたがやはりそういう方がおられたのですね。人材の集まるシリコンバレーでもテスラでのキャリアは魅力で、会社は若くても相当に優秀なのがあそこには集まっていると思います。

ソーラーが増えると、日没以降急激に火力発電所への供給要請が増えるダックカーブという問題が顕在化します。加州はそれでTOUを導入して、結果として蓄電池の導入動機が高まりました。いま九州が同じ課題に直面していますがどの方向へ舵を切るでしょうかね。

EV/PHEVの話に戻しますが、VW会長が「40%安く、2倍のレンジを持ち、インテリアはより広く」「EVをメインストリームにする」という新世代EVに関する声明を出しました。他社の電動化プランが全て生ぬるく見えるというか、5年くらい時間軸がズレていないか?を疑うレベルの凄まじい本気度を感じます。

e-Golfを基準にすれば200万円台前半、60kWh前後、サブコンパクトの外寸でゴルフ並みの室内というのが浮かんできます。その2/3のスペックの日産リーフですら300万円なのに。EVがこの価格水準になればPHEVも連れて下がるので大歓迎です。まだ100%まで信じきる事が出来ない情報ではありますが。

書込番号:22250599 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/13 14:49(7ヶ月以上前)

>フォリオさん
夕方の電力ピーク、ダックカーブって言うんですね。
我が家(2世帯)の冬は毎夕そのカーブで、我ら退職者の夕食準備は16〜17時にスマセナイト・・・

増えるEVの電力を心配するより、自ら作れる時代になってきましたね。
自家用EVが年1〜2万Km走るに必要な電力は1500〜3000kWhで、これは2〜4kWのソーラーパネルの年間発電量に相当します。

2kW程度のソーラーパネルは、ガソリリンより安くつきそうです。
自動車通勤者は、会社と共同出資で設置するなどの仕組みが作れたらいいですね。


VWの本気度を知らせてもらって、楽しみになってきました。

初代Prius開発時、確か燃費2倍を目標にしたと読みましたが、
EVのコスト半減のハードルは、過去のイノベーションの例から十分越えられると予想します。

静かで長寿命で維持費半減のEVの良さを実感したら、戻れないでしょうね。
電池製造時のCO2大量発生問題は、次の対応でどうでしょう。
@ガソリン車より部品数低減 A長寿命 Bエンジンオイル削減 C電池再利用 Dソーラー充電 Eカーシェアリングに適する

書込番号:22250866

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/14 03:59(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

職場での充電は以前からEV普及の鍵と言われていますが、あまり普及しているイメージはありませんね。プライベートな充電ステーションとして非公開なだけで実は沢山あるのかもしれませんが。

> @ガソリン車より部品数低減 A長寿命 Bエンジンオイル削減 C電池再利用 Dソーラー充電 Eカーシェアリングに適する

いいですね。タクシーやカーシェアリングではパワートレインの頑丈さが活きてきそうです。バッテリーが適切な温度管理で16万キロ無交換で済めば、例え67%の容量しか残されていなくても、割安な定置型としての余生には充分です。8年保証の切れる2020年あたりからテスラのそうした製品が出てくるかもしれません。日産は既にそういうビジネスをしています。

Fダウンサイジング、というのもあると思います。
専用プラットフォームのEVはレッグルームを広くとれて全長を短く = 軽量に出来る、という主張をVWがしていますので。ゴルフならディーゼル版と同程度の上乗せ価格だとしていて、日本のイメージならハイブリッド車並みの価格。そうなるとPHEVは「電欠しないプレミアムなEV」として売るしかなくなる??

テスラ・パナソニックのモデル3用2170セルには、さらなる高エネルギー密度化の量産目処がついているとの話があります。この手の技術的な将来展望に関してはテスラの情報は割と信頼できるので、来年あたりに何か出てくると思います。航続距離などのスペックに関しても逆サバ(控え目)な数字を公式にする傾向がテスラにはあります。

もしTOUがスタンダードになってくると、超大型の蓄電池を使って「ソーラーで安く貯めてピーク時に高く売る」ビジネスが出てくるのではないでしょうか。ソーラー事業者としては泣く泣く出力制限をするよりも、安くても売ることを選ぶでしょう。

書込番号:22252359

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/14 09:14(7ヶ月以上前)

フォリオさん

職場のプライベート充電は、周辺ではほとんど見ないですね。
(ひとつ、宗教団体の施設に急速充電器はありますが、一般利用あるか不明)
その設置は難しくないので、EVの普及とともに変わるかのしれません。

そうか、割安な定置型電池としての余生は、莫大な規模になりそうですね。

Fダウンサイジングによる省エネ効果もありますね、プラットフォームの自由度が高いのが生きて。
Bエンジンオイル削減は、ブレーキパッド交換不要など保守点検エネルギーが減る代表項目ですが、

G車の半年、1年置きの点検はコストと時間が掛かり面倒です。
PHVでも、半年点検でエンジンオイルを交換しましょうかと聞かれ、ビックリして断りました(笑)

2170セルは更に高密度化ですか、量産ラインの進歩は予想以上で驚きですが、製造エネルギーも年々下がっるのでしょうね。
電池は革命の最中にあるようで、その先の時代が楽しみです。

ぜんだま〜んさんが
>最終目標は自動操縦で空を飛ぶ(^^)/
は合っていると思います。

既にひとが乗れるドローンも飛び始めています。
エンジンヘリより格段にパーツが少なく、調整保守が簡単で信頼性高いです。
鉄道のリニア化もエンジンでは不可能な領域で、電動故の。

スイスチームがソーラー飛行機で地球周回も済んで、いよいよ旅客機の電動化(ハイブリッド?)開発が始まってます。
飛行機の電動ハイブリッドエンジンって、どんな構造かとても興味があります。

そうか、やはり当分はPHVでも、数年以上先は、EVが確実に優位という気がしてきました。
何よりシンプルで故障が少なく長寿命というのが、充電の課題を克服したあとに生きてきますね。
心配なときは、オプションで小型発電機もちょい乗せしましょう なんて。

人間も地球も始まりと終わりある存在ですが、その間にオモシロイことをたくさん楽しみたい、
乗り物は人に楽しさを与えるツール、その未来は興味深いです。

書込番号:22252661

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/14 10:43(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

飛行機、空飛ぶタクシーやデリバリー、ディープラーニングを駆使した自動運転にEVと、今までに経験のない速さで世の中が動き始めているのを感じます。大谷選手という100年に一度の野球選手がいま現れたのも面白い偶然です。てこれは関係ないですかね汗

> 割安な定置型電池としての余生は、莫大な規模になりそうですね。

絶対に発火させないような安全対策さえ確立出来れば、極端な話し、容量がゼロになるまで使い倒せると思います。最先端の加州でさえまだ新規メガソーラーの出力に対して数%相当分しか蓄電池システムの導入が進んでいないそうですが、TOU料金体系の圧力もあって、コストが下がれば蓄電池導入が急加速する流れにはいます。

ガスタービン発電の設置コストはアメリカでもkWあたり1000ドル前後だそうで(先の100万キロワット=1200億円に近い)、NAS・レドックスフロー・リチウムイオンの同出力 x 4時間分のシステムの設置コストがそこにかなり近づいてきています。

蓄電池システムは燃料費その他が少なく、沿岸部以外 = 需要地の近くに設置できる点も大きなメリットです。これら3方式がしのぎを削るという構造はなかなか頼もしいですね。頑張れ日本企業!

メガソーラー -> 蓄電池 -> 急速充電器 -> EV/PHEV、これらが全て直流送電網でつながれば、交流直流の変換ロスが間に入らないため、より無駄なく電気を利用できそうです。

私は最近、クルマのEVシフトは大方の予想よりだいぶ早く進むという考えに傾いてきています。

書込番号:22252795 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


SILICATE2さん
クチコミ投稿数:72件

2018/11/15 20:54(7ヶ月以上前)

2005年から2029年にかけてのEVの価格と航続距離の関係(2019年以降は予測)

> フォリオさん
> e-Golfを基準にすれば200万円台前半、60kWh前後、サブコンパクトの外寸でゴルフ並みの室内というのが浮かんできます。

Liイオンバッテリーの低コスト化がBEVの価格に与える影響に関する最新の研究
Nykvist et al. (2019) Assessing the progress toward lower priced long range battery electric vehicles, Energy Policy, 124, 144-155
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301421518306487
この論文から下記のことが読み取れます.

・EVは2030年になると米国の平均的な価格帯(330万円)のガソリン車と価格競争力をもつようになる.
・テスラ モデル3 (396万円, 350km)と同等スペックのEVは2029年に325万円になる.
・2029年における低価格帯(150〜250万円)のEVの航続距離は,最大150mile(170km)である.
・今後〜2030年にかけてバッテリーの低コスト化は次第に緩やかになり,EVの低価格化の速度も緩和される.
すなわち,2030年以降に上記のスペックをさらに大きく上回る(60kWhクラスの低価格化,200万円前後の大衆車の長距離化)ためには,技術的なブレークスルーが必要である.

書込番号:22256191

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/16 04:23(7ヶ月以上前)

> SILICATE2さん

面白そうなレポーをありがとうございます。感謝祭休暇にじっくり読んでみます。

> 5年くらい時間軸がズレていないか?を疑うレベル
> まだ100%まで信じきる事が出来ない情報

私は前のレスでこう書いた通り、VWの230万円EV話には半信半疑です。

ただ後追いでVW会長が「(eゴルフより)40%安い」「各モデルのディーゼル版ぐらいの価格(= ハイブリッド車並み)」との発言を海外記事で確認しています。イーロン・マスクではなくVW会長の言葉ですので、本当に2020年にこれが出てくる公算は高いと思います。どうやってそのありえない価格を実現するのか?を考察するのも良いでしょう。

2016年秋のForbes誌でのトヨタアクア開発者小木曽氏が「レンジ250kmのEVの製造コストはハイブリッド以下が既に可能」としています。ただこの続きに「これが300kmだと2025年までは掛かる」という、たった50km分のコストを埋めるのになんでそんなに?という不可解な発言があり、なんとも解釈に困るところです。250kmがJC08だとすると4割引きで考えて150kmがリアル。「300km」が500kmの誤り or 4割引き後の数字なら合点がいくのですが。VWのCEOはそれを2020年だと言っているので大変にアグレッシブです。先月にはEVによるクルマ産業への壊滅的打撃まをご丁寧に警告しています。中国で強いというのが強気発言の根拠?

日本では見事なまでにスルーされているVW会長の最近の発言ですが。。。

モデル3の標準モデルは推定50kWhのリアル353kmで396万円。テスラは最近、モデル3用のNAC正極のリチウムイオンの容量アップに複数のブレークスルー技術を持っていること、そして標準モデル用に小型軽量化した新しいパックを用意していることを仄めかしています。新しいパックと電池技術で40kWh〜45kWhの小容量でリアル300kmは
割と実現しそうなスペックです。

VWがモデル3に迫る高効率なパワートレインを持っているかが鍵でしょうね。

ここからは脱線ですが、モデル3の電費より優れるEV/PHEVはヒュンダイIONIQとプリウスPHVだけで、それぞれ300kg、200kgも車重が軽いです。優れているといっても5%未満。モデル3の標準モデルのスペックが明らかになった時点で抜かれる可能性があると思います。

書込番号:22256829

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/16 06:03(7ヶ月以上前)

続きです。

任期途中で退任したミューラーCEOに代わって4月からVWのCEOを務めるのが現ディース(ディエス?)会長。ボッシュやBMWに長くいた人のようで、エンジン部門のコストカッターの面ではしがらみが少なそう。前CEOを途中退任させたということは、そういう役割が現CEOには期待されていると見て間違いない気が私はします。EVによる自動車産業のクラッシュに備えよ!的な発言をしてますし、ミューラーCEO時代にエンジン部門縮小の道筋(労使間合意)が作られています。

格安EVで利益を出すには相当な出血も覚悟済みだ。という風に見えます。
余談ですが、取締役時代にテスラをずいぶんと高く評価するコメントを出しています。

米テスラ、VWにない能力持っている=VW幹部
https://jp.reuters.com/article/volkswagen-tesla-diess-idJPKBN1AN07V

書込番号:22256859

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/16 06:58(7ヶ月以上前)

連投かつ脱線すみません。
プリウスPHVの将来動向にも大きな影響を与える可能性がある話題と思いまして。

どうやら11/16にVWがEVに傾注するか否かの運命が決まるようです。

VW、EV増産に向け協議へ
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO37700640T11C18A1000000?unlock=1&s=0

大きなリストラを伴うこと確実で揉めそうに思えますがさて。
トヨタを始めとする全ての自動車メーカーにも、いつかこういう日が来るのですかね。。

やる方に決まったら業界大激震ではないでしょうか?

書込番号:22256923

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/16 17:45(7ヶ月以上前)

 個体電池によるブレークスルーは、上記論文の予測には入っていない?ような気がします。
LEDのような日本発のブレークスルーが待ち遠しいです。 原理と素材に強い日本?

自動車会社の予測のほうが、危機感含めて合っているように感じるのですが。
勝手な感ですが、2022年頃にブレークする?


 ボディ安全強度を含め、VWが評価するほどテスラは先進な会社かと今更ながら感心します。

制御・操作・情報系が標準化され、機能がソフトウェアでアップデートできる仕掛けの車という発想は、
これまでの車造りには無かった視点ですね。

日本車もコネクティッドカーと称していますが、テスラ車はすべてコネクトされてるのでは。


 今頃VWはもめてる?訳ですね。明日には判るのでしょうか。
日本なら、そんな過激な有言転換はしないで、徐々に(気づかれぬよう)進めると思ったりです。
国民性の違いか、日本が特殊な国かは、視点次第のようですが、どっちがしたたなのか。。。

エンジン廻りのパーツメーカーや加工メーカーは、業種転換しないと生き残れない。。
もっとも、30年以上同じこと続けられる会社は、あまり無いそうですが。

以上、ありふれた話で。
(脱線)
そろそろ買いかと、4KのPCモニタ漁って比べてポチるのに手間取ってました。
8年振りに27インチ2Kから32インチ4Kにアップデートしてみます。ホント安くなりました、お隣大陸のお陰です。
12月からBSの4K試験放送が始まる日本ですが、アメリカはどうでしょうか。

書込番号:22257914

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/17 03:52(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

VWのアグレッシブなプランが、労組が過半数を占める(欧州では珍しくないらしい)取締役会で承認されたそうです。2023年までに500億ドル(5.6兆円)もの巨額費用がモビリティサービス・自動運転・電動化などに投下され、ドイツ2工場のEV専用化&省力化&、従業員への仕事保証などと一体パッケージになっているようです。その費用で2025年までにピュアEVをなんと50車種。

VWという会社はグループで見ると、量販車のVW、高級車のアウディ&ポルシェ、セアトなどローカルなサブブランドを持ち、量販車EVは薄利多売、アウディ・ポルシェは高収益という戦略が取りやすそうです。フォードがEVの共同生産に噛むという噂もあります。

ホンダの中国専用EVのニュースもまあ驚きはしましたが、VWのこのニュースに比べるとかなりインパクトが弱いと感じてしまいます。こちらはグループ丸掛かりでの大転換宣言ですので。

> 個体電池によるブレークスルーは、上記論文の予測には入っていない?ような気がします。

従来のやり方での市場予測では先が読めない時代に入っていると感じます。何故ならテスラの計画もVWの今回の計画も、過去に例のない規模と方向性を持つものですので。彼らの価格破壊EVが、集団としての「人」の心理を動かせるかどうかも結果は大きく変わるでしょう。

> ボディ安全強度を含め、VWが評価するほどテスラは先進な会社かと今更ながら感心します。

側面衝突時にバッテリーパックが強固な防護壁になること、重心をセンター低くに集めて操縦安定性を確保しやすいのはEV/PHEVの隠れメリットだと思います。

> 12月からBSの4K試験放送が始まる日本ですが、アメリカはどうでしょうか。

アメリカの4Kコンテンツは、AmazonやAppleのストリーミングサービスや一部のケーブル・衛星で始まっていますがいわゆる地デジには数年先?。PCモニターで横に長〜いのが欲しいです。

書込番号:22258992

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/17 09:38(7ヶ月以上前)

フォリオさん

VWのニュース、早速送ってもらって。
承認されましたか、世界の動きが変わった日、他も影響受けるでしょうね。
さすが割り切り良い国、早めに思い切って手を打つ勇気とベクトルの集結。

ところで
>モビリティサービス・自動運転・電動化などに投下され
の中で、EVの長所を生かせるモビリティサービスやカーシェアリングなどに
どんなビジョンを持っているのか、見当が付かないという田舎日本人思考にはまってます。
都市部と地方でサービス形態がかなり違うだろうとか、想像がつきません。

ホンダの中国専用EVのニュース、先ほど読みました。
日本では動きが速いメーカーですね。
日本国内の販売台数はこれからも減る一方なので、海外展開重視?

PCの4K HDRモニタはまだ動作不安定のようで、PCとの相性もお試しです。
Made in Chinaは格安ですが品質管理抜け抜けなので、ハズレくじ対策覚悟(笑)でamazonクリック。

アメリカから横長モニタ持ち帰るのって簡単ですか、5年以上滞在なら元取れますか。

書込番号:22259300

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/17 09:50(7ヶ月以上前)

EV工場になる2つのVWファクトリーを、Google Mapで拝見しました。
ひとつはオランダ沿岸河口の対岸にある立派な広い敷地、新車と思われる大量保管スペース。
あと1か所も、北ドイツのフランス寄りの内陸。 驚きました。

書込番号:22259326

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1161件Goodアンサー獲得:8件

2018/11/17 13:55(7ヶ月以上前)

>PC楽しむおやじさん

VWのコンセプトEVのI.D.をよく見ると、ホイールベースが長くて前後オーバーハングが極端に短い。特にフロントの短さは電動パワートレインならではの特徴で、その分キャビンスペースが広く取れるというVWの主張もナルホドな〜と思いました。

コスパに優れたEVは何も新車だけとは限りません。今でもiPhone 6sや7の人気が根強いように、主に富裕層がテスラモデル3を新車で買い、3~5年乗った後で中古車として「初めてのEV」購買層へ流れる。アメリカではテスラ乗りの80%がまたテスラに乗り換えているそうです。トヨタでも70%ぐらいだとか。

バッテリー劣化が気にならないレベルの個体なら、例え5万キロ10万キロ走っていても、EVなのでパワートレインはほぼ新車に近い能力を維持しているでしょう。ソフトウェアの更新で陳腐化も最小限に抑えられるとあれば、最新iOS搭載の旧機種iPhoneようなものです。

2021年ともなれば市場に既に100万台を超える大量のモデル3が出回っている(アメリカ)と思われ、その頃に登場するライバルメーカーのEVは、最新ソフトウェア搭載の安価な中古モデル3とも戦わなければなりません。EV後発組にとってこれは案外キツい盲点だと思います。

EV時代になると車体自体の耐用年数が伸びるので従来通りの「売って儲ける」式のビジネスが難しくなります。それを見越しての「モバイルサービス」ビジネスへの移行なのだと思いますが、VWが何をしようとしているかは私もまだ調査不足です。

私の理想は、自分のクルマが自分が必要としない就業中などの時間帯に、自動運転のライドサービスでお小遣いを稼いでくれることです(笑)

書込番号:22259772 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1293件 プリウスPHV 2017年モデルのオーナープリウスPHV 2017年モデルの満足度5

2018/11/17 17:10(7ヶ月以上前)

フォリオさん
EVのフロントオーバハング短縮は判ります。
そこだけは軽トラも負けてませんけど(笑)
Youtubeでは胴体縮むEVまであって、アルマジロ的。

PCやモバイルは、Mac,iPhoneより触れるWindows desktopとAndroid中華phone愛用です。
コスト優先、自由気まま派で、これじゃテスラに嫌われますか。

おーなるほど、モバイルサービス×自動運転=違う付加価値が芽生えそうですね。

>「売って儲ける」式のビジネスが難しくなります。
そうですね、日本メーカーもそれで危機感持ってる訳ですか。

モバイルサービスは、ソフトとハード面も充実させて欲しいです。
パワートレインの耐久性が増すと、エクステリアやインテリアのユニット交換も簡単にしたい。
着せ替えやリビルドでシートのヘタリやデザインなど変更できたら、プラモデル的。

電動は油汚れ少なくて、メンテも気持ちよい、触り放題の範囲が増えそうです。
設計次第ですが、ユーザーに喜ばれる展開になって欲しいです。
知人は軽スポーツ車のエンジンプログラムをPCで触ってますが、更に楽になりそう?
CFRPボディ化で板金よ さようなら。多少凹んでもすぐ戻りますかね。

そんな将来展望からしても、PHVはどうみても過渡期の構成ですか。

FCVフォークリフトの水素充填例は1kgが3分間ですが、
距離換算ではEVのチャージの方が将来早くなるかもしれません。
只、ソーラー電力で水素作って充填できるユニットは、素晴らしいです。

書込番号:22260114

ナイスクチコミ!0


NR900Rさん
クチコミ投稿数:368件Goodアンサー獲得:8件

2019/01/09 00:09(5ヶ月以上前)

将来EV車のみというのは、HVも含んでるです

同一エリアで数万台のEVが同時に充電を始めると、ブラックアウトしますよ

EV専用スマートコンセントでブロック別充電(供給元が一定時間間隔で充電休止をする)その代わりお安くなるのが現実的でしょう


3時間充電器に繋いでも、白昼だと実充電時間は50%とか、充電器の選択はエリア毎にランダム選択されるとか。

書込番号:22381303

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の価格帯を見る

プリウスPHV
トヨタ

プリウスPHV

新車価格帯:317〜426万円

中古車価格帯:207〜444万円

プリウスPHV 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <305

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング