『暖房ONでエンジン始動、でも充電はされないのはなぜ?』のクチコミ掲示板

このページの先頭へ
クチコミ掲示板 > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

『暖房ONでエンジン始動、でも充電はされないのはなぜ?』 のクチコミ掲示板

RSS

モデルの絞り込み絞り込みを解除すると全てのクチコミが表示されます。

選択中のモデル:ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル絞り込みを解除する


「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル」のクチコミ掲示板に
ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルを新規書き込みステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ26

返信14

お気に入りに追加

標準

自動車 > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

クチコミ投稿数:3件

ディーラーで聞けと言われそうですが、知っているかたいたら教えてください。

私も同じステップワゴンハイブリッドに乗っています。一つ不思議に思うことがあります。
最近寒くなってきたのでシートヒーターだけでは暖まらず運転席・助手席のエアコンをAutoで入れるのですが、
そうするととたんにエンジンがまわり始めます。

エンジンを動かし水温を上げて暖気を送っているのはわかるのですが、停車している時はインフォメーション
ディスプレイに表示されるエネルギーのマークはエンジンだけが動いているマークがでており、バッテリーに
充電されているという表示ではないのです。
(車を始動したばかりの時とかは、エンジンマークがついてグリーンのラインが電池へつながっていると思いますがそれではない)

折角エンジンを動かして熱を作るのであれば、バッテリーに充電すればいいのにと思うのですが、何か別のことに
電力を使っているんでしょうか。

車が動いているときは、エンジンからタイヤへブルーのラインがつながり、エンジンの電力で走っているというマークとなります。
ということは、暖房用に動いているエンジンでも発電はしている(当然のことだとは思いますが)ということになるのですが。

書込番号:22313528

ナイスクチコミ!3


返信する
梶原さん
クチコミ投稿数:6438件Goodアンサー獲得:222件

2018/12/09 23:30(10ヶ月以上前)

>トリ333さん

私の車はアコードハイブリッドの初期型の方ですが,充電している表示にならなくてもバッテリーには電力が溜まっているようで,しばらくするとEV走行になるということが時々あるような気がします。

また,停車中の充電については,十分な発電を行うためにはエンジン回転数が高くなり騒音の問題が考えられるので控えめにしているということではないかと思います。

最後に質問ですが,「最近寒くなってきたのでシートヒーターだけでは暖まらず運転席・助手席のエアコンをAutoで入れる」というのが,もし燃費を向上させるためであれば,電力だけで温めるヒーターよりは通常のエアコンの方が省エネ効果は高いのではないかと思います。順序を逆(エアコンAutoでは十分温まらない時にシートヒーターを入れる)とした方が燃費のためにはよくはないでしょうか?

書込番号:22313578

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3366件Goodアンサー獲得:159件

2018/12/10 00:13(10ヶ月以上前)

優先を表示しているのでは?

書込番号:22313689 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:406件Goodアンサー獲得:26件 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのオーナーステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度5

2018/12/10 07:47(10ヶ月以上前)

>トリ333さん
同様の事を思いますがバッテリー残量に応じての動作かと思われます
去年の真冬の経験ですが前の日にEVモードでバッテリーを減らした状態で帰宅し朝エンジンをかけてエアコンを入れると充電のパワーフロー表示になります
恐らく停止時のエンジンからの充電は残量的に7割くらいにまでにとどめておく制御なのではないかな?と思います
夏場でも停止状態でエンジンが回ると7割くらいでエンジンが止まる様になってますし

書込番号:22314018 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


梶原さん
クチコミ投稿数:6438件Goodアンサー獲得:222件

2018/12/10 08:07(10ヶ月以上前)

>トリ333さん

今朝出勤時に改めて見てみましたが,発進してすぐ信号待ちで停車したところ,エンジンはかかりっぱなしで,エネルギーフローは全く表示されないという状態でした。その時バッテリーの充電状態を示すバーは3つ付いていましたが,その信号待ちの間に4になりました。エネルギーフローの表示は全く何も表示されていない状態でした。

その後走り出すと,エンジンとバッテリーの両方からタイヤの方へエネルギーは流れているようなアニメーションとなり,しばらくはあまりエンジン回転数が上がらずバッテリーの方は残り2まで減ったところで,おそらくエンジンが少し温まったためではないかと思いますが,エンジン音の方は少し大きくなり本格的な充電が始まったような感じでした。ちなみに外気温は3度Cで,シートヒーターはついていませんが最初のアイドリングの時はエアコンはオフで,次にエンジンがかかったときにオンにしています。 これは,購入してすぐの頃少しでも燃費を良くしようと持って,エンジンが温まるまでエアコンを切っていたことの名残で,今ではあまり意味はないのではないかと思っていますが,どうせ暖かい空気は出てこないのでそのまま続けています。

書込番号:22314044

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:406件Goodアンサー獲得:26件 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのオーナーステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度5

2018/12/10 22:32(10ヶ月以上前)

すみません上記の投稿で間違いがあったので訂正させてください
7割ではなく半分の状態で充電のパワーフローは消えました
ついでに先程試したのですがエアコンオフでEV走行をし充電が入った状態で停止しエンジン停止まで待つとバッテリーは半分でした
改めてエアコンオフから充電開始まで持っていき
その後停止状態のままエアコンを入れるとバッテリー半分までは充電状態になりその後エンジンが回り続けてもメモリは増えることがありませんでした
バッテリー充電は勿体無いですが停止状態では半分までのようです
走るともっと充電してくれるのに勿体無いですね

書込番号:22315753 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3件

2018/12/11 00:21(10ヶ月以上前)

返信頂きありがとうございます。

実際にステップワゴンで実験されたともかずあるふぁさんの結果は、私が感じた状況と同じ状況なので
このような制御が入っていると考えるべきなのでしょうね。ホント、充電できるのであれば充電する制御に
した方が燃費も良くなるのにもったいないですね。それと、テスト方法も書いていただいていたので、
私も自分で試してみたいと思います。

アコードでは、表示は出ないものの実際には充電されているとのことでしたが、ちなみにバッテリーバーの本数が
4本というのは全体の何パーセントになるか気になるところです。半分を超えているのであれば、もともと半分以上
の充電がある状態でも暖房用に回すエンジンで充電される仕様だったのにわざわざ制限をかけたことが不思議で
なりません・・・・・。

最後に、シートヒーターについてですが、どこかの動画にこうすることで燃費が良くなると書かれていたことを
実施し続けているだけで、エアコンONとの比較を実際にしたことはありません。考え方としても、エンジンがかからない
シートヒーターの方がエンジンがかかるエアコンONよりは燃費が良くなるというのは納得できると感じています。
(エンジンのかかる頻度がシートヒーターの方が極端に少なく感じます)

尚、設定としては2列目以降用のエアコンは常にON(なぜかこれではエンジンはかかりません)、運転席・助手席はOFF、
シートヒーターONで、それでも寒ければ運転席・助手席をONにするという方法で乗っているので車内がまったく暖まらないという
ことでもないですし、エンジンのかかる頻度も少ないからよいかなと。

書込番号:22316038

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2424件Goodアンサー獲得:90件

2018/12/11 00:56(10ヶ月以上前)

>トリ333さん

FIT乗りです。

その暖房時アイドリングですが、FITと同じ制御であれば暖気時や充電アイドリングの半分の燃料で回っている超省エネアイドリングになっていると思います。
レーダー探知機の情報表示では燃料噴射時間が半分になっていますから。

因みに暖気時のエネルギーフローはバッテリーに充電しているように表示してると思いますが、実際には充電していません。
以外にあのフロー表示は嘘付きます。(苦笑

書込番号:22316097

ナイスクチコミ!4


梶原さん
クチコミ投稿数:6438件Goodアンサー獲得:222件

2018/12/11 07:37(10ヶ月以上前)

>トリ333さん

確かに。ステップワゴンはアコードより室内が広いため、エアコンよりはシートヒーターの方が効率が良いのかもしれません。私の車でも、エンジンが温まる前にエアコンをオンにすると、熱を発生させるためだけにエンジンがかかっていると思われる時間があるような気がして燃費に悪影響を与えるような気がしていました。そのため、一旦エンジンが温まってから、次に充電のためにエンジンがかかるのを待ってエアコンをオンにするようになってしまいました。繰り返しになりますが、どうせエンジンが温まるまでは暖かい風は出ないのでそれで実際的な問題はあまりないように思います。

ところで、シートヒーターで使う電力ですが、エアコンの送風機(ファン)に比べれば消費電力は大きいような気がするのですが、実際にはそれほど大きくはないのですかね? 家庭用エアコンの場合は、エンジンの排熱などないので完全に電力だけで熱を作り出しているわけですが、それでも電気ストーブよりはずっとエネルギー効率は良いと言われています。車の場合は、熱はエンジンが作り出すのでガソリンがもったいないというのはわかりますが、どうせ車を前に進めるためにはエンジンで発電せざるを得ないので、その排熱を使った方がよくはないですかね?

書込番号:22316316

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:406件Goodアンサー獲得:26件 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのオーナーステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度5

2018/12/11 13:35(10ヶ月以上前)

>梶原さん
走行する場所で変わると思います
住宅地や一車線道路などでは頻繁に信号待ちからの停止や、加速があります
そう行った場合はエアコンオフの方がやはりいいと思います
ある程度走行時間が経ったらエアコンを入れますが

逆にバイパスなど60キロ前後で巡航できる場合ではエンジンが稼働する比率が多くなるのでエアコンオフのメリットは少なくなると思います

なので私は駅への送り迎えなど短時間の場合はエアコンオフと使い分けております

書込番号:22316918 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


梶原さん
クチコミ投稿数:6438件Goodアンサー獲得:222件

2018/12/11 16:35(10ヶ月以上前)

>ともかずあるふぁさん

私も短距離の場合はエアコンオフです。結構寒いですが,どうせ着くころに少し生暖かい風が出るくらいと,そもそもエアコンの暖房は効きが非常に悪いです。 燃費の方は普通の2000CC車くらいのリッター数キロ止まりとかで,良い時が良いだけに短距離だとかなり悪くなった気がします。

書込番号:22317192

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3件

2018/12/12 00:44(10ヶ月以上前)

梶原さんの言われている通り、走行中のエンジンを使っている間は、エアコンONのがよさそうですね。
停車が多くなる場合は、無駄にエンジンを回すのでともかずあるふぁさんの使い方がON、OFFの切り替え手間も
含めるとよいように感じました。

そして、槍騎兵EVOさんのエネルギーフローの表示が正しくないというのが気になるところです。
レーダー探知機の情報表示でもしかしてバッテリーへの充電状況も表示できたりするのでしょうか?
もし、そうであればエネルギーフローと比較で簡単にわかりますね。

書込番号:22318360

ナイスクチコミ!2


梶原さん
クチコミ投稿数:6438件Goodアンサー獲得:222件

2018/12/12 08:24(10ヶ月以上前)

>トリ333さん

すみません。途中から燃料節約の話になって本題から逸れてしまいました。

暖房ONでエンジンが始動するのは熱を発生させるため,これは多分間違い無いと思いますが,それで充電しないのは多分速度が遅い時にはエンジン音が大きくならないようにエンジン回転数があまり上がらないような制御になっているからでは無いかという気がしています。

私のアコードハイブリッドは初期型のため,エンジンがかかるといきなりフルパワーで充電しているような感じで,それまで静かだったのが突然うるさくなって,慣れるのに結構時間がかかりました。 もう5年経つので慣れたのかもしれませんが,途中の整備のどこかで制御プログラムが変わり,必要がない限りあまり急にエンジン回転数が上がらないようになった気がします。 特に停車中や低速で走行中は,周囲へのエンジン音にも配慮したのではないかという気がします。

その時でも充電はしているようだと書いたことから話が逸れてしまいましたが,充電は多分されているのではないかと思いますが,フルパワーで充電しているわけではないのでインジケーターは動かない,そう考えて良いのではないかと思います。理由は先に書いた通りで,実際はバッテリーの充電量が増えたからです。 なお,途中でお尋ねのインジケーターメモリですが,多分全部で10,それを100%とすると,ゆっくり走っているときは,バッテリー残量が30%(3メモリ)まで減ってちょっとすると充電が始まり,3から4目盛くらいで充電は止まる。 比較的速い速度で走っているときはそれが上方へ広がる感じで,充電の終わるときの残量が多くなり,高速道路などでは8割くらいまで充電されてからエンジンが止まるような気がします。

回生ブレーキでできるだけエネルギーを回収するためには常にバッテリーが空の状態にしておくのが最も有利ですが,それでは加速時に電力で加速できないので,強力な加速が必要そうな走行条件では多めに充電,そうでなければ3割くらいまで充電,とそんな制御になっているのではないかと思います。

書込番号:22318732

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2424件Goodアンサー獲得:90件

2018/12/13 23:51(10ヶ月以上前)

>トリ333さん

>レーダー探知機の情報表示でもしかしてバッテリーへの充電状況も表示できたりするのでしょうか?
>もし、そうであればエネルギーフローと比較で簡単にわかりますね。

バッテリーへの充電状況はレーダーの方では分かりません。
私の場合はハイブリッドモニターと言うものをさらに別に付けていて、そちらで見ています。
このモニターはバッテリーの充電量も1%単位で分かりますし、充電、放電の状況も 99〜-99で表示してくれるので非常に便利です。
ただ、ステップにも付けられるか不明です。

書込番号:22322655

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:406件Goodアンサー獲得:26件 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのオーナーステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルの満足度5

2018/12/14 01:03(10ヶ月以上前)

>梶原さん
一応気になってホンダのお客様サービスに問い合わせしましたが
回答としては停止中一定の残量までしか充電はしませんとのことです
発電負荷を減らして燃料節約しているそうです
ただ走行中はスピードに応じて残量は変動するそうです
なので停止中は5割までで走行中はおっしゃる通り変動します
ただ経験で思うのは40キロ前後の低速だと水温が低い状態ではバッテリーに充電しながらエンジンが回るのでどうしても8割位まで増えてしまっているなと言う感じかと思います
たまる頃には水温が上がっているのでその後はEVで走るかなぁって感じです

書込番号:22322777 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の価格帯を見る

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
ホンダ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

新車価格帯:330〜360万円

中古車価格帯:239〜375万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <379

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月11日

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング