『本機とニコンP1000望遠端の性能』のクチコミ掲示板

サイバーショット DSC-RX10M4

  • 有効約2010万画素メモリー一体1.0型積層型CMOSセンサーを、「RX10」シリーズとして初搭載したデジタルカメラ。
  • 像面位相差AF方式とコントラストAF方式を併用する「ファストハイブリッドAF」を搭載。レンズの駆動制御を最適化することにより、0.03秒の高速AFを実現。
  • 撮像エリアの約65%をカバーする範囲に、315点の像面位相差AFセンサーを配置。小さな被写体や動く被写体も高い精度で捉える。
サイバーショット DSC-RX10M4 製品画像

最安価格(税込):¥156,480 (前週比:-500円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2017年10月 6日

店頭参考価格帯:¥156,480 〜 ¥184,480 (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

画素数:2100万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:25倍 撮影枚数:400枚 備考:顔検出/瞳AF/スイングパノラマ/スマイルシャッター サイバーショット DSC-RX10M4のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • サイバーショット DSC-RX10M4の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX10M4の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX10M4の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX10M4の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX10M4のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX10M4の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX10M4のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX10M4のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX10M4の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX10M4のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX10M4のオークション

サイバーショット DSC-RX10M4SONY

最安価格(税込):¥156,480 (前週比:-500円↓) 発売日:2017年10月 6日

  • サイバーショット DSC-RX10M4の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX10M4の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX10M4の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX10M4の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX10M4のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX10M4の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX10M4のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX10M4のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX10M4の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX10M4のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX10M4のオークション
クチコミ掲示板 > カメラ > デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX10M4

『本機とニコンP1000望遠端の性能』 のクチコミ掲示板

RSS


「サイバーショット DSC-RX10M4」のクチコミ掲示板に
サイバーショット DSC-RX10M4を新規書き込みサイバーショット DSC-RX10M4をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ27

返信18

お気に入りに追加

標準

本機とニコンP1000望遠端の性能

2019/06/01 18:43(1ヶ月以上前)


デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX10M4

クチコミ投稿数:74件

本機を野鳥撮影に利用しており,高速AFに大変助けられております。

さて望遠端を用いた遠景の解像度勝負となりますと,ニコンP1000が比較対象と思われます。
両者の望遠端を比較しますと,等価的な焦点距離はP1000が3000mmで圧勝するわけですが,
本来の光学系の解像性能を考えると以下のようになると想像します。

RX10M4 換算600mm F4 実焦点距離220mm
P1000 換算3000mm F8 実焦点距離539mm

実焦点距離で比較してもP1000のほうが2.4倍長いですが,F値が2倍暗くなってしまいます。
レンズの回折限界を考慮しますと,解像度はF値に反比例して低下しますので,
P1000は焦点距離2.4倍のF値2倍,相殺してRX10M4よりも1.2倍の解像度が得られることになります。

ところが1/2.3センサーは言うまでもなく1インチセンサーの1/5.3という極小面積ですから,
1.2倍の解像度を有するレンズから得られる画像データは1.2/5.3=0.23に過ぎません。
よってP1000はRX10M4と比較して,同じ対象物を1.2倍細かく捉えられるが,
フレーム面積が1/5.3しかないので捉えるのが難しいと言えます。

というような理由でP1000試してみたいという誘惑を抑えております。
しかしP1000は昔の使いにくかったデジスコ撮影を実用的にしてくれたという成果があるかもしれません。

ちなみに両者のセンサー画素ピッチと回折限界を考慮したレンズ性能は以下になります。
RX10M4 画素ピッチ: 2.4um レンズ最大F値: 3.6
P1000 画素ピッチ: 1.4um レンズ最大F値: 2.0 (!)

P1000は開放F2.0で回折限界に迫る顕微鏡か半導体露光装置のようなレンズが無いと,
センサーから出てくる画像はボケボケということになります。
現実はF8レンズですから,センサーピッチに対して解像度が4倍も不足するトンデモ設計,
過去多くの望遠コンデジと同様のカタログスペック優先ということでしょう。

RX10M4はF4ですので,この試算通りの回折限界を考慮したレンズ設計です。
望遠端でも解像度が落ちない,安心設計!?といったところでしょうか。

書込番号:22706625

ナイスクチコミ!5


返信する
クチコミ投稿数:5076件Goodアンサー獲得:374件 縁側-カメラは猫写性能で選んでますか?の掲示板Simplog 

2019/06/01 21:26(1ヶ月以上前)

色々と計算お疲れさまです。
だがしかし、実際の撮影では、3000mmが必用なのか、600mmで充分なのか?
だと思います。3000mmが必要な場合は、RX10m4では役不足ですが、600mmで充分な場合は、RX10m4の方が圧倒的に画質が良いでしょう。

書込番号:22706981 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!5


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/02 01:03(1ヶ月以上前)

>microchipatmelさん

有効(口)径→ドーズ限界の分解能の比較はされないのですか?

レイリー限界でも、有効(口)径→分解能の式がありますけど。
(元の式がラジアン表記なので検討を諦めたり、検討していても流用元の式の計算間違いをそのまま使っているHPがありますが(^^;)

いずれにしても、
「対物側の分解能」として有効(口)径を、
「像側の分解能」として(多くの人が知っているほうの)レイリー限界を使うとしっくりいくような?

書込番号:22707444 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/02 01:24(1ヶ月以上前)

ついでに(^^;

>フレーム面積が1/5.3しかないので捉えるのが難しいと言えます。

実焦点距離と換算焦点距離の公称値に拠れば、
・RX10M4:対角≒15.86mm、長辺≒13.2mm、短辺≒8.8mm、面積≒116.16mm2
・P1000:対角≒7.77mm、長辺≒6.22mm、短辺≒4.66mm、面積≒29.01mm2

・・・というわけで、面積比≒116.16/29.01≒4.0047倍になります(^^;

※1/2型以上の撮像素子は「16mm基準」、
1/2型【未満】の撮像素子は【18mm基準】になっていますが、この歪は「本来なら約1/2.67型」の対角6mmの撮像素子を【1/3型】として売り出してから【慣習】になったようです(^^;

書込番号:22707470 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:74件

2019/06/02 01:44(1ヶ月以上前)

>でぶねこ☆さん
コメント頂きありがとうございます。
本当に、このコンデジは高画質で軽くて助かります。
一眼レフと100-400mmの出番が無くなってしまいました。

>ありがとう、世界さん
いろいろとご教示いただき、誠にありがとうございます。
レイリー散乱とかドーズ限界、以前天体望遠鏡に凝っていた時期を思い出しました!
今回のF値の話はドーズ限界の話になりましょうか。
私自身は全くの素人でして、両限界が違う基準であることすら意識しておりませんでした。
野鳥写真の場合は画像のコントラストですから、ドーズ限界のほうが影響するような気がしております。

またセンサーサイズの話は全く知りませんでした。ありがとうございます。
つまり、インチ表記を信じるなということですね・・・途中で基準値が変わってしまうとは驚愕です。
対角何ミリという数値のみを信じるようにします。

個人的にソニー様には、1インチセンサーにて1000mm F4の大台を期待しております。
フルサイズ高解像度センサー+大砲レンズの画質を片鱗だけでも味わいたい!

書込番号:22707487

ナイスクチコミ!0


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/02 01:59(1ヶ月以上前)

>インチ表記を信じるなということですね・・・

国内の商取引上は、特殊な場合を除いてインチ表記で売れないので、その意味ではインチを気にしなくても問題ありません(^^;

しかし、本来はどうか?というと、撮像「管」時代に遡ります。

例えば「外径1インチ撮像管」の有効面の対角線長が16mm程度で、1インチ撮像管用「レンズ」をそのまま使う事ができる撮像「板」が出来て、
「管」から「板」への移行があっても「撮像管の外径基準の呼び名」は残ったわけです(^^;

書込番号:22707498 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


銅メダル クチコミ投稿数:5486件Goodアンサー獲得:234件 縁側-比較サンプルなどの掲示板

2019/06/02 05:41(1ヶ月以上前)

取り出した換算3000mm情報。
その痩せた情報量の有効性はいかに?
でしょうね。

痩せ我慢した使い方より、
土俵にあった機材を選んだほうが、
妙な心配事がなくて良い。かと思います。

書込番号:22707595 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:896件Goodアンサー獲得:29件

2019/06/02 08:37(1ヶ月以上前)

>ありがとう、世界さん

昔は真空管が基準になっているようなところがありましたね。

サチコンに代表される撮像管がインチ表示で、実際の撮影範囲にかかわらず、そのサイズより大きなイメージサークルは必要ないとか、そういう便法もあっただろうと思います。

撮像管になかったサイズも未だに実画面より大きいインチ表記なのが面白いですね。
撮像管で作ったら、という大きさになっています。

テレビなんかはブラウン管の外形基準で、フラットパネルが一般的になってきて実画面基準でVを付けて表記するようになりましたが、今はそのV表記がなくなりつつあります。


え〜、ニコンのP1000ですが、たまにフィールドで使っている人を見かけます。
大きくて、取り扱いにくい印象です。
殆どの場合、3000mmは必要なく、これ一台ですと、これを持ち歩く以外になくなってしまいますし、それを考えた方がいいと思います。

3000mmと言えば、プロでも殆ど使わない超望遠領域ですし、大気の揺らぎも相当見えてしまいますから、画質を期待するものでもないと思います。
対象を見失った場合に使えるクイックバックズーム機能は、便利そうです。

書込番号:22707773

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/02 12:10(1ヶ月以上前)

>テレビなんかはブラウン管の外形基準

私の知る限りでは、欧州ではブラウン管の実表示部分の表記に変わったりとかで、益々複雑ですね(^^;


>P1000

望遠端開放Fでの有効(口)径≒67.38mm(※RX10M4は55mm)、ドーズ限界は1.72秒角。

分解能の秒角は(そのままでは)世間一般としては使い道が無いに等しいので、別の表記について有効(口)径から直接計算しますと、

撮影距離に対応する分解能(※比率)≒1/(1781*有効(口)径[mm])

有効(口)径≒67.38mmを代入すると、

≒1/(1781*有効(口)径[mm])
≒1/(1781*67.38)
≒1/120004≒1/12万

計算上では分解能「1mm」に対して「距離12万mm」つまり「120m」。

分解能 → 距離
10mm → 1200m ※遠くなると空気の揺らぎ等で結果に大差あり
1mm → 120 m
0.5mm → 60 m
0.2mm → 24 m
0.1mm → 12 m

ということで、地上撮影時に「限界の目安」として利用すれば、試行錯誤のうち「全く無駄な時間」を節約できると思います(^^;

【注意】
撮影距離に対応する分解能(※比率)≒1/(1781*有効(口)径[mm])

ドーズ限界は「2点間の分解能」です。

書込番号:22708157 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:74件

2019/06/02 16:20(1ヶ月以上前)

>ありがとう、世界さん
分解能を距離で考えると、やはり分かりやすいですね。
物理的な限界は超えられませんから、冷静なモノ選びができます。

書込番号:22708658 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/02 17:59(1ヶ月以上前)

どうも(^^)

分解能に対して、P1000は画素数や必要なレンズ解像度に(かなり)余裕がありますが、
RX10M4では画素数や必要なレンズ解像度に余裕がありません。

それは計算が難しいところで、例えば画素数半分相当から1/4相当の間の条件に補正する必要がありそうです。

画素数半分相当から1/4相当の間の条件とは、
分解能が1/√2≒1/1.414~1/2ということで、
元が2.11秒角(≒1/9.8万)から、
2.98秒角(≒1/6.9万)~4.21秒角(≒1/4.9万)へと、P1000の半分前後になるかも知れません。

※千円札の「野口さん」の細密部を7m先からの撮り比べが有効かと。
(個人的には野口さんの肖像画の頭の近くの「NIPPON GINKO」と書かれたマイクロ文字
https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/security/bnnew3.htm/
に注目すべき?と思っています。


なお、望遠端の「画角」に対する分解能は換算焦点距離が短い分だけ有利になるので、
「何を比較するか?」で優劣が変わってきますね(^^;

書込番号:22708857 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/02 18:14(1ヶ月以上前)

補足しておきます(^^;

分解能 → 距離:P1000 、RX10M4(1/√2~1/2)
10mm → 1200m、980m(693~490m)
1mm → 120 m、98m(69~49m)
0.5mm → 60 m、49m(35~24m)
0.2mm → 24 m、19.6m(13.9~9.8m)
0.1mm → 12 m、 9.8m(6.9~4.9m)

書込番号:22708886 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


VF25さん
クチコミ投稿数:307件 サイバーショット DSC-RX10M4のオーナーサイバーショット DSC-RX10M4の満足度4

2019/06/05 09:56(1ヶ月以上前)

比べることにどんな意味があるのか不思議です。
極端に言えばP1000とD5 +800mm/F5.6とどっちが、、、?になりません?
目的が違うような。Rx10M4もフルサイズ機も被写体の画角を確保してよい写真を撮るカメラかと、P1000はそれが叶わないシチュエーションで使うカメラな気がします。若しくは野鳥の生態を証拠写真レベルで撮りたいとか?P1000で遠くの何かが撮れたと喜ぶのはありと思いますが、苦労して画角を確保して写したRZ10M4の写真の方が感動は大きいと思いますー

3000mm域での画質云々はどうなんですかね。光量、空気の揺らぎとか手振れ被写体ブレISO値、SSと色々な要素が絡み合って焦点距離、センサー画素数の単純計算通りの画質が現実で得られるのかもちょっと疑問です。

書込番号:22714480 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/05 10:28(1ヶ月以上前)

>センサー画素数の単純計算通りの画質が現実で得られるのかもちょっと疑問です。

ドーズ限界やレンズ解像度の「現実」で制約されます。

書込番号:22714525 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


VF25さん
クチコミ投稿数:307件 サイバーショット DSC-RX10M4のオーナーサイバーショット DSC-RX10M4の満足度4

2019/06/06 10:08(1ヶ月以上前)

現実は被写体は素早く動くしSSと光量の兼ね合いでISO値の確保もままならないことが多く、SO100とISO12800で被写体のディテールは全然ちがうと思うのですが、レンズと画素数の計算で現実はかなり分かっちゃうんですか?ならば一生懸命計算するのも良いですね。

書込番号:22716590 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/06 10:58(1ヶ月以上前)

前提条件次第ですね。

最大の不確定要素が「レンズ解像度」(^^;

書込番号:22716665 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/06 12:11(1ヶ月以上前)

ちなみに、CIPAの測定条件では、
照度2000 lx(ルクス)または対応する輝度が規定されていたりします。

※2000 lx(ルクス) ≒Lv(Ev)9.64

F4とISO100であれば標準露出の目安は 1/50s

書込番号:22716777 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1720件Goodアンサー獲得:54件

2019/06/17 20:49(1ヶ月以上前)

天体望遠鏡なら、解像度は口径で決まってしまうので簡単です。
より遠くの天体を詳しく観察したいなら、少しでも大きな口径の望遠鏡で観察したほうが良いです。
接眼レンズで拡大しても、解像度が改善向上するわけではありません。
ただ像を大きくして見やすくするだけです。
解像度が改善されないので、あまり拡大倍率の大きい接眼レンズで見ると、見て心地よくない解像感のない画像になってしまいます。
加工が精巧かそうでないかでも違いは出てきますが、理論上は、天体望遠鏡の解像度は口径で決まってしまいます。

カメラレンズの場合も口径が大きい方が解像度的には有利なのではないでしょうか。
なのて、高級なレンズほど口径が大きなレンズを使って、大きく重たくなっているのだと思います。

書込番号:22742320

ナイスクチコミ!0


銀メダル クチコミ投稿数:9037件Goodアンサー獲得:549件

2019/06/17 21:04(1ヶ月以上前)

機種不明

有効(口)径と望遠(画角、換算f、実f、etc)

>アスコセンダさん

少なくとも、望遠側を長くしたい分の有効(口)径は確保しようとしているようです(^^)

(添付画像のグラフ参照、P1000は未掲載)


※安価なビデオカメラでは、有効(口)径は二の次扱いです。あまりに酷いのでグラフ化する気にすらなりませんが(^^;

書込番号:22742374 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

サイバーショット DSC-RX10M4
SONY

サイバーショット DSC-RX10M4

最安価格(税込):¥156,480発売日:2017年10月 6日 価格.comの安さの理由は?

サイバーショット DSC-RX10M4をお気に入り製品に追加する <1383

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:7月19日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング