『色収差と画素調整について、他』のクチコミ掲示板

2017年10月下旬 発売

DLA-X990R [ブラック]

  • 明るい環境下でも4K高画質を楽しめる2000lmの高輝度を採用したプロジェクター。
  • 独自の色再現技術「Real Color Imaging Technology」や映像処理技術「Multiple Pixel Control」を搭載。
  • 左右のレンズが交互に開閉する「3Dアクティブシャッターメガネ」を使用することで、3D映像も楽しめる。
DLA-X990R [ブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥900,000

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:16:9 最大輝度:2000ルーメン コントラスト比:160000:1 対応解像度規格:〜4K DLA-X990R [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DLA-X990R [ブラック]の価格比較
  • DLA-X990R [ブラック]の店頭購入
  • DLA-X990R [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-X990R [ブラック]のレビュー
  • DLA-X990R [ブラック]のクチコミ
  • DLA-X990R [ブラック]の画像・動画
  • DLA-X990R [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-X990R [ブラック]のオークション

DLA-X990R [ブラック]JVC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月下旬

  • DLA-X990R [ブラック]の価格比較
  • DLA-X990R [ブラック]の店頭購入
  • DLA-X990R [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-X990R [ブラック]のレビュー
  • DLA-X990R [ブラック]のクチコミ
  • DLA-X990R [ブラック]の画像・動画
  • DLA-X990R [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-X990R [ブラック]のオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > プロジェクタ > JVC > DLA-X990R [ブラック]

『色収差と画素調整について、他』 のクチコミ掲示板

RSS


「DLA-X990R [ブラック]」のクチコミ掲示板に
DLA-X990R [ブラック]を新規書き込みDLA-X990R [ブラック]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ20

返信15

お気に入りに追加

標準

色収差と画素調整について、他

2018/10/12 13:07(1年以上前)


プロジェクタ > JVC > DLA-X990R [ブラック]

スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:683件

>ふえやっこだいさん

>700Rを130インチのシネスコで見ていますが、さすがにもう少し精細度が高かったらと
>思う事はありますが、それ以上に黒の性能が落ちる事には我慢はできませんから。

Xシリーズをご使用の皆様は画素調整はどうされているのでしょうか。
我が家ではアナモフィックレンズ使用時に周辺部(特に両サイド側)で盛大に
色ズレが起こりますので、画素調整機能のゾーン設定で無理矢理(合わせきれませんが)
追い込んだところ、見違えるほど全体的にフォーカス感(SD並→4K手前)が改善されて
画像に立体的な奥行感も出て来ました。(←個人的にシャープに切り込む映像が好きなので)
リアル4Kには当然及ばないでしょうがシネスコ115inch〜16×9 92inch程度では十分な精細度です。
近頃の機種では調整メモリーが2パターン登録出来るので、
平面用とカーブド用に使い分ける事が出来て便利です。

先行視聴会(特にYAMAHA合同イベントでは長時間 色々なソフトを見て)で感じた事ですが、
Vシリーズは黒が沈まない(→階調が不足)分を解像力で見せるイメージで、
「BLADE RUNNER 2049」を始めとして映画の最暗部が落としきれないため、
まるで白夜の光景でも見ている(色彩の深みも希薄な)感じが個人的に余り好きになれません。
Xシリーズのように最低輝度レベルが落とせる機種では暗部を持ち上げて浅く見せる事が
出来ると思いますが、逆はまず無理ではないでしょうか。
(沈まない黒はどうやっても沈まないと思います。)

現状でコントラストレンジと解像感のバランスで最強(限界)なのはV9Rだと思われますが、
Xシリーズがそうだったように5年程有れば更に両立出来る技術も熟成されるのではないでしょうか。
もちろん、今V9Rを買える人は迷うことなく買った方が幸せになれると思いますが。

書込番号:22177671

ナイスクチコミ!3


返信する
クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/10/12 19:24(1年以上前)

>Pastel-Kさん
>我が家ではアナモフィックレンズ使用時に周辺部(特に両サイド側)で盛大に色ズレが起こりますので、

アナモレンズを本体レンズにべた付きにしなかった時は、虹かと思うほど色ズレがありましたが、べた付きしても
両サイドでいくらか色ズレが起こります。

調整機能でいくらかやりましたが、大画面近接視聴(130インチシネスコ 視聴距離2.5m)のため、両端は視野に
入っているだけで見てないので、追い込まずに適当に済ませました。でも、追い込めばかなりいけると思います。

>Vシリーズは黒が沈まない(→階調が不足)分を解像力で見せるイメージで、「BLADE RUNNER 2049」を
始めとして映画の最暗部が落としきれないため、まるで白夜の光景でも見ている(色彩の深みも希薄な)感じが
個人的に余り好きになれません。

やはりそうですか・・・8万対1ですからね。恐らく私が700RからV7に変えたら、解像度の向上の満足以上に
不満が出ると思います。

なぜ黒が沈むと良いかというと、特に暗い場面ではプロジェクターなのに映像に光沢が出てくるんですよね。
また1画面で明暗の幅が広く取れると言うことは、同時に同一画面で描ける色の濃淡幅も広く取れますから
厚味のある画になります。コントラストが低いと映像が淡泊な薄い映像になります。

結果、ハイコントラストで色域の広いプロジェクターは、間接光なのに、まるで大画面の自発光ディスプレイの
映像を見ている感覚になります。ある意味、これが低コントラスト機との決定的差だと思います。

ネイティブ4Kで、990Rに近いハイコントラストの製品は可能かどうかは分かりませんが、恐らく第3世代以降に
なるでしょうね。

書込番号:22178334

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/10/12 20:23(1年以上前)

ノーマル

カーブド+ピンクッション

アナモレンズを導入する前の映像ですが、ハイコントラスト故の非常に濃厚で厚い映像です。

カーブド+ピンクッションは、カーブしている故に映像の空間に3次元が出現して背景から
人物が分離して浮き出ています。これがアナモになると、さらに空間に厚味が出てきます。

得意の暗い場面ではありませんが、明るい映像でも分かる部分があります、それは眼です。

黒(茶)色の瞳と、それに対する反射する眼の光の輝きが強く、これが生命感ある美しい肌と
合わせて主人公が吹き出す感情を感じ取れる、ここなんですよね。

700Rでこれですから、そんなに焦って買い替える必要はないかなと冷静になってきました。
セルソフトは買わないレンタル指向でBDしか見ないし、新筐体の3世代目を考えています。

しかし20LTDって、どんなバケモンなんだろう。

書込番号:22178460

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/10/12 20:43(1年以上前)

カーブドの映像がやや甘いですが、これはフォーカスが甘いのではなくて、撮影時にカメラが
少しぶれたからです。

肩が分かりやすいですが、ノーマルは左右の肩がほぼ同一平面上にあるように感じますが、
カーブドの方は、向かって左肩が手前、右側が向こう側にあるのが感じ取れます。

カーブドは高精細の奥行きの映像とハイコントラストの浮き上がる映像のどちらの3次元にも
効果的ですが、700Rの浮き上がる映像がはっきりと強化されていることが分かります。

書込番号:22178512

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/10/12 21:01(1年以上前)

平面

カーブド+ピンクッション

自作でカーブドスクリーンを作った時の映像ですが、人物の顔と背景が自然な遠近感になってます。
平面の方は、顔にピントが合って背景はぼけてますが、平面的な感じが拭えません。

また、ハイコントラスト故に背景の光に車の室内の黒やお腹の暗い部分が引っ張られない、これも
非常に濃厚な映像です。

書込番号:22178553

ナイスクチコミ!1


スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:683件

2018/11/03 00:40(1年以上前)

画素調整用クロスハッチ

少し前になりますが、前述の色収差の件を曲解されている方もいらっしゃったようですので
状況を分かりやすくするように写真を撮ってみました。

1枚目がアナモフィックレンズ装着状態での画素調整画面ですが、周辺部で若干の色ズレが
残ってます。(タブレットによる撮影ですのでハッチの白線が滲んで太く見えてますが…)

2枚目以降実画像ですが、周辺部の色ズレはほとんど感じられません。
それどころか、むしろ画面全体的にフォーカスが立って見える瞬間もしばしばで
左右に字幕が表示される時でも精細感の不足は感じていません。

本来なら多かれ少なかれフォーカスが後退しているはずのアナモフィック投写で
この状態ですから、全く文句は有りません。
それよりもアナモ使用のフル画素表示によって輝度・色ともに解像感が大幅UP。
階調表現でも威力を発揮してますから実写映画等では特に画像品位が上がってます。

表題の投稿の本意は「JVCのプロジェクターでは数ある調整機能を使っていく事で
素の状態よりもっと映像が良くなりますよ。」という事を主張したかったのですが…。

書込番号:22226314

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/11/03 12:11(1年以上前)

>「JVCのプロジェクターでは数ある調整機能を使っていく事で素の状態よりもっと映像が良くなりますよ」

まったくもっておっしゃるとおりです。 JVCも試聴会で細かい調整デモも、もっとやったら良かったと思います。

試聴会では、ほとんど「ランプ高」でデモしていますが、コントラストが上がるので 「ランプ低」にしています。
リビング環境なら「ランプ高」の方が良いと思います。


書込番号:22227069

ナイスクチコミ!0


スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:683件

2018/11/04 04:20(1年以上前)

HD BASICの1コマ

明るさも不足感なし

視聴会では定番

動画の参考はこの辺

>ふえやっこだいさん

>試聴会では、ほとんど「ランプ高」でデモしていますが、
>コントラストが上がるので「ランプ低」にしています。

自宅でも低輝度側を描き込みたいのでランプ「低」、「HDR」でアパーチャーを−12、
「フィルム・シネマ・THX」で−13、「ナチュラル・ユーザー」で−14まで落としてます。
環境測定ではトーン+1、暗部−1、明部−5が推奨値で、SDRではそのままですが、
HDR視聴時には画面輝度のバランスで持ち上げています。

明るさ・コントラスト・色の濃さ・色合いは画質モード毎に「HD BASIC」で規準を
合わせていますが、HDRに関しては規準がなく、視聴会での記憶を参考に寄せています。
果たして現在の設定で正しいのか?という事で、最近イベントで見る機会の多かった
「宮古島」を今更ながら入手し、Vシリーズの映像を思い出しながら調整してみると、
HDR常用値(トーン+5、暗部+3、明部−2)で何とぴったり。(の感じ)
ここからオートトーンマッピングの調整値を参考にしながら映画用に調整していくと
「BLADE RUNNER」(1982)あたりでトーン+8、暗部+3、明部−2で全編バッチリ。
アイリスを絞った状態では今までの調整値が割りと当たりだったと確認出来ました。
(レンズアパーチャーを開放して最黒レベルを浮かしてしまうのは避けたいので)

書込番号:22228834

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/11/04 11:54(1年以上前)

>自宅でも低輝度側を描き込みたいのでランプ「低」、「HDR」でアパーチャーを−12、
>「フィルム・シネマ・THX」で−13、「ナチュラル・ユーザー」で−14まで落としてます。

同じ発想で凄く安心します。最近は、HDRを活かす為にPJの最高輝度を競っているのが、
それに疑問を呈する意見がほとんどないのが、非常に不思議に思っています。

っていうか、凄く疑問に思ってたんですが、それ言うとまた「流れに逆らうけしからん奴」って
叩かれそうで控えてました。

テレビならともかく、消灯するPJにおいて、いつから明るさで性能を語るようになったのか。
レイロドールもHDRの明るさピークを稼ぐには優秀ですが、それで良いのかなと思います。

レイロドールは回帰性が非常に高いので迷光対策と言う意味では非常に良いスクリーンだと
思っています。

一昔前、「卵は血中コレステロール値とは関係ない」と言っては猛烈に叩かれてきましたが
ようやくそれが認められました。このPJの最高輝度の問題も同じ匂いがします。

書込番号:22229395

ナイスクチコミ!1


スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:683件

2018/11/05 22:53(1年以上前)

>ふえやっこだいさん

>最近は、HDRを活かす為にPJの最高輝度を競っているのが、
>それに疑問を呈する意見がほとんどないのが、非常に不思議に思っています。

自宅ではもう一方のリファレンスDLA-X95Rの方が770Rよりも画像の透明感・品位、
フォーカス感でも上ですが、これはレンズ・パネルが選別品である事と合わせて、
ネイティブコントラストとランプ出力のバランスが家庭シアターに適しているから
ではないかと感じています。(現在はランプ使用時間の関係からランプ「低」、
ユーザーモードでアパーチャー −7、シネマ系で−5に設定してます。)
700R発表時に迷ったあげく、展示品でこちらを選択しましたが、
4K UHD登場までは何の不足も感じていませんでした。

「宮古島」Blu-rayでもカッチリした切れ味を維持、SDRの階調表示もバッチリまとまってます。
4K入力不可でHDRにも対応しませんが、この色の深みは魅力で、770R登場まではUHDも
SDR変換・2K(FullHD)入力で頑張ってました。
途中、4K放送録画のためも有り、4K 液晶ディスプレイ(安物)にてHDR表示に挑みましたが、
ご想像通り暗部の浮き+ツブレ(階調表現不可)であっさりあきらめました。
入力端子の豊富さや、この機種以前の画質モードの多彩さから手放す気になれず、ランプ一巡後
すでに750時間ほど経過、先日久々にPCと「Spyder4」を引っ張り出して
オートキャリブレーションにてリファインしました。
(環境測定値は770Rと全く同じ結果 トーン+1、暗部−1、明部−5です。)
3D視聴時の明るさ以外では調整でアイリスを絞った方が深い映像を楽しめると思います。
どの辺の明るさをターゲットにするかは各家庭の視聴環境によるかと思いますが…。

書込番号:22233346

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/11/06 09:49(1年以上前)

迷光対策出来るかどうかで変わるんですよね。

一般的には出来ない場合が多いので、市場的にはランプ出力を上げることで映像を描く方に
行くのも理解できますが、明るい方で勝負していくと、最終的にテレビには勝てません。

逆に迷光対策された環境のPJのハイコントラストでしっとりした3次元映像は、有機ELには
出来ないのではないかと思っています。

95Rは名機らしいですね。確かケーキクーラーさんが持っていたような・・・ 暗くても逆に色に
深みが出てくるのですよね。イメージは出来ます。

コレまでの試聴会で感じたことは、モデルチェンジでランプ出力が上がる事で、ぱっと見た時の
鮮やかさは向上しますが、JVCらしさの発色は軽くなって行くような気がしていました。

アナログレコードが廃れてCD、そしてハイレゾになっていった過程を見ているようです。

同じ9シリーズの990Rもレンズアパチャーを絞り倒して、同様の高品位で深みのある色彩美の
映像が出せるかどうか興味がありますね。


書込番号:22234041

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/11/06 09:56(1年以上前)

http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

これ見たとき、9シリーズの色の良さが分かりました。

書込番号:22234053

ナイスクチコミ!1


スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:683件

2018/11/06 23:30(1年以上前)

>ふえやっこだいさん

>モデルチェンジでランプ出力が上がる事で、ぱっと見た時の鮮やかさは
>向上しますが、JVCらしさの発色は軽くなって行くような気がしていました。

実はV5・V7・V9Rの映像を初めて観た時に、コントラストのせいもあって映像(階調)の
見せ方が随分SONYっぽくなってしまったなぁとつくづく感じた次第です。
階調を潰してしまっているわけではないので、限られたコントラストレンジの中では
正しい描画だと思いますが、沈みきらない低輝度側・乗りきらない色の深みを見ると
何とも寂しい限りです。それでもV7・V9Rは出荷に向けてだいぶ盛り返してきましたが…。
(明部側のヌケの良さ・動画での安定・精細感も勘案すれば十分に及第点だと思います。)

書込番号:22235717

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/11/07 00:52(1年以上前)

>Pastel-Kさん

V9Rを見たときに感じたのは、従来のJVCの新型と言うよりも、1100ESの発展型のように思いました。
1100ESから見ると全ての項目で大きく上回っているので、1100ESからは満足度100点満点でしょうね。

ハイミロン環境+990Rからはどうでしょうね・・・ 総合では特に4Kソフトでは地力でV9Rが圧倒すると
思いますが、BDソフトで暗い場面の多い映画となると、好みの差になるかもしれません。

V9Rの8Kのビデオ映像は、まさにバケモン美麗でしたが、暗い場面の肌の輝きは10万対1でしたね。
ネイティブ4Kでここまで出れば驚異的ですが、私はやっぱり暗闇とそれに対比する輝き(特に肌)が
好きですね。

なんというか、綺麗と官能的な美しさというのは必ずしも一致しない。その官能的というのも個人で全く
違いますが、徹底した高精細と情報量のハイレゾ音源と、最近復権のアナログレコードの関係に近い
ような気がします。

超高精細というのは、普段、普通に肉眼で見ている目の前の風景もそうで珍しいものではありません。
じゃあ人生で最も美しいと感じたものは何かというと、子供の頃に田舎で見た、漆黒の宇宙空間に光輝く
天の川でした。

書込番号:22235861

ナイスクチコミ!2


スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:683件

2018/11/07 22:57(1年以上前)

>ふえやっこだいさん

>これ見たとき、9シリーズの色の良さが分かりました。

>私はやっぱり暗闇とそれに対比する輝き(特に肌)が好きですね。

こちらの比較でも770Rの方は若干色が浅くなって階調表現が明るさ方向にシフトしているように見えます。
Vシリーズのお披露目ではこの状況をもう少し大げさにしたイメージを感じ取りました。
自宅の95Rと770Rの違いにも同様の事が言えるかもしれません。

ところでX9は95Rの前に確か1年半〜2年ほど使用していました。
それまで使っていた中古の3管式が急にいかれてしまったため、こちらも中古を慌てて購入したのですが
やや外れの個体だったようで半年前後からリモコン制御を受け付けなくなっていました。
(3管式で散々コンバージェンスを調整=予算がないので自己設置していたため、
画素調整機能の適用範囲の広さを重要視しているわけです。)
それでも我が家初のFullHD(1080p)表示と「フィルムモード」の魅力に酔いしれていたので
4K機を導入する時は迷わずJVC(但しe-Shift 4K)を選びました。
過去の経験(何せ透過型液晶は黒が…)から固定画素型を嫌っていたのですが、
十分3管に置き換わるものと教えてくれたのがX9(反射型液晶方式)でした。

X95Rを初めて見た時にはぎとぎとの絵で色味もX9とはやや違う傾向だったので「使い物になるのか?」と
思いましたが、Spyder4を入手してキャリブレーションを実行した後は見違えるほど洗練された
映像に落ち着き、今度はX9のやや緑がかって見える映像の方が気になり出しました。
当時、1世代飛ばした機種入替でしたので、「赤み」の表現が随分進化しているように思いました。
今でもこれ以降の機種は水銀系ランプ使用でもニュートラルな発色が出来るものと感じています。

書込番号:22237824

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3001件Goodアンサー獲得:55件

2018/11/08 12:24(1年以上前)

http://www.daiichimusen.co.jp/app-def/S-102/wp/?p=2996

超精細度とハイコントラストの違いがよく分かる、何度も出している女性歌手の映像比較です。
上が700R、下が1000ES。

明確に1000ESの方が精細度が高くて、恐らくほとんどの人は1100ESの方の方を評価されると
思いますが、個人的に好きなのは肌や金髪に輝きのある700Rです。

書込番号:22238687

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

DLA-X990R [ブラック]
JVC

DLA-X990R [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月下旬

DLA-X990R [ブラック]をお気に入り製品に追加する <40

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:3月5日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング