『Doradoは時代の最高高品質ののオーディオおもちゃ。』のクチコミ掲示板

DSP-Dorado 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥880,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥880,000¥880,000 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DSP-Doradoの価格比較
  • DSP-Doradoの店頭購入
  • DSP-Doradoのスペック・仕様
  • DSP-Doradoのレビュー
  • DSP-Doradoのクチコミ
  • DSP-Doradoの画像・動画
  • DSP-Doradoのピックアップリスト
  • DSP-Doradoのオークション

DSP-DoradoSFORZATO

最安価格(税込):¥880,000 (前週比:±0 ) 登録日:2017年10月24日

  • DSP-Doradoの価格比較
  • DSP-Doradoの店頭購入
  • DSP-Doradoのスペック・仕様
  • DSP-Doradoのレビュー
  • DSP-Doradoのクチコミ
  • DSP-Doradoの画像・動画
  • DSP-Doradoのピックアップリスト
  • DSP-Doradoのオークション

『Doradoは時代の最高高品質ののオーディオおもちゃ。』 のクチコミ掲示板

RSS


「DSP-Dorado」のクチコミ掲示板に
DSP-Doradoを新規書き込みDSP-Doradoをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ8

返信5

お気に入りに追加

標準

ネットワークオーディオプレーヤー > SFORZATO > DSP-Dorado

再三書いておりますが、Macで、diretta擬モード(LAN-DACモード)を5年以上前(DSP-03で)から行ってます。

ネットワークオーディオ(実は名前は、LAN-DACが正しい)の真髄では、
1)diretta擬モードのMacでの再生中のネットワーク接続は、どう考えても音の良い影響はない。
2)再生機のMacと Doradoの接続は、pure to pureでないと高音質が出ない(Macがプレーヤー部、Doradoが再生部のセパレートCD的モデリング)。
上記のポリシーで取り組んでいた事で、最大のネックは送り出しのMacに、常時ネット接続を必要としない対応ソフトが無く、twonky media serverのネットに常時接続を必要としない古いバージョン8.3を使用。それでもDoradoの高性能もあり、それなりには満足しておりました。

DoradoのRoon再生モードでのdiretta擬が出来ないかと考え、Audirvana3でLAN-DAC再生も試しました。PCMファイルは再生出来ましたが、DSDファイルは、スピーカーを壊しそうなデジタルノイズが常時出てしまい、聞くに耐えない状況。結局諦めました。

最近、「diretta擬だけで高価なMacを使っているのは」と浮気心が出て、昔々に取り組んだUSB-DACの使いこなしで、この専用MacでDeezer再生に挑戦。Audirvana3を暫くぶりで立ち上げた所(元々deezerだけの再生であれば不要)、凄いとの評判(知りませんでした)のバージョン3.5にアップデート。しかし、MacOS Mojaveでは、私の古いifiオーディオのUSB-DAC(S/PDIF出力可能)もMUTECのMC-3+USBでも、認識するが、再生は出来ない事がわかり、断念(EI CapitanのIOAudioFamily.kextというMacの基本ドライバーをMojaveに無理やり上書きしたら、悲惨で両USBーDACの認識も出来なくなる)。

ところが、従来のネット接続をしないLAN-DAC設定に戻したところ、Audirvana3.5で、Doradoを認識している事を発見。嬉しかったです。
直ぐに、PCMファイル、DSDファイル(11.2mhz)を再生したところ、問題なく音が出て更に大感激。
再生音は? やってみてください。

因みに、
更に解像度が上がり(映像表現で失礼致しましたが、立体感が気持ち良く改善)、音の伸びも凄い。元々低音は大満足に出てましたが、広がり伸びて行く低音に、で凄過ぎ。ちょっと高音がキツク感じられ、LANケーブルを、高音を綺麗に出していたELECOMのカテゴリー8,伝送速度40テラバイト対応から、サンワサプライの同品質ケーブルに交換。高音の音も満足に。簡単にLANケーブルの音の違い判るのもLAN-DACの大メリットと再度痛感

Audiavanaさんありがとうです。後は、IPアドレス設定が自動化出来れば(Mojaveから、macのserverソフトで、DHCP機能が無くなり、一々Doradoをネットワークに繋げて、IPアドレスを取得する操作が必要)、Macでの、diretta擬モードは完成。

でも、本当に本当に感謝は、Doradoを作られたSFORZATOさんです。 Doradoは素晴らしい。
オーディオ歴43年になりますが、生涯最高のオーディオおもちゃです。挑戦した事はないのですが、analogueプレーヤーの弄くれる楽しみの現代版。




書込番号:22632617

ナイスクチコミ!2


返信する
クチコミ投稿数:149件

2019/05/03 07:06(1年以上前)

DSP-Doradoは最高高品質のオーディオおもちゃpart2です。

まず訂正と追記で、前回の書き込みで、Audirava3.5でDSP-Doradoを認識したと書き込みましたが、既に Audiravaはversion3になつてから(Audirava Plusの時でも) DSP-Doradoは認識しております。わざわざ約5000円出してversion3.5にupdateの必要はありません。
また、MUTECのMC-3+USBは、MAC mojaveを再インストールしたら、問題なくAudirava3.5での再生は出来ました(Doradoとの再生音では、音の出方は、全く異なり、値段差でしょうか?、綺麗な音が聞こえますが、音の情報量、ダイナミック感は、圧倒的にDoradoが凄いです)。

追記では、DoradoのLAN端子は、100BASE-TXまでの対応ですが、wire worldのLANケーブルは、カテゴリー8で40テラバイトの伝送速度を謳っており、wireのケーブルで音は確実に変わるため、私はカテゴリー8,40テラバイトの伝送速度に拘っております。

本題のPart2です。
今まで不勉強で、MRQの概念を知らず、ここ数日調べ捲りました。「もしかして、DoradoでMRQの再生が出来るのでは」とふっと思い付きました。
早速、e-onkyoから早速MRQファイルをダウンロード。不思議な事に、ダウンロードさせた常時愛用の2009年製のMac book pro17インチは、ダウンロード中に画面が突然真っ黒になり停止(昔の例の爆弾マーク状態と同じ)。再起動させてなんとか終了。
この段階でMQAファイルは、只者でない。相当に圧縮されている(昔のmacでは、一度に多くの解凍が同時に出来ない程の)とんでも無いファイルと大きな期待、認識。
音楽再生用のMac book pro15インチ(CPUはi9)に移し、Audiravaの設定を、DAC not detected as MSQ use asの項目を 「MQA Decorder」に変更。SFORZATOさんには、後日相談のサポートをお願いしてDoradoが MSQを認識(detect)するかは聞くつもりですが、現時点では、この設定でMQAファイルは再生可能です。再生出来て大感激、出てきた音も大感激。極上のお遊び。もしかしてVelaに変わってしまった?

音は、もう聞かないでくださいの世界。試してみて下さい。少なくともMSQ対応の再生機なんかいらない。
さすがDorado,凄過ぎDorado。最高の連休を提供してくれるマシンのDorado。
Doradoは時代のの最高高品質のオーディオおもちゃだ!

書込番号:22641847

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:3345件Goodアンサー獲得:695件

2019/05/03 17:42(1年以上前)

酔っぱらいおやじさん、こんばんは。

なにか、MQAファイルについて勘違いされているようなので。

MQAファイルは2段階の圧縮がかけられているので、
展開するのにも2段階の展開が必要です。
44.1kならば、44.1k→88.2k→176.4k(もしくは352.8k)の2段階です。
また、非対応の場合は通常のCDレベルと同じファイルとして扱われます。
ですので、再生には以下の4種類があります。
(44.1k系列を例にしますが、48k系列の場合もあります)
1.MQA完全非対応の場合→CDと同じ44.1kで再生
2.MQAデコーダー対応の場合→88.2kで再生
3.MQAレンダラーの場合→MQAデコーダーの展開した88.2kを176.4k(もしくは352.8k)で再生
4.MQAフルデコーダーの場合→44.1kを176.4k(もしくは352.8k)で再生

ということになりますが、
Audirvanaは、MQAデコーダー対応ソフトウェア、になります。
ですので、44.1kを88.2kに展開してデジタル出力することになります。

酔っぱらいおやじさんの環境では、
AudirvanaがMQAファイルを44.1k→88.2kに展開して出力して、
それをDoradoが88.2kの通常のPCMファイルとして再生しているということになり、
DradoでMQAファイルを再生している、ということにはなりません。

また、
>この段階でMQAファイルは、只者でない。相当に圧縮されている
>(昔のmacでは、一度に多くの解凍が同時に出来ない程の)
>とんでも無いファイルと大きな期待、認識。

このようなことはありません。ダウンロードしているのは単なるファイルの塊で、
圧縮されたものを解凍したとしても、解凍ソフトにはMQAを展開する機能はないですから、
単なる圧縮ファイルを展開しているだけで、現象は機器の不調でしょう。

SFORZATOのホームページには、よくある質問に
>MQAについて:
>■ MQAは対応しないのですか?
>MQAは対応可能な一歩手前までできてはいますが、今のところすぐに対応する予定はありません。
http://www.sfz.co.jp/よくある質問

このように書かれているので、DradoはMQAには対応していないと思います。

書込番号:22642965

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:149件

2019/05/03 18:23(1年以上前)

blackbird1212さんへ

御指摘、アドバイス、書き込みありがとうございます。

勉強不足でした。何かしらの新たなる進展がありましたら教えてください。

今後も御指導宜しく。

書込番号:22643037

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:149件

2019/05/26 12:18(1年以上前)

blackbirdさんのアドバイスもあり、MQAファイル再生を勉強。

ある書き込みでは(https://www.phileweb.com/review/article/201703/14/2460.html)、
Audirvana Plus 3とMQA非対応DAC → 最大96kHz/24bitまでネイティブ再生可能
Audirvana Plus 3とMQA対応DAC → 96kHz/24bit以上が再生可能(上限はDACのスペックによる)

と、blackbirdさんの御指摘の通り。

他の書き込みでも(https://www.phileweb.com/review/article/201805/24/3042_4.html
MQAフルデコーダーならばこの方法が適切で、176.4/192kHz(またはそれ以上)の再生が可能になるが、相手がMQAレンダラーの場合には44.1/48kHzまでしか再生ができない(88.2/96kHzではない)。

上記の記事を読んで、「それじゃ」と昔購入したifiのnano iDSDを取り出し、完全なMQA対応となる最新のファームウエア(5.3C「クッキー&クリーム」、貴重な機能の、SPDIF出力が削除され使用不可にはなります、注意してください)にアップデート。
Mac上の Audirvana3.5で再生(Audirvana3.5のMQA設定は,デコーダー、レンドラーモードとも選べなくなっており、完全対応していると認識)。
DoradoやDC-950との値段差を考えれば,完全再生と言えども「MQAは、こんなもんかな」との音質。広がり(立体感)、バックの低音を含め1音1音の出方とそのボリューム感が寂しい。ただ時に突き上げる高音は、大感激。

遊んでいる時に、ふっと同じMac上の画面コントロールで、DoradoとnanoiDSDの同時、簡単、比較視聴が出来るのではと思いつき、Audirvana3.5とTwonky media server8.3を同時に立ち上げ、Audirvana3.5には、USB接続でiDSDを接続再生し、TwonkyにはLAN直接でDoradoを接続。Audirvana3.5上の切替で、アキュフェースDC-950もUSB接続し、MQAファイルを再生して視聴。
で〜
iDSDの音は上記の音。不思議と思った以上にDC-950も冴えない。元々DC-950のUSBの音はつまらないと思ってましたが、一瞬だけ、96kHzのMQAファイルは、何時ものUSB再生とは、違うと認識。でもつまらない音の結論。

勝者は、MQA完全な非対応でも、Doradoでした。音はMQAだとやはり良いです。

DC-950は、元々アキュフェーズコンポの一部。クロック遊びは全く出来ず、繋げるUSB-Cケーブルも、まだ音質の良い本格的な製品は発売されていないから、当然の音。DC-950をUSBDAC用と考えての購入は、絶対に推薦しません。SPDIF入力の音も正直冴えないです。しかし、現在DST-01の中古品の購入を考えており、DC-950とのペアリングの挑戦を予定してます。
Doradoについては、今回、Audirvana3.5を使うLAN直接再生か、Twonky8.3を使うLAN直接再生のどちらの音が良いのか、私には今のところ、決められなくなっております。Twonkyの方が、ソフトとして、、シンプルで、間違いなくMacの負担は軽いです。

「Doradoは時代の最高高品質ののオーディオおもちゃ」を再認識しました。
遊べます。弄くり回せます。(笑)

書込番号:22692506

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:149件

2019/06/02 14:17(11ヶ月以上前)

以前より、UPnPモードで、Mac de diretta(diretta擬モード、MacとDoradoをLANケーブルで直接続)を楽しんでおります。

以前には、Macを電源駆動させた方が、音の厚み、力強さが出ると思っておりました。Twonky media serverを使っていた時の感想でした。

最近に、Audirvana3.5に変えたところで、楽しんでおりますが、Macの電源駆動をバッテリー駆動にして、試したら、腰抜かしました(ちょっとオーバー?)。
この音聞いて!の世界です。
凄い、出る出る低音、全ての音が力強い、1音1音の付帯音が更に聞こえ、解像度が上がる。トランペット音も飛び出してくる、オケのフォルテシモも厚い、力強い。

電源ノイズ対策が、ここまで大事とは思いませんでした。我が家のオーディオ機器は、配電盤からオーディオ専用のコンセントに直になってますが、ここまでとは。
Audirvana3.5も素晴らしいが、やはり、やはり、やはり、 でも

Doradoは時代の最高高品質のの究極のオーディオおもちゃ。


書込番号:22708438

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

DSP-Dorado
SFORZATO

DSP-Dorado

最安価格(税込):¥880,000登録日:2017年10月24日 価格.comの安さの理由は?

DSP-Doradoをお気に入り製品に追加する <10

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10
クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング