『シエンタ夏タイヤについて』のクチコミ掲示板

ADVAN dB V552A 185/60R15 84H 製品画像

画像提供:Mail Order House

画像一覧を見る

※ホイールは別売です

最安価格(税込):

¥10,450

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥10,450¥16,500 (17店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥12,054 〜 ¥14,300 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

外径:603mm 総幅:189mm 低燃費タイヤ(エコタイヤ):○ ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hの価格比較
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hの店頭購入
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのスペック・仕様
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのレビュー
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのクチコミ
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hの画像・動画
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのピックアップリスト
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのオークション

ADVAN dB V552A 185/60R15 84HYOKOHAMA

最安価格(税込):¥10,450 (前週比:±0 ) 発売日:2017年11月 1日

  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hの価格比較
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hの店頭購入
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのスペック・仕様
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのレビュー
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのクチコミ
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hの画像・動画
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのピックアップリスト
  • ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hのオークション
クチコミ掲示板 > 自動車 > タイヤ > YOKOHAMA > ADVAN dB V552A 185/60R15 84H

『シエンタ夏タイヤについて』 のクチコミ掲示板

RSS


「ADVAN dB V552A 185/60R15 84H」のクチコミ掲示板に
ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hを新規書き込みADVAN dB V552A 185/60R15 84Hをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ12

返信11

お気に入りに追加

解決済
標準

シエンタ夏タイヤについて

2021/03/16 01:30(1ヶ月以上前)


タイヤ > YOKOHAMA > ADVAN dB V552A 185/60R15 84H

新車から履いていた夏用タイヤも5年、ひび割れが出てきたので交換しようと思っています。

シエンタ NSP170G 2016年式 185/60R15 標準スチールホイール
現行タイヤ :  ​TOYO NANOENERGY J63

重視するスペックは、ウエット性能と静粛性(今より良くしたい)です。
候補としては、@ADVAN dB V552A、ABluEarth-GT AE51です。

ウエットを重視するとAですし、静粛性をとると@になると思うのですが、
シエンタでは静粛性は差が出にくいでしょうか?
また、スチールホイールとアルミホイールではタイヤの性能に差は出るものなのでしょうか?

ご教授願います。


書込番号:24023653

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:3080件Goodアンサー獲得:164件

2021/03/16 02:16(1ヶ月以上前)

>いつまでもゲストさん
多分知っていることもあるかと思いますが…。
アルミホイールとスチールの違いではまず。
アルミのメリットは…軽量に作れる(材質として軽い)
複雑な形状を作れる(成形が用意)
バネ下重量を抑える事ができる為路面追従性能が上がる。
デメリットは…規格に合うようにすると高価になりやすい。

スチールホイールは…変形しても亀裂が入りづらい(素材として粘りがある)
安価に作ることができる。
枯れた技術を使われることが多く、品質が安定しやすい。
デメリットは…バネ下重量が多くなりやすいため路面追従性能は落ちやすくなる。
塗装がしっかりしていないとサビが出やすい。

考えられるのはこのあたりかな?
この特性を考えるとオンロード重視ではやはりアルミホイールのほうがよりタイヤの性能を出しやすくなります。
逆にオフロードの場合には障害物へのヒットによりアルミの場合クラックの危険性を考えられるため安全に走破することを考えるとスチールホイールがより適していると考えられます。

書込番号:24023679 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


銅メダル クチコミ投稿数:5699件Goodアンサー獲得:406件

2021/03/16 05:49(1ヶ月以上前)

>いつまでもゲストさん

>スチールホイールとアルミホイール

その差はホイールの重量によります。
アルミでもスチールホイール並みの重量があるホイールも多いです(特に純正ホイールは重いものが多いかと)

ただ一般人が実際に運転して、その差を感じることは無いと思います。

タイヤについては、シエンタのガソリンモデルはエンジン音が結構大きいので
静かなタイヤを履いても、今度はエンジン音が気になってしまうかと。

よってBluEarth-GT AE51を推します。

書込番号:24023739

ナイスクチコミ!2


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:46647件Goodアンサー獲得:13523件 縁側-車よろず相談所の掲示板鳥撮 

2021/03/16 06:36(1ヶ月以上前)

いつまでもゲストさん

>シエンタでは静粛性は差が出にくいでしょうか?

現在走行中にタイヤノイズが気になっていますか?

気になるようなら静粛性が高いプレミアムコンフォートタイヤのADVAN dB V552Aの方をお勧め致します。

>スチールホイールとアルミホイールではタイヤの性能に差は出るものなのでしょうか?

スチールホイールとアルミホイールでタイヤの性能差が感じられる事はあまり無いと考えます。

又、下記の「スチールホイールの寿命(耐久性)や燃費、乗り心地について」も参考にしてみて下さい。

https://www.goo-net.com/parts/parts-navi/tire-wheel/126.html

この「スチールホイールの寿命(耐久性)や燃費、乗り心地について」のように、アルミホイールは軽くなる事がメリットとなります。

しかしながら、フリードの純正ホイールは下記のようにスチールよりもアルミの方が重いので、アルミホイールのメリットは見た目以外には感じ取れないでしょう。

https://customer.honda.co.jp/faq2/userqa.do?user=customer&faq=faq_auto&id=70356&parent=60385

書込番号:24023755

ナイスクチコミ!3


mat324さん
クチコミ投稿数:145件Goodアンサー獲得:11件

2021/03/16 10:33(1ヶ月以上前)

2016年式のシエンタ・ガソリンXに乗っています。

昨年末に同じ15インチのTOYO新車装着タイヤから、ダンロップのルマンVに交換しました。
乗り心地は変わりましたが、静粛性の変化は感じ取ることができませんでした。

ルマンVは、スレ主さんが検討されているタイヤより1ランク下のものですので、安易に比較することはできませんが、ぜんだま〜んさんもおっしゃられているように、タイヤ変更による大幅な静粛性の向上は期待できないのではないか、と思いました。

ちなみにホイールは新車購入時にディーラーでトムスのアルミホイールに交換して納車してもらっています。
(タイヤは新車装着品を転用)
一応、情報では純正スチールより多少軽いようなのですが、タイヤの銘柄でも重さが変わりますし、性能というよりは自己満足な感じがします。

別車で、過去に17インチ同士でかなり軽量な鍛造アルミに交換したときは驚くほど軽快な乗り味になって驚いたことがありますが、車によって性格も変わりますし、むしろ重めのホイールで上質感を出しているモデルもあると聞いたこともあります。
15インチですと元々の重量も小さいので、よほど軽量なモデルにしないと大きな変化はないかもしれませんね。

書込番号:24024012

Goodアンサーナイスクチコミ!1


kmfs8824さん
クチコミ投稿数:3660件Goodアンサー獲得:1065件

2021/03/16 11:14(1ヶ月以上前)

現在のタイヤからADVAN dB V552Aに履き替えれば確実に静粛性は上がります。

>シエンタでは静粛性は差が出にくいでしょうか?

私も静粛性に難のある国産MクラスミニバンにADVAN dB V552を履かせてますが、純正タイヤと比べて明らかに静粛性が向上するのがわかりました。

なのでシエンタでも静粛性の差は分かるでしょう。

アルミホイールと鉄ホイールの違いは皆さん書かれてる違いが主ですね。

もう一点、アルミホイールのデザインにもよりますが、ブレーキの放熱性に優れていることも挙げられます。

山道の長い下り坂などでは鉄ホイールに比べ多少有利に働くと思います。

書込番号:24024055 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:2162件Goodアンサー獲得:123件

2021/03/16 14:17(1ヶ月以上前)

>いつまでもゲストさん

市販のアルミホイルはレースの様に逐一交換などもしない為

剛性を保つため重く、見た目以外のメリットはありません

量販店はフジが意外と安くていいです

ネットなら、オートウェイですかね

書込番号:24024365

ナイスクチコミ!0


殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:9375件Goodアンサー獲得:1725件

2021/03/16 21:23(1ヶ月以上前)

>シエンタでは静粛性は差が出にくいでしょうか?

車体の遮音性の問題ということですね。
普段お乗りになっていて、雨の日の水のはねる音や風の音はどのように聞こえていますか?
確かにハイグレードのラグジュアリーカーと比較するのは厳しいかもしれません。

ただ、タイヤ単体の性能として、ノイズの低減の工夫がプレミアムコンフォートにはなされています。
差がどのくらいかは、上記の記載でも分かるように人それぞれです。

純正装着タイヤからタイヤを新品に交換するだけでも静粛性は上がります。
あとは、価格に見合った性能の向上が見られるか…ですが、履いてみないことには判断ができません。
ですから、納得がいく買い方をしたいですね。


>スチールホイールとアルミホイールではタイヤの性能に差は出るものなのでしょうか?

タイヤの性能自体に差が出ることはありません。
鉄はアルミの約3倍の強度があり、また、約3倍の質量があります。
アルミ鋳造の安価なホイールとスチールホイールを比較した場合には、何も変わらないということになります。
ホイールを取り付けるためのナットは別途必要になりますが、錆びない・洗いやすい・見た目が良い・流通量が多いということがあり、現在ではアルミホイールの方が入手しやすい傾向があります。
(新たにスチールホイールをタイヤ量販店で購入するのは難しいです)
アルミ鍛造となると、高価になりますが強度も上がり、軽量化することが可能になります。

軽量化すると、路面追従性が上がります。
フットワークが良くなるため運動性能が上がりますが、乗り心地は重量バランスも関係するため良くなるとはいえないです。

書込番号:24025026

Goodアンサーナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3644件Goodアンサー獲得:285件

2021/03/17 14:40(1ヶ月以上前)

P6が安いのでいいと思います。 

書込番号:24026205

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3033件Goodアンサー獲得:386件

2021/03/18 21:05(1ヶ月以上前)

いつまでもゲストさん

>シエンタでは静粛性は差が出にくいでしょうか?

アドバンdB V552は、静粛性が世界最高レベルのプレミアムコンフォートタイヤです。ブルーアースGTは、コンフォートタイヤで、そもそものグレードが全く違います。感じ方には個人差が有りますがハッキリと差が出ます。

>スチールホイールとアルミホイールではタイヤの性能に差は出るものなのでしょうか?

アルミホイールもピンキリ有りますので単純な比較は出来ません。例えば、安価で粗悪な鋳造と軽くて強くてバランス精度が高い鍛造1ピースでは全くの別物です。良いホイールは走行性能も燃費も乗り心地もタイヤ寿命も大幅に良くなります。


書込番号:24028799 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:155件

2021/03/20 00:36(1ヶ月以上前)

みなさん沢山のお返事コメントありがとうございます。

@ADVAN dB V552A と ABluEarth-GT AE5

メーカーカタログの性能比較チャート(10段階評価)で

ウエット性能では@が「8」、Aが「10」とAが2段階優位、

静粛性では@が「10」、Aが「9」と1段階優位

乗り心地では@が「10」、Aが「8」と@が2段階優位、となっています。

@は最上位のコンフォートタイヤだけあって静粛性+乗り心地で差があるようですが

逆にAが優位であるウエット性能の2段階の差はどう見たらよいですか?

それほど気にする差ではないのでしょうか?

書込番号:24031008

ナイスクチコミ!1


殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:9375件Goodアンサー獲得:1725件

2021/03/20 05:38(1ヶ月以上前)

>逆にAが優位であるウエット性能の2段階の差はどう見たらよいですか?

ADVAN dB V552A
https://www.tftc.gr.jp/files/performance/yokohama_ADVAN_dB_V552A.pdf
ウェットグリップ性能:149
ラベリング:b

BluEarth-GT AE51
https://www.tftc.gr.jp/files/performance/yokohama_BluEarth-GT_AE51.pdf
ウェットグリップ性能:161
ラベリング:a


アメリカのサイトによるとアルファベットが1つ異なると、85km/hからのウェット路面停止で平均3m異なるようです。
この違いが、メーカーのチャートで2段階違っている理由かと思います。

書込番号:24031123

Goodアンサーナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

ADVAN dB V552A 185/60R15 84H
YOKOHAMA

ADVAN dB V552A 185/60R15 84H

最安価格(税込):¥10,450発売日:2017年11月 1日 価格.comの安さの理由は?

ADVAN dB V552A 185/60R15 84Hをお気に入り製品に追加する <18

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[タイヤ]

タイヤの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:5月7日

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング