『SSD化後、旧HDDを内蔵データディスク化設定』のクチコミ掲示板

2018年 1月上旬 発売

MX500 CT500MX500SSD1/JP

  • 容量500GBの3D TLC NANDフラッシュを採用したSATA 6Gb/sインターフェイス対応の2.5インチSSD。
  • SLCメモリーをキャッシュとして使用して処理速度を高速化する「Dynamic Write Acceleration」テクノロジーを搭載している。
  • 「9.5mmスペーサー」やクローン作成ソフトウェア「Acronis True Image」の使用キーが付帯する。
MX500 CT500MX500SSD1/JP 製品画像

拡大

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥6,481

(前週比:-288円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥6,481

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥6,481¥11,135 (37店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥6,880 〜 ¥6,880 (全国73店舗)最寄りのショップ一覧

容量:500GB 規格サイズ:2.5インチ インターフェイス:Serial ATA 6Gb/s タイプ:3D TLC NAND MX500 CT500MX500SSD1/JPのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MX500 CT500MX500SSD1/JPの価格比較
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPの店頭購入
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのスペック・仕様
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのレビュー
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのクチコミ
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPの画像・動画
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのピックアップリスト
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのオークション

MX500 CT500MX500SSD1/JPcrucial

最安価格(税込):¥6,481 (前週比:-288円↓) 発売日:2018年 1月上旬

  • MX500 CT500MX500SSD1/JPの価格比較
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPの店頭購入
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのスペック・仕様
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのレビュー
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのクチコミ
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPの画像・動画
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのピックアップリスト
  • MX500 CT500MX500SSD1/JPのオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > SSD > crucial > MX500 CT500MX500SSD1/JP

『SSD化後、旧HDDを内蔵データディスク化設定』 のクチコミ掲示板

RSS


「MX500 CT500MX500SSD1/JP」のクチコミ掲示板に
MX500 CT500MX500SSD1/JPを新規書き込みMX500 CT500MX500SSD1/JPをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ3

返信3

お気に入りに追加

標準

SSD化後、旧HDDを内蔵データディスク化設定

2018/10/17 10:44(1年以上前)


SSD > crucial > MX500 CT500MX500SSD1/JP

このSSDをデスクトップパソコンに取り付けた後、HDDを内蔵のデータディスクとして活用したいと思いました。

すんなりとは、できなかったが、試行錯誤の上、やっとHDDを内蔵のデータディスクとして使えるようになりました。
同様な悩みに遭遇する方がいるかもしれないので参考にと経緯を記載します。

パソコンは2年前に購入したDELLのVostro 3650 windows10です。

1.まずはSSDを2.5インチベイに取り付ける。 事前に取り付け方を調べたところ、空きベイはあって、SSDを置くスペースはあるのだが、SSDを簡単に抜き差しできるマウントが装備されていない。
DELLで販売されていなかったがAmazonで販売されていた。 ところがとんでもない価格でただベイに納めるための簡単なプラスチックのマウントが5000円以上もする。
馬鹿馬鹿しくて、購入をあきらめ、SSDの側面にアルミ板で自作した金具を作り、ベイに納めた。
純正品のようには、ベイへの抜き差しはスムーズにはいかないが、めったに出し入れするものでないので、これで十分。

2.SSDをマザーボードに接続しクローンとする。 HDDは2TBでSSDは500GB、Eease UsToDoを使い、成功。

3.この後、PC電源を入れた。 だが、起動時間が短縮されたように思えない。 どうもHDDから起動されているようだった。
そこで、HDDを外し、起動すると、すごく早く起動できた。 

4.HDDをUSB外付け接続にすると、ちゃんと認識できた。 内蔵ディスクの起動順位は、BIOSで行うので設定変更すれば内蔵HDDとして使えるはずとBIOSを立ち上げるが、以前のBIOS画面ではなくUEFIという見慣れない画面になり、どこで、設定を変えるのかわからない。
BIOSを触ると起動できなくなったりするから、自信がなければ触れない。 UEFIの仕組みをスタディしてからトライすることにした。

5.一方、HDDに起動情報があるから、ここから立ち上がるので、HDDのブート部をDISKPARTを使って削除して、PCに内蔵してみた。 結果、PCは立ち上がり不能になった。
健全なSSDに戻しても、立ち上らないので、CMOSの電池を外し、クリアする。

これで、SSDでの起動は正常になった。 やはりBIOSの設定が問題と確信する。

6.UEFIをスタディした結果、どうやらSecure Bootが初期値でEnabledになっているのが、HDDから起動しようとする原因らしいと思い、これをDisabledに変更し、再起動したところSSDから立ち上がり、内蔵HDDはEドライブとして2TB確保できた。 

この結果、SSD化後には内蔵HDDをデータディスクとして使うにはSecure BootをDisabledに変更すればよいということがわかった。

従来のBIOSであればプライマリーで起動ディスクを指定すればよかったのだが、UEFIではここがわかりにくい。 もっと別のやり方があるのかもしれないが、BIOSを触ると起動できなくなる場合があるので、触りたくない。

他の対応策があると知っている方がいれば、参考までに教えてほしい。 Secure BootをDisabledで使うのは回避策ではないのかと思っています。

しかし、SSD化の起動時間が劇的に短縮したのはありがたい。 1万円の投資でこの効果、今後PCはSSDが標準になるだろうそして、HDDはデータとバックアップ用途で使われるのでしょう

書込番号:22188361

ナイスクチコミ!1


返信する
KAZU0002さん
クチコミ投稿数:33045件Goodアンサー獲得:4731件

2018/10/17 11:24(1年以上前)

起動順位をSSD上位にするだけでよかったのでは?。
>ドライブの起動順位を設定する
https://www.pc-master.jp/jisaku/boot.html
あと。BIOSで切るとしたら、UEFI の Fast Bootの方かと。これとOSの「高速スタートアップ」が有効だと、 「前回の設定」で起動しようとするので、ストレージを入れ替えたときに誤認識の元です。

>BIOSを触ると起動できなくなったりするから、自信がなければ触れない。
設定をリセットすれば元通りです。メーカー製PCの場合、メーカー側で初期設定から変更していることはまずないですので。

ただ。
個人的には、メーカー製PCに元からついていたHDDの内容を消したり変更するのはお奨めしません。リカバリ領域は、それをオリジナルとして取っておきたいところですし。故障したときに保証が聞かなくなることもありますので。

書込番号:22188420

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:128件 MX500 CT500MX500SSD1/JPのオーナーMX500 CT500MX500SSD1/JPの満足度5

2018/10/17 14:44(1年以上前)

>KAZU0002さんへ

コメントありがとうございます。

>起動順位をSSD上位にするだけでよかったのでは?。


私も起動順位は簡単に変えられると考えていました。
しかし、DELL のPCのUEFI画面はご紹介いただいたASUSのようなグラフィックではなく添付のような画面で、どこを触ったら、起動順位が変えられるのか不明でした。
どこかでダイレクトに指定できるところがあるのではないかと思いますが見つけられませんでした。

>設定をリセットすれば元通りです。メーカー製PCの場合、メーカー側で初期設定から変更していることはまずないですので。

そうですね。 そのようになっているとは思っているのですが、経験がなく、パソコンが立ち上がらなくなったら怖いので、BIOSはできるだけ触らないと思っています。
高速スタートアップは外していました

書込番号:22188821

ナイスクチコミ!0


KAZU0002さん
クチコミ投稿数:33045件Goodアンサー獲得:4731件

2018/10/17 15:57(1年以上前)

Windows Boot Managerは、普通のマザーならOSがインストールされたドライブの数だけ出るものです。例えば、「Windows Boot Manager(WestanDigitalWF1000)」といった感じに、ストレージ名と一緒にリストにでるかと思います。

DELLが、SSDへの交換を前提としていないBIOSにしてしまっているとも考えられますが。
「Windows Boot Manager」が選択肢に複数出てきているようなら、もう片方も試してみましょう。
「Windows Boot Manager」が1つしか選択リストに無いのなら、これはもうちょっと分かりません。

書込番号:22188898

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

MX500 CT500MX500SSD1/JP
crucial

MX500 CT500MX500SSD1/JP

最安価格(税込):¥6,481発売日:2018年 1月上旬 価格.comの安さの理由は?

MX500 CT500MX500SSD1/JPをお気に入り製品に追加する <3079

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月1日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング