『K-1 MarkUで天体撮影』のクチコミ掲示板

PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキット 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥224,676 (前週比:-9,069円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年 4月20日

店頭参考価格帯:¥245,870 〜 ¥279,450 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:3677万画素(総画素)/3640万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:925g PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

ご利用の前にお読みください

  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの価格比較
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの中古価格比較
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの買取価格
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの店頭購入
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの純正オプション
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのレビュー
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのクチコミ
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの画像・動画
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのオークション

PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットペンタックス

最安価格(税込):¥224,676 (前週比:-9,069円↓) 発売日:2018年 4月20日

  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの価格比較
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの中古価格比較
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの買取価格
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの店頭購入
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの純正オプション
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのレビュー
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのクチコミ
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットの画像・動画
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットのオークション


「PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキット」のクチコミ掲示板に
PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットを新規書き込みPENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ106

返信14

お気に入りに追加

標準

K-1 MarkUで天体撮影

2019/06/08 23:09(1ヶ月以上前)


デジタル一眼カメラ > ペンタックス > PENTAX K-1 Mark II ボディ

クチコミ投稿数:932件
当機種
当機種

さそり座付近

←撮影時と現像時の情報

みなさん、こんばんは。

ボディも、レンズも、だいぶ寝かせてしまっていたのですが、先日(と言ってもこれもだいぶ寝かせてしまって早一月)撮影してきました。

赤道儀追尾、リアルレゾリュ-ションシステムを使っての撮影ですので。30秒露出ですが、総露出2分間の4枚合成になるのかな?、偽色の発生がなくて、微光星の発色が綺麗に感じます。

梅雨入りしてしまったので次に撮影できるにはいつになるかな〜。

書込番号:22722437

ナイスクチコミ!30


返信する
クチコミ投稿数:951件Goodアンサー獲得:30件

2019/06/09 21:52(1ヶ月以上前)

機種不明

624mmF5.8 トリミング トータル露出60分 光害地にて

あまぶんさん、みなさま、こんばんは。

さそり座は本当に雄大で、圧倒されますよね(全景が見える場所がなかなかありませんが・・・)。
干潟星雲の赤も効いています。あ、木星はそろそろ衝ですね。

私は遅ればせでK-1無印を買いました。季節はずれなオリオン大星雲ですみません、貼らせてください。
あまぶんさんのεとは比較にならない弱小機材の上、暗い空へ遠征・・・もちょっと無理なので、
肉眼で すばる がなんとか見える程度、数m先には街灯が煌々と輝く都市部での、室内からの窓越し横着撮影です。
30秒露出の120コマコンポジットは少し手間ですが、ここまで写るのにはたいへん驚きました。

ニコンの天体用フルサイズも考えたのですが、私は必ずしも派手な写りが好きではなく、天体用改造もちょっと・・・。
一方あまぶんさんや☆男さんの作例を拝見して、赤以外の微妙な色の再現まで考えると、
フルサイズではK-1が一番良さそうに思いました(実際の所どうなんでしょうか?)。
貼った作例もかなり薄味の仕上げなのでわかりにくいですが、
白っぽい反射星雲の中の微妙なグリーンやブルーがなんとも言えません。

ペンタックスな皆さま(そうでないかたも)、光害地でも案外天体写真は撮れますよ!
ということでご参考になれば。。。
あまぶんさんの今後のご活躍を楽しみにしています。

書込番号:22724626

ナイスクチコミ!14


クチコミ投稿数:951件Goodアンサー獲得:30件

2019/06/09 22:04(1ヶ月以上前)

別機種

624mmF5.8 トリミング トータル露出60分 光害地にて

すみません、あんまり意味ないかも知れませんが、EXIF付きのものを貼ります。

書込番号:22724658

ナイスクチコミ!8


クチコミ投稿数:932件

2019/06/09 23:54(1ヶ月以上前)

当機種

A 16mm Fisheye F2.8

忘れようにも憶えられないさん、みなさんこんばんは。

コメントありがとうございます。作例と激励も!。

私も遠征と言っても割りと近場(1時間以内)の行動範囲がほとんどですし。↑でご覧の通りやっと都市部からの光害から出てきたところでの撮影です。色再現に関しても実際に見えないほど暗いものの表現なので正解はどこにあるのかいまだ私も疑問です?。

ペンタ機のSR機構を使った撮影方法は天体撮影においては長所と短所でもあるように思います。(動かないで欲しい事もあるような。)で今回は色再現の向上を期待してリアルレゾリューションで撮ってみています。

Exif付の再度の投稿ありがとうございます。(私も皆さんの参考になればと思い、極力つけるよう心がけています。)

書込番号:22724972

ナイスクチコミ!7


クチコミ投稿数:951件Goodアンサー獲得:30件

2019/06/10 19:26(1ヶ月以上前)

あまぶんさん、お返事ありがとうございます。

縦位置の天の川を見ると、やっぱり鉄道に乗って地平線の下まで行ってみたいと思いますよ。
赤道儀追尾でリアレゾというのは驚きました。効果は確認できますか?
A16mmは私も持っていて、超広角よりアストロトレーサーと相性が良いそうなので試してみたいですが、
本体の設定が15mmしかなく。。リアレゾはムリかな。

あと、うっかり「色の再現」と書いてしまいましたが、
オリジナルの再現という実現不能な意味ではなくて、被写体のニュアンスの表現のことです。
私は苦労して調子を軟らかくしていますが、同様に微妙な色を拾いたいということです。
天体用カメラではどうしても水素の赤いスペクトルが重視されますが、ニコンD810Aをはじめ、
蛍光ピンクのような赤、なんとなく全体が赤カブリ、みたいなのが多く、なんか違うなあと思いました。
ただカメラのせいなのか作者の趣味なのかよくわからず(両方かな)。

とは言え、K-1で馬頭星雲@光害地は厳しかったです。。
あまぶんさんにはぜひペンタックスに圧力をかけていただきたく(笑)。

書込番号:22726450

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:932件

2019/06/10 21:58(1ヶ月以上前)

当機種

IMGP0074リアレゾ効果比較

忘れようにも憶えられないさん、みなさんこんばんは。

ポケットに、手を突っ込んで、車掌さんに往復きっぷをちゃんと提示してくださいね。


>赤道儀追尾でリアレゾというのは驚きました。効果は確認できますか?
↑4枚なので滑らかになっているのもありますが、微光星の色に偽色が発生せず 特に黄色い恒星に効果が出ています。
(スクリーンショットも貼り付けておきましたので等倍でご確認を!。)

16mm入れたいですよね、それか任意の数字の入力も可能になればもっとよさそうですね?。アストロトレーサーの1mmは誤差のうちで15mmで撮ったことも有ったかな。

リアレゾは Bでは使えないのでアストロトレーサーの時も現在は無理ですね、バルブ時のタイマー露出の時か マニュアル露出のシャッタースピードが1分とか2分とか30秒より長く設定できたらとか妄想してしまいそうです。

>(両方かな)。
私も良くわかりませんが?。こんなのが応用できないかな→https://blogs.yahoo.co.jp/toshiyaarai/19323629.html
(試してはいません。)


>あまぶんさんにはぜひペンタックスに圧力をかけていただきたく(笑)。

私などはそんな影響力はないですが、我々が考えてるようなことは“あの方が”ズバッと進言されてます。
(確かどこかに書かれてました。)

では。

書込番号:22726779

ナイスクチコミ!8


クチコミ投稿数:951件Goodアンサー獲得:30件

2019/06/11 13:28(1ヶ月以上前)

別機種

地味な散開星団も好きです/総露出10分@光害地

あ〜〜、ほんとだ!スゴいですねリアレゾ!効くんだ・・・(驚)。ノーマルだと偽色がスゴいことになっていますね。

Hα合成の件もありがとうございます。やっぱり赤カブリはそれなりに理由があるのですね。

>マニュアル露出のシャッタースピードが1分とか2分とか30秒より長く設定できたら

ほんとう〜〜〜に、そうなんです。。
インターバルシャッターでせめて1分か使えるとずいぶん便利なんですが。
ファンダーが暗いとかHαがどうのとかはぜいたくとしても、これはぜひお願い!
大きさ重さのこともあり、私のK-1はほぼ天体専用です。小さな声ですが、ペンタックスに伝われば。。

書込番号:22727971

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:932件

2019/06/11 23:07(1ヶ月以上前)

当機種
当機種
当機種
当機種

忘れようにも憶えられないさん、みなさんこんばんは。

>リアレゾ!効くんだ・・・(驚)。

びっくりでしょ、でも紛れもないリアルレゾリューションの効果を確認する方法だと思うんですよね。何しろ無限遠の点光源の色が正しく表現されているんですから。

たびたびお写真も添えていただきありがとうございます。初め双子座のあしもと?と思いましたが・・・やはり銀河を南へ行ったところだったんですね。(ちょっとカンニングしました。)


私も天体ばかりなので 初めにも書きましたが、2つとも何ヶ月も放置。やっとこの晩にさつえいでした。なのでどんなものかと思ってテストしてみた画像です。

1枚目、HD D FA*50mmF1.4SDM AW 星の周りに付く色を消すためにピントをわずかずらして撮影。
2枚目、HD D FA*50mmF1.4SDM AW 星が一番小さく見えるようにピントを合わせて撮影。

3枚目、SMC PENTAX-A 50mmF1.2 比較用の参考画像。

やっぱり最新のレンズは優秀ですね!。(笑)
4枚目、HD D FA*50mmF1.4SDM AWもったいないけどココまで絞れば完璧?。星の並びも区別が付きますし。

他の絞り値もありますがくどくなるので今回はこの辺で。(レンズの方にでも張ろうかな?、気が向いたら。)

書込番号:22729154

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:932件

2019/06/11 23:18(1ヶ月以上前)

当機種

夜が明けました。

初回は、レンズ3本でした。また撮影できたら返信でづづけられた良いな〜。


書込番号:22729176

ナイスクチコミ!6


taka-kun3さん
クチコミ投稿数:153件Goodアンサー獲得:2件

2019/06/12 01:14(1ヶ月以上前)

>あまぶんさん  こんばんは

素晴らしいですね、
全ての写真 素晴らしいです。

RRS 30sec とのことで、理論的には、
 角度の大きい 星雲、星団、銀河、惑星、明るい星 などが、本来の色で捉えることが出来るはずですね(偽色の無いと云うのでしょうか)

 暗い星の点星は シーイング、シンチレーション、赤道ぎ が悪いと 30secずつRGGBが離散してしまうので、合成の逆が起こりそうです
4枚合成の方が安定しそうです が、
RRSの方が比較して微星の数が増えるでしょう(揺れた所は色 安定していないかも ですが)

と考えられます。
ですので、
角度の大きい星 で 素晴らしい天体写真を撮れているのではないでしょうか。
    例えシーイングが少々悪くとも 合成と同等で以下にはならないように考えられますので 絶対的優位だと考えられます

月が落ちたようですので 当分よさげですね。(睡眠不足には気を付けないとです)

私には天体写真を撮る根性がありませんが、
きれい・素晴らしい天体写真には憧憬を感じられますし、尊敬を抱きます。(田舎育ちでしたので。 今は田舎も光害がひどく悲しいです)。
無理にならない範囲で頑張ってください、応援します。
このような難しくて 大変な労力と精度の チャレンジ (をして頂いて)に 拍手を贈ります。

書込番号:22729380

ナイスクチコミ!3


taka-kun3さん
クチコミ投稿数:153件Goodアンサー獲得:2件

2019/06/12 01:40(1ヶ月以上前)

>あまぶんさん  こんばんは

>私も良くわかりませんが?。こんなのが応用できないかな→https://blogs.yahoo.co.jp/toshiyaarai/19323629.html
  (試してはいません。)
こちらの方ですが、
デジタルでのLRGBは疑問です。

モノクロームフイルムのダイナミックレンジは素晴らしいですので、 *フォトンの波長そのまま(フォトン波長=銀粒子サイズ)
フィルムL + デジタルRGB
できるならば
現状 最高の結果が得られるものと思われます。 *フィルムLを単純にデジタル化では劣化してしまいますので、対応ができたらですが
                                 例えば フィルムLを 645・67 で撮るとか(画角調整厳しいですね、レンズfl)

書込番号:22729407

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:951件Goodアンサー獲得:30件

2019/06/12 12:09(1ヶ月以上前)

機種不明

子持ち銀河(ちょーかわいい!)/回転花火

親子銀河発見!30秒でここまで写るとは。

# 駄レスにつき、お返事不要です。。

書込番号:22730012

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:932件

2019/06/13 00:31(1ヶ月以上前)

当機種

4枚加算平均 とレベル補正にて強調

みなさん、こんばんは。

リアルレゾリューション OFFの画像を4枚現像して、加算平均の合成画像を用意していたらこんな時間になってしまいました。(笑)

taka-kun3さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

 厳密には違うかもですが、通常の加算平均では微恒星の色が本来の色ではなく、露光時間の間にRGGBどの色の素子に重点的に光が当たったかで色が決まってしまっているので大気の揺らぎがあってもリアルレゾリューションの結果と違っ一見色ノイズのようになってしまっているみたいです。

忘れようにも憶えられないさん。こんばんは。

>親子銀河発見!30秒でここまで写るとは。

そうなんです、カンニングでもしないと何だっけ?って感じの恒星とは違う天体がいくつか見受けられるんです。びっくりですね、そしてそんなにじっくり見ていただいて感謝です!。


書込番号:22731399

ナイスクチコミ!2


☆男さん
クチコミ投稿数:360件Goodアンサー獲得:17件 宇宙(そら)を見上げて 

2019/06/21 13:03

機種不明
機種不明
機種不明
機種不明

球状星団M13 K-1+30cmF4プライム焦点で撮影。是非等倍で見て下さい。

M42星雲の拡大 K-1+GS300リッチークレチアン望遠鏡で撮影。発色と立体感が最高です。

M51 K-1+30cmFプライム焦点で撮影。小さな赤いのが写っていない。

M51 65cmF12望遠鏡+天体専用カメラで撮影。小さな赤い星雲が写っている。

あまぶんさん お久しぶりです。
天体撮影でのRRSを実践され、偽色が改善されるなど興味深いデータを有難うございます。

K-1系は自然な発色と低ノイズ、高感度性能が素晴らしく天体写真向きです。
テザー撮影もできますし、天体撮影用にアストロトレーサ機能も内蔵、更にはD810A同様に
天体撮影用ファームウェアまで組み込まれており、耐寒、防塵・防滴もあって最高ですね。
あまり知られてはいませんが、
フローティングミラー構造↓
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-1-2/feature/05.html
のおかげで、望遠鏡撮影時のミラーボックスケラレがD810Aや6D系よりもずっと少ないのです。
あまぶんさんも使われているε-180をD810Aや6Dで使うと、ミラーボックスケラレや
”ビネッティングによる星像のヒトデ化”が無視できません。
明るい屈折写真鏡筒であるFSQ-106EDでも同じ問題が出ます。

天体撮影においてミラーボックスとペンタプリズムは、もはや邪魔以外の何物でもありません。
いくら筋金入りのペンタファンの私でも、K-1ミラーレスの選択技が無いのは悲しい限りと感じます。
最近のペンタさんは企画ものが得意のようですから、
いっそ限定生産でK-1UミラーレスやK-Pミラーレスなど出してみては如何でしょうか?
機材マニアの私には、妙なギミックよりも余程に響きます。

作例は素ノーマルK-1で撮ったもので、素直な発色が有り難いと感じています。
天体撮影では強い画像処理を行いますが、余りにもやり過ぎると、もはや絵になってしまいます。
外国の作品を見ればハッキリ分かると思いますが、いじくり過ぎ作品があまりにも多いです。
星の色を大切に、できるだけ柔らかい処理が出来れば理想と考えています。

一番最後の大きなM51だけは天体専用カメラ(ASI294MCノーマル品)で撮りました。
K-1を始め無改造機で、比較的赤い星雲が良く写る機種でも、
何故か小さな系外銀河に点在する赤いHU領域は写ってくれません。
対して、
天体撮影専用のカメラでは良く写ります。
K-1などでもRAW画像から処理をしていますが、やはりRAWの段階で一般写真用に加工
されているのですね。では、天体撮影専用のワンショットカラーカメラが出す真のRAW画像が良いかと言うと・・・
カメラメーカの画像処理エンジンとは凄いものだと感心する結果となります。

よって、
センサーが同じD810AとK-1では撮影結果が異なります。
NikonとPENTAXで画像処理エンジンが違うからです。電子回路も違う訳です。
全部含めて考える必要があるのです。
そう考えると、K-1系は天体撮影にとても適した機種だと言えるのです。

書込番号:22749748

ナイスクチコミ!7


クチコミ投稿数:932件

2019/06/22 16:10

別機種
別機種
別機種
別機種

マルカリアンチェーン 解像度半減

ソンブレロ 解像度半減

三裂・干潟 解像度半減

ワシ スワン 解像度半減

みなさん、こんにちは。

☆男さん、こちらこそお久しぶりです。コメントとお写真ありがとうございます。

間が開いてしまったのは、天候とか都合とか撮影に出かけられなくてねた切れ、そんなところで大人しく成ってしまいまして・・・。
それで、久しぶりに撮影に出かけられたので、今回はRRSでどんな風に写るのか効果は?、と思い試してみました。

結果は上々なので、マニュアル露出で30秒までしか使えないのが惜しまれる、感度を上げるとザラツクし色ノリも落ちるような感じだし。そうは言っても☆男さんの仰る様に、その他の機能等、撮影結果はたしかに天体撮影向きだと感じています。(なぜか他とは縁遠いのですが。)

ボディは違うのですが、K-1系でリアルレゾリューションで平行して撮影していた4枚を。

素ノーマル “ K-1 ”ε-180ED EM200Tenma2M Supersterオフアキシスガイド 
DCU5.8.3で現像、トリミング(1,2枚目)、解像度を半減。

今回もあっちで先に、M13見てしまいました。(笑)、ステライメージで現像または中間で処理保存した画像は、Exifが引き継がれないようなので、Exif付きの元画像をPhotoshopで開き上のレイヤーに仕上がった画像や処理中の画像を張って保存するする様にしています。https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000856761/SortID=19833100/#20445555この時は忘れて、ステライメージで保存した画像をそのままPhotoshopで開いて処理を続けてしまってました。(お節介ご容赦。)

書込番号:22752274

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


「ペンタックス > PENTAX K-1 Mark II ボディ」の新着クチコミ

この製品の最安価格を見る

PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキット
ペンタックス

PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキット

最安価格(税込):¥224,676発売日:2018年 4月20日 価格.comの安さの理由は?

PENTAX K-1 Mark II 28-105WRキットをお気に入り製品に追加する <139

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:7月17日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング