『主電源オンとスリープの電力消費の比較』のクチコミ掲示板

2018年 6月15日 発売

OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット

  • AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写が可能なミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデル。防じん、防滴、−10度の耐低温性能を備えている。
  • 高速画像処理エンジン「TruePic VIII」、有効画素数2037万画素Live MOSセンサーを搭載し、高画質を実現。
  • 最高フレームレート120fps、タイムラグ0.005秒のファインダーで動く被写体を逃さない。大口径ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が付属。
OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥133,800

(前週比:+1,000円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥135,467

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥112,900 (6製品)


価格帯:¥133,800¥146,580 (13店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥135,460 〜 ¥136,000 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:498g OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ご利用の前にお読みください

OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット の後に発売された製品OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットとOM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキットを比較する

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット

OM-D E-M1 Mark III 12-40mm F2.8 PROキット

最安価格(税込): ¥204,900 発売日:2020年 2月28日

タイプ:ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:504g
 
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのオークション

OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットオリンパス

最安価格(税込):¥133,800 (前週比:+1,000円↑) 発売日:2018年 6月15日

  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのオークション

『主電源オンとスリープの電力消費の比較』 のクチコミ掲示板

RSS


「OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット」のクチコミ掲示板に
OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットを新規書き込みOM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ20

返信15

お気に入りに追加

標準

主電源オンとスリープの電力消費の比較

2021/01/27 00:09(2ヶ月以上前)


デジタル一眼カメラ > オリンパス > OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット

クチコミ投稿数:5件

メインスイッチオンのときの突入電源とスリープまでの時間(たとえば1分)はどちらのほうが電力の消費が大きいですか?

これとe-m5 2をつかってきたのですがメインスイッチが左にあることにずっと不満を感じています。
重いレンズをつけているときの保持や、レンズ交換時のオンオフ操作など、不都合ばかりに思えます。
なによりスリープにはいるまでセンサに火がはいっていることを思うと、電池残量が気にかかって仕方ないです。

しかしメインスイッチをオンにする場合の突入電源は大きいものらしいと聞き、
スリープを待つまでの消耗のほうがずっと少ないのかも?そうだとすれば、メインスイッチに他のダイヤル類を優先させる意味もあるのかもしれないと思えました。もしそうなら、多少の取り回しの悪さは我慢して良いと思えるのですが、どうなのでしょうか?

書込番号:23929604

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:3581件Goodアンサー獲得:125件

2021/01/27 08:12(2ヶ月以上前)

デジカメの電源回路そのものはSSR(Solid State Relay)で、電源スイッチはそのトリガーに過ぎないので私はマメにスイッチを切っています。

タッチパネルに触れてAFターゲットが不用意に動いてしまうのを防ぐ、といった別の理由の方が大きいのですが。

デジカメの電源スイッチがトリガーに過ぎないのには、撮った写真のデータが一旦バッファメモリに書き込まれ、それをストレージに書き込み終わるまでカメラの回路を活かしておかなければならない、といった理由があります。
スイッチOFF即電源断、ではないのです。

私はE-M1mkIIを使っていますが、ファンクションレバーに電源を割り当てています。

書込番号:23929889

ナイスクチコミ!2


mosyupaさん
クチコミ投稿数:1498件Goodアンサー獲得:83件 風まかせ、カメラまかせ  

2021/01/27 10:04(2ヶ月以上前)

>大衆紙ビルトさん
>>「メインスイッチオンのときの突入電源とスリープまでの時間(たとえば1分)はどちらのほうが電力の消費が大きいですか?」

私は今の電源スイッチ位置でOKのスリープ復帰派(?)です。
電池残量が減ってくると気になって仕方ない質なので予備バッテリーを持つようにしています。
細かな消費電力の違いがあるにしてもこれだけで気にならないです。
ただ、たまに予備バッテリー持ち忘れたり充電し忘れてたりすると、比較的こまめに電源オフにしています。
考えてみれば根拠なく何となくスリープよりそちらの方が電池持ちが良いような思い込みをもっていたみたいです。
どうなんでしょうね?

電源操作とスリープの違いでは(たぶん)
SSWF(ホコリ落とし)とメディアアクセスがありそうです。夫々の消費電力がどのくらいかはわかりませんが。

ボタン設定とかでスリープモードに任意に入れれば電源スイッチ位置論争(?)は実用レベルでは解決する気がするのですが、思うほど簡単でもないんでしょうかね ^^;

レンズ交換は、左手で本体を鷲掴みして右手でレンズを持つ方法でやっています。
左手の人差し指か中指がレンズリリースボタンに触れた状態で親指が電源レバーの位置に来るのでこれは理にかなっているかなと思います。

書込番号:23930029

ナイスクチコミ!1


Seagullsさん
クチコミ投稿数:282件Goodアンサー獲得:21件 Lumix Club PicMate 内 

2021/01/27 10:09(2ヶ月以上前)

>大衆紙ビルトさん
自分はパナボディですが似たような事を気にしています。
バリアングルで液晶を裏向け、EVFをアイセンサーにしてあればスリープ時の消費電力はある程度抑えられるとは思いますが
スリープからの復帰が遅い・撮るタイミングでスリープに入る等が嫌で、結局は電源on/offをかなりの頻度で行っています。
右手でカメラぶら下げて撮るタイミングで電源on、構えた時には撮れる状態です。

カメラの電源回路に関しては知識がありませんが、20年ほど前とある携帯ゲーム機に電源用チップヒューズを納入していたので
確か電源on(突入電流)10万回くらいの保証だったかなあと記憶しています。
その記憶が正しければシャッター耐用回数より低い訳ですが、まあデジカメなんて消耗品ですし毎日撮影している訳でもないので
そこはあまり考えないようにしています。
※耐用回数や保証値に関しては相当昔の不確かな記憶を基に記述していますので間違っているかもしれません・・・


書込番号:23930039

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2298件Goodアンサー獲得:7件 OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットのオーナーOM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットの満足度5

2021/01/27 11:15(2ヶ月以上前)

>大衆紙ビルトさん
あの電源スイッチは、操作性が悪いのと、ファンクションレバーは使わないのと、いつの間にか動いて咄嗟の時にまごつくので私も電源スイッチとして使ってます。

書込番号:23930155 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


Seagullsさん
クチコミ投稿数:282件Goodアンサー獲得:21件 Lumix Club PicMate 内 

2021/01/27 13:13(2ヶ月以上前)

>大衆紙ビルトさん
少し補足します。
突入電流というのは電源を入れた瞬間のmSec単位で定格電流の数倍〜数十倍の電流が流れる現象で、消費電力としては気にするほどのものでも無いですが(例えば1秒間定格の60倍の突入電流が続けばスリープまでの1分との比較になりますが、まずそんなことはあり得ません)
電源on/offを繰り返し突入電流の回数を重ねることの弊害は他にあります。
具体的には電源回路に実装されている各部品の寿命が短くなる可能性があります。
それと他の方も書かれていましたが、おそらくオリンパスも電源on時にSSWFが起動すると思いますので、むしろそちらの消費電力との比較かと思いますが、それも大した消費電力では無いように思います。

書込番号:23930399

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3581件Goodアンサー獲得:125件

2021/01/28 10:12(2ヶ月以上前)

デジカメは画像コンピュータで、PCなんかと同様、接点の開閉によるノイズはパスコンかまして逃がしていますよ。
ですので最初に寿命が来るのは接点そのものが多いようです。

SSWFより、半押し手振れ補正ONとか、プロキャプチャーとかの電池の消耗の方が私は気になります。
シャッター駆動のモータとか、電力を使うものは他にもありますね。
Wi-Fi接続なんかも結構電力食うみたいです。


>Seagullsさん

ピーク電流と消費電力量は分けて考えた方がいいですね。

書込番号:23931900

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2130件Goodアンサー獲得:177件 縁側-「メカロクの 偏屈カメラ術」の掲示板メカロクの写真日記 4 

2021/01/28 13:07(2ヶ月以上前)

大衆紙ビルトさん

目的はバッテリーの持ちを良くすることのようなので、私が遣っている、全く別の観点からの省電力策をご紹介します。

私の場合、撮影は勿論、撮影確認も殆ど EVF で行うため、撮影時に背面モニターを使うのは、カメラを、座った時の目の高さより下げるか、立った時の目の高さより上げるか・・・の時だけです。

このため、バリアングルモニター搭載の E-M1 MarkII/E-M1X/E-M5 MarkIII では、レンズが下を向くようにカメラを吊った(*1)上で、アイセンサーは「On2」(省電力のためだけなら「On1」でも可)に設定して、背面モニターを通常は裏返しにしており、こうすると、EVF を覗いた時以外は、EVF も 背面モニターも点灯しないため、バッテリーの持ちは、(データは取ったことがなく感覚的なものだが)背面モニターが見られる状態にした時よりも良い・・・と感じています。
 *アイセンサーによる EVF の消灯は、スリープまでの最短時間(1分)よりも遥かに短い。
 *1:通常、E-M1 MarkII の場合は、左側の吊金具と「L型クイックリリースプレート」の後面に穴を開けて取り付けた吊金具との
   2ヶ所で、E-M5 MarkIIIの場合は、左側の吊金具と「L型クイックリリースプレート」(に開いた穴)との2ヶ所で、
   吊っているので、 長いレンズでなくてもレンズが下を向くため、ストラップで吊っている時などにアイセンサーが働いて
   EVF が点灯するようなことはないし、右手の操作がストラップに邪魔されることも殆どない。
 *E-M1X は、折角の縦位置用グリップが使い難くなるし、三脚を使うことも殆どないので、「L型クイックリリースプレート」は
  購入予定もないが、殆ど 300mmF4 を付けっぱなしのため、通常の吊り方でも、レンズは下を向く。

書込番号:23932180

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5件

2021/01/28 23:55(2ヶ月以上前)

皆様 ありがとうございます!大変勉強になります。

結局メーカーのチャットサポートでざっくり質問をいたしました まず、当然ではありますがオンオフするかわりにスリープ・復帰で代替する使い方自体は問題ないとのこと。

バッテリーの消耗としてはスイッチのオンオフの間隔が短い場合は スリープ・復帰のほうが若干不利である。との回答でした。

「間隔が短い」とか「若干」というのが実際どれくらいなのかもやもやしますが あんまり変わらないと言いたいのだろう。と受け取っておくことにしました。オンオフのほうが動く部分が多いぶん、電力の消耗や劣化が早いかもという示唆。なるほどと思います。

>モモくっきいさん
電源の実際について、ご教示いただきましてありがとうございます。ファンクションレバーをオンオフに割り当てるのは惜しいのですが、試してみようと思います。

>mosyupaさん
レンズ交換時の手の動き、たしかに良さそうですね。まだしっくりきませんが練習してみます。


>Seagullsさん
やっぱりそうなりますよね、パナボディなら余計にメインスイッチをオンオフしたくなりますね。パナボディに浮気しそうになっています。
スイッチ部材が10万回くらい普通に耐えるならば

>メカロクさん
背面モニタ、私も裏返しにしてます!省電力のためでもありますし、画面を内側にして守れるならそのほうが良いと思うからです。あと、撮影後の確認を都度都度する癖がつかないようにとかもありますが。

書込番号:23933309

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2130件Goodアンサー獲得:177件 縁側-「メカロクの 偏屈カメラ術」の掲示板メカロクの写真日記 4 

2021/01/29 01:15(2ヶ月以上前)

大衆紙ビルトさん

>背面モニタ、私も裏返しにしてます!

背面モニターを裏返しにしていても、「EVF自動切替設定」を「Off」にして手動で「EVF」にしていたり、「EVF自動切替設定」を「On1」や「On2」にしていても、ストラップで吊るしたときなどに、EVF の覗き口が身体の方を向いていると、スリープに入るまでは EVF が点きっ放しになりますので、念のため!

書込番号:23933401

ナイスクチコミ!2


Seagullsさん
クチコミ投稿数:282件Goodアンサー獲得:21件 Lumix Club PicMate 内 

2021/01/29 01:33(2ヶ月以上前)

>大衆紙ビルトさん
メーカーへの確認ご苦労様でした。知見として大変参考になります。
でもちょっと分かりにくい回答ですね。

消費電力に関して
電源オン(且つ操作している)>スリープ状態
電源オフ<スリープ状態
というのは確実だと思うので、「間隔が短いとスリープ不利」というのは
恐らくメーカーとしては
「電源オン(且つ何も操作していない)状態が長いのならスリープの方が良いかも」
と言いたいのではないかと推測します。

いずれにしても心配性な人は予備バッテリーを余分に持っていた方がいいですね。
特に12-100なんかを使っていると合焦や手振れ補正の影響で見る見る電池残量が減っていきますので
G99の予備バッテリーを常に+2個持ち歩いています。

書込番号:23933412

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3581件Goodアンサー獲得:125件

2021/01/29 02:44(2ヶ月以上前)

>Seagullsさん

レンズによっても消費電力は違うでしょうね。
AF駆動の電力なんかも本体供給ですから。
て事は、パワーズームも電気を食う事になりますね。

私はしばらくM.ZD12-50を使っていましたが、気にしていませんでした。

書込番号:23933443

ナイスクチコミ!1


Seagullsさん
クチコミ投稿数:282件Goodアンサー獲得:21件 Lumix Club PicMate 内 

2021/01/29 03:52(2ヶ月以上前)

>モモくっきいさん
そうですね。AFの駆動方式や手振れ補正やパワーズームなんかで相当差が出そうですね。
12-100なんかシャッター半押し中ずっと「コーーーッツ」って音が続いて
AFか手振れ補正かわからないけどとにかく電池食ってるなあと思いますし
逆に単焦点で三脚手振れ補正OFF且つMFで星撮ってると中々電池残量減りません。
あとは動体追従でAF酷使すると演算側でも電力消費しそうですね。

望遠の専門のプロの方が「レフ機だと車中泊で連戦しても充電無しで数日いける」って言っておられたので
実際はずっと素子を使って電子的に見ている方がよっぽど消費しているのかもですけど。

それと部品寿命の話ですが、接点部品はもちろんのこと過電流保護のチップヒューズは
1)過電流が来たら断線しないといけないからマージン取って定格を設定出来ない
2)断線する事が目的な部品な為、そもそもエレメントは溶断しやすい素材
なので仕様書上でも突入電流の保証回数が決まっているので、あまり電源をカチカチカチカチやるのは恐ろしいんですよね。

書込番号:23933461

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5件

2021/01/31 22:36(2ヶ月以上前)

>メカロクさん
設定、再確認しそのようにいたしました!感謝です☆

>Seagullsさん
予備バッテリー分軽量安価をスポイルしてしまうと思うと…自分のような人間はもしかしてレフ機に戻ったほうがいいのかもと思い始めています。電源スイッチ、私が想像するよりも複雑で、デリケートみたいですね。

書込番号:23939246

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:685件Goodアンサー獲得:7件 居酒屋ガレージ 

2021/02/04 13:50(2ヶ月以上前)

機種不明
機種不明
機種不明

プラス電極をクリップで引き出し

電源オン時の電流変化

オフ時の電流変化

EM-1mk2の電流消費、気になっていました。
カメラの電池ボックス内にあるプラス電極にクリップをつなぎ
外部の定電圧電源から電池BLH-1の定格電圧「7.4V」を供給。
マイナス側はカメラ底面の三脚穴に接続。
  (クリップ:ミヤマ製 MJ-001)
レンズはED12-100mmF4.0PRO。

この電源には2Aの電流で1Vを出力する電流モニター端子が
付いているので、電源入り切り時やレリーズ時の電流変化を
オシロスコープで観察しました。

まずは、定常状態の電流。
 液晶オン時     0.49〜0.50A
 バックライトオフ  0.47〜0.48A
 EVF切り替わり時 0.52A  (液晶より大きい)
 スリープ時      0.05A

電源オン時とオフ時の電流変化はオシロ波形をどうぞ。
電圧軸は1目盛0.2Aです。

書込番号:23945913

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:685件Goodアンサー獲得:7件 居酒屋ガレージ 

2021/02/04 13:54(2ヶ月以上前)

機種不明
機種不明

撮影時 1/10秒シャッター

電子シャッターで

これが撮影時の電流変化。
電圧軸の1目盛は0.4Aです。
シャッター速度は1/10秒。
シャッター機構が駆動されるとピークで1.6Aほど
流れています。
そして、電子シャッターにすると電流増加はちょっとだけ。

書込番号:23945920

ナイスクチコミ!3


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット
オリンパス

OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキット

最安価格(税込):¥133,800発売日:2018年 6月15日 価格.comの安さの理由は?

OM-D E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットをお気に入り製品に追加する <726

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:4月16日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング