『お勧めボーカル曲』のクチコミ掲示板

Edition 11 製品画像

画像提供:Joshin

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥116,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥116,980

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥116,980¥129,980 (6店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥116,980 〜 ¥116,980 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:6Hz〜42kHz Edition 11のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Edition 11の価格比較
  • Edition 11の店頭購入
  • Edition 11のスペック・仕様
  • Edition 11のレビュー
  • Edition 11のクチコミ
  • Edition 11の画像・動画
  • Edition 11のピックアップリスト
  • Edition 11のオークション

Edition 11ULTRASONE

最安価格(税込):¥116,980 (前週比:±0 ) 発売日:2018年10月27日

  • Edition 11の価格比較
  • Edition 11の店頭購入
  • Edition 11のスペック・仕様
  • Edition 11のレビュー
  • Edition 11のクチコミ
  • Edition 11の画像・動画
  • Edition 11のピックアップリスト
  • Edition 11のオークション


「Edition 11」のクチコミ掲示板に
Edition 11を新規書き込みEdition 11をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ1

返信2

お気に入りに追加

標準

お勧めボーカル曲

2021/06/18 14:15(3ヶ月以上前)


イヤホン・ヘッドホン > ULTRASONE > Edition 11

クチコミ投稿数:3818件 Edition 11のオーナーEdition 11の満足度5

基本的に同じ開放型のEdition12とバランスや音場は割とそっくりな印象がありますのでお勧めボーカル曲も同じ傾向。

Kalafinaの「seventh heaven」
COWBOY BEBOPのサントラから「Cat's on Mars」
EGOIST 「名前のない怪物」
BUMP OF CHICKEN 「セントエルモの火」
坂本真綾 「Replica」
坂本真綾 「あなたを保つもの」

それぞれの理由はE12の方で書いているので割愛。 そして以下、違いが分かりやすい曲を紹介。

E12の方が明瞭で音場が広め。
E11は高音の線が細く、低音が重く響く。

E11はその低音の重さが活きるのでレビューにも紹介した
西田和枝社中 「攻殻機動隊 innocence - 傀儡謡 怨恨みて散る」
https://youtu.be/WOEEfPpSAZ8

和太鼓ですがE12はTH900やD9200らと同程度の重さ感で普通ですが、E11は数段階?重い質感でかなり良い。

ただ、E12の低音も開放型とは思えないほど良いので、下のオークストラ編成では互角の良さがあり。というか似ている。
https://youtu.be/z64HCi2rQkE

反面、こちらは開放感の差でE12が良い。 抑揚がよりあるように感じるが同じく似ているので微差でもある。
どれもアンプ ボリューム的にも差がない。トーンがE12と比べてやや暗い質感。
菅野よう子 Yoko Kanno Full Album
https://youtu.be/lxDV40SbT8A

基本ダイレクトに比べないと分からない程度ですの差ですが、傀儡謡 怨恨みて散るの和太鼓は明確に違いますね。
第一印象、E12とそっくりは色々聴いてもやっぱりそっくりですが、重低音に関してはE11は更にハイエンドなLCD-MX4やSONOROUS VIIIと比較してもいいかなと思うレベルくらいに印象的で異なります。
この重さ感が邪魔に感じる場合もあるので十分使い分け可能ですが、この低音が好きならばE11はかなりコスパ良いかなと。
この両者はデザインの方向性が真反対ではありますが、でも装着感も似ている(E12はやや側圧緩め)という兄弟機ですね。

そしてE12は下記の曲の高音電子音に違和感がなくもないので、このような質感でライブの録音ものはあまり他に該当するケースは少ないもののE11の方が高音域の明瞭感が少ない分違和感が少なかったです。 これも微妙な差ではありますが念のため。
※これは明瞭さが仇となった感じでE12の非ではないとは思いますが、録音の粗はE11の方が誤魔化しやすいかなと。
※逆にE11だとより眠たく感じるソースもあるとは思います。
アイドルネッサンス 「5センチメンタル」
https://youtu.be/fAVOtSY4rNg

書込番号:24194620

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:3818件 Edition 11のオーナーEdition 11の満足度5

2021/06/22 21:59(3ヶ月以上前)

低音の主張を弱めるというより、高中も合わせて抜けを良くして低音を軽くさせる方向で単結晶銅線タイプでリケーブル。
E11に使えそうな端子形状でもありU-05でバランス接続でHugoにも使える4.4mmでレビューでも概ね良さそうなこれをチョイス。
https://www.e-earphone.jp/product_review/20746/detail/

予想以上に相対的に低音がマイルド化し聴きやすいレベルになりました。
駄目なら迷った純銀線を試すつもりでしたが、その必要がなさそうです。
オリジナルケーブルでの低音の硬さ重さが好みならお勧めではないですが、私の好みとして予想以上に近づき良いですね。
銀コートOFCとのハイブリッドでより低音より中/高域が強めになった感じでしょうか、素直な低音に近づいて聴こえます。

Hugoとも相性が悪くないようで、聴きやすくそこそこに。
U-05の方がやはりニュアンス表現力は高く感じますが、カッチリ鳴らしつつクセがあまり感じられなくなりました。

私のように低音の主張や硬さを抑えたい方にはお勧めです。
E11はリケーブルでかなりアンプの相性がE12より無くなるようで、Editionシリーズではお勧めの筆頭かも。

E12(やE10やE8EX)以外にD7200やD9200と今は徹底比較しながら聴いていますが、D7200以上の汎用性とD9200レベルの性能を持っていると感じ、これでD9200より安い実売価格はお買い得だなと。 2ピンなのが惜しいくらいで。
リケーブル後はD9200と並ぶ存在ですね。音場の派手さでE11、自然さ静寂感でD9200でしょうか。
E12は開放型らしい音の伸びが良く、D9200は密閉型ゆえの静寂感がより良い印象。
E8EXはハマるとE11やD9200を軽々上回ってきますが外れが無い安定度ではE11ですね。
E10は細かい表現はE11(やE12)を上回り良く特に主張する域も無く良いのですが、低音の魅力が落ち他でも良い感じでもあるので使い分けに困るところもあり、低音の個性(開放型でここまで重い質感)とそれとバランスが取れた高中域を持つE11はより高いレベルでまとまっている印象で、入手性も合わせてE11が優れているかなと。

リケーブル後のお勧め曲ですが、どれもかなり良くなって選べずです。
メリハリ感に低音が高い貢献をする、Aimer「ONE」とかでしょうか。 この低音の高圧感でまったく破綻しないのは凄みあります。
ずっとこの曲ばかり聴いていられるほど心地よいですね。
低音がしっかりしているのに、ボーカルは鮮明でD9200より高い評価をしても良さそうなほどです。
ヤバいですね低音の違和感がなくなると、この低音の魔力に魅了されてしまいそう。
SONOROUS VIIIやLCD-MX4で聴きなれていなかったら、E11の低音を質はともかく絶賛していたかもしれない、、、
予想以上にリケーブルの効果が素晴らしい。 紹介したケーブルはかなりE11と相性が良いようで強くお勧めです。
とりあえずリケーブル後の低音は評価 4から5に格上げですね。 E11も予備が欲しくなるほど気に入りそう。

ただ膨らむように広がる濃い質感と解像度感メリハリ感味わう、どちらかというと聴き疲れはしやすいしっかりタイプです。
標準ケーブルで長時間リスニング傾向に考えるならば真空管アンプとかも考慮すべきかなと。

書込番号:24201776

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件 Edition 11のオーナーEdition 11の満足度5

2021/06/24 00:09(3ヶ月以上前)

320g程度の重さですし割と売りもハッキリしていて良いですが、とりあえずLCD-MX4やSONOROUS VIIIと比べなければですね。
オーケストラもそうですが、ピアノソロやオルゴールものといった小編成でも質感や響きでこの2つは別格なものがあるようです。
高中域だけでなく低音の重さや質、空間表現や響き、ボーカルの浮き出方生々しさなどLCD-MX4と比べると数段落ちる印象でやはりスケールの小さい纏まり感は拭えませんが、それは他も同様なのでFocal Elearクラスとなら低音特化型のように使い分けることで存在感十分ありお値段と320gを考えると普通以上に良いのも確かです。

エアコンの音など外部音が目立ち始めると手持ちでは上記したSONOROUS VIIIは別格で除くと密閉型Elegiaがとにかく低域の量感や重さもそこそこで全域凛として独壇場のように強くD9200がそれに続く感じで、E11はElear共々弱いのも確かですがE11は低域の量感がElearよりあるのでまだ静寂な環境でなくてもそこそこ感はありますね。
※同じ開放型のLCD-MX4はE11より外音がストレートに漏れて聴こえてきますが、かなり芳醇で立体感のある音場でどの音もしっかり浮いてくる関係でE11より臨場感没入感で上回る感じです。

とりあえずLCD-MX4とSONOROUS VIIIは多少封印気味というか使用率を敢えて下げてもいるので、良く使うメインとしてD9200とElegiaとSONOROUS VIに開放型ですがE11を加えることにしました。 LCD-3や2やETHER 1.1などもメインに匹敵はしますが。
LCDとしては軽いLCD-GXの頻度が落ちてますね、、、個性の面ではLCD系は他にも良く使っている関係もあって弱いせいかなと。

書込番号:24203489

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

Edition 11
ULTRASONE

Edition 11

最安価格(税込):¥116,980発売日:2018年10月27日 価格.comの安さの理由は?

Edition 11をお気に入り製品に追加する <15

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:9月24日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング