『初期インプレッション』のクチコミ掲示板

2019年 4月 発売

Privia PX-S3000BK

  • 高密度実装技術を駆使し、奥行232mmの世界最小(※発売時点)のスリムボディを実現した電子ピアノ。タッチセンサー採用によりフラットな操作パネルを装備。
  • 打鍵の強弱に応じた音量・音色の変化に加え、音の時間的な変化までもなめらかに表現する「マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源」を採用。
  • Bluetoothオーディオによる再生機能を搭載。スマートフォンやタブレット内の曲を本体のスピーカーで聴ける。サラウンド効果をかけることも可能。
Privia PX-S3000BK 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥66,980

(前週比:-10円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥66,980¥84,800 (12店舗) メーカー希望小売価格:オープン

鍵盤数:88鍵 最大同時発音数:192音 音色数:700 録音機能:○ 幅x高さx奥行:1322x102x232mm Privia PX-S3000BKのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Privia PX-S3000BKの価格比較
  • Privia PX-S3000BKのスペック・仕様
  • Privia PX-S3000BKのレビュー
  • Privia PX-S3000BKのクチコミ
  • Privia PX-S3000BKの画像・動画
  • Privia PX-S3000BKのピックアップリスト
  • Privia PX-S3000BKのオークション

Privia PX-S3000BKカシオ

最安価格(税込):¥66,980 (前週比:-10円↓) 発売日:2019年 4月

  • Privia PX-S3000BKの価格比較
  • Privia PX-S3000BKのスペック・仕様
  • Privia PX-S3000BKのレビュー
  • Privia PX-S3000BKのクチコミ
  • Privia PX-S3000BKの画像・動画
  • Privia PX-S3000BKのピックアップリスト
  • Privia PX-S3000BKのオークション
クチコミ掲示板 > ホビー > 電子ピアノ > カシオ > Privia PX-S3000BK

『初期インプレッション』 のクチコミ掲示板

RSS


「Privia PX-S3000BK」のクチコミ掲示板に
Privia PX-S3000BKを新規書き込みPrivia PX-S3000BKをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ17

返信6

お気に入りに追加

標準

初期インプレッション

2019/06/22 09:59(1年以上前)


電子ピアノ > カシオ > Privia PX-S3000BK

スレ主 TJさん
クチコミ投稿数:202件

手頃な価格で持ち出しも出来るピアノが欲しかったので、これを購入。
ざっと一通り音色を弾いてみた感想を。
・鍵盤の奥行きが短いのは、あくまでも「ステージピアノ」としての割り切りが必要です。家から持ち出す事が無く、またアコースティックピアノの代用品が欲しいなら他の機種を選択した方が良いです。
以前所有していたヤマハP-250にくらべ、少しタッチが軽めな気がします。というか、P-250はかなり重い方でした。
・ピアノ音源は今では当たり前の「88鍵フルサンプリング」ではなく、隣り合う3つから4つの鍵盤で、同じ音をピッチを変えて鳴らしています。
気になったのは、いちばん高い4つの鍵盤の音が、どのピアノ音色においても音量が小さく、音程感が弱いです。
・電源を立ち上げてそのまま出る音色001「GRAND PIANO CONCERT」は、他のデジタルピアノと比べると、割とマイルドな音ですね。
たとえて言うなら、P-250が、「グランドピアノの蓋を開けてその中に頭を突っ込んで聴いたような音」だとすると、
px-s3000は「半開のピアノの傍で聴いている」感じですかね。
オルガン音色のロータリースピードチェンジは出来ないようです。

以上、購入してすぐに気付いた点をあげたら不満ばかりのようですが、この価格でこのサイズ・重量でスピーカー内蔵、ピアノ以外にもいろんな音が欲しいという人は検討してみてはいかがでしょうか。

書込番号:22751527

ナイスクチコミ!4


返信する
クチコミ投稿数:295件Goodアンサー獲得:17件

2019/06/23 22:54(1年以上前)

>TJさん:こんにちわ

今、初めて電子ピアノってヤツ(?)を買おうと思って、色々見たり調べたりしてるんですが、

>ピアノ音源は今では当たり前の「88鍵フルサンプリング」ではなく、隣り合う3つから4つの鍵盤で、同じ音をピッチを変えて鳴らしています。

とのことですが、一方、メーカーの仕様を見ると、本機は「マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源」で、「AiR音源では、88鍵盤全てにおいて、1鍵盤ごとに異なる共鳴音をそれぞれ独立してシミュレートする」とあります。

----------------

今、色々調べすぎて、自分の頭で整理し切れてないのですが、「ピアノハッピーライフ」−「電子ピアノ選びのポイント」という識者の方の情報で、「モデリング音源か/サンプリング音源か?」という項目があって、

「サンプリング音源とは従来から採用されてきた音源の方式で、88健の一つ一つの音を個別に録音し…」
「複数の鍵盤が叩かれた時には、単純に録音された一つ一つの音を出力する音源の方式」
「この方式だと、本物のピアノのように、複数の音が共鳴する音色やうねりを本物のピアノのように再現することが難しい」

とあり、一方、

「モデリング音源とは比較的新しい音源の方式で…」
「同時に複数の鍵盤を鳴らしたときに、その音が本物のピアノのように絡み合って、複雑な音色やうねりを出すことができる音源の方式」

とあるのです。結局、何をお尋ねしたいかというと(汗、PX-S3000 の AiR 音源というのは「シミュレート云々」とあるってことは、モデリング音源の要素もあったりしませんかね? ⇒ だとしたら、そもそも88鍵フルサンプリングとは方向性が違うような気がして、質問させていただきました。(共鳴音はシミュレート、ピアノ音そのものはサンプリングってことでしょうか?)

書込番号:22755474 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


MA★RSさん
殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:15383件Goodアンサー獲得:1521件

2019/06/24 05:44(1年以上前)

モデリングと
サンプリング
がベースの音です。

サンプリングは録音
モデリングは計算
で元の音を作ります。

シミュレーションは後付けの加工です。

書込番号:22755797 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:1449件Goodアンサー獲得:326件

2019/06/24 12:04(1年以上前)

> ・ピアノ音源は今では当たり前の「88鍵フルサンプリング」ではなく、隣り合う3つから4つの鍵盤で、同じ音をピッチを変えて鳴らしています。
それは多分違うでしょう。
既にサンプリングした音源は既に出来上がったものですから、減らすのは逆にコストがかかるのでは?
フラッシュメモリの容量が十分でない時代の話でしょう。

> 共鳴音はシミュレート、ピアノ音そのものはサンプリングってことでしょうか?
共鳴音も、サンプリング出来ればそうする可能性もあるかと思いますが、当方計算したところでは天文学的な組み合わせの数になり、とても現実的ではありません。
そこでダンパーを踏んだ時に、弾いた鍵盤の他の弦の共鳴音の波形を元にして、理論的なシミュレートをしているのがをダンパーレゾナンス、同時に弾いている鍵盤の共鳴音を同様に処理したものをストリングレゾナンスとしているのがモデリングでしょう。
モデリングは、他社、特にRolandが熱心ですが、サンプリングした88の音そのものを加工して単音の波形としたものもあります。
CASIOの音源のように、時間による減衰と、強弱に対する音色の変化を連続的に出している場合は、サンプリングした音にモデリングの概念を組み合わせて、音を合成して出しているものと思われます。これは単音でも和音(レゾナンス含む)でも同じでしょう。
サンプリング音だけでは賄えない共鳴音や音色の連続的な変化を補完しているのが、モデリングと解釈しています。

書込番号:22756317

ナイスクチコミ!3


MA★RSさん
殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:15383件Goodアンサー獲得:1521件

2019/06/24 14:46(1年以上前)

サンプリング音を加工して単音の波形としたもの
をモデリング音源とするなら、ヤマハのAWM音源はモデリング音源になってしまいますが、サンプリングしている以上、サンプリング音源、PCM音源になります。誰もモデリング音源とは言わないです。

モデリングは物理モデルに基づき音を作り出すのがモデリング音源です。

書込番号:22756579 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


スレ主 TJさん
クチコミ投稿数:202件

2019/06/24 18:46(1年以上前)

>アナキン@自社待機中 さん、こんにちは。
音源の方式に関しては、他の方が説明されている以上の知識を持ち合わせておりません、悪しからず。
そして、「隣り合う3つから4つの鍵盤で、おなじ音をピッチを変えて鳴らして」いると思った理由ですが、鍵盤を一音ずつ順番に弾いていくと、弦の音といっしょに鳴るハンマーノイズや共鳴音もピッチが変わっていくんです。それが鍵盤3つから4つごとに切り替わるのが判ります。
自宅でヘッドフォンで一音一音鳴らしたからこそ気付いた事であり、もちろん普通に演奏すれば、その事が問題になるとは思いません。
いちばん高い4つの鍵盤の音が弱い問題は、演奏者によっては「あれ?」っとなるかもしれません。
これで発売したのですから問題にはならなかったのでしょう。カシオさんの中では。
まあ、いつまでもそんな重箱の隅をつつくような事してないで、さっさと練習!

書込番号:22756926

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:295件Goodアンサー獲得:17件

2019/06/25 08:12(1年以上前)

>MA★RSさん、>みっどぼんどさん
自分で読み直しても「結局何が言いたいんじゃ!」という質問に丁寧に答えていただき有難うございます。

>TJさん
便乗質問のような形になって失礼しました。練習頑張って下さい〜。

書込番号:22758084 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

Privia PX-S3000BK
カシオ

Privia PX-S3000BK

最安価格(税込):¥66,980発売日:2019年 4月 価格.comの安さの理由は?

Privia PX-S3000BKをお気に入り製品に追加する <82

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(ホビー)

ユーザー満足度ランキング