『ファームウェア バージョン 1.11.1』のクチコミ掲示板

2019年 5月24日 発売

RICOH THETA Z1

  • ワンショットで約2300万画素相当(6720×3360ピクセル)の高品質な360度の全天球イメージを撮影できるデジタルカメラ。
  • コンパクトなボディに1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載。絞り優先など多彩な撮影モードに対応し、屋外や暗所など撮影シーンを選ばない。
  • 回転3軸補正による強力な手ぶれ補正機能により、4K(3840×1920ピクセル)、30fps(フレーム/秒)相当の滑らかで臨場感あふれる360度動画撮影が可能。
RICOH THETA Z1 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥100,134

(前週比:-8,892円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥100,134¥132,856 (21店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥100,134 〜 ¥109,021 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2000万画素(有効画素)x2 撮影枚数:300枚 RICOH THETA Z1のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • RICOH THETA Z1の価格比較
  • RICOH THETA Z1の中古価格比較
  • RICOH THETA Z1の買取価格
  • RICOH THETA Z1の店頭購入
  • RICOH THETA Z1のスペック・仕様
  • RICOH THETA Z1の純正オプション
  • RICOH THETA Z1のレビュー
  • RICOH THETA Z1のクチコミ
  • RICOH THETA Z1の画像・動画
  • RICOH THETA Z1のピックアップリスト
  • RICOH THETA Z1のオークション

RICOH THETA Z1リコー

最安価格(税込):¥100,134 (前週比:-8,892円↓) 発売日:2019年 5月24日

  • RICOH THETA Z1の価格比較
  • RICOH THETA Z1の中古価格比較
  • RICOH THETA Z1の買取価格
  • RICOH THETA Z1の店頭購入
  • RICOH THETA Z1のスペック・仕様
  • RICOH THETA Z1の純正オプション
  • RICOH THETA Z1のレビュー
  • RICOH THETA Z1のクチコミ
  • RICOH THETA Z1の画像・動画
  • RICOH THETA Z1のピックアップリスト
  • RICOH THETA Z1のオークション

『ファームウェア バージョン 1.11.1』 のクチコミ掲示板

RSS


「RICOH THETA Z1」のクチコミ掲示板に
RICOH THETA Z1を新規書き込みRICOH THETA Z1をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ4

返信0

お気に入りに追加

標準

ファームウェア バージョン 1.11.1

2019/08/02 21:56(11ヶ月以上前)


デジタルカメラ > リコー > RICOH THETA Z1

クチコミ投稿数:1210件 RICOH THETA Z1のオーナーRICOH THETA Z1の満足度3 縁側-【VR撮影の話】360°photoの掲示板エスプレッソSEVENツイッター 
機種不明
機種不明
機種不明

Thetaアプリ「撮影設定」

Thetaアプリ「撮影画面」

Thetaアプリ「設定」

製品発売以来、初めてのファームウェア バージョンアップが2019年07月02日付けで行われています。

メーカーサポートページには、何ら明記されていませんが
気づいた改善点を2つあげておきます。(動画関連は使用していません)

@ 「カメラ写り込み軽減」が新設されました。 ネーミングは“軽減”ですが、今までよりも軽減されるわけじゃ無いと思います。恐らくですが今までの状態が「カメラ写り込み軽減 ON」なのだと思われます。OFFにすると、脚元方向がタイル、ブロック、フローリング等だった場合に不自然な写り方になる事が多かったのですが、それがある程度防げます。

参考画像
https://photohito.com/photo/8887983/


A 「ISO感度上限」は、今までは起動の都度忘れていたようで毎回1600に戻っていたのですが、そのようなことは無くなりました。



それから、個人的には
消費電力の低減もかすかに期待していたのですが、そのようなことは無いようです。
とにかくZ1はバッテリーのパーセント表示が、またたく間に減ってゆきますので、
位置情報の取得を簡易的なモノにするとか、ライブビューの低画素コマ落ちモードを作るなど
なにか出来るのであれば、実現して欲しいものですね。

いま現在、ユーザーとしては「無駄な電力を使わない」操作を実践するしか無い訳で、
そのポイントは下記の通りかと思います。

・撮影後の画像確認は
 撮影設定で「撮影後表示」ON にして行うか、必要に応じサムネイル画面に移って行うか
 ですが、自分にとっての基本パターンを決めて、2つを併用しない方が良いと思います。
 (撮影画面からサムネイル画面に移るときに、カメラ内のファイルを全部なめてサムネイルを作ろうとするので、場合によっては“サムネイル画面にたどり着くまでにバッテリーを数パーセント消費する”事がある。)

・上記と関連することですが、「撮影設定」には撮影画面からダイレクトに入れますが、「設定」には撮影画面からサムネイル画面を経由して入ることになるので、今から自分が設定しようとしている項目が「どっちだったっけ?」と探していると、それだけでバッテリーを大量消費します。ですので、プラグインの起動や、スリープまでの時間設定など「設定」→「カメラ設定」と進んで設定する項目は、しっかり覚えて置いた方が良いです。

書込番号:22835112

ナイスクチコミ!4


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

RICOH THETA Z1
リコー

RICOH THETA Z1

最安価格(税込):¥100,134発売日:2019年 5月24日 価格.comの安さの理由は?

RICOH THETA Z1をお気に入り製品に追加する <183

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド
qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:7月7日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング