『7.1chスピーカーの流用について』のクチコミ掲示板

> > > > > クチコミ掲示板
2019年 6月中旬 発売

AVR-X1600H

  • Dolby Atmos、Dolby Atmos Height Virtualizer、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応した7.2ch AVサラウンドレシーバー。最大出力175Wのパワーアンプを搭載。
  • 4K Ultra HDパススルー(60p/HDCP 2.3/BT.2020/HDR10/Dolby Vision/HLG/eARC/ALLM)対応。HDMI端子は6入力/1出力を装備している。
  • Amazon Alexa、音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオ、5.6 MHz DSD、ハイレゾ、AirPlay 2、Wi-Fi、Bluetoothなどに対応している。
AVR-X1600H 製品画像
最安価格(税込):

¥44,500

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥44,500¥50,470 (11店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥59,500

店頭参考価格帯:¥50,470 〜 ¥50,470 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

サラウンドチャンネル:7.2ch HDMI端子入力:6系統 オーディオ入力:2系統 AVR-X1600Hのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVR-X1600Hの価格比較
  • AVR-X1600Hの店頭購入
  • AVR-X1600Hのスペック・仕様
  • AVR-X1600Hのレビュー
  • AVR-X1600Hのクチコミ
  • AVR-X1600Hの画像・動画
  • AVR-X1600Hのピックアップリスト
  • AVR-X1600Hのオークション

AVR-X1600HDENON

最安価格(税込):¥44,500 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 6月中旬

  • AVR-X1600Hの価格比較
  • AVR-X1600Hの店頭購入
  • AVR-X1600Hのスペック・仕様
  • AVR-X1600Hのレビュー
  • AVR-X1600Hのクチコミ
  • AVR-X1600Hの画像・動画
  • AVR-X1600Hのピックアップリスト
  • AVR-X1600Hのオークション
クチコミ掲示板 > 家電 > AVアンプ > DENON > AVR-X1600H

『7.1chスピーカーの流用について』 のクチコミ掲示板

RSS


「AVR-X1600H」のクチコミ掲示板に
AVR-X1600Hを新規書き込みAVR-X1600Hをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ8

返信6

お気に入りに追加

標準

7.1chスピーカーの流用について

2020/06/10 21:22(1ヶ月以上前)


AVアンプ > DENON > AVR-X1600H

クチコミ投稿数:8件

従来の7.1chのスピーカー配置のまま、Dolby Atmosへ対応させられないかを模索しております。イメージとしては「モデルケース大実験 (実験 Dolby Atmos)」というページのCASE4に酷似しております(サラウンド、サラウンドバックが天井埋め込み)。
AVR-X4500Hであれば、「リアハイトスピーカーを設置すると、Auro-3DおよびDolby Atmosの両方をお楽しみいただけます。」との表記もあり、現在のSBスピーカーをリアハイトに設定しておけば(最適な配置でないにしても)Dolby Atmosへ対応させられるのではと想像しております。
一方、AVR-X1600Hではリアハイトの設定がないようなのですが、上記のような対応は可能でしょうか?たとえばトップミドルと虚偽(?)の設定をしたとして、Dolby Atmosの効果は表れるのでしょうか?

書込番号:23460571

ナイスクチコミ!2


返信する
殿堂入り クチコミ投稿数:1524件Goodアンサー獲得:522件

2020/06/10 21:45(1ヶ月以上前)

>培養細胞さん

AVR-X1600Hはリアハイトの設定ができないため、CASE4に酷似している配置でしたら、現状のサラウンドをトップミドル、サラウンドバックをサラウンドにしたほうが音のつながりは良いように思います。

難を考えれば、サラウンドが耳後方の天井なので低い位置の音場が高くなるところだと思います。
Dolby Atmos位置情報の後方寄りの音源が高いところで合成されるので、映画製作者が意図とした音の出る場所がズレる可能性がありますが、視聴してみて不自然極まりないことは少ないのでは?と個人的には思います。

書込番号:23460640

ナイスクチコミ!1


金メダル クチコミ投稿数:1710件Goodアンサー獲得:538件

2020/06/10 22:12(1ヶ月以上前)

>培養細胞さん
こんばんは。

> AVR-X1600Hではリアハイトの設定がないようなのですが、上記のような対応は可能でしょうか?たとえばトップミドルと虚偽(?)の設定をしたとして、Dolby Atmosの効果は表れるのでしょうか?

ドルビージャパン 技術サポート部ディレクターは、
「ドルビーアトモス ホームのトップスピーカーの設置位置には融通が効きます」
と述べているので、AVアンプの補正でそれなりの効果は得られると思います。
http://www.stereosound.co.jp/column/av_trends/article/2014/10/17/33003.html

現状天井埋込となっているサラウンドとサラウンドバックのどちらをトップスピーカーと設定するかは、双方試してみてベターな方を選択すればよいと思います。

但し、
「ドルビーの理想としては、フロアースピーカーは全チャンネルを耳の高さに置いてもらうことをお薦めしています。
ですので、サラウンドやサラウンドバックを天井に埋め込むのは想定外なんです。」
とも述べているので、ドルビー社が想定するベストな音響とまではいかないのかもしれませんね。

書込番号:23460711

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:8件

2020/06/10 22:47(1ヶ月以上前)

コメントありがとうございます。

>ポンちゃんX2さん
なるほど、サラウンドスピーカーのほうの設定を変える手もあるんですね。AVR-X4500Hを選択し、SBスピーカーをリアハイトに設定するほうが少しは自然になる可能性は高そうでしょうか?
サラウンド系のスピーカーがすべて高い位置になってしまうので、どうしても定位がずれるということは避けられないですよね。これは覚悟しています。

>DELTA PLUSさん
まさにAVアンプの補正機能に頼ろうと考えていました。ベストな形とならなくとも、「お、楽しい」と感じられることを目指したいと考えています。

書込番号:23460794

ナイスクチコミ!0


殿堂入り クチコミ投稿数:1524件Goodアンサー獲得:522件

2020/06/10 23:22(1ヶ月以上前)

>培養細胞さん

AVR-X1600Hは購入前でしょうか。

もしAVR-X4500Hを購入するのなら、9chモデルなので5.1.4が利用できます。
ただしフロントの上部天井付近壁掛けのフロントハイトもしくは視聴位置前方天井のトップフロントを増設して高い位置の音場を4ch構成にする必要があります。
現状の7.1chのまま、サラウンドバックをリアハイトに設定するだけの目的でAVR-X4500Hを購入するのは無駄遣いのように思います。

以下は勝手な想像です。
現在、耳の高さ付近の音場であるはずのサラウンドとサラウンドバックが天井設置なので、既に通常の7.1chの側方、後方の音場は高い位置にシフトして視聴しています。
(最近の映画館は座席が前低・後高の配列なのでサラウンド、サラウンドバックは高めにシフトしていることが多いように思います)
この状態で、映画の残響音や後方から側方、前方へ回り込むような効果音が不自然に聞こえていないか、慣れてしまっているならば、Dolby Atmosの立体音響が高い位置にシフト気味に聞こえても、スレ主さんの気分次第のように思います。

書込番号:23460885

ナイスクチコミ!0


金メダル クチコミ投稿数:1710件Goodアンサー獲得:538件

2020/06/10 23:58(1ヶ月以上前)

>培養細胞さん

「お、楽しい」という空間なら今のスピーカー位置でも十分に達成可能だと思います。

AVR-X4500Hを選ぶメリットは以下のようなことが考えられますね。
・9.1ch(5.1.4ch、7.1.2ch)への拡張が可能
・Auro-3D対応
・フロントバイアンプの7.1chが可能

逆に言えば、以上のようなことに興味がなければAVR-X1600Hで良いということになると思います。
既存の天井埋込SBを、AVR-X1600Hでトップミドルに設定しても、AVR-X4500Hでリアハイトに設定しても、結局AVアンプは○.○.「2」の部分のチャンネル用のスピーカーとして認識するので、Dolby Atmosの再生においては変わりはないと思います。

書込番号:23460940

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:8件

2020/06/11 18:13(1ヶ月以上前)

皆さん、コメントありがとうございます。
AVアンプでのスピーカー設定は、Dolby Atmosにおいてはある程度柔軟に(さらに言えばやや雑に)考えても、うまく補正してもらえる可能性が高いのですね。あとは自分で聞いてみて好みの設定を選んでいく、と。
こうなってくると、5.1.2で一応の完成形とするならAVR-X1600Hが最適(十分)、追加で2本フロントハイトなどを足す野望があればAVR-X4500Hが必要、となりそうですね。価格差もあるので悩ましいです。

今回の自分のケースのように、リファレンスの配置から外れてしまいそうでDolby Atmosに手を出していいのか躊躇している人はいるんじゃないかと想像しています。せっかくメーカーの人が音響補正などの技術をつぎ込んでいるのに、その懐の広さを知らずに諦めてる人もいそうですよね。サウンドバーなどの製品のほうが、その辺よっぽどうまくアピールしてるとも感じます。
音響に詳しい方に「敷居を下げまくったDolby Atmos導入の手引き」ってのを作っていただけると助かります。他力本願で申し訳ないことですが。

書込番号:23462222

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

AVR-X1600H
DENON

AVR-X1600H

最安価格(税込):¥44,500発売日:2019年 6月中旬 価格.comの安さの理由は?

AVR-X1600Hをお気に入り製品に追加する <667

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:8月7日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング