『はじめて自作PCに挑戦。これからのDTMにはRyzenでも安心?』のクチコミ掲示板

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 9 3900X BOX

  • 12コア24スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは105W。
  • 前世代キャッシュの最大2倍に当たるGameCacheは、メモリーのレイテンシーを低下するように設計されているため、ゲームの加速化を実現する。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされる。色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載。
Ryzen 9 3900X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥57,973

(前週比:-5円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥57,980

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥57,973¥73,090 (32店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥60,280 〜 ¥60,280 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 3900X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:6MB Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション

Ryzen 9 3900X BOXAMD

最安価格(税込):¥57,973 (前週比:-5円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 3900X BOX

『はじめて自作PCに挑戦。これからのDTMにはRyzenでも安心?』 のクチコミ掲示板

RSS


「Ryzen 9 3900X BOX」のクチコミ掲示板に
Ryzen 9 3900X BOXを新規書き込みRyzen 9 3900X BOXをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ39

返信20

お気に入りに追加

解決済
標準

CPU > AMD > Ryzen 9 3900X BOX

クチコミ投稿数:87件

はじめて自作PCに挑戦しようと思っています。初めはIntelでと思っていたのですが、最近のRyzenの目覚ましい進歩に心が移りつつあります。使う用途はDTMです。仕事なので結構グレードの高いものをと思っています。ネットで調べるとRyzenでDTMをやり始めている方もいるようです。DTMの命はレイテンシー(メモリーのレイテンシーとは関係ないようです)です。これはオーディオインターフェイスに依存するところが大きいのですが、信用できるものに買い替えるにはハイグレードなPCを買えるくらいの費用がかかります。そこで、まずはPCで補える最高のところまでと思って、CPUから考えようと思っています。因みに今はi7/3.5GHz・32GBのPCでCubase10.5、インターフェイスはRMEのFireface UCXです。
Ryzenにするとして、あるHPではDTMでOCしても大丈夫という記述があったんですが、それは正しいですか?

書込番号:23054855

ナイスクチコミ!3


返信する
クチコミ投稿数:87件

2019/11/18 14:42(9ヶ月以上前)

すいません見にくいので書き直しました。

はじめて自作PCに挑戦しようと思っています。
初めはIntelでと思っていたのですが、
最近のRyzenの目覚ましい進歩に心が移りつつあります。

使う用途はDTMです。
仕事なので結構グレードの高いものをと思っています。
ネットで調べるとRyzenでDTMをやり始めている方もいるようです。

DTMの命はレイテンシー(メモリーのレイテンシーとは関係ないようです)です。
これはオーディオインターフェイスに依存するところが大きいのですが、
信用できるものに買い替えるにはハイグレードなPCを買えるくらいの費用がかかります。

そこで、まずはPCで補える最高のところまでと思って、
CPUから考えようと思っています。
因みに今はi7/3.5GHz・32GBのPCでCubase10.5、
インターフェイスはRMEのFireface UCXです。

Ryzenにするとして、
あるHPではDTMでOCしても大丈夫という記述があったんですが、
それは正しいですか?

書込番号:23054869

ナイスクチコミ!0


統志朗さん
クチコミ投稿数:49件Goodアンサー獲得:2件

2019/11/18 15:15(9ヶ月以上前)

>osakatatsuoさん

こんにちは。
私も3900xで自作して
Cubase10.5を使っています。
8月からの稼働ですが全く問題なく
気持ち良く作業が出来ています。
レイテンシに関しては
外部音源は殆ど使わなくなったので
分かりませんが
ギター、ベースを単ラインで挿す分には
私には気になりません。
OCはCPU側に任せてますが
それも今のところ問題になるような
現象は感じません。
ディスクは倉庫以外はSSDで
メインはCFDのPG3VNFを使ってます。

以前はMacにDPでやっていましたが
現在は完全移行真近な処です。

参考になれば幸いです。
それでは。

書込番号:23054917 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!6


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:12323件Goodアンサー獲得:2327件 Ryzen 9 3900X BOXのオーナーRyzen 9 3900X BOXの満足度5

2019/11/18 17:22(9ヶ月以上前)

自動のXFRやPBOなどのブースト機能はOCでは有りません
PPT142Wを超えるなど、AMDの定めた規格から逸脱してクロックを上げることをOCと言います
XFRやPBOを使う限りは問題は無いはずですが

書込番号:23055090 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!4


統志朗さん
クチコミ投稿数:49件Goodアンサー獲得:2件

2019/11/18 17:57(9ヶ月以上前)

>揚げないかつパンさん

いつも勝手にお世話になっております。

OCの件、ご指摘いただき有難うございました。
勉強になります。

書込番号:23055154

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:87件

2019/11/18 19:21(9ヶ月以上前)

>統志朗さん
早速のお返事ありがとうございます。

もう10.5を使っておられるんですね。
立ち上がりも早くシャットダウンも早いですよね。

外部音源というのは
MIDIで繋いでいる音源という意味ですか?
それなら私ももう使っていません。

私も以前はDPでした。DP7まで使っていました。
同じようにMacです。
Macには相当つぎ込みました(笑)…。

Windows7ですのでこれを機に
いっそうを考えていまして
Ryzan 9 3900Xでも大丈夫なんですね…。
何か心強いです。
ありがとうございます。

>揚げないかつパンさん
他のクチコミへの書き込みでも
揚げないかつパンさんの書きこみを
参考にさせて貰っています。

私はほんとに初心者なので
XFRやPBOのことを解っていません。
ですので、何点か質問をさせて頂きたいんですが良いですか?

・CPUが勝手にスピードをあげる機能の事だと思っていいんでしょうか?

・これはIntelの方にはない機能なんでしょうか?

・Ryzenのその機能で体感できるほどスピードは上がるんでしょうか?

・それはどんな時に機能するんでしょうか?

・それはDTMには有効なんでしょうか?

・その機能じゃなく、実際にOCした場合、Ryzenは音楽あるいはゲームをプレイ中にテンポは揺れないでしょうか?


すいません。勝手に質問をしまして…。
お時間がある時で結構ですので、
よろしくお願いします。

書込番号:23055287

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:12323件Goodアンサー獲得:2327件 Ryzen 9 3900X BOXのオーナーRyzen 9 3900X BOXの満足度5

2019/11/18 21:42(9ヶ月以上前)

インテルも有りますよ。

Intel Turbo boost technologyとかいう名前だったと思います。

インテルの場合は上げるステップが結構、大雑把じゃなかったかと思うのだけど
AMDの場合はPPT(実消費電力) TDC(平均的な消費電流) EDC(瞬間的な消費電流)の3つファクターでCPUを保護した上で周波数を上げるし、温度などでも周波数を下げるので、それほど危険な物でも無いです。

体感的な話をすれば、多分、ほぼ無理だと思いますが若干のレスポンスの違いを感じる程度だと思います。

DTMに付いては、CPU使用率などが自分には分からないので何ともですが、負荷率が100%に達するなら有効だとは思います。
多分、大して変わらない気しかしませんが

XFRやPBOはAMD用のマザーの場合は初期値が有効の場合が多いかな?(第3世代)

・その機能じゃなく、実際にOCした場合、Ryzenは音楽あるいはゲームをプレイ中にテンポは揺れないでしょうか? → これは無いと思いますよ。

どんな時に付いては、単純にCPUを使うときは有効ですので、フルロードに限るとか、そういう機能では無いです。

敢えて、無効にする機能では無いですが、OCしたら切れますのでOCするならその辺りは考慮が必要です。

書込番号:23055639

Goodアンサーナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:87件

2019/11/18 22:07(9ヶ月以上前)

>揚げないかつパンさん

色々ありがとうございます。
もうRyzenでも恐くないっていう事ですね。

それでは最後に

ASRock Z390 Taichi
Core i9 9900K BOX

ASRock X570 Taichi
Ryzen 9 3900X BOX

メモりーやM2は
同じものを装備するとして

スピードは
体感するくらい変わりますでしょうか?

よろしくお願いします。

書込番号:23055709

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:12323件Goodアンサー獲得:2327件 Ryzen 9 3900X BOXのオーナーRyzen 9 3900X BOXの満足度5

2019/11/18 22:33(9ヶ月以上前)

体感をどう感じるかでは無いでしょうか?

例えばですがBlenerというレンダリングソフトが有りますが、これのGooseBerrryというCPUレンダリングのベンチマークが有ります。
これはベンチマークと言ってますが、単にアプリでレンダリングするソフトです。

これの1回の終了時間は9900KでAutoなら29分くらいでOCして28分くらいですが、3900Xだと21分くらいで終わります。
これは体感できますよね?

簡単に言えば12コア24スレッド全部をフルに使うソフトなら体感はできますよという事です。

逆にゲームでは9900Kの方が若干速いのでゲーマーなら体感差が出るんじゃないですかね?

通中のアプリなら、最近のCPUならどれも体感差は無いと思います。

書込番号:23055764

Goodアンサーナイスクチコミ!3


統志朗さん
クチコミ投稿数:49件Goodアンサー獲得:2件

2019/11/19 00:20(8ヶ月以上前)

>osakatatsuoさん

こんばんわ。

ことDTMに関して言えば
そこまでOCに拘られる理由が私には理解できなくて申し訳ないのですが
以下が実際にCubaseを触った状況です。

現在Cubase10.5で32bit/96khzのwaveを16TrでMIXしていますが
16TrにComp系pluginを軽く刺した状態で
CPUの使用率は10%にも満たない状況で速度的には4.2GHz超えで
メモリも10GB程度
Cubaseのオーディオパフォーマンスも全く余裕を示しています。


ソフト音源を12個立ち上げて、その他Loop素材を並べて20Trほどのプロジェクトでも
CPUの使用率は10%程度、メモリも10GB程度
Cubaseオーディオパフォーマンスで、半分ほどを示します。

ですので総合的には全く余裕だと言えると思います。
もしかしたらClock(ジッター)辺りのお話をされているのかなぁ〜とも思えるのですが
その辺がCPUのOCで何らか賄える(補える)のかは、すみません、分かりません(汗)

あとは自作の場合は安定性とか信頼性って処がかなりシビアになるので
私はできるだけ信頼性のあるパーツを選択しました。
まぁその分コストも掛かりますが、、、

あと余談ですが…
今までMacでDTM環境を構築していて、DPメインでCubaseやStudioOneも触りましたが
Cubaseに関して言えばバージョンの違いもあるかも知れませんが(Macでは9までしか使ってませんでした)
現在のwindows環境でCubase10あるいは10.5はヌケが良く、レンジも広がった感じを受けました。

以上、ご参考になりましたら幸いです。
納得のいく環境構築が出来ることを祈っています。
でわ。

書込番号:23055981

Goodアンサーナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:87件

2019/11/19 02:48(8ヶ月以上前)

>揚げないかつパンさん
インテルの
Intel Turbo boost technologyが
AMDの場合と同じように
単純にCPUを使うとき有効であれば
それを使わない手はないですね。

マルチコアでデータ処理をして
処理速度を上げるんですね。
という事はクアッドコアよりも
オクタコアの方が有利ですよね。
私の望んでることは
このIntel Turbo boost technologyで
解消しなかったらOCでも無理かもしれませんね。

コア数の多いRyzen…良いかもしれませんね。
もう一度プランを考え直します。
ありがとうございました。

パーツ選びの時に
また相談にのって下さい。

>統志朗さん
ありがとうございます。

現在の私のシステムは
i7-4790/3.6G メモリーは32GBです。
私も現在Cubaseは10.5です。
(2〜3日前にあげたばかりですが)

ソフト音源は一度にだいたい20
その中で幾つかのMIDIチャンネルを使い
多い時には30位を立ち上げます。
他にはVocalのオーディオTr(10〜15)
エフェクTr、VCATr、グループTrを含めて
50〜70、全部で100近くトラックを使う時があります。

問題が起こるのはこのトラック数の時の
マスターキーボードからのリアルタイム入力です。
バッファーサイズを
128位にしないと発音が遅れます。
欲を言えば64位にしたいんです。
勿論少ないに越したことはありません。

いちいちインプレスレンダリングせず
(きっとこのレンダリングも早くなるかと)
MIDIデータのまま
リアルタイムレコーディングが出来ればと…。

少なくとも現在の私のシステムで
これくらいのトラックを使っている時には
リアルタイムでのMIDIレコーディングは
難しいようです。

ミックスダウン時には
オーディオに変換し
バッファーサイズも上げますので
問題はおこりません。

OCにしたいわけではないんですが、
やったことがないので凄い効果があるなら
やってみたいと思っているだけなんです。
それでバッファーサイズが小さく出来るなら。

でも、統志朗さんの3900XのPCなら
このバッファーサイズかなり落とせそうですね。

私はエンジニアじゃないので
Clockの事は気になりません。
気にしないといけないのでしょうが
そこまでの耳がないです。

はい、パーツは信頼できるものを思っています。

Cubase10は立ち上がりやシャットダウンに
とっても時間がかかったように思うんです。
10.5はそこがとっても早く感じます。

それと10はキーボードショートカットの
ウインドーの立ち上がりがもの凄く遅かったんですが、
10.5はすっと立ち上がるんです。
そちらではどうですか?
10の時もあれだけ簡単に立ち上がりましたか?

またAMDにした時にはまた相談にのって下さい。

書込番号:23056107

ナイスクチコミ!0


統志朗さん
クチコミ投稿数:49件Goodアンサー獲得:2件

2019/11/19 13:58(8ヶ月以上前)

>osakatatsuoさん

こんにちわ。

なるほど、midiのリアルタイム入力でしたか…
アレはどのDAWでも言えるかも知れませんが
頭が痛いですね、音源にもよりますし…
私も試行錯誤です。
その辺DPは対応していればって条件がつきますけど
Pre-Genは優秀だったと思います。
本当はwindowsでもDPを使いたいのですが
VSTplugin周りが弱くて諦めました。

しかし100Trはヘビーですね(^^;

表示速度に関しては
windows版のcubaseはUIに
GPUを使っているらしいので
その辺も影響するかも知れませんネ。

ここでこんなお話が出来て楽しかったです。
有難うございました。
私も100Trってやってみようかな…(//∇//)

書込番号:23056941 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:87件

2019/11/20 22:50(8ヶ月以上前)

>統志朗さん
ありがとうございました。
PCでDTMに詳しい方に初めてお会いしました。
色々教えて頂いてありがとうございます。

CubaseはUIにGPUを使っているんですね。
そうするとグラフィックカードもちょっと良いものを使うと
早く感じるようになるんですかね(波形の表示なんかも早くなるかもしれませんね)。

Ryzen 9 3900Xでちょっと考えてみます。
また、教えてください。

書込番号:23059823

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:87件

2019/11/20 23:43(8ヶ月以上前)

>統志朗さん

コンピュータ環境についてスタインバーグに問い合わせたところ、
良いリンク先を教えて頂きました。
https://helpcenter.steinberg.de/hc/en-us/articles/206929270-DAW-Components
英語で書かれているので、翻訳しないといけませんが(グーグルで翻訳すれば、結構まともです)
とっても良い記事です。
ちょっと残念なのは、マザーボードのチップセットが最も重要なコンポーネントの1つです。
と書かれているのですが、では何に気をつければいいかが書かれていない点です。

ハードディスク、オーディオカード、DSPカードの低レイテンシーと高データ転送レートの必要性により、特定のチップセットまたはマザーボードがオーディオ制作に完全に不適切または強く推奨される場合があります。

これではちょっと解り辛いですよね…。
統志朗さんは解りになりますか?

書込番号:23059925

ナイスクチコミ!0


統志朗さん
クチコミ投稿数:49件Goodアンサー獲得:2件

2019/11/21 00:44(8ヶ月以上前)

>osakatatsuoさん

こんばんわ。
リンクをザラッと拝見しました、有難うございます。

確かにチップセット云々言っている割にはこれはどのソフトにも言える話で
具体性がないですね^^;

まぁ動きますよって言っているCPUにはRyzenも明記されていますし
チップセットもAMDと明記されていますので
Ryzen3900xが乗っかるものだったら大丈夫だと思います。
現在の私のPC(チップセットX570)環境では(今の処)安定して稼働できています。

ただそれにはやはりCPUだけでなく、マザボにメモリ、CPUクーラーや電源、SSDにグラボ、ケース
結局総合的に考慮しないとダメなんだなぁ〜と思いました(^_^;)
…リンクのドキュメントも結局そういう感じに思えました…

> また、教えてください。

私なんぞたいしてお役に立てるとは思いませんが
何かありましたらお気軽にどうぞ!

でわ。

書込番号:23060012

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:87件

2019/11/21 01:20(8ヶ月以上前)

>統志朗さん

申し訳ありません
それでは遠慮なく、聞かせて頂きます。
リンクの文章に

使用可能なコアが多いほど、より多くのスレッド同期が必要になります。
これにより、処理能力が低下し、システムが遅くなります。

この後に

大量のCPUキャッシュ(L2、L3)は、リアルタイム処理にプラスの影響を与える可能性があります。

この文章があります。

Intelには二次キャッシュもなければ、三次キャッシュは16MBしかありません。
対してRyzenは二次キャッシュ6MB、三次キャッシュにいたっては64MBもあります。

これは、断然Ryzenの方が有利と考えていいんでしょうか?
(コア数は少ないIntelの方が有利かもしれませんが)

もしそうだとするなら統志朗さんのマシーンはDTMに最適なんでしょうね。

これが正解なら

私はRyzen 9 3900Xに

マザー MSI の MEG X570 ACE
M.2   CFD の PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF
     (読込速度5000 MB/s 書込速度4400 MB/sが魅力です)

と思っているのですがどうでしょうか?

書込番号:23060045

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:12323件Goodアンサー獲得:2327件 Ryzen 9 3900X BOXのオーナーRyzen 9 3900X BOXの満足度5

2019/11/21 02:11(8ヶ月以上前)

>osakatatsuoさん

一つだけ、自分はDTMを昔少しやっただけなので。

>Intelには二次キャッシュもなければ、三次キャッシュは16MBしかありません。
この文章はまちがいです。
インテルCPUにもL2キャッシュは有ります。

https://news.mynavi.jp/article/20190808-874103/2
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/1147869.html

AMDのRyzenが巨大なL3キャッシュも持つ理由は簡単です。これはインテルに比べて、メモリーアクセスのレイテンシが遅いのです。その為パフォーマンスを出すためにはなるべく、L3キャッシュなどのキャッシュから読み出したいからです。
メインメモリーからデータを直接参照するようなシステムを今のCPUは取ってません。
これは、DDR4メモリーはランダムアクセスに適したメモリーでは無いからです。DDR4メモリーはバースト転送をする限りはそこそこ速いのですが。。。
現在のCPUは(AMDもインテルもですが)命令を参照する際に投機実行を行います(Out of Order)これは簡単に言えば先行して命令を参照しておくことです。
この場合に怖いのはキャッシュミスです。要するに欲しいデータなり命令がキャッシュに無い事で、その場合、キャッシュのページを破棄して再度、必要なデータまたは命令を再キャッシュします。深いパイプライン構造の為、一度、キャッシュミスするとそのペナルティはそこそこ大きいです。
Ryzenの投機実行はインテルの投機実行より優れたアルゴリズムだと言われていています。3000シリーズが2000シリーズに比べてIPCが向上した理由に【TAGE】というアルゴリズムを導入したことでキャッシュミスを減らしています。
また、インテルも随分前からこの【TAGE】というアルゴリズムを使用しているようです。添付文中にも出てきますが、投機予測にはロング予測とショート予測の2種類を持ち、【TAGE】はロング予測に使う予測です。単純な命令に使うショート予測は【パーセプトロン】という予測アルゴリズムを使用することで、投機実行の実行効率を上げたことで大きなキャッシュが生きてきて高い実行性能を得たという感じなのです。

DTMでどうか?という問題は別にして、CPUの性能で問題となる実行性能は現在のアルゴリズムの上ではAMDの方が少し優秀という感じなのです。
それが、Ryzenが少し低い周波数でにインテルの若干高い周波数のCPUと同等のコア性能を持つ理由です。
なので、インテルよりもAMDがコア数が多い分、そのような処理内容なら速度が速いという事になります。

この辺りの文献は色々とWEBに落ちていますし、読むとなかなか面白いです。

まあ、単なる構造論の話なので、この辺で。。。

まあ、AMDのCPUのCCX間通信の問題点や、Windows1903以降でWindowに加えられた最適化なども、レイテンシを抑えるため、OSの構造を使用コアを同一スレッドであまり変えないことで、ペナルティを減らし高速化していますので、技術的にも面白い感じになってます。
Ryzenはその構造から、CCXモジュール間で通信が発生したり、InfinityFabric間で通信が発生するなどの場合にペナルティが有るという問題も持ってはいますので、どのような処理で有ってもRyzenが速いという訳では無いです。

書込番号:23060071

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:87件

2019/11/21 17:24(8ヶ月以上前)

>揚げないかつパンさん

インテルCPUにもL2キャッシュは有るんですね。
CPUのスペックを見るとL3のキャッシュは表記されているのに
L2は空白だったんでないのかと思っていました。

リンク先読ませて頂きました。
少しは解るのですが、専門用語が出るとちょっと難しいです…。
でも、揚げないかつパンさんの補足でだいたいの感じは…。

AMDはIntelに比べてコア数が多いため必然的にキャッシュを
多くしないといけない。
だから性能とすれば思っている程の差はない…ですよね。


DTMアプリの会社のリンクには

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リアルタイムオーディオパフォーマンスのためには、
コア数が多いよりもコア数の速い(周波数の高いの間違いだと思うのですが)
プロセッサの方が適しています。
使用可能なコアが多いほど、スレッドの同期が必要になります。
これにより、処理能力が低下し、システムが遅くなります。
コア数を増やすと、最適なパフォーマンスを得るために
異なるRAM構成(デュアルチャネル、クアッドチャネル)が
必要になる場合があります。
大量のCPUキャッシュ(L2、L3)は、
リアルタイム処理にプラスの影響を与える可能性があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とあります…。この文章から読み取れるのは、
DTMにはコア数が少なくて周波数の高いCPUの方が良いという事ですよね。
でもコア数が多くても大量のCPUキャッシュがあればってことと思っていいですね…。

解らないのはCPUキャッシュというのは、
コアのデュアルチャネル、クアッドチャネルの為に
必要なものなんでしょうか、
それともたった一つのコアでもキャッシュが大きければ
そのCPUの性能は高くなるんでしょうか…。

もし、キャッシュがコア数に関係なく動作するもので、
周波数の高さを凌駕する程の影響があるものだとしたら、
数字だけを見るとRyzenの方が
良いって思ってしまうんですが…どうでしょうか。

とすると、Ryzenのコア数を8にとどめて、
二次キャッシュの6MB 三次キャッシュ64MBを使ったら
Intelのクロック周波数4GHzを超えることが…って思うんですが。

ANDで12のコア数をこのアプリの時には8まで…
となんてすることって可能なんでしょうか?

もの凄い素人考えで申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。






書込番号:23061074

ナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:12323件Goodアンサー獲得:2327件 Ryzen 9 3900X BOXのオーナーRyzen 9 3900X BOXの満足度5

2019/11/21 22:19(8ヶ月以上前)

微妙な内容ですが、コア数を制限しても多分、何も得る事は無いとは思います。

それと言うのもコア数を減らすこととキャッシュの増量では。全てのコアを使うならコストが見合わないです。
幾ら速くなると言っても、2-3%がせいぜいな感じとは思います・

AMDがL3キャッシュを大きくした理由はメモリーのレイテンシを隠蔽するためですが、ループ処理が無ければ処理が追い付かないので、といてすべてシーケンシャルだったら、それこそ意味は少なくなるんですが
3600と3700の性能対比がコア数倍じゃないなら意味は有ると思うのですが、そうでもなさそうだし、AMDは今回のCPUでは1スレッド辺り4MBくらい妥当だとしたうえで実装してるだろうし

書込番号:23061709

ナイスクチコミ!1


統志朗さん
クチコミ投稿数:49件Goodアンサー獲得:2件

2019/11/21 23:17(8ヶ月以上前)

>osakatatsuoさん

こんばんわ。
話題が物凄くコアな処にいってますね、、、CPUだけに…^^;

>揚げないかつパンさん

とても興味深いお話を有難うございます。
理解するには程遠い処におりますが、
面白く拝見させていただいておりますm(__)m


さてキャッシュについて
私はそこまで考えが及ばなかったです。
私はPCでゲームは一切やらないのと
元々今回のPCはAdobe系のソフトとCinema4DやBlenderを
できるだけ快適に使えることをメインに置きました。
であれば今自作するとしたらRyzenでしょ!と言う感じです。

結果DTM(Cubase)環境も全く問題なく
いやむしろ私の使い方程度なら気持ちいいほど
動いてくれています。前も申し上げたとおり
音も良くなっている気がしています。

ちなみに参考までに構成は
こうなってます。
-------------------------------------------------
CPU:Ryzen9 3900x
MB: MSI MEG X570 ACE
Cooler: Corsair H150i PRO RGB
PU: Corsair HX850i 80PLUS PLATINUM 850W
Memory: CorsairCMK32GX4M2A2666C16R×2=64GB
VC: Palit GeForce RTX2080 SUPER GRP
M.2: CFD CSSD-M2B1TPG3VNF 1TB
SSD:crusial CT500MX500SSD1×2
HDD:WesternDigital WD40EZRZ-RT2 (4TB)
CASE:Fractal Design Define R6 BlackOut TG
-------------------------------------------------
他にも電源ケーブルはOYAIDEの…(型番忘れました)と
壁の電源とPCの間にVoltampereのGPC-Tを入れてます。

以上です。
でわ。

書込番号:23061831

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:87件

2019/11/22 01:11(8ヶ月以上前)

>揚げないかつパンさん

何にも解っていない者の質問にお答えくださってありがとうございます。
読ませて頂いた文章で私が理解しましたことを申し上げますと、
キャッシュというのはそれぞれのコアのレイテンシーを補足するためで
コア数を減らすとその分キャッシュも減るという事ですかね…
的外れだったらごめんなさい…。
でも3900ならi9 9900に勝てると思っていて良いですよね。
M.2の読み込みも5000 MB/s 出来ますからね…。
ありがとうございました。

>統志朗さん

何から何まで私が随分前から選ぼうとしていたシステムにそっくりです。
ビックリしました。

今回Ryzenにするという事で、
MB: MSI MEG X570 ACE 

同じなんですがちょっと頑張って
Memory: CMK128GX4M4A2666C16 [DDR4 PC4-21300 32GB 4枚組]  

Cドライブを
M.2: CFD CSSD-M2B1TPG3VNF 1TB

HDもちょっと頑張って
HDD:WD60EZAZ-RT [6TB SATA600 5400]

そしてケースまでが私は白を選びましたが
CASE:Define R6 USB-C TG FD-CA-DEF-R6C-WT-TGC [ホワイト]

いや〜〜、勇気が出ました。
ありがとうございます。

あと、CPUクーラーに
忍者 五 SCNJ-5000 
電源に
NeoECO Gold NE750G
なんですが、ちょっとしょぼいですか?

それから、グラフィックカードは
GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G OC [PCIExp 4GB]
くらいにしようと思っています。

どうでしょうか…。

購入は年明け一番に考えているんですが、
値引きの高い年末の方が良いですかね?

書込番号:23061969

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 3900X BOX
AMD

Ryzen 9 3900X BOX

最安価格(税込):¥57,973発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 3900X BOXをお気に入り製品に追加する <1311

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:8月14日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング