『新型B550チップセットで使えない(>_<)』のクチコミ掲示板

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 5 3400G BOX

  • 4コア8スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.7GHzで、最大ブーストクロックは4.2GHz、TDPは65W。
  • 高い冷却性能を備え、無音に近い動作を実現するCPUクーラー「AMD Wraith Spire Cooler」が付属。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 5 3400G BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥19,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥19,980

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥19,980¥23,820 (28店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥20,680 〜 ¥20,680 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 3400G クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:2MB Ryzen 5 3400G BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 5 3400G BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3400G BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3400G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3400G BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3400G BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3400G BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3400G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3400G BOXのオークション

Ryzen 5 3400G BOXAMD

最安価格(税込):¥19,980 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 5 3400G BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3400G BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3400G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3400G BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3400G BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3400G BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3400G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3400G BOXのオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 3400G BOX

『新型B550チップセットで使えない(>_<)』 のクチコミ掲示板

RSS


「Ryzen 5 3400G BOX」のクチコミ掲示板に
Ryzen 5 3400G BOXを新規書き込みRyzen 5 3400G BOXをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ8

返信11

お気に入りに追加

標準

新型B550チップセットで使えない(>_<)

2020/05/24 11:09(6ヶ月以上前)


CPU > AMD > Ryzen 5 3400G BOX

クチコミ投稿数:296件

B550チップを乗せたマザーボードが発表されましたが、3400G、3200Gと現行のAPUには非対応という表示がありますね(´Д⊂ヽ
グラフィックの出力端子は在っても次世代のAPUの為かと。。。X570は大丈夫なのにソコで差をつけないで欲しかったです。
B550は価格も抑えて購入し易いと予想しています。うちの様に未だにB350を使う身としては、まずは現行APUで使って次世代が出たらBIOSを上げて、、、とっ考えていたのです。。。
現行APUは400番台のチップセットまでという感じですかね、、、出来ればマザーボード発売時にメーカーから現行APU対応なBISO搭載として出る事を期待したいです。

書込番号:23423693

ナイスクチコミ!1


返信する
殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:13611件Goodアンサー獲得:2614件

2020/05/24 12:33(6ヶ月以上前)

あれは、無理ですね
B550自体はPCI-Eの帯域を利用してダウン側を3.0にしてるからX570のスイッチ制御とは別物だから、だからCPU→チップセット間の接続でPCI-E4.0が必須
だからZEN+以下はB450と変わらない仕様になるから敢えてB550に対応する必要が無いと言うか出来ない

書込番号:23423840 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


kaeru911さん
クチコミ投稿数:1394件Goodアンサー獲得:167件

2020/05/24 13:02(6ヶ月以上前)

Zen、Zen+ 使いたいなら現状発売してるのを使ってね って事でしょうね。

ただB550はZen3迄だろうから、意外と遊ぶのには向かないかも?
Zen2、Zen3しか載せられない? その次のZen4?はソケット変わるって話じゃなかったっけ?

古いCPU持ってる人には買うのは悩ましいM/Bじゃないかな?

多分1600AFやZen+APUのCPU買って動かないってスレが立つだろうね。

書込番号:23423903

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:296件

2020/05/24 13:33(6ヶ月以上前)

>揚げないかつパンさん
APUからの内部バスだと受け付けるのはgen4のみという事でしょうか、
B550の構造に関わるのだとメーカー提供のBIOSで何とかなる物でも無いのでしょうね。
マザーボード上のGPUスロットやM..2ソケットは下位互換でしょうにソコは同様にして欲しい所でした(´Д⊂ヽ

書込番号:23423952

ナイスクチコミ!1


uPD70116さん
殿堂入り クチコミ投稿数:29065件Goodアンサー獲得:5204件

2020/05/24 13:47(6ヶ月以上前)

Zen+はPCI-Express 3.0しかないので無理してB550を使う意味がない、古いものまでサポートするのは面倒というのが主な理由でしょう。

RenoirをB550と今のAPUで待つという手が使えないということですね。
そこが憤る理由なのでしょうが、時期を考えれば最初からRenoirに対応したバージョンで出る気もしますが...

書込番号:23423976

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:296件

2020/05/24 13:49(6ヶ月以上前)

>kaeru911さん
色々と調べいるのですが4000番のAPUの情報もみつかりました。
CPU部分は8コア16スレッドとパワーUPされていましたが、GPUはVega世代のままの7nm仕様で核(?)の部分も少なく8基だそうです。
クロックUPと内部バスのGen4対応でグラフィック性能は上がるものか楽しみではありますが、どうでしょうね。

そうえばintelの10世代もソケットの形状が変わるのでマザーボードから買う事なりますよね?
同じくマザーボードから揃える条件となれば比較してAMDへ乗り換え組も出てきそうで、AMDとしては良いのだろうなと思ってしまいます。

しかし3400G、3200Gと発売から1年程ですし先の2400Gの様にマザーボード側のBIOS対応で次世代まで、、、という末広がりとならなかったのは意外というか残念感もあるところです。
まぁX570だと付けれるのですが、値段が高いですからねぇ(;^_^A

書込番号:23423980

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:296件

2020/05/24 14:09(6ヶ月以上前)

>uPD70116さん
確かにマザーボードのパッケージに、Redy NEW Ryzen〇〇〇、という表記品を待たずに発売と同期でAPUとセット購入で使えそうです、
AMDへ乗り換えやAPUが初めてという人は良いと思えますが、APU使用者でAM4ソケットの下位互換、長期利用にも着目していた者には大衆価格帯のマザーボードに下位互換が無くなるのはちょっと痛いかなぁ。。。
それでも仕切り直しの時期なのだと割り切る所なのでしょうね。

書込番号:23423997

ナイスクチコミ!0


spritzerさん
クチコミ投稿数:1692件Goodアンサー獲得:248件

2020/05/25 04:09(6ヶ月以上前)

>kinkoさん

>B550チップを乗せたマザーボードが発表されましたが、3400G、3200Gと現行のAPUには非対応という表示がありますね

簡単に言うと3400Gや3200GでB550を使うメリットはほぼ無いのではないでしょうか。
B550はCPUからのPCI-E 4.0が使えるのが最大のメリットなんで3400G、3200GのようにPCI-E 3.0サポートまでは云々という話になるかと。

先日まで問題というかちょっとした騒ぎになってたのはX470やB450のCPUサポートの方でしょう。
こちらはAMD側で修正が入り、X370やB350でRyzen 3000シリーズが現状使えるのと同じような展開にはなりそうです。
スレ主さんの場合今後Zen3視野に入れるならX470はほぼ市場に無いのでB450のベータBIOSに期待するか、X570にするかになるかと思います。
まぁZen3はまだ先なんでどうなるかは様子見ですね。

https://www.amd.com/ja/chipsets/b550

書込番号:23425317

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:296件

2020/05/25 08:14(6ヶ月以上前)

>spritzerさん
B350のマザーボードを使っていますがZen+の登場と同時にBIOSが公開された様で、中古品での購入でも対応が可となっていました。
Ryzen登場時にAM4ソケットの永続性も在ったと思います。メーカーでのBIOS対応で永く使えると思っていたのですが、性能や機能の向上にハードに沿わなくなれば切られますよね。。。

先のKaeru911さんのコメントにもありますが、1600Fなどせっかくコストパフォーマンスに優れる品が新たに投入されても最新マザーボードとの組み合わせで苦慮する、先々はCPU交換で永く使うといった事を視野に入れにくくなる様な事は勿体ないなぁと思える所です。

書込番号:23425450

ナイスクチコミ!0


uPD70116さん
殿堂入り クチコミ投稿数:29065件Goodアンサー獲得:5204件

2020/05/25 13:04(6ヶ月以上前)

はっきり言ってZen2になった時点でソケットはAM4+とでもいうべき存在になっています。
また古いマザーボードはファームウェアROMのサイズが小さいものも多いのでサポートが難しくなっていて、サポートする数が少ないのならサポートを打ち切ろうというのはあるかも知れません。

チップセット性能を引き出せず、B450と比べればB550は高い(X470の位置?)と思われるので今更Zen+以前をサポートする意味はないと考えたのでしょう。
私の場合、順繰りにマザーボードを入れ換えていくので、Renoirが出たらメインをB550で組んで、順繰りに入れ換えていくのでそこまで互換性は気にならないです。
結局、B350+Raven Ridgeは変わらなかったなと...

書込番号:23425863

ナイスクチコミ!0


kitoukunさん
クチコミ投稿数:684件Goodアンサー獲得:72件

2020/05/31 00:52(5ヶ月以上前)

X570にZen2乗っけてもM2_1が全く使えず(起動しなくなる)
それなのに
X570にZen+以下を付けるとM2_1が使えるという 謎仕様の不具合マザーボード があったぐらいなので
単にBIOSの空き容量が原因というわけでもなさそうですね(それもあるだろうけど)
電気的要因、配線の材質とかでしょうか。

「zen+では動作するが、zen2では動作しない」
X570 Unify https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001212401/SortID=23235417/

こちらの方はかなり苦労されてました。
もしX570で同様の症状のある製品が複数個発生していたのであれば、B550で完全に切り捨てても不思議ではないですね

ただ、同じソケットなのに「使えません」「動きません」というのは消費者を混乱させてしまうだけのような気がするね
Zen4からは新しいソケット&DDR5になる予定だろうし、極力ややこしいのは無くして欲しいね
むしろもう下位互換性とか無くしてもいいよ。

書込番号:23437256

ナイスクチコミ!0


Reallaboさん
クチコミ投稿数:1件

2020/09/29 21:39(1ヶ月以上前)

GIGABYTE B550M AORUS PRO を買って3400Gを動かしてみました。

BIOSは当初のF2とメモリ動作向上というF4、Agesa 1.0.8.1 のF10の全てでWindows10を起動させ、メモリテストや負荷をかけるOCCT、FF14ベンチマークも動かしました。どのBIOSでも挙動に差はありません。

あえてB550に換えた理由は、B450と比べて高クロックメモリを使えるようになってるので、メモリが回るようになればグラフィックの動作も上げられて面白い事になるのではという期待と興味からです。海外でもB550で旧CPUを動かした話がちらほら出てますし、AORUS PROのクチコミにも2200Gのpostの話があり、BIOSのバージョンを上げて動かなくなってもCPU無しでBIOSを書き戻せる板なら問題ないかなと。

結果ですが、
メモリの耐性については今まで使っていたAsrockのB450m Pro4と全く同じで、G.Skill のSNIPER X 3600 8Gx2 が3333MHz(CL16で1.35V)までしか安定しませんでした。B550を使えば無条件にメモリが伸びるという事ではないようで。
機能については、BIOSの各種電圧や倍率設定がキチンと反映されている事をモニタソフトで確認しましたが、現在のところ1点問題があることが分かりました。CPUクロック(倍率)を固定にするとどのクロックでも全く問題ないんですが、Autoにしてクロックがコロコロ変化するようにしますとWindowsは起動しても、OCCTで負荷をかけると急にエラーが多発して青画面でWindowsが落ち、メモリや電圧を緩めてもその点は全く同じ結果で、BIOSがF4でもF10でも同じでした。
恐らくその辺が、「3000Gはサポートしません」という1つのポイントなのではと。

とりあえず丸1日かけてみてこんな感じですが、皆様の参考になれば幸いです。

書込番号:23695438

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 3400G BOX
AMD

Ryzen 5 3400G BOX

最安価格(税込):¥19,980発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 3400G BOXをお気に入り製品に追加する <511

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月20日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング