『野鳥撮影、α6600の手ぶれ補正』のクチコミ掲示板

2019年11月 1日 発売

α6600 ILCE-6600 ボディ

  • 光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構を搭載したミラーレス一眼カメラ。従来機の約2.2倍の容量を持つ高容量バッテリー「NP-FZ100」(Zバッテリー)に対応。
  • APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサー「Exmor」と画像処理エンジン「BIONZ X」および「フロントエンドLSI」を搭載している。
  • リアルタイムトラッキング、リアルタイム瞳AFなどのAIを活用したAF性能を兼ね備え、タッチパネル対応180度チルト可動式液晶モニターを装備。
α6600 ILCE-6600 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥149,800

(前週比:-3,560円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥149,801

三星カメラ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥122,000 (3製品)


価格帯:¥149,800¥179,149 (36店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥156,610 〜 ¥156,610 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:418g α6600 ILCE-6600 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6600 ILCE-6600 ボディの価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの中古価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの買取価格
  • α6600 ILCE-6600 ボディの店頭購入
  • α6600 ILCE-6600 ボディのスペック・仕様
  • α6600 ILCE-6600 ボディの純正オプション
  • α6600 ILCE-6600 ボディのレビュー
  • α6600 ILCE-6600 ボディのクチコミ
  • α6600 ILCE-6600 ボディの画像・動画
  • α6600 ILCE-6600 ボディのピックアップリスト
  • α6600 ILCE-6600 ボディのオークション

α6600 ILCE-6600 ボディSONY

最安価格(税込):¥149,800 (前週比:-3,560円↓) 発売日:2019年11月 1日

  • α6600 ILCE-6600 ボディの価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの中古価格比較
  • α6600 ILCE-6600 ボディの買取価格
  • α6600 ILCE-6600 ボディの店頭購入
  • α6600 ILCE-6600 ボディのスペック・仕様
  • α6600 ILCE-6600 ボディの純正オプション
  • α6600 ILCE-6600 ボディのレビュー
  • α6600 ILCE-6600 ボディのクチコミ
  • α6600 ILCE-6600 ボディの画像・動画
  • α6600 ILCE-6600 ボディのピックアップリスト
  • α6600 ILCE-6600 ボディのオークション

『野鳥撮影、α6600の手ぶれ補正』 のクチコミ掲示板

RSS


「α6600 ILCE-6600 ボディ」のクチコミ掲示板に
α6600 ILCE-6600 ボディを新規書き込みα6600 ILCE-6600 ボディをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ16

返信8

お気に入りに追加

解決済
標準

野鳥撮影、α6600の手ぶれ補正

2021/03/05 21:11(7ヶ月以上前)


デジタル一眼カメラ > SONY > α6600 ILCE-6600 ボディ

スレ主 naoyeeさん
クチコミ投稿数:10件
別機種

3年程、『EOS80D+sigma150-600C』で野鳥や昆虫を捕ってきました。

『MC-11』経由で、初冬に購入した『α6400』と『sigma150-600C』のコンビが想像以上に良くて、そこで『α6600+MC-11+Sigma150-600C』で撮影経験のある方に質問です。

手ぶれ補正が『レンズ』側だけの場合と比べ、『本体』のみ、乃至は『本体とレンズ』双方で手ぶれ補正掛けたときの体感的な差はどうでしょうか。

フォーカスモードに関しては基本的に『AF-S』での質問ですが、実際90%は『AF-C』で撮影しています。『AF-C』でも違いが出るのならご教示いただければと思います。

仮に体感的に2段程度の差があるのなら、理屈上ISOを4分の1に出来る計算になります。実際問題、ISO1000を超える辺りからノイズが気になりますが、先日もトラツグミ相手にISO2000と4000の間で何枚も撮影しました。また『α6600』が100g程度重い分、『α6400』とのコンビに比べてむしろ持ち重りが減るのではないか、という期待もあります。

手短に言えば『α6600』に買い換える価値があるか、ということですが、建設的な意見をお願いします。

書込番号:24004074

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:14751件Goodアンサー獲得:859件

2021/03/05 21:17(7ヶ月以上前)

>naoyeeさん

>> 野鳥や昆虫を捕ってきました。

「捕って」じゃなく、「撮って」じゃないの?

書込番号:24004089

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:357件Goodアンサー獲得:20件

2021/03/05 21:20(7ヶ月以上前)

仮に体感的に2段程度の差があるのなら、理屈上ISOを4分の1に出来る計算になります。

⇒それはフィギィアの様に全く静止してる鳥です
実際は鳥は活動してるから
シャッター速度も適正化が必要です

書込番号:24004097 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:14751件Goodアンサー獲得:859件

2021/03/05 21:23(7ヶ月以上前)

>naoyeeさん

ぼーっとした動物だけでないと、
手ブレ補正の効果が期待出来ないと思います。

動物が動いたら、「被写体ブレ」が目立ちますので、
こちらは「手振れ補正」では手ブレ軽減は無理です。

書込番号:24004105

ナイスクチコミ!0


スレ主 naoyeeさん
クチコミ投稿数:10件

2021/03/05 21:51(7ヶ月以上前)

早速のご回答、ありがとうございます。

一応、大前提として『AF-S』での質問ということで、止まっているモノを対象としたつもりでしたが、手ブレと被写体ブレの違いすら理解していない“希有なお馬鹿さん”だと勘違いさせたようです。ISOを減らせるという旨の表現も良くなかったのでしょう。誠に申し訳ありませんでした。

質問の要点は、基本的に被写体ブレを防ぐためではなく、手ブレを防ぐ手立てのものです。載せたトラツグミの写真も、このトラツグミは数分間微動だにしないサービス精神満点な奴で、ISOを変えながら、何とか一枚だけISO2000、SS1/60でほぼ手ぶれなしで撮れたものです。後は微ブレ写真のオンパレード...。

もう一度、質問いたします。『α6600+MC-11+sigma150-600』で撮影経験のある方、建設的なご回答をお願いいたします。

書込番号:24004163

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:7580件Goodアンサー獲得:705件

2021/03/05 22:22(7ヶ月以上前)

ポーズとっているモデルさんをストロボ使って撮ったのに1/320でも手振れしているカメラど初心者(複垢:謎写真家2、イルゴ、多々)には言われたくないなー。

naoyeeさん

回答するような経験ないので申し訳ない。

書込番号:24004228 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!7


taka0730さん
クチコミ投稿数:4453件Goodアンサー獲得:159件

2021/03/06 00:53(7ヶ月以上前)

該当機種は持っていませんが、一般論として、望遠になるほどボディ内手振れ補正の効果は薄くなると思います。
600mm(換算900mm)だと手ぶれ補正はほぼレンズ側に頼ることになると思うので、ボディ内手振れ補正の有り無しは関係ないと思います。
(動画撮影では超望遠域でもボディ内補正の効果ありますが。。。)

しかも、SONYはボディ内補正とレンズ内補正の本当の意味での連動はしませんよね。
他メーカーのように双方が連動するのなら、超望遠域でもボディ内手振れ補正の効果は少しあります。

書込番号:24004456

Goodアンサーナイスクチコミ!1


スレ主 naoyeeさん
クチコミ投稿数:10件

2021/03/06 01:11(7ヶ月以上前)

>りょうマーチさん
>おかめ@桓武平氏さん
>カメラど初心者さん

コメントありがとうございます。

直接的な回答ではありませんが、それぞれ個性的で楽しませていただいています。“捕って”のことだの、また短い文面から何らかの“因縁”じみたモノもあったようで。

ところで、“ぼーっとした動物”や“フィギィアの様に全く静止してる鳥”ですが、実際、鳥撮りや昆虫撮りにとっては結構こういった奴らが“好機”となっていることは常識としてご存じですよね。構図云々は別として、初心者の頃、こういった奴らがシャッターチャンスだと教えていただきました。少ないチャンス。(種類にもよりますが)「(野鳥を)よく見ろ」、と。「動いてばかりじゃない」、と。恐らく私が被写体ブレを一切理解していないと思い込んで“超上から目線”の表現になったと思いますが、一日フィールドに出ると時折、動かない奴らにも出くわします。(明るくない場所でも)「せめて止まってる奴らぐらいはきちんと撮りたい」が今回の課題。もちろん前述の通り『AF-C』が9割であり、特に野鳥は何だかんだと動き回る奴が多数派ですが。

今回の質問。ネットでは『sigma150-600』の手ブレ補正が2〜3段程度。『α6600』が5段程度。『α6600』の手ブレ補正は相対的に低評価。イメージセンサーの面積が1.7倍超とは言え、マイクロフォーサーズ機との比較では大半が“惨敗”。

タイトルにもあるとおり、『α6600』の『手ブレ補正』に関する質問です。『被写体ブレ補正』(?)の質問ではありません。手っ取り早いのは自分が買って実際に比べることでしょうが、もう少しお付き合いください。レンズと本体の“協調”があるとも思いませんが、何らかの経験や見識をお持ちの方も含め、よろしくお願いいたします。

>taka0730さん

今、投稿しようと思ったら回答して頂いてましたね。ありがとうございます。もちろんその情報はネット等で存じております。当初、実際の使用者にこだわったのも、購入をためらっているのもこの情報が原因です。もう少し更なる回答を待ちたいと思います。でも実際の所、やはり期待薄なんでしょうかね。

書込番号:24004469

ナイスクチコミ!0


スレ主 naoyeeさん
クチコミ投稿数:10件

2021/04/05 00:05(6ヶ月以上前)

自己レスです。このまま放置しておくのも粋じゃない。一応、一区切りとしたいと思います。

どういう形であれ回答をくださった方、また目を通してくださった方、感謝申し上げます。

下調べも程ほどに既出の質問を投稿される方を反面教師として、最後に残った不明点は“実際はどうなんだ”という疑問。

超望遠。レンズ側とカメラ本体側の“手ブレ”補正。純正レンズにあらず、マウントコンバーター媒介のシステム。
ある程度の知識のある方なら出発点としてさして問題とはならない。
しかしながら、『α6400+MC-11+シグマ150-600C』を実際に持ったときのバランスが宜しくない。
『EOS 80D』との組み合わせに比べ、実感としてかなり重く感じる。
時に滝などの撮影で広角レンズを使っての“なんちゃって”手持ちスローシャッター撮影をする自分にとって『α6600』で
超望遠域でもある程度の手ブレ補正効果が得られるのなら追い金を出してでも買い換える価値があると思いました。
それ故、回答者をかなり絞った質問となってしまいました。また経験者ならではの“工夫”や“裏技”も訊いてみたかった。

元々無理がある質問だったかもしれません。重ね重ね、回答をくださった方や目を通した方々に御礼を申し上げます。
結論として、結論が出なかったものとして“解決”といたします。

春の到来。野生生物。せわしなく動き回る奴、意外に止まってシャッターチャンスを与えてくれる奴。
日本にはいないハシビロコウはかなり長い間微動だにしないとか。この多様性こそが野生撮影の魅力。

ありがとうございました。

書込番号:24061807

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

α6600 ILCE-6600 ボディ
SONY

α6600 ILCE-6600 ボディ

最安価格(税込):¥149,800発売日:2019年11月 1日 価格.comの安さの理由は?

α6600 ILCE-6600 ボディをお気に入り製品に追加する <846

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング