『これまでのほぼすべてのテレビを過去のものとする圧倒的な表現力』のクチコミ掲示板

2019年 9月20日 発売

65X10 [65インチ]

  • 量子ドットLED技術採用、Androidシステム搭載4K対応フラッグシップモデルの液晶テレビ(65V型)。従来の4K液晶テレビと比べ115%色域が拡大している。
  • ディスプレイ直下に15,000個のミニLEDライトを搭載し、従来の液晶テレビに比べ3倍以上の輝度を実現、精細な映像を楽しめる。
  • 倍速駆動技術を採用し、動きが速いスポーツや映画などもなめらかでくっきり。HDR/HLG/Dolby Vision対応、Dolby Atmos対応サウンドバー搭載。
65X10 [65インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥129,818

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥129,818

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥129,818¥142,800 (9店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国38店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ:65インチ 種類:液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動 LEDバックライトタイプ:直下型 録画機能:外付けHDD 65X10 [65インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • 65X10 [65インチ]の価格比較
  • 65X10 [65インチ]の店頭購入
  • 65X10 [65インチ]のスペック・仕様
  • 65X10 [65インチ]のレビュー
  • 65X10 [65インチ]のクチコミ
  • 65X10 [65インチ]の画像・動画
  • 65X10 [65インチ]のピックアップリスト
  • 65X10 [65インチ]のオークション

65X10 [65インチ]TCL

最安価格(税込):¥129,818 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 9月20日

  • 65X10 [65インチ]の価格比較
  • 65X10 [65インチ]の店頭購入
  • 65X10 [65インチ]のスペック・仕様
  • 65X10 [65インチ]のレビュー
  • 65X10 [65インチ]のクチコミ
  • 65X10 [65インチ]の画像・動画
  • 65X10 [65インチ]のピックアップリスト
  • 65X10 [65インチ]のオークション

『これまでのほぼすべてのテレビを過去のものとする圧倒的な表現力』 のクチコミ掲示板

RSS


「65X10 [65インチ]」のクチコミ掲示板に
65X10 [65インチ]を新規書き込み65X10 [65インチ]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ244

返信32

お気に入りに追加

標準

薄型テレビ・液晶テレビ > TCL > 65X10 [65インチ]

スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

HDRの映像編集をするものとしてX10は現状現実的な価格で入手可能な最高画質のテレビと断言出来る。
HDR(rec.2020 smtpe st2084)は現在の映像規格において頂点に位置するものであるが、その表示における要求スペックは非常に高く、ほとんどのディスプレイやテレビは十分に表示することが不可能である。

とくにoledにおいては、
・輝度の絶対的な不足、
・民生品ではrgbwによる高輝度域での色域の制限、
・低輝度域での階調破綻、
といった致命的な欠陥があり、そしてこれらは未だに解決を見ていない。
例外的にBVM-X300等の業務用機では低輝度側は多少の改善が行われているが、職人技とも言える補正の賜物であり、その結果400万円を軽く超える価格となっていることは忘れてはならない。

そういったこともあり、放送、ポストプロダクションで用いるマスターモニターはデュアルセル方式か超細分割faldを用いたlcdが現在の主流になっている。
本機はASUSのPA32UCXやAppleのXDR同様このうちの後者に該当し、現状で最上位の表現力を有するテレビである。

65インチに15000個を超えるminiLEDを実装しており、FALDのエリア数は700を超えあのZ9Dにも迫るレベルと言えよう。
ピーク輝度は1500cd、全白時の輝度は800cdと、過去に販売された蒸着式のrgb oledマスターモニターであるbvm-x300すら軽く凌駕する性能であり、これはPA32UCXよりも高いスペックを誇る。
※PA32UCXも実測1400cd/m2を超えていたが

そのスペックと量子ドットが生み出す表現力はまさに圧巻の一言。
これまでのテレビではまず不可能であった圧倒的な輝度表現、量子ドットによる色彩は、現在存在するほぼ全ての民生ディスプレイやテレビを過去のものにしたと言って良い。

低輝度の表現力も素晴らしく、oledで見られるように黒を潰すことなく、僅かな輝度であっても正確に黒に沈む質感を描くことが可能である。
faldの制御も素晴らしく、花を中心としたデモ映像を流すのを見れば分かるがハロは皆無と言っていい。
HDRでのカラーコレクションやカラーグレーディングにも十分耐え、uhd bdやHDR対応のゲーム等の視聴、上映においても現状で最適な一台と言えよう。

4k hdrにおいては、これまでの地デジやsdrへのアプローチと異なり、映像を忠実に再現し切ることが高画質の定義となっており、地上波やBS、もしくは4K放送といったそもそも画質が悪いものをみるのが主でなく、あくまで求めるものが高画質、ということであるならば自信を持っておすすめできる一台である。

書込番号:23100015

ナイスクチコミ!15


返信する
クチコミ投稿数:2004件Goodアンサー獲得:34件

2019/12/11 00:41(10ヶ月以上前)

>nelldripさん
こんばんは

参考にさせていただきます。

書込番号:23100033

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:9472件Goodアンサー獲得:943件

2019/12/11 07:03(10ヶ月以上前)

下記記事では、日本メーカーは、この技術を卒業しているとか書かれています。
何はともあれ、高画質化は、嬉しいです。
困るのは、家のテレビが丈夫で壊れません。

>第198回:CESで話題の量子ドット技術とは何か。日本メーカーは卒業?
https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/683147.html

書込番号:23100227

ナイスクチコミ!4


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:14229件Goodアンサー獲得:3077件

2019/12/11 09:11(10ヶ月以上前)

感想はともかくディスプレイの特性のほとんどは測定器で測定可能ですので、オーディオと違って意味のある数値比較が可能です。
X10とは型番が違うが実質同じ技術ベースを使っていると思われる海外モデルQ825の測定結果がrtingsにあがっていますので、C9Pと比較して抜粋掲載します。当然ですがQ825は液晶の持つディスプレイとしての素性の悪さはきっちり引きずってしまっています。

https://www.rtings.com/tv/reviews/tcl/8-series-2019-q825-qled
https://www.rtings.com/tv/reviews/lg/c9-oled

コントラスト Q825(LDあり) 39812:1 C9P 無限大 →C9P勝ち
分割駆動 Q825 暗部の階調クラッシュが著しい。 C9P 自発光のためLD不要 →C9P勝ち
ピーク輝度 Q825 1884nit@25%window C9P 855nit@2%window →Q825の勝ち
全白輝度 Q825 661nit C9P 151nit →Q825の勝ち
輝度ムラ50% Q825 2.13% C9P 0.99% →C9P勝ち
輝度ムラ5%(暗部) Q825 2.38% C9P 0.49%  →C9P勝ち
視野角(白化) Q825 25度 C9P 49度  →C9P勝ち
黒ムラ Q825 0.62% C9P 0.25%  →C9P勝ち
映り込み(反射率) Q825 4.9% C9P 1.4%  →C9P勝ち
工場出荷時WB(dE) Q825 6.02 C9P 3.46  →C9P勝ち
色域(vsDCIP3) Q825 93.8% C9P 98.7%  →C9P勝ち
Color Volume(10000nit) Q825 56.3% C9P 46.8% →Q825の勝ち
HDR時PQカーブ Q825 難あり C9P 非常に正確  →C9P勝ち
バンディング(dE) Q825 0.172 C9P 0.074  →C9P勝ち
画素応答速度(80%) Q825 5.5msec C9P 0.2msec  →C9P勝ち
遅延量1080/60p Q825 26.8msec C9P 13.5msec  →C9P勝ち

輝度とColor VolumeだけがQ825がC9Pに勝っている点となります。そこだけ気になって、他の要件は無視できる人には買いかもしれません。Q825はTCLとしては力作ですが、総合点ではQ825はZ9Dより劣ると思います。

ちなみにOLEDの暗部再現性のissueは2IRE未満の階調の話です。部屋を真っ暗にしてやっと見えてくる問題ですね。明るさのある部屋では反射率の関係でせいぜい数十:1程度のコントラストしか原理的に視認できませんので、黒がつぶれて見える場合に黒レベルを上げて対処する必要があるのは常識です。

書込番号:23100403

ナイスクチコミ!16


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/11 09:57(10ヶ月以上前)

量子ドットはHDRのような極めて高度で高品質な映像で初めて必要になる技術。
前述の通り仮にrec.709の地上波程度で良ければ既存のips、fald無しのlcdでほぼ完全に表現が可能であり、実のところSDRのみを見るのであれば高価なテレビなど不要と考えている。

なお異様にoledを盲信し、oledに黒潰れがないはず、というものも一定数いるのでコメントすると、
2%ireはHDRのレンジで言えば非常に明るいレベルであり、容易に黒潰れが認められる。
事実hdrのレンジをカバーする評価用映像を用いてoled実機で黒潰れが激しいことを確認している。
rec.709の基準に従えば0%ireですら0.117cd/m2と非常に高い輝度であり、HDRにおいてoledの表示能力は非常に低いことは認めざるを得ない。

また、2%ire以下の潰れが真っ暗でなければ気にならないのであれば、fald無しのlcdにおける黒浮きもまた部屋を真っ暗にせねば視認できない。
そういったダブルスタンダードを持って特定のデバイスのみ持ち上げ、他方を下げるような評価は悪質としか言いようがない。

書込番号:23100461 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!16


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:14229件Goodアンサー獲得:3077件

2019/12/11 12:01(10ヶ月以上前)

せっかく測定数値を上げても、自説を通すために「盲信」だの「悪質」だのと煽られるなら議論になりませんね。ちなみに、個々の口コミでは煽り行為は禁止になっておりますので、ご注意ください。

以下、不正確・不明確な点のみ指摘します。

TCLが量子ドットを使いながら、OLEDより狭い色域しか持たないのは、量子ドットと言ってもCd Free品で性能に限界があるためです。HDRは定義色域としてREC.2020を採用しますが、現実では2020を完全に再現するにはレーザー光源を使っても不足です。従ってディスプレイの現状実力ではDCI-P3をどの程度カバレッジするかを尺度にすべきですね。Appleなどもそのような考えでディスプレイを作っています。DCI-P3ではOLEDの色域の方がTCLより上です。

0IREが0.117nitという話に関しては、SDRのBDにおいて、コンテンツをグレーディングする際に0.117nitを最黒の物体として表現しましょうね、という話であり、ディスプレイのダイナミックレンジとは無関係な話です。コンテンツ制作時に0.117nit未満の物体は黒つぶれ状態でグレーディングされるという意味です。
ディスプレイ側は無論あくまで0IRE=0nitで表現すべきです。

当方で古いC6Pを測定した結果としてSDRの2IREまでリニアリティが確認されています。つまり、0.0084nitまでリニア、その下は0nitに落ちます。現在のモデルはもうワンランク改善されているでしょう。
TCLの場合、パネルネィティブで6650:1ですので、1部分駆動区画内では0.015nitが最黒、その下は0nitに落ちます。どちらが暗部再現性が良いかは明白です。

書込番号:23100629

ナイスクチコミ!18


クチコミ投稿数:15181件Goodアンサー獲得:1144件

2019/12/11 12:12(10ヶ月以上前)

テレビの性能云々よりも、日本市場に参入したばかりのTCLのサービス体制は万全なのかな?

どんなテレビだって一定数の不具合は起こりうるから不具合が起きた際にしっかりとサポート出来るのかしばらくは様子を見た方が良いのでは?

書込番号:23100647 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!14


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/11 12:40(10ヶ月以上前)

カラリストがHDRにするのでなければ、映像編集で0.117として作られているものを無秩序に変更するのは画質においては悪くするのみである。
また、暗室におけるoledの黒潰れは意図的に無視し、lcdの黒浮きやハロのみを執拗にけなし続けるダブルスタンダードは悪質であろう。

ちなみにx10は公開されるスペックではp3を100%カバーする。
一方oledでは90%代が良いところであり、また、高輝度ではRGBWによる弊害で色域が激しく制限される。
InterBEEのセミナーにおいてもソニーより指摘されるほどであり、これは完全にデバイスとしての欠陥と言っていい。
レビューにおいてもRGBの分離が十分ではないことは指摘されており、色を重視する場合はスマートフォンのoledもしくはjoledパネルを使用したasusの製品の使用が望ましい。


書込番号:23100702 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!11


クチコミ投稿数:156件Goodアンサー獲得:7件

2019/12/11 20:27(10ヶ月以上前)

有機ELが輝度の絶対的な不足かどうかはともかくとして バラエティ番組を視ていて はっとするほど人物の肌感が
キレイなのは液晶テレビの方です。

しつこい有機EL信者の方が毎回 有機EL 有機ELと連呼してますが、液晶テレビと有機ELは それぞれ得意不得意
有るので、どちらか一方だけが完全勝利はありえません。

書込番号:23101503

ナイスクチコミ!28


クチコミ投稿数:9472件Goodアンサー獲得:943件

2019/12/12 04:43(10ヶ月以上前)

>AVア二マさん
同意です。
画質では、液晶。動画では、有機ELだと思っています。
焼き付きの心配が、ほとんど無い液晶テレビが、一般向きでしょう。
パソコンモニターに使っても安心です。

書込番号:23102137

ナイスクチコミ!16


クチコミ投稿数:106件Goodアンサー獲得:3件

2019/12/14 17:19(10ヶ月以上前)

現状、画質面で液晶テレビに優位性があるのは輝度だけでしょう。
現状の有機テレビでは輝度が1000nitを越える映像だと確かに足りないですね。
そのほかの画質に関する基本性能は有機テレビのほうがずっと上でしょう。
現状液晶テレビに分があるのは、画質のことよりも、比較的安価だという1点だと思います。
65x10でも例外ではないと思います。65x10を選択する人もいると思いますよ。
今のところ液晶テレビに技術的なブレイクスルーは起きていないと思います。

書込番号:23106760

ナイスクチコミ!7


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/14 23:39(10ヶ月以上前)

現在のLCDは自発光同等の黒表現、OLEDを超える暗側階調を両立しており、
これを実現したmini LEDやFALDと、圧倒的な色表現を可能とした青色LED+量子ドットが
ここ近年で最も大きなブレイクするーと言えよう。

OLEDが優位性を発揮できるとすれば
・消費電力、発熱、寿命を完全に無視
・メーカー補正による黒側の修正を実施
・RGB方式限定
・対焼付きの補正OFF
これらを前提に全白600、ピーク輝度1000cd/m2を実現すれば、焼付きが生じるまでは理想的なLCDと同等と言える。

更に、これであれば駆動速度の速さも活かせるのでCrystal LEDにある程度近づくことも可能。
何時間(日?)持つのか知らないし、かつ値段も400万(BVM-X300)超えてくるだろうが、そこまでやらないと意味がない。

実際は黒側階調の潰れ(or 潰さない場合の黒側の浮き)とRGBWによる高輝度側での色の破綻、
白や黄色、緑といったMAXFALLの高いシーンにおけるコントラストの破綻は、ハイエンドのLCDを知っていれば
致命的な差であるのは言うまでもない。

ちなみに黒潰れについて2%IREだから問題ない、という主張があるが、2%IREはrec.709の式から算出すると、
ガンマ2.4、100%IREが100cdを上限とし、且つオフセット無しという好条件てもおおよそ0.5cd/m2となる。
これは黒潰れが生じる輝度としてはあまりに高いというべきであろう。
当然だが輝度を上げればそれに伴い最低輝度も上がり、実環境に近い250cd/m2では1cd/m2をも超える。
どの様な出力設定で2%IREとしたかは知らないが、たった2%IREで黒潰れが出る、というのはむしろ不都合ではないかとすら思う。
算出方法は709にしろSTD-B67にしろst2084にしろ、規格として公開されているので求めてみると良い。

少なくとも既存のOLED TVはHDRでのグレーディングでは使い物にならない、なっていないのが実情であるし、
実際HDRはおろかSDRでのグレーディングですらOLEDを使おうとはとてもではないが思わない。
※実際デュアルセルまたは十分なFALDの実現で今の映像制作用のモニタはLCDの一人勝ち状態

書込番号:23107505

ナイスクチコミ!5


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:14229件Goodアンサー獲得:3077件

2019/12/15 00:01(10ヶ月以上前)

>>2%IREはrec.709の式から算出すると、 ガンマ2.4、100%IREが100cdを上限とし、且つオフセット無しという好条件てもおおよそ0.5cd/m2

計算間違ってます。
初歩から勉強し直しましょう。

書込番号:23107547 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!5


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/15 00:12(10ヶ月以上前)

ご自身で計算してみると良い話。
ITU-R bt.709として規格は公開されているので。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/photogrst/72/2/72_2_59/_pdf
規格は決まっているのでそれに従って可能な範囲で機械は動くというだけのこと。

書込番号:23107575

ナイスクチコミ!7


hiro487さん
クチコミ投稿数:1394件Goodアンサー獲得:28件

2019/12/17 19:18(10ヶ月以上前)

このテレビは焼き付かないが画像が有機ELと同等と思って良いですか?
なんか炎上しそうだが。

書込番号:23113024 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/17 20:18(10ヶ月以上前)

焼付きしないでOLED並の黒をだし(OLEDは階調の潰れが問題であるが)、且つOLEDじゃ絶対不可能な色と輝度を実現可能。
UHD BDやゲーム、配信、映像制作においてテレビとしては現状ベスト。
Z9Gがあるなら話は別だが、あれは8Kなので比較が適正とも思わないが。
HDR映像に縁がないならそもそもテレビやディスプレイに拘る意味は然程ない。

実際にどの程度の画を出すことが出来るかは、本機でUHD BDや配信の4K HDR映像を見てみると良いだろう。
表示能力に制限があり出すべき色や光を出せない、ということがどれだけ画質を悪くしているかもわかるであろう。

本機ではないが、UCXを導入し最上のHDR映像のグレーディングや視聴環境が整った上で改めて思ったことであるが、
HDR映像においては事実上LCDのみが実現している圧倒的と言っていい高純度な色と高輝度が極めて重要である。
X10のようにマスターモニターと同水準の性能を持ったテレビがこの様に安価に入手できるというのは喜ばしい限りである。

また、本気で画質に拘るのであれば、NLEを用いたグレーディングや各種フィルタまで使いこなせるようになることをお勧めしたい。
テレビの画質設定は極めて機能が限られ、ソフトウェア処理の効果も決して満足いくものではない。
NLEを用いた処理はテレビとは比較にならないほどに高い画質を実現可能であり、
またそれらを使うこなせる知識と技量はテレビの画質調整を行う上でも大いに活用出来るからである。

書込番号:23113130

ナイスクチコミ!9


hiro487さん
クチコミ投稿数:1394件Goodアンサー獲得:28件

2019/12/17 20:43(10ヶ月以上前)

>nelldripさん
詳しい説明ありがとうございます。
昨年ソニーの4K液晶を購入して明るい画面に満足していましたが、1年でこんなに進化しているとは。
明るくて黒が綺麗で焼き付かないテレビが遂に登場したと言う感じですね。

書込番号:23113192 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!5


失名氏さん
クチコミ投稿数:8件

2019/12/18 00:46(10ヶ月以上前)

>hiro487さん
明るくて焼き付かないテレビというのはそのとおりだろうけど、黒が綺麗というのは異議あり。
プローヴァさんが紹介してるレビューによると、ローカルディミングの効かせ過ぎで、光ってるゾーンが市松模様/ゴルフボールのように見える効果が生じているということ。
あと、スレ主さんが言う0.5cd/m2より下が黒潰れというのは、計算の前提条件を勘違いしている。
また、「当然だが輝度を上げればそれに伴い最低輝度も上がり、実環境に近い250cd/m2では1cd/m2をも超える。」というのは間違い。有機ELでは液晶のようにバックライトの輝度が変わるわけではないので、輝度を上げても最低輝度は上がらない。

スレ主さんが活躍している掲示板
中華TCL製 液晶テレビ
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/av/1536556258/
mini-LEDバックライトディスプレイ総合スレ 7
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/av/1575880058/

書込番号:23113748

ナイスクチコミ!10


失名氏さん
クチコミ投稿数:8件

2019/12/18 01:01(10ヶ月以上前)

>プローヴァさん
「TCLの場合、パネルネィティブで6650:1ですので、1部分駆動区画内では0.015nitが最黒、その下は0nitに落ちます。」というのは間違い。
最高輝度100nitでキャリブレーションした後、ローカルディミングがオフなら、1部分駆動区画内も何もなく、画面内のどこでも0.015nitが最黒で、その下は0.015nitが最黒なんだから0nitに落ちない。
ローカルディミングがオンなら、1部分駆動区画のバックライトの状態、近くの区画のバックライトの状態により最黒は変わり、0.015nitが最黒とは限らない。

書込番号:23113765

ナイスクチコミ!0


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/18 01:13(10ヶ月以上前)

実機を見てみれば分かることで、花の映像を用いたデモ映像等が流れていることが多いと思うが、実環境においてあれほど背景を黒くしても違和感なく、かつ深い黒と素晴らしい発色、輝度表現が可能となっている。

ちなみにOLEDの黒つぶれが問題ないはずと主張する一般的な環境においては実際のところ0.1cd程度あれば十分である、、
という研究結果が過去に示されている。
これが意味することは環境の照度や画面中の輝度によっては過度に低い輝度ではそもそもよく見えていない、ということである。
※潰れてしまう場合は、階調の破綻は流石に分かる事が多いためこの限りではない。
このことから執拗にハロが出るはずだと言うのは、仮にハロがあっても実環境においては無意味ということが言えよう。

ついでに言えば実際の映像視聴においては画面全体が真っ暗、かつ視聴環境も真っ暗、ということは皆無であるが、一般的な証明環境下での視聴や、画質のためには輝度と発色が必要となるシーンは明らかに多い。
これはOLEDやmini LEDの黒さまで実際に必要となる事は非常に限定的であるが、mini LEDないしLEDの高輝度や、量子ドットの発色が求められることは非常に多い、ということを意味する。

このあたりは映像制作をしていれば容易に分かることであるので気になるならばResolveの無料版でやってみると良いだろう。

本機において不満点を強いてあげるとすればテレビとしての機能の弱さとなろう。
地上デジタル放送やBS放送の映像品質は著しく低く、各社より販売されるTVではNRを始めとした処理や、近年のHDR対応テレビではHDRリマスター等の機能も採用されている。
それらは放送される映像本来の表示からかけ離れたものとなるが、ノイズの低減等といった一定の効果は認めるべきものである。
※HDRリマスターについてはマトモなHDR化を見たことはないが
もともとの品質が高い映像、例えばゲーム、UHD BD、配信や4K放送等であればそれらが問題となることは無いが、仮に地上デジタル放送やBS放送の視聴が主目的である場合は、ディスプレイとしての表示能力よりもむしろ映像エンジンに重きをおくことが望ましい。
※NLEを用いた処理が可能であればそちらを用いたほうがよほど高い品質を得られるのは言うまでもない。

書込番号:23113775

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:4676件Goodアンサー獲得:387件 縁側-備忘録の掲示板

2019/12/18 03:22(10ヶ月以上前)

ヨドで視聴してきたが、YouTubeで上がっていた花(サボテン?)のデモは見なかったなぁ。
LGなど他のメーカーの様に、専用のデモで特長をアピールすれば良いのにね。

ビックでやっているのかな?

書込番号:23113843 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


失名氏さん
クチコミ投稿数:8件

2019/12/19 16:26(10ヶ月以上前)

>nelldripさん
明所コントラストな環境で見る場合、安い液晶でも深い黒となる。
https://allabout.co.jp/gm/gc/51172/2/
このような環境で見る人の場合、ローカルディミングは要らない。
VAのネイティブなコントラストどころか、IPSのネイティブなコントラスト比1000:1程度でもオーバークオリティ。
HDRとは本来、ダイナミックレンジがハイであることを指し、SDRのダイナミックレンジ10^3に対して、ダイナミックレンジを10^5にしているが、明所コントラストな環境で見る場合、10^5どころか、10^3すら体験できない。
https://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdr/index01.html
https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/color_management/hdr/index.html
明所で見ればハロも気にならないかもしれないが、そもそも暗部が見えなくなるのだから気にする必要がない。

プラズマテレビは、店頭展示において、明所コントラストで液晶よりも不利だった。
しかし、有機ELは最高輝度に注目するとプラズマテレビと同様、液晶よりも不利なのに、シェアを伸ばしている。
有機ELは、明所での最低輝度が液晶よりも有利だから。
プローヴァさんの投稿「映り込み(反射率) Q825 4.9% C9P 1.4%  →C9P勝ち」が効いている。3.5倍の差がある。

書込番号:23116699

ナイスクチコミ!4


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/19 19:59(10ヶ月以上前)

>>明所コントラスト
明所コントラストと言葉をつけて屋内の通常の照明では黒など先ず見えておらず、漆黒の暗室でのみ本来の画質が見れるのだ!
だから高輝度はいらないはずだ!
という意見をよく見るがこれも全く誤りである。
異常な高照度環境であれば別だが、その様な部屋では眩しすぎてそもそも居住環境として不適だからである。
通常の室内環境であれば実際はある程度黒は見えており、階調の潰れや、FALD機と非FALD機の最低輝度値の違いも
ある程度視認可能である。そういった点においてもFALDの優位性は揺るぎないと言えよう。
※事実PA32UCX(最低輝度0cd)とEW3270U(最低輝度0..08cd)の最低輝度値は暗室にせずとも十分視認可能である

また、画を構成する上では高輝度を用いた映像表現、臨場感はまさに圧巻と言う他ない。
こればかりはむしろOLEDしか知らなければそもそも見たこともない高画質、となるので先ず見てみることを推奨する。
PA32UCX、Z9G、X10いずれかを見ればそのあたりも理解出来よう。
機会があるならばEIZOのCG3145-BS、SONYのBVM-HX310、CanonのDP-V3120も見てみることをお勧めしたい。

ついでとなるが、HDR映像を制作可能なものとして言うならば、
HDRで「SDRよりも高い画質」を実現するにはある程度の黒が出ていれば良い。
これは映像規格上709は低輝度階調があまりにもひどかった、というのが理由である。
高輝度側も同時に求められるが、実際のところSDRよりも良い、程度であればむしろ低輝度の階調改善と
中間輝度以上の発色の改善だけでも十分である。
そしてOLEDであっても、ここまでならば対応は可能である。

ただし、「HDRで高い画質を実現する」と言う場合においては発色と輝度が何より要求される。
実際の映像で黒が、ましてや0.01未満がメインのことなど殆どなく、むしろ低輝度側で要求されるのは潰れがないことである。
一方HDRにおける高い画質、はハイエンドLCDの様な圧倒的な発色と輝度があって初めて実現されるものである。
これもFALDをOFFにしたHDR対応のハイエンドLCDと、FALDのないエントリーレベルのHDR対応LCDを見比べればその差は明らかであろう。
この場合エントリー機の方が黒が出ており、且つ最大輝度もOLED同程度、という事になるが、高画質なのは明らかに前者だからである。
NLEを用いてカラーグレーディングが出来るのであれば一度やってみれば実感できるだろう。
黒を下げ代わりに300cdでリミットをかけたルックと、黒は0.1cd程度だが代わりに高輝度は一切リミットかけないルックを作り、同じHDR映像に当てて比較すれば分かりやすい。

なおrec.709が対象の場合は両者にどちらが優位というのもない。なぜなら709があまりに要求水準が低く、
100cd出せるLCDであればほぼ完全に対応可能だからである。
プロフェッショナル向けのNLEを使い2100として作り直すのでもなければ、基本的にテレビでできる処理は限界があり、
処理後であっても要求水準が低い、もしくはその処理が不適切である場合が殆どであり、その様な状態を比較するのは
少なくとも制作側からすれば無意味という他ない。

これについてはHDRリマスターなどと謳った機能ですら、実際には画を破綻させているに過ぎないことをみれば理解が早く、
放送事業者用の機器まで含め、十分なHDR化を実現できているものは見た試しがない。
正直なことを言えば、bt.2100で3D LUTを使用できるのであれば当スタジオ製のLUTを当てるだけでこれを解決出来るだけに、
民生のテレビのHDRリマスターに外部LUTを出来ないことは残念ではある。

書込番号:23117050

ナイスクチコミ!4


失名氏さん
クチコミ投稿数:8件

2019/12/19 23:30(10ヶ月以上前)

>nelldripさん
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201201/12-005/
コントラスト(暗所)は測定限界値以上なのが、環境照度100ルクスにおける明所コントラストだと2012年1月10日当時の液晶ディスプレイとの比較で約3.5倍しかなくなる。
環境照度100ルクスというのは、町の街灯下ぐらいの明るさ。
https://www.miterukun.com/知識編-1/明るさの基準について/

明所コントラストな環境で見る場合、安い液晶でも深い黒となる。
https://allabout.co.jp/gm/gc/51172/2/
PA32UCXとEW3270Uの最低輝度0cd/m2や0.08cd/m2が正しい値だとして、それらは暗所での値。
明所で実際に視認されるのは、もっとずっと高い値。
スレ主さんが明所で視認できたのは0cd/m2と0.08cd/m2の差じゃない。
PA32UCXの方は、0cd/m2にPA32UCXの反射率に応じて部屋の明るさが足された輝度
EW3270Uの方は、0.08cd/m2にEW3270Uの反射率に応じて部屋の明るさが足された輝度
これらの差を視認した。
0cd/m2と0.08cd/m2の差よりPA32UCXとEW3270Uの反射率の違いの影響の方が大きい。

高輝度は要らないはずだなんて言ってない。
ダイナミックレンジとは最低輝度と最高輝度の比率であり、できれば低輝度と高輝度が両方欲しい。
液晶のダイナミックレンジは10^5には足りない。

「ついでとなるが、」以下は、裏付けのない、スレ主さんの独自見解に過ぎない。

書込番号:23117464

ナイスクチコミ!5


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/20 01:58(10ヶ月以上前)

まず参照にするなら完全に素人向けで間違いも多く、宣伝のための記事に過ぎないAllaboutでなく、例えばITEを推奨する。
Allaboutは一つの(掲載記事著者の独断と偏見に対する)参考にはなるが、参照とするならばPronews、AvidやCinema5D、BMD、ITE、NAB、CTAや各メーカーの技報と言った、本物の学術的技術的情報を推奨する。
出願特許公報等も非常に参考になるのでそれらを見るのも良いだろう。
http://www.stellacorp.co.jp/media/conference_past/1507display.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/itej/63/3/63_3_349/_pdf
https://www.toshiba.co.jp/tech/review/2010/10/65_10pdf/f01.pdf

なお、繰り返しになるが完全な黒を出すUCXと0.1cdが下限のEW3270Uは流石に並べれば違いはある。
ただし3270U単体で見ている場合それが問題になるかといえば否である。
これも実物を見てみれば分かること。
ただしEW3270UのHDR表示における弱点は低輝度ではなくむしろ輝度不足にある。
UCXと横並びにすればその差は明瞭と言う他ない。
この辺りはITEだけでなくJSOOにも興味深い論文が投稿されており、興味があれば読んでみるのもよいだろう。

また、多少なりとも学術的技術的に語りたい意志は感じるのでこれらの資料も紹介しよう。
https://www.momat.go.jp/fc/wp-content/uploads/sites/5/2017/03/NFC_BDCTechSeminar_IMAGICA_DigitalCinemaColorManagement.pdf
https://connect.avid.com/rs/149-WFZ-676/images/Avid_HDRSeminar_preso_IMAGICA_Yura_sama.pdf
https://www.pronews.jp/pdf/UHD_Guidebook_Final_JA.pdf
適切な知識と経験を持ち、カラーグレーディングの経験を持てば本物の高画質に出会うことも可能であろう。

OLEDを賞賛したい意図はわかるが、少なくともOLEDに関しては輝度不足、低輝度における不自然な階調異常、RGBWによる高輝度側の
色の破綻から到底HDRで使えるものではなく、CMSメーカーやカラリストからは適切な表示が可能とは見做されていない、というのが現実である。
ただし、BVM-X300を所有、使用し、かつrec.709にキャリブレーションされた状態で視聴している、というのであればその限りではない。

書込番号:23117638

ナイスクチコミ!2


失名氏さん
クチコミ投稿数:8件

2019/12/20 06:07(10ヶ月以上前)

>nelldripさん
それらの資料は、こちらの主張と矛盾しない。
マニアでない一般家庭の明所環境においてテレビの暗部が0.1〜0.3cd/m2程度で十分というのはそのとおりだろう。
それは、一般家庭の明所環境においてはHDR(10~5のハイダイナミックレンジ)が体験できないことを意味してる。
65X10のローカルディミングも無意味。

一方、マニアがHDRを体験したければ、一般家庭並みの明所環境で見てはダメだということ。
もっと暗い環境で見る必要がある。

NHK技研の池田氏によると、最高輝度については一般家庭並みの明所でも500cd/m2が理想。
それより暗い環境で見るマニアの場合、有機EL程度の最高輝度でも結構楽しめることを意味してる。

65X10は、一般家庭の明所環境においてはローカルディミングが無駄だし、最高輝度も無駄。
マニアが暗い環境で見る場合、ローカルディミングの効かせ過ぎで、光ってるゾーンが市松模様/ゴルフボールのように見える効果が生じている。
それは、暗い環境では、最高輝度がやたらと高いことよりも重要。

なお、繰り返しになるが、「完全な黒を出すUCXと0.1cdが下限のEW3270Uは流石に並べれば違いはある。」って、その違いについては明所コントラストの差。

書込番号:23117723

ナイスクチコミ!5


hiro487さん
クチコミ投稿数:1394件Goodアンサー獲得:28件

2019/12/20 08:22(10ヶ月以上前)

難しい事は解らないが、有機ELと同等の映りで焼き付かなければそれで良い。
日立のWoo、パイオニアのKUROとプラズマを約15年間使ってきた私が去年、液晶に買い替えた理由は焼き付きだ。

焼き付きに気を使いながらテレビを見る事にストレスを感じるのはテレビと言う娯楽に対して本末転倒だと思った。
特許の問題が有るかも知れないが、この新しい方式を各社が採用する事を願う。
しかし65型でこのプライスを実現出来るメーカーには日本のメーカーは追い付けない気がする。

書込番号:23117854 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!7


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/20 18:52(10ヶ月以上前)

残念だがHDR表現を体験するのに必要な高輝度側である。
そもそもの画を構成する成分としても0.05程度あれば十分であり、
事実としてHDRでグレーディングした映像を軽くリフトさせ0.1cdに調整したものと、
0.005まで下げ、代わりに最高輝度をOLEDの実力値の倍である300cd程度にしたものを
比較すれば容易にわかることである。
特に全白では150cd/m2しかない、というのは高画質を謳うには致命的な欠陥というべきだろう。

また、OLEDの輝度不足を無理に擁護するために暗室にすればよい、というのはOLEDの黒つぶれをはっきりと見るだけ、ということを意味する。
階調の破綻は画質を明らかに下げてしまい、この状態でのOLEDの画質は見るに値しないと言えよう。
OLEDの輝度ゼロは補正をおこなった400万円のディスプレイでなければ活かせないものなのである。

いずれにせよ思う、ではなくPA32UCX、X10、Z9G、DP-V3120、BVM-HX310、CG3145-BSと言った本物を見てみることだろう。
ZRD-2でも構わないが、本物を知らなければ的確にものを語る事は不可能である。
また、民生機での表示のみでなく、映像制作を行ってみることを推奨する。
何が必要か、何が重要であるか、実際にやってみることが最も理解が早いというのは制作側として出来るアドバイスである。

>>なお、繰り返しになるが、「完全な黒を出すUCXと0.1cdが下限のEW3270Uは流石に並べれば違いはある。」って、その違いについては明所コントラストの差。
技術的理論的知見に基づかない故に、その様にFALDに対する意見ですら二転三転するのである。

書込番号:23118782

ナイスクチコミ!1


失名氏さん
クチコミ投稿数:8件

2019/12/20 21:20(10ヶ月以上前)

>nelldripさん
「事実としてHDRでグレーディングした映像を軽くリフトさせ0.1cdに調整したものと、0.005まで下げ、代わりに最高輝度をOLEDの実力値の倍である300cd程度にしたものを比較すれば容易にわかることである。」
http://www.stellacorp.co.jp/media/conference_past/1507display.html
このNHKの検証と違い、具体的にはどんな映像をどんな明るさの部屋でどんな調整がされたテレビに映し、どんな評価基準で評価したのか、サッパリ分からない。
NHKの検証では最低輝度と最高輝度を分けて検証してるが、スレ主さんの話はそれも分からない。

有機ELの最高輝度は液晶よりも低い。
それが致命的かどうかは、その人次第。
スレ主さんには致命的だが、暗室で見るには妥協可能なレベルであると判断するマニアも多くいるから、シェアを伸ばしてる。

有機ELの擁護でなく、NHKの検証から、マニアがHDR(10~5のハイダイナミックレンジ)を体験したければ、一般家庭並みの明所環境で見てはダメだということになる。
もっと暗い環境で見る必要がある。

有機ELの黒潰れについては、プローヴァさんが検証してる。
スレ主さんが言う0.5cd/m2より下が黒潰れというのは、計算の前提条件を勘違いしている。
また、「当然だが輝度を上げればそれに伴い最低輝度も上がり、実環境に近い250cd/m2では1cd/m2をも超える。」というのは間違い。有機ELでは液晶のようにバックライトの輝度が変わるわけではないので、輝度を上げても最低輝度は上がらない。
その他のレビュー
Review: Sony A9F (AF9) OLED
https://www.flatpanelshd.com/review.php?subaction=showfull&id=1541414557
A9F can reproduce all of the steps on the grey tone scale and does not crush either highlights nor shadow details.
A9Fはグレートーンスケール上のすべてのステップを再現でき、ハイライトもシャドウディテールも壊しません。
Review: Sony A9G (AG9) OLED
https://www.flatpanelshd.com/review.php?subaction=showfull&id=1559897568
Moving on to color and grey tones, A9G can reproduce all steps on the grey scale and does not crush shadow details.
「カラーとグレーの色調に移ると、A9Gはすべてのステップをグレースケールで再現することができ、影の細部を壊すことはありません。」

「いずれにせよ思う、ではなくPA32UCX、X10、Z9G、DP-V3120、BVM-HX310、CG3145-BSと言った本物を見てみることだろう。」
それらについて、具体的にはどんな映像をどんな明るさの部屋でどんな調整をしたのちに表示して、どんな評価基準で評価すべきだという話なのか、サッパリ分からない。
スレ主さんは、それらを具体的にはどんな映像をどんな明るさの部屋でどんな調整をした後に表示して、どんな評価基準で評価したの?
それらを各々別の場所(様々な明るさの場所)で、違う映像が映ってるのを見て、主観的に評価しただけでしょ。

「映像制作を行ってみることを推奨する。」
スレ主さんは自称「制作側」でしかなく、何らかの商業作品の制作に関わったという証拠はない。
運転免許や弁護士のような資格の裏付けもない。
映像制作を行ってみると、スレ主さんと同結論になるという根拠もない。

「その様にFALDに対する意見ですら二転三転するのである。」
こっちの意見のどれとどれが二転三転なのか、サッパリ分からない。
コピペするが、そもそもFALDに対する意見じゃない。
明所コントラストな環境で見る場合、安い液晶でも深い黒となる。
https://allabout.co.jp/gm/gc/51172/2/
PA32UCXとEW3270Uの最低輝度0cd/m2や0.08cd/m2が正しい値だとして、それらは暗所での値。
明所で実際に視認されるのは、もっとずっと高い値。
スレ主さんが明所で視認できたのは0cd/m2と0.08cd/m2の差じゃない。
PA32UCXの方は、0cd/m2にPA32UCXの反射率に応じて部屋の明るさが足された輝度
EW3270Uの方は、0.08cd/m2にEW3270Uの反射率に応じて部屋の明るさが足された輝度
これらの差を視認した。
0cd/m2と0.08cd/m2の差よりPA32UCXとEW3270Uの反射率の違いの影響の方が大きい。

書込番号:23119032

ナイスクチコミ!4


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/21 02:09(10ヶ月以上前)

>>具体的にはどんな映像をどんな明るさの部屋でどんな調整がされたテレビに映し、どんな評価基準で評価したのか、サッパリ分からない。
これについては各種HDR映像と言う他ない。
ログ、またはRAW撮影されたもの、709を元に2100でグレーディングしたもの、いずれも画質として重要なのは輝度と発色である。
こればかりは先述の本物の高画質を実現しているハイエンドLCDかZRD-2を見てみることである。

>>有機ELの最高輝度は液晶よりも低い。
>>それが致命的かどうかは、その人次第。
残念だがLCDが必要な黒と最上級の発色、輝度表現を手にした以上、今後OLEDは衰退の道を辿る以外はない。
OLEDにおいては未だ満足な輝度は実現できておらず、かつ実現の目処もない。これは低輝度側の階調も同様である。
表示能力にこだわりがあるならばその先にあるのはマスターモニターと言っていいが、そのマスターモニターにおいてはすでにOLEDは駆逐されている、というのが現実である。

>>有機ELの擁護でなく、NHKの検証から、マニアがHDR(10~5のハイダイナミックレンジ)を体験したければ、一般家庭並みの明所環境で見てはダメだということになる。
この時点で認識が間違いである。黒側が黒いことはHDRの体験においては意味としては弱い。
そもそも人の目が高画質と感じるのは中間輝度以上であり、よほど黒が出せない場合(例えば最低輝度が1cd、等)を除けば、
低輝度側において重要なのは階調破綻しないことである。
なお、709及びB67に関しては低輝度側の階調表現が相当弱く、PQ方式よりも明らかに画質が劣る。
※中間輝度域等では10bitの709やB67の方が細かくなる領域もある。

>>有機ELの黒潰れについては、プローヴァさんが検証してる。
>>スレ主さんが言う0.5cd/m2より下が黒潰れというのは、計算の前提条件を勘違いしている。
これについてはrec.709の計算式に単純に従うのみ。
残念だが規格というのは絶対的なものとして存在しており、ユーザー側で不適切かつ無秩序な変更をしたものについてはその時点で評価にならない。
https://mntone.hateblo.jp/entry/2017/04/01/023417
https://www.nhk.or.jp/strl/publica/rd/rd137/PDF/P10-19.pdf

余談だがOLEDにおいて暗側の階調が不足していることはCMS開発メーカーやカラリストから指摘されていることでもあり、BVM-X300ですら十分でないという指摘すらある。

ちなみに0-100までリニアに信号を変化させた709のハケモニ
この条件では意図的にオフセットを無くし、709に有利な条件としている。
https://i.imgur.com/egwhX7A.png
同じものをst2084上で表示したハケモニ。
https://i.imgur.com/r3271Nf.png
スケールを%や輝度ではなく0-255で表示
https://i.imgur.com/p4DZBxz.png
https://i.imgur.com/OndGN0R.png
リニアとの切り替わりがおおよそ2%であり、709とst2084でカーブが異なるのも規格を知っていれば理解は容易であるので解説は省く。


>>その他のレビュー
OLEDを執拗に神格化する思い込みを挙げられても仕方ない。

>>それらについて、具体的にはどんな映像をどんな明るさの部屋でどんな調整をしたのちに表示して、どんな評価基準で評価すべきだという話なのか、サッパリ分からない。
>>スレ主さんは、それらを具体的にはどんな映像をどんな明るさの部屋でどんな調整をした後に表示して、どんな評価基準で評価したの?
>>それらを各々別の場所(様々な明るさの場所)で、違う映像が映ってるのを見て、主観的に評価しただけでしょ。
マスターモニター相当のPA32UCXを導入し、各種映像を評価しており、BRAWを用いたグレーディングやHDRサンプル映像も含まれる。
その他一般的な照明、暗室環境下でZ9G、CG3145-BS等も評価している。
こればかりは繰り返しになるが本物のHDR表現を見てみることを推奨する。
見てみなければ何が正解かを知ることもない。
X10、UCXであれば量販店で、CG3145-BSであればガレリアで見ることが可能である。

>>スレ主さんは自称「制作側」でしかなく、何らかの商業作品の制作に関わったという証拠はない。
>>運転免許や弁護士のような資格の裏付けもない。
>>映像制作を行ってみると、スレ主さんと同結論になるという根拠もない。
残念だがHDRに相応しいグレーディングの技術を有し、実際にHDR視聴環境のある視聴者に十分なHDR映像であることを確認しており、これにはOLEDのユーザーも含まれている。
少なくとも本物を知り、映像制作に必要な技術、知識を持てば同じ結論に至るであろう。

>>「その様にFALDに対する意見ですら二転三転するのである。」
>>こっちの意見のどれとどれが二転三転なのか、サッパリ分からない。
FALDが無意味と言ってみたり必要と言ってみたりがそれに該当する。
断言するがFALDは必要である。
IPSそれ自体の能力は限定的であり、FALDがなければ高輝度が出せても黒側の表現が流石に弱い。
例えば600cdを出す場合黒側は0.6cd程度に制限されてしまい、これは流石に黒が不足するからである。
しかしFALDを用いればこの解決は極めて容易と言えよう。

書込番号:23119451

ナイスクチコミ!4


失名氏さん
クチコミ投稿数:8件

2019/12/21 04:16(10ヶ月以上前)

>nelldripさん
「これについては各種HDR映像と言う他ない。」
結局、映像の詳細が不明なだけでなく、どんな明るさの部屋でどんな調整がされたテレビに映し、どんな評価基準で評価したのか、サッパリ分からないまま。
本物の高画質というのも、スレ主さんが独自基準で高画質だと言ってるだけ。

「残念だがLCDが必要な黒と最上級の発色、輝度表現を手にした以上、今後OLEDは衰退の道を辿る以外はない。」
スレ主さんは、「残念だが」と文頭に付けると、その後に続く文が裏付けなく正しいことになると勘違いしている。
「必要な」だの「最上級」だの、スレ主さんの主観でそう感じただけ。

「OLEDにおいては未だ満足な輝度は実現できておらず、かつ実現の目処もない。これは低輝度側の階調も同様である。」
満足な輝度というのが何なのか不明だが、とにかくスレ主さんの主観では実現できておらず、かつ、実現の目処もないんだろう。
しかし、スレ主さん以外では、妥協できる輝度が出てると主観的に評価してる人がいる。
低輝度側の階調は液晶よりも良いという測定結果がある。
だから、有機ELを買う人がいて、シェアが伸びてる。

「表示能力にこだわりがあるならばその先にあるのはマスターモニターと言っていいが、そのマスターモニターにおいてはすでにOLEDは駆逐されている、というのが現実である。」
一部の価格帯と用途での現実に過ぎず、用途と価格帯が変わると何が有利なのかが違ってくる。
有機ELは、デュアルセルと比較してマスターモニターという用途に向かない。
一方、民生用にはデュアルセルは向かない。
FSiは、モニタリング用には有機ELを販売している。
http://flandersscientific.com/XM551U/
サムスンは、液晶と別れる決断をした。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50827150Q9A011C1X13000/

「この時点で認識が間違いである。黒側が黒いことはHDRの体験においては意味としては弱い。
そもそも人の目が高画質と感じるのは中間輝度以上であり、よほど黒が出せない場合(例えば最低輝度が1cd、等)を除けば、低輝度側において重要なのは階調破綻しないことである。」
裏付けがなく、評価基準も不明な独自見解が続く。
改めて言うと、HDRとは10^5のダイナミックレンジである。
https://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdr/index01.html
https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/color_management/hdr/index.html
NHKの検証によると、一般家庭並みの明所環境だと、見える最小輝度は0.1〜0.3cd/m2程度になってしまう。
http://www.stellacorp.co.jp/media/conference_past/1507display.html
よって、10^5のダイナミックレンジを体験するには、もっと暗い環境で見る必要がある。

「これについてはrec.709の計算式に単純に従うのみ。」
プローヴァさんのケースにおいて暗部階調を計算する上では間違い。

「残念だが規格というのは絶対的なものとして存在しており、ユーザー側で不適切かつ無秩序な変更をしたものについてはその時点で評価にならない。」
規格というのは、絶対的なものとして存在してない。
ユーザーが好きにしていい。
実際、スレ主さんは、SDR映像を自分の好きなようにいじってる。
http://www.stellacorp.co.jp/media/conference_past/1507display.html
このNHKの検証は、規格に沿ってないから無意味だと?

「OLEDにおいて暗側の階調が不足していることはCMS開発メーカーやカラリストから指摘されていることでもあり、BVM-X300ですら十分でないという指摘すらある。」
裏付けがない。

「0-100までリニアに信号を変化させた709のハケモニ」
これをどう使って、X10や有機ELをどう評価するのか、あるいは評価したのか不明。

「OLEDを執拗に神格化する思い込みを挙げられても仕方ない。」
反証なく、有機ELに有利な検証を否定する思い込みを述べられても仕方ない。
実際に暗部階調がどの程度潰れるのか反証を示してくれ。

「マスターモニター相当のPA32UCXを導入し、各種映像を評価しており、BRAWを用いたグレーディングやHDRサンプル映像も含まれる。
その他一般的な照明、暗室環境下でZ9G、CG3145-BS等も評価している。」
答えになってない。
映像の詳細不明、部屋の明るさの具体的な数値が不明、評価基準が不明。
結局、それらを各々別の場所(様々な明るさの場所)で、違う映像が映ってるのを見て、主観的に評価しただけでしょ。

「残念だがHDRに相応しいグレーディングの技術を有し、実際にHDR視聴環境のある視聴者に十分なHDR映像であることを確認しており、これにはOLEDのユーザーも含まれている。
答えになってない。
「HDRに相応しいグレーディングの技術を有し、実際にHDR視聴環境のある視聴者」ってのは、スレ主さんの主観でそういう視聴者だと感じたというだけ。
その視聴者について、誰もがそう感じるという裏付けはない。

「少なくとも本物を知り、映像制作に必要な技術、知識を持てば同じ結論に至るであろう。」
宗教的な説明。
本物だの、映像制作に必要な技術、知識だのの定義なんて、人それぞれ違う。

「FALDが無意味と言ってみたり必要と言ってみたりがそれに該当する。」
どの文とどの文のことなのか、コピペしてくれ。

「断言するがFALDは必要である。」
こちらは65X10の話をしたんだが、話がズレてる。
65X10の場合、一般家庭の明所環境においてはローカルディミングが無駄だし、最高輝度も無駄。
ネイティブなコントラスト比が6649 : 1であり、NHKの検証による理想範囲を満たすから。

書込番号:23119509

ナイスクチコミ!7


スレ主 nelldripさん
クチコミ投稿数:194件

2019/12/21 13:00(10ヶ月以上前)

>>結局、映像の詳細が不明なだけでなく、どんな明るさの部屋でどんな調整がされたテレビに映し、どんな評価基準で評価したのか、サッパリ分からないまま。
この場合PC32UCXが基準となる。
フィリップスのDisplayHDR600、EW3270U、Mate10ProのOLEDディスプレイ、
更にResolveのコレクタを使い仮想的にUCX上で再現したSDR表示も対象としている。

>>スレ主さんは、「残念だが」と文頭に付けると、その後に続く文が裏付けなく正しいことになると勘違いしている。
>>「必要な」だの「最上級」だの、スレ主さんの主観でそう感じただけ。
残念だが正しいHDR表示やHDR製作技術を持たない者が何を言ってもそれこそ根拠もない思い込みである。

>>満足な輝度というのが何なのか不明だが、とにかくスレ主さんの主観では実現できておらず、かつ、実現の目処もないんだろう。
満足な輝度としては全白600cd/m2が最低基準となろう。実際のHDR映像においても全白600程度は普通に使うが、それを超過することは早々ない。
これは映像制作側であれば容易に実感できる。

>>しかし、スレ主さん以外では、妥協できる輝度が出てると主観的に評価してる人がいる。
OLEDが上のはずだと思い込んでいるものの評価に価値はない。

>>低輝度側の階調は液晶よりも良いという測定結果がある。
残念だが実際に低輝度の階調はダメだという判断を下しているのは他ならぬプロフェッショナルである

>>一部の価格帯と用途での現実に過ぎず、用途と価格帯が変わると何が有利なのかが違ってくる。
残念だがすでにハイエンド機もmini LED化の流れは止められない。
マスターモニターでは通用しない中途半端なデバイスがOLEDである。
そもそもOLEDは登場時の値段は非常に高価格であったが、量産でコストが下がるのは当然のことである。
現状mini LEDはFALD対応のLEDとコスト的には大差がなく、今後量産に伴い価格が下がるのも明らかである。
※すでに本機のように65インチですら20万程度である

>>そもそも人の目が高画質と感じるのは中間輝度以上であり、よほど黒が出せない場合(例えば最低輝度が1cd、等)を除けば、低輝度側において重要なのは階調破綻しないことである。」
残念だが人の目が高画質に感じるのは明るい画というのはITEはじめ学会の論文で発表されている。

>>プローヴァさんのケースにおいて暗部階調を計算する上では間違い。
>>規格というのは、絶対的なものとして存在してない。
>>このNHKの検証は、規格に沿ってないから無意味だと?
HDRに必要な能力の検証としては意味がある。

>>裏付けがない。
残念だがカラリストの判断である。こればかりは思い込みを捨ててあるがままに見ることだろう。

>>これをどう使って、X10や有機ELをどう評価するのか、あるいは評価したのか不明。
残念だがハケモニの見方もわからないなら画質を語るレベルにない。

>>反証なく、有機ELに有利な検証を否定する思い込みを述べられても仕方ない。
>>実際に暗部階調がどの程度潰れるのか反証を示してくれ。
例えばスマートフォンのOLEDを使用した場合、0.1cd程度でそれ以下の表示が不可能になる。
残念だが低輝度階調をきちんと出せるOLEDを見たことが無いのであろう。
それが可能なのはBVM-X300等のマスターモニターと一部の業務用機のみである。

>>答えになってない。
>>結局、それらを各々別の場所(様々な明るさの場所)で、違う映像が映ってるのを見て、主観的に評価しただけでしょ。
残念だが適切に評価を行っている。一部の悪質な虚偽のレビューでもって単純にOLEDを神格化しLEDを侮辱していない、というのみである。

>>「HDRに相応しいグレーディングの技術を有し、実際にHDR視聴環境のある視聴者」ってのは、スレ主さんの主観でそういう視聴者だと感じたというだけ。
>>その視聴者について、誰もがそう感じるという裏付けはない。
残念だがOLEDユーザーも含むHDR視聴環境を持ったユーザーによる評価である

>>本物だの、映像制作に必要な技術、知識だのの定義なんて、人それぞれ違う。
残念だが必要な技術も知識も明らかであり、言い訳を並べるのではなく足りないものは学ぶということを推奨しよう。

>>どの文とどの文のことなのか、コピペしてくれ。
>>こちらは65X10の話をしたんだが、話がズレてる。
>>65X10の場合、一般家庭の明所環境においてはローカルディミングが無駄だし、最高輝度も無駄。
これでいてmini LEDでは黒表現が足りない、と言ってるのだから二転三転にも程があると言えよう。
また、NHKの論文では、というのも全く理解できていない。
NHKの求められる輝度、はこの程度あれば良いだろう、というものであるが、人間の目がそれ以下の輝度は完全に潰れて見えているということは示しておらず、潰れは潰れとして認識可能である。
ただし黒の表現としてはある程度あれば十分というのはその通りであり、それが論文の正しい理解となる。
この辺りはITEに加えJSOOの論文も読んでみるとよいだろう。

語るのであれば技術的根拠に基づき、論文を見、映像制作技術を学び、制作現場で使われる機器に求められる適切な表示能力を知ることが重要となる。
学ぶ意志があるのであれば提示した資料を熟読すれば良い。
また、カラリストによる評価を見るのも良い学ぶ機会となるだろう。

書込番号:23120186

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:16件

2020/02/19 16:07(8ヶ月以上前)

OLEDテレビって暗いからあんまりなあって感じ。
黒が強いと言ってもVA液晶の黒レベルを上げたような
不自然な黒さだし。
おまけに焼きつきやすくて高消費電力だとかさ。

もっと鮮やかで明るいテレビが欲しいからコイツか、
BS4kが付いてる次期モデルが欲しいなあ。

書込番号:23240436 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

65X10 [65インチ]
TCL

65X10 [65インチ]

最安価格(税込):¥129,818発売日:2019年 9月20日 価格.comの安さの理由は?

65X10 [65インチ]をお気に入り製品に追加する <130

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月23日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング