『EVFとOVFでのシャッター遅れ』のクチコミ掲示板

2020年 2月28日 発売

OM-D E-M1 Mark III ボディ

  • 小型・軽量と高画質を兼ね備えた、「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレス一眼カメラ。
  • 7.5段手ぶれ補正と画像処理エンジン「TruePic IX」により高画質を実現。「プロキャプチャーモード」や手持ち4K動画など多彩な撮影機能を備えている。
  • 防じん・防滴、耐低温設計により過酷な環境下でも安心して使え、「星空AF」や進化した「顔優先/瞳優先AF」など、高速・高精度なAFシステムを搭載。
OM-D E-M1 Mark III ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥179,971

(前週比:-3,344円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥183,540

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥168,000 (22製品)


価格帯:¥179,971¥229,400 (50店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥179,973 〜 ¥187,893 (全国704店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:504g OM-D E-M1 Mark III ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのオークション

OM-D E-M1 Mark III ボディオリンパス

最安価格(税込):¥179,971 (前週比:-3,344円↓) 発売日:2020年 2月28日

  • OM-D E-M1 Mark III ボディの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark III ボディの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark III ボディのオークション

『EVFとOVFでのシャッター遅れ』 のクチコミ掲示板

RSS


「OM-D E-M1 Mark III ボディ」のクチコミ掲示板に
OM-D E-M1 Mark III ボディを新規書き込みOM-D E-M1 Mark III ボディをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ104

返信32

お気に入りに追加

標準

EVFとOVFでのシャッター遅れ

2020/05/17 18:41(2ヶ月以上前)


デジタル一眼カメラ > オリンパス > OM-D E-M1 Mark III ボディ

クチコミ投稿数:1390件
当機種
当機種
機種不明
機種不明

測定器(LED点灯の瞬間)

撮影画像(この場合約0.18秒遅れ)

得られた結果(100回測定のまとめ)

ちょこまか動く鳥の軌跡表示

この1年間、全システムを軽い機材で統一しようと、D500とE-M1XやE-M1 mk 2を比べてきました。主な被写体は野鳥です。ファインダー内でちょこまか動く小鳥、とくにムシクイ類などではEVFの表示遅れが気になっていました。そんな野鳥を自分が撮り逃がす言い訳にもしていました。

そこで、OVF(D500)とEVF(E-M1 mk 3)での人間のシャッターを押す反応時間を確かめるべく測定器を作ってみました。一番左の機器で、上端のLEDが光ったらシャッターを押します。するとカメラには二番目に示すような画像が記録されます(この場合、約0.18秒遅れ)。

実験は
  @E-M1 mk 3のEVF(電子ファインダー)を覗いて、測定器のランプが光ったら即シャッターを押す。これを10回反復。
  A肉眼でランプを見ながら、光ったら即E-M1 mk 3のシャッターを押す。これを10回反復。
  BD500のOVF(光学ファインダー)を覗いて、測定器のランプが光ったら即シャッターを押す。これを10回反復。
  C肉眼でランプ見ながら、光ったら即D500のシャッターを押す。これを10回反復。

これらの実験を行い、データ処理した結果を三枚目に示します。得られた結論は、「OVFに比べてEVFの遅れは約0.02秒で、人間そのものの反応時間約0.18秒の1/9であり、大きな障害とはならない」ということでした。<詳しくはウェブサイトをご覧ください→http://www.woodpecker.me/gear/index.html#response-2nd

ただ、4番目に示すように、ファインダー内でちょこまか動く小鳥には多少の課題が残りますが、まあこれは容認することにして、腕を磨きます。

書込番号:23410167

ナイスクチコミ!34


返信する
クチコミ投稿数:466件Goodアンサー獲得:9件

2020/05/17 19:44(2ヶ月以上前)

ストップウォッチ本体と、背面液晶を同時に撮影して比べていた人いたけど、同じ感じの結果だったよ。
理論的にはタイムラグはあるんだけど、たぶん、感覚的に感知するのは無理♪

書込番号:23410316

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:34217件Goodアンサー獲得:2991件 休止中 

2020/05/17 19:49(2ヶ月以上前)

EVF/OVFにレリーズ遅れの差はないと思いますよ。
EVFの場合、覗いている時間の世界全体 (時間軸) がずれているだけですから。
ただし、両眼視している時や音とは乖離しますので、やはり違和感は残ります。

なお、センサを含むEVF系 (LCD代用) の遅れは、自前確認では0.1秒弱だったかな。
多少機種間に差はありましたが。

書込番号:23410329

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:1390件

2020/05/17 20:31(2ヶ月以上前)

>momono hanaさん

そうですね。このたった0.017秒を人が感知するのは無理ですね。ただ、私の上げた4枚目の現象はときどき起きる感じがします。今後は、焦点距離を短くしてなるべく大きな画面でちょこまか動く小鳥の動く方向を見失わないようにしたいと思っています。


>うさらネットさん

私のこの測定は、過去にメトロノームで測定していた人がいて、ほぼ私と同等の結果を得ています(彼の方がずっと前ですが)。

E-M1 mk 3は通常60fps(frame per second)です。少なくとも0.017秒(=1÷60)間隔でしか表示されません。ですので、センサーで受光してからモニターに表示されるまでの時間が仮に0だとしても、平均すればこの1/2、すなわち0.008秒は遅れることになります。

E-M1 mk 3は120fpsに上げることができますから、この場合の遅れも測ってみます。そうすればより確実なデータが出てくるでしょう。

書込番号:23410417

ナイスクチコミ!5


quagetoraさん
クチコミ投稿数:1956件Goodアンサー獲得:34件

2020/05/17 20:59(2ヶ月以上前)

興味深いのは、物体直視のときのラグが、一貫して比較機のほうが長いことです。

シャッター押下からメカの作動までのラグが、本機のほうが短い、ということなのでしょうね。

書込番号:23410483

ナイスクチコミ!4


しま89さん
クチコミ投稿数:6768件Goodアンサー獲得:472件

2020/05/17 22:17(2ヶ月以上前)

たぶん慣れとう言葉に妥協できないんでしょうね。レフ機はレフ機なりの、ミラーレスはミラーレスなりの撮り方があるけど多分移行できないで終わってしまうのかな。

書込番号:23410670

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:1390件

2020/05/18 12:02(2ヶ月以上前)

>quagetoraさん

まさにご指摘の通りです。単独に使っていると感じないのですが、両方交互に使ってみると、D500のシャッターの重さ・ストロークの長さを感じます。

まあ、両者の差はわずかですし、実験を繰り返すとおそらく私の疲労からくるのでしょうが、徐々に全体が長くなっているので、問題とするには当たらないでしょうね。

>しま89さん

D500から全面的にオリンパスに移行するにあたり、巷では「ミラーレスは動きものに向かない」という風評がありました。たしかに、出始めのころのミラーレスは反応が遅かったようですが、「いまどきの最先端ミラーレスでは実質的に問題はないのではないか」と思って、自分を納得させるためにこんな面倒な実験を行った次第です。

一番ミラーレスでありがたく思っているのは、露出補正です。野鳥が動いて瞬時に逆光から順光状態になる時など、かなり適切に補正ができます。最近、夕日をファインダーに入れて撮影したのですが、自分の好みの絵柄にできますね。OVFでは太陽を直視できません。露出は山勘です。

書込番号:23411498

ナイスクチコミ!8


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/19 12:39(2ヶ月以上前)

woodpecker.meさん

検証、ご苦労様です。とても面白く拝見しました。
ご紹介下さったWebページ(サイト自体)、凄過ぎです!!! オリンパスの技術部門の方々等も、非常に参考になるのではないでしょうか? 後で、じっくり拝見させて頂きます。
woodpecker.meさんは、物凄くお詳しいので、ド素人丸出しでお恥ずかしいのですが、ちょっと質問をさせて頂きます。お暇な時とかいつでも構いませんので、コメント頂けると幸いです。

【質問内容】
「プロキャプチャー」はお使いですか?
もしお使いになられていない場合、「プロキャプチャー」のメリット/デメリット等に関し、もしご意見をお持ちでしたら、教えて頂けないでしょうか?

既に、「プロキャプチャー」に関し、触れられておられたのに、私が見落としていた場合には、ご容赦下さい。

【補足】
以下の記事にも出て来る「『プリ』キャプチャー」同様、ミラーレスや一眼レフならLVでしか、実現出来ない機能を搭載/訴求して行くことはいい事だと思っていました‥‥が、woodpecker.meさんのような、プロとかハイアマチュアとかには、役立たないのかなぁと素朴な疑問が生じ、お伺いした次第です。

【ご参考】
「プロキャプチャー連写」の由来

伊達:ところで、「プロキャプチャー」というのは、シャッターボタン半押し中から画像をバッファに溜め込んでおき、シャッターボタン全押しした瞬間にその前後の画像を記録するモードですよね? この機能って、一般的にプリキャプチャーと呼ばれていると思うのですが……

川口:プリキャプチャーとプロキャプチャーは違うものです。プロキャプチャーについて説明しましょう。プロの写真家の方は、自分の中で持っている反応のラグと、カメラの持っているシャッターラグを予想した上で、狙ったタイミングでシャッターを切ると思います。

伊達:ああ、予想して早めに切りますね。

川口:でもプロでない方はそれが難しい。これを実現するために考えたのがプロキャプチャーです。プロがシャッタータイムラグを先読みするように、カメラが先読みを行いプロに近いタイミングで撮影できる機能が「プロキャプチャー」です。

伊達:最初、よく読まずに「プリキャプチャー」って原稿を書いてて、よく読んだら「プロキャプチャー」って書いてあって、あれ? と思いました(笑)

川口:シャッターボタン半押しの状態から深く押し込むと、それが伝わりシャッターが動いて、取り込みが終わります。その間が(E-M1 Mark IIの場合は)大体30ミリ秒です。その30ミリ秒を遅れ分として逆算したバッファの画像を“1枚目”として記録します。

伊達:タイムラグがないのが基準で、そこからさらに14コマ前後も残せるという。

川口:そうです。先ほど伊達さんは「いっぱい撮れてしまう」と仰ったと思うのですが、そこを私たちも考えたうえで、いっぱい撮らなくても狙った絵が撮れることを目標に、プロキャプチャーを開発しました。まさに「撮りたい!」というタイミングで押すと、全てのタイムラグを取り除いた1枚が撮れます。人間の反応というものは、人工的に制御できないので、その微調整用に前後14枚を撮れるようにしています。

伊達:JPEGのみで記録すればRAW記録時よりも長く記録できますか? プロキャプチャーLのとき、C-AFが追従しますか?

菊地:RAWでもJPEGでも記録できる枚数は変わりません。C-AFは撮影前、撮影後ともに追従します。追従性能も通常の連写時のC-AFと変わりません。

伊達:なるほど。プロキャプチャーだと1コマ目以降はAFが追従しないと思っていた時期がありましたが、追従すると分かってからはプロキャプチャーL連写で動きモノを撮るようになりました。ただ、プロキャプチャーはある意味一発勝負じゃないですか。特に連写Hだと、後の書き込みの時間もかかりますし。

川口:UHS-IIに対応し、できるだけバッファ内の画像を速く処理することで対応しています。


・伊達淳一が徹底解剖!「OM-D E-M1 Mark II」の先進性 (デジカメWatch、2017/02/03)
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/dateem1mkii/1041430.html

書込番号:23413615

ナイスクチコミ!4


quagetoraさん
クチコミ投稿数:1956件Goodアンサー獲得:34件

2020/05/19 23:54(2ヶ月以上前)

ミスター・スコップさま、デジカメWatchのリンクありがとうございます。

既にマーク2で、こんなすごいことになっていたのですね。

道理で撮影していて、いろんなストレスがないわけだ(というか、別機種に持ち替えると、いろいろとやたらストレスを感じますし、より大きなフォーマットでも画質が上とは言えないことも多々あり)と、妙に納得しました。

書込番号:23414855

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:4750件Goodアンサー獲得:82件

2020/05/20 09:13(2ヶ月以上前)

ええと、10年くらい前にα55でもっと簡便にやって同じような結果でしたよ(笑)。

https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000140390/SortID=11956484/#tab

書込番号:23415310

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1390件

2020/05/21 21:52(2ヶ月以上前)

>ミスター・スコップさん

ご返事が遅れました、すみません。できる限りお応えします。

@プロキャプチャー

使っていません。最大の理由は、ピントが合っていなければ意味が無いからです。カワセミのようにじっと止まっている場合にはそこにピントを合わせておけばよいのですが、私のように歩き回って動いている野鳥を探すときは、まずファインダーにいれてピントを合わすのが先で、合った時点でシャッターを押します。プロキャプチャーが優位な場面があるはず(たとえば、止まっている動物が動き出す瞬間とか)ですが、私には利点がほとんどないというのが理由です。

Aプロキャプチャーとプリキャプチャー

私の理解では、カメラメーカーによって呼び方が違うだけで、同じものと思っています。ただし、間違っているかもしれません。

Bプロキャプチャーもどきの写真→http://www.woodpecker.me/bird/bull-h_shrike.hi/index.html

一番上の写真です。これは枝に止まっている雌にピントを合わせてファインダーを覗いていたら、急に雌が口をあけて鳴き出したのでとっさにシャッターを切りました。その時には雄はファインダーに入っていなかったのですが、あとで画像を見たら偶然雄が餌を咥えて画面に入ってきたというわけです。単に「ラッキー」だっただけですが(-_-;) 「もう2、3段シャッター速度を上げていたなら飛んでる雄がきちんと止まっていたのになぁ」と後悔はしました。

以上です、お答えになりましたか。私は「プロキャプチャーは意味ない」などとは思っておりませんで、上に述べたように動き出す瞬間直前にピントを合わすことができるなら素晴らしい機能だと思います。昆虫写真で有名な海野プロなどは蝶の飛び出すすばらしい瞬間を多く物にされていますね。飛んでいる蝶は野鳥より撮影は難しいです。飛び方がランダムで頻繁に方向を変えるからです。


書込番号:23418543

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/23 09:03(2ヶ月以上前)

woodpecker.meさん

ご丁寧なコメント、どうもありがとうございます。
こちらからお願いしておきながら、お礼が遅れてしまった事を深くお詫び致します。

ご紹介頂いた作例を拝見しました。物凄い腕前ですね! 私のような超ヘタッピな者から見ると、woodpecker.meさんは、著名なプロカメラマンと何ら変わりません!


> 使っていません。最大の理由は、ピントが合っていなければ意味が無いからです。
> まずファインダーにいれてピントを合わすのが先で、合った時点でシャッターを押します。

念の為、お伺いしますが、プロキャプチャーあり/なしで比較なさった上で、このようなご結論を出されているのですよね?
もし万一、プロキャプチャーあり/なしを比較なさっておられないのであれば、一度比較なさる事をオススメします。


日本語メニューでの「pre-shutter」の表記は、未確認ですが、

[プロキャプチャー]
E-M10iiの時は、シャッターボタン半押しから全押しの瞬間から、30msec遡った瞬間が画像として保存されています。30msecは、人間によるタイムラグなので、多分!!、機種に依らず、同じだと思います。

Lモード(18fps)では、全コマ、AF/AE追従です。Hモード(60fps)では、AF/AEは、1コマ目で固定されます。電子シャッターしか使えないのかも?

[プリシャッター(pre-shutter)]
常に35コマをキャプチャーしており、レリーズ時から前後で最大99コマ連写出来ます。E-M1iiでは前後15コマでしたが、E-M1XとE-M1iiiでは、多分!!、前が最大35コマ、後が「99 − 前のコマ数設定値(例:99 − 35 = 64コマ)」になっているようです。

シャッターボタン全押しの瞬間から、プロキャプチャーは30msec前の画像が保存されますが、プリシャッターでは18fpsの場合、1つ前の画像は、約55msec前の画像ですから、プロキャプチャーとプリシャッターは別物です。


以下は、プロカメラマンのTim Boyer氏による、プロキャプチャーの使い方のチュートリアル(tutorial)です。woodpecker.meさんがお撮りになられている状況と異なるかもしれませんが、プロキャプチャーの説明としては、非常に分かり易いと感じました。この動画では、プロキャプチャーの設定方法を、3通り、ご説明なさっています。E-M1Xでのご説明なので、E-M1iiiと若干異なる可能性があります。ご了承下さい。

動画のURLの下に、Tim Boyer氏が出版なさった書籍の商品ページに記載されていた、ご経歴を転記しておきます。これによると、Tim Boyer氏は、特に渉禽類(shorebird)がお気に入りとの事。写真家以外にも、山岳ガイド等、幅広くご活躍なさっているようです。


・How to Use Olympus Pro Capture Mode (Tim Boyer氏、2020/04/22)
https://youtu.be/M-ZU9El8U7U


「著者について

Tim Boyer is an award-winning nature photographer. His images have been published in many bird and nature magazines. He is a full- time photographer and a graduate of Seattle Audubon's Master Birder Program.

He enjoys sharing his knowledge of photography and birds through workshops and presentations. His bird photography workshops are offered in locations where there are lots of birds and thus ample opportunities to learn and practice the art of bird photography.

He also has a YouTube channel where weekly he posts bird photography tutorials. You can find him at Tim Boyer Photography on YouTube. Shorebirds are his favorite family group of birds, and he spends a lot of weekends on the Washington Coast. Tim has a degree in Recreation and Parks Management and had a career as a mountain guide in Alaska, Washington, Canada, Mexico, and Ecuador. He's been to the top of North America (Denali) six times.

Toss in a few marathons, an eighteen-year stint at a large non-profit where he was once the Corporate Controller (which he still can't believe), and you can see he's ready for adventure. He's been a photographer since high school (you know back when they used black & white film) and a birder since college. He always knew he would have three careers, but didn't think that Bird Photography Workshop Leader/Author would be number three.」

・Learn the Art of Bird Photography: The Complete Field Guide for Beginning and Intermediate Photographers and Birders (English Edition) Kindle版 (著者: Tim Boyer氏)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07BHHTKVB/


【超蛇足】
woodpecker.meさんが、別スレで、以下のコメントをなさっておられますが、非常に納得です。私は、(エントリークラスばっかりではあるものの)m4/3に、ドップリ浸かっています。一方、オリンパスは元より、パナソニックも、遠くない将来、(コンシューマー向け)カメラ事業から撤退するだろうと、繰り返しコメントして来ました。

E-M1Xは、オリンパスのカメラ事業にとどめを刺したと強く感じています。woodpecker.meさんがコメントなさっているように、E-M1Xは、m4/3として求められる最大の利点をスポイルしてしまったからです。E-M1Xは、4/3の学習効果が全くなく、またまた多数出してしまった、Proレンズの受け皿となるミッションが与えれていました。しかし、E-M1X(発売:2019/02/22)が大コケしてしまったので、Proレンズの値上げ(発表:2019/11/28、実施:2020/02/01)に踏み切らざるを得なくなりました。

もし、E-M1Xの開発費を、E-M1iiiとE-M5iiiに回していたなら、事態はここまで悪化しなかったはずです。

> ほぼM1Xに傾きました。ただ、Zuiko300/4+M1Xだと、質量2300g余り。いま使っているNikkor500/5.6+D500がほとんど同じ2300g余。もう一声M1Xの長所が欲しいところです。

書込番号:23421122

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/23 09:42(2ヶ月以上前)

一つ前の↑[23421122]にて、勘違いが濃厚な箇所がありました。ごめんなさいm(_ _)m

> シャッターボタン全押しの瞬間から、プロキャプチャーは30msec前の画像が保存されますが、プリシャッターでは18fpsの場合、1つ前の画像は、約55msec前の画像ですから、プロキャプチャーとプリシャッターは別物です。

と書き込んでしまいましたが、実際には、

プロキャプチャー: 30msec前の画像 = プリシャッター: 1コマ前(0コマ目?)の画像

の可能性大です。

ただし、プロキャプチャーのLモードなら、プリシャッターの前後・最大99コマは、全てAE/AFが追従していますから、ピントが合った瞬間にシャッターボタン全押しした場合でも、プロキャプチャーの30msec前の画像に、ピントは合っているはずです。プロキャプチャーは、飽くまで、人間のタイムラグを(ほぼ)ゼロにする機能ですから。

書込番号:23421200

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1390件

2020/05/23 10:05(2ヶ月以上前)

>ミスター・スコップさん

おっしゃることはよく理解します。私はプロキャプチャーに次のような推測をするので使っていないと申し上げたいのです。たとえば、

ある枝に頻繁に小鳥が来るとします。その枝の一部にピントを合わせておきます。しかし、飛んできた小鳥が距離の異なった所に止まったら、プロキャプチャーで撮影しても小鳥にはピントはあっていない(と推定しています。おおせのとおり自分で確かめてはいません)。

現時点でカメラ自体に小鳥を認識する機能はないので、そのようになるのだと推定しています。もし私が誤解していて、画面上で激しく動くものに自動的にピントを合わせるなら、私の推測は間違っていますね。

いっぽう、ラグビーの試合で特定の人を追いかけてピントを合わせ続けているとします。この場合は明らかに常に撮影したい対象物にピントが合い続けているのでプロキャプチャーは極めて有効でしょう。

こう考えてみると撮影する対象物の大きさでプロキャプチャーの有効性が分かれるのかもしれませんね。

書込番号:23421262

ナイスクチコミ!0


hirappaさん
クチコミ投稿数:4411件Goodアンサー獲得:158件 縁側-千の記憶 ∞∞∞現在・過去・未来∞∞∞ ロト予想の掲示板ペンタな道具箱 

2020/05/23 11:34(2ヶ月以上前)

>woodpecker.meさん
> 使っていません。最大の理由は、ピントが合っていなければ意味が無いからです。
> まずファインダーにいれてピントを合わすのが先で、合った時点でシャッターを押します。

スレのタイトルにあるシャッターを押した時に生じる遅れ分をカバーするのがプロキャプチャーかと思うのですが違うのでしょうか。

書込番号:23421454

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:2084件Goodアンサー獲得:174件 縁側-「メカロクの 偏屈カメラ術」の掲示板メカロクの写真日記 4 

2020/05/23 13:11(2ヶ月以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

ヒヨドリ

ハクセキレイ

クロアゲハ?

ギフチョウ

woodpecker.me さん、横レスで申し訳ありません。

因みに、私は、woodpecker.me さんがご紹介されている海野先生の講習会に参加した際に、「ProCap(プロキャプチャー) H」モードでは 60fps での撮影を勧められたので、それまでの 30fps から 60fps に変更したところ、面白いカットが格段に多くなりました。


ミスター・スコップさん

>日本語メニューでの「pre-shutter」の表記は、未確認ですが、

「プリ連写」(「MENU」での設定項目名は「プリ連写枚数」)のことではないでしょうか?
 *少なくとも E-M1 MarkII や E-M5 MarkIII の取説での検索では、「pre-shutter」も「プリシャッター」もヒットしません。

>[プロキャプチャー]
E-M10iiの時は・・・

OLYMPUS の「製品紹介」サイトで確認しましたが、E-M10 MarkII では「プロキャプチャー」は見付けられませんでした。ホントに、E-M10 MarkII に「プロキャプチャー」が搭載されているのですか?
それとも、E-M1 MarkII の心算での入力ミスでしょうか?

>シャッターボタン半押しから全押しの瞬間から、30msec遡った瞬間が画像として保存されています。30msecは、人間によるタイムラグなので、多分!!、機種に依らず、同じだと思います。

上記の通り、E-M10 MarkII のサイトでは見付けられなかったので判りませんが、少なくとも E-M1 MarkII の場合は、遡り分(プリ連写分)は秒数ではなくコマ数で指定(*1)し、当初は「0〜14」コマからの選択でしたが、ファームアップで「0〜35」コマからの選択になりました。
 *1:このため、連写速度を変更すると遡る秒数も変わる。

私の所有機で「プロキャプチャー」が可能なのは E-M1 MarkII と E-M5 MarkIII ですが、後者は前者の当初と同じ「0〜14」コマなので、「機種に依らず、同じ」ではないことは確かです。

>Lモード(18fps)では、全コマ、AF/AE追従です。Hモード(60fps)では、AF/AEは、1コマ目で固定されます。電子シャッターしか使えないのかも?

私の所有機では、「ProCap L」では E-M1 MarkII:10・15・18fps、E-M5 MarkIII:8・9・10fps、「ProCap H」では E-M1 MarkII:15・20・30・60fps、E-M5 MarkIII:15・20・30fpsです。
このため、E-M10 MarkII で 「ProCap L」:18fps、「ProCap H」:60fps が可能とは考えられず、やはり E-M1 MarkII のようですね。

なお、「ProCap L」でも 「ProCap H」でもメカシャッターは使えず、自動的に電子シャッターに切り替わります。

>[プリシャッター(pre-shutter)]
常に35コマをキャプチャーしており、レリーズ時から前後で最大99コマ連写出来ます。

「プロキャプチャー」と「プリシャッター」は全く別物とお考えのようですが、「プリシャッター] が「プリ連写」のことであれば、「プリ連写(枚数)」は「プロキャプチャー」の設定項目の一つであり、「プロキャプチャー」と「プリシャッター」は別物ではない(後者は前者の一部)ことになります。

さて、「枚数リミッター」で設定できるのは仰る通り最大 99 コマですが、「枚数リミッター」を「Off」にすれば、バッファフルになるまで同じ連写速度で撮影できます。

因みに、私は、「ProCap H」では E-M1 MarkII:25 コマ、E-M5 MarkIII:20 コマとし、「ProCap L」では両機とも「Off」にしています。

これは、「ProCap H」は主として鳥や昆虫が飛び立つ瞬間を狙うのですが、飛び立った瞬間からレンズを振って追い掛けることは私には不可能なので、たくさん撮っても殆どが無駄になるためであり、「ProCap L」は主として最初から動いているものを狙って、面白い動きをした時などに全押しする、つまりレンズで追い掛けている途中で全押しするので、その後も追い続けることが可能なためです。

>シャッターボタン全押しの瞬間から、プロキャプチャーは30msec前の画像が保存されますが、プリシャッターでは18fpsの場合、1つ前の画像は、約55msec前の画像ですから、プロキャプチャーとプリシャッターは別物です。

上記の通り別物ではなく、「プリシャッター」は「プロキャプチャー」の設定項目の一つと考えます。


それでは、E-M1 MarkIII ではなく E-M1 MarkII ですが、「プロキャプチャー」モードのエアユーザーでない証に、「ProCap H」モード(S-AF/60fps)撮影した画像を添付します。

書込番号:23421643

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2084件Goodアンサー獲得:174件 縁側-「メカロクの 偏屈カメラ術」の掲示板メカロクの写真日記 4 

2020/05/23 14:48(2ヶ月以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

ツバメ−1

ツバメ−2

ツバメ−3

イタドリハムシ

woodpecker.meさん

レスが前後してしまいました。申し訳ありません。

>使っていません。最大の理由は、ピントが合っていなければ意味が無いからです。カワセミのようにじっと止まっている場合にはそこにピントを合わせておけばよいのですが、私のように歩き回って動いている野鳥を探すときは、まずファインダーにいれてピントを合わすのが先で、合った時点でシャッターを押します。プロキャプチャーが優位な場面があるはず(たとえば、止まっている動物が動き出す瞬間とか)ですが、私には利点がほとんどないというのが理由です。

仰る通りですが、私は鳥や虫が飛び出す瞬間と、その後の数コマの飛翔場面に魅力を感じているので、「ProCap H」モード(S-AF/60fps)を多用しています。

>Bプロキャプチャーもどきの写真
これは枝に止まっている雌にピントを合わせてファインダーを覗いていたら、急に雌が口をあけて鳴き出したのでとっさにシャッターを切りました。その時には雄はファインダーに入っていなかったのですが、あとで画像を見たら偶然雄が餌を咥えて画面に入ってきたというわけです。

これは、woodpecker.me さんの反応が素晴らしかったからこその作品であり、その点では感服しますが、もし「ProCap」モードであれば、反応の鈍い私でさえ、雄がファインダーに入ってきたのを確認してからでも間に合いますし、高速連写しているので、雄にもピントが合ったコマがある可能性も増します。

添付画像の3枚目までは、「Bプロキャプチャーもどきの写真」と同じような場面の写真で、「ProCap H」モード(S-AF/30fps)で雛鳥にピントを中てて待機(半押し)中に、ツバメの雛鳥が口を開けて騒ぎ出してから気合を入れ、親鳥をファインダーで確認してから全押ししたもの中から選んだ3コマで、1枚目と2枚目は連続するコマであり、3枚目は2枚目から4コマ目です。
 *こちらは、60fps に変更した 2019.08.26 より前に撮影したため、30fps になっています。
何れの親鳥も、ジャスピンとはいえませんが、「Bプロキャプチャーもどきの写真」の雄よりもピントが来ているではないでしょうか?

添付画像の4枚目は、同じく「ProCap H」モード(S-AF/30fps)で右下のイタドリハムシにピントを中て、飛び出すのを待っている時に、別のイタドリハムシがファインダーに飛び込んで来たので全押ししたもので、飛び込んで来た子はジャスピンではありませんが、このように全く予期していないものが飛び込んで来た時でも、捉えることだけは確実にできます。
 *こちらは、E-M5 MarkIII での撮影のため、30fps です。

今回の4枚について、(芸術面は別にして)飛び込んで来た親鳥(1〜3枚目)や飛び込んで来たイタドリハムシ(4枚目)がジャスピンでないので「意味がない」、と仰るのであれば、「Bプロキャプチャーもどきの写真」も「意味がない」といえると思うのですが、価値を認めておられるからこそ、ブログにアップされ、こちらでも紹介されているのですよね?

書込番号:23421829

ナイスクチコミ!3


銃座さん
クチコミ投稿数:109件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/23 16:02(2ヶ月以上前)

>woodpecker.meさんの場合

直視で撮った時の遅延が175ms位ですよね?
ランプが光った瞬間が0ms
175msは人間の反応速度+カメラのラグですよね?

ランプが光った瞬間をピントが合った瞬間に置き換えると
撮影者がピントが合ったと思ってレリーズした写真の175ms前はピントが合っているので
プロキャプチャーは有効だと思います

動くものであれば理論的に、通常の撮影よりも175ms前が一番ピントの合っている瞬間とも言えます

書込番号:23421970

ナイスクチコミ!3


銃座さん
クチコミ投稿数:109件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/23 16:33(2ヶ月以上前)

補足で問題点は
反応速度以上遡った無駄なショットが増える事や
感度やフラッシュ、使用レンズ等の制限が多いところですかね

書込番号:23422031

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/23 18:38(2ヶ月以上前)

woodpecker.meさん、メカロクさん

様々なコメント/ご指摘、どうもありがとうございます。

当たり前過ぎて、お断りしていなかったかも?ですが、私自身は、エントリー機しか所有していませんし、鳥の撮影は、難易度が高過ぎるので、そもそも、挑もうとさえ、思っていません(超偶然、撮れる事も皆無ではないのですが‥)。

プロキャプチャーも、使用した事はありません。ただ、先にご紹介させて頂いた記事と動画は、プロキャプチャーを理解する上で、とても参考になると思います(*)。

お二人からのコメント/ご指摘に対しては、後程、コメントさせて頂くかもしれません。なお、E-M10ii/E-M10iiiは、タイポです。余計なお手間を取らせてしまい、大変申し訳ありませんでした。

プロキャプチャーを簡単に説明するには、文章だと非常に面倒だと思えて来たので、超ウルトラザックリの動画を作ってみました。正確性は完全に無視しましたので、突っ込み所満載だと思いますが、ご容赦を! 自分では分かり易いと思っているのですが、却って、分かり難い等ありましたら、ご指摘下さい。

【プロキャプチャー】のコンセプト (0:45)
https://youtu.be/hYMXVwsDrJ8


(*)
【再掲】

・伊達淳一が徹底解剖!「OM-D E-M1 Mark II」の先進性 (デジカメWatch、2017/02/03)
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/dateem1mkii/1041430.html

・How to Use Olympus Pro Capture Mode (Tim Boyer氏、2020/04/22)
https://youtu.be/M-ZU9El8U7U

書込番号:23422281

ナイスクチコミ!1


銃座さん
クチコミ投稿数:109件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/23 19:40(2ヶ月以上前)

>ミスター・スコップさん
プロキャプチャーは0.3秒前を保存するのではなくて、半押し中設定した速度で連写を続けている
全押しした瞬間から遡って設定した枚数を保存する
ざっくりとこんな感じかと思います

書込番号:23422400

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1974件Goodアンサー獲得:60件

2020/05/24 00:23(2ヶ月以上前)

プロキャプチャーってのは、半押しで撮影を開始し、データをバッファに溜め込み、設定枚数になったら古いものから捨てる、という動作を半押ししている間中ひたすら続け、全押しでその動作を完了させて、バッファのデータをメモリーカードに書き出す、というものです。


>ミスター・スコップさん

デタラメな動画に誘導させて、小遣い稼ぎですか。

書込番号:23423089

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/24 15:21(2ヶ月以上前)

皆さんから、ご批判を頂きましたが、皆さんの仰っている、オリンパス独自用語の「プロキャプチャー」は、一般的な用語の「プリキャプチャー」と同一です。先にご紹介したインタビュー記事では、インタビュアーの伊達淳一氏が、

「伊達:ところで、「プロキャプチャー」というのは、シャッターボタン半押し中から画像をバッファに溜め込んでおき、シャッターボタン全押しした瞬間にその前後の画像を記録するモードですよね? この機能って、一般的にプリキャプチャーと呼ばれていると思うのですが……」

と質問なさっている事と符合します。ところが、オリンパスの方は、オリンパス独自用語の「プロキャプチャー」と、一般的な用語の「プリキャプチャー」とは、異なると明言なさっています。

「川口:プリキャプチャーとプロキャプチャーは違うものです。プロキャプチャーについて説明しましょう。プロの写真家の方は、自分の中で持っている反応のラグと、カメラの持っているシャッターラグを予想した上で、狙ったタイミングでシャッターを切ると思います。

伊達:ああ、予想して早めに切りますね。

川口:でもプロでない方はそれが難しい。これを実現するために考えたのがプロキャプチャーです。プロがシャッタータイムラグを先読みするように、カメラが先読みを行いプロに近いタイミングで撮影できる機能が「プロキャプチャー」です。」

しかし、オリンパスの一般的な「プロキャプチャー」の説明では、何故、「プリ」キャプチャーではなく、「プロ」キャプチャーなのかが、明確には示されていません。

インタビュー記事でのオリンパスの方のコメント通りに、「プロ」キャプチャーを解釈した動画をアップし直しました。URLを、下の方に付けておきます。なお、先にご紹介した動画は削除済です。

この動画限定で、以下の用語を用いました。

・time lag-free shooting
・time-shifted recording

「time lag-free shooting」は、オリンパスが使用している用語ですが、何故、こんなに分かり易い用語を、日本でも使わないのか、甚だ疑問です。
一方、「time-shifted recording」の使用例はあったものの、一般的には「time-shifting」が用いられる場合が殆どです。電波放送等の番組録画が、代表的な使用例です。

「The Olympus OM-D E-M1 Mark II is packed with an array of shooting features making new types of imaging expression possible. This includes Pro Capture Mode for 『time lag-free shooting of split-second moments』 ‥‥」
・E-M1iiのNews Release (オリンパス、2016/11/02)
https://www.olympus-global.com/news/2016/nr161102em1mk2e.html


以下の動画をご覧になっても、ピンと来ない方に幾ら説明しようが、理解なさらないでしょうから、そこは一切合切省きます。

色々考えると、オリンパスは、「プリ」キャプチャーを、ダジャレ感覚で、「プロ」キャプチャーと命名したのかも?と思えて来ました。「プロ」キャプチャーは、実用上、有用な機能だと思いますので、「プリ」キャプチャーとの差異有無は、些細な事だと、今は考えています。


【プロキャプチャー】のコンセプト (1:29)
https://youtu.be/C7Y5ne18Np8

書込番号:23424128

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/24 15:23(2ヶ月以上前)

【補足】

学術論文等でなければ、用語の使い方に幅があるのは、良くある事でしょう。日本語の「ホームページ」「ゴールマウス」は、英語の「home page」「goalmouth」とは、異なった意味で用いられる場合が多いので、日本語では、英語に沿った意味で使う方が、却って誤解を招くと思われます。用語そのものも、公衆衛生戦略としての英語では、「social distancing」が一般的なのに対し、日本では「ソーシャルディスタンス」を用いる場合が殆どだと思われますが、そんな些細な事より、実行する方が何億倍も重要なのは、言うまでもありません。

カメラ関係の場合、CIPA策定のガイドラインの適用外では、用語そのものや使用方法は、各メーカー等の裁量に任されています。各メーカーが好き勝手に、「AF-C/C-AF、Servo AF」「APS-C、DX format」と呼ぶのは、特に初心者には全く優しくないと思っていますが、今更、統一される事はなさそうですね。一部は、商標等との兼ね合いがあるのかもしれませんし‥。カメラ業界が右肩下がりとなってしまった要因の一つに、このような初心者に優しくない業界体質があった事は間違いないと思っています。

「プロキャプチャー」に関しては、woodpecker.meさんが、先入観からお使いになられておられないようだったので、一度お試しになられたら?と思い、色々書き込んだだけです。woodpecker.meさんに限りませんが、実際に使ってみた結果、有用性をどうご判断なさるかは、人それぞれです。更に、プロキャプチャーのLモード/Hモードの有用性のご判断も、人それぞれでしょう。Tim Boyer氏のご見解は、参考になると思ってますけど‥。

書込番号:23424132

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3308件Goodアンサー獲得:322件 縁側-しゃしんのうんちくの掲示板フォト蔵 

2020/05/24 16:14(2ヶ月以上前)

こんにちは。OM-D E-M1 Mark III は持ってませんが・・・。

「プロキャプチャー」とやらの件
他社が「プリキャプチャー」を商標登録ですか、してるのかもと、特許検索。

商標登録ではなく特許文書にオリンパスが「プリキャプチャー」を使ってました。

プリキャプチャー撮影とは、シャッターボタンが半押し(ファーストレリーズ)された時から画像の取り込みを開始し、そのままシャッターボタンが全押し(セカンドレリーズ)された時に、その全押し前に取り込んでいた1つ又は複数の画像についても記録する撮影方法である。

【公開番号】特開2002−300511(P2002−300511A)
【公開日】平成14年10月11日(2002.10.11)
【発明の名称】電子カメラ及び電子カメラの記録方法

「プロキャプチャー」では見つかりません。

やはり、オリンパスが「他社とは違う」と言いたかっただけかも、ホントは同じでも。

自分の知っている限りでは、1/2.3型1000万画素裏面照射CMOSイメージセンサーが使われだした2010年頃、カシオのコンデジだったか、それから広まったと記憶してます。「プリキャプチャー」だけでなく「パスト連写」「前後撮り連写」などいろいろ呼ばれていたようです。

書込番号:23424221

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/24 17:50(2ヶ月以上前)

スッ転コロリンさん

おつかめさまです。ニータンではありませんが‥。

私は、ほぼ100%、ダジャレに違いないとの境地に達しました。
インタビュイーの方には、少々怒りを感じています。
騙される方が悪いのかなぁ????


【蛇足】
どうでもいい事ですが、動画による儲けは一切ありません。
収益化しない事を条件に、著作権ありの曲を使用させて貰っています。その他、様々な理由から、未来永劫、動画等から収入を得る事はないでしょうし、望んでもいません。

書込番号:23424412

ナイスクチコミ!0


hirappaさん
クチコミ投稿数:4411件Goodアンサー獲得:158件 縁側-千の記憶 ∞∞∞現在・過去・未来∞∞∞ ロト予想の掲示板ペンタな道具箱 

2020/05/24 17:59(2ヶ月以上前)

プロレンズとかと同じで、プロなんでしょ。
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/dateem1mkii/1044261.html

書込番号:23424442

ナイスクチコミ!1


hirappaさん
クチコミ投稿数:4411件Goodアンサー獲得:158件 縁側-千の記憶 ∞∞∞現在・過去・未来∞∞∞ ロト予想の掲示板ペンタな道具箱 

2020/05/24 18:09(2ヶ月以上前)

>woodpecker.meさん

本当はプロキャプチャー機能の存在を知らんかったのでは?

そうでなければ、このスレでの実験で比較として試されているはず。

書込番号:23424457

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/24 18:31(2ヶ月以上前)

hirappaさん

> プロレンズとかと同じで、プロなんでしょ。

同じ「プロ」でも、意味は真逆です。無理に見て頂く必要はありませんが、以下の動画では、「プロ」の意味を、解き明かそうとしています。


[再掲]
【プロキャプチャー】のコンセプト (1:29)
https://youtu.be/C7Y5ne18Np8

書込番号:23424504 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:5548件Goodアンサー獲得:36件 水辺のじいさん 

2020/05/24 19:11(2ヶ月以上前)

横レス、失礼します。


☆スッ転コロリンさん

2008年に購入したカシオのEX-F1のパスト連写(プリキャプチャー)とその後使ってきたオリンパスのプロキャプチャーは同じじゃないかなとお気楽に思っていたので、ミスター・スコップさんが引用された以下の川口さんのコメントが自分では理解できませんでした。

>川口:でもプロでない方はそれが難しい。これを実現するために考えたのがプロキャプチャーです。プロがシャッタータイムラグを先読みするように、カメラが先読みを行いプロに近いタイミングで撮影できる機能が「プロキャプチャー」です。」


自分もミスター・スコップさんと同じように

>しかし、オリンパスの一般的な「プロキャプチャー」の説明では、何故、「プリ」キャプチャーではなく、「プロ」キャプチャーなのかが、明確には示されていません。

という印象しか持てませんでした。


要するにスッ転コロリンさんがお書きになっているように

>やはり、オリンパスが「他社とは違う」と言いたかっただけかも、ホントは同じでも。

と自分も考えました。プロはギリシャ神話に出てくるプロメテウスのプロと同じで、前もってという意味のギリシャ語を、キャプチャーという英語にくっつけた造語なのではと妄想しています。


余談ですが、枠内から被写体が出た瞬間から連写するムーブアウト連写、枠内に入った瞬間から連写するムーブイン連写、EX-F1についているパスト連写機能の一部ですが、これが進化していれば野鳥撮影にお役たちだったかもですね。

横レス失礼いたしました。

書込番号:23424593

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3308件Goodアンサー獲得:322件 縁側-しゃしんのうんちくの掲示板フォト蔵 

2020/05/24 19:40(2ヶ月以上前)

おじゃまのついで

「プロキャプチャー」、先の書き込みの後、自分なりには納得できる解釈を思いついたので。

10年くらい前からの「プリキャプチャー」は、
EVFや背面モニターでは避けられなかった表示タイムラグ、
このタイムラグで取り逃がしてしまうことの対処。

オリンパスが言うところの「プロ〜」は、

バッターがスイングしてジャストミートのタイミングを一眼レフで撮るみたい、
経験でコンマ何秒か早くシャッターボタンを押す、
そのプロの経験をカメラが補佐してくれる機能。
当社のデジカメの表示タイムラグは問題ないレベルまで改善したので、
昔からのタイムラグ対策ではない。
昔からの「プリキャプチャー」ではない。

機能は昔と変わらないけど目的が違うんじゃい!!

みたいな。

書込番号:23424666

ナイスクチコミ!1


johndoe*さん
クチコミ投稿数:79件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/24 22:55(2ヶ月以上前)

上で言われているように、
professionalのproもpre-captureのpreも同じラテン語のpre「前」が語源なので、シャッターを全押しする前から撮れるという意味は同じですが、pre-captureではミスター・スコップさんのように「タイムラグを(ほぼ)ゼロにする」だけの機能と勘違いする人がいるので、pro-captureという言い方にしたんだと思います。

E-M1iiでもプリ連写最大35コマ、枚数制限99か制限なしで撮れて、連写速度15fpsならプリ連写枚数35枚で2.3秒前から撮れます。タイムラグをゼロにするだけでなく、マイナス(プロの勘の域)にできることがわかれば独自の解釈をしなくてもインタビューでの説明が読めるようになると思います。

「伊達:ところで、「プロキャプチャー」というのは、シャッターボタン半押し中から画像をバッファに溜め込んでおき、シャッターボタン全押しした瞬間にその前後の画像を記録するモードですよね? この機能って、一般的にプリキャプチャーと呼ばれていると思うのですが……」

「川口:プリキャプチャーとプロキャプチャーは違うものです。プロキャプチャーについて説明しましょう。プロの写真家の方は、自分の中で持っている反応のラグと、カメラの持っているシャッターラグを予想した上で、狙ったタイミングでシャッターを切ると思います。

伊達:ああ、予想して早めに切りますね。

川口:でもプロでない方はそれが難しい。これを実現するために考えたのがプロキャプチャーです。プロがシャッタータイムラグを先読みするように、カメラが先読みを行いプロに近いタイミングで撮影できる機能が「プロキャプチャー」です。」

書込番号:23425069

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:4644件Goodアンサー獲得:310件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2020/05/25 01:14(2ヶ月以上前)

> 私は、ほぼ100%、ダジャレに違いないとの境地に達しました。

となった背景は、何度か引用している記事のインタビュアー・伊達淳一氏が、検証記事(2017/02/17)では、中ほどに付けたコメントをなさっていたからです。インタビュー記事(2017/02/03)でのオリンパスの方のご説明とは、ニュアンスが異なる印象ですが、記事にはなっていない発言等を含め、伊達氏程、その場でのオリンパスの説明を理解なさっている方はおられないので、中ほどのコメントの方が実態に即していると思います。

プロキャプチャーの「プロ」は、[23424128][23424504]でご紹介した動画と同じく、プロカメラマンを意味します。「プリ」キャプチャーではなく、「プロ」キャプチャーと名付けたのは、「‥‥という意味を込めて」と仰っているので、私は、ダジャレと五十歩百歩だと解釈しました。


「人間の反応速度の遅れをカバーし、決定的瞬間をプロのように逃さず撮影できる、という意味を込めて、「プリキャプチャー」ではなく、「プロキャプチャー」と名づけられているという。」

・伊達淳一が徹底解剖!「OM-D E-M1 Mark II」の先進性 2017年 記事一覧 (デジカメWatch)
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/dateem1mkii/

↑には、関連記事が4本掲載されています。
ここでの伊達氏のコメントは、上から2つ目の「【実写検証編 その1】動きモノはどこまで撮れるのか? (2017/02/17)」からの引用です。
また、何度か引用しているインタビュー記事は、一番下の「【高速性能編】一眼レフに迫る動体性能の秘密 (2017/02/03)」です。

書込番号:23425255

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

OM-D E-M1 Mark III ボディ
オリンパス

OM-D E-M1 Mark III ボディ

最安価格(税込):¥179,971発売日:2020年 2月28日 価格.comの安さの理由は?

OM-D E-M1 Mark III ボディをお気に入り製品に追加する <511

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:8月7日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング