『ハードウェアエンコードについて質問させてください』のクチコミ掲示板

Core i5 10400F BOX 製品画像

画像提供:Joshin

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥17,980

(前週比:-698円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥18,678

ドスパラ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥17,980¥21,280 (19店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥18,678 〜 ¥19,980 (全国73店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Core i5 10400F/(Comet Lake) クロック周波数:2.9GHz ソケット形状:LGA1200 Core i5 10400F BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i5 10400F BOXの価格比較
  • Core i5 10400F BOXの店頭購入
  • Core i5 10400F BOXのスペック・仕様
  • Core i5 10400F BOXのレビュー
  • Core i5 10400F BOXのクチコミ
  • Core i5 10400F BOXの画像・動画
  • Core i5 10400F BOXのピックアップリスト
  • Core i5 10400F BOXのオークション

Core i5 10400F BOXインテル

最安価格(税込):¥17,980 (前週比:-698円↓) 発売日:2020年 6月19日

  • Core i5 10400F BOXの価格比較
  • Core i5 10400F BOXの店頭購入
  • Core i5 10400F BOXのスペック・仕様
  • Core i5 10400F BOXのレビュー
  • Core i5 10400F BOXのクチコミ
  • Core i5 10400F BOXの画像・動画
  • Core i5 10400F BOXのピックアップリスト
  • Core i5 10400F BOXのオークション

『ハードウェアエンコードについて質問させてください』 のクチコミ掲示板

RSS


「Core i5 10400F BOX」のクチコミ掲示板に
Core i5 10400F BOXを新規書き込みCore i5 10400F BOXをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ8

返信10

お気に入りに追加

標準

CPU > インテル > Core i5 10400F BOX

クチコミ投稿数:5件

F付きのCPUはグラフィックチップが無効化されているとのことで
疑問におもいました。

このCPUを利用しての配信や動画等のハードウェアエンコードは出来ないという認識で
よろしいのでしょうか?

今までF付きのCPUを使用したことが無かったので色々調べて見たのですが
その件について記述がなかったので気になった次第です。

どうかよろしくお願い致します。

書込番号:23682827

ナイスクチコミ!0


返信する
殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:13181件Goodアンサー獲得:2530件

2020/09/23 19:40(1ヶ月以上前)

QSVを使ったエンコードができないということだと思います。

F付きを使うということはNVIDIAかAMDのグラボを使うということなので、グラボのエンコーダーが使える場合が多いです。
NVIDIAだとGT1030はハードエンコーダーを搭載してないので、この場合は動作するハードエンコーダーがないです。

なので答えは当初のとおりQSVを使ったエンコードができない。グラボにハードエンコーダーが有ればエンコードはできるということになります。

GTX1650以上のNVIDAのグラボならNVENCが使えますし、AMDのRXシリーズならVCEやRMEが使えます。

書込番号:23682884

ナイスクチコミ!2


KAZU0002さん
銅メダル クチコミ投稿数:32827件Goodアンサー獲得:4691件

2020/09/23 19:45(1ヶ月以上前)

QSVを使うには、内蔵GPUが必要ですので、F付きCPUでは無理なのは当然です。

ただし。nVIDIA系ビデオカードを積んでいるのならNVEnc、Radeon系なら、Radeon Media Engineというハードウェアエンコードがありますので。エンコードするソフトの方でこれらに対応していれば使えます。

QSVだNVEncだと言っても、これらをつんでいるからハードウェアエンコードしてくれるわけでは無く、ソフトで対応している必要があるのはどれも同じ。

書込番号:23682893

ナイスクチコミ!1


CwGさん
クチコミ投稿数:1576件Goodアンサー獲得:249件

2020/09/23 19:51(1ヶ月以上前)

>起動すればOKさん

こんばんは。

>このCPUを利用しての配信や動画等のハードウェアエンコードは出来ないという認識で
>よろしいのでしょうか?

これは Quick Sync Video を使ったハードウェアエンコードが出来ないという意味で正解だと思います。

つまり、スレ主さんの認識は正しいと思います。

Core i5-10400F 仕様
https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/199278/intel-core-i5-10400f-processor-12m-cache-up-to-4-30-ghz.html

Core i5-10400 仕様(こちらは Quick Sync Video が使えます)
https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/199271/intel-core-i5-10400-processor-12m-cache-up-to-4-30-ghz.html

もちろん、使用するソフトウェアがハードウェアエンコードに対応している必要があります。

(⌒▽⌒)

書込番号:23682906

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:25181件Goodアンサー獲得:3914件 Core i5 10400F BOXのオーナーCore i5 10400F BOXの満足度5

2020/09/23 20:00(1ヶ月以上前)

>このCPUを利用しての配信や動画等のハードウェアエンコードは出来ないという認識で
よろしいのでしょうか?

他の方も仰るようにQSVはできないが、通常のエンコードは可能です。

同じCPUを使用中です。
これはよく使うhandbrakeですが、QSX以外は使用可です。(NVIDIAグラボあれば高速NVEnc)

書込番号:23682923

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:25181件Goodアンサー獲得:3914件 Core i5 10400F BOXのオーナーCore i5 10400F BOXの満足度5

2020/09/23 20:03(1ヶ月以上前)

QSX → QSV

画質的にはもう使用しなくなりましたね。。

書込番号:23682930

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:22404件Goodアンサー獲得:2031件

2020/09/23 20:31(1ヶ月以上前)

https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/199271/intel-core-i5-10400-processor-12m-cache-up-to-4-30-ghz.html

>プロセッサー・グラフィックス
:
> インテル® クイック・シンク・ビデオ はい

https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/199278/intel-core-i5-10400f-processor-12m-cache-up-to-4-30-ghz.html

項目自体がない

QSVよりnew NVENCの方が画質上って噂だけどね。

書込番号:23682985

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5件

2020/09/24 02:34(1ヶ月以上前)

みなさん返信ありがとうございます。
>揚げないかつパンさん

>QSVを使ったエンコードができないということだと思います。

やはりQSVがらみのエンコードは出来ないのですね。
ちなみに用途はOBSで配信・録画専用のPCを組むつもりでした。

メインPCだけでゲームをするより分散して処理を軽くした方が良いかなと
思ったのがきっかけです。


その時候補に上げていたのがちょうどF付きのCPUだったもので
このCPUってハードウェアエンコードって出来たっけかな?と思った訳です。

ちなみにグラボはモニターに映し出す最低限の機能だけの物を用意するつもりでいました。

CPUにないとなれば、揚げないかつパンさんが言った通りのハードエンコード付きのグラボを
用意した方が良さそうですね


>KAZU0002さん

>QSVを使うには、内蔵GPUが必要ですので、F付きCPUでは無理なのは当然です

そうなんですよね。そう思いましてRyzenの方のCPUに注目してみました。

Ryzenは内臓APUがないものでもハードウェアエンコードを
している方がいらしたようなので、ひょっとしたらintelの方も出来るのかと思った次第です。
(ちなみにRyzenシリーズは一度も使用したことがありませんのでご了承願います)

>QSVだNVEncだと言っても、これらをつんでいるからハードウェアエンコードしてくれるわけでは無く、ソフトで対応している必要がある>のはどれも同じ。

なるほど、ソフトも対応する必要があるのですね。
QSVやNVEncは大体対応している物だと勝手に思っていまして
全く気にしていませんでした。

ちなみに使用しているソフトは配信・録画用にOBS、動画編集用にaviutlです。

今後、新たにソフトを導入する場合は気を付けるようにします。

>CwGさん

>これは Quick Sync Video を使ったハードウェアエンコードが出来ないという意味で正解だと思います。

>つまり、スレ主さんの認識は正しいと思います。

ありがとうございます。みなさんのおかげで確信がもてました。

F付きでのハードウェアエンコードについては
普通に調べていてもQSVがある、ないという言葉すら出てこなかったもので本当に良かったです。



>あずたろうさん

>他の方も仰るようにQSVはできないが、通常のエンコードは可能です。

>同じCPUを使用中です。
>これはよく使うhandbrakeですが、QSV以外は使用可です。(NVIDIAグラボあれば高速NVEnc)

スクショまでしていただきありがとうございます。

handbrakeは詳しく解らないのですがハードウェアエンコードが出来ないグラボになると
ソフトウェアエンコードになるのでしょうかね。

とりあえず普通にエンコードが出来るという事だけ解ったので本当に良かったです。

>画質的にはもう使用しなくなりましたね。。

QSVは確かにもう必要ない物かもしれませんね。
現在のハードウェアエンコードが出来るグラボさえあればなんとかなりますし、
配信、録画などもNVIDIAグラボの方がコマ落ちしませんし。
基本的に良い事ばかりですね。

>ムアディブさん

>プロセッサー・グラフィックス
:
> インテル® クイック・シンク・ビデオ はい

>項目自体がない

そうなんです、この記述です。これで本当に悩まされました。

クイック・シンク・ビデオに「はい」と書かれていただけに、
無い物に関しては素直に「いいえ」って記述してほしかったです。
F付きCPUは後から出ていますし、項目自体を消すというのは
どういう意図なのかと悩んでしまいました。

ということでQSVはひょっとしたら残っているのかなと想像で思ってしまった訳です。

これに関しては自分の勝手な期待と思い込みなんですけどね。・・・
とはいえ、確信が持てる記述を見つけることができず、途方に暮れて
最終手段としてこちらに質問した次第です。


そのおかげと言うか皆さんの貴重な情報を聞くことが出来て
本当に良かったです。

書込番号:23683556

ナイスクチコミ!0


KAZU0002さん
銅メダル クチコミ投稿数:32827件Goodアンサー獲得:4691件

2020/09/24 08:19(1ヶ月以上前)

>動画編集用にaviutlです。
リアムタイムエンコードにハードウェア支援は致し方ないとしても。
単純にエンコードの画質は、拡張H264のようなソフトエンコードの画質の方がかなり上です(特に低ビットレートで)。投稿用動画程度なら、10400でも十分実用的な時間でエンコードできるかと思います。

書込番号:23683727

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:22404件Goodアンサー獲得:2031件

2020/09/24 15:08(1ヶ月以上前)

>メインPCだけでゲームをするより分散して処理を軽くした方が良いかなと
思ったのがきっかけです。

ほぼ効果ないんじゃないかなぁ。さっさん(youtuber)が検証してたと思うけど。

>起動すればOKさん

>無い物に関しては素直に「いいえ」って記述してほしかったです。

技術屋なら常識なんですが、無いものを無いと書く規則にすると、ありとあらゆる可能性について検証し、無いものをリストアップする必要が出てきます。これは天文学的な作業を要求される上に、漏れが発生する可能性と常に表裏一体となります。(テクニカルな文章は作文と違って数倍の作成コストがかかっています)

>F付きCPUは後から出ていますし、項目自体を消すというのは
どういう意図なのかと悩んでしまいました。

その方式にすると、新たな項目が追加された場合、既存の全てのドキュメントに変更を加える必要が出てきます。

>ということでQSVはひょっとしたら残っているのかなと想像で思ってしまった訳です。

かもしれませんが、ドキュメント上書かれていないという事は、欄があったとしてもNoと書かれるという事です。
「動くかもしれない」といった中間の表現というのはありません。

>これに関しては自分の勝手な期待と思い込みなんですけどね。・・・

テクニカルライティングの基本をご存知ないだけだと思います。

それより、わざわざ別のマシンを調達するなら、new NVENCで飽き足らず、CPUエンコするのだと思いますけど。わざわざ画質落としてどうすんのかと、、、

ゲーム動画ならyoutubeに比較動画UPしてる人がいますから参照してみればわかると思います。


>KAZU0002さん
それは昔の思い出ですよね。

ゲームに関して言えば、new NVENCは実用画質でしょう。
撮影したものは知らないけど。

書込番号:23684294

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5件

2020/09/25 18:51(1ヶ月以上前)

>KAZU0002さん
>ムアディブさん

コメントありがとうございます^^

>KAZU0002さん

>リアムタイムエンコードにハードウェア支援は致し方ないとしても。
>単純にエンコードの画質は、拡張H264のようなソフトエンコードの画質の方がかなり上です(特に低ビットレートで)。投稿用動画程度な>ら、10400でも十分実用的な時間でエンコードできるかと思います。

リアルタイムで考えなければそれでも十分そうですね。
メインPCでも未だソフトエンコードを使っております。ちなみにメインPCはi7の8700Kです。

どちらにしても、このcore i5ではグラボを搭載しないとだめなので
組むとしたらエンコード付きの物にしようと思います。

>ムアディブさん

>ほぼ効果ないんじゃないかなぁ。さっさん(youtuber)が検証してたと思うけど

すみません。言葉足らずで。
メインPCで複数のアプリケーションを起動するとFPSが急激に落ちたので
落ちない程度にOBS専用機で録画や配信、その他の軽いソフトを使用しようと思った訳です。

また、さっさんさんのようなつなぎ方ではなく、OBS経由のネット回線を利用した配信で
どうなるか検証したかったわけです。


>技術屋なら常識なんですが、無いものを無いと書く規則にすると、ありとあらゆる可能性について検証し、無いものをリストアップする必要が出てきます。これは天文学的な作業を要求される上に、漏れが発生する可能性と常に表裏一体となります。(テクニカルな文章は作文と違って数倍の作成コストがかかっています)



もともとF付きのCPUはグラフィック性能を無効化しているだけで
実際にはないわけではないという事だったので
表自体は多い方寄りのフォーマットに基本的になると思っていました

少数のF付きCPUだけ項目を削除するなんて。
比較するときにどうかと思った訳です。

少なくともチェックはしているはずなんですよね。

どちらにせよ、斜線か何かでいい様な気もします。

Intel問わずPC関係のマニュアルは技術者みないな方が未だに作成しているみたいで
解りづらいですね。昔より大分マシにはなりましたが、まだまだ一般ウケしないので
マニュアル専門の所に委託してほしい物です。技術屋と一般の壁はまだまだ厚いですね。

>その方式にすると、新たな項目が追加された場合、既存の全てのドキュメントに変更を加える必要が出てきます。

確かに、紙ベース的なものでしたらそうかもしれませんね。

ただ、データベースからすると追加・変更は一瞬で終わるようなものを
削除するっていうことがどうしても納得できませんでしたよ。

ですが、intelの書き方にも大分慣れたような気がします。項目自体がないなら無い。ということでw

>それより、わざわざ別のマシンを調達するなら、new NVENCで飽き足らず、CPUエンコするのだと思いますけど。わざわざ画質落と>してどうすんのかと、、、

new NVENCに飽きたわけではないのですが、しいて言うなら検証用PCが欲しかったのです。
というか単純にPCを自作をしたかった・・・・

メインPCに1枚グラボを追加して配信、録画を分散することも考えたのですが
グラボ買うなら自作してもよいかなっと思った訳です。

そこで以前比較したときに、そこまで画質が変わっているわけではなかったのでCPUでも大丈夫だと判断しました。


>ゲーム動画ならyoutubeに比較動画UPしてる人がいますから参照してみればわかると思います。

PC2台でのネットワーク経由配信、録画ではなさそうでしたので環境が整い次第
自分で試してみようかと思っています。
我が家のネットワーク環境で上手くいくか検証という形になりますね。

コメント書いてくださった方本当にありがとうございました。


最後に
RyzenのCPUでハードウェアエンコードが出来るようなことを言っていましたが
結局あれは、グラボを利用した物でした。

勘違いしてしまった理由は動画編集用のプレミアプロというソフトとRyzenCPUの話題で

Ryzenでもハードウェアエンコードが出来るようになりました。というような話し方でしたので
言いまわしに多少語弊があったようです。

簡単に説明しますと
プレミアプロはもともとRyzenとの相性が良くなかったそうで
それが改善されRyzenの多コアに対応したハードウェアエンコードが出来るようになり爆速になりました。
という事です。


以前はソフトウェアエンコードが主流だったみたいですね。



皆さんのおかげで大分理解が深まりました。本当にありがとうございます。

私の疑問はこれで解決出来ましたが少し時間をおいてから締め切りたいと思います。

しかし、こんなにもコメント頂けると思っていなかったので
今はベストアンサーどうしよう・・・と悩んでおりますw。


書込番号:23686870

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

Core i5 10400F BOX
インテル

Core i5 10400F BOX

最安価格(税込):¥17,980発売日:2020年 6月19日 価格.comの安さの理由は?

Core i5 10400F BOXをお気に入り製品に追加する <440

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月23日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング