『NITRO+ RX6800 紹介』のクチコミ掲示板

2020年12月 4日 発売

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

搭載チップ:AMD/Radeon RX 6800 バスインターフェイス:PCI Express 4.0 x16 モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3 メモリ:GDDR6/16GB SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]の価格比較
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]の店頭購入
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のスペック・仕様
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のレビュー
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のクチコミ
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]の画像・動画
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のピックアップリスト
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のオークション

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]SAPPHIRE

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年12月 4日

  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]の価格比較
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]の店頭購入
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のスペック・仕様
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のレビュー
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のクチコミ
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]の画像・動画
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のピックアップリスト
  • SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]のオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > SAPPHIRE > SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]

『NITRO+ RX6800 紹介』 のクチコミ掲示板

RSS


「SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]」のクチコミ掲示板に
SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]を新規書き込みSAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ86

返信106

お気に入りに追加

標準

NITRO+ RX6800 紹介

2020/12/25 18:07(9ヶ月以上前)


グラフィックボード・ビデオカード > SAPPHIRE > SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]

クチコミ投稿数:3818件

NITRO+ RX6800 -1-

NITRO+ RX6800 -2-

NITRO+ RX6800 -3-

FireStrike 5600X(AUTO) + RX6800Nitro 15℃

3800X環境構築、そこからの想い人だったNAVI21を1年ちょっと経ち5600X環境となってやっと購入できました。
ただ3種のうち最下位の6800無印のNITRO+となりました。(お安く入手できたのでコスパも重視して。)

やれやれ。肩の荷がおりた感じです。

とりあえず、さすがのNITRO+品質感の高さは良いですね。(箱はそうでもないですが。)
静音性と冷却能力の高さも今までの中でトップかもと思えるくらい良いです。コイル鳴きも高fpsでも漏れないほど微かで◎。
満足度・所有欲の満たされ感は毎度かなり高いなと。

個人的にデザインのサイドは元々気に入っていましたが、バックプレートはお遊び感が増えたようなファンキーっぽさも入った感じが好みと違ったのですが、実際取り付け後の起動させて光らせてみると、これはこれで悪くないと思うようになりました。画像B

色々OCも含めて試してますが、とりあえずのFireStrikeを紹介。 SAMは無効で定格です。
OCさせてみて気が付いたのですが、スコアを競いたいなら素直に6800XTではなく6900XTがお勧めかもです。
6800は割り切って価格重視や熱を抑えたいなら、十分SAMも含めて遊べそうなので悪くはないと思います。

とりあえず楽しむのは早い方がいいという感じで、しばらくこれで色々とベンチマーク中心に紹介する予定です。

書込番号:23868828

ナイスクチコミ!4


返信する
クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/25 18:47(9ヶ月以上前)

ちらっ(・|

Getおめでとう\(^▽^)

SAPPHIRE NITROはGood!
数値も立派でなんの文句もございません。

エンコでトラブル出ないよう祈っときます (^_^)

書込番号:23868911

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/25 20:40(9ヶ月以上前)

あのね。

OCなしでこんな感じでしたね。
来年は勝つ。

書込番号:23869106

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/25 20:44(9ヶ月以上前)

FF14漆黒 5600X(AUTO) + RX6800Nitro DDR4-3800CL14 15℃

FF14漆黒 5600X(AUTO) + RX6800Nitro DDR4-3800CL14 15℃ CPUZ

FF14漆黒 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(Boost2.5GHz 17.1Gbps PL110%) 17℃

FireStrike 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(Boost 2.535GHz 17.1Mbps PL110%) 17℃

FF14漆黒です。 5600XはAUTOのまま。 Aでメモリの設定と最小69fpsなども紹介。

(回りはじめ一旦1200rpmまで上がってますが)少しづつ上がり最終的に700rpm台まで上昇しました。 余力ありすぎクーラーです。

NITRO+RX6800をブースト2.5GHz設定にOCさせた場合も。 B ※最小fpsは74fpsです。実最大2.44GHzあたりです。
とりあえずFF14は5600X 4.8GHz固定ならばスコア2.8万越えはできそうです。(未確認)
このベンチはSAMはあまり効かないようですが、後程試してみます。

おまけでFireStrikeをブースト2.525GHz設定にOCさせたのも紹介。 C

おまけのおまけで、エンコさせた、、、このカードでエンコする予定はございません。(笑)

書込番号:23869110

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/25 21:00(9ヶ月以上前)

>OCなしでこんな感じでしたね。
>来年は勝つ。

5600Xで5800Xに勝つとこんなにも気持ちいいのですね。(笑)
(うっ、1500程度のマージンでは5900Xにされるとヤバそう、、、どうにかしなければ、、、)

書込番号:23869142

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/25 21:10(9ヶ月以上前)

お〜す!

FF14漆黒は既に抜いている d(-_^)

>5900Xにされるとヤバそう、、、どうにかしなければ、、
きっとそうなる(笑)

書込番号:23869169

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/25 21:20(9ヶ月以上前)

そうそう こんな感じ。

書込番号:23869191

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/25 21:27(9ヶ月以上前)

まじっすか。知っていればそのスコアを超えてから載せたのに、、、
4.8GHz固定では面白くないですし、適当設定PBO可変クロックで挑戦します。
まだSOCやPBOなど弄ったことがない5600Xなので、時間の関係で別の5600Xでの設定を試してみます。
SAMとかまだいろいろ調査すべきことは山積みなんですが。(汗)

書込番号:23869207

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/25 21:29(9ヶ月以上前)

ゆるっ!

書込番号:23869210

ナイスクチコミ!1


Solareさん
クチコミ投稿数:3101件Goodアンサー獲得:145件

2020/12/25 21:33(9ヶ月以上前)

イ・ジュンさんお疲れ様です。

やっぱりRADEONのFireStrike凄いですね(^-^)

うちの3090と変わらないです(^^;

6800無印でこれなら6800XTや6900XTは微増とはいえ魅力的です(笑)

6800XTも購入されたんですか?

流石ですね(^-^)v

書込番号:23869220

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/25 22:44(9ヶ月以上前)

FF14漆黒 5600X(4.7GHz) + RX6800Nitro(Boost2.5GHz 17.2Gbps PL110%) 16℃ CPU-Z

FF14漆黒 5600X(4.7GHz) + RX6800Nitro(Boost2.5GHz 17.2Gbps PL110%) 16℃ m

5600X 4.7GHz固定でのFF14です。 (BIOSがまだ古い3.61のままでしたので4.7GHz固定に変更。)

これで負けていたら、SAMを有効化させる予定でしたが、予想に反して4.7GHzで2.8万超えてしまったので、、、(汗)
適当すぎてファイルの上書きでアフターバーナーの監視参考用のショットを消失させてしまったので、引き伸ばしてベンチ時間のグラフを復活させて項目名の部分を切り貼りしたのを貼ります。(汗汗)

PowerLimit 100% 290Wで 110%で320Wの計算ですが、適当ユーザー定義のファン設定で最大1380rpmで、GPU温度最大51℃、HotSpot温度が最大65℃に室温が低めとはいえ51℃と水冷のような低温度に収めているのには驚きました。

とりあえずお遊び終了。(笑) もっと遊びますが。

書込番号:23869345

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/25 22:59(9ヶ月以上前)

Solareさん、こんばんは。

電圧が低めに抑えられてる6800無印なので2.4GHz台に留まっているので、まだこれからですね。
FireStrikeはまじで速いです。そしてスコア狙うなら6900XTがよさそうですね。
そして6800XTは買ってません。 新品8万円未満まで下がったら同じく購入してもいいかなと思いますが、PC3台の構成なので不要ですしそれより6800のBIOSをゆくゆくは弄る予定で気長に楽しみたいと思います。

まだSAMは有効化してないですし、個人的に速くても遅くてもそれは二の次でどんな感じなんだろうという興味本位がRX6000は高く、それなりに面白いですね。
正確にはRTXで選べず品質良いNITRO+でかなりプラス査定にはなっています。
ただそういうのが無いなら素直にRTX3070や3080がお勧めですね。(笑) にしてもAOURS XTREMEさすがですね。

書込番号:23869370

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/25 23:40(9ヶ月以上前)

(`ー´)フフフ 

メモリー詰めただけ あとCPUはAUTOね。
5900Xが来たら思い切りぶち抜くぞ〜 お待ちあれ ∠(^_^)

書込番号:23869432

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1061件Goodアンサー獲得:82件

2020/12/25 23:54(9ヶ月以上前)

>イ・ジュンさん
さすがです、スコアすざましいですね。
>オリエントブルーさん
>Solareさん
自分もやっと5950Xが手に入ったので、3070でいろいろいじっていきたいです、レビュー出しますのでまた見てください。

書込番号:23869455

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/26 00:05(9ヶ月以上前)

お〜す!  お3方

>イ・ジュン兄さん
とりあえず
追い抜いておこう (^_^)
CPUをAUTOでメモリーを少し詰めた。




>19ちゃん
それはGetおめでとうございます\(^▽^)
宜しゅうございました (*^_^*)

これであなたに勝つのは難しくなったような。

書込番号:23869470

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 00:21(9ヶ月以上前)

19ちゃんさん、どうもありがとうございます。
まだまだこれからですがRX6800は3080と3070の中間ポジションですし、得意不得意で前後すると思いますから良きライバルになりそうです。現状では入手性の悪さと実売価格差でそういう感じではないと思いますが。
そして5950X、おめでとうございます。
今回は16コアでもゲームはかなり強いというかかえってバランス取りで有利になる場合もありそうで良き石だと思っています。

書込番号:23869493

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 00:28(9ヶ月以上前)

>いえいえ、オリエントブルー兄さん、飛ばし過ぎですよ。抜くの速すぎです。(笑)

SAMの調査も兼ねてまた4.7GHzで試してみます。

書込番号:23869505

ナイスクチコミ!0


Solareさん
クチコミ投稿数:3101件Goodアンサー獲得:145件

2020/12/26 00:28(9ヶ月以上前)

イ・ジュンさんこんばんは。

温度めちゃ低いですね。

KTUさんやその他ベンチ見てても6800XTは温度かなり高かったので、それも腰が引けた理由でしたが、だんだんほしくなってきた(笑)

うちの3090も今はクロック回しても60℃いかないので気温もあると思いますが51℃は低いですね。

あと6800でFF14これだけ回るなら6800XTのオリファンのOCモデルはホント面白そうです(^-^)


19ちゃんさんこんばんは。

5950Xおめでとうございます。

3070でどれだけ回るか楽しみにしております(^-^)


オリエントブルーさんこんばんは。

今回のZen3はOCも楽しいですし、クロック上げると結構伸びますよ。

だいぶ前にとったデータですが、うちの5800Xは回らない2080Tiでメモリーもまだ緩めでしか詰めてませんが全Core5GHzだとこれくらい行きます。

書込番号:23869506

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/26 01:01(9ヶ月以上前)

こんばんワン!  Solareさん

>クロック上げると結構伸びますよ。
>メモリーもまだ緩めでしか詰めてませんが全Core5GHzだとこれくらい行きます。
いつもご教授ありがとうございます。

細かいメモリーの詰めもほぼ完成でしょうかね。
あとはOCに挑戦でありましょうか(笑)

とりあえず
5800XはCCDをまたがないキャッシュ構造で
遅れなく高速機敏で大変Good!。

エンコはRTX3070でハードウェアエンコードが高速になりましたし
レンダリングのための5900X待ちですが

これ5800Xは里子に出しませんよ(笑)
思い切り気に入りましたよ (^_^) ハイ

書込番号:23869543

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 10:50(9ヶ月以上前)

先ほどSAMを有効化してみようと試みましたが、できませんでした。(汗)
CSM無効化の段階で起動すると即BIOSの設定画面行きで、BIOSの設定もしくはBIOSの問題、もありそうでしたがなんとなくNITRO+のBIOSの問題そうな感じもします。(なぜならNITRO+RX6800のBIOSがすでに2種あるので)

しばらくはBIOSをいじるつもりもないのと次のX570TaichiのBIOSまで待って様子を見たいと思います。

書込番号:23870097

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 10:58(9ヶ月以上前)

Solareさん、温度が低い理由ですが、NITRO+のOCモデル(仕様では290W)なので購入前は消費電力が上がっていると思ったのですが、実際OSDで様子を見ると、190〜220W内で収まっていることが殆どと多く、3070TwinEdgeOCとほとんど同じ消費電力に留まっている(もしくはより低い)ようです。NITRO+なのでてっきりリファレンスより食うのかと思っていましたが、冷えるせいか逆のようですね。そして51℃を見てTSMC 7nm(+)の素性の良さを5600Xともども感じます。
※もっともハードウェアモニタリングの数値が正確とは限りませんが。
とりあえずRX6800はOCのマージンが低電圧ロック状態でも大きく、BIOS解放でさらにまた同様のマージンが手に入れられるので、大幅に能力アップしているクーラーの余力は十分に活かせそうです。

ただやっぱりレイトレ系は弱いですね、、、そしてDLSSが無いのは本当に痛い。

書込番号:23870108

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 11:13(9ヶ月以上前)

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO 16℃ -1-

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO 16℃ -2-

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO 16℃ -3-

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO 16℃ -4-

Bright Memory Infinite Ray Tracing Benchmarkです。

えっと動作するにはするのですが、、、ところどころでカクツキがあり、またRTX用にチューニングされているせいか処理が間に合わずレイトレ特有?のメッシュ状のような減色されたような質感が部分的に感じイメージクオリティでRTX3070に劣る感じです。
というかRTX3070の画質は錯覚なのかNITRO+RX6800に交換したとき、なんかつやつや感がなくなったような劣化を感じました。
※書いてて思い出しました。まだYCbCrなのかRGBなのか確認してませんでした。
※今見てもその設定がどこにあるのか分からない、、、(汗) 新しいUI わかりにくい! あとで探します。

DLSSないとこんなもんですね。 NITRO+ RX6800 OC定格です。室温16℃
ファンAUTOで基本的に700〜900rpmで58℃に留まります。※回りはじめやカクツキ時に1000rpm超えることはあります。

書込番号:23870134

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 11:34(9ヶ月以上前)

AMD RADEON Software -1-

AMD RADEON Software -2-

AMD RADEON Software -3-

AMD RADEON Software -4-

ありました!。 RGB スタンダード(限定レンジではない) 色10bpcが標準設定されていましたので問題なし。
RTX3070TwinEdgeOCのほうが、つやつや色のりが良く感じましたが気のせいでしょうね、、、

多機能で起動時の-1-の状態に見える4つのメニュー内にはなく、ちょっと探す感じになってしまいました。
にしても GPUクロック 0MHzってなんだ、、、
時々GPU-Zもメモリクロック 0MHzで認識されてたり、AFの監視でも0MHzは見かけますが、、、
0MHzに非常に近いところまで落ちている感じでしょうか。

書込番号:23870170

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 12:29(9ヶ月以上前)

BoundaryBenchmark 5600X + RX6800NITRO+ 15℃ -1-

BoundaryBenchmark 5600X + RX6800NITRO+ 15℃ -2-

BoundaryBenchmark 5600X + RX6800NITRO+ 15℃ -3-

BoundaryBenchmark 5600X + RX6800NITRO+ 15℃ -4-

Boundary Benchmark です。

こちらはより重いレイトレーシングベンチマークですが、、、とりあえずRADEONで動いた!
という感想に留めます。(いやこれ大事なことですが。)
ではなんなので、fpsの低さよりも波打つような初速の遅さが気になる動作でした。
その代わりに画質は問題ないかなと。

またこちらは、Power 最大227Wと220W超が多くありました。そのためGPU温度は一気に上がり64℃。
ただしファンは700〜900rpmに留まる感じです。(一旦GPUがストップするようなことがなかったためかなと。)
とりあえず64℃では全然本気で回らない制御のようです。
AMD標準ツールでしか確認できませんが、そこで見る限り90℃までリニアに少しづつアップし、90℃で45%という制御っぽい、、、。
手動調整しないと1000rpmを超える予定はほぼなさそうな制御です、、、(汗)

書込番号:23870260

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 12:54(9ヶ月以上前)

Solareさん
>あと6800でFF14これだけ回るなら6800XTのオリファンのOCモデルはホント面白そうです(^-^)

SAMなしの5600X 4.7GHzで、RX6800無印で28000楽々超えられましたので、それなりに楽しめてます。(笑)
元々OC版のNITRO+ですが、そこからのクロックアップだけでここまで伸びるとは思いませんでした。
BIOS変更で更に伸びそうですし、そこまでしなくてももうちょっとクロックアップ&4.8GHz化で28500オーバーはしそうです。
4.825GHz化でも29000は届きそうにないですが、それ以上はBIOS変更後のお楽しみということで。

FF14の場合はRX6900までは必要なくRX6800XTでOCして5GHzで回せば30000楽々超えられるのではないでしょうか。

書込番号:23870316

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 13:39(9ヶ月以上前)

TimeSpy 5600X(AUTO) + RX6800Nitro 17℃

TimeSpy 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(Boost 2.5GHz 17.1Mbps PL110%) 17℃

Time Spy です。

OC (Boost 2.5GHz メモリ17.1Gbps リミット110%(320W))ではレジェンド判定いただきました。 5600XはAUTOですが。
1.000Vあたりでこの限界近辺を見た目エラーなしで回すには冷やすしかないので、ファン適当に40%以上に回る可変調整。
結果的にですがOC時 最大で48℃に留めてます。
ちなみに画像@の定格では62℃まで上がっていました。

それにしてもこのNITRO+ RX6800 OCはAmzonで次回入荷2月4日だったはずですが、それが消えてしまいましたね、、、

書込番号:23870393

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/26 22:15(9ヶ月以上前)

Port Royal 5600X(AUTO) + RX6800Nitro 16℃

Port Royal 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(Boost 2.47GHz 17.1Mbps) 17℃

Port Royal です。

こちらはばっちりスムースに動作します。クオリティも問題なし。
定格でもほぼ30fpsを割る感じがしないような最低fps(瞬間最小29.0fpsあり)の強さを感じ、スコアの割に滑らかに感じました。

NITRO+RX6800 OC定格では3070の少し下、OC後では3070の少し上なスコアですね。
うまくいけばこのくらいのハイブリッドレイトレーシング性能はあるということになりますね。リフレクションのみとかにすれば3070を上回る可能性ありと感じました。
あとはFidelityFXでアップスケール1.3倍程度のfps向上レベル未満に設定すればそこそこ画質でそこそこ快適に楽しめるということになりそうな未来ですが、力はあってもソフト面は心配なのでさてはて。

OCですが、+310のブースト2.5GHz設定では途中で終了、2.48GHzでは最後スコアが出る直前で終了で、+280の2.47GHzです。
RTコアを使う場合はクロックが伸びないようですね。よって+260の2.45GHzあたりまでが夏でも常用できる域っぽい手ごたえです。
OCで総じて6800XTの93〜95%の近さまで普通に迫れますが、電圧ロックとメモリロックで6800XTまで届かないようにしている、そんな感じもしないでもないですね。(笑)

書込番号:23871355

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/27 01:20(9ヶ月以上前)

GPU-Z PortRoyal RX5600+RX6800NITRO+ 12.5℃ -1- START

GPU-Z PortRoyal RX5600+RX6800NITRO+ 12.5℃ -2- 終了直後

GPU-Z PortRoyal RX5600+RX6800NITRO+ 12.5℃ -3- MAX表示

温度が上昇し易いイメージのPortRoyalでGPU-Zの監視を使った計測です。

室温が今は12.5℃まで下がっていますので、ファンAUTOのままでも55℃と余裕の50℃台まで落ちます。

※ただし1000rpmまで上がってます。 MAX228Wで220Wオーバーが目立つ関係かファンの回転数が上がりやすいようです。
※最高は1162rpmですがグラフで分かるように回り始めの瞬間ピークです。(最高回転数は1400rpmもあったりあてにならず。)

HotSpot温度はGPUコア温度の+15℃近辺は変わらずですね。

にしても消費電力が6800XTより低いとはいえここまで低いとコアの個体差が結構大きく低熱コアを引いたのかなと。
そう思うことにしました。(笑)
ただPowerのMAX228Wですが、ワットチェッカー読みからでは3070TwinEdgeOC(MAX220W)時より20〜30Wと明確に多い感じなので、なんとなくですが10%前後はサバを読んでる感じはします。(コアのみ? だったら高めだし不明)

書込番号:23871652

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/27 01:32(9ヶ月以上前)

失礼 GPU Chip Powerと書かれているので、MSI AfterburnerのPowerも含めてコアのみの消費電力のようですね。
ボード全体では240〜260Wってところでしょうか? RTXのようにボード全体で表示してほしいですね。

書込番号:23871658

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/27 01:42(9ヶ月以上前)

techpowerupもPower表示の認識が間違っているようなレビューしてますね、、、
ワットパフォーマンスはRTX3070の方が少し上ですね。少なし私の環境ではでありますが。
低電圧化は自動で試す限り元々低いせいかあまりできないようなので、3070の方がより低電圧化で有利そうですね。

書込番号:23871665

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2020/12/27 02:20(9ヶ月以上前)

(^_^) ツンツン

メモリーの詰めは挙動不審が出ましたので
ゆるっ!に戻してます。

書込番号:23871687

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:4件

2020/12/28 02:11(8ヶ月以上前)

こんばんは、こちらのカード、設定可能なpower targetの範囲をご教示頂けますか?

書込番号:23873873 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 10:12(8ヶ月以上前)

Motorcyclist_Chotaroさん、power targetの範囲ですが100%(290W)〜110%(320W)です。 90%とか負方向にはできません。
そしてもうお分かりで質問されていると思いますが、この範囲では例え当たり石でも2.6GHz以上は無理(or無意味)だと思います。

書込番号:23874218

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 13:57(8ヶ月以上前)

GPU-Z TimeSpy StressTest RX5600+RX6800NITRO+ 19-21℃ -1- START

GPU-Z TimeSpy StressTest RX5600+RX6800NITRO+ 19-21℃ -2- 終了直後

GPU-Z TimeSpy StressTest RX5600+RX6800NITRO+ 19-21℃ -3- MAX表示

ベンチマークなど短時間では低温に留めてくれますが、負荷100%をそれなりに長く行うTimeSpy Stressテストを行ってみると、かなり高温になるのを許容する感じでした。
AMDドライバ標準ツールで確認すると90℃で45%でゆっくり回転数上昇する制御と前に書きましたが、やはりそのようです。
静音性に関してはこれまで所有したものではNo1なので、静音性に振り切った制御のようです。
あとこのファン2000rpmで回しても結構静かですね。1700〜1800rpmあたりに固定して使っても良さそうなのに、、、

同じくCPU-Zでの様子を紹介します。
室温は開始時ケース前温度19℃でしたが、終了時は21℃です。12:40ごろから初めて今日は天気が良く日差しがPC側面と後ろに当たっている状態になったため、ケース前温度が一気に2℃上昇したようです。

>Solareさん
6800XTでしたら別のオリファンの方が冷えて良いかもしれません。とくに2.55GHz以上を狙うならば。
このAUTO制御ではもっと高温になるのが予想できます。
排熱性は悪くない印象なので、ベンチマークオンリーならば問題ないかもしれませんが。
また時間が空いたら、少し気合を入れた制御や1600rpm固定でとか試してみたいとは思います。

書込番号:23874598

ナイスクチコミ!1


Solareさん
クチコミ投稿数:3101件Goodアンサー獲得:145件

2020/12/28 15:18(8ヶ月以上前)

4枚挿し 今のところ・・・

イ・ジュンさんこんにちは。

RADEOは数も少ないからでしょうけど、FFや3DMarkもメモリ詰めたもののデータがあまり出てこないので、参考になります(^-^)

今は6900XTもFFでは大した結果のものが出てきてないので、6800XTのオリファンが面白そうかなと思い始めてます。

あと僕がやってます車系のゲームはRADEON強いみたいだし(笑)

5950Xはエンコードやレンダリングにも使うので、メモリー16GBでは足りないので、最近新しく出たF4-3800C14D-32GTZNというデュアルランクのメモリー買ってみたんですが、あまり詰められそうにないので(^^;

手持ちのF4-3600C14D-16GTZNを4枚で色々メモリー詰めてます。

なかなか30日くらいまで仕事が忙しそうであまりベンチも回せなさそうですが2020年最後にFF14は回してみようと思います(笑)

書込番号:23874729

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 16:41(8ヶ月以上前)

Solareさん、こんにちは。

6800XTのオリファン狙いでいいと思います。そして赤いのがNITRO+より少しだけ冷えそうですね。
当たりと外れのコア差は大きそうなので、それよりは運頼みとも言えますがXTは電圧高いので冷える方が絶対的かなと。

RADEONが強い車系ゲーム、、、
ああ、あの5700XTでも2080Tiとどっこいというか正確には2080Tiが5700XTレベルに下がるあれですね。(笑)
BF5をDX12ではなくDX11で比較するのと同じレベルで差があるタイプのゲームは4種は知っています。

デュアルランクのメモリーはバンク切り替えとかあるんですかね?あまり詰めるのには向いていないイメージがあったので私はスルーしていてよくは知りませんがやはり今でもイメージ通りなのですね。
シングルランクx4構成に戻されましたか、、、ちょっともったいないですね。

私は今日か明日は時間が余裕がありますが、30と31は絶望的ですね。(笑)
私も今年最後はFF14を回してみたいと思います。(笑)まだ4.8GHzでNITRO+RX6800を回してないですし。
とりあえずまだ室温が20℃超えているのでSTRESS TESTしてみます。

書込番号:23874853

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 17:26(8ヶ月以上前)

GPU-Z TimeSpy StressTest RX5600+RX6800NITRO+(Fan48% 1560rpm) 20℃ -1- START

GPU-Z TimeSpy StressTest RX5600+RX6800NITRO+(Fan48% 1560rpm) 20℃ -2- 終了直後

GPU-Z TimeSpy StressTest RX5600+RX6800NITRO+(Fan48% 1560rpm) 20℃ -3- MAX表示

Time Spy Stress Test ですが、ファン設定 48}%(1560rpm)設定固定だと劇的に冷えました。 まるで水冷?のごとく。

クーラーの冷却能力自体ははやり高いようですね。 AUTO制御がゆるゆるなだけで。

書込番号:23874917

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 20:22(8ヶ月以上前)

ファン設定 47%-1560rpm 16.5℃

ファン設定ですが、正確には47%でした。 47%で1560rpmです。(※ 設定時 %までは分からない。)

書込番号:23875281

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 20:58(8ヶ月以上前)

アイドル時ですが、消費電力は割と高めのようです。
一応 最低で8Wまで確認してますが、これはボード全体の消費電力ではなく全体では不明。
具体的にどのくらい高いかは正確には測定していないので分かりません。
※ 測定レビューを見ようとして、techpowerupでの参考にNITRO+RX6800XTのアイドル時を今見てみると、、、
※ 8Wは、、、これどう見てもコアのみの情報ですよね、、、とりあえず正しくないというかボード全体を示すRTXとは比較してはいけない測定値だと判明して参考にならず。
※ Guru3Dもですがここのレビューもあまり鵜呑みにしてはならないようですね、、、やれやれ。

とりあえず、9900K+Z390AOURSMASTER+3080TRINTYでアイドル時65Wが5600X+X570TAICHI+3080iCHILLx4で75Wでしたが、こちらの5600X+X570TAICHI+NITRO+RX6800では今のところ96.3Wが最低です。(汗)
※どれも同じワットチェッカー読みの消費電力。電源も同じ型番(Toughpower iRGB PLUS 1050W PLATINUM)。
もう30分は放置したままですが、まだまだ様子を見ればひょっとしたら80W台が見れるのではないかと期待しますが、アイドル時の消費電力はRTXよりまず高い感じがしますし、元々AMD環境はINTEL環境よりアイドル時の消費電力が高い感じですね。(汗)
※ZEN3 5600XがというよりX570TAICHIが高いという感じはします。 あとINTEL環境はCPUクーラーが小型なこと。

書込番号:23875355

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 21:52(8ヶ月以上前)

まだ96Wより下の消費電力は見れていませんが、日にちを変えてみれば25W程度ならば88W前後は拝めそうな感じはします。
また6800XTはロード時 1150mVまで上がるので、1025mVな6800無印ではOCでの限界が200MHz以上低そうですね。
その代わりにPowerでは分からない実消費電力は〜70W程度、ワットチェッカー読みでは〜80W程度は最大で低いのも、電圧の差によるものが大きいでしょうけど、それゆえに1025mVからの自動電圧低下機能を使うと、ブースト2190MHzのままでは1000mVと少ししか下がらないという、、、その1000mVでSTRESS TESTすると1〜2℃下がる計算でしょうか?さてはて。

書込番号:23875495

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 22:03(8ヶ月以上前)

おっと6800無印のOC耐性 200MHz以上低いという数値の根拠はないです。
単に1150mVを倍に2300と、1025mVの倍で2050で250差あるのでそのくらいかなと、、、(汗)
その程度の推測ですがそれほど遠くはないと思いますのでそう書きました。個体差が大きそうなのであくまで目安として。

書込番号:23875520

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/28 22:53(8ヶ月以上前)

3060Tiもあるまともな比較動画を見ていてると、やはり6800と6800XTの価格差は小さいので6800XTが買いですね。
https://youtu.be/4WzRlPKt4Js?list=RDCMUCyJfHnEgLnvrjQcPsR3UVeQ

3060Ti 399ドルと3070 499ドルは12〜15%差で100ドル差 (差は9ゲームの平均で動画の最後にあり)
6800 579ドルと6800XT 659ドルは13〜14%差で80ドル差 ※こちらは性能差と価格差が一致してコスパは同等。

ただ今回のNITRO+ RX6800XTは海外価格でも3080よりかなりお高く、、、無印との価格差が1.4万円差まで逆に3070と3060Ti以上の実売価格差までになってそうでもない実情もありますね、、、6800無印は3070との価格差が大きくどうせなら6800XTの11万コースということになりそうな誘導ですが、、、やれやれ。
もっとも3070と3060Tiはまともに買えるので同じように比較しても無意味な状況ですが、、、

書込番号:23875655

ナイスクチコミ!1


Solareさん
クチコミ投稿数:3101件Goodアンサー獲得:145件

2020/12/28 23:16(8ヶ月以上前)

イ・ジュンさんこんばんは。

6800XTでもフライトシュミレーターの4Kで50ちょっとは出るんですね。

うちの3090でも60切ってる事が多いので、RADEONやっぱりDLSSやレイトレ関係なければ凄いと思います。

3080も注文してるので、これでグラボ打ち止めと思ってましたが、来年買ってしまいそうな(笑)

何だか最近のグラボ価格に慣れてきたのか、一度20万円オーバーのを買ってしまうと6800XTとか3080はお安く思えてしまう自分が怖いです(^^;

メモリーは海外のゲーム比較で、デュアルランクが結構良いらしい事が書かれてたので買ってみましたが、そもそも詰められないのでゲーム用には使う気しないですね(^^;

結構うちの在庫というか保管してある使ってないCL14メモリー君たちに仲間が増えた気がします(笑)

書込番号:23875706

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/29 02:05(8ヶ月以上前)

Solareさん、おばんです。

>6800XTでもフライトシュミレーターの4Kで50ちょっとは出るんですね。

私はゲームを持っていないの試せてはいないのですが、良いときと悪い時の差が大きいようです。
よってフライトシュミレーター狙いならば、3080の方が良いと思われます。
3070の方が安定してるような動画も見たのですが今は無くなってますね。

>3080も注文してるので、これでグラボ打ち止めと思ってましたが、来年買ってしまいそうな(笑)

もうそのつもりでこのクチコミでつぶやいてます。(笑) 6800XTいいですよ〜買え〜と。(おぃ)

>何だか最近のグラボ価格に慣れてきたのか、一度20万円オーバーのを買ってしまうと6800XTとか3080はお安く思えてしまう自分が怖いです(^^;

思うつぼというか、、、裏ではNVIDIAとAMD仲良しなのでは?と思ってしまう誘導を感じないわけでもないですね。
とりあえず私も3070と3080 2枚と6800で約23万円の現金を動かしました。(内訳は3+5+7+7.95)


>メモリーは海外のゲーム比較で、デュアルランクが結構良いらしい事が書かれてたので買ってみましたが、そもそも詰められないのでゲーム用には使う気しないですね(^^;

ゲームでですか?帯域的より応答性重視のゲームでは詰めれる方が有利だと思っていましたが。
でもゆるゆる同志なら枚数少ない方がメイン(バス)への流れで交通渋滞が起こりにくいとかあるのかもしれませんね。

GPUで例えるならばRTXは384bitバスや本体部分は太いので、SP/TMUの交通渋滞が起こり難くその割合分の性能差が比較的でやすいけど、RXは256bitで本体部分が縮小されているのでSP/TMUの数が増えると余裕が無くなり交通渋滞が増えてくる感じで伸びにくくなるようなイメージです。※だからRX6800は差を明確にするためにクロック(電圧)を落としてロック掛けたような感じがしてるので。
※昔からRADEONはSPカットの影響がGEFORCEより少ないイメージがあるので、GPUで例えてみました。

>結構うちの在庫というか保管してある使ってないCL14メモリー君たちに仲間が増えた気がします(笑)
メモリが余って、、、いやRX6800XTを買う。つまりもう一台組むという意味ですね。(笑)

書込番号:23875941

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/29 15:28(8ヶ月以上前)

FF14漆黒 5600X(4.8GHz) + RX6800Nitro(B2.3GHz 17.1Gbps PL110% TriXBoost) 19.5℃

FF14漆黒 5600X(4.8GHz) + RX6800Nitro(B2.3GHz 17.1Gbps PL110% TriXBoost) 19℃

5600X 4.8GHz で FF14 です。


なんと!


NITRO+RX6800を リミット 320W設定、しかしブースト2.5GHz設定ではなく、ブースト 2.3GHzで!

しかもファン 46% 1530rpm 固定で、GPUコア 最高 47℃ の 水冷かいっ!レベルで(室温 19.5℃)!


● 祝 スコア 31000 オーバー !!!!!!!!



ここまでの道のりは険しかった、、、ふーぅ。

TRIXX-Boost最高(笑)

書込番号:23876949

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/29 18:26(8ヶ月以上前)

エルミタにNITRO+RX6800XTのレビューが12月29日付けであがってますね。
https://www.gdm.or.jp/review/2020/1229/374765/2

書込番号:23877297

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/29 19:29(8ヶ月以上前)

エルミタのNITRO+6800シリーズのレビューですが(ベンチマークをしているのはRX6800XTのみ)、、、

XTのクーラーですが、私の6800版とはクーラーの形状というかフィンの数が全然違いますね、、、
なぜか6800版の方がフィンの数がかなり多くギッチリ詰まっている感じです。 ※最初のクチコミの-1-写真横ショット参照。
それは中央と端子側のブロックで2割前後と明確に違うのは確認できましたが、おそらく3ブロックとも6800XTは減少してますね。
3つ並べてある写真からも6800無印のとは異なるのが少し分かると思います。
基板やフェーズ数は同じなので、そのせいで変更ではないみたいで風通りを良くした調整なのかもしれません。

そんなことより、NITRO+RX6800シリーズ最大の売りだろうTRIXX-Boostの紹介がないのが、、、
これ一旦GPUがリセットかかるのでゲーム中に切り替えは問題ありそうですが、ほとんどのゲームで有効かもしれないので抑えないといけない機能に思うのですが残念。

書込番号:23877428

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/29 20:47(8ヶ月以上前)

エルミタでは7月にTRIXX-Boostについて解説済だったのですね、、、
https://www.gdm.or.jp/review/2020/0702/353835/5

書込番号:23877640

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/29 23:03(8ヶ月以上前)

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO(950mV) 19℃ -1-

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO(950mV) 19℃ -2-

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO(950mV) 19℃ -3-

BMI Ray Tracing BenchMark 5600X(AUTO) + RX6800NITRO(950mV) 19℃ -4-

低電圧化テスト。 1025mV → 950mV。 ※ 900mVは設定直後に固まるような感じで×。自動では1000mV。

お手軽に調べられる、Bright Memory Infinite Ray Tracing Benchmarkで調査。

結果的に分かりやすくPowerが30W程度一様に下がっている結果となりました。 調査が簡単で助かります。(笑)

約222Wから192Wへ下がるようで、システム全体のPSU〔sum〕もその値通りに減っているようで計測値は正しそう。
そしてその減った後でもRTX3070TwinEdgeOCよりも10〜15Wは高いようなので、そこから推測すると、、、
※このベンチマークの場合は10〜15W高い感じでしたが他は調べてないのでなんともいえません。念のため。

Power 175W で RTX3070TwinEdgeの215W時と同等くらいかなと。
つまりPower +40W(注:ロード時)あたりでボード全体の消費電力になりそうです。あくまで推測ですが精度は悪くないと思います。
※+35〜+45Wと幅を持たせておくとまず当たってそうです。コア以外の部分も少しは変動しているはずですし。

定格で最大で228Wのようなので、+40Wして268W程度前後がボード全体の実消費電力のピークあたりになると予想します。
定格は190W台も多いので「平均では」240W台のボード全体の消費電力だと思います。 2080TiFEより15W前後下かなと。

リミットは100%で290WなのでそこまでMAX時でも使ってなさそうですね。
クロックアップ時は超えそうで320Wまでの解放はそれなりに意味はありそうです。
あくまで私の推測が正しければですが、以上のような感じです。

あとPowerリミットの範囲ですが、、、 -8% 267Wと負方向にもできました、、、Motorcyclist_Chotaroさんもう見ていないかもしれませんが、ごめんなさい。(汗) スライダーが最初 左端にあって右にしか動かせないと勘違いしていました、、、それはメモリ、、、。
メモリは2000(16Gbps)から負方向にできません。

書込番号:23877893

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2020/12/29 23:31(8ヶ月以上前)

TRIXX Boost FF14ベンチ時の設定

年内、最後のベンチマークがFF14 5600@4.8GHzとNITRO+RX6800 OCで31000オーバー!で終わりそう、、、(笑)

ちなみにその時のTRXX-Boostの設定と解像度変更指示の画面がこちら。
Full HDで1360x765に設定とあります。
1920x1080へのアップスケール画質はもともと精細とまではないFF14とは相性良い感じ?でそこそこで悪くなかったと思います。
DLSSは当然、FidelityFX(UpSampling)に対応していないゲームにも使えるのが良いですね。
ただUIはレンダリング解像度時そのままの単純アップサンプリングなのでネイティブレンダリング時とはUIなどのサイズ等が違いますので注意。

書込番号:23877950

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/02 10:10(8ヶ月以上前)

MPT NITRO+RX6800 OC -1-

MPT NITRO+RX6800 OC -2-

MPT NITRO+RX6800XT OC -1-

MPT NITRO+RX6800XT OC -2-

1/2 現在、在庫がある本商品、6800XTと6900XTとは基板もクーラーも異なるようですね。

基板は12+1+2の15フェーズ(XTは13+1+2の16フェーズ)
クーラーはヒートパイプが5本(XTは6本)

ヒートパイプが5本と少なく曲げ部のサイズが長さ方向でコンパクトで、かつ180度ターンと大きく曲げるヒートパイプがないためにヒートシンクのフィンの数が増やせる状況なのでフィンの数を増やした感じでしょうか。
重量的にはヒートパイプ1本分と同等かやや小さい程度でそれほど変わらないと予想します。

とりあえずまだBIOSを直接弄れないのでMPTでBIOSの中身を紹介します。 NITRO+の6800版と6800XT版。

MPTはソフト的にRADEON SOFTWAREのパフォーマンスに反映させて、6800版の電圧を1150mV化できたりはします。
スライダーで調整してAPPLYもできますが、実動作にはロックが掛かったままです。(お手軽操作のみで弄れるのですが、、、)
メモリも17.2Gbps設定を超える値に設定できて、クロックにおいてはそれが反映できるようですが、コアが500MHzにロックが掛かったような減速を示し実質17.2Gbpsを超える設定が無意味な状態です。
まだ基本的なところで実BIOSとの整合性のせいで変な挙動も見られますし、ソフト上のパワーテーブルを弄るだけでは無理そう。
このあたりはまだおいおいという感じですね。
とりあえずXTと同じ1150mVで動作できればブースト2700〜2750MHz設定あたりで動きそうな個体とクーラーなだけに後のお楽しみですね。※現状1025mVでブースト2535MHzは冷やせば動作可能。ブースト2450MHzは普通に動作可能。

レイトレーシング系はベンチマークそのものは2080クラスの性能を示すNAVI21勢ですが、どうも実ゲームにおいては挙動が安定せず2060よりも悪い感じです。※2060はDLSSもあるので2060にも全然届かない。
レイトレに関しては予想以上にダメですね。
そもそもサイバーパンクはまだレイトレで動かせないですし、正直もうRX6800の価値に疑問というかお遊び要素は少なくて、非レイトレゲームで4Kで楽しむという前提でなければお勧めしがたい商品ですね、、、(汗)

ただ、、、NITRO+RX6800系のデザインとライティングのセンスはなかなかでその面での満足度は非常に高いです。
また1025mV止まりなのが幸いだったせいか、GPU温度40℃台は静音状態で余裕で可能な冷却能力で、そのまま実2350〜2450MHzでベンチだけでなく長時間の常用可能な大幅なOC性能があるのは素晴らしいかなと。
あとはTRIXX-Boostですね。これでほぼすべてのゲームで1.3倍化できたりもするしシャープネス調整もできるので実用的によりfpsアップもできたりします。(※レイトレはレビューでは数値だけで語られることがない挙動の悪さで1.3倍でも今のところ×。)

問題点としてレイトレ以外にもブラックアウトは見ましたし(数秒ブラックアウトするが強制終了せず復活する)、fpsの挙動が不安定になる場合もあります。
またDLSSがないので、画質面も含めて感動するほどの機能性やNVENCがないので正直RTXにチェンジしたい気持ちもあります。
でもやっぱり特にライティングの見た目が良いので特権ということにして我慢します。(笑)
見た目ってやっぱり大事だなと改めて。 気長にドライバーも含めて待てそうです。

書込番号:23884200

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/03 21:43(8ヶ月以上前)

レイトレなしの4Kとかより、キャッシュに載りやすいコンパクトな1080pとかの方がより存在価値があるのかもしれないですね。
240Hzやそれを超えるHzのモニターが前提で。
キャッシュにのりやすいのは滑らかfpsが安定しそうでもあるので。(※単にドライバーのシビアな部分が出てしまっただけかも。)

書込番号:23887383

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/03 23:03(8ヶ月以上前)

RX6800XTで非常に分かりやすいレビューがあるので紹介。
Radeonのソフト読みはやや少なめに消費電力を表示します。とか、書かれているレビューなので信用性高そうに感じました。
https://chimolog.co/bto-gpu-rx-6800-xt-taichi/

注目ポイントとして、
「2360 MHz → 2600 MHzは約10%のクロックアップで、実際に得られた効果は明らかに10%を下回っています。」
とあり最高に伸びる純ベンチマーク系のFireStrikeでも5.6%に留まっています。 ほとんどは1〜4%アップ。
純ベンチマーク系でも1〜4%に留まっているようで書かれているパワーリミットの関係も見えてきますが、パワーは+15%しているので、、、そしてゲーム系でAssassin’s Creed Odysseyは逆に99%と遅くなっていたりと、クロックアップとパワー+15%の意味がない結果が掲載されている全てで出ているのでCPUやメモリの方がネックになっている可能性が高そうですね。
※FireStrikeとか純ベンチマーク系ではその可能性は低いので、そうとも言い切れないのですが、、、

NITRO+ RX6800 OCは1025mVのままでも更にパワー+10%でOCした場合は8%以上アップしているので、OCだとよりRX6800XT OCとの差が実ゲームでは7〜10%差と体感が難しいレベルにまで近づく傾向があるのは、6800XTがOCで伸び悩む傾向を見せているからだとは分かるレビューですが、もしパワーが足りずクロックが大幅に下がっている(もしくはクロックが高くてもその力が発揮できていないガス欠状態)なら実はGA102以上の大食いという感じはしますね。
1150mVはRTXより高い電圧ですしありえる結果を示してもいますが、さてはて。

性能差の面でRTX3090と3080、3070と3060Tiの関係(いづれもSP 2割カット)によく似ているRX6800と6800XTですが、RX6800と6800XTはどちらかというと特にクロック差でその差を示している感じはしましたが、電圧差が大きくクロックの上昇で予想以上により食らうならば、1025mVのままブースト2.5GHz止まりまでが美味しいのかもしれませんね。 1150mVでブースト2.6GHzでパワーリミットがきつい状態ならば割に合わないほど小さな差で大食いとなるので。

FireStrikeとかFF14の場合はその小さな差が大きなスコア差となるので、ベンチマーク的にはメリットはあるのですが、、、
今のオリファン6800と6800XTの実売価格差はちょっと大きすぎるのは痛いですね。正直RTX比でお高いしで、、、

書込番号:23887543

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/03 23:18(8ヶ月以上前)

在庫なし1〜2か月後のみの実質入荷見込みなしの販売実績のない価格から+2789円の値上がりって、、、
というか在庫なしで値上げとか、、、近日の入荷見込みが立つと元に戻す。(笑)

書込番号:23887567

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/06 12:42(8ヶ月以上前)

Cyberpunk 2077最高画質プレイに必要なRyzenとRadeonの組み合わせについて考える
https://ascii.jp/elem/000/004/039/4039013/

面白い検証をされているようですが、12スレッド全てを割と高い負荷で使っているからといって、この点から6C/12T未満のCPUでは検証に値しないと判断した、というのは残念。

9600K@4.5GHzの6スレッドで9900K(90W)の16スレッドより速くなる理由がより不明になりました。
※9600Kの方が安定して4.5GHzのままで、9900Kは4.2〜4.7GHzあたりで変動しているのが主な理由と考えていたのですが、それは6スレッドで十分という考えのもとでしたので、9600Kが普通に速いのは何故?という疑問が湧きました。CCDのない構造の違い?。

とりあえずGPU負荷の高いゲームなのは確かなのでCPUはとりあえずとして、
さてこのゲームはベンチマークがなく手操作でランダム要素ありなので平均fpsだけがギリストレートに比較できそうなテストですが、それでも十分参考になる結果が出てますね。(※ランダム要素などで最低fpsが割合的に少し低いかなと思われるものは平均fpsも低めの外れ回と判断はできますが。)

6900XTは6800XTを100%とすると、コア11.11%アップで111.11%。 ※クロックは同じリミット300Wのせいで実数%?落ちてる?
6800は同じく6800XTのコア16.66%マイナスで83.33%。かつクロックが6.5%マイナス。ROPは25%マイナス。
仕様だけを見ると特にカット幅が大きい25%マイナスのROPが且ついかなる状況でも影響ありそうなので6800がかなり遅そうですが、実fpsはまったくそうでもない印象。
キャッシュが共通の128MBというより、コントロールも含めたNAVI21のメインラインの幹の太さが共通のためでしょうけど、その幹がROP 25%マイナス96で十分だった可能性のある細さが伺える結果ですね。
※寧ろRTX3080は320bitで96ROP、3090は384bitで112ROPなので96ROPでも過剰と思えるROP数かなと。加えてRTXよりクロックが高いので余計に。

6900XT 6800XTより7〜8%アップの107.5%のfps
6800XT 100% fps (6800からなら12.5〜13%アップの6800XT)
6800   6800XTより11〜11.5%ダウンの89%のfps

Cyberpunk 2077もその他大勢のゲームと変わらない結果ですね。
※6800と6800XT間は6800XTと6900XT間よりやや離されるが、クロック同等でほぼ同程度間になるほどfpsが順調に伸びるのは幹の余裕度の違いのためか。

AMDが発表しているMSRPベースで考えるとコスパ的には6800が一番よく、わずかな差で次点で6800XT、フルスペックとはいえ高い6900XTという関係性ですが、数がないことにより販売実績価格は割高になる傾向でもうMSRPは崩壊している、、、
仮想通貨勢に目をつけられている(特に6800XT?)関係で、量産数が今後増えてもまともに店頭に並ぶことはない状況がまだまだ長期に続くことも予想されるので元々の値段設定が上がっているようでもあるのでどうしようもない、、、
TSMC 7nmは高性能を与えたが、SAMSUNG 8nmを選択したRTX3000の方が販売上かなり有利な展開が予想できますね。

書込番号:23891819

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/06 14:40(8ヶ月以上前)

https://www.nichepcgamer.com/archives/asus-has-raised-the-prices-of-motherboards-and-graphics-cards.html
https://wccftech.com/astronomic-rise-in-cryptocurrency-prices-will-extend-the-gpu-shortages/

あの、、、チェック不足でしたが、既に昨日1月5日にASUSが3080 TUF OCを750ドルから860ドルに価格改定したようです。(大汗)

「2021年から」 グラボとマザーの値段を引き上げるようです、、、3080はガッツリ上がるようですね、、、

店頭価格への影響は避けられそうにないです。そして他のメーカーも同様に高くなることが予想されます。

というか数年続くというか恒久的な値上げのように感じる発表なので、次世代以降にも影響しそう、、、
高付加価値グラボはより高価格になりやすいのかなと、、、やれやれ。

NAVI21系も値上げが順次予想されますが、これで仮想通貨への流れが弱まわりまた購入客が絞られてくるので入手性は良くなる
可能性大ですが、転売屋価格も上昇しそうで実売価格の上昇度合いがまだ掴めないですが、これからよりコスパの悪化は避けられそうにないですね。

書込番号:23891985

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/06 15:48(8ヶ月以上前)

https://videocardz.com/newz/asus-officially-increases-graphics-cards-and-motherboards-pricing
既にMSRPオーバーが普通のRX6000シリーズも更に価格改定で3080以上の値上げ幅なので、、、
このモデルも実質800ドルで10万円前後が最低で105000円あたりが普通、XTで949ドルあたりで12万円が最安値で13万円前後が中国の大型連休期間には普通になりそうな雰囲気ありますね、、、それでも買えそうにない感じもしますが。
やれやれ。

書込番号:23892076

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/08 19:42(8ヶ月以上前)

FireStrike 5600X(PBO+125-60mV)+ RX6800Nitro(Boost 2.535GHz 17.1Mbps +10%) 11℃

5600XをOffset-50mV PBO +125にして、NITRO+RX6800はBoost 2.535MHz 17.1Gbps PL110%(223W)でFireStrikeです。

とりあえずコア1025mVとリミット223Wという制限(メモリも17.2Gbps相当設定までの制限)で48400は超えるようです。
NITRO+RX6800 OCの定格で44000ちょいでしたからそこから4400アップちょうど10%アップ。
一応48500は室温10℃未満なら+5MHzとかもうちびっと上げで狙えるかもしれないですね。(未確認)

BIOS編集できるようになって1025mVと223Wの制限を解除すれば、もう3000アップの51400〜51500は狙えそう。
ひょっとしたら52000も狙えるかも。

書込番号:23895887

ナイスクチコミ!1


Solareさん
クチコミ投稿数:3101件Goodアンサー獲得:145件

2021/01/08 21:00(8ヶ月以上前)

イ・ジュンさんこんばんは。

お久しぶりであけおめ ことよろです(^-^)

やっぱりRADEONはFireStrike凄いですね。

うちは年末にマザー帰ってきて組みなおしてメモリー詰めなおしとかで、結局お正月までに間に合わず(^^;

最近ぼちぼちベンチ取り直してるところです。

ただGIGABYTEの方の新しいAGESAも来週くらいに来るたいで、またメモリー詰めなおしになるので、本格的には来週から頑張ろうと思います(笑)

年明けてお店にも行ってきましたが、RADEON無いですね(^^;

それどころか3080も全くないしZen3も年末結構入荷してすぐ売り切れてそれ以降は入荷無しみたいです。

とりあえずSAM試したい(笑)

僕もそのBIOSとか調べ始めておきます。

書込番号:23896014

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/08 23:53(8ヶ月以上前)

Solareさん、こんばんは。あけおめ ことよろです。

年末年始も忙しそうですね。新しいAGESAもくるみたいですしまだまだ弄りがいありそうですね。
こちらは12月クリスマスごろにリリースされた3.91β AGESA Combo-AM4v2 1.1.9.0 とChipset Fan support zero RPMなBIOSですが、CSM OFFの段階でNITRO+RX6800 OCでは即BIOS設定画面いきでSAMが試せません。

RADEONも3080も本当にないですよね、、、6800XT買うつもりの店のポイント6万円分が宙に浮いたままで、そのお店にはまだ一度たりともRX6000シリーズが入荷しておりません。(汗)
本当に深刻なことをひしひしと感じていますが、時間がたつにつれて海外でのNITRO+の価格は無印でも699を超える720ドルでXTは850ドルで売られているようですがそれでも速攻で売れ切れてそのまま在庫なしですね。
まだまだ海外中心に取り合いが続くでしょうから、見かけたらまだ運が良いという感じですね。

RX6000のBIOSはまだ弄れないのとflashもできないので忘れていいと思います。
特に6800XT狙いならば弄る必要がないほど最初から盛られているので無視していいかなと。
ただしパワーは盛りたいところなのでその点においては弄る価値はありそうですが。
とりあえず6800無印は実2.52GHzまで上げればFireStrike 50000あたりになる計算です。
2.58GHzまで上がれば51000。2.65GHzまで上がれば52000 ※2.21GHzから2.43GHzで4000アップ。
2.65GHzあたりになると当たりコアが必要になりそうですので簡単ではないと思います。
そんな感じと推測していますが、試すのはまだまだ先になりそうです。

書込番号:23896324

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/09 09:58(8ヶ月以上前)

FireStrikeはSP差の影響が出やすいのでクロックで上回っても精々XTのファクトリーOC定格相当あたり止まりだと思いますが、実ゲームではSPよりクロックの方が効きやすい場合もあるのでシーンによっては上回ると思われます。
だから電圧とパワーを大きく下げているとも思われますが、実際のところは3070が予想外にワットパフォーマンスが良かったのでXTより大幅にワットパフォーマンスを上げる必要が出たためにそうしなければいけなかったとも思います。

書込番号:23896731

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/09 11:51(8ヶ月以上前)

TimeSpyも同様にSP差の影響が大きく、1025mV 110%(223W)での実2.3〜2.4GHz程度のOCでは16500超止まり。
リファレンスXTの17200超にすらあと4%足りません。※ XTのOC版は17800〜18000超で、更にOCで18500超。

やはりCPU等に依存し難く操作も皆無な純GPUベンチマーク系では、制限が解除されていることもありますがキャッシュヒット率も高そうでXTが強いですね。

幸いにも1025mVという低電圧でも回りやすいのと(昔のGTX470みたいにカット分は回り易そう)でパワーリミッター約1.5倍差ほどの影響はなく、OC同士で比較すると差が大きめの3DMark系の特に大きいFireStrikeとTimeSpyで15〜20%差が私の個体の場合で10〜15%程度に1025mV 223W制限のままで縮小し(実ゲームでは平均12〜14%差が10%を割り込むまで縮小する)、このあたりはZEN3というかシステムの限界もありそうですが、NAVI21の幹が96ROP分の太さしかなさそうなところが要因かなと。※XTの128ROPから96ROPですが、もっとカットしても影響が出ないならそれより細い幹かもしれません。ヒット率に依存しますが128MBキャッシュが同じせいも少しは関係しているとは思います。

書込番号:23896930

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/09 14:20(8ヶ月以上前)

昨年末に出てきた MSI Afterburner 463のBeta4ですが、モニタリングZEN3対応で便利に。

ただ、NITRO+RX6800のファンコントロールやリミット調整、メモリクロックなど調整項目は一切反映されないようです。
コアクロックに関してはスライダーさえ動かせない状態です。
Sapphire TRIXX 8.0でも調整項目はなく、純正ドライバーツールのRADEON Softwareを使わなければファンすら調整できません。

書込番号:23897210

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/09 17:41(8ヶ月以上前)

このカードではまだレイトレで動かないのでCyberpunk 2077遊んでないのですが、このゲームは3090と3080の差が明確になるようで、そして2080SUPERが3060Tiを上回ることから、そしてRX6000ではRX6900XTでも3080にすら4Kでは離される傾向があることからメモリ周りの影響がそこそこ大きそうです。
https://www.guru3d.com/articles_pages/cyberpunk_2077_pc_graphics_perf_benchmark_review,7.html

そして4KでのVRAM使用量が8.5GBを超えるようですが、3070は2080Tiと同等なことから実際に必要な容量は8GBも必要なさそう。
4K Ultra + DXR Ultra DLSSでより使用量が増え9.3GB使用するようですが、実際3070でその設定でプレーしても影響は感じられずで、必要な容量は8GB未満のようですね。ただ256bitのためでしょう15.5Gbpsの2080SUPERとの差が狭いですね。

またRX6000勢は6800が31で6800XTが34と3fps差で9%程度しかない差なのも帯域の関係で説明つきます。
しかし6900XTは38と6800XTから4fps差で12%近くアップしていますので、どうもキャッシュ状況の違いも影響してそうです。
※VRAM使用量の多さからもあまりヒットしていないとは思いますが。

書込番号:23897593

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/09 22:05(8ヶ月以上前)

CSMを無効にしてからOSインストールする必要がありそう、、、たぶん。
明後日入れ直してみますか、、、

書込番号:23898104

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/09 22:46(8ヶ月以上前)

CSM 無効化というかSAM設定させて、USBメモリでOSインストーラーが起動した、、、

やっぱりそういうことみたいですね。3080のほうの環境ではZ390の時にSAM無効にしてOS入れ直してそのままX570化させたのでSAM有効設定ができたということですね。(こっちにRX6800を挿していれば、、、)

明後日からSAM有効の検証ができそうです。 ではおやすみなさい。

書込番号:23898173

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/10 00:12(8ヶ月以上前)

FireStrike 5600X(PBO +125) + RX6800Nitro(Boost 2.535GHz 17.1Mbps) 11℃ SAM

SAM有効化できました。FireStrikeです。

しかし、、、クロックのところを見ていただきたいのですが、なぜかGT1でまったくクロックが上がらずスコアダウンしました。
さくっとOSインストール&更新&ドライバーインストール(再起動数回あり)、Steamインストールでゴーだったので、たまたまかもしれませんが、SAMが有効どころか害がありそうなFireStrikeでした。

ではまた明けて今日は無理なので明日にSAMを試してみます。では本当におやすみなさい。

書込番号:23898294

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/11 11:02(8ヶ月以上前)

TimeSpy 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(Boost 2.5GHz 17.1Mbps) 9℃ SAM

SAM有効化、TimeSpyです。

SAMはDX12でなければ有効に伸びないというレビューもありTimeSpyを試してみしたが、どうもそうでもないようです。
同じくこちらもクロックが低下してスコアが落ちるようです。

ワーストケースでは思ったよりかなり悪いようです。まだ試していないですが、FF14もダメそうですね。
DX12系のゲームを中心に調べてみます。これからダウンロードも必要(EPICの場合)なので時間がかかりそうです。

書込番号:23900917

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/11 23:08(8ヶ月以上前)

BlackOpsColdWar 1080p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM -1-

BlackOpsColdWar 1080p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM -2-

BlackOpsColdWar 1440p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM -1-

BlackOpsColdWar 1440p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM -2-

SAM有効化、第3弾、BlackOps ColdWarです。 冷戦がテーマでスパイ探しとか面白そうですがまだまったく未プレイ。

HDテクスチャパックを有効化してのデフォルト設定(ほぼ最高設定にレイトレはミドル設定)です。
レイトレ最高設定にしなかったのは、RTXの比較というよりSAMの有効性のほうを重視したので。

SAM有効でもクロックの低減もなく順調な動きです。これは期待できそう。

1080pでは98%負荷連続で150W未満のパワー、18% 600rpmのまま60℃前後で7分程度で17% 570rpmに下がりだして均衡。
1440pでは99%負荷連続で1割程度パワーが増え、同じく600rpmのまま67〜68℃を9分過ぎには繰り返し始めて均衡。
室温が13℃を低いせいもあるとは思ういますが、それにしてもファンの制御が600rpmに留まるウルトラ静音性重視ですね。
※それぞれの-2-が均衡しているころのショットです。

このゲームはレイトレ ミドル設定ならば1440pでも割と快適にプレーできそうですね。さすがに4Kはきつそうなので未検証。
さてとこれから直ぐにSAM無効化して調べてみます。 1〜2時間後には比較クチコミする予定です。

書込番号:23902292

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 00:01(8ヶ月以上前)

BlackOpsColdWar 1080p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off

BlackOpsColdWar 1080p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-On

BlackOpsColdWar 1440p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off

BlackOpsColdWar 1440p Ray-Mid 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-On

SAM有効化、第3弾、BlackOps ColdWarです。 SAM有効と無効で比較。

シーンによって変化の大小はあるとは思いますが、比較したシーンにおいては、

・1080pで77〜78fpsが82fpsと、5〜6.5%ほどSAM有効でアップ。 画像@A
・1140pで59〜60fpsが63〜64fpsと、ほぼ7%ほどSAM有効でアップ。画像BC

DX12でも実ゲームのほうがSAMの有効性が高そうですね。 そして検証はそれなりに面白い。

※ただし体感できるほど大差はなくDLSSでの2〜3倍アップを体感した後なだけに無いに等しい差であることも確か。
BIOSで切り替えという手間もありスコア命の3DMARKとか捨てる感じのもあるので、面倒な人も多そうな機能かな?

次、Borderlands 3を試してみる予定です。
こちらは15%以上微妙に体感できるレベル以上が期待できるかもしれないのと、高解像度のほうがより差が広がりそうなので、こちらはあえて4Kで試してみましょうか。

書込番号:23902366

ナイスクチコミ!1


Solareさん
クチコミ投稿数:3101件Goodアンサー獲得:145件

2021/01/12 09:07(8ヶ月以上前)

イ・ジュンさんおはようございます。

何だかとても楽しそうで良いですね・・SAM(笑)

RADEONはなかなか購入出来そうにないので、色々参考になります。

ゲームだと4Kとかメモリークロックが効く様な場合に効果出そうな気はするので、またお時間ありましたらSAMのON・OFFでFF15でも何でも良いので、お願いします。

あとSAMは名前違うようですがインテルでも使えるみたいなので、そのあたりも興味深いしRADEON何かは欲しい所ですね(笑)

書込番号:23902689

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 12:29(8ヶ月以上前)

Solareさん、おはようございます。

SAM面白いですよ〜。 OSをCSM無効でインストールという手間もあり面白いです。(笑)
RYZENのほうは落ち着きつつある方向に向かっているという話は聞きますが、RX6000のほうはまだまだ争奪戦激しいようで、、、
最近発売されたお安いRX6800無印ですら余裕の9万円オーバーばかりで3080の価格帯になってしまっているしで、仮にみかけたとしても私としては手が出せない状況ではあるものの、少なすぎて買われる人のほうが圧倒的に多い感じでしょうか。


>ゲームだと4Kとかメモリークロックが効く様な場合に効果出そうな気はする

そうだと思ったのと、レビューや動画で景気が良さようなBorderlands 3の4KでSAMを試したのですが、、、
※SAM以前にBorderlands 3が予想より低fpsで困惑です。
設定に間違いがなくどうもRX6800レビュー当時のドライバーではfpsが出ていたというか正しい描画が出ていなかったので速かっただけなのかと疑うレベルで予想を下回りました、、、(汗)
紹介するのをやめようかと思いましたが、調べると4GamerのBorderlands 3も6800XTでも3080を完全に下回る結果が出ているので、私の測定も正しそうです、、、よって後ほど紹介します。
※海外サイトのレビューは本当にあてにならないですね。動画もですが全部ではないでしょうけど設定を下げているとか比較する上では不正というかいろいろ手心ありそう、、、かなと。

SAMの調査目的でしたが、実際やってみると意外な結果で困惑しましたが、そこも勉強になるというか発見そのものは面白いですが、予想より高い結果が出てくれるほうがいいですね。(汗)

SAM ON/OFFでのベンチマークはもっと行う予定です。
Horizon Zero Dawn
Deus Ex Mankind Divided
Gears 5
World War Z
などベンチマーク内蔵タイプで行う予定です。今日中に2〜3行う予定。
3DMARKはちょっと残念な結果で、ゲーム主体です。FF14も256MB以内でかえって制御増で遅くなりそうですし。
FF15はランダム要素が大きくて数%レベルの差異を調べるのには向いていないので今のところは考えていません。
無料系ではモンハンオンラインとかは向いてそうかなと思いますが、DX12ではないので効果なさそうですね。

書込番号:23902913

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 13:33(8ヶ月以上前)

Borderlands3 2160p Badass 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off 13.5℃ start

Borderlands3 2160p Badass 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off 13.5℃

Borderlands3 2160p Badass 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM 13.5℃ start

Borderlands3 2160p Badass 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM 13.5℃

SAM有効化、第4弾、Borderlands 3 4K 最高プリセット設定(Badass)です。

SAMで効果があることは確認できました。
しかし海外レビューのようなfpsは出ず根本的な低fpsのほうに気がいってしまって、4Gamerの結果で落ちついたところです。(汗)

4GamerのRX6800/XTのレビューより抜粋。
6800は48.4fps
6800XTは57.4fps
3080は68.5fps
3070は50.0fps
と私が計測したNITRO+RX6800は非常に高い負荷がかかることもあってしっかりリファレンスより速い結果が出ており、最新20.12.1ドライバーが遅いわけではなさそうで4Gamerの結果に信頼はおける結果となりました。
※念のためですが、おそらく4Gameに限らずですが最高設定をウルトラ設定と呼称しているようです。NITRO+RX6800では一段下のウルトラ設定では4Kで59fpsでXT越えしますので少なからず4Gamerは最高プリセット設定を指してのウルトラ設定だと思います。

計測に不手際がなさそうなので、結果を紹介します。
52.49 fps → 54.43 fps と SAM有効で 4%近くアップのようです。 思ったよりSAMでの伸びもよくないほうかもしれません。
そして6800 OCでは3070より速いもののその差がSAMありでも思ったより微妙、、、3080には遠い結果のようです。

NITRO+RX6800のファン制御についてですが、70℃をこえると1000rpmまで回りだし70℃を下回ると600rpmまで下がりを繰り返すような挙動が見られます。安定して70℃を超える状況にならないと1000rpm以上で安定とはならないようです。
またGPU PowerはBlackOps ColdWarでは1080p(150W未満)と1440p(170W未満)、Borderlands 3 4K(200W前後)。

書込番号:23903016

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 14:41(8ヶ月以上前)

※ ウルトラ設定の4Kでは59fps、、、はSAM無効時の値です。 念のため。

書込番号:23903079

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 20:15(8ヶ月以上前)

Gears5 1080p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off 14.5℃

Gears5 1080p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM 14.5℃

Gears5 2160p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off 14.5℃

Gears5 2160p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM 14.5℃

SAM有効化、第5弾、Gears5です。

最高プリセットの1080pと2160pで調査。

1080pは、141.9fps → 160.6fps で SAM有効で13.2%アップ。
2160pは、62.5fps → 62.9fps で 最低fpsはまったく同じで効果なしと判断。

1080pでも体感的は正直分からなかったのですが、数字見てガッツポーズですね。(笑)
ただ2160pでのfpsは先に256bitの壁が大きそうなSAM結果でしょうか、3070と大差ないようなので。

とりあえずSAM有効で10%以上 13.2%アップが拝めました。 検証した甲斐があるというものです。

書込番号:23903533

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 20:37(8ヶ月以上前)

Forza4 2160p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off 14.5℃

Forza4 2160p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM 14.5℃

SAM有効化、第6弾、Forza Horizon 4です。 こちらはあえて無料のデモ版のベンチマークを使用です。

2160p ウルトラ設定で比較しています。

127.9fps → 141.4fps と 10.5%アップ、4Kで10%越えとネックがGPU以外にまた残されていたという例ですね。

たしかこのゲームはBIGNAVIのアピールでまた浮上してきて取り上げられることが増えた印象がありましたが納得です。
※ちなみにWorld War ZのVulkanはSAM無効のほうがやや良いので、やはりDX12が効果が出やすいみたいですね。

一応満足したので、次はFF15を試してみたいと思います。 1080pと2160pで。 DX11なのであまり期待はできないかなと。

書込番号:23903574

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 21:33(8ヶ月以上前)

FF15 1080p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off 14℃

FF15 1080p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM 14℃

FF15 2160p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM-Off 14℃

FF15 2160p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) SAM 14℃

SAM有効化、第7弾、FINAL FANTASY XV BENCHMARKです。

ランダム要素でスコアがやや左右されるタイプのDX11ベンチマークですが、SAMでの変化はないかなと。

書込番号:23903692

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/12 22:19(8ヶ月以上前)

FF15 2160p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(core2300MHz 223W 16Gbps) 14℃

FF15 1440p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(core2300MHz 223W 16Gbps) 14℃

FF15 プチOCで4Kで簡単に60fps届きそう、、、とSAM関係なく追試。(笑)

NITRO+RX6800を コア+110(Boost 2190MHz→ 2300MHz) GPUリミット223W メモリ16GbpsでコアのみOC。

60fps届きましたが、、、手加減しすぎたというかギリギリの微増で危うく追試の追試が必要になるところでした。(笑)
その設定で1440pも試したのでおまけです。

書込番号:23903784

ナイスクチコミ!1


Solareさん
クチコミ投稿数:3101件Goodアンサー獲得:145件

2021/01/12 22:40(8ヶ月以上前)

イ・ジュンさんお疲れ様です。

SAMの説明読んでますと基本的にはメモリーのバス幅広げる技術なので、ゲームによったり解像度によるのは何となく分かります。

グラボのOCでもメモリークロックの方は上げてもゲームによっては変わらない物も多いし、上げ幅もGPUクロックほどではない場合が多いですよね。

ただRADEON6000番台では4Kくらいになるとインフィニティーキャッシュの量がギリギリになってくるみたいなので、全般的にもう少し上がっても良いかなとも思います。

BIOSと言うかAGESAの方でも、煮詰まれば変わる可能性もあるし、そのうちNVIDIAでも対応するようになるみたいなので楽しみではあります。

本来はCPUもGPUもメモリーが高速なのが高性能が当たり前ですが、これをキャッシュやSAMでひっくり返せたら面白いですけどね(笑)

書込番号:23903842

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/13 00:23(8ヶ月以上前)

Solareさん、こんばんは。

SAMはメモリーのバス幅を上げる感じなのでしょうか?
私は単にCPUからの一度のやり取りを256MB以上でも行えるようになるので、可変的な割り込み回数を必要最小限で済むことが肝かなと思っていました。低減化というよりシンプル化でよりコントロールしやすくなる感じで。
バンク切り替えのようなことも必要なくVRAMに散らばったデータの参照や整理や削除にも有効そうですし。
よってより高解像度でデータが増える方が有効なのかなと思ってはいます。
なので元々256MB内で自動コントロールされるようなAPIではソフトの最適化の面でもそのような制約でつくられる場合もあるでしょうから、そのようなタイプには効果がないのかなと想像していました。
単純にバス幅があがるような感じならばAPIに依存せず、かつ高解像度なほど有効そうですがどうもそのような感じはせず、やはり256bitの3070側のほうに引きよせられる傾向はSAM有効でも同じままです。

インフィニティーキャッシュも解像度というよりデータ量やデータの散らばり方でヒット率が下がっている感じがします。
1080pでも扱うデータが多そうなのは256bitバスが顔をのぞかせるように3070に引き寄せられ大差ない感じのが思った以上に多いような印象がありますので。1440〜2160pの方が差が広がる傾向があり力を発揮しだすような感じがあるのでキャッシュの恩恵は思った以上に低い感じがします。それは同じ256bitでも3070は14Gbpsと低いのに善戦するのでむしろキャッシュのペナルティの方も無視できないのではと思う程に。
よってインフィニティーキャッシュについても、ゲーム側でそれを意識して最適化してやる必要がありそうで、そしてそれは大容量ゲームとくに一つのデータが大きいタイプでは思ったより単純にはいかなさそうでもあります。
Ampereの2:1のSPと同レベルに最適化が難しいかなと。とくにキャッシュの場合は落差ペナルティが大きいこともあってもっと難しいかもしれません。

GPUの場合はクロックやSPやTMUやROPといった基本部分の物量でほぼfpsランクが決まるので、あくまでもそのおまけ的な要素なのでソフト開発にどれだけ時間を割くことができるかに掛かっていると思います。
DLSSというおまけを遥かに超えたもの(レイトレで半減化してしまうレベルですら完全に取り返せることも含めて)も存在しているのでおまけを軽んじるわけではないですが、DLSS以上に困難な道のりかなと思うのと大容量かつ高速アクセスもできる構造のキャッシュはTensorコア以上にトランジスタを使う可能性がNAVI21のトランジスタ数を考えるとありそうで、割り振りの面でこの方向性は不確定要素が大きいだけにおまけレベルの一言では済まないので、軽量ソフトだけのような効果を覆すソフトを今度どう生み出せそのようなゲームを量産化できるかに掛かっているかなと。

NVIDIAはAMDがSAM使ってきたから、多少でも効果あるSAMをサポートする感が強いですね。(笑)
しかも早々INTELもサポート対象でとか、そっちの政治的な方向性が強い感じも込みで。
とりあえずSAMで劇的な効果はない印象で、6900XTと6800XTが3090と3080と互角以上に戦えるように見せかけるために今出す必要性があった感が強く、それほど期待はしていません。
しかしお遊び要素は大事で、その面も加味するとSAMについては肯定的です。
いや、、、インフィニティーキャッシュもON/OFFできるのでしたっけ? OFFできるなら面白そうです。
性能的にレイトレ以外は満足していますので、ON/OFFできるお遊び要素はこれから大事な時代になるように思います。
正直、インフィニティーキャッシュとSAMが無ければ、それで遊べなければBIGNAVIはスルーしてた可能性がありますので。(笑)

書込番号:23903986

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/13 09:13(8ヶ月以上前)

FireStrike 5600X(PBO +125) + RX6800Nitro(Boost2.55GHz 17.2Gbps PL110%) OS1909

FireStrike 5600X(PBO +125) + RX6800Nitro(Boost2.56GHz 17.2Gbps PL110%) OS1909

FireStrikeでSAM無効でGT1のクロックが下がるという件、どうもそれはSAMとは関係なさそうです。

SAM無効でも下がるようで、おそらくOSがまだ1909のままで20H2ではないのが原因かなと。

その代わりにこれまでBoost 2.535GHzの +345MHzまでが限界でしたが、Boost 2.55GHz +360MHzが余裕に。
試しにBoost 2.56GHz +370MHzではGT1はパスし、GT2の中間で実2553MHzで稼働中に×でした。

以上、SAMとは関係なかったと訂正いたします。

書込番号:23904298

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/13 09:31(8ヶ月以上前)

NITRO+RX6800 (Boost 2.56GHz 1025mV リミット223W設定) 実2471MHzで動作中に×

訂正の訂正。(汗)
実2533MHzで稼働は落ちた後のスコア画面表示中のクロックで、実2471MHzで稼働中に×です。
リミット1025mV 223Wでフル負荷時に2500MHzオーバーで動いたことはパワーの関係でありません。

書込番号:23904313

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/13 11:08(8ヶ月以上前)

https://www.nichepcgamer.com/archives/nvidia-announces-geforce-rtx-3060-and-resizable-bar-driver.html

RTX3000のみですが、SAMではなくて(笑)resaizable-barに正式対応発表みたいですね。RSBとでも略しましょうか?。

2月下旬のドライバーでサポート予定。ある程度仕上げてのリリースになりそうですね。

また3060が発表されましたが、12GBモデルのみっぽいですね。6GBでは4KはDLSS頼みなゲームが増えてきている印象でしたし、中途半端な変則9GBもあれでしょうから12GB一本にしたのは良い判断かなと思います。単にライバルが12GBで出てきそうなので仕方がないという面もあるとは思いますが。

その代わりに3060Tiよりクロックが高そうですが75〜80%程度の性能、2060と比較では2割前後のアップに留まり2070と2070SUPERの中間まで落ちそうで、それでMSRPレベルで329ドル 4.5〜4.9万円が予想されるので3060Tiを選択する方がかなり良さそうです。
実際にNVIDIA自身が2060との比較を上げていますが10〜33%程度の幅がありそうですが、ざっと2割程度とこれまでの60番から新60番への伸びが歴代一番の低さのようです。よって6700XTとはレイトレとDLSSでのみ上回ると予想します。
※比較的伸びがよいレイトレ系CYBERPUNK 2077の場合はRT+DLSSで 推定47fps→61fpsと3割近い伸び。

それより3060も遅くなるようで、こちらも2月下旬予定、、、
GA106ですしそれなりに量産できているはずですが遅れてますね、、、

RSBの2月下旬は仕方がないとは思いますが、待ち遠しいですね、、、もっと早めに対応してくると思っていました。(笑)
現状RX6000が空振り中な状況でもあるので急ぐ必要はないという判断もありそうな相思相愛ぶりな発表かなと。(笑)

書込番号:23904435

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/15 10:04(8ヶ月以上前)

既存のRTX3000はVBIOSの更新が必要みたいでそれは3月らしい、、、
ということは2月下旬と十分ゆっくり遅い感じがした予定が最新情報では既に3月になっているとみるべきかもしれない。

書込番号:23907743

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/16 14:51(8ヶ月以上前)

World War Z 1440p 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) SAM-Off 20.5℃

World War Z 1440p 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) SAM 20.5℃

World War Z 2160p 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) SAM-Off 20.5℃

World War Z 2160p 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) SAM 20.5℃

SAM有効化、第8弾、World War Z です。 Vulkan API ウルトラ設定です。

これ前のクチコミでも少し触れましたが、1080pで280→279fps(GPU Load平均 86%→77%)とかえってSAMで下がったのと使用率が下がったのでSAM有効はかえってよくないと判断して中止、そしてスルーしていたのですが、、、

よくよく考えると、もともとSAMの効果が高そうな広いフィールド系でキャラクターも多いとなるとますますでは?と考えると、GPU使用率が平均9%下がっての誤差レベルのfps差となると、Nitro+RX6800の性能がSAM有効で上がっているのと同じでは?と考え、1440pと2160pを改めて実行させてみました。

一応このベンチマークは特に1440p以上ではGPU負荷としてはOSDで99%にずっと張り付き高いです。しかしベンチマーク中のGPU Load表示はそこまで上がらず、かつSAM有効のほうが低い傾向は1440pや2160pでも同じでした。
しかし1440pと2160pではしっかりと平均fpsがSAM有効で伸びました。
どうやら5600X(AUTO)では足りないのが1080pで微妙な結果になったようですね。
※このベンチマークというかVulkan系のDOOMとかもCPUのOCが結構ダイレクトに効きそうかなと。

・1080p 280 → 279 fps ※ 5600X(AUTO)のパワー不足で変わらず誤差内と判断。 画像は割愛。
・1440p 239 → 250 fps 4.6%アップ
・2160p 132 → 140 fps 6.0%アップ

SAMで伸び幅は少ないですがVulkan APIでも有効そうです。
※GPU Load平均の差がまだあるので4.8GHzとかにCPUをOCすれば伸び幅が増える可能性あり。逆もありえますね。

5600XではNitro+RX6800を遊ばせているという例かもしれませんが、SAMでの伸びが良いゲームはある意味それに近いですね。

書込番号:23909966

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/18 11:50(8ヶ月以上前)

VRS Feature test Tier1 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO)

VRS Feature test Tier2 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO)

PCI Express feature Test 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO)

VRS Feature Test です。

Tier1とTier2で明暗がはっきりと分かれました。
DX12 Ultimate、まだフルサポートしているわけではなさそうな12_1止まりという感じのようですが、Tier2が主でしょうから問題なし。

VRSで1.92倍速と体感可能なアップです。

おまけでPCI Express feature Testも。

書込番号:23913654

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/19 02:10(8ヶ月以上前)

Nature RADEON8500 Demo -1-

Nature RADEON8500 Demo -2-

Nature RADEON8500 Demo -3-

Nature RADEON8500 Demo -4-

RADEON 8500用デモ、Nature です。 AGP時代のDemoですがRX6800でも動作しますね。

1100fpsまでのシーンではコイル泣きはケースから漏れて聞こえることはないですが、3500fpsを超えるシーンではコイル泣きが漏れて聞こえてきます。

書込番号:23915047

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/19 02:33(8ヶ月以上前)

PipeDream RADEON9700Pro Demo -1-

PipeDream RADEON9700Pro Demo -2-

PipeDream RADEON9700Pro Demo -3-

PipeDream RADEON9700Pro Demo -4-

RADEON 9700Pro用デモ、PipeDream です。 これもAGP時代で初のDX9フル対応カードでのデモですがRX6800でも動作しますね。

こちらはモニターのリフレッシュレートで同期させているようで私の環境では165fps固定、RX6800のコアクロックの低さに注目です。

こんな感じでATI時代のデモが25種類くらいあるので、また紹介してみたいと思います。
RX6000用デモはなぜか動画だけという、、、

書込番号:23915053

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/19 15:47(8ヶ月以上前)

Chimp 9800Pro-Demo -1-

Chimp 9800Pro-Demo -2-

Chimp 9800Pro-Demo -3-

Chimp 9800Pro-Demo -4-

RADEON 9800Pro用デモ、Chimp です。

こちらもリフレッシュレート165Hzに合わせて同期されるためにスムーズですね。
かつGPUクロックの低さや負荷0%とかPipeDream同様の軽さですね。
45〜53MBとサイズはNatureの17MBよりかなり大きめですが、まだL3キャッシュに全部乗るサイズですね。

書込番号:23915817

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/19 17:00(8ヶ月以上前)

Ladybug HD5800-Demo -1-

Ladybug HD5800-Demo -2-

Ladybug HD5800-Demo -3-

Ladybug HD5800-Demo -4-

RADEON HD5800用デモ、Ladybug です。 DX11と比較的新しいデモらしく一気に画質アップで192MBのサイズに。
これまでは1024x768以下のデモでしたが、1920x1080でNitro+RX6800が2250MHz前後までブーストして本気モードに。

2004年 DirectX9なX800のDoubleCrossやX1800時代のToyshopなどは起動時というかインストール時というかチェックが厳しくダメですね。※DoubleCrossは一回だけWin98互換モードで起動して動作したのですが、その後まったくダメ。
何か手段があったような記憶はあるものの断念。この時期はデモが多数あるのに、、、

2000年のPCIバス VRAM 32MBなRADEON 7000シリーズ用デモのRadeons-Arkは別の意味で動かないのかな、、、
DirectX8.0だったと思います。

書込番号:23915882

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/19 18:15(8ヶ月以上前)

Whiteout HD2900XT-Demo -1-

Whiteout HD2900XT-Demo -2-

Whiteout HD2900XT-Demo -3-

Whiteout HD2900XT-Demo -4-

RADEON HD2900XT用、Ruby Whiteoutデモです。 2007年 DirectX10なのでこちらを先に紹介すべきでした。
1280x720で16:9はこのあたりからでしょうか。 でも60fps固定、、、高速なシーンを165Hzで堪能できず残念。
画質は思ったより良くなくて驚きつつも、ARKから始まるRubyシリーズはDoubleCrossもそうですが他より背景も含めてチープな傾向で、ARKのほうがむしろバランス良いような気もしますが、それよりはこの唇が全てなのかなとも思えるほど印象に残っています。

書込番号:23916004

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/19 19:01(8ヶ月以上前)

Mecha HD5800-Demo -1-

Mecha HD5800-Demo -2-

Mecha HD5800-Demo -3-

Mecha HD5800-Demo -4-

RADEON HD5800用デモ、Mecha です。 2009年で2010年のHK2207と先に紹介したLadybugとHD5800用もそこそこ複数ですね。

1920x1080で普通に500fps越えと無駄にfpsが高いというかCPU(メモリ)の限界までfpsが上がる仕様。
こちらは、とりあえず冒頭の1600fpsを超える引きのシーンでコイル泣きが漏れてくるのが印象的。(笑)
1200fps切るくらいに近づけば収まる感じですねの-1-ショット。やはり1000fps越えはコイル泣きが避けられないようです。
※GPUクロックは2200MHzオーバーはしていますが、負荷は80%台中心でそうでもなく高fpsで泣くようですね。

あとファンの制御がコア温度ではなくホットスポット(ジャンクション)温度でされているようで、途中ピーク920rpmあたりまで上がって徐々に600rpmに向けてまた下がるような動きをしますね。

書込番号:23916072

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/19 22:28(8ヶ月以上前)

6800XTリファレンスのレビュー
https://jisakuhibi.jp/review/radeon-rx-6800-xt-reference

ここを見る限りでは、バラック状態でコア 81℃ とかなり高い温度になるようですね。(ジャンクション温度は92℃)
一度1200rpmあたりまであがって、1000〜1200rpmで上がったり下がったりで静音志向のようでOC向けではなさそう。
ヒートシンク自体の温度も高そうでVRAMも92℃と高温度で、手動ファン調整したほうが良さそうですね。

ただNitro+RX6800のも、76℃(92℃)まで上がります。 こいつはAUTOファン制御で、ジャンクション温度60℃まで上がらないとファンが回らない仕様で、かつ一旦最初の数分は1050rpm前後まで回転するのですが(そのころの様子ではコア51℃以下で安定している状態)、そして、、、なんとあとは30〜60秒置きくらいで900rpm前後、800rpm前後、700rpm前後、600rpm前後まで下がって、結局540rpmあたりで76℃(92℃)までTimeSpyStressTestで上がるという本当に超静音仕様なんですよね、、、。(笑)
※おそらくコアが80℃かジャンクション温度100℃に達するまで回転数が下がり続ける仕様かなと。(最低は500rpmあたり?)
このNitro+の制御を見た時は最初バグかなと思いましたが、1〜2時間程度の実ゲーム中ではCPUやVRAMなどその他がネックになったりでジャンクション温度90℃越えまでは見ないので超静音仕様だと認識(するしかない)。
そしてコア75℃を超えても99.3%と冷えてる状態とさほど変わらない性能で安定とNitro+の冷却構造自体は優れていそうです。

ついでに6800XTリファレンスとベンチ比較。
とはいっても、比較できるのは今のところFF15とGears5のみですね。かつランダム要素を無視できるのはGears5のみ。(汗)

CPUはi9 10900Kと4000CL15と強めなので4K以外の1440pもですが1080pも比較に支障はないでしょう。SAMはOFFで。

まずはFF15からですが、1080pは我がNitro+RX6800が強いようで、、、どうもRX6800リファレンス比で1440pは順当に強く、2160pは何故か負けとランダム要素も強く1080pではCPUなどの影響も強いようで比較を断念します。
せっかくのベンチマークソフトなのですがFF14同様GPUの純粋な比較には向いていないですね。

ということでやはりGears 5の最高プリセットで比較。

・1080p
6800XT 153.2fps 14.3%up(6800リファ基準)  7.9%up(Nitro+6800基準)
6800   134.0fps       Nitro+6800 141.9fps 5.8%up(6800リファ基準)

1440p
6800XT 114.6fps 13.4%up(6800リファ基準)  8.9%up(Nitro+6800基準)
6800   101.0fps       Nitro+6800 105.2fps 4.1%up(6800リファ基準)

2160p
6800XT  65.5fps 14.9%up(6800リファ基準)  4.8%up(Nitro+6800基準)
6800    57.0fps       Nitro+6800  62.5fps 9.6%up(6800リファ基準)

ちなみにNitro+RX6800のベンチ中の実働クロックは2220〜2237MHzでCPU依存度は低めのベンチマークですね。
5600XもデフォルトAUTO設定です。
一応Nitro+RX6800はリファレンス比でパワーとゲームクロックは10%以上上がってはいるものの4%のブーストアップなので4%、いっても5〜6%の差かなと思っていましたが、こうしてみると2160pで予想より差がありますね。
特にCPUやメモリにより依存しない4K 2160pで10%近い差はより素の差を示しているとも言えるので、、、パワーの差か。
ただ6800XTとの差が1080pや2160pよりより近いので、念のため追試してもまた62.5fpsと安定した結果なので、、、。
6800XTのfpsではよりキャッシュミスが増えて縮まる感じでしょうか?SAM有効でも2160pは伸びませんでしたし。

キャッシュが関係してそうな結果ですね。Gears 5以外でも比較を検討したいと思いますが、この中ではあとはThe Division 2とMiddle-Earth: Shadow of WarとMetro Exodusが適切な比較ができそうなので明後日これらをベンチさせて比較したいと思います。

書込番号:23916501

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/21 18:31(8ヶ月以上前)

ShadowOfWar 1080p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) 20℃

ShadowOfWar 1440p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) 20℃

ShadowOfWar 2160p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO) 20℃

Middle-earth Shadow of War で比較。 HDテクスチャパックありの最高ウルトラ設定。

このベンチマークはCPUやメモリの影響がより少なさそうで、ここで比較しているものではGears5同様かそれ以上にGPUの純粋な評価に向いてそうです。
https://jisakuhibi.jp/review/radeon-rx-6800-xt-reference
※RX6800XTのレビューだからあえてなのでしょうけどRADEON有利なゲームタイトル中心で比較されてますね。

・1080p
6800XT 201.4fps 17.9%up(6800リファ基準)  11.3%up(Nitro+6800基準)
6800   170.7fps       Nitro+6800 180.9fps 5.9%up(6800リファ基準)

1440p
6800XT 141.7fps 16.6%up(6800リファ基準)  7.6%up(Nitro+6800基準)
6800   121.5fps       Nitro+6800 131.6fps 8.3%up(6800リファ基準)

2160p
6800XT  81.5fps 15.2%up(6800リファ基準)  5.2%up(Nitro+6800基準)
6800    70.7fps       Nitro+6800  77.4fps 9.4%up(6800リファ基準)


このベンチマークも1080pでは6800XTが3080に対して優勢だが1440pそして2160pに解像度が上がるにつれて、その差がなくなり(最悪逆転を食らう)傾向を見せ、そして6800XTは6800よりに近づくという傾向も同じ。
このベンチマークは6800XTと6800の差が最も大きい部類になるがそれでも上記は同じ。
ハイエンド系では本来その傾向は逆なのだが、どうもやはりというか比べて調べれば調べるほどパワーやジャンクション温度の関係よりもキャッシュの影響がかなり大きそうな結果ですね。

とりあえずこれもNitro+6800と6800XTで2160pでは5%程度の誤差よりは大きいものの体感どころか無視しても良いかなと思えるレベルまでに妙に縮むのは、仕様の中で重要なのは本当にL3キャッシュことInfinity Cacheなんだなと。
※ダイサイズの20%も使うことだけのことはあるようです。倍の256MBとかは3nmプロセスでなければ割に合わなさそう。
それゆえに単純に秒あたりの扱うデータ量が増えるゲームや設定では320bitの3080無印にも負けてしまうという構造なので、2160pや1440pより1080pに特化している構造ともいえ、単純に4Kなど高負荷なものにはキャッシュヒット率に応じた性能の限界により縛られてしまう仕様のバランスの難しさも感じる設計かなと。レイトレやDLSSに割く余裕がないのは仕方がないですね。

6800でNitro+とリファの差が大きいのは、パワーやOCでの伸びが元々XTより良い傾向を見せていることから、6800ではキャッシュ128MBの余裕がXTよりはまだあるデータ量のfpsなのでという感じでしょうか?。
3DMarkでは2%を切る差しかないのでパワーの関係(Nitro+とリファは同じですね)で、3DMARKの場合はクロックOC分があまり効かない状況なのかなと。つまりパワーやジャンクション温度の余裕の差も含めてキャッシュの範囲内で伸びやすさが違うのかなと。

とりあえずGears5と似たような結果で、おそらく他も似たような結果が普通に予想できますね。

書込番号:23919546

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/22 11:20(8ヶ月以上前)

FlightSimulator 1080p 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) 17℃

FlightSimulator 2160p Ultra 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) 17℃

FlightSimulator 2160p Ultra 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) 17℃

FlightSimulator 2160p Ultra 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) 17℃

NITRO+RX6800を利用した、TRIXXの効果を紹介した動画を見つけました。
https://youtu.be/y8mIsFIA15k

Fortniteのレイトレーシングは、4KのEPIC設定のリフレクションLOW設定では80fps越えでMIDでは30fpsに下がるみたいですね。
TRIXXで110fps越え、40fpsという感じでしょうか。 ただ3072x1728の80%まで落とせばもっと伸びるでしょう。
ただネイティブ2560x1440なら60fpsのようなのとで、4Kで60fps目指すよりは現実的でしょう。
※リフレクション以外のレイトレオプションは無効の場合。

続いてこちらはTRIXX有り無しでの左右比較や、リファレンスのRX6800とRX6800XTとの比較もあります。
こちらのほうがわかりやすい動画ですね。
https://youtu.be/2083gBopN9o

ちなみに個体差ありでしょうけど、この方の5900Xでの検証でNITRO+RX6800はリファレンスより
FarCry5 4K で 2.2%up、Shadow of the Tomb Raider 4K で 3.2%up、Borderlands 3 1080p で 5.9%up とかのようです。
伸び幅はゲームや設定でまちまちのようですが、やはりリファレンスより2〜9%程度は普通に速くなりそうですね。

FarCry5 4KとBorderlands 3の4KでのTRIXXもありましたが、この2つはやけにTRIXXでの伸びが良いので、ここでは35%程度の普通の伸びのShadow of the Tomb Raider 4Kをピックアップしておきます。

Shadow of the Tomb Raider 4K
RX6800 92fps
NITRO+ 95fps
6800XT 108fps
NITRO+ 128fps with TRIXX

TRIXXはシャープネスがあるのと、何よりゲームの解像度に中途半端な3072x1728とか刻めるように追加されほぼすべてのゲームに使えるのが便利なところでしょう。 願わくばドライバーと連携してオートでドライバーレベルでレンダリング解像度を下げてくれた方がよいでしょうけど、そうするとベンチマークで不正ができてしまうのでこの仕様で良いのでしょうけど。
ちなみに画質はDLSSと比べると劣ります。 基本的には2160p用という感じですね。


おまけで、Microsoft Flight Simulator (2020)の訓練1のフライト直前のループ中のfpsを紹介。
設定は最高のウルトラで 最初の1枚は1080pで残り3枚は2160pです。

1080pでの60fpsは余裕で、負荷が低いためにクロックも低いまま、ファンも540〜600rpm固定といった感じ。 よって1枚。
2160pは34〜44fpsで60fps届かず全開。
最初ジャンクション温度 90℃に達した段階で一気に1300rpmで、89℃未満に下がると540rpmまで下がる動き。
基本は750rpmあたり67℃ 85℃のようですが、なぜか連続高負荷でも540rpmまで下がる。
おおむね600〜800rpm間で約9分そのまま放置しても750rpmあたりで均衡するような感じが続いているのに、しばらくするとなぜか段階的に下がって540rpmまで下がってコア70℃に達して900rpm台まで上がりを繰り返す仕様。
とりあえず70℃内に収まるような制御には見えるもののジャンクション温度で制御が基本のようでもあるので、挙動がゲームや設定によってかなり違ってくるので、ここで書いてる数字はMicrosoft Flight Simulatorの4K ウルトラ設定時に限ってと一応します。
高負荷時でも540rpmまで下がる超静音制御でややこしくなっているような、、、
TimeSpy StressTestの場合は割と早い段階(数分)で上記のような様子が収まり540〜600rpm固定となり、コアやジャンクション温度が高くなろうとお構いなしに540〜600rpmのままなので、コア70℃ ジャンクション90℃以下で毎度制御しているわけではないよくわからない制御(に移行?)、、、

毎度ファンの動きに惑わされてTRIXXさせるの忘れたので後で追試。(笑)

書込番号:23920549

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/22 13:05(8ヶ月以上前)

FlightSimulator 2160pUltra-TRIXX80% 5600X+NITRO+RX6800 18.5℃

FlightSimulator 2160pUltra-TRIXX80% 5600X+NITRO+RX6800 18.5℃

FlightSimulator 2160pUltra-TRIXX80% 5600X+NITRO+RX6800 18.5℃

FlightSimulator 2160pUltra-TRIXX80% 5600X+NITRO+RX6800 18.5℃

Microsoft Flight Simulator (2020) 4K Ultra を TRIXX 80%(3072x1728) にて。

最大 44fps → 最大 59 or 60fpsとギリ60fpsで最小も合わせて35%前後の向上。
OCでは精々1割程度しか伸びないので、TRIXXの使用は比べると有意義ですね。
まだ普通に60fpsは切るものの概ね35-40間が45-55fps間にアップしているのでFS 4Kウルトラとしてはまあまあでしょう。たぶん。

書込番号:23920712

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/24 10:46(8ヶ月以上前)

Nitro+6800 OCより35%も上がればNitro+6900XT OCより10〜15%速い感じをTRIXXで体感している状態ですね。

書込番号:23924412

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/25 01:56(8ヶ月以上前)

Nitro+RX6800XT SEとの比較です。
https://jisakuhibi.jp/review/sapphire-nitro-plus-radeon-rx-6800-xt-oc-special-edition

実際に3080を軽く超え3090の350W相当と同じ消費電力で、しっかりOCされているモデルのようですがクーラーはやはり優秀みたいですね。VRAMもリファレンスよりは冷えているようで安心ですが、リファレンスと同じように1000〜1200RPMの範囲内でファン速度が緩やかに波打つようです。
リファレンスは8cmファン3個、Nitro+は10cmファン2個と9cmファン1個と大きさがアップしてでの1000〜1200rpmでも静音性はより高いというか、350Wクラスハイエンドの中ではNo1のポテンシャルがありそうなクーラーで良さげ。
10cmファンのみ外周リングに切り込みが入ってますがそれも意味がありそうな結果ですね。
※Nitro+RX6800だと540rpmまで下がるのも分かるような性能ですね。※XT付きとはヒートパイプ数など若干シンク違いますが。


さてGears5とMiddle-earth Shadow of WarでNitro+同士で比較。 6800版 → 6800XT SE版

Gears 5
1080p 141.9fps → 161.8fps (14.0% up)
1440p 105.2fps → 121.5fps (15.4% up)
2160p  62.5fps →  68.5fps ( 9.6% up)

Shadow of the Tomb Raider
1080p 180.9fps → 214.6fps (18.6% up)
1440p 131.6fps → 145.5fps (10.5% up)
2160p  77.4fps →  85.7fps (10.7% up)

クロック差の影響もしっかりある18.6%差もあり、XTでよりデータ量が少なくすむ1080p特化型の印象が強くなるなと。
反面実働動作クロックは平均で5〜6%ほどXT SE版が高いにも関わらずで、データ量増でL3キャッシュに依存する仕様の影響から、一気に10%程度の差に縮まるのが共通して見て取れます。
ベンチに収まるサイズならば18%差は期待できるものの、扱うデータや増え、操作が伴ったり、ランダム要素もある実ゲームでは差が急激に縮む傾向があるのはあまり良い仕様とは思えませんが、256bitは消費電力面でかなり有利でしょうから難しいところですね。
キャッシュ容量128MBしか詰めなかったので256bitに留めたとも言えそうですが、ハイエンドとしては中途半端なところは否定できませんね。
ワットパフォーマンスがかなり悪化して3080/3090と比べても悪いので、L3キャッシュのメリットの話に説得力を欠く結果ですね。
しかし今後は製造問題的にもコアが複数ダイに分かれそうなので(3nm時代?)L3キャッシュに依存する仕様に変わるしかないのかもしれませんね、、、

書込番号:23926192

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/25 20:17(8ヶ月以上前)

METRO EXODUS 1080p High 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO)

METRO EXODUS 1440p High 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO)

METRO EXODUS 2160p High 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO)

METRO EXODUS 2160p High 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(Boost2320化のみ)

Nitro+RX6800XT SEとの比較その2。 METRO EXODUS 編
https://jisakuhibi.jp/review/sapphire-nitro-plus-radeon-rx-6800-xt-oc-special-edition

まず表記通りのエクストリーム設定は、まったくの間違いであることが判明。
そもそもシェーディングスケールが200%になるこの設定ではまったくもって不可能なfpsです。4Kは8Kでレンダリングされます。
かつ100%に落としても数割も違い、よってウルトラで試すもこれも数割違い、ハイ設定なことが判明。
Ultraより一つ上ではなく一つ下のHighプリセットでされているようですが、設定表記間違いで数値は正しそうです。
表記通りエクストリームで比較すると我がNitro+RX6800はREDEON VIIはおろかRX5700にも大きく劣ることに、、、
海外の比較(動画)はこういう感じなのか理不尽なものが少なからずあるのですが。 3080vs6800無印で6800無印圧勝とか。
あれはわざとなのか不手際間違いなのか、、、
ちなみにプリセットの最高はレイトレありのRTX設定ですが、こちらはシェーディングスケール100%です。
RADEON VIIなどとも比較されるためにHigh設定(もしくはHighでプレーされていた)なのだと思います。
前の比較でShadow of the Tomb RaiderはShadow of Warの間違いとか、間違いは誰にでもあるものです。(笑)

さてとNitro+同士で比較。 Nitro+6800版 → Nitro+6800XT SE版
METRO EXODUS
1080p 130.7fps → 144.9fps (10.8% up)
1440p 103.3fps → 111.3fps ( 7.7% up)
2160p  64.6fps →  69.3fps ( 7.2% up)

これも傾向は同じで高解像度になるほど差が縮む。
ほぼ予想通りでキャッシュが絡む以上、キャッシュに全部乗らない限り例外は無さそう。

ちょっと予想外なのは、基本的にディテール面も含めてヘビーなゲームだけに1080pでは15%は差がつくと想定していたくらい。
1080pでもキャッシュミスが多いほどデータ量が多いわけではなく、5600X(AUTO)でGPU使用率96〜97%とクロックが足り無さそうで上げる必要がありそう。1080pではハイエンドでは飽和する軽いゲームも多いですが、97%はあるのでそこまでではないものの少し伸びにくい傾向がありそうです。

1440pと2160pはキャッシュの関係がより表面に出ていての伸びにくさですが、パワーの関係もゼロではなさそう。
それは特に2160pでNitro+RX6800無印をブースト2190から2320にアップでパワーそのままで追試させると、
・ブースト 2190 → 2320 5.9%up しかしパワーの関係で実働は〜30MHzしかアップせず2200MHzあたりの平均にとどまり
2160p  64.6 → 65.2fps と1%up程度で、故にXT SE(69.3fps ( 7.2% → 6.2% up) )とは微妙に縮まるだけでした。
パワーそのままのOCのOCですが、パワーの関係でクロックアップの効果が薄いことも影響はしていそうです。
もっともXT SE版はすでに3090と実測レベルで同等の350Wも食っているので、無印版ほどクロックは落ちないでしょうしキャッシュの影響のほうが甚大だとは思いますが。

書込番号:23927339

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/29 21:30(7ヶ月以上前)

Gears5 1080p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(Boost2.45GHz PL110%) 14℃

Gears5 1440p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(Boost2.45GHz PL110%) 14℃

Gears5 2160p Ultra 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(Boost2.45GHz PL110%) 14℃

Nitro+RX6800XT SEとの比較 その3、パワー+10%OCさせてみてやはりキャッシュのせいだと思われる伸びにくい印象ありですね。

RX6000がめっぽう強いGears5でOCさせて検証してみました。
Gears5はリニアになめらかな動きでかつ解像度ごとにきれいに変化するので、RTX3000比関係なく綺麗なベンチマークかなと。
※SAMは無効です。表記のないものは無効です。

OC設定はパワーリミット110%、Boost 2450MHzに。メモリやファンはそのままです。5600XはAUTO。

Nitro+RX6800XTとの比較というより、+10%でBoost+260(+11.8%)とコア10%アップなのにあまり伸びない、OC後の伸び率検証というスタンスなので、6900XT(以下のリンク参照)も加えた全体像と合わせて伸び率を紹介。
https://jisakuhibi.jp/review/radeon-rx-6900-xt-reference

・1080p
RX6900XT リファ  166.9 fps
RX6800XT Nitro+  161.8 fps
RX6800XT リファ  153.2 fps
RX6800   Nitro+  141.9 fps ※ OC後 146.1fps 2.9% up
RX6800 リファ    134.0fps
RTX3080       130.7fps

・1440p
RX6900XT リファ  125.8 fps
RX6800XT Nitro+  121.5 fps
RX6800XT リファ  114.6 fps
RX6800   Nitro+  105.2 fps ※ OC後 109.0fps 3.6% up
RX6800 リファ    101.0fps
RTX3080       103.1fps

・2160p
RX6900XT リファ   70.9 fps
RX6800XT Nitro+   68.5 fps
RX6800XT リファ   65.5 fps
RX6800   Nitro+   62.5 fps ※ OC後 63.8fps 2.0% up
RX6800 リファ     57.0fps
RTX3080        62.8fps


といった感じで、約2〜3.5%しかアップしませんでした。パワー10%も盛らずそのままOCと大差ない感じの低結果ですね。
とくに2160pで伸びが悪い感じですが1080pは5600X(AUTO)がややネックになっているかもしれません。
パワー10%盛ってのこの結果からネックはパワーよりキャッシュ、少なくともそれ絡みなのは間違いなさそうです。
クロックは2300MHz台中盤で推移しているので確実にクロックアップはしてはいますが3DMarkほどには順調に伸びないようですね。

書込番号:23934793

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/29 21:58(7ヶ月以上前)

FF15 1080p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO)

FF15 1440p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO)

FF15 2160p 5600X(AUTO) + NITRO+RX6800(AUTO)

そうそうSAM有効、第一弾で3DMarkのスコアが下がった件の原因を書くのを忘れていました。(汗)

原因はCSM無効でBIOS設定画面になってしまう調査で、Nitro+RX6800のBIOSを物理的にセカンダリーBIOSにして戻すのを忘れたまま、OSインストールし直して、FireStrike等を計測したためでした。

最近のRADEONデモ等を紹介したときはプライマリーBIOSに戻しています。
FireStrikeはSAMで変わらずでOS再インストール前と変わらないので既に紹介した通りですが、FF15ベンチマークを紹介したときもセカンダリーBIOSで紹介した可能性が高いために、FF15ベンチマークをプライマリーBIOSで取り直しました。
1080pは5600X(AUTO)の関係もあって変わらずのようですが、1440pと2160pは微増しているようです。
※1440pは正確にはプチOCでしか試していなかったのでそれと比較するとスコアが落ちていますがおそらく微増かなと。
※FF15はランダム要素の影響があるベンチマークですが、微増がたまたまかもしれませんが一応微増したスコアのようなので。

また3DMarkに限らずこのFF15もですがSAMによる効果はないですが、そもそもDX9〜DX10なので256MBアクセス前提で動作するAPIなので変わるわけがない、DX12とVulkan APIでのみ効果が期待できるという結論なのかなと。

書込番号:23934847

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/30 00:21(7ヶ月以上前)

FF15 4K 5600X(AUTO) + Nitro+RX6800(AUTO) 14℃ HWiNFO

FF15 4K時のHWiNFOでのNitro+RX6800の各種センサーの様子です。温度もですが結構たくさんあるようです。

スコアが出て終了間際のショットですが、ファンの平均rpmがヤバいことになってますね、、、
実行の少し前にHWiNFOを起動しているため0rpmの時間が少し長めだと思いますが、それにしてもほぼ低速回転で回っていることがカレントrpmと最大rpmからもお分かりいただける計測値だと思います。

室温14℃でファン基本的に600rpmに下がる感じなので、4Kでしっかり負荷を掛けているとはいえどこまで参考になるのか分からないですが、Nitro+RX6800はこういう超静穏性重視なファン制御なことと、そのせいでというか結果的にホットスポット温度がMAX82℃、VRAMらしき温度が72℃まで上がっているようです。
GPU温度は51〜52℃で粘る感覚が800〜900rpm台も前半は割とあるのですが後半540rpmまで下がる感じで66℃までジワジワ上がりHotSpotやVRAMも一気に上がってしまう感じで、制御が短時間で超静音重視に変わってしまいます。

書込番号:23935113

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2021/01/30 10:32(7ヶ月以上前)

∠(^_^) ご苦労様です。

AUTOで充分私め数値が落ちてた。

書込番号:23935594

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/01/30 13:11(7ヶ月以上前)

こんにちは。
いいところを突いてきますね〜。
FF15なので何回が回せば届くかもしれない程度の距離感が絶妙です。

キャッシュが効くと大抵は10〜15%は3070TEより速いはずですが、FF15に関してはキャッシュが上手く効いていない感じですね。
4Kになると同じ256bitでも14Gbpsと16Gbpsの差が効いて、RX6800でもNitro+なので抜き返せる感じでしょうけれど接戦。

ちなみにNitro+はセカンダリーBIOSはリファレンスと同じ203Wでクロックアップ。プライマリーBIOSは227Wでクロックアップ。
MorePowerToolsでBIOSの中身を覗けますが、実はクロックアップ部分の項目がまだないとかRageモードの有無の差とか不明確なところが結構あります。
※RageモードはRX6800では表示もされず無効ですが、Nitro+版ではRageモードのボタンが表示され設定もできます。

さらにちなみに、RedDevilとAOURSMasterはNitro+と同じ227W、Trio-Xは215W、Pulseは219Wです。

書込番号:23935873

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/02/05 15:39(7ヶ月以上前)

FF14漆黒 1440p 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(AUTO) 14℃ ss

FF14漆黒 1440p 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(AUTO) 14℃

FF14漆黒 1440p 5600X(AUTO) + RX6800Nitro(AUTO) 14℃ CPU-Z

FF14漆黒の1440pでの結果です。 5600XとNitro+RX6800は定格AUTOです。

室温の関係もありますが、540〜700rpm台で動作して最大でも64℃に留まっています。(最大は回り始め一瞬1300rpm台あり)

ちなみにですが、MSI Afterburner 4.6.3 Beta5でNavi21でのOCやファン制御に対応しました。
CoreClock 2249MHzと標準の最大ブーストクロックが表示されています。(RX6800のリファレンスと共通かもしれません。)
よってこちらもブーストクロックのOCをするためには最大ブーストクロックを弄って行うようです。

書込番号:23947934

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:26454件Goodアンサー獲得:244件

2021/02/05 21:49(7ヶ月以上前)

あのね

BIOS AGESA Ver1.2.0にアップ
AMD Chipset Drivers Ver 2.13.27.501にアップ

ーーした後のベンチ
システムは超安定した (^_^)

書込番号:23948552

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3818件

2021/02/06 00:43(7ヶ月以上前)

こんばんは。
BIOS AGESA Ver1.2.0の方は既にBIOSは入手していましたが放置したままですね、、、
3080環境の方は5つくらい前のBIOSのまま放置。(汗)
AMD Chipset Drivers Ver 2.13.27.501は全然知らず。(汗汗)

順調そうみたいでなによりです。 このあたりで一発AUTO開放で3080に噛みついてみませんか?(笑)
ClockTuner 2.0 for Ryzen(CTR)というツールも出ているようですし、MSI AfterburnerもRTX3000に対応していますしで。
せっかくのZEN3とRTX3000ですから遊んであげないと。(笑)

という私めはヘッドホンとケーブルをとっかえひっかえしながらなのとで、PCはLEDイルミネーションを見ているのが主になっているようにも感じることが、、、
新しい3DMARKとか何か刺激を求めているのもありますけど、ZEN3とRTX3000(とRX6800)を入手して満足してしまっているところがまた今になってきている感じでまったりとしてますね。

書込番号:23948903

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]
SAPPHIRE

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2020年12月 4日

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 6800 OC 16G GDDR6 [PCIExp 16GB]をお気に入り製品に追加する <47

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:9月17日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング