『KC62ユーザーに質問です。』のクチコミ掲示板

2021年 2月上旬 発売

KC62 [カーボン・ブラック 単品]

  • 「Uni-Core システム」を採用したサブウーハー。コンパクトサイズのキャビネットからディープなベースサウンドを提供する。
  • 独自のプリーツデザインを採用した「P-Flexエッジ」により、音質に悪影響を及ぼすことのないように、キャビネット内の空気圧を適正にコントロール。
  • 「スマート・ディストーション・コントロール・テクノロジー」が、最大75%まで全高調波ひずみ率(THD)を抑制。
KC62  [カーボン・ブラック 単品] 製品画像

画像提供:コジマネット

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥217,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥217,800¥242,000 (8店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥242,000 〜 ¥242,000 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

販売本数:1本 タイプ:ウーハー 再生周波数帯域:11Hz〜200Hz KC62  [カーボン・ブラック 単品]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]の価格比較
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]の店頭購入
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のスペック・仕様
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のレビュー
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のクチコミ
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]の画像・動画
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のピックアップリスト
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオークション

KC62 [カーボン・ブラック 単品]KEF

最安価格(税込):¥217,800 (前週比:±0 ) 発売日:2021年 2月上旬

  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]の価格比較
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]の店頭購入
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のスペック・仕様
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のレビュー
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のクチコミ
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]の画像・動画
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のピックアップリスト
  • KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオークション
クチコミ掲示板 > 家電 >   >  KC62 [カーボン・ブラック 単品]

『KC62ユーザーに質問です。』 のクチコミ掲示板

RSS


「KC62 [カーボン・ブラック 単品]」のクチコミ掲示板に
KC62  [カーボン・ブラック 単品]を新規書き込みKC62  [カーボン・ブラック 単品]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ11

返信18

お気に入りに追加

解決済
標準

KC62ユーザーに質問です。

2022/06/08 07:27(6ヶ月以上前)


スピーカー > KEF > KC62 [カーボン・ブラック 単品]

スレ主 moto888さん
クチコミ投稿数:10件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度1

KEFのKC62を使われている方に質問です。
以下のHPに上げている内容と同じような状況でしょうか?
KEFのサポートは正常だと言っているのですが・・・
音量が急に大きく出て、全くレベルが合いません。
https://office-mos.com/kc62-malfunction-check-the-characteristics-and-return-support/
https://office-mos.com/kc62-was-returned-without-any-problems-but-not-at-all/

書込番号:24783142

ナイスクチコミ!1


返信する
クチコミ投稿数:5287件Goodアンサー獲得:67件

2022/06/08 11:35(6ヶ月以上前)

このモデルでは、ないけど
以前知り合いからKEFのサブウーハーを借りてテスト。
オーディオの場合、曲により音量過多になる場合があります。
ベロダインは、リモコン追加でボリュームで調整。
他の海外機種は分かりません。
で調整が難しいと思い
私はパイオニアのパッシブサブウーハーを揃えました。(パススルー付き)

書込番号:24783368 スマートフォンサイトからの書き込み

Goodアンサーナイスクチコミ!0


arisugawaさん
クチコミ投稿数:323件Goodアンサー獲得:4件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度4

2022/06/08 22:49(6ヶ月以上前)

信号入力を感知して電源がONになりますので24時間通電スタンバイ状態です。2−3回 スタンバイからONにならないことがありましたがプリアンプをいじっているうちに正常に復活しました。 ご指摘のような音量の急変はありません。 周波数特性では30HZ以上が出ていれば良しとしています。部屋の定在波の影響で50HZ周辺で山谷が出ます。 HPFは60Hzです。 今のところ不満はありませんが もう一つ購入してステレオにしたいとも思っています。 

書込番号:24784239

Goodアンサーナイスクチコミ!1


スレ主 moto888さん
クチコミ投稿数:10件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度1

2022/06/09 06:42(6ヶ月以上前)

arisugawaさん
返信ありがとうございます。KEFのサポートは態度悪くて、問題なしの一辺倒なのでこちらでお聞きしました。
やはりおかしいのですね!
低域のレベル調整ボリュームがまともに動かないのは、だれがどう見てもおかしいと思います。
ろくに確認してないと思います。しかし11Hzからというのに30Hzしか出ないウーハーはどうかなと思いますけど・・・
スピーカー10cmで測っているのに部屋の影響ですます考え方が許せないですね。

書込番号:24784434

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1313件Goodアンサー獲得:50件

2022/06/09 13:34(6ヶ月以上前)

もし可能であれば問題のユニットを KEF Showroom (KEF Music Gallery) に持ち込んで A/B 比較試聴をなされば白黒をはっきりつけられますが、いかがでしょうか。
https://jp.kef.com/pages/kef-music-gallery

書込番号:24784862

ナイスクチコミ!2


銅メダル クチコミ投稿数:4428件Goodアンサー獲得:1022件

2022/06/09 17:41(6ヶ月以上前)

moto888さん、こんばんは。

リンク先は読みましたが、
>音量が急に大きく出て、全くレベルが合いません。
本来、サブウーファーは「音量調整後」の信号を入れるものです。
ですから、音量ツマミは、固定で使われるのが通常です。

SWの音量ツマミの本来の使い方は、説明書に書いてあるように
>KC62 の音量と組み合わせるスピーカーの音量とのバランスをとる時に使います。
ですので、そもそも、音量を上下するために主体的に使うものではありません。

そして、メインスピーカーとの音量調整は、
通常はAVアンプの自動音場設定を使うのが普通です。
通常のプリメインアンプのSW出力では、
場合によってはSWの音量ツマミだけでは音量調整しきれないものでも、
AVアンプは、SWへの音量出力を個別に調整できるので、
メインスピーカーとのバランスの調整範囲も広いわけです。
ですので、自動音場設定のないシステムにつなぐ場合には、
それなりに使い方などに注意を払う必要があると思います。

ご存じかどうかは知りませんが、
Fostexに小型サブウーファーのPM-SUBmini2があります。
https://kakaku.com/item/K0000816699/
元々、Fostexの小型アクティブスピーカーとの併用のための製品なので、
入力感度が低いので、SWの個別音量調整が出来ない
2chプリメインアンプのSW OUTにつなぐと、
SWのボリュームMAXでも十分な音量がとれません。
メインのスピーカーの能率がかなり低いと上手くいく場合もあります。
AVアンプで自動音場設定をすると、設定値は+10dBくらいになります。
つまり、これだけ入力感度が低いわけです。
このような製品もあるということですから、
2chシステムにSWを組み込むには、製品選びと使い方を考える必要が有り、
通常のスピーカーと同様に考えるのは違うのではないかと思います。


機器の配線の仕組みを見ましたが、
まず、どこで音量調整をしているのか不明です。
PCもしくはM300MK2なのでしょうか?
だとすると、デジタルボリュームなので、わかるかどうかは別にして、
ビットを削るので音質は劣化します。
下にも書きますが、現状のシステムでいちばん適しているのは、
SA300のSW出力にLFEで接続して、ボリュームツマミで音量バランスを取る、
という方法ではないかと思います。
正直なところ、なぜLINE IN OUTを使っているのかまったく理解できません。

出力の落ちが上下共に早いのは、
EQ設定の影響ではないかと思うのですが、
設定に関するスイッチが「MANUAL−LFE」しかないので、
MANUALを選ぶと、EQ設定が回避できないように見えます。
EQはどれを選んでいるのでしょうか?

EQが働いている場合と働いていない場合の周波数特性測定値が以下にあります。
EQが作用しな場合の測定値は「LFE」を選んでいるのではないかと思われます。
まあこれを見ても、最低が「11Hz」はないように思います。
KEF KC62
https://www.hifi-voice.com/testy-a-recenze/subwoofery/3109-kef-kc62

現状の接続で上手くいかないのだとしても、
KC62には、LFEとスピーカー入力があるのですから、
M300MK2→SA300(SW OUT)→KC62
M300MK2→SA300(SP OUTから並列に引き出して)→KC62
これらの接続も試した上で、すべて同じ症状なら製品不良もあるでしょう。

ですが、現状の使い方、テストの方法が正常な使い方とも思えないので、
製品不良との判断は出来ないです。

書込番号:24785156

ナイスクチコミ!1


スレ主 moto888さん
クチコミ投稿数:10件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度1

2022/06/10 09:36(6ヶ月以上前)

KC62をご存じなく一般論で言われているのだと思いますが、この製品はLINE入力をすることにより、パワードSPへ可変LPFを通じて信号を送り、可変HPFでLINE OUTを送りパワーアンプで増幅するようになっています。
内部にサブウーハー用の2chのチャンネルデバイダーがある構成になっています。

そしてサブウーハー用には500W*2の内蔵パワーアンプを持っており、それをボリューム調整できるようになっています。

サブウーハーのボリュームがまともに調整できないと言っているんですよ。そこで毎回音量を調整するわけではありません。
>blackbird1212さん
スピーカーのATTの役割です。そこが一気に+30dBにしかならないと言っているのです。

書込番号:24786046

ナイスクチコミ!1


スレ主 moto888さん
クチコミ投稿数:10件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度1

2022/06/10 09:48(6ヶ月以上前)

>ListenFirstMeasureAfterwardsさん
お返事ありがとうございます。最終手段では検討しています。

書込番号:24786061

ナイスクチコミ!0


銅メダル クチコミ投稿数:4428件Goodアンサー獲得:1022件

2022/06/11 23:12(5ヶ月以上前)

moto888さん、こんばんは。

>KC62をご存じなく一般論で言われているのだと思いますが

機械の仕様や使い方、どのように使っているかなど、
仕様やブログを読めば、わかります。
そして、その使い方が間違っていることもすぐにわかります。

はっきり端的に書きます。

単純に、moto888さんの使い方が間違っているだけです。
製品は正常です。

すでに前レスで指摘しているのですが、
最大の問題は「音量調整をどこでするか」これだけです。

>スピーカーのATTの役割です。そこが一気に+30dBにしかならないと言っているのです。

なぜこうなるのかといえば、
KC62のライン入力への電圧が大きすぎるからです。

説明書を見れば明白なのですが、
LINE INには「プリアンプ出力」の接続、
もしくは、SW OUTからのLFEとしての接続、
これしか書かれていません。

つまり、両方とも「音量調整されたあとの信号」の入力であって、
音量調整前の信号を入れる事例は書かれていないのです。

だから、音量調整していないフルスケールのライン出力、
これを入力して、自分の都合の良いような音量に絞る、
というような能力は、KC62のライン入力とボリュームにはないのです。

また、SWにライン入力やスピーカー入力がついているのは、
専用のSW OUTがない場合に使うためであって、
SA300にはSW OUTがあるわけですから、それを使えば良いだけです。

現状では、
PC→M300MK2→KC62→SA300→スピーカー
M300MK2でまず少し音量を落として(もしくは落とさないで)、
SWのボリュームでSWの音量調整をして、スピーカーはSA300で音量調整、
というようなことをしているのでしょう。
ですが、SWの音量調整はサブ的なものでしかなく、
少なくとも、KC62のボリュームには、ほぼラインのフルボリュームを、
都合の良いように減衰させる機能はないということです。

現状のシステム
PC→M300MK2→KC62→SA300→スピーカー
このシステムで、正しい音量バランスを得るためには、
SWの前で音量調整をして、SA300では音量調整をしない、
つまり、SA300をフルボリュームかそれに近い状態で使う必要があります。

音量調整は、M300MK2で行います。
M300MK2の最低音量は、−40でしょうか。
まずリモコンでそこまで下げておきます。
KC62のボリュームは、とりあえず完全に絞っておきます。
そして、徐々にM300MK2のボリュームを上げていって、
スピーカーから出る音の適正ボリューム位置を探し、
次に、それに合わせて、KC62のボリュームを上げていきます。
おそらくですが、5〜6クリック目までは音は出ないでしょう。
これは、KC62の仕様でしょう。
しかし、LINE INに過大な入力を入れてはいないので、
爆音がでることはないです。

moto888さんは、プリアンプ−パワーアンプという、
セパレートアンプを使ったことがないのでしょうか。
現状の接続では、SA300は説明書にあるようにパワーアンプ扱いなので、
SA300で音量調整はしないのです。

また、たとえこの組み合わせで正常に音が出せたとしても、
SA300で音量調整しても、SWの音量に影響はないので、
音源に合わせて、両方のボリュームを調整するという
面倒な作業が必要になるわけです。
だから、SWの前で音量調整を終わらせておく必要があるわけです。
こういう製品も、そういう環境で使うことが前提で作られていると思われます。

ちなみに、
>KC62をご存じなく一般論
と書かれていますが、
つい最近、もう少し低い方もでないかと
PM-SUBmini2から置き換えたばかりです。
ただし、普通にAVアンプ用として使っているので、
昨日外して、別の部屋に持ち込んでテストしています。

このレスの内容は、
M300は持っているのですが、初代なので音量調整できないため、
リモコンで音量調整できる、同じSMSLのSanskrit 10thを使っています。
PC→Sanskrit 10th→SA300→スピーカー(KC62はSW端子)
PC→Sanskrit 10th→KC62→SA300→スピーカー
この両方の接続を行って確認しています。

ボリュームの5クリック目か6クリック目ではないと
音が出ないということも確認はしています。

なお、LINE IN/OUTを使わない理由ですが、
単純に、わかるわからないは別にして、音質の低下が気になるからです。

KC62は、HPFが細かく設定できるようになっています。
このことから、LPFもHPFもデジタル処理ではないかと推測されます。
ですから、
M300MK2→[アナログ]→KC65[ADC(デジタル変換)→フィルター→DAC]→[アナログ]→SA300
もしくは、アナログフィルターだとしても、
M300MK2→[アナログ]→KC65[アナログフィルター]→[アナログ]→SA300
というように
M300MK2→[アナログ]→SA300[SW OUT]→KC62
と比べると、SA300に送られる信号に余計な変換がかかるので、
わかるかどうかは別にして音質低下の可能性があるので避けたいということです。
また、デジタル処理では、すでに書いたようにライン入力にフルスケールの信号が入れられないので、
それによる音質低下も考えられます。
そのことから、この組み合わせなら音量調整はSA300の電子ボリュームを使う、
というのが最適ではないかと考えられます。
どうしても、メインスピーカーの低域をカットしたいというのなら仕方ないですが。

書込番号:24788867

ナイスクチコミ!2


銅メダル クチコミ投稿数:4428件Goodアンサー獲得:1022件

2022/06/12 00:42(5ヶ月以上前)

moto888さん、こんばんは。

なんか書き忘れたみたいなので追加しておきます。

PC→Sanskrit 10th→SA300→スピーカー(KC62はSW端子)
Sanskrit 10thはフルボリューム出力
SA300の電子ボリュームで音量調整

PC→Sanskrit 10th→KC62→SA300→スピーカー
SA300はフルボリューム(60)
Sanskrit 10thのデジタルボリュームで音量調整

どちらも、KC62の音量調整は適切にできて普通に使えます。

それから、新しい実験も読みましたが、
>これで問題なければパワーアンプのウーハーOUTの後にボリュームを入れて、レベル調整するしかありません。

まったく意味がわかりません。
上記のように、適切な位置でボリューム調整を行えば、普通に使えます。

>LPF・HPFが付いて音量ボリュームもあるパワードウーハーでこの対応は不本意です。

この件に関しては、moto888さんがどの程度の知識やスキルがあるのかわかりませんが、
少なくとも、私が読んだ限りの資料では、
RCA入力について、最大入力や感度などの記載が一切ありません。
また、デジタルで処理しているとしても、ビット数やサンプリング周波数もわかりません。
単なる民生機のおまけ機能と思うのが適切ではないかと思います。
前レスに書いたように、よほどのことがない限り使う気は起こらない機能です。

書込番号:24788983

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1313件Goodアンサー獲得:50件

2022/06/12 21:40(5ヶ月以上前)

御質問ならば、以下の引用は必須でしょう。
https://office-mos.com/kef-kc62-purchase-shock-viewing-review/

書込番号:24790525

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1313件Goodアンサー獲得:50件

2022/06/13 10:38(5ヶ月以上前)

それから追加資料として
https://office-mos.com/i-sent-it-to-kef-kc62-support-and-it-got-scratched-and-came-back/
も KEF Support の実態を示す資料としては必要かと思います。

書込番号:24791169

ナイスクチコミ!1


スレ主 moto888さん
クチコミ投稿数:10件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度1

2022/06/14 00:39(5ヶ月以上前)

>blackbird1212さん
長文のコメントありがとうございます。

>RCA入力について、最大入力や感度などの記載が一切ありません。
>また、デジタルで処理しているとしても、ビット数やサンプリング周波数もわかりません。
>単なる民生機のおまけ機能と思うのが適切ではないかと思います。
>前レスに書いたように、よほどのことがない限り使う気は起こらない機能です

については当初そう思っていたのですが、他の人が問題ないと言っているコメントをどこかで見たので、使ってみようかと思ったのです。
ただ使ってみたら爆音でまともに動かないので、KEFに修理を依頼したのですが・・・

>blackbird1212さん
も書いてある通り、M300MKIIはプリ機能もありますが、デジタル処理のため音質の低下が気になるので使わないようにしたいと思っており、Passしています。
>まず、どこで音量調整をしているのか不明です。PCもしくはM300MK2なのでしょうか?
>だとすると、デジタルボリュームなので、わかるかどうかは別にして、ビットを削るので音質は劣化します。
>下にも書きますが、現状のシステムでいちばん適しているのは、SA300のSW出力にLFEで接続して、ボリュームツマミで音量バランス>を取る、という方法ではないかと思います。

プリアウトで-40dBも落とさないと普通の音量に調整できないのはいかがかなと思いますが・・・それが正常なんでしょうか?
過大入力と言っていますが、当然歪むようなレベルではありません。又、M300MKIIのLINEOUTをミキサーにつないでみましたが、0dB入力。0dB出力でも歪や音量など問題になるレベルの出力レベルではないので通常範囲だと思っています。

M300MKIIのプリを使いたくないのでメインボリュームをSA300で行い、KC62が爆音仕様なのでSW出力を-40dB程度絞るしかないかなと思ったのが間違っているのでしょうか?
通常レベルより-40dB落とすと、アナログプリの場合はS/Nや歪率の低下・デジタルの場合もビット落ち諸々が気になります。

私としては通常レベルのライン入力で爆音にしか音量調整できないサブウーハーは壊れてると思っているのですが?

書込番号:24792352

ナイスクチコミ!0


銅メダル クチコミ投稿数:4428件Goodアンサー獲得:1022件

2022/06/14 04:37(5ヶ月以上前)

moto888さん、こんばんは。

なにか、KC62の機能について勘違いされているのではないでしょうか?

>私としては通常レベルのライン入力で爆音にしか音量調整できないサブウーハーは壊れてると思っているのですが?

まずここですけど、SWは一般的にラインのフルスケール出力を入力をするものではありません。
AVアンプで音量調整された、プリアウト出力を入力するものです。
ですから、そういう入力に対応したボリューム構成だと思われるので、
ライン出力のフルスケール入力だと、対応しきれないのでしょう。
歪むとか歪まないとかの話ではないのです。

再度書きますが、説明書にはプリアウトとLFEアウト、この2つの事例しか書かれていません。
つまり、フルスケールのライン出力(たとえばREC OUT)を使うことは想定されていない
と考えるのが妥当だと思われます。
よく質問で、これは出来るのかとか、あれが出来ない、だとかがありますが、
基本的には、説明書に書いてないことは出来ません。
機器の破損につながるような行為については注意書きがありますが、
そうではない「出来ないこと」については記載がないのが普通です。

通常の使用として、SWにラインのフルスケールを入力したことはないので、
機種によっては対応できるのかもしれませんが、この機種では無理ということです。

arisugawaさんも、急激な変化はないと書かれていますが、
USB-DACをプリアンプとして使っていて、
KC62には、音量調整後の絞った出力を入力しています。
ですから、入力が小さいので、急激な変化が起こらないということです。

こういう動作については、
PC→Sanskrit 10th→KC62→SA300→スピーカー
という接続にして、Sanskrit 10thで音量調整することで確認しています。


そして、SWにラインのフルスケール入力を入れて、仮に音量調整できたとして、
スピーカーとの音量調整は、どのようにするのでしょうか?

ソースによって、音量調整するのは当然だと思いますが、
現状では、KC62の音量調整と、SA300の音量調整は連動していません。
ですから、ソースの音量によって、両方を個別に調整することになります。

ブログで、ミキサーから入力した実験では、
>デジタルミキサーを入れた構成では個別での音量設定のため、
>音量を変えると毎回設定を変更しないといけないため常用はできません。あくまで実験です。

このように書かれているのですが、現状の接続がまさに両方を個別に音量調整する状態です。
そこはどうなのでしょうか?

ひょっとしたら、KC62のボリュームを、ライン入力の信号レベルを調整していると思っているのかもしれませんが、
機能から考えて、SWのパワーアンプの入力ボリュームです。
「LFE」を選んだ場合、EQやLPFは働かないですが、ボリュームは働きますし、
KC62のボリュームを絞っていても、ライン出力からSA300に出力はあるので、
パワーアンプの入力ボリュームとして働いていると考えるのが妥当です。


>M300MKIIのプリを使いたくないのでメインボリュームをSA300で行い、
>KC62が爆音仕様なのでSW出力を-40dB程度絞るしかないかなと思ったのが間違っているのでしょうか?

だから、上記したように音量調整が連動しないのですから、
KC62とSA300のボリュームは個別に調整することになりますし、
>SW出力を-40dB程度絞るしかないかなと思った
どこでどう絞るのでしょうか?
内部を改造するということでしょうか?

>KC62が爆音仕様なので
普通に、SW OUTの信号を入力すれば、普通の音量で使えます。
「爆音仕様」だというのは、機器にそぐわない大入力を入れているからです。

>通常レベルより-40dB落とすと、
>アナログプリの場合はS/Nや歪率の低下
>デジタルの場合もビット落ち諸々が気になります。

SA300でも近いくらいは絞っているのではないですか?

また、KC62→SA300という配線をすることで、
SA300の入力信号はM300MK2からの直接なものではなく、
おそらく、デジタル変換されてハイパスを通って、再度DACでアナログ変換されたもの
である可能性が高いです。
上記のようなことを気にするのでしたら、こちらも気にされたらいかがでしょうか?

とにかく、普通に、
PC→M300MK2→SA300→スピーカー(KC62はSA300のSW端子で接続)
M300MK2はフルボリューム出力
SA300の電子ボリュームで音量調整
KC62のボリュームは、音を出しながら0から徐々に上げていってスピーカーとバランスを取る
こういうつなぎ方で使ってみてください。
普通に使えますから。

書込番号:24792404

ナイスクチコミ!0


スレ主 moto888さん
クチコミ投稿数:10件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度1

2022/06/14 06:30(5ヶ月以上前)

>blackbird1212さん
不毛なので最後の返事にしますが
LINEINーLINEOUTと取扱説明書にも記載してあるので、当然-10dBV入力が来るのは当たり前ですし、それでLINEOUTの出力はでています。その条件でSWのボリュームが下げられないのは、故障ではないと!

そのせいで入力レベルを-40dBまで下げるということは、A/D・D/A変換が十分に機能しない。(レベルが低すぎる・・・)
又、アンプ入力も低くなり、ノイズの影響もあります。なのでSWUOTを勧めているのですね。

今どきのデジタル系の機器で、かつデジタルフィルターと1000Wのデジタルアンプを内蔵しているSWで、プリで-40dBもLINEINを下げないと動かないのはあり得ないと思いますが・・・

再度繰り返しますが、最初1-4クリックは音がでず、5クリック目で爆音!+60dB以上がでてその後、フルまで上げても+10dB程度しか音量が変わらないのは(マイクの性能もありますが)おかしいと言っているのですが・・
多少のレベル差ならパッシブATTをLINEに入れることも検討していましたが、-40dBとなると・・・・

結論、KC62はオーディオ用には使えんということですね。

書込番号:24792440

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1313件Goodアンサー獲得:50件

2022/06/14 09:52(5ヶ月以上前)

>moto888さん

KC62 に対する善後策を「いろいろ日記」で楽しみにしております。

書込番号:24792660

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1313件Goodアンサー獲得:50件

2022/06/20 10:42(5ヶ月以上前)

「いろいろ日記」を楽しんでいます。
それにしても KEF JAPAN Support の対応は全くなってないですね。
ユーザー第一主義であれば、部品が届くまですみませんが代替品を使ってくださいといって送って寄越すのが当然ですが。
これが我が国の輸入元の実態ということを覚えておきます。

書込番号:24802090

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:39件Goodアンサー獲得:7件

2022/06/27 22:07(5ヶ月以上前)

>moto888さん
色々と実験されているようで興味持って読ませて頂きました。
ただ、測定は周波数特性(f特)のグラフを作るように試験したほうがよいと思います。
ボリュームは振り切れないよう大きめの出力にして固定します。(PCもKC62も)
で、周波数を10Hzから60Hzまで5Hzずつ変化させてそれそれの周波数毎に
出力(dB)をグラフ用紙等にプロットしていきましょう。そのグラフでメーカーに相談してみましょう。
あるいはここで出してもいいと思います。
測定時の注意点ですが、kc62の位相は180、フィルター無でお願いします。マイクももう少し離してください(30cm)
あと、他のスピーカーは鳴らないよう外しましょう。

>blackbird1212さん
AVアンプがないシステムのようなので、moto888さんの接続でいいと思います。
ボリュームはPCで調節するのでしょう。ライン入力出力の電圧制限問題は
仕様を見ないとなんとも言えませんが、測定するためのものであれば大丈夫だと思いますよ。

書込番号:24813154

Goodアンサーナイスクチコミ!1


スレ主 moto888さん
クチコミ投稿数:10件 KC62  [カーボン・ブラック 単品]のオーナーKC62  [カーボン・ブラック 単品]の満足度1

2022/08/01 12:37(4ヶ月以上前)

試験中

やっとKC62が治りました。デジタルアンプ部を交換したとのことです。色々コメントありがとうございました。

詳細は以下で
https://office-mos.com/kef-kc62-troubleshooting-after-3-months/

書込番号:24858560

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

KC62  [カーボン・ブラック 単品]
KEF

KC62 [カーボン・ブラック 単品]

最安価格(税込):¥217,800発売日:2021年 2月上旬 価格.comの安さの理由は?

KC62  [カーボン・ブラック 単品]をお気に入り製品に追加する <34

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月1日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング