『レンズ素材やコーティングに不安』のクチコミ掲示板

2021年10月 1日 発売

NIKKOR Z 40mm f/2

「ニコン Z マウント」採用のフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラに対応した単焦点レンズ

NIKKOR Z 40mm f/2 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥28,710

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥28,710¥31,900 (13店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥32,300

店頭参考価格帯:¥28,710 〜 ¥28,710 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:40mm 最大径x長さ:70x45.5mm 重量:170g 対応マウント:ニコンZマウント系 NIKKOR Z 40mm f/2のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • NIKKOR Z 40mm f/2の価格比較
  • NIKKOR Z 40mm f/2の中古価格比較
  • NIKKOR Z 40mm f/2の買取価格
  • NIKKOR Z 40mm f/2の店頭購入
  • NIKKOR Z 40mm f/2のスペック・仕様
  • NIKKOR Z 40mm f/2のレビュー
  • NIKKOR Z 40mm f/2のクチコミ
  • NIKKOR Z 40mm f/2の画像・動画
  • NIKKOR Z 40mm f/2のピックアップリスト
  • NIKKOR Z 40mm f/2のオークション

NIKKOR Z 40mm f/2ニコン

最安価格(税込):¥28,710 (前週比:±0 ) 発売日:2021年10月 1日

  • NIKKOR Z 40mm f/2の価格比較
  • NIKKOR Z 40mm f/2の中古価格比較
  • NIKKOR Z 40mm f/2の買取価格
  • NIKKOR Z 40mm f/2の店頭購入
  • NIKKOR Z 40mm f/2のスペック・仕様
  • NIKKOR Z 40mm f/2のレビュー
  • NIKKOR Z 40mm f/2のクチコミ
  • NIKKOR Z 40mm f/2の画像・動画
  • NIKKOR Z 40mm f/2のピックアップリスト
  • NIKKOR Z 40mm f/2のオークション

『レンズ素材やコーティングに不安』 のクチコミ掲示板

RSS


「NIKKOR Z 40mm f/2」のクチコミ掲示板に
NIKKOR Z 40mm f/2を新規書き込みNIKKOR Z 40mm f/2をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ245

返信32

お気に入りに追加

標準

レンズ素材やコーティングに不安

2021/09/15 22:09(1ヶ月以上前)


レンズ > ニコン > NIKKOR Z 40mm f/2

スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

初めて一眼レフを買ったのは10代です。

F値に関しては
標準レンズは50mmで種類は明るい順に f1.2 ,f1.4 ,f2でした。
f1.2はすごく高くてf1.4を買ったのですが、意気揚々として写真の好きな叔父(理学部教授)に見せたところ、叔父はF2を所有しておりレンズは口径が大きいほどレンズ面の精度が落ちるのでf2が一番写りが良いと教えてもらいました。
要はf1.4で写せる点を除きF16までの全ての絞りでF2レンズの写りがいいとの事でした。

焦点距離に関しては
 当時フルサイズで50mmが標準なのは距離感が裸眼に近く、カメラを構え両目を開けて被写体を追えるとの事でした。
ですがコンパクトカメラなどはもっと広角(40mm前後)でその方が写真で見た場合は自然な画角に感じていたと思います。

 レンズ枚数に関しては
色収差などはレンズ面と空気又はレンズ同士の接合面で発生、レンズ枚数が少ない方がいい。
このレンズは4群6枚、同じZマウントの50mmF1.8Sは9群12枚と比較すると半分です。

以上からこのレンズは数少ない空気感まで写し取る優秀な標準的レンズと期待したいのですが、ZマウントF1.8SがEDレンズ2枚、非球面レンズ2枚、ダイヤモンドコーティングに対してこのレンズは非球面レンズ2枚の表示だけです。

EDレンズなど使っても、レンズサイズ、枚数共に小さくてコストが低く出来るのにちょっと残念です。
同じ技術なら口径の小さいレンズが写りが良くコストも低く出来るのに、品質を落とすのは長年納得出来ないところです。
それでも現物の今後の評価が楽しみなレンズです。

書込番号:24344198

ナイスクチコミ!3


返信する
クチコミ投稿数:672件Goodアンサー獲得:40件

2021/09/15 22:26(1ヶ月以上前)

暗い単焦点レンズは
フィルム時代はたくさん有ったのですが
ズームレンズの発達に押されて
殆ど無くなってしまいました

ズームでは得られない大口径が
単焦点レンズの取り柄となってしまいました

40年前は
28mmF3.5
50mmF1.8
135mmF3.5
が1番安い交換レンズで
入門3本セットでした

この3本セットは
オリンパスは49mm
Nikonは52mm
フィルター径まで統一されてました

絞れば画質が良くなるのですから
暗い単焦点レンズが画質が良いのは当たり前です
レンズが明るいほど
収差補正は困難になるから
素性の良さで暗い単焦点レンズが画質が良いのは当たり前です

明るいレンズは
○絞りによる表現の幅を拡大
○暗所での作画のやりやすさ
○MFでのピントのヤマの掴み易さ
などがアドバンテージです

書込番号:24344230 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:35688件Goodアンサー獲得:3130件 休止中 

2021/09/15 22:36(1ヶ月以上前)

裸眼に近いのは55mm説もあったと思います。
40mm近傍はレンズが作りやすかったためと聞いています。

光が通る空気・ガラス等を媒質と言います。
媒質同士が接続する面は境界面です。

レンズ枚数は少ない方が境界面が減る訳ですから、一般的にはヌケが良いとされています。
境界面損失が少ないため、反射防止多層膜コーティングにコストをかけないで済みます。

書込番号:24344252

ナイスクチコミ!16


クチコミ投稿数:1301件Goodアンサー獲得:61件

2021/09/15 22:45(1ヶ月以上前)

価格コムを見ていて分かるように、見かけの数字に踊らされる人(ユーザー)が多いです。
確かに暗いレンズのほうが設計のしやすさがあるでしょうけど明るいレンズに人々は大きな期待をもつのことからメーカーも明るいレンズに力を入れるのでしょう。

また、暗いレンズは低コストでほどほど高性能にできるので製品ラインナップ的にも暗いレンズは低価格をアピールするのは理にかなっています。

日本のカメラメーカーのレンズでも、ライカのズミクロン50mmF2みたく暗いF値で最大限にコストをかけたレンズがあってもおもしろそうですね。

書込番号:24344263 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!8


クチコミ投稿数:35688件Goodアンサー獲得:3130件 休止中 

2021/09/15 22:46(1ヶ月以上前)

なお、EDガラスの件ですが、
特に異常低分散ガラスを要求しなくても収差補整のできる設計であれば、
コスト低減のためにも採用は必要のないことだと思います。
焦点距離が長くなると厳しいようではありますが。

書込番号:24344266

ナイスクチコミ!21


クチコミ投稿数:1301件Goodアンサー獲得:61件

2021/09/15 22:49(1ヶ月以上前)

そういえばニコンではZ50mm f1.8S がありましたね。

書込番号:24344271 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1584件Goodアンサー獲得:63件 縁側-二両編成〜あたしゃ一緒よ何処までも〜の掲示板kurahassaのPhotoアーカイブス 

2021/09/15 23:00(1ヶ月以上前)

>同じ技術なら口径の小さいレンズが写りが良くコストも低く出来るのに、品質を落とすのは長年納得出来ないところです。

実物を使った上で『品質が落ちた』とエビデンス提示と共に判断されればそれなりに納得も出来ますが、
まだ市場に出回っていないうちから、そのように判断できるもんでしょうか?

書込番号:24344283

ナイスクチコミ!26


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/15 23:28(1ヶ月以上前)

確かにこの商品は未発表で誤解を招きかねず申し訳ありません。
大口径のレンズで収差補正を強化したレンズはレンズ枚数が多く枚数に比例して増加する乱反射を抑えるため高価な多層コーティングやEDレンズ、両面非球面レンズなどを使用しますので、口径の小さなレンズに同様の技術をかければよりいい絵が描けるとの期待からの書き込みでした。

書込番号:24344324

ナイスクチコミ!1


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/16 00:00(1ヶ月以上前)

>裸眼に近いのは55mm説もあったと思います。
40mm近傍はレンズが作りやすかったためと聞いています。

当時多くのカメラはコンパクトでレンジファインダーでしたからミラーのスペースが無くて良いので40mm位が厚みも増えずに良かった面もあるかもしれませんね。

書込番号:24344365

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1369件Goodアンサー獲得:22件

2021/09/16 04:37(1ヶ月以上前)

Sラインの50mm1.8と比較されていますが、こちらのレンズは価格が半値です。

高度なコーティングで、EDレンズも使い、「数少ない空気感まで写し取る」レンズを、3万円程度で出すのは無理ではないでしょうか。この論旨は、メーカーに酷だと思います。

内容を拝読すると「ちょっと残念」程度の趣旨でしょうか?見出しが結構ドギツイので、誤解されそうです。

書込番号:24344534

ナイスクチコミ!21


クチコミ投稿数:292件Goodアンサー獲得:19件

2021/09/16 05:55(1ヶ月以上前)

>Medialaboさん
まぁ近年カメラ機材が高騰している中、
たかが3万ちょいのレンズにあまり期待しない方が良いでしょう。
スレ主さんの写真を始められた当初は3万のレンズでも高価な方でしょうが、
今時は撒き餌レンズと言われるくらいのレベルです。

とりあえず発売されてからのレビュー等待ちましょう。

書込番号:24344558

ナイスクチコミ!13


クチコミ投稿数:1369件Goodアンサー獲得:22件

2021/09/16 07:02(1ヶ月以上前)

侮っちゃいけません (^^)!。

https://mobile.twitter.com/yohei_sawamura/status/1437670235092316161

(別スレで知りました)

書込番号:24344593

ナイスクチコミ!16


クチコミ投稿数:1584件Goodアンサー獲得:63件 縁側-二両編成〜あたしゃ一緒よ何処までも〜の掲示板kurahassaのPhotoアーカイブス 

2021/09/16 09:34(1ヶ月以上前)

>Medialaboさん

委細承知でございます。

ただ、余計な一言を申させて頂ければ、レンズの品質・性能の他にカメラ本体の品質・性能はもとより、
何は無くとも撮影技術と言う奴が備わって初めて納得の一枚が撮れるんじゃなかろうかと。

肝心の奴が無いと、撮影成果=製品の性能の良し悪しだけが判ると言う、何とも味気ない事になります。

書込番号:24344781

ナイスクチコミ!15


クチコミ投稿数:1088件Goodアンサー獲得:45件

2021/09/16 11:09(1ヶ月以上前)

>口径の小さなレンズに同様の技術をかければよりいい絵が描けるとの期待からの書き込みでした。
そのコンセプトで企画したのがZ50mmF1.8でしょう。
このレンズとはコンセプトが根本的に違います。
このレンズは画質よりも小型軽量、お求めやすい価格を重視したコンセプトで企画されたレンズだと思います。
単純にレンズに求める物が違いますので、板主さんの考え方のような方は50mmF1.8を選べば?

書込番号:24344888

ナイスクチコミ!18


クチコミ投稿数:1369件Goodアンサー獲得:22件

2021/09/16 12:07(1ヶ月以上前)

半値どころじゃないですね。2万8,000円台でした。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

書込番号:24344975 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!13


クチコミ投稿数:1500件Goodアンサー獲得:154件

2021/09/16 12:09(1ヶ月以上前)

究極が欲しいならZ 58/0.95 Noct S、買える範囲での究極ならZ 50/1.2 S、だいぶ値段も落ちてきて買いやすくなりつつ高性能なZ 50/1.8 S、安くて手を出しやすいZ 40/2、わかりやすくでいいじゃない
いいのが欲しいなら上位を買えばいいだけなので

ニコンじゃないけど、ボケを追求しすぎて一度お蔵入り、後から700本限定で販売したどこぞかのメーカーの85/1.4も枚数少なく非球面もEDガラスも使ってませんでしたね

書込番号:24344979 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!13


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/17 13:32

学生時代、メーカーはドイツに追いつけ追い越せで元気でした。
標準レンズは50mmF2、F1.4、F1.2で写りの良いのはF2,F1.4、F1.2の順、価格はF2が安くてF1.4が高く、F1.2は凄く高かった。
ではなぜ高いレンズが売れるかというと、大きくてかっこいい、高いから写りがいいだろう(私)のような考えと、好感度フィルムもあるが細かな描写はASA100や80がいいので極力明るいレンズが欲しいプロやマニアが購入したわけです。
当時の価格差はサイズの差で、技術差は少なかったです。
車もそうでベンツの大型と小型の値段の差はサイズの差でした。
ベンツの190Eは1900ccで価格も半値以下でしたが品質差は少なかった。

1.8S(もちろん1.2も)はいいレンズですが補正をより緻密に行うためレンズ枚数増、レンズ長増、光路長増、このためレンズ口径増、レンズ厚増でさらに大型化で単焦点50mmとは思えない大きさになりました。

現在私の究極の標準レンズは40mm、F2、4群6枚、実焦点距離と設計焦点距離の近いコンパクトレンズ
レンズは色収差をより少ない枚数で効率よく抑えるためEDレンズや両面非球面レンズを使用して対応、最新のレンズコーティングを施すですか。
それでも価格は半値以下で作れると思います。

書込番号:24347002

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1584件Goodアンサー獲得:63件 縁側-二両編成〜あたしゃ一緒よ何処までも〜の掲示板kurahassaのPhotoアーカイブス 

2021/09/17 19:22

機種不明

持ち続けたい50mmF1.2

『高いレンズが売れる』。誰にとって?と言う前置きを付けたしてみますか。
1.製造メーカーが高いレンズが売れると考えて販売した。
  (1) そこそこ売れた        バブル期のパターン
  (2) 売れたが酷評された      ゴシップネタになるパターン
  (3) 高すぎて売れなかった     存亡にかかわるパターン

2.ユーザーには高いレンズだった。
  (1) それで、高いレンズだから買えなかった。          夢を追い続けられるパターン
  (2) それで、高いレンズでも購入して性能に満足した       ハッピーパターン
  (3) それで、高いレンズだが使い熟せず性能を引き出せなかった  哀しいパターン

名門カールツァイスの名を冠した京セラのCONTAX Gシリーズのレンズ。
お値段はそこそこな感じで少々クセのある使い方を強いられましたが、ネガの仕上がりは抜群でした。

捨てられずにとっておいて、アダプタ噛ませて未だにEマウントカメラで愛用してます。
この写りを観たら、やはり『持ってて良かった』と幸せを感じられます。

価格も重要な要素ではありますが、憧れのブランド、銘柄と言うのも捨てがたい魅力があります。

しかしながらぶっちゃけて言えば、機材の性能半分、ロケ地と光線環境の具合半分、と言う感じでしょうかね。

書込番号:24347550

ナイスクチコミ!4


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/17 19:45

CONTAX は欲しかったです。
初めてカールツァイスの名を冠したレンズを使用したのはSONYのR−1です。(設計がカールツァイスのOEMかもと思いますが)
とてもいい絵が描けていたのですが、同サイズの素子サイズNIKON D500 に機種変更し同じ明るさ焦点距離のレンズも購入したのですが、やはり違うのです。
Fマウントのフランジバックが長いのと、マウント口径が小さいから設計が大変と納得させていますが。

書込番号:24347581

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1088件Goodアンサー獲得:45件

2021/09/17 21:19

ま、時代やメーカーの考え方でかなり差がある話ですね。
多分板主さんはオートニッコール時代の話をされているのかと思います。
確かにあの当時のNIKONは暗いレンズだからと言って手抜きをせず、暗いレンズで名レンズが多かったのも事実ですね。
私自身はあまりオートニッコールは使ってなかったのですが、Aiニッコールやその後のAiニッコールSでもその思想が反映され、Aiニッコール50mmF1.8SやAiニッコール28mmF2.8Sなどはある意味明るいレンズと同等以上の評価が有ったレンズとして有名でした。
それに対してCANONの同世代、NewFDは逆の発想で、暗いレンズは入門用と割り切った設計がされており、NewFD28mmF2.8などは別名「ビー玉レンズ」と言われるようにかなり露骨にコストダウンを実践し低価格と軽量を武器にしていたのも事実ですね。
後、NewFD50mmF1.8は確か最短撮影距離なども差が有ったと記憶しています。
ただ、ニコンも同じ世代で低価格路線用に「ニコンレンズシリーズE」を出していたのも事実で、こちらは小型軽量、低価格のコンセプトで結構数が売れたのも事実ですね。
その後、AFの時代になるとニコンも暗い目のレンズはAFを早くする(当時の単焦点の多くは直進ヘリコイドで玉の重さがAFモーターの負荷に直接影響していた)と言う名目のもとに小型軽量路線に舵を切ったと記憶しています。

ま、皮肉な話を言えば、Aiニッコール50mmF1.8Sは元々シリーズE用に設計されたレンズですが、思いのほか画質が高評価だった為、ニッコールブランドで販売されていた(と記憶している)事ですね。

私個人的にはこのZ40mmF2とかZ28mmF2.8、シリーズEの流れで創られたレンズのような気がします。

書込番号:24347767

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1088件Goodアンサー獲得:45件

2021/09/17 21:26

誤解を招かない様に補足しておきますと、Aiニッコール50mmF1.8SとシリーズE50mmF1.8は鏡筒やコーティングが異なります。

書込番号:24347779

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1088件Goodアンサー獲得:45件

2021/09/17 22:08

ついでに書いておきますと、当時、明るいレンズが好まれた理由として、MF一眼レフの場合、今ほどフォーカシングスクリーンの技術が高くなかった事も有って、F2やF1.8とF1.4ではファインダーを覗いた時の印象が違う上、ピントの合わせやすさにも差が出たと言う事と、当時のフィルム感度が低かった上、今みたいに手振れ補正などの技術が無かった為、暗い所での撮影の歩留まりに差が有ったと言う事も大きな理由でしたね。

 後、もう一つの理由は当時のフィルムは今のデジタルに比べて視覚上の解像度があまり上がらなかった為(フィルム上では解像していても映写時やプリント時、回折現象などが発生する)などの理由で、今ほど解像度重視の評価では無かった事も有ります。
 先程の話で出てきましたAiニッコール50mmF1.8Sにしても当時も評価は肯定的な表現で言えば「高コントラストで解放からシャープ」、否定的な表現で言えば「カリカリで硬い描写」と言われていました。
 それに対し、当時の50mmF1.4は「解放では柔らかく立体的、絞れば4隅までシャープな描写」と評されていたのを思い出します。

 多分板主さんが言われている時代だと思う1970年代から80年代前半まではF1.4クラスのレンズと言えば50〜58mmくらいが殆どで、まれに85mmや35mmくらいが有りましたが、逆に言えば当時のレンズの硝材や加工方法などが今ほど進んでいなかったっ為、F2クラスの広角レンズなどはF2.8やF3.5クラスのレンズに比べると高い割には画質がイマイチと言うレンズが多かったのも事実です。
特にこの頃は広角レンズの出来が悪かったのが特徴で、恐らくこの頃の印象が強いのではと推測します。

書込番号:24347864

ナイスクチコミ!2


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/17 22:14

ご丁寧にありがとうございます。
1眼レフに入門時はレンズは絞り情報が本体に送られる程度でしたから、評価はピント、周辺光量、ひずみ、自然なボケ感、空気感、リングの回転フィーリング、質感などでしたが、現在はレンズの素材やコーティング以外に手振れ補正機能、フォーカスや絞りはリニアモーター駆動など進化してますからレンズの評価も多岐に渡っていますね。
勉強になります。

書込番号:24347878

ナイスクチコミ!0


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/17 22:38

口径の大きなレンズの画質に不安があるのもご指摘に通りと思います。
広角レンズもフランジバックが50mm位あるので焦点補正でだいぶ画質が劣化していたでしょう。
現在は技術が進んで大口径でレンズ枚数が多くても杞憂することはないようですね。(^-^)

書込番号:24347919

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1584件Goodアンサー獲得:63件 縁側-二両編成〜あたしゃ一緒よ何処までも〜の掲示板kurahassaのPhotoアーカイブス 

2021/09/18 00:35

機種不明
機種不明

良いお天気の下、フォクトレンデルで撮る至福の一時。

良いレンズと良いロケを楽しめる事に感謝。

>Medialaboさん
>v36スカイラインどノーマルさん

こんばんは。

オヤジが使って居たPENTAX SPに35mmF2だか3.5だかのレンズを付けた暁にゃ、ファインダーが暗くてまず室内では合焦が無理でした。ドピーカンの下でようやくピント追い込みができる始末。

今もD750、それ以前のD200やD7000でズームレンズの後に50mmF1.2とか85mmF1.8を取り付けると、
世界いやファインダー内がドバっと明るく見えて、少し得した気分になれたりします。

時に自分はテッチャンが本業で、撮影の殆どがマニュアル操作です。このためここ20数年のAFモーター用に設計された
ヤワヤワなピントリングが性に合わず、中古屋で仕入れた適度にヘリコイドの効く旧めのMFレンズが好みです。

レンズの光学性能も『レンズの味』として割り切ってしまえば、マウントアダプタさえ調達すればデジイチだろうが
ミラーレスだろうが旧いレンズが実戦で使えるホント良い時代だと思うのです。

何せEVF内で忠実に露出再現してくれて、視易い事この上ない。これで『外したら』アタシのカメラ人生それまでよ、
てな感じですね。

書込番号:24348093

ナイスクチコミ!3


cbr_600fさん
クチコミ投稿数:1801件Goodアンサー獲得:75件

2021/09/18 01:05

うーん、おっしゃることは部分的には同意できますが、今どきはどうでしょうね。
確かに口径を大きく明るくしただけで、開放付近はコントラストが低くてあまり褒められない画質、という製品は結構あったと思います。

フィルム時代は大伸ばしする人も多くなくて(白黒では全紙に伸ばしてましたが)、回折による小絞りボケという言葉は知りませんでした。

昔は収差が支配的だったので、絞りすぎによるボケという発想がありませんでしたが、デジタルになって画素数が増えてきて、多く絞ることによる画質低下が見えるようになりました。

レンズ枚数を増やして収差を抑え込んだレンズは、あまり絞らなくても高い解像度を示します。これは暗いところや背景をぼかしたいときに有利なだけでなく、原理的に回避できない回折の影響を減らせますから、限界性能も上がる訳です。

必ず多めに絞って使うのであれば、F値の大きなレンズの方がコスパはいいと思います。でも例えば同じF4で撮ったとき、開放F2.8のレンズの方が開放F1.4のレンズより画質がよい、というケースは最近はあまりないと思いますが…。今どきピクセル等倍で見れば分かってしまうので、「高いレンズの方が画質が悪いとは何事!」って怒られないようにがんばって作っているのだと思います。(その分値段はばっちり高い訳ですが)

書込番号:24348114

ナイスクチコミ!1


kyonkiさん
クチコミ投稿数:16617件Goodアンサー獲得:1111件 縁側-HONDA S660の掲示板馬写真.com 

2021/09/18 09:03

フイルム時代のレンズ理論を現代のミラーレスに持ち込んでも意味ないですよ。

ミラーレスにおいてはレンズとボディが一体化されています。
レンズの諸収差、周辺減光、回折ボケなどはボディ側で全て補正されていますね。レンズも補正を前提として作られているので軽量コンパクトが可能となっていると思われます。

この40mmF2レンズも、コーティングがとかEDレンズがとか心配をする必要は無いと思われます。
それらはボディ側の電子補正でいかようにもできますから。

ニコンもマウント情報を他社に公開しないのはこういう事情もあるのかもしれません。

書込番号:24348404

ナイスクチコミ!4


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/18 09:36

マウント情報を公開しないのは前期コロナなどで赤字になった事から自社レンズ販売のてこ入れで守りに入ったのかもしれませんね。
あまり保守的になってライカのような体質になっては欲しくないな。

書込番号:24348461

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1369件Goodアンサー獲得:22件

2021/09/18 10:37

マウント情報非公開は、Zマウント投入時からの基本戦略ですね。

コロナと何の関係もありません。

もう書きたい放題だなと、笑って眺めてます。

書込番号:24348551

ナイスクチコミ!21


クチコミ投稿数:1088件Goodアンサー獲得:45件

2021/09/18 12:43

>フイルム時代のレンズ理論を現代のミラーレスに持ち込んでも意味ないですよ。
ま、それは言えますね。
確かにあの頃と今とでは「良いレンズ」の定義と言うか、価値観が大きく異なります。

ただし、
>レンズの諸収差、周辺減光、回折ボケなどはボディ側で全て補正されていますね。レンズも補正を前提として作られているので軽量コンパクトが可能となっていると思われます。
の件に関しては、周辺減光やディストーションに関しては当てはまりますが、収差の中にはソフトウエアでの矯正があまり効果的ではない物も多いのが現状で、結果、過去のレンズよりも特殊低分散ガラスや非球面レンズが多用されているのも事実ですし、コーティングや内面反射処理に関しては以前よりシビアになっているのも事実です。

後、銀塩とデジタルの差もそうですが、一眼レフとミラーレスの差と言うのも、断面図を見る限り、このレンズの特色だと思いますね。
一眼レフ時代はバックフォーカスの関係上、パワーバランスが前玉重視で、後玉は補正系と言うものが多かったですが、このレンズやZ28mmF2.8は後玉のパワーバランスが大きいように感じます。
ミラーレスが普及し始めた時、広角系でもレトロフォーカス系の設計を使わなくても前後対称形状(俗に言うビオゴンタイプ)の設計が使えるので画質はよくなると言われましたが、センサーの入射角の関係上、一眼レフ程では無いにしろ、少しレトロフォーカス気味の設計が主流になっているのもオタク的には面白い話だと思います。

後、最後部に大口径の非球面レンズを使っているのにもオタク的には注目ポイントだと思います。
コスト的な事を考えると恐らくモールド非球面だと思いますが、以前の話では「非球面レンズは最前部か最後部の非悪的大きい玉に使うと効果的だが、大口径の非球面は高価」と聞いたことが有ります。
そういう意味では、このレンズはそのセオリーにのっとった設計と言う事になりますね。


書込番号:24348808

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1500件Goodアンサー獲得:154件

2021/09/18 13:03

いやマウント情報公開云々でコロナが出てくるのは流石に意味わからんw
前からでしょw流石にいい加減すぎるわw

>v36スカイラインどノーマルさん
像面湾曲なんかは後補正でなかなかなんともならないですよね。ましてこれがズームだとか撮影距離とかも絡んでくると無理そう

研削非球面というとAi 58/1.2 S Noct、Ai AF 28/1.4D、Ai AF 20-35/2.8Dなんかそうでしたが、ZだとZ 58/0.95 S Noctですね。あれが研削非球面なのをアピールしてます。他は例外なくガラスモールドなんでしょうな

自分的にはZ 50/1.2 Sのデカいビオゴンが気に入ってます。凄いデカい対称型、いかにも大口径が活きてる感じが

書込番号:24348846 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!11


クチコミ投稿数:1088件Goodアンサー獲得:45件

2021/09/18 13:41

確かに歪曲補正も気休めですね。
無いよりはマシと言うか、弊害もありますので…

ま、理想はそう言ったモノに頼らず、レンズの素の部分で勝負するのが一番です。

書込番号:24348915

ナイスクチコミ!5


スレ主 Medialaboさん
クチコミ投稿数:36件

2021/09/19 13:58

ミラーレスを使用したのは12年前ですが得意のはずの動画も焦点が泳いで使えませんでした。
その後意識の外だったのですが、最近このサイトでZマウントを知り、情報非公開を知り、NIKONの赤字の書き込みから保守的経営判断かと勘違い。
浦島太郎でした。
裏を取ってから書き込みするよう心掛け致します。
Zマウントは2018年7月発売、利益悪化傾向が見え始めた2019年より前
NIKONの決算書も拝見しました。
2020年3月期は453憶円の赤字でしたが、今期黒字予想、利益剰余金4700憶円の良好な財務内容です。

余談ですが初めてデジタルカメラを発売したのは1991年コダックでした。
私は200万画素のキャノンを買いました。
コダックはその後フィルムが一番だし、こんなのを開発するとフィルムが売れなくなると撤退しました。
その後は皆さんご承知の通りです。
私のビジネス方針に将来ライバルになる恐れがあるものは自ら率先して取り組むが追加されました。

書込番号:24350883

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

NIKKOR Z 40mm f/2
ニコン

NIKKOR Z 40mm f/2

最安価格(税込):¥28,710発売日:2021年10月 1日 価格.comの安さの理由は?

NIKKOR Z 40mm f/2をお気に入り製品に追加する <173

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング