『中々の(…というかかなりの)実力機です。』のクチコミ掲示板

2021年11月下旬 発売

DLA-V70R [ブラック]

  • 8K60p入力に対応するD-ILAプロジェクター。レーザー光源技術「BLU-Escent」を搭載し、高輝度と約20,000時間の長寿命を両立。
  • 従来方式の「8K/e-shift」テクノロジーとレーザー光源を搭載。「HDR10+」に対応し、映像制作者の意図を忠実に再現する。
  • 15群17枚のオールガラスレンズを採用した口径65mmのレンズを搭載。画面周辺部に至るまでフォーカスの合った高解像度映像を実現。
DLA-V70R [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥1,174,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥1,174,000¥1,174,000 (1店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥1,136,364

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:17:9 最大輝度:2200ルーメン コントラスト比:40000:1 対応解像度規格:〜8K DLA-V70R [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • DLA-V70R [ブラック]の価格比較
  • DLA-V70R [ブラック]の店頭購入
  • DLA-V70R [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-V70R [ブラック]のレビュー
  • DLA-V70R [ブラック]のクチコミ
  • DLA-V70R [ブラック]の画像・動画
  • DLA-V70R [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-V70R [ブラック]のオークション

DLA-V70R [ブラック]JVC

最安価格(税込):¥1,174,000 (前週比:±0 ) 発売日:2021年11月下旬

  • DLA-V70R [ブラック]の価格比較
  • DLA-V70R [ブラック]の店頭購入
  • DLA-V70R [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-V70R [ブラック]のレビュー
  • DLA-V70R [ブラック]のクチコミ
  • DLA-V70R [ブラック]の画像・動画
  • DLA-V70R [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-V70R [ブラック]のオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > プロジェクタ > JVC > DLA-V70R [ブラック]

『中々の(…というかかなりの)実力機です。』 のクチコミ掲示板

RSS


「DLA-V70R [ブラック]」のクチコミ掲示板に
DLA-V70R [ブラック]を新規書き込みDLA-V70R [ブラック]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ31

返信3

お気に入りに追加

標準

プロジェクタ > JVC > DLA-V70R [ブラック]

スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:927件

実機の映像を見てきましたので個人的な感想を…
時期発売のV90Rにどうしても話題が集中してしまいますので影を潜めてしまいがちですが…
私自身 V5クラスのレーザー搭載版と甘く見ていたのですが開宴前のデモ映像から既に目を奪わました。
会場の予備照明の中でも発色の素直さ・レーザー光源による絵の立上りとZ1を彷彿とさせるような好印象。
もちろんレンズ性能による表現力の差はいかんともしがたいですがこの性能でこの価格ならば
むしろお買い得と言えるかも…(8K eShiftも効果的ですし)

視聴比較は「宮古島」から、2面同時投写ではV7と比べてもレーザー光源+8K eShiftの優位性が伺え、
V7の絵はやや眠い印象に見えてしまいます。
どちらか二択と言われたら現状ではV70の方が個人的に好みの傾向。

「GEMINI MAN」ではクッキリシャッキリのV70とややしっとりのV80といった感じで
両機とも60fps入力処理なのにV80の方はややフィルム調に見えてしまうから不思議です。
パワーポイントによる事前説明でも気になりましたがV70の素直な発色(白が白く見える)に比べて
V80デモ機のデフォルト映像はやや緑方向に寄って見えてしまいました。
以前のV5とV7の同時投写比較でもなぜかV5の方が発色がニュートラルに見えていました。

「DUNKIRK」でもV80は色・階調は深いものの映像のインパクトには欠ける印象でやや緑寄りな感じ。

「8K 夜景」ではV80の長所であるパネルコントラスト性能とeShift Xのためか低輝度部の描き込み、
街並やビル窓光のフレア処理等で差が出ます。
ここは上級機の面目躍如で遠景の建物群で見せる遠近感の表現も見事。
もちろんV70も単品視聴では十分高精細です。

「THE REVENANT」でもオープニングシーンの川面の描写から川底までを楽々と描き分けてくれました。
ネイティブ・アメリカンとのチェイスから馬の内臓を抉り出すシーンも毛並や内臓の質感を繊細に表現。
このシーンはZ1の頃から個人的なリファレンスで機種評価の基準になっています。
(Z1のデモ映像体験はそれほど印象的でした。)

続くおなじみ「ALLIED」の夜間空爆シーンではやはりV80のコントラスト性能が有利ですが
両機とも見事に暗闇中の階調・色彩を描ききり、続くデイライトシーンにもスムーズに対応してくれます。
X990Rから見ていますが ここまで表現してくれる機種は見た事がありませんのでまさにびっくりです。
技術担当者さんによるとこのシーンは相当に厳しい素材だそうですが ほんとすごい時代になりました。

シネスコ映像ではV80の黒帯の深さがより分かりやすいのですがそれ以上に両機ブラックアウト時の
スクリーン含めた会場の漆黒は印象的でした。
ここはレーザー光源ならではの優位性ですね。
同時投写では同じ映像なのにV80の方が一拍遅れて見えるのですがeShiftの方式違いによるものでしょうか。

最後のPCによる8Kデモ映像も素晴らしく 是非ともイベント特典でまたUHD化してほしいものです。
「価格が上がってしまったのは心苦しい…」とVictorの各担当者さん達もおっしゃっていましたが
価格に見合う(それ以上かな)実力機には仕上がっていたと思います。
あまりの映像にびっくりしすぎて機種本体を確認してくるのをすっかり忘れてしまいました。
せっかくの機会だったのに…

書込番号:24382948 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!17


返信する
クチコミ投稿数:2923件Goodアンサー獲得:79件

2021/10/09 19:33(1年以上前)

V9RでもV70Rの表現ができない

>Pastel-Kさん
こんぱんは。
今回の視聴会で一番驚いたのが、DLA−V70Rでした。
まさかこれほどのできとは、V60RではなくてあえてV70Rにしたのか納得の素晴らしい映像でした。
宮古島では、道を人が歩いているシーンで、V7Rでは道全体がベタッとした状態が、
V70Rでは起伏の陰影が出ていて実在感がありました。
ネイティブコントラストが4万:1なんて感じさせない十分なコントラスト感でした。

書込番号:24387331

ナイスクチコミ!6


スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:927件

2021/10/09 22:15(1年以上前)

>かいとうまんさん

こんばんは。

>V70Rでは起伏の陰影が出ていて実在感がありました。

海外ではNZの型番を冠するシリーズだけあって今までのモデルとは一線を画す映像に感じられました。
V7→V70R(実質はV80R)という型番から感じる以上の中身の進化で、ほんと別物シリーズです。
このシーンでは愛用のXシリーズと現行Vシリーズでも見え方にかなりの格差が感じられたのですが…
レーザー光源+8K eShiftのさばき方が巧みですね。
現行シリーズと比べるときっちり絵が立って(発色も含めて)いかにも私好みの見せ方でした。
またずいぶんと(2,3回り程)差をつけられてしまう…。
Z1の頃の価格を考えると同等性能とは言えないとしても夢のような豪華さです。

ところで本日からのavacイベントではV80Rは出展されない様子。(10/30の新宿店では出展予定?)
V7の時と同じようにまだ未完成(未調整)という事でしょうか。
V7は発表当時 3機種の中で一番伸び代を抱えているように感じられましたが
実売でもその後 お買い得度はかなり上がったんじゃないでしょうか。
avacでは最後のPUSHで「V7 vs X770R」なんてイベントもあったようです。(X機使いとしては微妙…)
値引率も上がっていますしFAH機能が使えて高色域な機種としてはまだかなりの魅力ですね。

書込番号:24387609 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!6


スレ主 Pastel-Kさん
クチコミ投稿数:927件

2022/11/02 02:43(2ヶ月以上前)

先日 10/22 あらためて現行 Vシリーズ視聴会にて11月後半にアップデート実施予定の新ファーム映像を見て来ました。
(今回 ファームアップなしのV50は展示のみでデモ実写なし、25周年記念モデル V90R LTDも本体展示は有り)
会場はJVC KENWOOD 本社イベントホール、座席は4列一番後ろのセンターオフセット、
視聴距離ではスクリーンから 6〜7mくらい。
確か 3月の受賞記念イベント以来で 司会進行は前回と同じく麻倉怜士先生、適宜補足はおなじみのJVC担当者さんです。
25名参加枠の会場は満席状態で前シリーズの後半イベント頃の空き具合が嘘のよう。

まずはV70RとV80Rの同時投写からですが 事前のデモ映像では色味もかなり近い様子。
じっくり見比べるとV80Rでは極僅かに緑系統の発色に寄りますが 白色系画面で同時比較しなければ気に掛からない程度。
第一部ではお約束の開発経緯解説から実写比較では定番の「宮古島」を視聴。
左に従来設定のV80R、右は新ファームに搭載されたHDRレベル「オート(ワイド)」設定のV70Rで
どこまでノーマル状態(HDRレベル「オート(ノーマル)」)のV80Rに迫れるかといった具合。
画面全体の明るさ・ハイライトのピーク感では総じて両機にての大差は感じられません。
灯台のシーンから浜辺のヤドカリシーンを視聴しましたが 公称コントラストが倍の数値ですのでさすがに黒側の沈み込み、
植物の緑等 出てくる色数(色階調)ではV80Rに敵わないようですが
空・海の碧系グラデーションでは見分けがつかない程 いい勝負に見えました。

続いては映画作品で「ALLIED」からカサブランカへ到着のシーンと夜間空爆のシーン、
車体の質感やシャンデリアの白階調、夜間描写での暗部階調・色彩表現も確認。
「SULLY」ではライオンキング(ネオンサイン)で明部階調も飛ばない事を再確認、画質設定は一切 変えていません。
※ 今回は新しいHDRレベル設定主体の比較上映のため 両機共に「THEATER OPTIMIZER」はOFF状態。
引き続き「THE GREATEST SHOWMAN」からはパーティー会場のシーンとバーナムが旅立つシーン。
やはり色数以外はV70Rの写し出す映像でもノーマル V80R 相手に遜色なく、衣装の質感等も良く出ています。

一部の最後は「THE REVENANT」でオープニングシーンを視聴。
自然光でのピーク感、川面や逆光部分での暗部表現も良好です。
ここで飛び入りVX7000も参加(確かV70Rとの同時投写)で SONY機の方では最黒部が
沈みきらないためか 映像の暗部と上下黒帯が一体化してしまいますが、
Victor機の方は上下黒帯の間にしっかり映像部分が分離して描かれていきます。
ハイライトのピーク感ではSONY機の方が伸びますが 影になった木々の幹は階調が潰れて質感が表現されていませんでした。
目指す絵作りの方向性はそれぞれ違うので好みによって購買層も変わると思われますが
滅多に見られない同時比較投写映像ですのでたいへん参考になりました。
(同時投写でないと "脳内補正" が入ってしまうので厳密に比較出来ません。)

以前のイベント参加時に「今回の機種で3年間は継続販売予定」と聞いていますが、
ここまでの視聴でもNewファームの有効性は非常に高く、「1年毎の新機種発表」ではなく
既存継続シリーズへの大型ファームアップ提供というJVCさんの意向(姿勢)は個人的には大歓迎です。
※ HDRレベル「オート(ワイド)」モードではハイライトのピーク感を保ったままトーンマッピングを掛けているそうで
階調を潰す事なく、従来のオートモードよりHDRらしいパワー感やレンジ感を楽しむ事が出来ました。

書込番号:24990656 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

DLA-V70R [ブラック]
JVC

DLA-V70R [ブラック]

最安価格(税込):¥1,174,000発売日:2021年11月下旬 価格.comの安さの理由は?

DLA-V70R [ブラック]をお気に入り製品に追加する <26

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:1月27日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング