『PCのCDドライブによってiTunesへの取り込み品質は異なるか?』のクチコミ掲示板

Premium2U/JPB

高品質記録を追求した外付けCD-R/-RWドライブ。価格はオープン

Premium2U/JPB 製品画像

拡大

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2009年 6月上旬

タイプ:外付け インターフェイス:USB1.1/USB2.0 読込速度:52倍速 書込速度:52倍速 キャッシュ:8MB Premium2U/JPBのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Premium2U/JPBの価格比較
  • Premium2U/JPBの店頭購入
  • Premium2U/JPBのスペック・仕様
  • Premium2U/JPBのレビュー
  • Premium2U/JPBのクチコミ
  • Premium2U/JPBの画像・動画
  • Premium2U/JPBのピックアップリスト
  • Premium2U/JPBのオークション

Premium2U/JPBPLEXTOR

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2009年 6月上旬

  • Premium2U/JPBの価格比較
  • Premium2U/JPBの店頭購入
  • Premium2U/JPBのスペック・仕様
  • Premium2U/JPBのレビュー
  • Premium2U/JPBのクチコミ
  • Premium2U/JPBの画像・動画
  • Premium2U/JPBのピックアップリスト
  • Premium2U/JPBのオークション

『PCのCDドライブによってiTunesへの取り込み品質は異なるか?』 のクチコミ掲示板

RSS


「Premium2U/JPB」のクチコミ掲示板に
Premium2U/JPBを新規書き込みPremium2U/JPBをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ14

返信4

お気に入りに追加

標準

CD-Rドライブ > PLEXTOR > Premium2U/JPB

スレ主 osamu2010さん
クチコミ投稿数:40件

家電版で議論に負けて、いまいち納得いかないので質問させていただきます。
あくまで知的好奇心で、
今の3000円くらいのDVDドライブから、更に本CDドライブを購入するより、
アナログの部分にお金をさきたい思っているので、お暇なときにご回答ください

Dさんの説明を引用させていただくと
>PCでデジタルで音楽を聴く場合には、音質への影響は次のような条件に変わります。
>まず、PCにCDの情報を取り込む場合、WAVファイルで取り込む場合には、
>CD-DAフォーマットから、エラー訂正用データやトラック管理用データなどを取り除く
>という原理になります。

>PCのCDドライブやDVDドライブの場合、ビットの読み取りエラーが発生した場合、
>リトライ=つまり何度も読み直しをします。
>CDに含まれるエラー修正用のデータは使いません。
>それでも読み取れない場合は、読み取り速度=CDの回転数を落とします。
>それでも読み取れない場合は、読み取りを中止し、
>エラーで読み取り動作をストップさせます。

>つまり、ビット補完は発生しないメカニズムになってます。

対して私の疑問は、
>音楽CD(CD-DA)はレッドブックで、1ブロック2352バイトで、
>Cross Interleave Rees-Solomon Code などで、エラー訂正されるとありました。
>CD-ROMはイエローブックで、Mode1では1ブロック2048バイトMode2では2352バイト
とありました。

>パソコンのCDドライブ(DVDドライブ)は、
>CD-DAはオーディオCDプレイヤーと同じように読み取ろうとし、
>CD-ROMの時のみ一つのエラーも許さない仕組みになっているのでは?
>との疑問が残りました。


オーディオ光端子接続で、DAC(デジタル-アナログ変換回路)を備えたプリメインアンプ
(DACは同じ、ノイズ等の影響も同一条件と仮定して)
HDDに取り込んだWAVファイル(あるいはアップルロスネス)で接続した場合と、
高価なCDプレイヤーから光接続でアンプに接続した場合、

どちらがより高音質になりうるか?
あくまで、理論上こうなるはず、ということでかまわないので、
ご教授ください。



書込番号:10756864

ナイスクチコミ!3


返信する
クチコミ投稿数:5176件Goodアンサー獲得:339件

2010/01/09 17:27(1年以上前)

音だけを追求するならPCではなく、オーディオにお金を費やす方が良いと思います。
お金に余裕があれば、リスリングルームから設計して・・・お金を費やせばきりがないですね。

はたまた格安PCでもCDは聞けますし、iPodなどのミュージックプレイヤーでも満足する方も多いと思います。人にあれこれ言われることも有りますが、自分の好みで決めれば良いと思います。

書込番号:10757055

ナイスクチコミ!2


KAZU0002さん
クチコミ投稿数:29276件Goodアンサー獲得:4083件

2010/01/09 18:01(1年以上前)

音楽CDも、規格上はCD-ROMの範囲内ではありますが。絶対データ化けが許されないそCD-ROMよりは、エラー訂正はかなりゆるくなっていますが。
エラー訂正機能はドライブ側で処理することなので。音楽/CD-ROMとも、エラー訂正用データが流れてくることはありませんし。PC用ドライブだからといって、この辺の処理が異なるわけでもありません。

「リトライを繰り返す」というのは、現象的に区別がありまして。
CD-ROMでは、「エラー訂正機能でも補正できないほどデータの欠落がある」場合に、最終手段として、パリティーが許容するデータが取れるまでリトライを行い、一定回数でも不可だった場合はエラーと成ります。
音楽CDの場合、ストリームとしてデータを送り出す必要がありますので。リトライに時間を取られるよりは、早々にあきらめて、欠落したデータを波形として分析して補正する方法を取ります。
もう一つさらに悪い状況で、トラックの追跡が出来ない場合もリトライですが。ここまで来たらエラー補正以前の問題。

「エラーが出ても連続してデータを流す」が音楽CD。
「エラーが出たらデータを渡さない」は、データ用CD-ROM。
ただしPC用ドライブの場合、音楽CDのエラーでは、補完をせずにデータ無し、または転送停止などの選択が出来ますし。コントローラーチップによっては補完機能がない物もあります。
エラーが出てデータが欠落したか、補完したかの情報は、ドライブに問い合わせすることで結果を得ることも出来ます。同時に、エラー訂正機能が働いたかのデータも得られますが、こちらはもっぱらメディアの品質評価用です。

デジタル機器の音質ですが。
そもそもPCMデータに優劣はありません。01ですからね。この辺、昔から議論があるのですが。一番あり得るだろうというのが、データのジッターです。
デジタルデータ転送だけを考えた場合、「同期」が大切であって、軸と成るクロックの正確さや安定性は、実は二の次だったりします。最近では、電磁放射が1つの周波数に偏らないように、わざと周波数をぶれさせているくらいです。この「時間方向にデータが揺れる」ことが音質の差になるのでは?とは言われています。
…どのみちメディアからのデータは一旦メモリにバッファされるので。メディアにゴムはったりとかは、直接は効果ありません。これは、機械的振動が回路に与える影響でしょうね。
1bitD/Aは、この辺の解消にも成る技術ですので。最近はそう違いはないと思いますが。

高価なCDプレイヤーの場合、エラーが修正できなかった場合の補正処理が、おそらく2点補完してているだけのPC用ドライブと違って高機能でしょうから。修正できないエラーが発生していることが前提なら、CDプレイヤーの方が高音質でしょう。

書込番号:10757205

ナイスクチコミ!5


スレ主 osamu2010さん
クチコミ投稿数:40件

2010/01/09 22:31(1年以上前)

最近の流行で、iPod(DACと「イヤホンアンプ」の性能はあまりよくない)
のデジタル端子から、
高性能のDACおよびアンプ、スピーカーで音楽を楽しむ選択肢が生まれてきました。

デジタル部分の些細な違いより、アナログ部(スピーカーの選択など)
にお金をかけようと思います。

ありがとうございました。

書込番号:10758623

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2件

2013/03/02 22:14(1年以上前)

3年も前のスレッドに答えるのもなんですが、CD-Rが出始めた黎明期の人達はこんな知識の無い事を堂々と言ったりしなかったんですがね。

CDのエラー訂正はC1,C2による結構強力なエラー訂正が行われます。これはCDの種類(CD-DAやデータCD)によらず全てのCDで行われます。C1&C2エラーの訂正で訂正できなかった場合CUとなりCDDAの場合は補完となりますが、データCDの場合はさらにEDC、ECCによる訂正を行います。


ただC1&C2でもかなり強力なので、普通の状態のCDならばCUが出ることはほぼありません。つまり本来ならば音楽CDでも読み取りエラーによるデジタルデータの変質は起こりません。
では、なぜDAE(デジタル・オーディオ・エクストラクション)に品質差が出るかというと、DAEの場合は再生と違ってブロック単位で細切れに読み出す動作をする事と、CDDAには位置情報が無い事が理由です。
すなわち1ブロック読んだ後、続きを読もうとドライブがした時、正確に続きから読むことが出来ず、重複して読んだり、少し飛ばして読んだりするのです。これは単純にドライブの位置決定精度に依存します。
ただ、この精度はOSに機能が搭載されるなどDAEが一般的な動作となるにつれ向上し、ほとんどのドライブが高度な精度を持つにいたりましたが。

まあ、そういうわけで、Premiumとかのレベルのドライブでは、音楽CDから読み出すデータは理論的にマスターCDのデータと同じです。

書込番号:15840480

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

Premium2U/JPB
PLEXTOR

Premium2U/JPB

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2009年 6月上旬

Premium2U/JPBをお気に入り製品に追加する <40

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)