『ポルタA80Mfとの見え味の違い。』のクチコミ掲示板

Sky Explorer SE-AT100N 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥26,990

(前週比:+114円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥26,990

ホームショッピング

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥26,990¥34,177 (23店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥50,000

店頭参考価格帯:¥31,219 〜 ¥31,219 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

架台タイプ:経緯台 光学形式:反射式 重量:2.2kg Sky Explorer SE-AT100Nのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Sky Explorer SE-AT100Nの価格比較
  • Sky Explorer SE-AT100Nの店頭購入
  • Sky Explorer SE-AT100Nのスペック・仕様
  • Sky Explorer SE-AT100Nのレビュー
  • Sky Explorer SE-AT100Nのクチコミ
  • Sky Explorer SE-AT100Nの画像・動画
  • Sky Explorer SE-AT100Nのピックアップリスト
  • Sky Explorer SE-AT100Nのオークション

Sky Explorer SE-AT100Nケンコー

最安価格(税込):¥26,990 (前週比:+114円↑) 発売日:2012年 7月27日

  • Sky Explorer SE-AT100Nの価格比較
  • Sky Explorer SE-AT100Nの店頭購入
  • Sky Explorer SE-AT100Nのスペック・仕様
  • Sky Explorer SE-AT100Nのレビュー
  • Sky Explorer SE-AT100Nのクチコミ
  • Sky Explorer SE-AT100Nの画像・動画
  • Sky Explorer SE-AT100Nのピックアップリスト
  • Sky Explorer SE-AT100Nのオークション
クチコミ掲示板 > カメラ > 天体望遠鏡 > ケンコー > Sky Explorer SE-AT100N

『ポルタA80Mfとの見え味の違い。』 のクチコミ掲示板

RSS


「Sky Explorer SE-AT100N」のクチコミ掲示板に
Sky Explorer SE-AT100Nを新規書き込みSky Explorer SE-AT100Nをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ2

返信4

お気に入りに追加

解決済
標準

初心者 ポルタA80Mfとの見え味の違い。

2019/10/26 06:42(7ヶ月以上前)


天体望遠鏡 > ケンコー > Sky Explorer SE-AT100N

クチコミ投稿数:11件

入門者です。
本機とA80Mfを所持しています。

A80Mfの方は漆黒の闇に星が煌く感じで
非常にコントラストが綺麗に見えます。
本機については闇部分がダークグレーと言うか。
黒は黒なんですが、漆黒では無い。
星の輝度も低く全体的に淡い見え方の印象です。
A80mfのアイピースを使っても見え方は同じです。

これは反射の特性でしょうか?集光量の差?
それとも単に80Mfが優れているのか。
または個体としての当たり外れなのか。

もし外れ個体と思われるなら修理に出したいし
そんなものだよ。と言うのであれば
そのまま使おうかな。と言うのが質問の意図です。

申し訳ございません。専門用語は勉強中です。
噛み砕いた表現でご教示頂けると助かります。

書込番号:23009372 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


返信する
クチコミ投稿数:513件Goodアンサー獲得:18件 縁側-のんびり、ゆっくりの掲示板

2019/10/26 09:31(7ヶ月以上前)

@ゆーた@さん 初めまして。

「そんなもんだよ」が私の回答です。

闇部分がダークグレーに見える理由は・・・
それぞれ何倍で見られての比較でしょうか?
Sky Explorer の方はF値(焦点距離÷口径)が小さいので、明るい望遠鏡になります。
そうすると視野全体が明るく、闇部分もダークグレーに見えてしまうんです。
(これは光害のあるところでの話で、田舎の漆黒の闇では、真っ暗に見えるのですが。)
A80mfのアイピースを使っても、焦点距離が2倍違い、倍率が2倍違うので、A80mfは暗くSky Explorerは明るく見えます。

コントラストについて・・・
反射望遠鏡(Sky Explorer等)は屈折望遠鏡(A80mf等)と較べて一般的にコントラストが低いと言われています。
原因のひとつは、反射望遠鏡は横から余計な光が入り易く筒内の乱反射が防ぎ難い構造であるのに対し、屈折望遠鏡は横からの余計な光が入っても筒内で乱反射しないように絞り環が入っている事。
反射望遠鏡は筒の中を光が往復して接眼レンズに光が届く構造なので絞り環を入れる事が出来ないんですね。
しかしSky Explorerも長いフード(黒い画用紙等)を付けてやると、周囲からの余計な光が入ってくるのを防ぐ事ができるので、コントラストを少し改善できると思いますよ。


書込番号:23009572

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:11987件Goodアンサー獲得:683件

2019/10/26 11:19(7ヶ月以上前)

>専門用語は勉強中です。

とのことですので、

>これは反射の特性でしょうか?

はい、そう思っていれば取り敢えずokかと。

以前、天文台主催の「星見会」に参加したとき、子供から老人まで何種かの望遠鏡のうち「リピーター」の列は屈折式ばかりでした。

反射式の列では「同じ主旨の質問」がときどき出て、スタッフは「またか(^_^;」という感じでした。
「もっとクッキリしないのですか?」みたいな感じで(^^;

25~30cm級でさえ(^^;
劣化しているわけでも無いのに。

下記引用については、お近くの天文台などで「星見会」などやっていれば、一般向けの数十万円以上の望遠鏡(反射式含む)での比較も出来るでしょう。

>集光量の差?
>それとも単に80Mfが優れているのか。
>または個体としての当たり外れなのか。

>そんなものだよ。と言うのであれば
>そのまま使おうかな。と言うのが質問の意図です。

書込番号:23009736 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3253件Goodアンサー獲得:316件 縁側-しゃしんのうんちくの掲示板フォト蔵 

2019/10/26 17:14(7ヶ月以上前)

こんにちばんは。天体望遠鏡は持ってませんが・・・

「勉強中」とのこと、頑張りましょう。

Web検索で、目に止まりました。

ウィキペディアの「ニュートン式望遠鏡」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E5%BC%8F%E6%9C%9B%E9%81%A0%E9%8F%A1

吉田隆行さんの「天体望遠鏡の種類と仕組み」
https://main-ryutao.ssl-lolipop.jp/telescope_type.html

吉田隆行さんの「望遠鏡やレンズの収差」
https://main-ryutao.ssl-lolipop.jp/telescope_aberration.html

これらを数回、ゆっくりじっくり読むと何かわかってくるかも、ないかも。

<補足>

Sky Explorer SE-AT100N が製品としては完璧だとしても、製造コスト面から「球面鏡」だとすると、星像が甘くなる(ぼんやりする)のはしかたないかもしれません。

「ウィキペディアの「ニュートン式望遠鏡」」で、「放物面」と「球面鏡」に触れています。「口径が大きくなく焦点距離が長い場合は球面との差はごくわずか」とも。

今は昔の二十世紀のころ、天体望遠鏡メーカーの高橋製作所が口径100mm・焦点距離1000mmの球面鏡のニュートン式反射望遠鏡を売り出した時「この口径と焦点距離なら球面鏡でも十分な光学性能」と謳っていたような。

このセールス文句が今も有効なら、SE-AT100Nの口径100mm・焦点距離450mmでは焦点距離が短過ぎ、十分な光学性能は期待できないのかも。メーカーの製品情報を見ても「優れた光学性能」みたいなのはなくて、「取り回しの良さ」を謳っているような。

<余談>

「放物面鏡」を「球面鏡」で代用する際の目安に「レイリーリミット」ってのがある雰囲気。精度が1/4波長以下であれば問題ないとかみたいな、よぉ〜は知らんけど。

一方、巷のWebページや価格コムでは似たような「レイリー限界」って俗語があふれてます。これは「レイリーリミット」とはまったくの別物です。「レイリーリミット」は「JIS Z8120:2001 光学用語」で定義されてます。

「レイリー限界」は「ドーズの限界」からの誤用、または「誤用と知らずネットから拾っただけ」、あるいは「脳味噌の限界」でしょう。

誤用の「レイリー限界」に相当するのは英語では「Rayleigh criterion」、直訳だと「レイリー基準」。ちょっと親切だと「Limits of Resolution: The Rayleigh Criterion」みたいな、これだと「レイリー解像度(分解能)基準」とでもなるのかな。「レイリーの提唱した分解能限界の基準」だとちょっと長いし。

「余談」はあくまで余談です、念のため。

書込番号:23010242

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:11件

2019/10/26 20:15(7ヶ月以上前)

みなさん。ご回答ありがとうございます。

アイピースもいろいろ試しましたが、
淡い見え方は変わりませんでした。
中核都市の郊外。ベランダ観望と言うのも
少なからず影響しているかも知れませんね。

ポルタは月、木星、土星などを見るために。
本機は星雲、星団が見たくて購入しました。

わたしの疑問は反射望遠鏡の特性によるもの。
特性は性格であり優劣では無いと理解しました。

今後も愛着持って使い倒したいと思います。 


書込番号:23010566 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


「ケンコー > Sky Explorer SE-AT100N」の新着クチコミ

価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

Sky Explorer SE-AT100N
ケンコー

Sky Explorer SE-AT100N

最安価格(税込):¥26,990発売日:2012年 7月27日 価格.comの安さの理由は?

Sky Explorer SE-AT100Nをお気に入り製品に追加する <59

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[天体望遠鏡]

天体望遠鏡の選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:5月22日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング