『タッチパネル...』のクチコミ掲示板

2021年 3月 5日 発売

VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー

立体成型フルカーボンボディを採用した約1059gの14型ノートパソコン

VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー 製品画像
最安価格(税込):

¥399,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥399,800¥399,800 (6店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画面サイズ:14型(インチ) CPU:第11世代 インテル Core i7 11370H(Tiger Lake)/3.3GHz/4コア CPUスコア:12825 ストレージ容量:SSD:512GB メモリ容量:16GB OS:Windows 10 Home 64bit 重量:1.059kg VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのスペック・仕様

不要なパソコン無料回収 国認定事業者のリネットジャパン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※SIMカードをご利用の際は、通信事業者の動作状況を必ずご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーの価格比較
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーの店頭購入
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのスペック・仕様
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのレビュー
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのクチコミ
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーの画像・動画
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのピックアップリスト
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのオークション

VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーVAIO

最安価格(税込):¥399,800 (前週比:±0 ) 発売日:2021年 3月 5日

  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーの価格比較
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーの店頭購入
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのスペック・仕様
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのレビュー
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのクチコミ
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーの画像・動画
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのピックアップリスト
  • VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーのオークション

『タッチパネル...』 のクチコミ掲示板

RSS


「VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー」のクチコミ掲示板に
VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーを新規書き込みVAIO Z VJZ14190111B SIMフリーをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ24

返信5

お気に入りに追加

標準

タッチパネル...

2021/02/20 10:52(2ヶ月以上前)


ノートパソコン > VAIO > VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー

クチコミ投稿数:105件

NEW VAIOZ 満を持して出ましたね。
でも50近いおじさんの悲哀を書き残しておきます。
VAIOZからタッチパネルが消えたけど
誰も不満の声を上げないんですから。

VAIO誕生からのVAIOユーザーです。
R Masterまでデスクトップ、
Type-Fからラップトップ。
Video Audio Integrated Operation
の精神のままに
若い頃からビデオ編集から写真編集を中心に使ってきました。
専門的な知識がなくても
VAIOのパック製品として周辺機器、周辺ソフトまで連動していたのが魅力でした。
中年になって仕事で使うことが増え、
VAIO DUOからペン入力を重宝して
今現在は、今となっては一世代前のVAIOZを使っていて、
そして、後継機をずっと待っていました。
A12が出た時も心揺らぎながら
FHD以上のディスプレイが良いなぁと思って
次のZをと、我慢しました。
今回の発表当日も動画を見ながら
ポチっちゃおうと思いながら昼ご飯を食べていたのですが...
どこにも出てこないタッチパネル情報。
そして音沙汰なしのスタイラスペン。

タッチパネル非搭載...

仕事柄、ペン入力を大変重宝しておりまして
今更マウス操作に戻れというのは難しいのです。
マジか...

本当にガックリ来ました。
ずっと待ち焦がれ、やっと来たーっ!
と思ったのですが
まさかのタッチパネル非搭載。
最初に予告広告が出た時から180度開閉ディスプレイ。
ついに!と思って毎日何度もVAIOのサイトを開いて
楽しみにしてきました。

VAIO DUOの時のスライド式のディスプレイは
キーボードの奥行きが狭く
パームレストが本当上では取れない構造で
結局、タブレットモードにして
外付けキーボードで使っていました。

VAIOZ(旧型)フリップモデルは、
ラップトップかタブレットかの二択で
ラップトップとしては、パームレストも本体上に取れ
使い勝手が良く、
完成型だなと思いつつ、
結局ペン入力時にはタブレットモード+外付けキーボードを使っています。

個人的には電源の本体側のコネクター
(|| ←こういうヤツ)
もかなり気に入っていました。
引っかけてもすぐに外れ、
本体がテーブルから落ちることはない意匠。
こういうところがVAIOのデザイン部の力だよなぁと
一人悦に入っていました。
(ちなみにNEW VAIOZではタイプC。
ケーブルを引っかけたら、本体は一緒にテーブルから落ちちゃいますよ...)

A12はセパレート型+分離しても使えるキーボード。
画面入力の際の問題点をセパレート型にすることで解決。
一式購入すれば、一台ですべてが完結するところも良かった。

何と言っても分離させてもキーボードは使えるという至れり尽くせり感。
セパレート型の完成形じゃないですか!
ついでにドッキングポートになっているスタンド付き。

ただ、ディスプレイの解像度がVAIOZを下回る、というところが悩みどころで
シリーズもZではなく、A。
これはきっとNEW Zが、さらなる完成形として出てくるはずと
ずっと期待して待っていたのです。

そして木曜。
分かってはいたのです。
ペン入力のニーズは非常に限定的であることは。
そしてSONY色が濃かった独立当初のVAIOが
その後ビジネスモデルに舵切りをしたことで
方向性が変わってきたことも。
 
SONYVAIOフラッグシップモデルは
いつもこれもあれもという付加価値に心躍らされてきました。
だから、不要だ、と思いながらもためらいなくポチっとしてきました。
ビジネスVAIOでは
旧型VAIOZを最後にフラッグシップモデルがなく
一極集中的なモデル展開になって、
しかもその方向がDynabook的になって。
僕的には付加価値的魅力は殆どなくなり、
それでも設立当初からのユーザーとして、
毎回、ユーザーの不便に対するVAIOならではの回答が
他社製品にはない魅力として、
昔のSONYVAIOのように、次期モデルではあるはず、
と待ち続けてきました。

そう。
VAIOの魅力はユーザーの不満と希望を、
ユーザーの想像力を越えた形で提案してくるところでした。
その集約型が旧型VAIOZ。
そして、あぁ、もうVAIOは変わっていくんだなという日の名残り的なA12。
ソフト的な部分ではなく
ハード的な部分に偏り始めている。
そんな印象がありました。
それでも、とSONYVAIO時代からのユーザーとしては
その精神だけは変わってほしくないと思いつ焦がれ続けました。

今回のVAIOZは、新生VAIOという意気込みでスタッフの方々はきっと作っていて
でももう、それは僕の求めているものとは違っていて。
一つの時代と文化が終わったな、
そんな寂しい気持ちです。
それは僕くらいの年齢にありがちな、
居心地の良い古き良きものへのこだわりと、
新しいものについていけないという
心の加齢、
そういうことなのかもしれません。

僕の中ではタッチパネルはその象徴です。
直感的に画面で操作をすることを
Video部門の管轄とするならば
タッチパネル、ペン入力を捨てるのは
VAIOをVを捨てることのような気がしました。

でも。
でも、ニッチなニーズのペン入力は、
デジタルイラスト系
写真系などの他に、
ビジネス分野でこそ求められているはず。
VAIOZの民生機でタッチパネルが絶滅しても
業務機でなら生き残りがあるかも。

そんな一縷の望みを託して
毎日法人サイトを、未練がましく覗いていたりします。
だから、まださよならは言いません。

独りよがりな気持ちですが、
今回のVAIOZに対する素直な気持ちです。
何となく、誰かに気持ちを吐露してみたくなりました。

書込番号:23977554

ナイスクチコミ!9


返信する
クチコミ投稿数:5358件Goodアンサー獲得:890件

2021/02/20 11:53(2ヶ月以上前)

全部、読んでいませんが。

↓が装着できれば、タッチパネル化できます。
・【日本正規流通品】 Neonode AirBar 14.0インチ ノートPC タッチセンサー ドライバー不要 簡単 タッチ操作可能PC タッチスクリーンノートPC
https://www.amazon.co.jp/dp/B0847JW4M4/

書込番号:23977662

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:251件Goodアンサー獲得:15件

2021/02/21 08:28(2ヶ月以上前)

>紅芋タルトさん
まー、前 VAIO は (A12 も) 2in1 でしたからね〜。(あとからクラムシェルも追加されましたが) 今回はクラムシェル一択ですが、>紅芋タルトさんはラップトップ利用時もタッチパネル派ですか?

今は 2in1 タイプの dynabook VZ を利用してますが、タブレット時はもちろんタッチを利用しますが、ラップトップ時には利用したことありません。(つーかウザいのでオフにしてます)

キーボード分離式は 「スタバでドヤ顔」 専用機に陥りがちで、クルマ内等、文字通り “ラップトップ”=ひざ上で利用時にめちゃくちゃ利用しづらいし…

結合してもトップヘビーになるのが避けらず、これまた利用しづらいので、選択肢にしてません。正直、VAIO Z が A12 タイプにならなくて安堵してます〜。

電源コネクタは…まぁ、MacBook も MagSafe は捨てたよーだし、電源コネクタが USB Type-C に統一されるメリットは個人的にはひじょーに大きいと感じます。今さら独自の電源コネクタ採用は愚挙だと思いますよ。

書込番号:23979436 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:105件

2021/02/28 23:09(2ヶ月以上前)

VAIO Z
全然盛り上がらないですね...
VAIOユーザーの殆どはもう、別のものに流れて行ってしまっているんでしょうね。

分かってはいるんです、タッチパネルが一般的には必要ない機能だということは。
でも、おじさんの仕事的には大変有用でした。
一番は、プレゼン時に資料の一部を拡大したい時(もちろん元に戻す時も)。
一発なんです。

プレゼンマウスよりも、プロジェクターのリモコンよりも windowsボタン&+よりも、
資料の中の拡大したい部分を両手の人差し指で指して、左右に離していく。
確実かつ迅速。
直観的一発作業。
拡大する場所がずれることもないし、拡大の度合いも指の動きで調節出来る。

プレゼンマウスも使っています。
注目して欲しい個所をレーザーポインターで示すことは出来ますが、
後ろの人たちには資料の中のおよその場所が示されるだけで、
スクリーン上では小さくて見えない。
だから資料に目を落として、逆に前を見上げてくれなくなるきっかけにもなってしまうんです。
それよりも、スクリーン上で大きく映し出して、
前から視線を外させない。
この辺りは、プレゼンをやってきて学んだ経験則なのかもしれません。
タッチパネル最強。
しかも拡大部分を迷わずに。
時間のロスも全く無く。
流れも損なうことなく。

ご紹介頂いたAirBarは、発売当時、家のモニターにと一瞬迷いました。
拡大鏡機能的なことであれば、対応出来るのかもしれません。
ただ変なところが几帳面なおじさんとしては、
Visual用途にはちょっと難しい、という印象を発売当初のネット情報から得ました。
例えばおじさんは、WORDのタブ設定はAltキーを使いながら細かく位置設定をやっていきます。
プレゼンの資料の中のイラストも、内容に合わせて手書きで作ります。
パワポの図形配置などは、意外と几帳面にmm単位の作業をすることが多いのです。
タッチパネルは、だから、おじさんにとっては指による操作画面ではなく、スタイラスペンの細いペン先による極精細入力端末なのです。

ただまぁそんなことはどうでも良いのです。
モンスターマシンを誇ったZを冠するのであれば、
ぜひ、全部盛り+ユーザーの何歩も先を見て
ワクワクするような提案をして欲しかったし、
オンリーワンのスタンスを誇って欲しかった。
汎用パーツのVAIOなんて
昔のVAIO創成期からのユーザーとしてはもう、
スカイラインがファミリーカーになったくらいのガッカリ感です。

180度開閉のモニターのコンセプトも謎。
相手に見せやすいって、
テーブル挟んで、両サイドからのぞき込むんですかねぇ。
リサーチの結果なんですかねぇ、それが。
何を提案されているのか、イメージがつかめないんです。

もっともこれが年を取るってことなんでしょうね。
新しいものについていけなくなり、
昔は良かった的な郷愁でモノを語ろうとする。
VAIOに対する寂しさから投稿しましたが、
自分の加齢に対するガッカリ感でこの話も終わろうと思います。

余談ですが、
個人的には、処理速度云々よりも
両サイドの3分の1強を占めるファン。
一時期、SON VAIOノートのフラッグシップ機になりかけたType Fを彷彿とさせます。
負荷を掛けるとすぐに唸り、
その内、いつも唸るようになりました。
値段とVAIOシリーズとしては
VAIO(Video Audio Integrated Operation)な用途で使いたくなると思うのですが、
なんかとてもうるさくなりそうな気がして、
最後のお布施としての購入の前に、
ぜひ購入後のレビューを期待しています。
爆速+静か、だといいな。

書込番号:23995224

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:251件Goodアンサー獲得:15件

2021/03/02 08:36(2ヶ月以上前)

>紅芋タルトさんも UI へのこだわりは人一倍持たれているようですが、実は自分もかなりこじらせていて…

 @ テンキー付きノートなんて論外!
 A 右 Alt キーを省略したキーボードも絶対 NG

ちょっと数字を入力しやすくするために、キーボード入力の基本であるホームポジションが異常に左に寄ることに我慢が必須の PC って何なの!と呆れてしまうし…

ショートカットを多用する人にとって右 Alt キーは必須だと思うのですが、各社とも無造作に省略することに憤慨してます。⇒ まぁ、メーカーも年配者の細かいこだわりに一々付き合ってらんないということなんでしょうか。orz...

-------------

自分も以前 (3〜4 年前頃)、「次期 VAIO Z はどんな PC になって欲しい?」 と考えたことがあったんですが、その時、自分の中に 2 つの異なる考え方を持つ自分がいることに気付きました。

1 つは多分>紅芋タルトさんと同様、「やっぱり VAIO Z は他のどんな PC にも似ていない、究極の尖ったモデルであって欲しい」 と願う自分ですが、一方で 「2in1 なんて不要。クラムシェルの正常進化版が欲しい」 と望んでいる自分もいたんですよね〜。

ちなみに、自分が初めて VAIO Z 購入を本気で考えたのは '12 年で、当時ソニーストアでポチったことすらあったのですが…(なぜか 「お客様の選択したモデルは現在購入できません」 で断念。orz...)

自分は Power Media Dock には全く魅力を感じなくて、それよりも 13.x インチ Full HD というスペック自体に究極のモバイルノートを感じたクチです。

当時は 15 型機でさえ WXGA=1388X768 が当たり前で、「13 型 FullHD なんて実用性を無視した高解像度」 なんて批判する人もいました。そういった方々も MacBook が Retina ディスプレイ化されると、ピタッと黙ってしまいましたが…

そういった経緯もあるので、自分は VAIO Z は 「何でもいいから、とにかく凄げぇノート」 を目指す方向も良いけど、個人的には 「究極に使いやすい良質なモバイルノート」 であって欲しいと思ってます。

-----------------
>VAIO Z、全然盛り上がらないですね...

90 年代初頭、初めて TFT カラー液晶の 98 ノートが世に出た時は 5〜60 万しましたが、多分>紅芋タルトさんも、当時をご存知の世代だと思いますが…

上記世代は自分もそうですが、ノート PC 購入に当たっては 「最低でも 20 万超の予算は当然必要!!」 と考える世代で、カメラで言えば一眼レフ or ミラーレスを購入する感覚〜。良いものであれば 30 万くらいしても 「まー、仕方ないか」 と思ってしまう世代だと思うんですが…

今、価格コムのクチコミを見ると分かりますが、ここでノート PC を探す人達にとっては、ノート PC はコンデジ+α くらいの感覚のようで、頑張りに頑張っても 10 万程度が限度…

モバイルノートに 30 万超なんて、カメラマニアが LEICA ブランドの 4〜50 万するコンデジに熱い視線を送ったりするような、ある意味、異常者の趣味の世界であって、「俺達/私達には関係ない世界」=スルーなんでしょう。f(^_^)

書込番号:23997628

ナイスクチコミ!3


脱落王さん
クチコミ投稿数:2661件Goodアンサー獲得:263件

2021/03/02 08:49(2ヶ月以上前)

タッチパネルごときでここまで長文書けるってのもすげーな。
個人的には価格を釣り上げるだけの邪魔な機能だとしか思ってないです。Windowsだと尚更です。
タッチしたければタブレットをどうぞ。

6年前のVAIO持ちより。

書込番号:23997645 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


「VAIO > VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー」の新着クチコミ

内容・タイトル 返信数 最終投稿日時
サポート 2 2021/03/08 11:39:28
写真・動画編集 5 2021/02/27 11:09:11
タッチパネル... 5 2021/03/02 8:49:00
錆びやすいの? 6 2021/02/19 18:09:31

「VAIO > VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー」のクチコミを見る(全 22件)

この製品の最安価格を見る

VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー
VAIO

VAIO Z VJZ14190111B SIMフリー

最安価格(税込):¥399,800発売日:2021年 3月 5日 価格.comの安さの理由は?

VAIO Z VJZ14190111B SIMフリーをお気に入り製品に追加する <13

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:5月7日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング