『RTX 2080Ti GamingPro OC 紹介』のクチコミ掲示板

2018年 9月26日 登録

NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル

  • GeForce RTX 2080 Tiを搭載した、オーバークロック仕様のビデオカード。ゲーミング向けモデル。
  • ハイエンドサーバーに搭載される「DrMOS」を採用することにより、高電流回路、低ノイズ、熱の抑制を実現している。
  • 2連ファン設計により冷却性能が約2倍になり、効率的にホットスポットから放熱。ターボファンブレードが強力な風圧と気流を発生させ、高い冷却性能を発揮。
NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

搭載チップ:NVIDIA/GeForce RTX 2080 Ti バスインターフェイス:PCI Express x16 モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3/USB Type-Cx1 メモリ:GDDR6/11GB NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※ドスパラWeb限定モデルのため、購入の際はスペック情報をショップサイトにてご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの価格比較
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの店頭購入
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのスペック・仕様
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのレビュー
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのクチコミ
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの画像・動画
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのピックアップリスト
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのオークション

NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルPalit Microsystems

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2018年 9月26日

  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの価格比較
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの店頭購入
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのスペック・仕様
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのレビュー
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのクチコミ
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの画像・動画
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのピックアップリスト
  • NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルのオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > Palit Microsystems > NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル

『RTX 2080Ti GamingPro OC 紹介』 のクチコミ掲示板

RSS


「NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル」のクチコミ掲示板に
NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルを新規書き込みNE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ17

返信24

お気に入りに追加

標準

RTX 2080Ti GamingPro OC 紹介

2019/07/06 23:29(5ヶ月以上前)


グラフィックボード・ビデオカード > Palit Microsystems > NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル

クチコミ投稿数:2503件

2080Ti GamingPro -1-

2080Ti GamingPro -2-

FireStrike Extreme i5-8600 + 2080Ti GPro 26℃

TimeSpy i5-8600 + 2080Ti GPro 26℃

中古ですが、2070 ARMORの一枚が3万円で2080Tiに化けました。
Palitは980Ti以来ですが、同じ3スロット占有ですがそれと比べるとカッチリ感が出て柔さがなく剛性が上がってますね。
2070 ARMORと比べて一回り以上小さいですが、クーラーの性能はARMOR以上に冷えるので優秀に思います。
ファンSTOPがなく700rpm台からリニアにファンの回転数が上がるタイプで(100%で2200rpm)、ARMORはファン回転時にうねりを上げて回るためファンの存在感を感じますが、そういうのは皆無で意識させないのは良いですね。
CPUファンの音が漏れて聴こえるのと外音もある環境ですので、2070ARMORとどちらが静音なのかははっきりと分かりませんが十分な静音性に感じます。

CPU: Core i5 8600
マザー: ASRock Fatal1ty Z370 Gaming K6
メモリ:  DDR4-3600 CL17 16GB(8x2) G.SKILL TRIDENT Z RGB (4060-19-18-18-32-360-1T 1.33V設定)
SSD:  860 EVO 512GB
HDD:  8TB ST8000VN0022
OPTANE MEMORY:  32GB 8TB HDDの高速化用
ケース:  Thermaltake VIEW 27
オプションファン:EASYDIY 120mm RGB静音タイプ 1300rpm (リモコン付き)
電源 Thermaltake TOUGHPOWER DPS G RGB 650W -GOLD-
キーボード Razer Ornata Chroma
マウス Logicool G400

書込番号:22781245

ナイスクチコミ!1


返信する
クチコミ投稿数:2503件

2019/07/06 23:46(5ヶ月以上前)

FF14 漆黒のヴィランズ i5-8600 + 2080Ti GPro 25℃

TimeSpy i5-8600 + 2080Ti GPro PL50% 25℃

TimeSpy i5-8600 + 2080Ti GPro +100 PL50% 25℃

TimeSpy i5-8600 + 2080Ti GPro PL68% 25℃

@FF14 漆黒のヴィランズです。
GPUに高負荷が掛かっている時は1700MHz台が多いですが、50%前後の低負荷時はPowerに余裕が生まれて1935MHzに。

TimeSpy
APowerLimit 50%(130W)時は、2070 ARMORより少し遅くなります。Bコア+100にしてもあまり上がらず。
CPowerLimit 68%(175W)時は、2070 ARMORと同じ消費電力で、楽々2080を超える性能を出せるようです。

書込番号:22781283

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6028件Goodアンサー獲得:740件 NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの満足度5

2019/07/07 00:37(5ヶ月以上前)

なか〜ま(^_^)

書込番号:22781370

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/07 00:44(5ヶ月以上前)

銀パイセン宜しくお願いします。(すみません、飲んでないのに)

書込番号:22781382

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:22558件Goodアンサー獲得:229件

2019/07/07 01:27(5ヶ月以上前)

(^▽^)/゚・:*【2080Ti購入おめでとう】*:・゚\(^▽^)
何の文句もございません。

それ大事にしてやって下さいませ∠(^_^)

書込番号:22781442

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/07 08:30(5ヶ月以上前)

PortRoyal i5-8600 + 2080Ti GPro 24℃

PortRoyal DLSS i5-8600 + 2080Ti GPro 24℃

おはようございます。

青パイセン毎度どもです。
もちろん大事に大事にこの夏場OCでぶん回したりDXRでブイブイこき使います。

2070ARMORでBFV DX12最高設定で65fps(DLSSで78fps)だったところが何fps出るのかチェックしたりもします。
※DX12 DXR無効で121fps、DXR有効 LOWで91fps(DLSSで97fps)
2070ARMORとはCPU依存の少ないGPU負荷の高いシーンでは1.7〜1.8倍の差がありそうなのでその辺りを予想してますが、Power57% 148W設定とかでも十分そうで色々試したいと思います。

とりあえずPort Royalしてみましたのでどーん。FireStrikeは1.6倍、TimeSpyは1.62倍、PortRoyalは1.71倍差ですね。

書込番号:22781770

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/07 16:42(5ヶ月以上前)

TimeSpy i5-8600 + 2080Ti GPro +100 +800 PL115% 24.5℃

TimeSpy i5-8600 + 2080Ti GPro +100 +800 PL115% 24.5℃ fps

OCのOCです。 PowerLimit 115%(299W)で行ってみました。

最初メモリを+1000MHzにしていましたがGT1途中でノイズ発生。+950MHzもGT1終わりに急に発生。+850MHzでもGT2中盤で発生。
温度(GPU温度を目安)でメモリクロックの上限が落ちているようでした。

とりあえずコア+100は全然問題ない感触でしたので、メモリ+800MHzまで落として完走させましたが問題ありです。
GT2の終わり際にノイズを確認してます。
ファンAUTOではほぼTDP300W設定でも1350rpm程度に留まり積極的に冷却せずGPU温度74℃まで上がっています。
この設定では+700〜750MHzまでが安パイのようで、+800MHz以上はファンの手動設定で温度下げが必至ですね。

PowerLimitは126%(328W)まで上げられますが、ファンAUTOの様子では温度面で300Wが限界に感じました。
とりあえずTimeSpyで目視で最低でも60fps以上はあったので、ファン手動126%まで攻めるのは止めます。(たぶんやる)

書込番号:22782711

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/08 08:51(5ヶ月以上前)

FireStrike i5-8600 + 2080Ti GPro +100 +777 PL115% 23℃

FireStrike Extreme i5-8600 + 2080Ti GPro +100 +777 PL115% 23℃

FireStrike Ultra i5-8600 + 2080Ti GPro +100 +777 PL115% 23℃

PortRoyal i5-8600 + 2080Ti GPro +100 +777 PL115% 23℃

PowerLimit 115%(299W) コア +100 メモリ +777 ファンAUTOでのFire StrikeとPort Royalです。

コアはFireStikeで2040MHzは連続的に余裕な感じで耐性は2070ARMORの良い方の個体と同じくらいはありそうです。
A付コアなので普通のレベルだと思いますがとりあえず外れコアではなさそうです。
メモリは外れですね。温度が上がると+800MHzは無理で今回の+777MHzも室温23℃だったから問題なかっただけと思います。
メモリ温度は不明ですが参考値のコア74℃まで上昇するなら未検証ですが700〜750MHzまでが安パイに思います。

ファンAUTOでは短時間のベンチマークでは1200rpm台がメインで上がっても1300rpm台までなので、TDP300Wレベルでは70℃を短時間で超え75℃も超えそうな制御ですのでファン手動設定が必須条件です。

OCは基本的にベンチマークしかしないでしょうし、長時間ゲーム時は冷却面で心配のある環境ですのでTDP175W以下の設定(それでも2070 ARMOR比で1.4〜1.5倍速いワッパの上に圧倒的な静音性を得られる)がメインになりそうなので、ファンAUTOは実用面では優秀なバランスの制御だと思います。
2070 AROMORから見ても次元が違い過ぎと思える2080TiのOC(260W)モデル、今のところOCの必要性は元より無いのですが、、、

書込番号:22784275

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/08 09:16(5ヶ月以上前)

GPU-Z RTX2080Ti GamingProOC

この2080 Ti GamingProOCモデルはBIOSが3つあるようで、この個体は日付的に一番新しい90.02.17.00.BFでした。

他の2つはPowerLimitが115%までと明確な違いがあります。(何故このBIOSのみ126%まで上げてきたのか謎です。)
あとは推測ですがファン制御とメモリタイミングが微調整されている違いがありそうかなと。

書込番号:22784313

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:6028件Goodアンサー獲得:740件 NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの満足度5

2019/07/08 10:17(5ヶ月以上前)

Palitから落とせるvBIOSのzipファイルの中のpdfファイルの内容

>他の2つはPowerLimitが115%までと明確な違いがあります。(何故このBIOSのみ126%まで上げてきたのか謎です。)
謎はないです。
単純に、この一番新しいvBIOSはターゲットパワーを上げたものなんです。


それにしても、無料でインベーダーゲームができるようになる(というか、強制的にインベーダーゲーム専用機になる)かもしれないカードでよくOC(特にメモリーのOC)するなぁと感心した(^_^)

書込番号:22784392

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/08 11:05(5ヶ月以上前)

おはようございます銀パイセン、謎というのは115%だったのを126%にしたことです。(しかも割と大きい)

これまで不具合対策されたBIOSが出てきたことはありましたが、Powerを変更したのは記憶にありませんので。
※正規のBIOSでLigtningのNo Limiit BIOSが後から出てきましたがこれは特殊ですしリリースに間に合わなかっただけでしょうし。
しかもこのGamingProOCは基板にNVIDIAのロゴが見えたのでリファレンスっぽいですし余計に。

メモリーのOCはこれまでも壊れた経験はないので普通にやってみたのですが、2070ARMORの経験で+1000MHzから試しましたが、外れだったようでそれはやり過ぎでしたね。(汗)
この個体のメモリは+700MHz以上はしない方が良さそうです。
あとGDDR6ではないですがメモリの初期不良は自分用のはHD6950の一枚しかないですね。
あとは初期不良ではないですがPalitの基板が曲がりやすかった3スロット占有のオリジナル基板の980Tiが地震がトドメかノイズ発してご臨終でした。そこからPalitは避けてました。(笑) このモデルはガッチリしていてその心配はなさそう。
とりあえずGDDR6は仕様上の動作温度範囲でも熱ダレしやすい感じがしますので「あまり」大きくはOCさせないことにします。
排熱に自信のない環境なのでゲーム中遊びでOCさせても謙虚に+500MHz止まりで?。
Superもこれから出ますし次のシリーズまでまだけっこう間がありそうですし、出ても直ぐに買わない買えないと思うのであと1年かそれ以上はもって欲しいですし、Tiはお高そうなのでよりもって欲しいですしOC遊びはなるべく我慢します。(でも壊してみたいという願望もあるという、、、)

とりあえず現環境では126%はファン弄らないと厳しそうな気がするのとで、室温10℃台に下がるまで一旦封印したいと思います。
(^^)>

書込番号:22784462

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/08 17:12(5ヶ月以上前)

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 25℃ DXR無し

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 25℃ DXR低

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 25℃ DXR高

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 25℃ DXR最高

Battlefield Vです。 1920x1080 DX12最高設定ですが、DXR無効や高と低も紹介。

2070ARMORでは62fps、DXR無効で100fpsなシーンです。
結局時間の関係もあって過去データもあるのとfpsも±1fps差の誤差ですむ計測しやすいキャンペーンの冒頭でチェックしました。
このシーンはスクショでなくてもDXRの効果が分かりにくいですがfpsの傾向の参考には十分ですので。
なお2080Tiはこのゲームでは1920x1080でのDLSSは選択できないようでした。

ざっと2070 ARMOR比でDXR無効で1.51倍、DXR最高で1.61倍ですね。1920x1024ではこんなもんでしょうか。
DXR最高と高の差がないに等しい1fps差でした。低との差も2070 ARMORでの差と比べればない方かなと。

OSDのコアクロックの直ぐ横がCPU負荷(%)ですが99〜100%負荷になることはないようでした。
i5 8600ですがより高クロックのCPUが必要そうですね。排熱の関係で上位のCPUに変える気はないですが。(念のため)
OSDのGPU Powerはそのまま2080Ti全体の電力を示し、PSU Power〔sum〕はCPUその他、充電中のスマフォも含めた電力ですがGPUのPowerLimitの2070ARMORとの差は85Wですが、コンセント部のワットチェッカーのようなものでは電源変換効率損も加えて100W以上増えているようでした。中心でも350〜360Wで一回だけとは言え瞬間的に400W超えの402Wも確認してます。
※i5 8600は65W制限のまま下げてないですが一応Offset -0.09V、各種電圧下げ、メモリ1.33V設定の状態です。

書込番号:22785036

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/08 23:05(5ヶ月以上前)

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 24℃ PL80%

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 24℃ PL68%

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 24℃ PL50%

BFV i5-8600 + 2080Ti GPro 24℃ PL40%

Battlefield V、1920x1024 DX12最高設定(※DXR最高)で、PowerLimitを下げた様子です。※38%(99W)まで下げられます。

・100%(260W) 100fps GPU Power:257W PSU Power〔sum〕:324W
@ 80%(208W)  97fps GPU Power:207W PSU Power〔sum〕:307W
A 68%(176W)  93fps GPU Power:177W PSU Power〔sum〕:299W
B 50%(130W)  80fps GPU Power:130W PSU Power〔sum〕:209W
C 40%(104W)  52fps GPU Power:104W PSU Power〔sum〕:180W

@の80%時は100%時よりピーク60Wは落ちてますが、fps差はあまりなく100%で使用するのを止めようかと思わせてくれます。
今回はコアクロック等の同時調整はしていないのでまだ3fps差ついて良かったという結果ですね。
Aの68%時は2070ARMORと同等設定になりますが、まだ1.5倍は速いようです。(だからかピークは2070より20W以上高いような。)
Bの50%時はTimeSpyの時は2070ARMORより遅くなってしまいましたが、BFVではまだ3割速いようです。
Cの40%時は下げ過ぎたようです。ただしピークと中央値はほぼ同じで差がなく50%時よりピーク50Wは落ちてる感じです。
※ワットチェッカーでのピーク消費電力は参考でしばらく放置して目視で気づいた範囲でスクショ時とは異なります。

PowerLimitは特に50〜80%の範囲に落とすと予想以上にワッパが向上する印象でした。

書込番号:22785822

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/08 23:27(5ヶ月以上前)

Power50% 130Wで80fps、、、
私の三菱RDT234WX-S 60Hz環境ではDXR無効とDXR最高時の体感差はその設定でもほぼ無いに等しいという、、、

書込番号:22785879

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:6028件Goodアンサー獲得:740件 NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルの満足度5

2019/07/09 23:27(4ヶ月以上前)

すーぱーが出たのでドライバーアップデートしてます。
よるのおしごとで試すのは明日になるので、いち早く試して見てや〜(^_^;)

書込番号:22787905 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/10 13:33(4ヶ月以上前)

DIVISION2 1080p Ultra i5-8600 + 2080Ti GPro 431.18

DIVISION2 1080p Ultra i5-8600 + 2080Ti GPro 431.36

DIVISION2 1080p Ultra i5-8600 + 2080Ti GPro 430.97

DIVISION2 1440p(DSRx1.78) Ultra i5-8600 + 2080Ti GPro 430.97

およそうございます。(私も昼夜仕事でしたので。笑)

ビルドインベンチマークのあるTHE DIVISION2でチェックしました。(リリースノート記載の他の2つは所有していない。)
1920x1024 ウルトラ設定(VSYNCオフでカスタム設定に)※DIVISION2はOSDが有効になりません。

A431.36ですが、@431.18よりはマシかもしれませんね。DIVISION2でGPUの遊びが多い(80%台が多く最悪50%台も)のが若干改善。
ただ、430系はバグも多いのか殆どのドライバーで今一かなと。(カクカクしたり強制終了したりラインノイズが入ったり。)

試しに430系で唯一まともそうだった430.97を試すと、、、やっぱり430.97がこの2080Tiでも良いようです。(汗)
430系でまともなのは私の確認したのでは430.97だけですね。431でまたカクカクに戻ってスローダウンしてます、、、

430.18でこれまでアップしていましたが、430.97にするべきでしたね。
2070 ARMORの時430.97に戻して使用していたのでてっきり交換でそのまま430.97だと思って430.97のフォルダをつくってそこにスクショを保存していたのですが、画像を1024x1024に変換中に431.18ということに気づいた経緯があります。
交換時に自動でシステムに残っている一番新しいドライバーが入る仕様っぽいですね。

430.97の結果も貼ります B。 Cの1440pはおまけでしかもDSRx1.78(ゲームプレイ不可)なのでネイティブ1440pより悪いはずです。

書込番号:22788816

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/10 14:58(4ヶ月以上前)

Division2 i5 8600 + 2070ARMOR 419.17

Division2 i5 8600 + 2070ARMOR 419.35

Division2 i5 8600 + 2070ARMOR +200 +1000 PT+114% 419.35

ちなみに2070 ARMORで430系よりおそらく速そうな時代419系DIVISION2最適化版を紹介。その一つ前も。

2070 ARMOR、一つ前のWHQL419.17(海外ゲームレビューは大抵これ)とWHQL419.35 (Division2最適化ドライバー)で比較。
1920x1080 ウルトラ設定 (VSYNCオフ カスタム) ※DDR4-3600-CL16設定

419.17 平均 101 fps
419.35 平均 105 fps  約4%の向上ですが、最低フレームは80fpsから89fpsと10%以上大きく向上。

419.35でCPUを419.17よりはうまく使うようになったようでした。

2070 ARMORをコア+200 メモリ+1000 PowerLimit 114% (200W)、105 fpsから117 fps(典型的 118.21 fps)に11.4%アップしました。
最低フレームも89fpsから97fpsと9%アップです。

書込番号:22788928

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/13 15:20(4ヶ月以上前)

FireStrike Ultra PL126% GT1 Max418W GT2 Max409W CPU Max140W CT Max 433W 23℃

FireStrike Extreme PL126% GT1 Max431W GT2 Max410W CPU Max140W CT Max 475W 23℃

FireStrike PL126% GT1 Max451W GT2 Max422W CPU Max140W CT Max 397W 23℃

PowerLimit 126% 330W設定(70W増設定)でのOCです。やっぱり怖いものみたさですね。しかし、、、
電源変換効率損分プラス以上の80〜90Wはピーク消費電力が上がってしまうのと、その割ほど伸びずで全然割に合いません、、、
FireStrike Ultraだけで終わるつもりでしたが、一応FireStrike ExtremeとおまけのFireStrikeもとりました。

2085MHz以上は安定しないようなので2070MHzが実質の最大になるコア+100MHzで。メモリは+777MHz。
ファンは66%(1450rpm前後)に固定してます。

グラボのファン音の漏れを確認できるようにCPUとケース排気ファンを静音重視に設定変更しました。
最初は1600rpm以上の予定でしたが、気にならないくらいの静音性を確保しつつの設定にしました。
この1450rpmでは少し風切り音が漏れて聴こえてきます。
ファンは2070 ARMORのと比べると目視2/3程とかなり小さいのですが、1450rpmでもファンの大きさに対して大き目の音かなと。
2070 ARMORの1450rpmはもっと近く高めの音質(軸音も?)で、2080Ti GProは遠くこもった質感ですがそれ並みかも。
ただし300Wオーバーの330Wを室温低めとはいえ小さなファン2個の1450rpmでよくここまで冷やしているなとも感じました。
Palitは980Tiの時も250W設定で1200rpmな低回転でそこそこ冷えていた記憶があるので、250W超級としては厚み以外はファンも含めてコンパクトな割によく冷える印象あります。

とりあえず330W設定でのOCをさせてみましたが、消費電力の増加の割にそれほどでもなく割に合わないので終了です。
あたりまえですがクロックはある範囲以上に上げると極端に非効率的になりますね。
リファレンス基板ですし効率的にも300Wまでが許容範囲かなと。2080Tiはパワーカットの方が面白いですね。

書込番号:22794641

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/13 20:27(4ヶ月以上前)

FireStrike Extreme PL75% GT1 Max273W GT2 Max263W CPU Max140W CT Max 309W 23℃

FireStrike Extreme PL68% GT1 Max248W GT2 Max241W CPU Max139W CT Max 284W 23℃

FireStrike Extreme PL58% GT1 Max217W GT2 Max214W CPU Max140W CT Max 247W 23℃

FireStrike Extreme PL53% GT1 Max197W GT2 Max192W CPU Max139W CT Max 229W 23℃

FireStrike ExtremeでPowerLimitを下げてみました。 コアとメモリのOCも同時に行い微細なスコア上昇にはなっていると思います。

PowerLimit 75% (195W) Graphics Score 16257 ※ GT1:273W GT2:263W CPU:140W CT:309W
PowerLimit 68% (176W) Graphics Score 15628 ※ GT1:248W GT2:241W CPU:139W CT:284W
PowerLimit 58% (151W) Graphics Score 14031 ※ GT1:217W GT2:214W CPU:140W CT:247W
PowerLimit 53% (138W) Graphics Score 12450 ※ GT1:197W GT2:192W CPU:139W CT:229W

※消費電力はそれぞれのブロックの最大消費電力。GOLD電源(Thermaltake TOUGHPOWER 650W)。ET55Dで計測。

当然ですがPowerLimit 126%(330W)時の消費電力との格差がより明確になりますね。
53%時はややクロックの落ち込みが大きく、追試でコア+135でも行いましたがほぼ意味なくPowerの落としすぎのようです。
※ただしFireStrike Extremeはスコア15000以上は望ましいのでまず使うことはない設定ですね。

書込番号:22795274

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/14 08:41(4ヶ月以上前)

TimeSpy PL120% Fan70% GT1 Max413W GT2 Max430W CPU Max155W 22.5℃

TimeSpy PL120$ Fan70% GT2追試 Max431W

TimeSpy PL120% Fan77% GT1 Max412W GT2 Max430W CPU Max155W 22.5℃

PowerLimit 120% (313W)でのTimeSpyです。

@126% (330W)ではGT2途中で勝手に終了しました。TimeSpyはFireStikeと比べて温度上昇しやすいようで、ファン66% 1450rpmでGPU温度が75度に達していた時点で終了していましたので120%に落としました。(GT1は 102fps台でした。)
ただそれでも温度74度に達するので、ファンを1540rpm前後の70%まで上げました。これで69度に抑えられました。

A追試でGT2のみ単体で動作させると64度程度で収まり、fpsとクロックの上昇を確認できました。
120%をいかすにはそれなりに温度も下げないと無駄になっている印象でした。
ちょっと前に行ったFireStrikeの126%でのOCはあまり伸びてないのでもう冷却にかなり気を配る必要があったようですね、、、

Bよって77% 1690rpm前後も追試で行いました。 GPU温度 69度から66度と3度下がりスコアの上昇も確認しました。

ファン 1540rpm前後は、ケースから音が漏れるもののしばらくしたら存在を忘れるレベルで1450rpmからの変化が少なく感じます。
1690rpm前後にすると存在を忘れるほどではないですが、思ったより変化は小さく確実にARMORの1690rpm前後より静かですね。
高速回転させるほどARMORより相対的に静かになるようです。
100% 2200rpmも試そうかと思いましたが、OCよりファンを高速回転させるほうをためらう口なのでこれにて終了。
2080Tiで313Wレベル以上のOCはVRMとPower強化でクロックが安定しやすいオリジナル基板と水冷を推奨します。

書込番号:22796244

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/14 09:47(4ヶ月以上前)

FF14 i5-8600 + 2080Ti GPro FSB100.68 DDR4 4026-CL18-18-18-31-355-1T 1.325V

FireStrike 126%OC時以降(7/11以降)、CPUやメモリなどの電圧等を設定変更してます。調整にまる一日掛かりました。

理由はゲーム時ピークで2080Ti GPro定格で400Wを超えていたので省電力化のためです。(自己満足のためです)
各種自動ブースト設定をやめて手動設定に切り替え、FSBを安定した100.68設定に。Offsetは-0.1Vに。(これ以上下げられない)
メモリを4026MHz CL18-18-18-31-355 1.325V設定に。その他の電圧も更に下げました。
これでよほどのことがないと390Wオーバーもない感じになったので満足しました。(FireStrikeのExtremeのCombined Testは?)
キーボードも含めた各種LEDを消灯すれば400Wオーバーしなかったと思いますがLEDは切れませんので、、、(個人的な仕様)

書込番号:22796361

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/16 16:03(4ヶ月以上前)

@Atomic Heart RT Demo 2080Ti GPro 27℃

AAtomic Heart RT Demo 2080Ti GPro -DLSS-

BAtomic Heart RT Demo 2080Ti GPro 27℃

CAtomic Heart RT Demo 2080Ti GPro -DLSS-

DXRで試したなかでは一番重いAtomic Heart RT Demoです。 @とBはDLSS無効です。AとCはほぼそのDLSS有効です。

PRE ALPHAのためか他より高度にレイトレをさせているためか落ち込むときは結構落ち込みます。
最初の@(とA)が一番重く10fps急に落ち込む場面ですが、2080Ti GProはこの場面2070 ARMORより1.8倍は速く落ち込むとしてもそんな感じはしなまでになりDLSSではまだ70fpsオーバーしますね。
B(とC)は発光体がある透明な丸い水体がうねうね動いている場面の様子で、後ろの背景が歪んで透けて見えつつ周囲の映り込みもさせて割と高度なことをしているなという場面です。(発光体でできる四方八方に伸びる光と影がより高度そうですが。)
DLSSでの伸びは430.97でも1.2〜1.3倍で他より伸びませんが、画質差はあまりなくなってきてポリゴン端のチラチラ気になるのが無くなる感じで良いです。

書込番号:22801813

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/16 22:06(4ヶ月以上前)

Shadow of the Tomb Raider -1- 開始10分後

Shadow of the Tomb Raider -2- 1時間10分後

Shadow of the Tomb Raider -3- 1時間30分後

Shadow of the Tomb Raider 1時間半安定確認テスト グラフ

特に問題なく動作していたがShadow of the Tomb Raiderプレー中に青画面に、、、
主メモリのチェックは1.320Vでクリアしますがどうもそれが原因っぽい症状。CL19-18-18から18-18-18にしたからだろうなと。
放置テストしていたら20分で強制終了。よってメモリを1.325Vから2段階上の1.335Vに変更。
もう一度テスト(今度はプレーしながらと思うもののご飯の関係で放置に変更)、1時間半で切り上げたがやはり主メモリですね。
メモリのテストは特にグラボが本気を出しているわけでもなく電源の安定性や温度の影響でマージンがたっぷり必要なのでしょう。
今回室温が26℃(26.1℃新導入のデジタル温度計)と高めでしたので現れやすかったのでしょう。(テスト終了時 25℃(24.8℃))

やっぱりしっかりゲームで安定性を確認しないとダメですね。ベンチやFireStrikeストレステスト、デモ数周程度でも駄目ですね。
1.335V設定にしましたが、確認した範囲でのET55Dでのピーク電力は366Wでした。クロックはコア74度で1830〜1860MHzで安定。

書込番号:22802631

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/18 22:03(4ヶ月以上前)

Time Spy Extreme Stress Test i5-8600 + 2080Ti GPro Max339W 26℃

Time Spy Extreme Stress Test i5-8600 + 2080Ti GPro 26℃ -1-

Time Spy Extreme Stress Test i5-8600 + 2080Ti GPro 26℃ -2- 10分後

Time Spy Extreme Stress Test i5-8600 + 2080Ti GPro 26℃ -3- 20分後

Time Spy Extreme Stress Testです。 4KでCPU依存なくGPUに負荷かけてみました。 標準設定20ループ 20分間です。

アイドル時39度からスタートで75度まで上昇したので仕方がないのですが、95.5% NOT PASSという判定です、、、
1800MHz台から1700MHz台にクロックが落ちましたが、75度 1450rpmで静かなまま落ち着きはしました。
消費電力のピークはET55D読みで339Wでした。GPU以外の負荷はそうでもない感じですね。CPUは使用率10%台でしたし。

アイドル時 GPUのファンのみ手動調整させて音の漏れはじめを確認できるのは1500rpmあたりからですね。
ファン66% 1450rom前後風切り音は微妙に漏れているようですが、意識しないと分からないレベルですね。
ファン77% 1690rpm前後だと風切り音は少し意識しますが、ケースファン900〜1000rpmまで上げると隠れるレベルで常用可。
ファン88% 1930rpm前後だとうねって聴こえはじめ77%時より明らかに変化しますが、こもっているのでうるさいほどでもないです。
ファン99% 2170rpm前後だとシーという質感が加わり圧をやや感じてはきましたが、まだエアコン風量中より静かで許容できます。
ファンが小さいので圧感がARMORよりかなり弱く100%でも嫌な感じがなく、しっかりファンが固定され安定した音感もあり3000rpmまで特に330W時用の冷却重視であっても良かったかなという印象。
ARMORのファンがバカでかいので特別GProが静かまでとは思いませんが、比較的落ち着きのある音質かなと。

書込番号:22807017

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2503件

2019/07/28 09:19(4ヶ月以上前)

安らかに眠れ、、、

根本的な原因は分かりませんが(地震はあったが他のグラボはセーフ)認識しなくなりました、、、
快調でしたがGPUコアやVRAMではなく基板がやられたっぽいです。
今回はバックプレートありだったので安心しきってましたが、どうも私とPalitは相性が悪いようです。
まだゲームは10時間もしていないことより、どうせ壊れるなら噂の症状が見たかったのが心残りです。もっとOCで遊べばよかった。
メインPCですが動作しないゲームがあった環境なのでOSの入れ直しとケチって中古2080で今日中に復活予定です。

書込番号:22824868

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


「Palit Microsystems > NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル」の新着クチコミ

この製品の最安価格を見る

NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル
Palit Microsystems

NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデル

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2018年 9月26日

NE6208TS20LC-150A (GeForce RTX2080Ti 11GB GamingProOC) [PCIExp 11GB] ドスパラWeb限定モデルをお気に入り製品に追加する <62

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月2日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング