『編集環境』のクチコミ掲示板

2018年 9月27日 発売

HERO7 BLACK

  • ジンバル並みの安定化機能を搭載したアクションカメラ。動きを予測してブレを補正することで、滑らかな映像を撮影する。
  • ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro写真」「GoProビデオ スタート」などの音声コマンドにより、ハンズフリー制御が可能。
  • 「スーパーフォト」により、自動的に写真撮影を行う。HDRやローカルでのトーンマッピング、ノイズ低減などの機能で写真を最適化する。
HERO7 BLACK 製品画像

拡大

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW HERO7 BLACK Limited Edition CHDHX-702-FW [Dusk White]
最安価格(税込):

¥37,300 BLACK[BLACK]

(前週比:+136円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥38,580 BLACK[BLACK]

アキバ倉庫

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥37,300¥54,450 (48店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥37,300 〜 ¥44,880 (全国710店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 本体重量:116g HERO7 BLACKのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

HERO7 BLACK の後に発売された製品HERO7 BLACKとHERO8 BLACK CHDHX-801-FWを比較する

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

最安価格(税込): ¥46,000 発売日:2019年10月25日

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 本体重量:126g
 
  • HERO7 BLACKの価格比較
  • HERO7 BLACKの店頭購入
  • HERO7 BLACKのスペック・仕様
  • HERO7 BLACKの純正オプション
  • HERO7 BLACKのレビュー
  • HERO7 BLACKのクチコミ
  • HERO7 BLACKの画像・動画
  • HERO7 BLACKのピックアップリスト
  • HERO7 BLACKのオークション

HERO7 BLACKGoPro

最安価格(税込):¥37,300 [BLACK] (前週比:+136円↑) 発売日:2018年 9月27日

  • HERO7 BLACKの価格比較
  • HERO7 BLACKの店頭購入
  • HERO7 BLACKのスペック・仕様
  • HERO7 BLACKの純正オプション
  • HERO7 BLACKのレビュー
  • HERO7 BLACKのクチコミ
  • HERO7 BLACKの画像・動画
  • HERO7 BLACKのピックアップリスト
  • HERO7 BLACKのオークション


「HERO7 BLACK」のクチコミ掲示板に
HERO7 BLACKを新規書き込みHERO7 BLACKをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ9

返信7

お気に入りに追加

標準

編集環境

2019/08/17 12:09(6ヶ月以上前)


ビデオカメラ > GoPro > HERO7 BLACK

スレ主 drawing335さん
クチコミ投稿数:4件

はじめまして。

HERO7ブラックで登山の撮影を楽しんでいます。

これまでiPhoneXのアプリで簡易編集&SNS投稿を楽しんでいたのですが、今後はパソコンでもう少し編集したいと思っています。

そこで質問なのですが、皆様はどんな環境で HERO7の動画編集をされているのでしょう?

CPUやGPUなど推奨値は公式HPに掲載されていますが、実際に撮影されている皆様の編集環境に興味があります。

またこのソフトが使いやすい、スペックはこの程度で十分、やっぱり足りないなど、皆さまの経験談を伺えましたら幸いです。


書込番号:22863125 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


返信する
クチコミ投稿数:5703件Goodアンサー獲得:468件

2019/08/17 16:01(6ヶ月以上前)

HERO 5 BLACKに飽きた者の意見として、参考になるとは思いませんが、Core i7 8700+GTX1060(6GB)程度のマシンに、それなりにのハイエンドなSSDを組み合わせて、繋ぎとして利用してみた限り、この程度のスペックで足りていました。
後に購入予定のシネマカメラ向けに、Ryzen9 3950X+Quadro RTX4000の映像編集マシンを制作準備している段階なのですが、上記スペックに少しだけ手を加えたゲーミングノートで確認する限りですがね。
本気でカラーグレーディングまで凝る場合、モニターも相当の物が必要となり一眼やシネマカメラを使う事になるし、そこまで深い話になるとQuadro一択ですが、GoPro程度のカメラではGeforce GTX1650で足りることでしょう。
私が使うソフトは、レビューを確認されると分かると思うので、割愛させていただきます。


手振れ補正専用ソフト+プロユース向け編集ソフト(2種類)を揃えていると、VFXやプラグインエフェクトなど盛り込まない限りは、それなりに見やすい動画に仕上げる事も出来ます。
ジンバル組んで済ますのではなく、撮影テクニックの一つパーン(逆パーン)時には、カメラにリグを組んで雲台を合わせるなど、色々と工夫や撮影練習は必要ですね。
登山と一言で言われていますがロッククライミング(練習のボルダリングも含む)では、手振れを最小限に抑え、パーンやティルトすることも厳しいのでしょうけど・・・
手振れ補正処理の速さは、CPUコアとベースクロックに応じた解析速度なので、より高性能なCPUを使うと解析の処理は早いです。
CPUによるレンダリングを用いる編集ソフトも、上記と同じことが言えますがね。
中にはGPUをレンダリングに使うソフトもあることから、CPUとGPUのバランス良い構成が望ましいと思います。

書込番号:22863497

ナイスクチコミ!2


スレ主 drawing335さん
クチコミ投稿数:4件

2019/08/17 23:05(6ヶ月以上前)

>Core i7 8700+GTX1060(6GB)程度のマシンに、それなりにのハイエンドなSSDを組み合わせて、繋ぎとして利用してみた限り、この程度のスペックで足りていました。

>Geforce GTX1650で足りることでしょう

コメントありがとうございます、大変勉強になります。素晴らしいシステムを組まれているのですね、大変羨ましいです。またGTX1650で事足りるというのも参考になります、それでもやはり6Gくらいは必要そうですね。

>ジンバル組んで済ますのではなく、撮影テクニックの一つパーン(逆パーン)時には、カメラにリグを組んで雲台を合わせるなど、色々と工夫や撮影練習は必要ですね

この部分もご指摘の通りで、やはり撮影時にいかに丁寧に撮影するかが肝のようですね、ありがとうこざいます。

書込番号:22864219 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5703件Goodアンサー獲得:468件

2019/08/18 11:26(6ヶ月以上前)

参考画像

NetflixやAmazon Prime Videoの様なオンデマンド映像配信サービス視聴の際、撮影テクニックや装備に応じた練習と準備は、補正できない様な振れも生じさせることもある事から、冷静に見て思う限りです。
特にNetflixオリジナルのドキュメンタリー的な配信映像を見ると、反面教師として参考になる場合も・・・
色んな配信映像を見て、良いと思ったら取り入れる事が大事なので、デスクトップキャプチャーした参考画像の映像アングルは、【GoPro+リグ+レンズフード+雲台】を利用しました。
撮りたい絵に応じて、一脚なども違う使い道で活用してしまう、その様な発想を求められますね。


使い回しの手振れ補正比較動画ですが、【GoPro+ハンドグリップ+リグ+雲台+レンズフード】の組み合わせなので、残るは【撮影テクニック、編集用マシン、編集&修正(補正)ソフト】次第です。

書込番号:22864926

ナイスクチコミ!1


銀メダル クチコミ投稿数:1644件Goodアンサー獲得:292件 HERO7 BLACKの満足度5 re-wind 

2019/08/19 01:31(6ヶ月以上前)

>drawing335さん
昨今のPCであれば快適ではなくともある程度は編集に耐えてくれると思ってます。
もちろん動画編集はPCパワーに大きく左右されますから
マシンパワーがあればストレスは減りますが。

私の環境はすでに7年前のかなり使い古したPCです。
(そろそろ新調したい)
CPU i7 3770
RAM 32GB
Cドライブ256GB SSD
編集用作業ドライブ512GB SSD
その他 データ保存用HDD 計20TBくらい(外部)
GPUは550Ti 2GB 
WINDOWS 7 PRO 64
編集はADOBE Pr AE (ADOBE CC)

FHDカット編集程度であればさほどストレスは感じません。
トラジッションやエフェクトを駆使するとさすがに怠慢になりますが
観やすい映像はカット編集だけのシンプルなものの方が良かったりしますから
それほどマシンパワーに頼っていません。
4Kではもうワンランク上のPCは必須だと思いますが
なんとか編集に耐えています。
ADOBE PREMIEREは作業中はさほどストレス感じませんが
最終Media Encoderに引渡してエンコするときはさすがにCPU100% RAMも上限に張りつきます。

ということでRAMは16GB以上は載せたいし
それとなによりモニターはマルチ構成がお勧めです。
モニタは出来れば2面
現在私はは1920/1080を2台横並びにしています
タイムラインが横に長く表示できないと使いにくいですので。
少し前までビデオカード2枚差しFHD4面構成にしていたことがありますが
さすがにマシンパワーが足りないのか返って鈍くなってました。

登山の記録となっていますから大げさな機材は持ち込めないと思います。
多少のブレや水平軸がズレることは返って臨場感にもつながりますし
必ずしもジンバル等に頼らなくともいいと思ってます。
私はGOPRO KARMAのジンバルも持ち合わせていますが
ケースバイケース アクティブなシーンはあえてジンバルなしでトライしています。
というか ジンバルの絵は落ち着いては見えるのですが
迫力が失われて苦労の様子が伝わりません。
登頂の瞬間 あまりにも落ち着いた映像だと容易い山だと思われるかも・・・
最近海外のアーティストのアクティブシーンはあえて揺れを交えた映像を表現しています。
視聴者に追体験を感じ指す思惑なのでしょうね。

書込番号:22866406

ナイスクチコミ!3


スレ主 drawing335さん
クチコミ投稿数:4件

2019/08/20 13:49(6ヶ月以上前)

>ガリ狩り君さん

>色んな配信映像を見て、良いと思ったら取り入れる事が大事なので、デスクトップキャプチャーした参考画像の映像アングルは、【GoPro+リグ+レンズフード+雲台】を利用しました。

なるほど、たしかに配信映像は大変参考になりそうですね。そうした意識を持って映像を見てみようと思います。ありがとうこざいます。

書込番号:22868947 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


スレ主 drawing335さん
クチコミ投稿数:4件

2019/08/20 13:55(6ヶ月以上前)

>撮らぬ狸さん

返信をいただきありがとうこざいます、大変勉強になります。

>ケースバイケース アクティブなシーンはあえてジンバルなしでトライしています。 というか ジンバルの絵は落ち着いては見えるのですが 迫力が失われて苦労の様子が伝わりません。 登頂の瞬間 あまりにも落ち着いた映像だと容易い山だと思われるかも・・・

たしかにそういう視点もありますよね。使い分けが重要だと感じます。RAMは32Gほど積まれているようで、当時から素晴らしいスペックをお持ちだったので今も現役なのでしょうかね。パソコンも出来るだけ長く使いたいので参考になります、ありがとうこざいます。

また今ですと6コア以上もザラなので、たしかにある程度のスペックがあればある程度の編集には耐えられそうですね、ありがとうこざいます。

書込番号:22868958 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:12290件Goodアンサー獲得:1146件

2019/08/20 23:57(6ヶ月以上前)

このカメラは本当に手ぶれ補正が強力ですよ。

現在このGoPro7 BLACKとDJI osmo actionの両機を使っていますが手ぶれ補正に関してはGoPro7BLACKの方が上です。

オフロードバイク乗りの人からは手振れ補正が強力すぎるのでオフロード感が出ないと言われています。笑

まあ手振れ補正に関しては良いのですがosmo acstionもかなり良いので総合力では現時点だとosmo actionをオススメします。

やはり歪み補正ONの状態で4Kで撮影出来るのと画面が大きく操作性や起動性やNDフィルターの付け方とか後発のosmoの方が優れています。
ちなみにバッテリーの持ちもosmoの方が良いですよ。

まあGoProの場合普及率が高いので編集ソフトに魚眼で撮影した場合の歪み補正も搭載されていたりしますが。

書込番号:22870001

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

HERO7 BLACK
GoPro

HERO7 BLACK

最安価格(税込):¥37,300発売日:2018年 9月27日 価格.comの安さの理由は?

HERO7 BLACKをお気に入り製品に追加する <2109

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ビデオカメラ]

ビデオカメラの選び方ガイド

coreda

新製品ニュース Headline

更新日:2月21日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング