『★805D3の周波数特性★』のクチコミ掲示板

2015年10月 発売

805 D3 [ローズナット 単品]

  • 「ダイヤモンド・ドーム・トゥイーター形式」を採用した、スタンドマウント型のスピーカー。
  • 「コンティニウムコーン」は音域に悪影響をおよぼす可能性があるブレークアップ挙動を打ち消し、オリジナルに近いミッドレンジ・パフォーマンスを実現。
  • 「トゥイーター」を無垢のアルミニウム板内に格納することで、剛性の高いプラットフォームを実現。澄み切った音を再生する。
805 D3 [ローズナット 単品] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

販売本数:1本 タイプ:ステレオ 形状:ブックシェルフ型 再生周波数帯域:34Hz〜35KHz インピーダンス:8Ω 805 D3 [ローズナット 単品]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • 805 D3 [ローズナット 単品]の価格比較
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の店頭購入
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のスペック・仕様
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のレビュー
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のクチコミ
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の画像・動画
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のピックアップリスト
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のオークション

805 D3 [ローズナット 単品]Bowers & Wilkins

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2015年10月

  • 805 D3 [ローズナット 単品]の価格比較
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の店頭購入
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のスペック・仕様
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のレビュー
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のクチコミ
  • 805 D3 [ローズナット 単品]の画像・動画
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のピックアップリスト
  • 805 D3 [ローズナット 単品]のオークション

『★805D3の周波数特性★』 のクチコミ掲示板

RSS


「805 D3 [ローズナット 単品]」のクチコミ掲示板に
805 D3 [ローズナット 単品]を新規書き込み805 D3 [ローズナット 単品]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ78

返信24

お気に入りに追加

標準

★805D3の周波数特性★

2019/10/15 11:33(1ヶ月以上前)


スピーカー > Bowers & Wilkins > 805 D3 [ローズナット 単品]

クチコミ投稿数:163件 草莽崛起 

805D3の周波数特性

stereophile誌が測定した805D3の周波数特性です。
https://www.stereophile.com/images/317BW805fig04.jpg
https://www.stereophile.com/content/bowers-wilkins-805-d3-loudspeaker-measurements

書込番号:22988914 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


返信する
クチコミ投稿数:163件 草莽崛起 

2019/10/15 11:39(1ヶ月以上前)

かのB&W 805D3です。200Hzを中心とした大きな山と10kHzを中心とした大きな山の2山特性です。クロスオーバーの1.5kHz付近を中心として500Hzあたりから5kHzあたりまで大きく凹んでおり、凹みの一番低いところは高域のピークに比べると10dB近くも差があります。

Dynaudioの特性と見比べると、B&Wは壊れているか設計ミスかに見えるくらいの違いです。
https://community.phileweb.com/mypage/entry/4279/20160211/50266/

書込番号:22988920 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:114件Goodアンサー獲得:4件

2019/10/15 12:46(1ヶ月以上前)

典型的ドン・シャリですか?

書込番号:22989022

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:114件Goodアンサー獲得:4件

2019/10/15 12:49(1ヶ月以上前)

でも、畳の部屋ならいいかも?

書込番号:22989027

ナイスクチコミ!4


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1137件Goodアンサー獲得:23件

2019/10/15 13:29(1ヶ月以上前)

B&Wのスピーカの測定上の特性は、なんとなく等ラウドネス曲線の逆特性にして、聴感上凹凸がないようにしてるのでは?

書込番号:22989096

ナイスクチコミ!5


里いもさん
殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:35252件Goodアンサー獲得:3144件

2019/10/15 15:58(1ヶ月以上前)

>Realforce 106さん こんにちは

情報ありがとうございます、9000Hzに1000Hzに比べて10DBの盛り上がりと50Hzからの豊かな低域がフアンを引き付けてるのでしょうか。
それはある種の麻薬かも知れませんが、当方には高い方の刺激が強過ぎて手放しました。
ツイーターの前にダンボールお置き、間隔を調整しましたが、そんなブザマな恰好はB&Wに似合わないので。

書込番号:22989247

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:163件 草莽崛起 

2019/10/15 20:15(1ヶ月以上前)

https://www.soundstagenetwork.com/index.php?option=com_content&view=article&id=16&Itemid=140
  ↑
に、805D3以外のB&Wの周波数特性が出てますが、
何れも805D3に相似した特性ですね。

参考までに、こちらはBOSE SoundLink Mini IIの周波数特性です。
https://thewirecutter.com/blog/how-bad-can-a-bogus-bose-be/

書込番号:22989670 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


| さん
クチコミ投稿数:1345件Goodアンサー獲得:176件

2019/10/15 21:18(1ヶ月以上前)

高域はわかりませんが、低域の盛り上がりはバッフルステップ補正でしょう。

書込番号:22989817

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:925件Goodアンサー獲得:51件

2019/10/15 21:25(1ヶ月以上前)

環境や用途に合わせて使えるか否か、特性より聴いてどうかだと思います。

視覚のみで良し悪しを判断するなら純モニター以外は合わない気がします。

デノンやマランツなどのアンプ、プレーヤーメーカーも開発に使用しているみたいですが、気に入らない方にとっては、そちらもおかしな特性となりそうですね。

使いこなせないからか、ネガティブキャンペーンのような書き込みも見かけるメーカーですが、それ以上に満足感を得ている方が多い気がします。

アンプやプレーヤーで差を感じ易い事や、好みにもよりますので、よく試聴してから選ぶと間違いが少なくなると思います。

書込番号:22989837 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:3129件Goodアンサー獲得:651件

2019/10/15 21:33(1ヶ月以上前)

Realforce 106さん、こんばんは。

>クロスオーバーの1.5kHz付近を中心として
B&Wのツイーターのクロスオーバーは4kHzが基本です。
記載が無くともこれは変わっていないはずです。

>何れも805D3に相似した特性ですね
B&Wに限らず、ブックシェルフではこういう特性が多いです。
B&Wはツイーターが上の方で持ち上がっているのでより極端には見えますが、
80Hz〜150Hzあたりに盛り上がりがあるのは多いです。
リンクの一覧には出ていないですが、日本では人気のあるDALIはこういう傾向が多いです。
以下のリンクなども参考にしてください。
「WSZYSTKIE MARKI」の一覧表示からメーカーが選べます。
https://audio.com.pl/testy/stereo/zespoly-glosnikowe

書込番号:22989867

ナイスクチコミ!3


YS-2さん
クチコミ投稿数:2484件Goodアンサー獲得:196件 805 D3 [ローズナット 単品]の満足度4

2019/10/15 22:07(1ヶ月以上前)

私も三年前まで805D3を所有 (2015年12月7日にレビュー投稿済) していました。でも、低域スカスカ、高域キンキンで一年経たず手放し、今は803D3にトリノフオーディオ経由で聴いています。確かにカタログデータも気にしますが、SPは合わせるアンプやお部屋の特性、セッティングなどでその数値通りには聴こえない事もありがちだと思いますが、如何でしょうか。

ところで、里いもさん こんばんは。良い機会なので、ズバリお尋ねします。

”9000Hzに1000Hzに比べて10DBの盛り上がりと50Hzからの豊かな低域がフアンを引き付けてるのでしょうか。
 それはある種の麻薬かも知れませんが、当方には高い方の刺激が強過ぎて手放しました。”

と書かれていますが、805D3はご自身で所有されていたのでしょうか ? 
レビュー投稿を拝見する限り、 B&W 685S2についてはレビュー投稿 (2016年5月12日) があります。でも ”手放しました”と書かれてますが、まさか所有してもいないのに B&W 685S2 の事を 805D3 に置き換えて ”手放した” なんてデタラメは書かないですよね ? !

以前から”つきまとい云々”とか”貴殿云々”とか”質問者以外の人からは答えない云々”等で逃げないで、この 805D3 のご自身での過去の所有の有無について二択  Yes or No でお答えください !

また、

”50Hzからの豊かな低域がフアンを引き付けてるのでしょうか。”

決してこの文言にある決して豊かではない低域はファンは引き付けていないと思います。実際に私はアキュフェーズとラックスマンの二機種のプリメインアンプで、これをいかに鳴らそうかと苦労しましたが、結果、”麻薬”でも無いし、豊かな低域って、無いって (>_<) 

ご自身の経験なのか、お得意のイメージですか ? この点も如何でしょうか。これも二択でお願い致します。



書込番号:22989953

ナイスクチコミ!10


クチコミ投稿数:163件 草莽崛起 

2019/10/15 22:52(1ヶ月以上前)

周波数特性など、物理的特性の癖が多いスピーカーだと、
その癖をコントロールする余計な手間がかかり、その分、余計な時間、労力、出費なんかがかかりますから、、、。

この辺は周波数特性がフラットですね。

Dynaudio Audience 40
https://www.soundstagenetwork.com/measurements/dynaudio_audience40/

Focal Aria 906
https://www.soundstagenetwork.com/index.php?option=com_content&view=article&id=1239:nrc-measurements-focal-aria-906-loudspeakers&catid=77:loudspeaker-measurements&Itemid=153

Magico S5
https://www.soundstagenetwork.com/index.php?option=com_content&view=article&id=1043:nrc-measurements-magico-s5-loudspeakers&catid=77:loudspeaker-measurements&Itemid=153

現在、モニタースピーカーの主力メーカーのGENELECの8040B
https://www.google.com/search?client=firefox-b-m&biw=360&bih=630&tbm=isch&sxsrf=ACYBGNQ4KIUteK7L0DmP06KMEsny33TLWA%3A1571147017972&sa=1&q=genelec+%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E7%89%B9%E6%80%A7&oq=genelec+%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E7%89%B9%E6%80%A7&aqs=mobile-gws-lite..#imgrc=tCLPYpeZZomLUM%3A


書込番号:22990055 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2308件Goodアンサー獲得:640件 805 D3 [ローズナット 単品]のオーナー805 D3 [ローズナット 単品]の満足度5

2019/10/15 22:55(1ヶ月以上前)

低音を盛り上げているのは、ウーファーサイズが16インチ1発と小さなブックシェルフ型なので、低音不足を解消するのに量感で補っているのだと思います。

もちろん量感を増やしても、重低音は期待出来ませんので、ここはサイズとのトレードオフですね。

同様に高音は、一般的に5KHz以上は聞こえにくくなるので、盛り上げているのだと思います。

音量を上げれば聴感的な高音の印象も全く変わって来るので、大きな部屋で音量を上げて聴くフロアー型はよりフラットな特性にするのだろうと思います。

ブックシェルフ型はニアフィールドで小さめな音量で聴くことを考慮して、高音不足を補うために、このような特性にしているのだろうと思われます。

私はあまり音量を上げて聴かないので試せていませんが、「805 D3」で音量を上げ過ぎると、高音が煩く感じるかもしれませんね。
当然、ブックシェルフ型で音量を上げて聴く人もいますので、そのような人はスタンドを含めた設置面積はあまり変わらない「804 D3」を選ぶのが適切でしょう。

ある程度小さな音量で聴くことを前提にすれば、この位メリハリの有る特性の方が良い効果が得られるだろうと解釈していますし、小音量時の高音の鳴りっぷりの良さは、個人的にはとてもお気に入りです。

いずれにしても好みの問題が大きいので、特性上よりフラットなスピーカーを選ぶことを否定するつもりも有りませんし、ご自分の好みに合うモデルを選択されれば良いのではないでしょうか。

書込番号:22990066 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!7


クチコミ投稿数:46件

2019/10/16 01:03(1ヶ月以上前)

単調な音など、フラット特性が好みでなかったら調整が手間ですから
複数回試聴することですよね

スモールモニタースピーカーGENELEC、ADAM、Dynaudio 、Focal、YAMAHA
地方で試聴できますかね
東京神田の楽器店辺りは店舗狭いかな

書込番号:22990258

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:312件Goodアンサー獲得:12件

2019/10/16 09:25(1ヶ月以上前)

私がオフ会で聞いたのは805Dですが、最初に伺ったときは
アンプ:KRELL 400xi
CDP:SONY Z1ESでした。

それが1年後に行くと
プリアンプ:エアー k1xe
パワーアンプ:エアー V1xe
SACD:エソテリック K07x
と変更され、素晴らしい音質に変わっていました。
ケーブルやボードなども高額なものを使用されていました。

このクラスのスピーカーは、プレーヤーやアンプを奢ってやり、かつセッティングを詰めていけばどのようにも変わっていくものと思います。

書込番号:22990559

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:1220件Goodアンサー獲得:50件 縁側-超絶適当の掲示板

2019/10/16 16:04(1ヶ月以上前)

>80Hz〜150Hzあたりに盛り上がりがあるのは多いです。

blackbirdさんの書き込みのちょっとだけ補足。

このあたりの帯域には、低音楽器の倍音成分がちょうど引っ掛かります。
コントラバスの最低音は、40Hzぐらい、ピアノが27Hzぐらいです。

弦楽器やだ弦楽器は、原音である40hzとか27Hzの音と同じぐらいの音量で2倍音、3倍音が聞こえてきます。
コントラバスの場合には、2倍音80Hz付近、3倍音120Hz付近です、ピアノの最低音なんてほとんど使いませんが、3倍音が90Hz近くになるわけで、このあたりの帯域が充実していると

ゆたかな低音

と人は感じます。小さなブックシェルフスピーカーから豊かな低音が出るというのは、こういう倍音をうまく使っているからなわけです。
実際には、50Hz以下の低音は音としてはなかなか認識できず、「雰囲気」とか「風」にちかい圧として感知されます。

と書くとね、いあ実際に、ピアノのC0をたたくと音が聞こえるという人や、電子ピアノやシンセで弾くと音がでるという人がいるんですが、そもそも生ピアノの場合には基音よりも量的に多い倍音(2倍音、3倍音の和は原音よりも量的に多い)ので、そりゃ音は聞こえます。電子ピアノはそのあたりもきちんと計算して音をつくっているのでそりゃ聞こえるよです。

コントラバスやベースの実物を持っている人は、ボディからの振動を感じますので、音というか感覚で感じています。
(と書いても、いや、僕はちゃんと4弦解放は音として認識してますよbyベーシスト、元ベーシストと書く人がいると思いますが、だから、それは・・・・・・とおもうわけです、なので、僕の友人のプロに演奏の中に開放弦の音を入れ込んでもらって、どれだけのオーディエンスが気が付くかというチェックをしたのですが、音で気が付く人はまずいません。目が良い人は目でみて、気が付いちゃってました)

書込番号:22991078

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:46件

2019/10/16 17:58(1ヶ月以上前)

ラプソデイー・イン・ブルーやドビュッシーのアラベスク、けんかをやめて?ピアン上級譜で
最低音CDEのEが叩かれますが、2倍音の再生はブックシェルフでは困難かな

書込番号:22991241

ナイスクチコミ!1


| さん
クチコミ投稿数:1345件Goodアンサー獲得:176件

2019/10/16 23:05(1ヶ月以上前)

>Dynaudio Audience 40
>https://www.soundstagenetwork.com/measurements/dynaudio_audience40/
>
>Focal Aria 906
>https://www.soundstagenetwork.com/index.php?option=com_content&view=article&id=1239:nrc->measurements-focal-aria-906-loudspeakers&catid=77:loudspeaker-measurements&Itemid=153
>
>Magico S5
>https://www.soundstagenetwork.com/index.php?option=com_content&view=article&id=1043:nrc->measurements-magico-s5-loudspeakers&catid=77:loudspeaker-measurements&Itemid=153

soundstagenetwork.comの測定は無響室で2 mの距離からです。

>https://www.stereophile.com/content/bowers-wilkins-805-d3-loudspeaker-measurements

stereophileは300 Hz以下はニアフィールドでの測定、それ以上は離れた(おそらく50インチ)位置からの測定をつなげたものです。
ニアフィールドでは回折の影響を受けないため、バッフルステップ補正の分低域が盛り上がった特性になります。
805D3も無響室で離れた距離から測定すれば、高域はともかく低域はそれなりにフラットになるでしょう。

ちなみに、stereophileのグラフからクロスは3.5 kHzだとわかります。

書込番号:22991815

ナイスクチコミ!2


fmnonnoさん
銅メダル クチコミ投稿数:3758件Goodアンサー獲得:278件

2019/10/19 21:18(1ヶ月以上前)

>Realforce 106さん
本日、何十回目かの805D3を試聴しました。
アンプはマランツの新製品NR-1200です。

実際に試聴するとメリハリある綺麗さで低音もバランス良く感じます。
グラフをみて決めるのでは無く、実際に聴いてみてこのスピーカーを好きになる方が多いのではと思います。

書込番号:22997194 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


金メダル クチコミ投稿数:1335件Goodアンサー獲得:120件

2019/10/20 01:19(1ヶ月以上前)

周波数特性は大事ですが、AVアンプでは音場補正は常識ですしピュアもスピーカーマネジメントシステムとか入れると補正しますので、あまり重要とは言えなくなってきてますね。今どき必要なのはユニット本来の解像性能、位相管理、良質で最小限の鮮度を落とさないネットワーク、内部配線、箱の存在が消える強固で反射の少ないエンクロジャー、Dレンジ確保で音圧が取れる能率。805は良く出来ていると思います。

書込番号:22997612

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:163件 草莽崛起 

2019/10/20 04:18(1ヶ月以上前)

>fmnonnoさん

実際に805D3を何度も違う組み合わせで聴いてますが、
低音域はスカスカで中高音域はキンキンして、
とても聴いてられない音質ばかりでした。

特にマランツのアンプは低音域が薄く高温が煌びやかなので最悪でした。

書込番号:22997702 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:163件 草莽崛起 

2019/10/20 04:26(1ヶ月以上前)

B&Wの音質はヘッドホンも視聴しましたが、
総じて、
低音域が薄く中高音域がキンキンして、全体的にガサガサしてて非常に聴き疲れするので好みでは有りませんね。

書込番号:22997705 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:46件

2019/10/20 06:59(1ヶ月以上前)

感覚、感性はバラバラ、全員同じにせよは北朝鮮

デノン・マランツが好みの人は、オンキヨウ、パイオニアは足りない音に聴こえるかも

書込番号:22997766

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:46件

2019/10/20 07:04(1ヶ月以上前)

Focal Aria 906
ELAC 310
ワーフェデール

製品の優劣ではなく、聴く側の感性の違いだけ

書込番号:22997773

ナイスクチコミ!1


bebezさん
クチコミ投稿数:179件Goodアンサー獲得:1件

2019/10/26 10:26

昨日、805D3を試聴してきました。
上の方のあばれは特に気にならず、明瞭で魅力のある音と思いましたが、
下の方は周波数特性そのもののイメージで、ベースは必要以上に量感たっぷりの反面、バスドラは本来ドンとくるべきところパンという感じで、出るところと出ないところのギャップがすごく大きく感じました。
比較で聴いたDIATONE DA-4NB70の方が、低域はすっとフラットな感じを受けました。
だからと言ってB&Wが駄目というわけではなく、個人的にはハッとする魅力のあるB&W、まさに国産伝統の優等生DIATONEという印象を持ちました。

ちなみに、バスドラのチェックに使ったCDはスティリーダンのeverything must goの4曲目と5曲目です。

駆動系には、アキュフェーズDP-750、C-2850、P-7300を使ってもらいました。

書込番号:23009651

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


「Bowers & Wilkins > 805 D3 [ローズナット 単品]」の新着クチコミ

この製品の最安価格を見る

805 D3 [ローズナット 単品]
Bowers & Wilkins

805 D3 [ローズナット 単品]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2015年10月

805 D3 [ローズナット 単品]をお気に入り製品に追加する <37

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月21日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング