『燃料電池車(FCV)、リーフのライバル?』のクチコミ掲示板

このページの先頭へ
クチコミ掲示板 > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > リーフ 2017年モデル

『燃料電池車(FCV)、リーフのライバル?』 のクチコミ掲示板

RSS

モデルの絞り込み絞り込みを解除すると全てのクチコミが表示されます。

選択中のモデル:リーフ 2017年モデル絞り込みを解除する


「リーフ 2017年モデル」のクチコミ掲示板に
リーフ 2017年モデルを新規書き込みリーフ 2017年モデルをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ51

返信14

お気に入りに追加

標準

燃料電池車(FCV)、リーフのライバル?

2020/02/22 12:09(1ヶ月以上前)


自動車 > 日産 > リーフ 2017年モデル

スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:96件

今日の地元紙にこんな記事がありました。
FCV=H2タンク満タンまで約3分/5Kg充填できる、
併せて、H2=1Kgで100Km走行できる/充填費=1300\〜1500\/H2Kgとのこと。

計算すると、100Km走行/H2Kg/1500\==>@15\/Kmとなりますね。

GVは現在140\/L=15Km/Lとすると==>@9.3\/Km

EVは6Km/Kwh、自宅夜間充電費=15\/Kwhとすると、@2.5\/Km
近い将来、QCステーションで 50\?/Kwhになると@8.3\/Kmとなりますね。


まだまだ、(km走行)単価的に余裕がありますが、最新のNISSAN ZESP3で計算するとkm当たり幾らになるのでしょう?。

また、FCVの充填時間3分(で500Km走)はかなりの脅威ですね。 EVの充電時間はどこまで短縮できるか?、

書込番号:23245184

ナイスクチコミ!4


返信する
クチコミ投稿数:919件Goodアンサー獲得:72件

2020/02/22 19:06(1ヶ月以上前)

>Horicchiさん
>今日の地元紙にこんな記事がありました。
FCV=H2タンク満タンまで約3分/5Kg充填できる

トヨタのミライは2014年11月の発表です。すでに5年と3ヶ月。
地元紙の記者さんが何を主張したいのかわかりませんが、「newspaper」=新聞の記事としては、全然、NEW ではないと思いますけど。

5年前ならまだしも、世界のメーカーの目はEVに向かっているのではないでしょうか?。
(FCVの開発が難しいこともありますが、市場性に疑問があるためだと思います)

短時間で急速充電できることも必要ですが、基本的にEVは駐車している間に(普通)充電して使うべきと考えます。
普通充電なら、ガソリンや水素と違い、どこの駐車場にも簡単に、低コストで設置出来ます。
なので、ガソリン車やFCVのように3分で補給ができることにこだわる必要はないと思います。

また、別スレで50万円の中古リーフの買うことの是非について議論がなされてましたが、
50万円で「売ってる」という事実は、「商品としての価値がある」、「買う人がいる」という事の証明です。
たとえ50%までバッテリーが劣化した初期リーフでも、車としての使用価値は低くとも、12kWhの大容量バッテリーです。
2019年にFIT(太陽光の固定価格買取)が終わった80万軒の人たちにしてみれば、家庭用バッテリーの価格としては破格です。
そして、日産でリユースバッテリーに30万円強で載せ替える事もできます。
10 セグ保証のリユースバッテリーなら、SOHは73以上のはずですから、容量は24kWh×73% = 17kWh程度は期待できます。
それが30万円なら、かかった工賃を加えても、大バーゲンセールですね。
このような利用は、FCVには無理です。
トヨタも超小型EVを発売し、そのバッテリーの再利用まで計画しているようですが、EVの商品性の一つの側面だと思います。

書込番号:23245884 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:320件Goodアンサー獲得:4件

2020/02/22 20:26(1ヶ月以上前)

FCVは水素ステーションを全国まんべんなく増やすことはもちろん土日や朝夜営業するようにしないとハナシにならない。何かと競争する土俵に立ててません。

書込番号:23246028

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:1516件Goodアンサー獲得:107件

2020/02/22 21:21(1ヶ月以上前)

天狗倉山から見た尾鷲の町

昨日、良い天候に誘われて片道123km、紀伊山地を縦断して三重県尾鷲の馬越峠(世界遺産登録)から天狗倉山へ登ってきました。
自宅満充電で出発して123km走り三重県紀北町の道の駅海山へ
準備をして標高17mの道の駅から熊野古道伊勢路の馬越峠を通って天狗倉山山頂標高522mまで標高差500mの上りは結構きつかったです。
下山してリーフを道の駅海山の急速充電器にセットして昼食をとりました。
結構疲れたので同じ道を通って帰宅、海山で充電したおかげで帰宅時残量は49%ありました。
つまり、充電にかかった時間といえば充電器を操作した1分ほどで自宅では寝ている間、道の駅では食事の間だけです。

そして今回の自宅から海山までのルートには沿線だけで急速充電器が8か所、道の駅海山を入れると9か所あります。
道の駅かわかみ、かみきた、下北山運動公園、尾鷲には日産ディーラー2か所、三菱ディーラー、コメダ珈琲店、自治体庁舎、道の駅海山です。 
添付画像の山に囲まれた地方都市に5か所の急速充電器があります
はたして水素ステーションが自宅付近やこのルート上に一か所でもできるでしょうか?
いくら数分で500km分と言ってもそこまで行くことも考えたらとても数分では燃料補給できませんね

書込番号:23246146

ナイスクチコミ!7


cromonzyさん
クチコミ投稿数:88件Goodアンサー獲得:6件 リーフ 2017年モデルのオーナーリーフ 2017年モデルの満足度5

2020/02/22 22:16(1ヶ月以上前)

FCVの普及は、ガソリンエンジン思考から離れられない方の夢物語です。

偉大なトヨタが、どうして気づかないのか、不思議です。

もしや1,000年後くらいを見据えているんでしょうか?

書込番号:23246258

ナイスクチコミ!2


スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:96件

2020/02/22 23:21(1ヶ月以上前)

皆さん、ありがとうございます。

少し説明不足であったと思っています。

要は、EVの後ろにFCVが登場して来ており(今夏、MIRAIの 2代目市販、更にクラリティの市販も?)。
EVの一番の欠点を補う形であることの注意喚起です。(EVメーカに対し)。

FCV、1チャージ500Km以上/3分以内‥‥、EVはいつ頃、どの位まで追いつけますかね?。併せてQCステーションの充電渋滞緩和もEV普及に必須ですね。

EVがGVと同量並みに普及するには避けて通れない道かと思います。

書込番号:23246396

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:170件Goodアンサー獲得:1件

2020/02/23 00:24(1ヶ月以上前)

>cromonzyさん

これからは自動車個々の性能向上よりも、社会インフラとしての再考がなされるのでしょう。
日本の地方は限界集落となってゆき、そこで暮らす小数の人がマイカー生活を維持するのは非効率で、人口は都市部に集約されていくでしょう。
そこでは、より短時間により多数を運搬するインフラ……公共交通機関が発達せざるを得ません。

近所に買い物に行くのに、主婦が巨大なアルファードを走らせるような滑稽な風景はなくなっていくでしょう。
そのようなエゴイズムはもはや許されない時代が来るだろうし、そうなるべきだと私は歓迎します。

書込番号:23246499 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:919件Goodアンサー獲得:72件

2020/02/23 08:09(1ヶ月以上前)

>FCV、1チャージ500Km以上/3分以内‥‥、EVはいつ頃、どの位まで追いつけますかね?
>EVがGVと同量並みに普及するには避けて通れない道かと思います。

私は、EVが「1チャージ500Km以上/3分以内」となる必要はないと考えます。

もう少しだけ、速くなった方が良いとは思いますが、出力150kw強もあればいいかと。
(10 分で25kWh近く入れば、150kmは走れるので十分かと思います)

1チャージ500Km以上/3分以内、が必要な長距離を走るバスやトラックなどは液体燃料や水素を、
通勤や買物など人々の日常の足はEVに、というような棲み分けがなされるべきだと思います。
また
山間地から都市部への人口の移動は今後も続くでしょうし、都市部において車は、個人所有からシェアリングへ変わって行くことが予想されます。

短距離利用が中心のカーシェアリングなら、駐車中に充電しておけるEVが適していると思います。
そして長距離移動は公共交通機関の役割とすべきでしょう。
今でも500kmくらいまでは車(今のEVでも行けます)でもよいですが、1000kmにもなれば新幹線か飛行機でしょう。
(飛行機はグレダさんに怒られそうですが…)

書込番号:23246767 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:1672件Goodアンサー獲得:55件

2020/02/23 09:49(1ヶ月以上前)

トヨタさん曰く
「どれが成功するか見通せない時代なので全方位に開発しないと・・・」 だそうですね。

電池もどのタイプが今後最適になるか不明ですし、
水素利用ももっと進めてみないとはっきり答え出ないように思います。
(今はEV有利に見えますが、個体電池などの開発が実るか)

偏って開発すると、当たらなかったとき最悪かと。
全方位を進められるトヨタの資金力が凄いと感じます。

書込番号:23246928

ナイスクチコミ!5


cromonzyさん
クチコミ投稿数:88件Goodアンサー獲得:6件 リーフ 2017年モデルのオーナーリーフ 2017年モデルの満足度5

2020/02/23 10:24(1ヶ月以上前)

>みっくんタイヤさん

ご返信ありがとうございます。

ご意見は、間違いはないと思います。イーロンマスクも同様の考えのようですし・・・

ただ、ごく一部の自由を求める人が、マイカーに夢を託す気がしてなりません。
合理的で便利なだけが、ゴールではない気がします。

書込番号:23247001

ナイスクチコミ!1


SILICATE2さん
クチコミ投稿数:78件

2020/02/23 12:48(1ヶ月以上前)

>Horicchiさん

水素ステーションの水素の価格はガソリン車やHVと比較できる価格帯になるように設定しているものであって,もともと赤字運営です.この赤字分は,水素ステーションを運営している民間企業が将来への投資ということで補填しています.
日産の過去の「ZESP充電し放題」と同じですね

再エネの効率的な利用方法として「スマートグリッドと蓄電池」,「超電導直流送電」,「Power to Gas」などが研究されています.
世界には人が住まない僻地で送電利用も無理だけれども,再エネの発電効率が高いと考えられる地域がたくさんあります.
そして将来のいつか,例えば100年後にくらいに世界中で再生可能エネルギー比率が100%を超えて,
大量の余剰電力が得られる時代になったとします.

そのときには,日本で太陽光パネルで発電して蓄電池で繰り返し利用するよりも,
再エネ由来の輸入水素を用いた方が安くなっていて,
北欧の風力発電や赤道近くで太陽熱発電エネルギーを「Power to Gas」したのち
タンカーで日本まで輸送して利用しているかもしれないし(タンカーの動力も水素の圧縮ももちろん全部燃料電池).
今の所,誰も「そんなことは絶対にあり得ない」と否定はできません.
であるからこそ,いろいろな可能性を模索しているわけで,FCVもその延長上にあるものです.
ただし,水素社会とFCVの普及は仮に実現するとしても遠い先と思われるので,今生きている人にとっては関係ないことかもしれません.


> 長距離移動は公共交通機関の役割とすべきでしょう。

完全自動運転が実現すればクルマが自分の部屋のように自由に使える空間となるので,
シェアだけでなく個人所有も依然として残るでしょう.
自分の部屋で寝ている間に長距離移動できるようになるわけで,パーソナルモビリティで
長距離移動するというニーズは,減るどころか,これからますます増大すると思います.
ただし,これも遠い未来の話なので,今運転免許を持っている年代の人にはほとんど関係ないことだとは思いますけどね.

書込番号:23247294

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1672件Goodアンサー獲得:55件

2020/02/24 08:14(1ヶ月以上前)

今日の日経新聞によると、水素供給周り設備の低コスト化ニュースがいくつかあり、
旭化成、日本製鋼所、川重などが新設備の発売見通しが乗っていました。

EVとFCVは競争しつつも、良いとこどりで補間しながら発展する可能性がありそうですね。

書込番号:23248897

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:477件Goodアンサー獲得:3件

2020/02/24 10:49(1ヶ月以上前)

車だけの世界でエネルギーを語るのは
いかがなものでしょう。
原子力を排除すると、今のところ自然エネルギーしか
co2対策になるエネルギーは見当たらない。
地熱がなんとかなればいいが、太陽光 風力
波力は天候によるところが大きいから蓄電技術が
なんとかならないと化石燃料発電は止まらない。
今のところ、水素も化石燃料によるところが
あるが、自然エネルギーを水素に返還して
蓄電機能を持たせる必要がある。
石炭火力で動かすEV車はいっときの話。
ガス会社では水素を配管で家庭に送る研究を
している。結構難しいが、
他にco2ゼロは難しいのじゃない。
エネルギーは孫子の時代に影響することだから
、そのエネルギー政策からも赤字であっても
やり続ける必要を感じている企業に1票!
是非、その一環として水素車の成功を期待したい。

書込番号:23249166 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!4


aw11naさん
クチコミ投稿数:1012件Goodアンサー獲得:44件

2020/02/24 16:57(1ヶ月以上前)

(こんなこと今更書かなくても知ってる人はみんな思ってると思うけど、あえて書いてみる)

水素系の本命は長距離の大型貨物なんじゃないかと。

積載量含めた総重量20tの車両が高速道路を走るにはバッテリーの重量も増えるんで、積載量が減って無理だよね。

それに大型車用の充電設備を作るなら普通車(2t)の10倍の電力供給能力か、10倍の時間が必要。。。
(幹線上のSAなんか大型トラックが何十台も見るんだが、それ全部に電力供給できるんかな?)

柔軟性が必要な一般の乗用車ではFCVは運用的に難しいが、定期便のようなルートが固定される(バスも含め)大型車であれば、PA,SAのスタンドが対応すればいいので無計画に乱立させる必要もない。

現状のMIRAIは、乗用車に普及させるためじゃなくて、大型車への対応させる前段階の実験車両と思ってます。
ホンダもいすゞとFCV関連で提携してますし、FCVの本命は大型車でしょう。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54389740U0A110C2MM8000/

書込番号:23249892

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:170件Goodアンサー獲得:1件

2020/02/28 07:34(1ヶ月以上前)

>cromonzyさん

車が趣味なんて、もう古いですよ。
それじゃ女の子にモテません(笑)

書込番号:23256134 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


「日産 > リーフ 2017年モデル」の新着クチコミ

内容・タイトル 返信数 最終投稿日時
充電時間が。。。 136 2020/04/03 22:09:32
新型のおかわり事情 30 2020/03/29 9:57:15
内気循環/外気導入について 27 2020/03/22 17:48:29
ショック!! とうとうAEONも有料に。 89 2020/03/13 22:17:26
燃料電池車(FCV)、リーフのライバル? 14 2020/02/28 7:34:46
ワックスがけ 15 2020/02/23 0:37:56
プロパイロットの異常 35 2020/02/26 0:03:55
普通充電について 12 2020/01/22 9:44:07
e+Xの見積もり 4 2020/01/11 9:38:30
善人ばかりではない 18 2020/01/05 9:56:52

「日産 > リーフ 2017年モデル」のクチコミを見る(全 5675件)

この製品の価格を見る

リーフ
日産

リーフ

新車価格:332〜499万円

中古車価格:158〜439万円

リーフ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <429

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

リーフの中古車 (全2モデル/1,616物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:4月7日

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング